2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★日本は解放戦争をしました!!5★

1 :日出づる処の名無し:04/04/29 01:55 ID:rbmyq9z/
ご好評の良スレ、ついに5に突入です。
大東亜戦争の意義だけでなく、東京裁判の歴史的な批判、戦後日本への
GHQの洗脳工作、靖国問題なども視野に入れて、大きなテーマに臨むスレ
にしましょう。
ちなみに今日4.28は日本の主権回復記念日です。
九段会館の国民集会に行きましたが、4.28を祝日にしようと、盛り上が
りました。

ちなみに今日の集会はこんなプログラム。

●主権回復記念国民集会 主権の危機を果敢に乗り切れ
【登壇者】
遠藤浩一(評論家・拓殖大学客員教授)
佐藤勝巳(「救う会」全国協議会会長)
島村宜伸(衆議院議員・自民党)
冨澤暉(元陸上幕僚長)
松原仁(衆議院議員・民主党)
日時/平成16年4月28日(水)午後6時〜9時(午後5時30分開場)
会場/九段会館
http://www3.ocn.ne.jp/~nskc/top/events/event-160428.htm

遠藤浩一氏の講演は初めて聞いたが良かった。救う会の佐藤会長も絶好調。
松原仁議員も自民、民主の若手で領土議連を結成した事も報告してくれました。

前スレ
★日本は解放戦争をしました!!4★
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1074433453/


2 :日出づる処の名無し:04/04/29 01:56 ID:rbmyq9z/
2get!!



3 :日出づる処の名無し:04/04/29 01:57 ID:RBi51vVv
>>1
(・∀・)スッドレ! 乙

4 :日出づる処の名無し:04/04/29 01:58 ID:WXBJikQr
>>1

乙!!






チ ェ コ 人 必 死 だ な ( 藁






5 :日出づる処の名無し:04/04/29 02:07 ID:f5OF4foc
おおっ!
今更と言われるかもしれないが、極東版の本流のようなスレ発見。
こんな私に免じてこれまでの議論のものすご〜い要約キボン。
5スレ開設記念ということでひとつヨロシク →スレ名主様!!!


6 :日出づる処の名無し:04/04/29 02:13 ID:iZIYzLof
「大東亜戦争は解放戦争だったのか?」
このスレどうするのよ・・・っと

チェコ人って何のこと、説明してよ


7 :日出づる処の名無し:04/04/29 02:15 ID:WXBJikQr
>>6
日本代表1−0チェコ代表

さっき試合が終わったばかりだから、浮かれていた。

8 :日出づる処の名無し:04/04/29 02:21 ID:WXBJikQr
>>1
俺も今日、九段会館に行きました。
西村幸祐さんが薦めていたので初めて行ったんですが、行って良かった。
   ↓ 
■2004/04/28 (水) 「反日」とはあなたですよ、朝日新聞さん
http://www4.diary.ne.jp/user/401628/

会場で、30日の国民集会と、5月3日憲法記念日に開催されるシンポジウム
「憲法改正の焦点と戦略」(主催民間憲法臨調)の案内ビラもget!!
5月3日も行く予定にしました。




9 :日出づる処の名無し:04/04/29 02:28 ID:iZIYzLof
>>7
さんくすです
チェコって、昔南京スレにあった機関銃のことかと、確か阿羅・・が
いや、スマソ南京は他スレで。

しかし、南京は有った派のHPものすごいですね。スレ議論でも何しろ相手は
中華人民共和国政府そのものが相手ですから。独り言です。

10 :日出づる処の名無し:04/04/29 02:32 ID:+dyBEQKG
>>8
これだね。

第5回公開憲法フォーラム 「国会議員に問う!−憲法改正の焦点と戦略−
シンポジウム 《自民党》
 平沼 赳夫氏(衆議院議員/前経済産業大臣)
 葉梨 康弘氏(衆議院議員)
《民主党》
 西岡 武夫氏(参議院議員/元文部大臣) 
 松原 仁氏(衆議院議員) 
司会/櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)

日 時 平成16年5月3日(月・祝日) 午後1時〜3時 (予定)
会 場 銀座ブロッサム(中央会館)ホール
 〒104-0061 東京都中央区銀座2-15-6/TEL.(03)3542-8585
最寄りの交通機関
 営団地下鉄有楽町線新富町駅1番出口(中央区役所方面から)徒歩1分
 営団地下鉄日比谷線東銀座駅3・5番出口(歌舞伎座方面から)徒歩8分
 都営地下鉄浅草線東銀座駅3・5番出口 (歌舞伎座方面から)徒歩8分
 ⇒ 会場の地図はこちら
主 催 「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(民間憲法臨調)
参加費  1000円
http://www5e.biglobe.ne.jp/~kenporin/katudou/160503.htm

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kenporin/

11 :日出づる処の名無し:04/04/29 05:49 ID:h8lyT/6s
>>8
だーーーーーー知ってたら行ったのに・・・・
なんてこったい。


12 :abc:04/04/29 05:49 ID:p20a0rXq
>>http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1074433453/964
> 逆に日本に侵略されたって主張してる国ってどのくらいあるか知りたいですね。
> 善意でも結果が悪ければ憎まれるし、下心があっても結果オーライで感謝される場合もあるし。
> で大東亜戦争があってよかったと思ってる国が多ければOKなんですよね。そんなの調べられないか・・・

こんなのどうよ。

賛日総括
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03.html

インドネシア
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_1.html

マーレシア
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_2.html

ミャンマー(旧ビルマ)
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_3.html

インド
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03_4.html


準備中

日本はアジアの光
http://www1.obi.ne.jp/~hn7y-mur/forum/show.cgi?ID=185&NUM=0


13 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/04/29 06:24 ID:eZvFSci/
右翼思想はカタギの思想じゃないよ。ok

14 :abc:04/04/29 06:41 ID:p20a0rXq
>>13
> 右翼思想はカタギの思想じゃないよ。ok

日本人の90%は堅気じゃないというのかえ。



15 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/04/29 08:29 ID:eZvFSci/
>>14
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。


16 :日出づる処の名無し:04/04/29 10:04 ID:Xfv62CTG
反戦・護憲・非戦BBS
http://i.z-z.jp/?kouei37


17 :日出づる処の名無し:04/04/29 11:27 ID:mKq5ocPg
>>15
戦争から守るってどういう意味?
軍事力は外国の「侵略」から国や国民の生命・財産・自由を守るために持つものだと思うけど。


18 :abc:04/04/29 14:43 ID:p20a0rXq
>>17

日本語を中途半端に弄ぶ輩にレスしても虚しいだけです。



19 :日出づる処の名無し:04/04/29 15:32 ID:zI+6FFIE
しかし極東軍事裁判って細かいな〜
一軍曹まで裁かれてる。

20 :日出づる処の名無し:04/04/29 15:38 ID:zI+6FFIE
>>15>>17
日本はお金で国を守ってるという所がある。
いうなればサラリーマン一人一人が兵士。

21 :日出づる処の名無し:04/04/29 15:57 ID:1apHIKfd
991 :日出づる処の名無し :04/04/28 21:59 ID:Tepyy0eF
>>961
ええ!

アッツ・キスカ:アメリカ領
グアム・ウェーク:アメリカ委任統治領

占領地の軍政は問題ないんですよね?
終戦後に日本に割譲されたと仮定しても、条約で解決されるので合法ですよね?
>948のソースだけを持って侵略戦争だと定義するなら、日本が侵略したのはやっぱり
シンガポールだけになりますね。
分りやすい解説、ありがとうございました。

993 :日出づる処の名無し :04/04/29 01:43 ID:QW8t3olC
>>991
同意。大東亜戦争は侵略戦争ではない!!


↑の二つのレスは、バリバリ矛盾してるなw
シンガポールの侵略を認めたのに、「侵略戦争ではない」とほざいてるんだから。


22 :右翼討伐人 ◆PJBNbht6to :04/04/29 18:48 ID:DYiZRu6k
侵略戦争ではないといっているやつらはいい加減死んだほうがいいよ。

23 :日出づる処の名無し:04/04/29 19:13 ID:C/y8L+7a
戦争は欲が産みだす事象の一つ。
利権を手に入れるために侵攻し、利権を守るために応戦する。

利権を持つものと、利権を持たないものとで、同国人でも考え方は変わる。
身内に死者が出たかどうかでも考えは変わる。
危険な目に合わされるという点は誰も受け入れたくない事だろう。

24 :日出づる処の名無し:04/04/29 20:03 ID:8TwXMGEn
>>22
解放戦争の定義は簡単で、被植民地を独立させること。
ところが侵略の定義は主張する人から明示されたのを、ほとんど見ないのだよね。

まず、侵略戦争とは何か、はっきり定義してほしいところ。

25 :日出づる処の名無し:04/04/29 20:37 ID:P0iASgNJ
侵略戦争などと云うのは、戦争に負けた奴が負け惜しみで使う言葉だと
思っているんだが。

日本もアメリカに負けたが、日本人は昔から「勝敗は時の運」などと云って
恨みも、陰湿な負け惜しみの気持ちもさほど持たないんじゃないかな。

WW2語るときにも、あの物量には負けるわな、とか、ミッドウェーで発艦を先に
やっておればとか、あの大機動部隊を運用できたのはアメリカと日本ということで
負けても誇りは持てる。
勝ったアメリカが超大国に成ったのだから負けても本望と考える事も出来る。

かたや、振り返っても何も振り返るもののない国は、日本を指して侵略国家などと
もっと他に言う言葉がないのかと思う。

それを真に受けた日本人の一部が侵略戦争だと言う。





26 :日出づる処の名無し:04/04/29 20:41 ID:pasTVwK8
>>24
解放戦争の定義を植民地を独立させることとすると、
そこに傀儡政権を樹立して実質的に統治することも
開放という定義に当てはまるのか?

27 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/04/29 20:42 ID:Lf2vA6SZ
確かに60年前、戦争には負けて全てを失った、失ったと思っていた。
でも、実は人々の心の中に捨てることが出来なかった「何か」が残った。
それだけは事実だと思う。

28 :日出づる処の名無し:04/04/29 20:58 ID:C/y8L+7a
>>26
そう言えば、傀儡政権樹立のための解放戦争は今でも行われているよな。

29 :日出づる処の名無し:04/04/29 20:59 ID:8TwXMGEn
>>26
質問に質問を返すのは止めようね。
回答できないと思われるよ。

30 :日出づる処の名無し:04/04/29 21:02 ID:pasTVwK8
>>29
あなたの解放戦争の定義は簡単
という不注意な発言を自分で気づいてもらおうと
思っただけですよ。

31 :日出づる処の名無し:04/04/29 21:31 ID:BbeGwdi4
解放戦争の概念は、日本が作ったのではないかと思われる。
そもそも植民地自体は当時国際法上合法で、幕末米国と修好条約を結んで
日本は国際法上の国家ですよと宣言したのは、植民地にされないためで。

それから80年、日本が一応近代化を果たしたが、周りは全て植民地で資源を
押さえられた状況では日本の安全保障も成り立たない。
そこで、植民地は理不尽だ開放しろと、そう言う気持ちが有ったのではないかと。
だから、日本の植民地政策は西洋のそれと違って資本を注ぎ込んで植民地の
近代化政策を進めた。







32 :日出づる処の名無し:04/04/29 23:46 ID:c58ncoCn
このスレ、テーマが多くて困ってしまうな

プライドって映画、東条英機が極東軍事裁判で裁かれるストーリー
あれ見てから、東条を余り悪く言えなくなった。確かに大戦で多くの将兵が
亡くなったので、東条が殺したと思ったのだけど。

松井岩根大将が南京の虐殺を問われて裁判にかけられたことを清瀬弁護人から聞いて
「何で皇軍が、女、子供を、わしは信じんぞ、絶対信じんぞ」と拳を握り叫ぶ件、
しかし、連合国が茶番劇のような裁判で、7名もの日本の指導者を絞首刑にするなんて
許せないと思うが、もっと許せないのは同じ日本人で、この東京裁判を拠所として
日本を糾弾する奴だ。未だに、中国や朝鮮に謝罪と賠償をしろと、おかしな被害者を
探してきて民事訴訟を起こす市民団体があることだ。

到底、わしには理解できん!!!









33 :日出づる処の名無し:04/04/30 01:08 ID:r+NmIpiR
>>31
>それから80年、日本が一応近代化を果たしたが、周りは全て植民地で資源を
>押さえられた状況では日本の安全保障も成り立たない。
日本が東南アジアへ侵攻した時期は、既にそういう問題ではなかったような……。

>だから、日本の植民地政策は西洋のそれと違って資本を注ぎ込んで植民地の
>近代化政策を進めた。
日本が東南アジアで行った経済政策について、どなたか詳細を教えて頂けませんか?

34 :日出づる処の名無し:04/04/30 01:59 ID:VA1y37W6
>>30
なるほど。
ところが「傀儡」と言う言葉も、唯の悪口に過ぎないんだよね。
厳密に「傀儡政権」などと言うときは、「全面的に他国の言いなりになる」政権であって、
満州帝国でも独自に動くことがあったから「傀儡政権」と厳密には言えない。
結局唯の言葉遊びをしているだけ。

35 :abc:04/04/30 05:15 ID:+A3dJWEE
>>34 満州帝国でも独自に動くことがあったから

亜米利加が西洋人(英国)の傀儡政権であり、同
じように満州帝国は東洋人(日本)の傀儡政権で
あるといえよう。しかし亜米利加は独立戦争を機
に西洋人の頸木を脱したが満州帝国も五族楽園
となり東洋人の頸木を脱して、亜米利加に対抗で
きる唯一の国家となりえたと考える。

という話を満州から引き上げてきた親戚に聞いた
ことがあります。ルーズベルトは21世紀に米満
対抗を恐れ芽の内に摘もうと考えたのかもしれ
なかったと解説されていました。そして最後に
亜米利加帝国主義打倒と結論されています。
我が親族唯一の共産党員であります。

満州自慢話は色々帰化されたな。満鉄は今も
中国の幹線交通網である。電話は戦前から
ダイヤル式である。家は完全冷(?)暖房である。

日本帝国・満州帝国・大韓帝国の三帝国で三つの
輪が連携して西洋文明の東洋文明の侵略に対する
対国策だとも酒が進むと気炎を上げていましたぞ。
九〇過ぎても最近のへなちょこ若造には負けんぞい
と意気軒昂です。




36 :日出づる処の名無し:04/04/30 17:07 ID:vg5e8Q+o
この島唄FLASHで泣け。
http://www.parkcity.ne.jp/~yamt/simauta.html

37 :日出づる処の名無し:04/05/01 05:54 ID:nNhl1a0n
>>16
このBBSは、知障の集合?


38 :日出づる処の名無し:04/05/01 05:56 ID:nNhl1a0n
>>22

( ´,_ゝ`)プッ

議論でも思想でも勝てないから、脅迫? お里が知れますね。ww
馬鹿サヨ?



> 侵略戦争ではないといっているやつらはいい加減死んだほうがいいよ。


39 :日出づる処の名無し:04/05/01 09:03 ID:MUoInYob
良スレ上げ

40 :日出づる処の名無し:04/05/01 09:14 ID:HfamHI9i
既出だろうが。
勝てば解放戦争、負ければ侵略戦争。
日本は負けたから侵略戦争。
次に勝てば、前のと合わせて解放戦争だったことになるが、まあ、むりぽ。

41 :日出づる処の名無し:04/05/01 16:22 ID:PaDXEAYz
           ♪                      −−−−、
   _              @@@@@@@     / / / / ,、  |
 /   `ヽ、..          /           @    ヽヽヽヽヽ  |
/       `ヽ、.        |   ヘ  へ   ノ     (二)ヽ  ノ
!_         `ヽ、     /          |      |    |
 (_ノ⌒ヽ、     \   / i`''ー-__,,,,..、‐i  | ♪     |      !
       \     \  {  ',  ____   /  |      |     |
         \    \ ヽ、 ‐、.,,__ゝ..'' ノ |      ノ     ノ
          \    \  ``ー――‐''"  |   ,, /     /
           \     \/         |-''      /
       ♪    \                      /
             \                    /
              \                 /
               ヽ    ・      ・  ,,,-'''
                |            /
                ノ            /
               /::::::::::::        / 
               |::::::::..        /
やあ、ぼくは日本人のゼンラーだよ〜
ぼくは常に正しいことを言ってるのに周囲から人が離れていくんだ〜
優等生の苦難ってやつ〜?
ぼくって優等生〜?


42 :日出づる処の名無し:04/05/02 02:24 ID:ldp/wo4O
>>40
う〜ん、ちょっと馬鹿っぽいね。言いたい事はわかるが。
やっぱ、馬鹿だ。特に2行目が意味不明。


> 既出だろうが。
> 勝てば解放戦争、負ければ侵略戦争。
> 日本は負けたから侵略戦争。
> 次に勝てば、前のと合わせて解放戦争だったことになるが、まあ、むりぽ。


43 :日出づる処の名無し:04/05/02 05:24 ID:qQu6R+JM
第5回公開憲法フォーラム 「国会議員に問う!−憲法改正の焦点と戦略−
シンポジウム 《自民党》
 平沼 赳夫氏(衆議院議員/前経済産業大臣)
 葉梨 康弘氏(衆議院議員)
《民主党》
 西岡 武夫氏(参議院議員/元文部大臣) 
 松原 仁氏(衆議院議員) 
司会/櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)

日 時 平成16年5月3日(月・祝日) 午後1時〜3時 (予定)
会 場 銀座ブロッサム(中央会館)ホール
 〒104-0061 東京都中央区銀座2-15-6/TEL.(03)3542-8585
最寄りの交通機関
 営団地下鉄有楽町線新富町駅1番出口(中央区役所方面から)徒歩1分
 営団地下鉄日比谷線東銀座駅3・5番出口(歌舞伎座方面から)徒歩8分
 都営地下鉄浅草線東銀座駅3・5番出口 (歌舞伎座方面から)徒歩8分
 ⇒ 会場の地図はこちら
主 催 「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(民間憲法臨調)
参加費  1000円
http://www5e.biglobe.ne.jp/~kenporin/katudou/160503.htm

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kenporin/


44 :日出づる処の名無し:04/05/02 06:09 ID:73pMebYg
>特に2行目が意味不明。
40さんが"勝てば官軍、負ければ賊軍"って事が
言いたいだろうことはすぐに分かるが?

45 :日出づる処の名無し:04/05/02 08:20 ID:L5IrSYTo
まあ、確かに大勢のチャンコロをこの世から解放してやったのは事実。

46 :日出づる処の名無し:04/05/02 21:35 ID:9KOj6D6r
>>45
支那人は関係ない。インドシナ、フィリピン、インドネシア、インドは、
もっと言えばエジプトも、大東亜戦争が与えた恩恵を受けているからね。
彼らには、そういう気持ちがある。

47 :日出づる処の名無し:04/05/02 21:40 ID:9KOj6D6r
120 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:04/05/02 21:20 ID:nKUEahjx
>「日本は解放戦争しました」などと、正面切って言われると
>レス付けるのに窮するわな。

>侵略戦争だったと、ずーっと、言われては来たけど。
>それは相手の言うことで
>戦争など、お互いに自国に正義があったと主張するのが当たり前だからな。

侵略戦争だったと、ずーっと言われてきたって、本当ですか?
日本ででしょ。信じられない。俺は若干年齢が高いかもしれないが、
学校でそんな事言われなかったし、変な教師は日教組だけだったから、
そういう言葉は電波として受け流していたよ。


48 :日出づる処の名無し:04/05/02 21:42 ID:oGnkg4r2
国の7割が奴隷だった朝鮮人をすくってあげた日本はエライ
残りの一部のおえらいがたに文句いわれるならわかるが


49 :日出づる処の名無し:04/05/02 21:57 ID:9/4GTH4Q
解放戦争じゃなくて自衛戦争ね。

解放戦争とか言ってるやつは単なる極論厨だから
相手にしないように。

50 :日出づる処の名無し:04/05/02 23:30 ID:3EpBpS1q
スレ違いになってしまった。スマソ

ノモンハンで日本がソ連軍にコテンパンにやっつけらたと、ずーっと思っていたが
最近、ロシアの文書が公開されるようになって、実はソ連の方が被害が多かった
という話を聞いたけど。

そんなことを言ってる本が見あたらない。
誰か知っている人いませんか。

私の理解では、ソ連の戦車の装甲が厚く日本軍には装甲を破壊できる砲がない
それでは日本は手の打ちようがない。日本軍はやられ放題に大敗したと。

しかし、実はそれがソ連のプロパガンダだったという話なんですが。



51 :日出づる処の名無し:04/05/03 00:26 ID:aN3Az6Ip
>50
ソ連の戦車の装甲が厚い→間違い。
日本軍に装甲を破壊できる砲が無い→間違い。
日本は手のうちようがない→間違い。
日本軍はやられ放題に大敗した→間違い。

ノモンハンにソ連軍が投入したBT戦車は装甲は日本の九十七式中戦車とかとそう差は無い。
が、47oの長砲身砲を装備していたBT戦車は、57o短砲身砲を装備していた日本戦車と比べ
有効射程・対装甲貫徹力で次元が違う威力を見せていた。
何より日本戦車は投入のタイミングが遅れ、有効な活躍が出来なかった。
じゃあどうして戦ったかというと、前線の兵士たちが持てる資材でなんとかしたのだ。
火炎瓶を用いた近接攻撃、野砲の水平射撃、その他現場は必死に戦った。
結果、純粋な損害だけを比べればソ連側は日本側を越える被害をうけていた。

…が、結局「戦闘そのもの」は日本の敗北であった事実は変わらない。
対独戦の絡みで停戦協定は痛み分けというかたちになるように結ばれたが、
日本陸軍は対中用に編成された精鋭軍団が正面戦闘でソ連軍に優位を保てなかったことに大きなショックを受けた。
その一方で、前線の兵士の敢闘を戦車投入の遅れなどで台無しにしちゃった
高級士官たちの責任はほとんど問われないままに終わる…と、

これくらいの記述は最近書かれたノモンハン関連の書物ではデフォだけど?



52 :日出づる処の名無し:04/05/03 00:59 ID:m0KbhgsS
俺のじいさんはいつも
「ありゃ一儲けしようとした戦争だ。」って言ってたな。
戦争が儲かる時代だったんだと。
勝てば賠償金とかがっぽり入って。
勝てば土地がもらえるってデマも広がって、農家の次男三男なんか
われ先にと兵隊に行ったんだと。
日露戦争で賠償金が貰えなくて、じいさんの親父たちは
役所に抗議にいったそうな。
そのころから、新聞も盛んに戦争を煽るようになったと言ってた。
大東亜共栄圏とか、誰もそんなことに耳を貸さなかった。
勝てば、どれだけ生活が豊かになるかって話ばっかりだったそうな。


53 :日出づる処の名無し:04/05/03 05:14 ID:UR3/S3aJ
>>52

( ´,_ゝ`)プッ

朝鮮人は作文が下手だね。

54 :日出づる処の名無し:04/05/03 05:15 ID:Oh9Jh+LA
>>51
どういう書籍を読んでいるのか、教えてくれ。どこのノモンハン?

55 :日出づる処の名無し:04/05/03 05:17 ID:Oh9Jh+LA
>>49
お前が極論中、つーか、何の説得力も無いね。馬鹿うよ?

56 :日出づる処の名無し:04/05/03 05:17 ID:Oh9Jh+LA
>>48
同意。

57 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

58 :東日本国民:04/05/03 09:40 ID:mWFLpGoL
日露戦争終結のときの民衆の態度を考えれば
>>52の話も頷けると思うが・・・。
ありゃどう考えたって辛勝、あれ以上戦争が長引いたら
露西亜帝国全土から略奪でもしない限り国庫が破綻しますよ。


59 :日出づる処の名無し:04/05/04 00:10 ID:CxY5t+YN
俺のじいさんって言っても100年も前の戦争だぞイ
本とか、おい〜、っと言ってみる。


60 :東日本国民:04/05/04 01:03 ID:hkQJOZJ5
>>59
良く見れ。
「俺のじいさん」といってるところはWW2のところに掛かってて、
「じいさんの親父」が日露戦争に掛かってる。


61 :日出づる処の名無し:04/05/04 01:33 ID:S9flrrV2
>>57
なにが、削除されたの?反日馬鹿サヨの工作カキコか?

62 :日出づる処の名無し:04/05/04 01:38 ID:uzEw4B38
ちょっと言いすぎかもしらんが、日本の植民地の統治見てると、あのままアジア一体が
ほんとに大東亜共栄圏になっちゃったほうが良かったんじゃないかと思ってしまうよ。

63 :日出づる処の名無し:04/05/04 01:39 ID:uzEw4B38
一体→一帯やったー

64 :日出づる処の名無し:04/05/04 01:43 ID:S9flrrV2
>>62
意味が分からない。説明してくれ。
大東亜共栄圏の構想が成功していたら、良かったに決まってるでしょ。

どういう意味のカキコか良く分からない。

戦後復興の立役者だった、戦前生まれの日本人は、大東亜共栄圏は
正しかったと思って粉骨砕身して経済大国にしたのに。
俺の爺さんはいつもそう言ってたよ。理念としての大東亜共栄圏は正しかったと。
やり方を間違えただけだったと。

65 :日出づる処の名無し:04/05/04 01:55 ID:fcRxGo84
国力の差を考慮すれば、日本がアメリカに勝てるわけ無いわな。

目的は、欧米列強の譲歩を引き出すこと。
しかし日本単独では目的達成など、到底不可能なのが歴然。
つーわけで、大東亜共栄圏が出てくるわけだ。

本当のことを言えば、大東亜共栄圏なんてのは本来、
「進歩的」な連中が唱えてた夢物語にすぎなかったわけだが、
これによって政治的な意味を持ち、現実に動き始めることになる。

欧米の植民地を「反乱状態」にして、
手がつけられない状態にしてしまえば、
日本を相手にするどころじゃなくなるんじゃないかな、
そうなって欲しい、いや、絶対にそうしなければならない。
・・・という理屈、簡単に言うとね。

だから、時間稼ぎの為に真珠湾の太平洋艦隊を叩いたわけだし、
補給線が伸びるのも構わずに、より広範囲の「解放」を目指したわけよ。
「反乱地域」は、広けりゃ広いほどいい。

・・・が、次々独立させて、味方を増殖させようと目論んだものの、
障害になる要件が、大きく二つ、出てきちまったわけだな。
一つには、彼らによる統治能力の不安だ。
もう一つには、日本に対して敵対的な華僑の存在だ。

はい、解放しました。じゃ、あとはよろしく、ってわけにはいかない。
下手すると、華僑が新たな「主人」になって、敵対国を増やすことにもなる。
仕方無いってんで、余裕も無いのに、最低限の基盤を整えようとかしてるうちに、
戦況は刻々と悪化して・・・その後の事情は、知っての通り。

66 :日出づる処の名無し:04/05/04 14:50 ID:fcRxGo84
まあ、単純に列強の譲歩を引き出す手段としてだけじゃなくて、
後のことも考えれば、自由な友好国が増えるのは、日本の利益になるわけだ。

その意味で、譲歩を引き出すことには失敗したけれど、
自由な友好国を増やせた点では、成功したことになる。


ただ、中国が日本に敵意を持つのは分かるとしても、
どうして半島は・・・。w

67 :日出づる処の名無し:04/05/04 14:57 ID:fcRxGo84
・・・なんて、半島いぢめちゃ可哀想だから付け加えとくと、
制圧地域の統治を、反政府勢力に治めさせるのは、
アメリカの常套手段なわけね。

日本本土に関しては、既存の体制が完璧だったから、
下手にいじるより活用したほうがいいってんで放置してくれたけど、
半島に関しては、誰も知らないような自称臨時政府をひっぱりだしてきて、
頭にすえちまったわけだ。

んで、内戦に至る、と。

68 :日出づる処の名無し:04/05/05 00:47 ID:byGWyhul
良スレ、上げ!!

69 :名無し:04/05/05 08:41 ID:LkNwKNjX
大東亜戦争=支那事変(1937)+太平洋戦争(1941)+日ソ戦争(1945)
共通項=ソ連のスターリン。
ソ連の目的は西部のナチスに対抗するため東部国境の日本軍を南下させること。
このため支那軍閥と容共ルーズベルト政権を利用した。
1936.12西安事件で蒋介石を捕らえて降伏させ対日攻撃を約束させた。蒋は半年
準備して盧溝橋事件、通州日本人大虐殺、上海事変と攻撃。ソ連はすぐに3億ドル
の軍事援助を供与した。日本軍は支那にくぎづけになりソ連は目的を達した。
米国はソ連スパイが政府高官になり、対日政策を左右。あのハルノートがソ連製で
あったことは有名。太平洋の戦争で日本軍は南下し、目的達成。
ノモンハン事件はソ連が支那で強すぎる日本をけん制作戦。
戦車数千両、航空機数千機、重砲数百門をそろえて準備していた。
日本軍は少数でよく戦った。戦死者は同数だ。

70 :ちなみに:04/05/06 01:11 ID:jcHDhNw/
領土は日本の半分、人口も半分以下、経済規模においてはたったの10分1
いったいどうしようっての? チャンチャラおかしいよ 南北併合したら
経済なんか崩壊しちゃうでしょチミは

71 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:15 ID:+ZJWTl0m
>>67
帝国の分断を決定的にして
再統合を永続的に阻止する、という目的のための
一方策でしょうな。

72 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:16 ID:+ZJWTl0m
その意味でいうなら米帝傀儡っていう言い方は合っている。
昔の話だけど、いまも尾をひきまくり。

73 :日出づる処の名無し:04/05/06 09:16 ID:ffU+iO+2
朝鮮半島を制する者が東アジアを制するのだ。
日清戦争・日露戦争・朝鮮併合全てはこのためだ。
日本がおかしくなったのはこの原則を忘れたためだ。
朝鮮併合までは日本にはまだ拡大願望はなかったと思われる。
日本の失敗は太平洋戦争の狂気。

74 :日出づる処の名無し:04/05/06 10:31 ID:hXz6rJDh
>>73
#朝鮮半島を制する者が東アジアを制するのだ。

・・・・(゚Д゚)ハァ?


75 :日出づる処の名無し:04/05/06 13:03 ID:tutbAB10
>>74
いや、現象としてはその通り。
正しくは
東アジアを制する者が朝鮮を制してきた
ではあるが。

76 :日出づる処の名無し:04/05/06 13:39 ID:QsKmSZn3
>>1

同意です。

77 :日出づる処の名無し:04/05/06 14:27 ID:sgK8Jv95
大東亜共栄圏なんてものに浮かれた人もいたらしいが、
あの戦争の本来の目的はそんな小さい夢ではない。
植民地の解放とかそんなものでもない。

アメリカとイギリスの経済がガタガタで、失業者があふれ、
世界を分割する経済ブロックを形成していた中、
日本が解放しようとしていたのは、アメリカとイギリスである。
日本は共産主義に浮かれた、他の先進諸国の腐った精神を正したのであり、
自ら勝ち目のない戦争に挑み犠牲になることで、地球全体を救ったのだ。

78 :あどるふ:04/05/06 15:14 ID:r5pML4z6
>77
その言い回しの著作権料よこせやゴルァ

79 :日出づる処の名無し:04/05/07 03:49 ID:owmK+3ZG
>>78
石原莞爾じゃないの?

80 :日出づる処の名無し:04/05/07 03:49 ID:owmK+3ZG
>>77
つーか、電波だね。あなた。

81 :日出づる処の名無し:04/05/07 16:56 ID:zOvZ8mFc
ノモンハンの捏造有ったから貼っておくのでヨロシク

本当は日本軍の大勝利だったノモンハン事件
-ここにもあった歴史偽造-
(株)世界出版社長  茂木弘道
http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/moteki/nomonhan.html
一.昭和一四年に起こったノモンハン事件といえば日本軍がソ連の進んだ機械化部隊のた
めに大敗した戦として、日本陸軍の愚劣さを象徴する事例にされてきた。五味川純平の虚
構に満ちたベストセラー小説が、いつの間にか常識化してしまい、教科書にまで
「ソ連は空軍・機械化部隊をくり出し、日本軍に死傷者二万人の壊滅的打撃を与えた」
(日本書籍・高校日本史)と書かれているほどである。

二.これらは、基本的にソ連発表による「ソ連の損害九二八四名、日本軍の損害五万二千?
五万五千」という情報をベースにしたものである。

 ところがソ連崩壊とともにこれはとんでもないウソであることが当のロシアから出てき
た公文書によって明らかとなったのである。
 これまで出てきた資料では、ソ連の損害は二万五五六五で、日本の損害一万七四〇五を
大きく上回っている。さらに資料が出てくると損害数が多くなると見られている。
 すなわちソ連の大デマ宣伝のお先棒を担いだに過ぎないのが、五味川であり、未だにそ
の歴史偽造が大手を振ってまかり通っているということである。
−以下略−

82 :日出づる処の名無し:04/05/07 20:55 ID:KsTzpmdS
良スレ、上げ!

83 :やっぱり中国軍は虐殺していました。:04/05/07 21:05 ID:nmsfnX4x

:273】朝日新聞は謝罪と賠償が足りない。

朝日新聞おまえら見苦しいな。なにいいわけしてんだよ。
朝日は悪いことしたんだよ。
チベットを踏みにじり、チベット人を虐殺し、
チベットを侵略した・。
チベット100万じゃない?数なんて問題じゃない。
殺したかどうかが重要なの。
悪いことしたら謝るって子供のころお母さんから
習わなかったの?
朝日新聞なら、正々堂々とチベットの民に謝罪と賠償しろ。


84 :日出づる処の名無し:04/05/07 21:14 ID:cSNdQWeu
軍板いいとこ一度はおいで。

弱すぎる旧日本軍Part5〜エテ公の逆襲〜
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1083758504/l50

85 :東日本国民:04/05/07 22:18 ID:Szrqrwe3
>>81
阿呆だこの人・・・・。
浅酌目標を達成できなかった日本軍を大勝利なんてTT
戦争は損害トーナメントじゃないのがわからないんだろうか。


86 :日出づる処の名無し:04/05/08 02:10 ID:2IbSsG8v
サンフランシスコ講和会議におけるインドネシア政府の見解。
日本軍の軍政による死者数は約400万。物的損害は数十億ドル。

http://www22.tok2.com/home/asianhomepage/number.htm
偏向サイトだけど、公的数値としては、正しい。
ただなぜか、この板のウヨクは正面から叩かないけどね(w

87 :日出づる処の名無し:04/05/08 02:11 ID:2IbSsG8v
>>83
馬鹿ウヨもブサヨも
ダブスタの常習犯。

88 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:28 ID:g9kLlgjn
>>52
水木しげるも同じようなこと言ってたな。
やっぱそんなもんなんだろうな。

89 :日出づる処の名無し:04/05/08 15:55 ID:KssK7UrI
>>85
そうとは言い切れない。問題は、大敗北とした史観でしょ。

90 :日出づる処の名無し:04/05/08 15:56 ID:KssK7UrI
>>88

( ´,_ゝ`)プッ


91 :東日本国民:04/05/08 16:48 ID:qofIn5gB
>>89
中身見れば判るが、かなりトンデモ。
旧ソ連公表数値の欺瞞性の点は別にいいんだが、
そこからの検討/考察がやばい。


92 :日出づる処の名無し:04/05/08 16:52 ID:uHPEbNe2
>91
「自由主義史観」論者は自分たちが批判する相手と同じことをしてるのを気づいてないんだよなぁ。
ベクトルが逆なだけで、まともな史的考察をドグマの前に放棄しちゃってるのは一緒。
そしてその点を「これまでの罪悪に比べればマシ」と正当化する点もまるっきり一緒。

93 :日出づる処の名無し:04/05/08 17:09 ID:aBSZPxJe
>>92
具体例を挙げてみて。本当にあったら。www

94 :日出づる処の名無し:04/05/08 17:12 ID:aBSZPxJe
>>92  補足

自由主義史観って、そんな大げさなものじゃないでしょ。
彼らの話を聞けば分かるが。例えば、教科書をせめて昭和30年〜40年代
くらいの普通のものに戻そうとしているだけで。

今の教科書や歴史学会があまりに教条主義で反日左翼的だから、生まれた
ごく自然の流れだと思う。


95 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/08 17:29 ID:pwL4i7rp
>>94
ここんとこの教科書には吐き気がするからなぁ…
「大東亜戦争」中に関わるとこなんて相当酷いし。
歴史を「史実」通りに修正しようとする流れは必然だろうね。
(もちろん何が「史実」なのか?ってのはありますが。)

どうでもいいんだが大学でやたらと日本の「植民地」支配って言いたがるキチガイ教授がいるんだが…

96 :日出づる処の名無し:04/05/08 17:45 ID:5xoYw0bw
>>95
そうだよね。つくづくそう思う。

97 :東日本国民:04/05/08 18:47 ID:qofIn5gB
>>95
両極端が多すぎなんでしょう。
主義者が自分の信ずるところをぶつけるために
相手の論理を否定するばかりなので事実の追及とかから
遠ざかってしまう。


98 :日出づる処の名無し:04/05/09 03:56 ID:BgEJ9X7M
>>97
両極端なんかないよ。>>94をよく読め。

あるのは反日に偏った教科書だけ。
新しい歴史教科書は普通で面白味がない。淡々とした穏健な教科書。
それでも、反日教科書よりまともだけどね。



99 :日出づる処の名無し:04/05/09 04:21 ID:7nPvUO62
東京書籍だかの中学歴史教科書、
広島に原爆投下されたのは、広島が軍都だったからで自業自得だそうです。


100 :日出づる処の名無し:04/05/09 05:16 ID:OxujyErl
>>99
自業自得ってのはどうかと思うが
確か広島って工業都市じゃなかったか?

101 :日出づる処の名無し:04/05/09 06:02 ID:DRLPCyCv
>>64
お荷物が増えるだけ。五族協和なんて正気の沙汰とは思えんね。
シナチクと一緒の国造ってどうすんだ。

102 :日出づる処の名無し:04/05/09 06:02 ID:Q0rbJ+Sx
日本は解放戦争をしたわけじゃないだろ。
よってこのスレは終了。
以下書き込み禁止。

103 :東日本国民:04/05/09 08:59 ID:0wtyZ2mf
>>98
いい実例ですね。


104 :日出づる処の名無し:04/05/09 09:53 ID:P61NGCvY
仕切り厨ウザ

105 :日出づる処の名無し:04/05/09 12:56 ID:pAyV5fVK
>>日本は解放戦争をしたわけじゃないだろ。

ソースは?

106 :日出づる処の名無し:04/05/09 12:58 ID:WgYDiVfS
>>105
日本は過去に一度も他国に対して圧制や蛮行をしたことがないと主張している
学者が存在するならその名前を挙げてください。

107 :日出づる処の名無し:04/05/09 14:31 ID:khmwmk0n
★『日本の植民地の真実』 著:黄文雄
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4594042155/reviews/ref=cm_rev_more/250-9740261-5028214#3
>真実を知らずして、安易に謝罪してはならない
>皇民化運動、創氏改名、総督府、満州国建国・・・・
>日本は、台湾、朝鮮、満州で植民地統治を行い、敗戦によりその統治から手をひいた。
>そして多くの教科書では、侵略行為が強調され、厳しい植民地支配の状況が記されているが、
>本当はどうだったのか。著者が10年の歳月を費やし、植民地の実態を実証的に検証した大作。


108 :日出づる処の名無し:04/05/09 16:17 ID:5C8pZRNC
>107
ベトナム人は
ごく一部の専門家たちを除き、老人たちも含めて、
普通の韓国人以上に漢字がまったく駄目だけどね。


在日台湾人評論家の黄文雄氏のような反漢字主義者なら、
むしろ韓国やベトナムの漢字離れを評価して、
日本も見習うべきだとするんだよな。

「漢字文明にひそむ中華思想の呪縛」  黄 文雄 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087812081/249-7901115-8151502#product-details




109 :日出づる処の名無し:04/05/09 19:00 ID:Q0rbJ+Sx
日本は解放戦争したとか本気で言ってんの?
自衛戦争だろ?結果的にアジアの解放に繋がったのは確かだけどな。

110 :日出づる処の名無し:04/05/09 19:03 ID:xa1VLHUU
>>109
その論議は、前スレで100回くらい外出!!
解放戦争という理念があったのも常識


111 :日出づる処の名無し:04/05/09 19:12 ID:Q0rbJ+Sx
うるせぇポチ保守ども。お前らは大東亜戦争を語る資格はねぇんだよぼけなす。

112 :日出づる処の名無し:04/05/09 19:34 ID:gIMPWQhw
この写真を見れば、何故日本がアジアの解放のために戦う必要があったのか理解できる。
http://houston.indymedia.org/uploads/60minii.us.iraqitortured.01.jpg
http://houston.indymedia.org/uploads/60minii.us.iraqitortured.03.jpg
http://houston.indymedia.org/uploads/60minii.us.iraqitortured.7b.jpg
http://houston.indymedia.org/uploads/60minii.us.iraqitortured.7a.jpg
http://houston.indymedia.org/uploads/60minii.us.iraqitortured.08.jpg
http://houston.indymedia.org/uploads/60minii.us.iraqitortured.09.jpg
http://houston.indymedia.org/uploads/60minii.us.iraqitortured.10.jpg

113 :日出づる処の名無し:04/05/09 20:58 ID:/tPyxQqc
亜細亜の解放の前に朝鮮中国を解放しろよ(ププ

114 :日出づる処の名無し:04/05/10 00:08 ID:ysifj5Z6
>>113
挑戦なら解放したはずだが・・・

115 :日出づる処の名無し:04/05/10 00:11 ID:/zrhLlDd
>>112
説得力あるな

116 :日出づる処の名無し:04/05/10 01:16 ID:vGFb4vvr
>>112
全然説得力無いよ
アメリカ・イギリスはヨーロッパの白人国家ドイツに対して無差別爆撃をしたり、ドイツ人捕虜が100万人も連合軍収容所で消えてしまった過去を持つ
残忍さはアジアに対してだけではない
日本が南部仏印に進駐した事がアメリカという虎の尾を踏んで、ハルノートを突きつけられて戦争になったんだよ
元々は日本の満州における権益をアメリカも認めてたんだよ
つまり日本の覇権主義が先にあるの
もちろん覇権主義は日本だけじゃないが

117 :日出づる処の名無し:04/05/10 01:33 ID:ysifj5Z6
>日本が南部仏印に進駐した事がアメリカという虎の尾を踏んで
敵国の支援ルートを立って何が悪い

118 :日出づる処の名無し:04/05/10 01:44 ID:vGFb4vvr
>>117
敵の支援ルートを絶つ目的は北部仏印進駐だろ
南部仏印進駐は日本の野心が現れてるよ
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/book/objection/3kitaindosina.htm
これでフィリピンに基地を持つアメリカを刺激してハルノートを突きつけられたんだよ
日本は覇権主義国家で正義の実現のために戦ってたんじゃねーよ

119 :日出づる処の名無し:04/05/10 01:47 ID:BHR38R5x
>>116
それを言い出したらハワイの乗っ取りや、フィリピン独立の反故。
在米日本人に対する大正時代からの差別政策、支那事変時の蒋介石政権への支援等、限がない。


120 :日出づる処の名無し:04/05/10 01:52 ID:ysifj5Z6
>>118
>これでフィリピンに基地を持つアメリカを刺激してハルノートを突きつけられたんだよ
もともと張るが考えていたものはそれほど強行じゃないんだがね、
大体アメリカが日本に敵意を持ったのはオレンジ計画を作り出したあたりからだろ。
南部仏印進駐以前の問題だろ。

>日本は覇権主義国家で正義の実現のために戦ってたんじゃねーよ
当たり前だ、日本を守る、ただそれだけのための手段に過ぎない。


121 :日出づる処の名無し:04/05/10 01:54 ID:ysifj5Z6
大体アメリカがフィリピンを植民地にするのが許されて、何で日本は南部仏印進駐したらだめなんだ?

122 :日出づる処の名無し:04/05/10 02:07 ID:vGFb4vvr
>>121
駄目なんて言ってないよ
アメリカも覇権主義で日本も覇権主義
日本が正義の解放戦争をしたという主張を否定してる

123 :日出づる処の名無し:04/05/10 02:12 ID:/Hs2LrRd
>>120
> 大体アメリカが日本に敵意を持ったのはオレンジ計画を作り出したあたりからだろ。
> 南部仏印進駐以前の問題だろ。

明確には日独伊三国同盟以降だよ。なんでオレンジ計画なんてものを本気で信じてしまうんだ。
独立国ならいろんな国に対していろんなプランを練るものだよ。様々なプランがあるからといって
それがその国の国策になるわけじゃない。

124 :日出づる処の名無し:04/05/10 02:19 ID:ysifj5Z6
>>122
結果論敵に正義(人の道にかなっていて正しいこと)の解放う戦争をしたことには変わりない。
大東亜共栄圏構想以前にもハチ公一宇などがあったことで証明できる。
そしてペタやら何やら育てたりするわけないだろ。
君の言う正義とは何?自分の利益も考えたらだめ?

>>123
じゃあ排日移民法って何?

125 :日出づる処の名無し:04/05/10 02:32 ID:vGFb4vvr
>>124
>大東亜共栄圏構想以前にもハチ公一宇などがあったことで証明できる。

大義名分ならアメリカも「自由と民主主義の為の戦い」と言ってるよ
何の証明になるんだよ
仮に大東亜共栄圏が成立したとして、その中で傘下の国が盟主日本の意に反する行動をとれると思ってるの?
敗戦後にアジア諸国が独立した事は日本の影響もあると思うよ
君の言うとおり結果論だろ

>君の言う正義とは何?

少なくとも戦争は正義に基づいて起こる物じゃないよ

126 :日出づる処の名無し:04/05/10 03:04 ID:ysifj5Z6
>>125
ていうか俺は正義なんていってないよ、しかもこのスレにも正義なんて題目はない。
結果的に解放戦争をした、ただそれだけのこと。

127 :日出づる処の名無し:04/05/10 03:05 ID:apZGEW6V
>>111
知障?

128 :日出づる処の名無し:04/05/10 03:07 ID:apZGEW6V
>>116
だから、どうした?そのカキコ前提だけ提示して、その後の論理展開が
全くないんだけど・・・・

129 :日出づる処の名無し:04/05/10 03:09 ID:apZGEW6V
>>122
なんだ、ただの馬鹿か?脳内妄想に固まらないで、少しは歴史の勉強
したら?


> >>121
> 駄目なんて言ってないよ
> アメリカも覇権主義で日本も覇権主義
> 日本が正義の解放戦争をしたという主張を否定してる


130 :日出づる処の名無し:04/05/10 03:19 ID:vGFb4vvr
>>129
まずお前が正しい歴史認識の見本を書けよ
俺は結構書いたからさ

131 :日出づる処の名無し:04/05/10 03:31 ID:/Hs2LrRd
>>124
> じゃあ排日移民法って何?

アメリカは自国民にのみ有利なことを今でもいろいろやるじゃない。航空交渉だとか鉄鋼セーフガードだとか・・・
それが理不尽だと思うなら正々堂々と抗議すればいいことでしょ。移民法が成立したら戦争ですか?
満州国を認めないと決議されたら切れて国連脱退だとか極端なんですよ。あまり懸命な考え方とは思えません。

132 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:16 ID:gRnlJqoS
>>131
最初の排日移民法(大正2・1913年)から国際連盟脱退(昭和8・1933年)まで20年あるんだよ。
それより13年も前の1920年にはカリフォルニアで日本人の資産の大部分を没収されている。
更に、国際連盟脱退からアメリカとの開戦までの8年を加えると30年近くも堪えている。

その間の第一次世界大戦での日本の姿勢(ヨーロッパ参戦を躊躇)が、日英同盟の廃棄につながる分水嶺になる。
日露戦争勝利後、白人は日本に対して危機意識を抱くようになり、日本人を貶めるプロパガンダは既に欧米で盛んだった。

日本は出来るだけ穏便に済ませるように国際社会と歩調を合わせて、排日移民法もワシントン会議での
海軍軍縮も呑む。四ヵ国・九ヵ国条約が成立し、それにより日英同盟も廃棄となる。(大正10・1921〜22年)

ここまでで、まだ大正にすぎない。遅かれ早かれ衝突は避けられない状況を形成されてったんだよ。

また、昭和4年の世界恐慌による英米のブロック経済化も考慮しなければならない。
あと意図的なのか判らんが、ソ連派生の国際共産主義、コミンテルンの活動を落としすぎ。


133 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:22 ID:EKFj719o
>>130


( ´,_ゝ`)プッ


負け犬の遠吠え・・・・

134 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:23 ID:yMwbdbBY
結果として、日本はアジアの奴隷解放を助けたようです。マルクス・レーニンの
思想が広がり、北・一輝は中卒ながら早稲田で聴講生であったらしいが
おそらく、このときに共産思想を学んだであろうと思慮される。
  ttp://www3.nsknet.or.jp/~yam-1/kekkishuisho.htm#三月
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/gzmgzm/article/03/37.html
 開国と同時に西洋の自由・平等思想(フリーメーソンと共産思想)
が入ってきて、大正デモクラシーがあり、実権を掌握した軍部が
仏教圏内の支配者を、神道日本天皇国として、アジアの廃仏キシャク
を行った。
 

135 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:25 ID:EKFj719o
>>132
あなたの歴史認識は正しいよ。ワシントン条約だって一種の排日条約だから。
だから、大東亜戦争開戦の日、日本中が湧きかえったんだよね。

わぁぁああああ!!!!って、感じで、長年の鬱憤が晴れたというか。。
そのときの雰囲気を祖母から聞いた事がある。

136 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:33 ID:EKFj719o
>>134
別に北一輝だけでなく、明治時代から大アジア主義があったから。
西方浄土というか、西方に王道楽土を作ろうという思想は満州国建設に
働いただけでなく、頭山満にも意識されていたのでは?
辛亥革命をあれだけ日本人が支援したのは、孫文を明治維新の志士と
して認識し、支那に支那人の手によって素晴しい国を作ってもらいたい
という意識があったから。
ま、日本人は帝国主義者になんてとてもなれないお人好しだったわけ。
その結果、帝国主義国家の策略にはまって、アメリカに負けた。

しかし、大東亜戦争の敗北は、アメリカ一国だけでなく、白人帝国主義と
共産主義に負けたってこと。


137 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:42 ID:/Hs2LrRd
>>132
ここに書かれていることは我慢ばかりですよね。

> 日本は出来るだけ穏便に済ませるように国際社会と歩調を合わせて、排日移民法もワシントン会議での
> 海軍軍縮も呑む。四ヵ国・九ヵ国条約が成立し、それにより日英同盟も廃棄となる。(大正10・1921〜22年)

こういった何事も穏便にという日本人らしさがいけないのです。会議というのは論争の場ですから
かならず成功させなければいけないというものではない。こちら側の主張が認められなければ物別れに
終わることも有る。自分達の意見は明確に主張しなければいけない。
幣原は会議が成功すること自体を目的にしていたようです・・・

138 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:43 ID:/Hs2LrRd
我慢ばかりしていればいつかは爆発しますよ。

139 :日出づる処の名無し:04/05/10 04:48 ID:EKFj719o
>>138
おお!!いまの俺たち日本人だよ。戦後58年、アメリカ、支那、朝鮮を
外国に我慢させられているからな。

140 :日出づる処の名無し:04/05/10 05:27 ID:CFFFW1dP
家出した未成年者にカラオケボックスで酒を飲ませた後、モーテルに
連れて行き、スワッピングをした疑いで現職警察官が逮捕された。

ソウル・恩平(ウンピョン)警察署は7日、このような疑いで全羅(チョンラ)
北道・群山(クンサン)警察署の現職警察官、ユ某(37)容疑者と
キム某(36)容疑者と、2人に未成年者を紹介したHカラオケボックスの
オーナー、イ某(38)容疑者に拘束令状を請求した。

警察の調査の結果、カラオケボックスのオーナー、イ容疑者も
群山警察署の交通事故調査班に勤務していた元警察官であることが分かった。

キムさんは警察で「カラオケボックスのオーナーのイさんが、4人の男の人を
紹介しながら、『この人たちは後輩警察官だからしっかり接待するように』と言った」と陳述した。

141 :日出づる処の名無し:04/05/10 05:28 ID:CFFFW1dP
西村眞悟を民主党代表に
http://tv5.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1084049341/

142 :日出づる処の名無し:04/05/10 05:59 ID:/+j8S3HF
何が我慢だよ。
お前らみてぇなポチ保守はアメリカ様の傘の下が居心地良いくせに。
現状に甘んじて自立する気概なんて本当はないんだろばかども。
先人たちが何のためにアメリカと戦ったのか忘れたのか、売国奴ども。

143 :日出づる処の名無し:04/05/10 06:29 ID:/+j8S3HF
ポチが何を吠えても無駄。
お前らはアメリカ様と日本が戦ったという事実から目をそらしたいが為に、
あの戦争を解放戦争などと言って事実をぼかしているが、
大東亜戦争は、先人たちが鬼畜米英と言って、
迫り来る白人たちの脅威から身を守る為に戦った自衛戦争だ。
解放戦争などと幻想を抱いているんじゃねぇよ。
あの当時の日本人はアメリカ憎しという猛烈な戦意とともに国に殉じていった。
それがお前らときたら アメリカ様を神と崇めていて恥ずかしくないのか。
これは先人に対する冒涜である。ポチ保守はいい加減奴隷根性を叩き直せ。

144 :日出づる処の名無し:04/05/10 09:40 ID:o/Fzu0ZF
直情的なバカはせめてこのスレをよく読んでから書き込めよ。


145 :名無し:04/05/10 10:58 ID:Ujeg065d
1941年、日本が戦ったのはソ連に取り込まれていたルーズベルト政権だ。
1945年ルーズベルトが死亡すると、1950年米国政府は赤狩りで政府内から
共産主義者を一掃し正常化した。マッカーサー総司令官は
「日本攻撃を米国太平洋政策100年の最大の過ち」と反省している。
いまでは米軍は東条首相を祭る靖国神社に参拝している。非公式の謝罪である。
だから米国といっても一つではない。60年前のままで米の変化に対応できない
馬鹿の一つ覚えは困ったものである。

146 :恥ずかしい馬鹿133=136:04/05/10 19:38 ID:vGFb4vvr
>>133


( ´,_ゝ`)プッ


救えない馬鹿・・・・

>>136
>西方浄土というか、西方に王道楽土を作ろうという思想は満州国建設に
働いた

五族共和を頭から信じてるほど馬鹿じゃないよな
満州国の重要なポストは日本人が占めてたし
完全な日本の傀儡国家だよ
不況の打開や対露防衛が主目的だよ

>支那に支那人の手によって素晴しい国を作ってもらいたい
という意識があったから

中国人が外国勢力を追い払おうとした義和団事件では他の列強と一緒に弾圧したし
発砲音を敵に撃たれたと解釈した司令官の独断で中国との全面戦争を始めたのは日本だし

>日本人は帝国主義者になんてとてもなれないお人好しだったわけ

恥ずかしい馬鹿
日本は単に戦略が無く駆け引きが出来なかっただけだよ
中国との戦争の様な重大事も明確な目的もなく始まっただろ
ロシアへの野心を捨てきれずなかなか撤兵しなかったり満州の利権でアメリカの要求を突っぱねたり第一次世界大戦でドイツのアジア方面の利権を奪ったり・・・etc

147 :日出づる処の名無し:04/05/10 19:48 ID:/+j8S3HF
ポチ保守を撲滅しよう。
アメリカのイラク侵略を支持したポチ保守は
もはや大東亜戦争を肯定することは出来ない。
何故ならポチ保守はアメリカの奴隷と化したからだ。
ポチ保守は我々真の保守派の敵である。売国奴は思想を改めよ。

148 :日出づる処の名無し:04/05/10 20:04 ID:/+j8S3HF
ポチよ、ご主人様に一回でも吠えたことがあるのか。
今のお前は良き伴侶ではなく単なる奴隷だ。
ご主人様はいざというときお前を助けてくれない。
さあ、鎖を噛みちぎって自分の足で歩き出すんだ。

149 :日出づる処の名無し:04/05/10 20:58 ID:8o58xmav
大東亜共栄圏樹立を日本が目指していた事は事実。
よって日本は亜細亜を解放をしようとしていた事がわかる。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/index.html
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/index.html

また日本が南方諸国の国々の人々に訓練させた事が
亜細亜解放につながったのも事実だし、
朝鮮などでの植民地政策が功を成し、今の近代化を達成した朝鮮や台湾が
存在するのも事実。
よって日本は解放戦争をしますた。


150 :日出づる処の名無し:04/05/10 21:12 ID:q3pBYDyu
>147-148
日米安保外交史をちょっとでも学べば到底そんな戯言吐けないよ…

151 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:51 ID:51pc7DG5
>>142
なに、これ? 知障?

152 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:53 ID:51pc7DG5
>>146


痛っ!!




153 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:53 ID:51pc7DG5
>>150
低脳児にレスしないで。

154 :賢いレスの見本:04/05/10 22:59 ID:vGFb4vvr
127=128=129=151=152=153
>>127
>>128
>>129
>>151
>>152
>>153
127=128=129=151=152=153

155 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:59 ID:SRltTHQv
よしりんの信者でしょうか?

156 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:23 ID:vGFb4vvr
>>155
ここの低脳ウヨはよしりん信者で、しかもよしりん以下の脳みそなんだろ
ただ日本の戦争の賛美しか出来ず反論も罵倒のみ
日本はお人好しで王道楽土を作ろうとし、中国人の手で素晴らしい中国を作って欲しかったんだって(劇藁
こちらが歴史的事実を書いてやると低脳やら知障やら罵倒でしか返せないし
救えない低脳ウヨ
健全な愛国心の持ち主なら評価したいのだが

157 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:34 ID:wAgHWsDw
>>156
( ´,_ゝ`)プッ

低脳の見本=お前。

158 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:36 ID:vGFb4vvr
>>157
( ´,_ゝ`)プッ

低脳ウヨの見本=お前。

159 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:36 ID:QBTlSZS5
>>143
満州はアメリカを手本にしたんだが・・・
首都の大連はパリだし。

戦前の庶民生活を見れば明らかに今も昔もアメリカ追従は変わっていない罠。
ダンスホール、モボ・モガ、カフェ、パーマネント、レジャー、ハイキング。
戦前に日本が作ったブランド名・・・ナショナル、シャープ、ビクター、キャノン、
オリンパス、ブリヂストン、パイオニア、レナウン、シチズン。
戦前からある言葉・・・オッケー、ショック、エロ・グロ・ナンセンス。

1930年代のアメリカからすれば、国内の失業者が1000万人に膨れ上がっていたのに、
アメリカの真似で日本が栄えてて、面白くなかったんだろうね。
おまけに、大義のよく理解できない戦争をやってたんじゃぁな。

満州の大連は今はこんな感じで発展してる。まあこれで本望じゃないか?
http://visitdljs.yahtour.com:8080/article.php?wzid=14

160 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:38 ID:wAgHWsDw
>>158
本当に馬鹿だね。小林だとかレッテル貼するだけ。ww

161 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:40 ID:vGFb4vvr
>>160
真性馬鹿だな
日本が普通に野心を持ってた事は俺(vGFb4vvr)の書き込みから分かるだろ
ソースを貼ってるのもあるよ


162 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:19 ID:hghK7R7y
もし本当に日本にお前の言うような野心があるのならば、
何の資源もない朝鮮半島や、卑属が跋扈する支那になんか派兵しません。

163 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:31 ID:bfd+M5OD
>>156
「よしりん」だって(藁

こんな言葉使って恥ずかしくないの?

164 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:47 ID:NMfeqEWH
>>162
当時多くの列強が中国大陸に野心を持ってた事も知らないのか
基本中の基本も知らない奴が書き込むな

>>163
ここの低脳ウヨってお前も含めてすっっっげぇレベル低い

165 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:56 ID:hghK7R7y
>>164
>当時多くの列強が中国大陸に野心を持ってた事も知らないのか
>基本中の基本も知らない奴が書き込むな
それとこれとは別だろ

166 :日出づる処の名無し:04/05/11 03:50 ID:SeVwYdmq
>>161
( ´,_ゝ`)プッ


167 :日出づる処の名無し:04/05/11 03:52 ID:hHpha5/4
>>164

辛亥革命は日本人の侵略的野心があって成功したのか?

お前が馬鹿だと言われるのは、一面的に言いすぎだから。

168 :日出づる処の名無し:04/05/11 04:14 ID:NMfeqEWH
>>166
( ´,_ゝ`)プッ

>>167
俺が一面的な馬鹿なら、ここの低脳ウヨは知障だよな
日本の行動が高潔無私な理想に基づいてたって心底信じてる奴も居るみたいだし
戦争は必ず大義名分を伴うが、国益に基づいてるものなの
もし日本に中国に対する野心が無かったなら、悲劇への道を歩まずに済んだかも知れない
野心がなければここまでリスクを取らないだろう
http://www.fps.chuo-u.ac.jp/~hrsk/kisoen/asakura/st_sc_kokusaiseijisi3.html
アメリカを刺激した南部仏印進駐も、元は蒋介石の援助ルートを絶つ北部仏印進駐がきっかけだし

169 :日出づる処の名無し:04/05/11 09:06 ID:5xEmCU/n
野心だ正義だと子供のような道義に基づき日本を貶める輩が多いからこそのスレタイ。

それに衝動的に反発していては非常に視野が狭い。歴史の含意を感じ取れない人間は日本を理解できない。


170 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:33 ID:XNKAItn3
>>168
ここに書き込んでいる人は、そのリンクにあるようなことを踏まえて、日本が何故そのよ
うな行動を取らなければならなかったのか、という、もう一歩踏み込んだところで
短かくて少々荒い言葉で言っているんだ。

ここに、URLを貼っておくからこれを読んで見てくれ。
少し、読み応えがあるけど・・・

昭和史の真実
日米関係を破綻させた米国の極東戦略
http://www.history.gr.jp/showa/mokuji1.html

昭和史の真実 PART II
満州事変・支那事変
日米戦争を根本的に問い直す
―日本は侵略国家ではない―
http://www.history.gr.jp/showa/mokuji2.html


171 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:44 ID:R3nLr8pC
イラクが可哀想ではなくイラク国民が可哀想。
アメリカは酷いね。
限度を知らない。
いつまでイラクにいるつもりなんだろうね。
いつまで苦しませるつもりなんだろうね。
日本もいつまで支持してるんだろうね?

172 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:56 ID:CvaueNX+
>>171
そうですよね。あなたのような人が健全な日本人の姿です。
ここのポチどもは、日本の国益のために
イラク人死んでくれって言うんだから本当酷いですよ。
アメリカが全て正義だと思っているんですよ。
アメリカは馬鹿だから、今後も進んで戦争をします。
何故なら、アメリカは世界の武器弾薬マーケットの約六割を握っており、
戦争や紛争がどこにもないと武器弾薬の不良在庫が積み重なってしまうんです。
なので自らも戦争を仕掛け、不良在庫を減らそうとするんです。
アメリカの経済はもはや戦争なくして成り立ちません。
今後も侵略戦争を起こすであろうアメリカに
ポチは喜んで尻尾振ってついていくのでしょうか。

173 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:57 ID:dPhICUA2
>>170
同意。つーか、>>168みたいな馬鹿サヨは無視するのが一番。

174 :日出づる処の名無し:04/05/11 16:58 ID:IDWeJwnE
>>168
お前の好きな言葉。>低脳糞ウヨ

お前の実態=思考停止の厨房

ここから消えろ!!




175 :日出づる処の名無し:04/05/11 17:12 ID:JcTJbYFW
>>170
>リンク先
満州をめぐる日米対立の原点は日露戦争当時、満州の門土解放を掲げて外債を募集しておきながら
戦後になって日本が早々にそれを反故にし利益独占にひた走った、というところから始まっているのだが。
 
それとBー17を中国に500機派遣とか、一体どこから聞きつけてきたのか
甚だ疑問な記述も多い。
1940年度に米陸軍航空隊が受領した数が40機だぞ?

176 :日出づる処の名無し:04/05/11 18:20 ID:CvaueNX+
イラクの無辜な国民を惨殺しているアメリカを支持するなら、
ポチ保守は、アメリカが主張する広島長崎の原爆の
正当性を認めるってことですかねぇ〜
大東亜戦争は肯定してるけど、内心アメリカに
負けて良かったと思っているんじゃないですか?
そんな人は日本の誇りとか愛国心とか言わないで欲しいです。
売国奴はさっさとアメリカに移民して下さいね〜。

177 :日出づる処の名無し:04/05/11 18:39 ID:7/a9c1Vl
日露戦争の講和条約でロシアの領土ではなく、元々日本領だった南樺太と、
満洲の「権利」しか獲得できなかったことも大きい。
もちろん賠償金も取れなかった。日本にも継戦能力は無かったし
講和を早く成就させたい意向はあった。

周知の通り、講和を取り持ったのはアメリカのセオドア・ルーズヴェルトだが、
西欧列強より一歩遅れながらも、やはり大陸の権益を虎視眈々と
狙っていたアメリカにすれば、日本の突出を抑制する為にも、
日本にとって予め災いの種を蒔いておく必要があったのは国益上当然だろう。
英米は大陸の権益を守る為に日本を支援しただけであって、ロシアに変わって
日本が大陸に台頭することを避ける為に早くも次の手を打ち始めた。

それを看破する必要があったことを後世に生きる我々が云うのは容易い。

白人主導の当時世界では、日本を同等に扱う事には抵抗があり、
白人国家同士の戦争と比較して、戦勝国が得る対価としては不当に低く抑え付けたものだった。

ロシアが満洲で所持していたのは、領土ではなく「権益」でしかなかった。
にも拘わらず、そんなものしか多大な犠牲の代償として得られなければ
日本がそれを死守しようとするのは当然の心理だったろう。

明治が良くて昭和が駄目だとか近視眼的に捉える人間が多いが、
真因を考慮せず短絡的に判断するのではなく、そこに至る経緯や
列強諸国の思惑をより俯瞰して見ることが必要だ。


178 :日出づる処の名無し:04/05/11 21:50 ID:+J2oGh15
>>176

>イラクの無辜な国民を惨殺しているアメリカを支持するなら、
>ポチ保守は、アメリカが主張する広島長崎の原爆の
>正当性を認めるってことですかねぇ〜

1行目と2〜3行目が全く論理的に繋がってない。



179 :日出づる処の名無し:04/05/12 03:22 ID:CBusULjR
http://koware.hp.infoseek.co.jp/jyu-goya/comic/joui.htm
日本人が白人と戦った理由はここに記されている

180 :日出づる処の名無し:04/05/12 04:34 ID:UFEs2euT
>>172
なんか相手を見失っている気がするな、誰もイラクの話しをしていないのに
自分と意見が違うものは、イラク戦争を支持しているかのようなことを書いている。

181 :日出づる処の名無し:04/05/12 16:17 ID:BkDWUeLC
>>178
ポチ保守なんて言葉を使う時点で、駄目だよ。知性を疑う。

182 :名無し:04/05/12 21:58 ID:6N4bcPfA
>177 賛成。日露戦争は満州の権益を争うものではなかった。1900年義和団事件に
乗じて全満州を占領したロシア帝国はさらに南下し1903年朝鮮の竜岩浦に軍事基地
を開設した。中央アジアでは、ロシア帝国が小国を併呑していた。これでは日本が
生存の危機を観じて当然である。日露戦争は生存の戦いであった。
時代遅れのマルクス主義者の言う帝国主義同士の満州市場の争いではない。
米国は満州に色気はなかった。大東亜戦争はソ連のスターリンが対独西部戦線に
対応するため、東部の日本軍を南下させる大戦略として、支那軍閥に攻撃させた
支那事変、米国ルーズベルト政権に攻撃させた太平洋戦争、そして日ソ戦争
から構成されている。これも生存を掛けた戦いであった。日露戦争が正しく、
大東亜戦争が間違っているというのは占領軍の反日宣伝であり誤りである。
どちらも生存の戦いであった。

183 :日出づる処の名無し:04/05/13 00:53 ID:PNQ9hUrl
>>181
同意。

184 :日出づる処の名無し:04/05/13 03:23 ID:3bgru/Fv
>>181
同意。小林よしのりは対立する人間や派閥を
悪玉や基地外に仕立てるのが上手い。

漫画内で醜悪に描くのも特徴。
そういう面を冷静に踏まえた上で読まないと。

個人的には人間としてはあまり好きでないけど
作家としては才能があると思うし漫画の内容は興味をひくので読んでいる。


185 :ガクガク((( ((;゚Д゚)) )))ブルブル:04/05/13 03:44 ID:uSfIEKS8
ヒトラーの予言
http://blackbox777.at.infoseek.co.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html


186 :日出づる処の名無し:04/05/13 14:41 ID:JHS5CiFt
●日露戦争時イギリス・アメリカから「ロシアから満州の機会平等を守る」という約束で
500万ポンドづつ(当時の国家予算の8年分)借りていたのにもかかわらず
満州の利権を独占。
日本破滅レベル■■

●1924年アメリカが移民法(排日移民法)を制定。日本のナショナリズムを強く刺激した。
当時の世論、特に新聞社は「国辱」と強く反応し、キャンペーンが繰り広げられる一方、
日米開戦説が叫ばれた。
日本破滅レベル■■■■

●1929年浜口内閣は対外的には協調外交を進め、ロンドン海軍軍縮条約に調印し、
中国に対してもその主権を尊重し、内政に武力干渉することは避けて日本の権益の擁護をはかった。
国内では金を解禁して意図的に国内を不景気にする事によって労働者の賃金を下げ
低価格の製品を海外に売り捌こうとしたが、そこで世界恐慌が起こってしまい
海外の製品も値段が下がってしまい品質的に劣る日本製品は競争に勝てず
大量の金流出・企業の倒産・失業者の増大を招き、日本経済は深刻な不況に陥った。
陸軍を主体とする軍部は、これを軟弱外交として非難し、これに強く反対した。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■

●1931年9月18日に満州事変をおこす。
軍は根拠も無いまま漠然と「満州は日本の経済的生命線」と思い込んでいた。
食糧の供給先としても、資源の供給先としても、自国製品の市場としても
満州の存在ははっきりいって小さい上に中国では日貨排斥が激化し、対中輸出が3分の1にまで激減してしまった。
そして中国軍の実力を極端に軽視し、日本軍を過大評価するようになり
出先の部隊が軍中央部の命令に従わず独断専行しても、
結果さえ良ければ褒章を受けることはあっても処罰されることはない、という風潮が広まる。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■

●満蒙権益をめぐる日中間の紛争やロンドン海軍軍縮問題をきっかけとなり五・一五事件おきる。
これは8年間続いてきた「話を聞こう」の政党政治の時代から
「問答無用」の軍部暴走の時代へと移行する大きなターニングポイントであった。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

187 :日出づる処の名無し:04/05/13 14:43 ID:R2vyZtxR
●短期決戦の思惑が外れた近衛内閣は対中政策を転換し
11月日本の戦争目的は日満支(中)3国提携により東アジアに新秩序を建設することだと声明し
(東亜新秩序声明=第2次近衛声明),国民政府との和平交渉の可能性を示唆した。
しかし同調者は少なく,戦争を終結させることはできない上に
日本が東亜新秩序建設を声明した際に東アジアからの欧米勢力の駆逐を掲げた。
石油・鉄などの軍需物資の大半をアメリカに頼る日本にとって致命的な打撃となることは確実なのに
1939年日本が抗日運動の拠点とみなして天津の英仏共同管理の租界を封鎖してしまった。
当然アメリカは日米通商航海条約の廃棄を通告した。
共産勢力より日本の方がが驚異となったのだ。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●日独伊3国同盟調印==1940年9月27日
同盟の成立は、米・英を強く刺激し、太平洋戦争開始の大きな要因となった。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●さらに「アメリカ相手では2年も持たない」 という意見があるのにもかかわらず。
「ABCD包囲網により石油の輸入が不可能となった。 このままでは立ち行かなくなるので戦争してでも南方を奪ってしまえ」
という意見が、 「ABCD陣営と妥協して平和裡に石油を輸入できるようにしよう」
という意見を駆逐してしまう・・・・・・・・・・・・・アホすぎる
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

188 :順番待ちがえた:04/05/13 14:46 ID:A17jjsvh
●1932年満州国が建国。
リットン調査団報告書は,関東軍の行動を自衛のための行動とは認めず
満州国も満州住民による自発的なものとは認めなかった。
日本に妥協的な内容で1933年2月国際連盟が日本軍の満鉄付属地内への撤兵などを求める
勧告案を臨時総会で42:1(反対1は日本)で可決すると日本は3月国際連盟から脱退した。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●日本は世界に先がけて恐慌からの脱出し
為替操作で円安にして低賃金で生産した製品を 失業率20%の米英とその植民地に輸出しまくった。
その結果ソーシャルダンピングと叩かれ、輸出制限された。
排日行動を続ける蒋介石の影響力
から「華北」を切り離して親日政権を作り、そこを新しく、外貨獲得のための日本製品の輸出先にしようとした。
日本の武力によって蒋介石の影響力が弱まったため、「華北(平津 地区)」では共産主義者の勢力が逆に強まった。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●1936年 二・二六事件の鎮圧後,岡田内閣が総辞職し広田弘毅内閣が成立した。
陸軍は、事件の威圧効果を利用して発言力を強め、陸海軍の同意がなければ内閣が成立・維持できない状況になる。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●1937年7月7日盧溝橋事件がおきる。
11日には現地で停戦協定が成立したが,同じ日に第1次近衛内閣は華北への派兵を決定し北支事変と称した。
これを機会に中国に一撃を加えておけば抗日運動をおさえこむことができるだろうと
安易に判断する強硬派の意見が通ったのだ。
日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


189 :日出づる処の名無し:04/05/13 18:24 ID:Igfqk8q9
 国民の敵たる既成政党と財閥を殺せ!
 横暴極まる官憲を膺懲せよ!
 奸賊、特権階級を抹殺せよ!
 農民よ、労働者よ、全国民よ祖国日本を守れ!


190 :日出づる処の名無し:04/05/14 02:07 ID:mJgNuLB7
>>189

確かに。マジで。

平成維新のモーメントはある。小泉が拉致問題をウヤムヤに北朝鮮と妥協
して国交正常化に動いたら、倒閣運動が全国民的規模で起こるだろうね。



191 :日出づる処の名無し:04/05/14 02:19 ID:8XWGKzkb


 国交正常化によるメリットを知るレスは何処へ行けば良いのですか?

 マジレスです。

192 :日出づる処の名無し:04/05/14 02:45 ID:D6ekG3Y7
>>191
そんなスレはなかったと思うよ。北朝鮮総合スレでその話題を振れば、
答えてくれる論客はいると思う。
あと、アジアニュース+のどこかのスレで聞いてみたら?

193 :日出づる処の名無し:04/05/14 02:47 ID:D6ekG3Y7
>>186
ものすごい、歪曲史観だね。その年表のコメント。
どっから持ってきたの? ソースを教えてよ。

194 :日出づる処の名無し:04/05/14 03:25 ID:GCGVnAmK
>>193
どこがどう歪曲なのか指摘しないと意味無いよ。

195 :日出づる処の名無し:04/05/14 06:38 ID:C02lX5ET
列強の力に抑圧されたる弱者は、美によって連帯し、力の獲得に向けて頑張れ」みたいなアジだと思えばいい。
 でも「美」がその程度のものでしかあり得ないからこそ、「力と美」の逆説が生まれる。
逆説は二つあって、両方ともアジア主義の顛末に表われてる。
第一に、「力」を獲得したら「美」はどうでもよくなるんじゃないか。
石原莞爾的に言えば日露戦争後の堕落への道であり、三島由紀夫的に言えば戦後復興以降の堕落への道だね。
これは先のゲイの〈祭り〉の問題に関わるだけでなく、在日コリアンや沖縄の人たちも、
単に日本人化・本土並み化して「力」を獲得するだけでは、「力」なきことと表裏一体の共通感覚、
すなわち「美」を失うのではないかという問題を、意識するようになって来ているわけよ。
 じゃあ「力」の獲得にもかかわらず「美」を維持する道はないか。
ある。「力」を獲得した後も自分を「弱者」として規定し続ければいい。
でもそれこそ、岡倉天心的な「弱者の思想」だったアジア主義が、
帝国主義的大陸進出の翼賛思想に成り下がるプロセスだよ。出発点では日本は弱かったから、
「力」なき存在たるがゆえの「美」を押し立てて自己鼓舞して良かった。
しかし欧米列強に肩を並べる「力」を獲得するに至っても、相変わらず自らを弱者と規定して「美」を主張。
五族共和から大東亜共栄圏へと変質する。そこでは「美」が、「力」だけ求める田舎者の帝国主義者を、
翼賛する装置として機能しちゃった。これはアジア主義の本義と異なる。

196 :日出づる処の名無し:04/05/14 08:02 ID:HfpxkncP
●2004年4月8日イラク人質事件が起きる。
人質と犯行組織の思想がなぜかイノセントであると言う、怪異な事件が発生。
「すわ、外患誘致か否か?」とまで言われたが・・・。
15日には現地で人質3人されたが、発生中、左翼は「今回の人質事件はイラクへの派兵を決定し政府の責任である」などと言い放ち、
人質支援のHPでは「自作自演ではあるが”政府の”自作自演であるという」書き込みまで出た。
これを機会に”拉致家族”に対抗した、”イラク人質家族”を擁しておけば反日運動を過激化させることができるだろうと安易に判断する意見が通ったのか?

日本破滅レベル■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■?

197 :日出づる処の名無し:04/05/15 00:14 ID:S1apqfAQ


大東亜戦争は理念としては正しかった。戦い方が間違っていただけ。


198 :日出づる処の名無し:04/05/15 01:04 ID:1w5OqmeR
八木アンテナさえアメリカにとられなければ・・・

199 :日出づる処の名無し:04/05/15 01:35 ID:EtnYuzxH
>>197
理念は儒教でしょう。天皇の徳によってアジア共同体をまとめようという意味ですが、
この理念は間違っていると思います。中華思想というのはこの中国版であり、事ある
ごとに中国は「アジア各国人民の感情を傷ける」などと自分達がアジアの代表である
かのような言辞を吐きます。チャイナスクール組みを中心にはびこっているこの儒教
という理念自体が誤りの根本だと思います。

200 :日出づる処の名無し:04/05/15 02:02 ID:KOBQmvUA
>>199
そうではない。大東亜共栄圏の理念が儒教? 吹き出した。
簡単に言えば大アジア主義が理念。西方浄土、仏教的で日蓮宗に
通じるものがある。
でも、北一輝にしても近代主義の洗礼は受けている。

201 :日出づる処の名無し:04/05/15 02:10 ID:EtnYuzxH
>>200
儒教無しには大アジア主義も成り立たないということです。
天皇の徳により日本が盟主としてアジアを統治しようというのだから。

202 :日出づる処の名無し:04/05/15 02:11 ID:1w5OqmeR
儒教なんて糞、馬鹿も休み休み言いなさい。

203 :日出づる処の名無し:04/05/15 02:32 ID:EtnYuzxH
>>202
だから>>199で「間違っている」と書いてるんだが。

204 :日出づる処の名無し:04/05/15 03:30 ID:xXyHhzP5
理念はあったが堕落しただけでしょ。
>>195の>石原莞爾的に言えば日露戦争後の堕落への道に納得。

205 :名無し:04/05/15 12:23 ID:cqwsUhUL
大東亜戦争=支那事変+太平洋戦争+日ソ戦争。共通項=スターリンの策謀
日本の立場=自衛戦争であった。侵略戦争というのは嘘。
ソ連の狙い=西部のドイツ対応のため、東部の日本軍を南下させる。
ソ連の戦略=支那軍閥(蒋介石+毛沢東)を使って日本を攻撃させる。→支那事変
      米国ルーズベルト政権を使って日本を攻撃させる→太平洋戦争
支那事変は、1936.12の西安事件で共産軍を攻撃していた蒋介石が共産軍の
捕虜となり降伏。対日攻撃を約束。半年準備して1937.7から盧溝橋事件、上海事変
と対日攻撃を連発。ソ連は直ちに3億ドルの大軍事援助を開始。南京で日本が撃墜
した中国軍機は、ソ連製で操縦士はソ連人。
太平洋戦争は、ソ連諜報部が米国ル政府に浸透。真珠湾攻撃前に義勇軍に偽装した
米空軍は中国軍に参加して日本軍を攻撃。ハルノートはソ連製とソ連KGBの
元スパイが1995年発表している。歴史は全部見直しが必要だ。

206 :日出づる処の名無し:04/05/15 13:30 ID:wLCT7toA





   「  ま た 大 阪 か  ! 」  ←   中年の  反 日 ネ ッ ト 工 作 員 だった !




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     「ニダー!」 「また配管工か、 2ちゃんねらーか」 「日本人挑発コピペ」
          情報、掲示板潰し、「反米→北朝鮮、中国」等の洗脳工作目的、
      http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news2/1084154764/326-329
 ネットウヨクの資金源 VOL.3 http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news2/1083628450/60-62
 芸能板の工作員の手口 http://music3.2ch.net/test/read.cgi/musicnews/1059919632/144-148

207 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/15 15:01 ID:RINYFvKN
大東亜戦争に負けたとは言え、日本は亜細亜に於ける「新秩序の樹立」には成功したんだから皮肉なもんだな…


208 :日出づる処の名無し:04/05/15 17:22 ID:HrgplCXx
ばか?
戦後のアジア秩序を定めたのは米ソですが?

209 :日出づる処の名無し:04/05/15 17:47 ID:1w5OqmeR
秩序≒冷戦 かよ

210 :名無し:04/05/15 18:14 ID:Ht9NyXwP
新秩序=植民地の独立でしょう。日本が敗戦後アジアに舞い戻った西欧に
対して日本軍に教練を受けた現地民が武器を取って戦い独立した。
これは米ソが作ったわけではない。冷戦が終わってもアジアの植民地は独立
を維持している。これは日本のおかげである。だから今でも感謝されてい
るのだ。インドネシア、ビルマ、タイ、マレーシアなどが親日である
理由である。


211 :日出づる処の名無し:04/05/15 18:23 ID:8eS31tnO
俺様がアジアの覇王となる!でしょ

212 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/15 18:33 ID:RINYFvKN
俺が言った「新秩序の樹立」ってのは「亜細亜における植民地支配」の独立って意味ですが?

インドや、インドネシアの独立に日本軍が協力してたのは周知の事実でしょう。

213 :日出づる処の名無し:04/05/15 22:38 ID:Z74qEwaL
>212
東西冷戦のくびきの下で米ソの傀儡政権ばかりが林立してたワケですが何か?
そしてそれは結局のところそれ以前の植民地体制と本質的にはなんらかわらん。

本当の意味で「アジアに自立した民族国家が生まれる」のは、
第三世界勢力として東西両陣営にモノ申す空気が生まれた1970年代以後。


81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)