2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

驚愕!歓喜!!日本刀が鉄砲の弾に勝った!

1 :日出づる処の名無し:04/05/05 21:52 ID:04UNJrn7
なんと、ついさっきトリビアでやっていたが
おもわず鳥肌が立ってしまった。
やるねー日本刀

2 :日出づる処の名無し:04/05/05 21:53 ID:7i7I3IhB
単独スレはいらない

3 :日出づる処の名無し:04/05/05 21:54 ID:18P+fBpj
3get

4 :    :04/05/05 21:56 ID:4Lhxax/j
日本刀の原型である朝鮮等の優秀さが外界に知らされたことだ

5 :日出づる処の名無し:04/05/05 21:58 ID:Le/33vd7
>>4
釣れますか

6 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:00 ID:3ksqrw6a
>>4
日本刀以前に作られたはずの
朝鮮刀の現物が一切残っていないというのはどうよ?

7 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:00 ID:o0ErPyiR
流石はウリジナル!

8 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:00 ID:KVUvNykC
これなら百人切れるとか言い出さないだろうな

9 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:02 ID:gnHcmWaE
ウヨは日本刀が弱いほうがうれしいのか?強いほうがうれしいのか?

百人切り「弱い弱い」

普段「強い強い」

10 : :04/05/05 22:02 ID:ag0dqXNb
>>1
番組みていないから、詳細キボンヌ

11 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:03 ID:o0ErPyiR
空想科学読本だかに書いてあったとおりになって驚いたw

12 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:04 ID:xU2HqA40
トリビアの泉で日本刀対拳銃はどっちが強いか、ということで実験していたが、
固定された日本刀に対して打ち込まれた弾丸は真っ二つになっていた。

13 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:07 ID:KO5ppwR/
でも現実の戦いの中では絶対に起きないシチュエーション・・・・・

14 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:08 ID:TiEWum9c
>>10
ほれ。
http://up.nm78.com/data/up006534.jpg

15 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:08 ID:BdYMnZhQ
あれが徹甲弾ならどうなるだろう

16 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:08 ID:10jkaULv
スゲェ!

17 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:10 ID:V72DRpK/
斬鉄剣ならトマホークも斬れるよ。

18 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:10 ID:YkKsha9o
>>9
>百人切り「弱い弱い」
 
 百人切りが出来ないのは血糊で切れなくなるからであって、
刀が折れるからといってるわけじゃないんだぞ。
 ちょっとは頭使って煽れよw

19 :カレーなる名無しさん:04/05/05 22:12 ID:rj7mK6d8
コルトで撃たれても運が良ければ日本刀で助かるかも。

20 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:12 ID:9Xwjpy0r
>>18
骨に当たると刃こぼれするよ

21 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/05 22:12 ID:gTywG1+c
>>1
>
わお、残念ながら見そこなった。
結局、日本刀が弾丸を真っ二つにしたのか!!

さすが、『日本刀』!。

22 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/05 22:13 ID:gTywG1+c
>>9
もう少し、日本刀について勉強した方が良いと思うよ。

23 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:13 ID:gnHcmWaE
2chねるウヨ一同
 最後の最後まで米英軍を支持します。サヨのように日和ません。
 われわれは開戦に賛成した責任を必ずとります。サヨのような
 無責任な態度はとりません!

24 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:13 ID:04UNJrn7
>>14
おっ!すごい仕事が速いね
ほんとにこれは驚いたね

25 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:13 ID:9Xwjpy0r
<丶`∀´>=3 鮮起源の技術がいかにすごいかの証明ニダ

26 :闘う日本人 ◆T5UV/l/TQw :04/05/05 22:15 ID:iPQFUpzZ
柔らかい鉛に鋼がかったように感じるけど、日本刀を叩き上げる職人の技術に
感服いたしました。
今日のトリビアを見なかった事を後悔しています。

27 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:15 ID:Hd0BCxrZ
昔、「リングにかけろ」という漫画で、振り下ろされたトマホークを
日本刀で受け止めるという場面があって、日本刀は刃こぼれしてない。
というオチを、本当かなと思っていたんだが、拳銃弾に勝てるんなら、
事実だったんだね。

28 :  :04/05/05 22:15 ID:9jTnU4+a
冷静に考えると、やわらかい鉛と鋼鉄だったら、鋼鉄が勝つにきまってるが、
それでも凄いな。


29 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:16 ID:9g+NU+7u
あっという間に、試し釣りスレ状態w
いいから朝鮮ネタは自粛しろよ、お前ら。

30 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:16 ID:1djhJn3l
コークスクリューパンチ<カミソリフック

というわけか。

31 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:18 ID:YkKsha9o
>>20
>骨に当たると刃こぼれするよ
 で?

18 名前:日出づる処の名無し :04/05/05 22:10 ID:YkKsha9o
>>9
>百人切り「弱い弱い」
 
 百人切りが出来ないのは血糊で切れなくなるからであって、
刀が折れるからといってるわけじゃないんだぞ。
------------------------

32 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:20 ID:67oY4Em/
でもあの45ACPジャケットなかったよな。
フルメタルジャケットだったらどうだったかな。

あとは50AEだったらとか。

刃こぼれしなかったのは驚いた。真っ二つは予想してたけど
多少は刃こぼれすると思ってた。

33 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:22 ID:9Xwjpy0r
>>27
それは嘘。つばぜり合いなんかしたら確実に刃こぼれする

34 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:24 ID:TGQZm430
色々と不自由な人と戯れるスレはここですか?

35 :市民派護憲教師 ◆T6GtpROr0s :04/05/05 22:24 ID:1+0xmIfZ
これで百人斬りが実証されましたね。

36 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:25 ID:67oY4Em/
>>35
オマエは出張しなくていいから本スレで過去の宿題に答えとけ。

37 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:26 ID:YkKsha9o
>>35
 釣りにしたって4つ上のスレくらい読んでから書き込めよ

38 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:28 ID:9l6JMAd0
スレ立てる程の事とは思えんが俺も思わず唸った。
なんか事情通の話では2、3人切れば刃こぼれして切れなくなるとか
なんとか言ってたが、、どう考えても10人位ぶったぎれそうだね。

39 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:28 ID:pYc6kYgc
俺様はもうすでに100人斬りは達成している。

40 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:28 ID:9D3jkuX1
動画きました
http://gazou-yan.mine.nu/~gazou/cgi-bin/upload/src/kashiwaba2458.zip

41 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/05 22:28 ID:gTywG1+c
>>35
情けない脊髄反射スレだな。(苦笑

42 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:29 ID:tknok6qk
日本刀についてはここが詳しいぜよ
http://www.hi-net.zaq.ne.jp/osaru/

43 :1:04/05/05 22:30 ID:04UNJrn7
ttp://gazou-yan.mine.nu/~gazou/cgi-bin/upload/src/kashiwaba2458.zip
動画が手に入りました。
ニュー速はすでに千越え

44 :市民派護憲教師 ◆T6GtpROr0s :04/05/05 22:30 ID:1+0xmIfZ
>>38 あの銃弾を跳ね返す強さは100人は軽いでしょう。南京で日本軍が何をやったかを考えると日本人として恥ずかしくなります。

45 :市民派護憲教師 ◆T6GtpROr0s :04/05/05 22:31 ID:1+0xmIfZ
>>38 あの銃弾を跳ね返す強さは100人は軽いでしょう。南京で日本軍が何をやったかを考えると日本人として恥ずかしくなります。

46 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:31 ID:tknok6qk
>>38
確か2〜3人切ったら刀に油がべっとりついて切れないとか。

47 :カレーなる名無しさん:04/05/05 22:32 ID:rj7mK6d8
ゾーリンゲンは日本刀をパクッたんやて。

48 :陸奥 ◆Mutsu.Oznc :04/05/05 22:32 ID:kzIR5djJ
>>44
センセーこんなトコでなにやってんの?


49 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:33 ID:V4oktwuX
>>44

お仲間が苦戦しとるぞ。助けてやれや。

南京虐殺は無かったぁぁぁぁぁぁぁあああああ!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/china/1083421776/l50

630 :kouei37@非戦主義 ◆F6bOI6PSbo :04/05/05 22:25
>>628
私の質問に答えてから私に質問してください。ok
南京大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら
名前を挙げてください。
m9( ^,_J^)ノ <挙げてください
www.ismusic.ne.jp/kouei34/xg0016471.mp3

50 :市民派護憲教師 ◆T6GtpROr0s :04/05/05 22:34 ID:1+0xmIfZ
>>31 実際にあなたは斬ったのですか?科学的な実証はあるのですか。都合の良いこじつけはたくさんです。百人斬りを素直に認めれば良いのですよ。

51 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:35 ID:DSljYjB+
>>50
どこ行っても屁理屈しか言えないのな。
だったら日本刀で100人切れるかどうかの証拠を出せよ(w

52 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:36 ID:hSu9eL+9
>>50
電波っぽいな。誰こいつ。

53 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/05 22:36 ID:qTiGL6m0
>>50
ちなみに
池田屋事件を終わって刃こぼれが無かったのは近藤勇の虎鉄のみです。

54 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:36 ID:29XN49vl
>50
センセは足利義輝のお話ご存知?


55 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:37 ID:DSljYjB+
>>52
土井スレにおいて日本国民は被害諸国に対し一人あたり毎年600万円払うべきと豪語した強者です。


56 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:37 ID:67oY4Em/
>>50
じゃああんたは100人斬ったことがあるのか。

殺人犯がいますよーw

57 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:38 ID:5QpFaqo+
>>50
じゃあお前とお前の嫁で確k(tbs

58 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/05 22:38 ID:qTiGL6m0
虎鉄以外は全部刃こぼれした。
で、池田屋で全員が切った人数は20ぐらい。
もうこれでわかるよなセンセ。


59 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:39 ID:r+i0bH26
ぶっちゃけ、人を殺すのに真剣じゃなくても土産屋に売ってる模造刀で十分
あれで殴られたらひとたまりもない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

60 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:39 ID:qvHqYZjK
刃こぼれ以前に鉄砲弾当ってもビクともしないほど固定するのはいかがかと。

61 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:40 ID:2RnGQOl3
>>52
しかも自分と奥さんの合計1200万円は払わなくていいてか何とかゴネてまつ。

62 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:40 ID:TGQZm430
>>53
偽物だけどなー

63 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/05 22:40 ID:qTiGL6m0
センセ馬鹿だから結論書いてやるか

「粗製濫造の軍刀じゃ100人も斬れない。それどころか虎鉄でも怪しい」

64 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/05 22:41 ID:qTiGL6m0
>>62
虎鉄偽者だっけ?w

65 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:42 ID:KO5ppwR/
日本刀で人間を100人切れん理由は人間の脂と刃こぼれだろうが・・・
銃弾を射撃するからこそ固定した刀の殺傷力を最大限生かせるのであって
純粋に日本刀で力の加わってないものを切った場合、鉛どころか
人間の胴回りぐらいの丸太一本でも刃こぼれ起こすんだよ。
日本刀ってのはそれくらい繊細なんだ、そんなこともわからんのか



66 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:44 ID:DSljYjB+
そしてこちらでも逃亡か・・・。
ホントにダメダメ先生やな(w

67 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:45 ID:hSu9eL+9
>>64
近藤勇の虎徹のお話。
http://www.n-p-s.net/katanastory8.htm

68 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:45 ID:TGQZm430
>>64
清麿の刀という説が・・・・

69 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:45 ID:1djhJn3l
>>39
一人相手に1000回斬り達成した私はどうすればいいのでしょう。

70 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:46 ID:3OY6pM87
そんなに言われているほど粗製濫造って訳じゃないぞ>軍刀
http://mltr.e-city.tv/faq08d.html#00006
とりあえず殺傷能力はある。
だからといって100人切れるといった妄想には結びつかないが

71 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:47 ID:1djhJn3l
>>68
ウヌ!すごいではないか清麿!

72 :親日市民派護憲の虎:04/05/05 22:47 ID:JBIawLrS
日本刀の技術は半島から伝来したんだろうが!
小日本人が鬼の首取ったみたいに喜ぶな。
五右衛門じゃあるまいし、飛んでくる銃弾を真っ二つにできるのかよ?

73 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:48 ID:29XN49vl
将校で出兵したものは
実家の親が伝来の刀か良い刀を買ってきて
持たせたと聞いたが。
それでも一本で100人はムリムリ。

74 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:48 ID:TGQZm430
http://www.hi-net.zaq.ne.jp/osaru/wazamono.htm
堅物試しの所に清麿の兄真雄の伝説あり。
まあこの兄弟の作品が異常だっただけなんだがな。

75 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:48 ID:2YSEGsNP
見てて凄いと思ったからこのスレにきたんでしょ
何にも感じなかったら来ないわな。素直じゃないね。

76 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:49 ID:67oY4Em/
>>72
あんたも来なくていいから。本スレに戻れ。

77 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:49 ID:XUoeIUSZ
>>72
↑馬鹿発見

78 :親日市民派護憲の虎:04/05/05 22:49 ID:JBIawLrS
荒木又右衛門をおまえら知らんのか?36人斬りしてるだろうが!

79 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/05 22:50 ID:gTywG1+c
>>62
> >>53
> 偽物だけどなー
>
偽物という説も確定してはいないから、断定するのは禁物だぜ。

80 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:50 ID:5QpFaqo+
>>72
半島を経由したかもしれないってだけだし、半島発祥は絶対にあり得ない。
それだけで鬼の首取ったように「小日本人」って言ってる暴力狂師はさっさとクビ吊ってね(w


81 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:50 ID:67oY4Em/
>>77
スマソ。これもさっきのセンセの同類でつ。

82 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:51 ID:r+i0bH26
>荒木又右衛門
( ´,_ゝ`)プッ、無知が語るなよ!36人も斬ってねぇよ稿

83 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:53 ID:TGQZm430
※日本刀はスタッフがおいしくいただきました


84 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/05 22:54 ID:NfQfAmej
社民スレでぼこぼこにされて逃げ出し、なおかつここで
講談と事実の区別のつかない駄猫とせんせが居るのはここでOK?


85 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:54 ID:l91wvDdZ
>>78
それが本当だと仮定しても64人足りないぞw

86 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:54 ID:2RnGQOl3
>>78
あれはそこまでしか刀が持たなかったから36人で止まったんだろうが。
つーか、いちいちここまでデムパを撒いてないでさっさと地上の楽園に帰れ腐れチョソが

87 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/05 22:55 ID:qTiGL6m0
偽虎鉄だったかもしれないのか・・・・へぇーへぇーへぇー(w

88 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:55 ID:Obchry5+
>>72
いつの時代も国が丸ごと滅んで民族いれかわってるくせに。
泣きながら起源捏造でもしてろ。


あ、釣られちゃッた。

89 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:55 ID:pYc6kYgc
>>69
その偉大な記録を更新してくれたまへ。

90 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:57 ID:KO5ppwR/
本気で百人斬り信じてる奴って刀と斧と槍の性質の違いを「同じ刃物」
としか理解してない奴なんだろうな
多分コイツら刺身包丁を研ぎもせず魚をブツ斬りにして
包丁破壊するタイプ

91 :RX-77安崎 ◆8vgyqvA3/A :04/05/05 22:57 ID:v93nIA0B
センセも駄猫も、刃物に対する知識が恐ろしく欠けてるなぁ・・・

92 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:57 ID:gnHcmWaE
97 :日出づる処の名無し :04/05/03 16:09 ID:0Arz7JXH
>>93
日本刀で100人斬りなんて物理的に不可能
人一人切れば刃こぼれするんだよw


93 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:58 ID:KT2oYDcx

おいおい、ここは100人いれば99人が素直に

「すっげぇええええ!!グレイトだ!!日本刀スゲー!」と感嘆するシーン
なんだが、残りのあぶれた1人がなにやら騒いでいるようですね

94 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:58 ID:r+i0bH26
だから荒木又右衛門が斬ったのは二人程だってw
物語の中だけ36人斬りは

95 :親日市民派護憲の虎:04/05/05 22:59 ID:JBIawLrS
庵の記憶に間違いがなければ以前、100斬りというビデオが出てた
から、実験はされたんじゃないのか?

96 :日出づる処の名無し:04/05/05 22:59 ID:1djhJn3l
タモリも花びら満開

97 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:00 ID:tknok6qk
途中でメンテナスしなきゃ100人切りは無理だな。
2〜3人切ったら油取らなきゃ駄目なんだよ。

98 :RX-77安崎 ◆8vgyqvA3/A :04/05/05 23:00 ID:v93nIA0B
>>95
お前さん、料理はするか?

99 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:01 ID:nscK3PxZ
近藤勇の偽虎鉄と言われてる清麿は、江戸時代の刀としては
トップクラスの人気と価格ですね。下手すると実は量産品だった
村正より高かったりする。

100 :親日市民派護憲の虎:04/05/05 23:01 ID:JBIawLrS
>>98 料理は婦女子の仕事だ。

101 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:02 ID:KT2oYDcx

南京の百人斬りはアカヒ記者の捏造。まだネチネチいうのは脳内でやっとれ。
ここに持ち込むなキティが

102 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:03 ID:29XN49vl
今時こういう奴がいるとはねぇ〜

103 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/05 23:03 ID:NfQfAmej
>95
血脂が付くし切っていく内に刃も欠ける、おまけに物体に対して
正確に刃筋を入れんと曲がる事も有りうる。
んなわけで100人切りは出来ません。

104 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:03 ID:4CanqLhi
君たち、百人切りは真実であったということが分かりましたか?

そうでなきゃ、時代劇は嘘だということになってしまいますからね!

105 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/05 23:03 ID:gTywG1+c
>>80

まぁ、落ち着け、誰が何と言おうと日本刀を造れるのは日本人だけだよ。

おまいも一度日本刀の波紋を間近でしげしげ見てみろ。
朝鮮人には、まねできないのがわかるよ。

106 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:03 ID:67oY4Em/
社民支持者のくせに性差別かよw

107 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:03 ID:nscK3PxZ
>>100

式庖丁もご存知ないのですか?

108 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:04 ID:29XN49vl
>104
時代劇はてっきり峰打ちだと思ってましたが。

109 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/05 23:04 ID:NfQfAmej
>99
あ、でも当時は安かったから町道場の主だった
近藤勇が変えたって話しも有りませんでしたっけ

110 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:04 ID:29XN49vl
>107
四条家でしたっけ。

111 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:05 ID:3OY6pM87
>>95
なにそれ?スナッフビデオ?

112 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:06 ID:nscK3PxZ
>104

時代劇を事実に持って来るなら、南北戦争時代に開発されたリボルバーが
徳川吉宗の時代にあったことになってしまいますよ。以前、暴れん坊将軍で
劇作上の都合からか和製リボルバーを乱射する銃職人の話がありましたので。

それとも、極東住人的には日本のオーパーツ的技術力を称揚すべきでしょうか。

113 :安崎冷奴:04/05/05 23:07 ID:YHCFmKfs
>>111
好色一代男張りの、ナンパビデオでは?

114 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:07 ID:w8Xs2VgI
ってゆうか、「できる」と「やった」を混同してどうする。
飛躍しすぎ。

115 :パトリオットレフト:04/05/05 23:07 ID:+ddG2/HZ
>>108
最近の時代劇は流血しないからねぇ。

暴れん坊将軍は確かに峰打ちしますな。
水戸黄門の助さんも峰打ちでしたな。

116 :RX-77安崎 ◆8vgyqvA3/A :04/05/05 23:08 ID:v93nIA0B
>>100
なるほど、刃物の取り扱いに疎いのは良く判った。

117 :市民派護憲教師 ◆T6GtpROr0s :04/05/05 23:08 ID:1+0xmIfZ
子どもたちや時代を担う日本人にも目を逸らさせずに、この歴史の真実を教えなければと改めて決意しました。悪い事は悪いと中国や朝鮮の方に接しても否定し悪足掻きをするのではなく、素直に謙虚に認める事が出来る誇り高い日本人に育てますよ。

118 :パトリオットレフト:04/05/05 23:09 ID:+ddG2/HZ
>>95
それって、とんねるずの「ホモ太郎侍」では。
確か、そういうネタがあった。
人が足りなくて、ADさんから録音さんから掃除のオバチャンまで動員してやってましたな。

119 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:10 ID:YHCFmKfs
>>117
はいはい。いい子だから、こっちで質問に答えなさい。
【ド井たかこ】福島水ポパート33【パート38】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1083746068/l50


120 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:10 ID:DSljYjB+
>>117
証拠も示さず今まで散々嘘しか言ってないお前が何を言うのか?
嘘を教え自虐しろと教育するのは非常に迷惑です。
即刻教師を辞めてください。


1200万円払ったかどうかの返事はまだですか?

121 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:10 ID:l91wvDdZ
>>117
冤罪の被害者を増やすおつもりなのでしょうか?

122 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:10 ID:3OY6pM87
>>117
朝鮮、というと南朝鮮傀儡政権の方々が怒りますよ
大韓、と言わなきゃ

123 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:10 ID:tknok6qk
ああ。なんか俺剣道やりたくなったな。
新撰組で神道無念流とかあるけど、今でもあるのかな?
履歴書に神道無念流免許皆伝なんて書いたらカッコいいじゃん!!

124 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:12 ID:5QpFaqo+
>>117
日本刀の実力を見せただけで新たに決意できるんだ…しょっちゅう挫折してんだな。

125 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:13 ID:1djhJn3l
>>118
なつかしー。

そういえばダイゴロウのお父ちゃんはマシンガン付きのソリを操ってましたな。
なんたる江戸からくり技術の凄さ。

126 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:13 ID:xU2HqA40
しかし、こんなぶっちゃけ一発ネタなスレにまで出張とは先生も色々必死なんですね

127 :RX-77安崎 ◆8vgyqvA3/A :04/05/05 23:13 ID:v93nIA0B
こう言うセンセに教えられる生徒が不憫だ・・・

128 :陸奥 ◆Mutsu.Oznc :04/05/05 23:13 ID:kzIR5djJ
>>117
センセー ヒマ?

129 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:13 ID:BdYMnZhQ
>>123
君の求める剣道は多分地球上どこを探しても
存在しないと思うよ

130 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:13 ID:WN+9C79+
>>121
そのうち10歳の自称・ゼロ戦パイロットとか
8歳の自称・大和の生き残りが出てきそうな悪寒

131 :伏流水 ◆2DGzyamato :04/05/05 23:14 ID:DpYoP9Xn
>117
それは、すばらしい!是非、お願いします。物事には表裏あって見方が違うと
善悪は逆転する場合もあるということを忘れずに教えてください。悪いことは悪い
当然ですね。でもなぜ悪いことをしたのかも、またそれにいたった背景もしっかり
教えてください。それでディベートなどすると良いと思いますよ。
あと、教師の言うことを頭から信じずに必ず自分で考えるることも忘れずに教えて
下さいね。「考える」ことが重要です。

虎は差別主義者ですね・・・・、死んでください。

132 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:15 ID:A/yHJHYF
http://charmy-rika.gotdns.com/uploder/charmy/rika117.wmv
これ見てるとやはり日本はスゴイ!
100人斬りが事実だったとしても、これ見てると「だから何?」と言いたい。
実話なら不幸な事に違いないが、取るに足らんな。正直そう思うよ。
日本人の集中力忍耐力そして知力一つ欠けても出来ない。
この技術は掛け替え無いものだね。


133 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/05 23:16 ID:qTiGL6m0
だから名刀と大量生産鈍ら軍刀の違いわかるか?

134 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:17 ID:YHCFmKfs
>>123
 近藤勇、土方歳三らが身につけていた流派「天然理心流」は今も多摩に道場があり習得できます。
ちなみに>>125さんのコメントで思い出しましたが、水鴨流(拝一刀が使う流派)は実在するそうな。ただし名前が同じだけで
中身は別物ですが。

135 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:18 ID:5N9v0ZOK
馬鹿な!弾くならともかく、高速回転する弾丸を切断するなど不可能だ!

136 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/05 23:18 ID:NfQfAmej
>123
神道無念流は知らんが天然理心流とか一刀流、新陰流
夢想神伝流とか一杯残ってます。
・・・ああガキの頃近所に大東流とかちと離れたところに
一刀流溝口派が・・・・・
>117
もうすこしがんばりましょう。

137 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:18 ID:tknok6qk
神道無念流の道場発見!!
http://www.yushinkan.net/top.html

138 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:18 ID:A/yHJHYF
>>133
俺に言ってる?
解ってる。解ってる。ただ歓喜しただけ、いや呆れかえったw

139 :親日市民派護憲の虎:04/05/05 23:18 ID:JBIawLrS
剣道を甘く見るな。
ボクシングも練習初日はグローブもはめず、バンテージ巻いただけで
鏡の前でファイティングポーズをとったまま静止するわけだが、
初心者はこの体勢を1分間保つことができない。
だからお前らは竹刀の予想外の重さを感じるはずだ。

140 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:19 ID:3OY6pM87
まあいくら銘刀でも鎖帷子や板鎧を切れることは極稀な訳だが

141 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:19 ID:mHmySSup
漏れとしては示現流で碁盤を真っぷたつにしたいのだが。

142 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:20 ID:KO5ppwR/
>>117
はどうやら三国志も演義のほうを真実だと本気で信じるタイプですね


143 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/05 23:20 ID:qTiGL6m0
>>138
ご免センセにつけようとしてアンカー忘れたw

144 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:20 ID:OtzYZrIi
皮鋼は純度の高い鉄だから硬い反面かけやすいと聞いたが、
それにも関わらず刃こぼれ一つ無いとはすごいな。

145 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:20 ID:DSljYjB+
>>139
そこからまた暴力自慢ですか(w

146 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:20 ID:1djhJn3l
>>135
ぐわっ・・・ 元ネタが分かりませぬ・・・

147 :親日市民派護憲の虎:04/05/05 23:21 ID:JBIawLrS
>>140 五右衛門が使っていた斬鉄剣なら可能だ。
あれは中国から伝わってきたという話だったがな。

148 :試作型安崎大和型航空母艦 ◆WsnItcCuM2 :04/05/05 23:21 ID:nqvRmyhQ
>>135
シュトロハイム少佐キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

149 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:21 ID:2YzrhUtt
30 :名無し迷彩 :04/05/05 22:04
どうしてこう日本刀が勝つのが当然の結果と言い張れるのか…
もし仮に日本刀が真っ二つになってたらこれも当然の結果と誇らしげに語るんだろうか。

31 :名無し迷彩 :04/05/05 22:04
鉛が鋼(はげね)に勝てる訳がないのが定説なので金をかけたロケ。
ガバを選ばせる時点でヤラセだな。


150 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:22 ID:Ix8Z11WA
何で、鉛玉なの?
普通、ジャケットがついてんじゃないの?


151 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:23 ID:29XN49vl
>141
示現流見たことあるが、あの飛び込みは凄い。
田原坂では、薩摩剣士の撃剣を刀で受けた官軍は
逆に自分の刀の峰が額にめり込んだそうな。

152 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:23 ID:A/yHJHYF
>>たれ氏
いやコッチも早とちりした。他意なし。失礼。

153 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:23 ID:YHCFmKfs
>>141
最近ポストで連載してる『新・子連れ狼』』の主役が、示現流だったな。

ところで明治の御世に、天覧で兜割を披露した剣士はだれだっけ?

154 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:24 ID:a1+dmWym
なんか斬鉄剣を実在のものだって思ってるのがいるぞ。

155 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:24 ID:uDl3DaTT
>>147
斬鉄剣ってこんにゃく切れなかったでしょ。wow


156 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:24 ID:5N9v0ZOK
>>148
少佐だったのか・・・別スレで大佐って書いちゃった・・・鬱。
orz

157 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:24 ID:2YzrhUtt
日本刀はそんなに強い武器じゃないっての。
土方歳三の使った鎖帷子が残ってるから見てこいよ。刀痕が残ってるからよ。
つまり鎖帷子の上からじゃ全然斬れないの。ヨロイじゃなおさらだ。
土方に切りつけた相手が弱かっただけで達人なら斬れるって?
最強の剣豪の一人、荒木又右衛門は鍵屋ノ辻の決闘で
鎖帷子を着た相手に斬りつけたが、
斬れずに衝撃で首が胴にめり込んだという。

銘刀に『カブト切り』とか『鎧切り』っていう俗称がつく意味は分かる?
ヨロイカブトは普通、刀じゃ斬れないから
偶然に斬れたらすごいことであって、そんな異名がつくんだよ。
日本刀の装甲貫通力などせいぜいそんなもの。
銃弾も弾く板金鎧なんか、絶対に斬れないよ。

それから日本刀には根本的な構造欠陥がある。
柄と刀身が一体になっていないため、目釘というもので繋ぐのだが
この目釘に衝撃がかかってすぐに折れてしまう。
それに、日本刀は滅多に折れないが、簡単に刃毀れするし、曲がる。
日中戦争の軍刀修理所には有刺鉄線を切ろうとして刃毀れした刀が
大量に持ち込まれたという。
青龍刀やロングソードに比べ、耐久力ではずっと劣る。

要するに日本刀は生身かそれに近い人間を
斬るのに向いているデリケートな武器なんだ。
日本刀が世界一の刃物だってのは、極めて限定された意味での話。

158 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/05 23:26 ID:NfQfAmej
>153
榊原健吉。
明治の展覧試合かなんかで明珍製の兜を
同田貫でやった。

159 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:28 ID:1djhJn3l
つまりカーズは日本刀信者だったと?

160 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:28 ID:jPCYOUNB
日本刀の最大の弱点は、刃を柄で挟み込んで目釘で止めるという構造にあるんだよ。
だから、三人も切るとどうしても柄にがたがくるので締め直しが必要になる。

だからいかに日本刀が切れようが、百人切りなどとうてい無理。

161 :試作型安崎大和型航空母艦 ◆WsnItcCuM2 :04/05/05 23:29 ID:nqvRmyhQ
>>159
カーズの剣?は高速回転してる刃があるから、どっちかと言うとチェーンソーだと思うんでつが……。

162 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:30 ID:YHCFmKfs
>>158
情報感謝!

>>159
奴の光輝のモードは、振動剣だった気がするがね?

163 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:31 ID:OtzYZrIi
柄の部分に関しては現代の技術で改良して欲しいですね

164 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:32 ID:KO5ppwR/
>157
しかも生身の人間ですら切った時に骨にあたればすぐ刃こぼれ
起こすしなー


165 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:33 ID:OtzYZrIi
逆に刀身の核となる玉鋼は現代の技術ではなかなか作れないそうです。
だから昔の古い釘などを拾ってきて作るそうな。

166 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:35 ID:tknok6qk
軍刀と日本刀をごっちゃにしてるやつ多いな

167 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:35 ID:+WdgyMhn
>>160
ハゲシク同意。
トリビアの実験で証明されたのは「日本刀の刀身が飛来する銃弾に打ち勝った」こと。
それでも、この東方の島国で1000年以上にわたって練りに練り鍛えに鍛え上げた技術が
いかに優秀なものであったかを証明しているのだが。

で、この結果をもって南京大虐殺が云々というのはどうなんですかね・・・?(苦笑

168 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:37 ID:ENtHv1eE
>>157
うん。だけどこの場合刀身の切れ味のだけの話のはずなので、いいんじゃないかな?
青龍刀云々の話にしても、日本刀と言うのが良くも悪くも日本人のセンスなんだなぁ、
と感じることが出来ていいんじゃないかな。

169 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:39 ID:KO5ppwR/
斧は「叩ッ切る」
青竜刀やソードは「叩ッ切る+斬る」
日本刀は「斬る」
         ってことだな

まあ朝鮮製の粗悪な模倣日本刀なら刀幅が太く、切れ味が鈍くて
100人「叩ッ斬る」こともあるいは可能かもw

170 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:40 ID:rtHbisoj
>>161-162
今回のは鉛弾だけどシュトロハイムのは「鋼弾」だからね。
チェーンソー方式だろうが超振動だろうが、もともと刃が切る
対象より硬くないと何ともならないわけで、生物の体で
鋼より硬いのはすごい。

171 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:40 ID:W23Y8ntm
まあガッツの剣が最強だけどな

172 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:45 ID:oku5RFx5
ガラハドを頃して奪い取った剣が最強だがな

173 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:47 ID:YHCFmKfs
神にむかいて神を斬り、魔物にむかいて魔物を斬る……村正が最強さ

174 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:51 ID:ZX9dEfuq
集団どうしの白兵戦では切れ味が悪くとも、
破壊力のある青竜刀の方が一般論として有利。

日本刀が可能なのは、
捕虜の連続斬首。

175 :パトリオットレフト:04/05/05 23:55 ID:+ddG2/HZ
>>174
えーと、「首切り役人」という存在が江戸時代にいたのって、知ってますか?

人間の首を日本刀で切るのって、大変ですよ。
一回斬る度に、メンテが必要なんですが・・・・・。

連続斬首なんて、とてもとても・・・・・・・・。

176 :安崎神宮寺艦長 ◆bj5w.TqgpI :04/05/05 23:56 ID:rAfdE5aM
>>174
ア・ホ
コメントする気も起きんわ。

177 :日出づる処の名無し:04/05/05 23:58 ID:l91wvDdZ
>>174
昔の戦の主力は弓だから、遠距離戦時にかさばらない日本刀のほうが機能的だったり
凄い武器もってても近づく前にやられては元も子もないです

178 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:00 ID:9PziW4sr
あぁ。玉鋼で刀を打つ製法は、実は江戸時代の「技術革新」の産物なのだそうです。

現代に鎌倉時代の古備前刀を蘇らせた刀工さんのお話では、
砂鉄から取り出した銑鉄である和銑(わずく)を、練り込むようにして
鋼に鍛錬した上で刀に打つという技術を用いていたのだそうです。

あらかじめ、玉鋼のような良質な鋼を準備して打つ、というやり方は江戸時代になって
製鉄技術が発展してからだとか。

179 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:00 ID:52pKmZa5
やまだあさえもんって人、斬首が上手だったから
罪人とかその身内から、ソデの下いっぱいもらってたんだっけ。

一太刀でしとめてくれたら、苦しまずに逝けるから、あさえもん大人気だったって
せんせいがいってました。

180 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:03 ID:kts6PebO
鑑定団でやってたけど、刀の裁断銘ってのは罪人の死体を
ぶった斬って決めるんだってな。
一度に二人分斬れたら二つ胴とか。



181 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:10 ID:Uh9AFWYU
>>180
何代目かは忘れたけれど、山田浅衛門は斬首した死体を自由にして良いという特権を持っていたそうだ。

182 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:11 ID:R2gOHADo
>>1

俺も見たぞ!
確かに日本刀すげぇよ!


183 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:14 ID:6Zr6sc3z
火薬の力が加わってもなお刃こぼれせずか・・・

184 :流離いのプログラマ ◆yzjl8ulNOc :04/05/06 00:15 ID:FQ57yKKF
大分昔に「月刊Gun」で同じ実験をしていたぞ
その時は「石川五右衛門が斬鉄剣で弾丸を斬っていたが、
本当に日本刀で弾丸が斬れるのか?」と言うような記事でした

他には「水中で銃は使えるか?」という実験もありましたね
リボルバーは何とかなったんですがオートマチックに一部動作不良が出ました

185 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:17 ID:mewdOFOE
刀がなんとも無くたって、盾にはならないんじゃ残念じゃない? 真っ二つになったまま飛んでくるんでしょ?

186 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/06 00:19 ID:7XK5XEeB
>>180
> 一度に二人分斬れたら二つ胴とか。
>
それは、事実だよ。最高七つ胴が有ったらしい。
で、それを銘に刻んだのも事実。

>>181
その通り。ただし、幕府の管轄下において。


187 :パトリオットレフト:04/05/06 00:23 ID:Apb9ACpg
>>185
そういえば柳田理科雄がそういうようなこと書いてましたね。

188 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:27 ID:mewdOFOE
え…。おれはああゆう本と違って、馬鹿にするために言ったんじゃない、残念だから言ったんだ。 

189 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:27 ID:uGphaYj5
>>185
つうか実際に敵の銃弾を刀で切り落とすなんて真似は無理だから(w
あくまで銃と刀の両方を固定した上での実験だからね。

190 :(´・∀・`)ヘー:04/05/06 00:28 ID:j/wEHYq3
>>187
ありましたなー。斬徹剣で角度がどうのでかなりワロタ

191 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:28 ID:lfylPHOv
確か昔のGunだったかコンバットマガジンで日本刀じゃなくてGerberのパラベラムだったか
BuckのバックマスターだかオンタリオのM9だったかで同じことやってやっぱり銃弾を真っ
二つにしてた記憶がある。
どれも420か440だからそう固いステンレスじゃなかったから、そこそこ固い刃物であれば
できると思うけどな。


192 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:30 ID:mewdOFOE
いやあ、指揮官が掲げた刀に、偶然当たった銃弾が弾かれたりするんだったらかっこいいのになあ、と思ったんだ。

193 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:30 ID:JEoOKgVb
つまり、日本刀は実践的な武器としては大したことないと。

194 :安崎神宮寺艦長 ◆bj5w.TqgpI :04/05/06 00:31 ID:Tz6Pqslk
>>193
どこから、そんなぶっ飛んだ結論がでるんだ?

195 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:31 ID:oKxKa8vu
オタクスレッド認定。

196 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:31 ID:mewdOFOE
斜めに向けたら弾ける?

197 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:32 ID:uGphaYj5
>>192
まあ西南戦争では空中で弾丸が衝突した事もあるそうだから
偶然のレベルで無いとは言えないかも…。

>>193
何がつまりなの?

198 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:33 ID:XKF6veVd
>>193
じゃあ、合戦のときは何振り回してたの?

199 :パトリオットレフト:04/05/06 00:34 ID:Apb9ACpg
>>193
結局は使い方では。

どんな武器だって、アホが使えば自爆するしかないですし。
西原のマンガで、ダンナの鴨ちゃんが

「ロケットランチャー至近距離で突きつけられて“フリーズ!”」

洒落にならない笑い話ですわ。

200 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:34 ID:kts6PebO
鋼鉄弾を使われたら、こちらも四方詰の大業物で対抗するのじゃ。
でもコストパフォーマンス悪いな、日本刀って。

201 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:35 ID:mewdOFOE
記憶が間違ってるかもしれないが
日本刀で青龍刀と戦った軍人が、あっちのほうが長い歴史で洗練されてて強いと言っていたようなきがする。

202 :安崎神宮寺艦長 ◆bj5w.TqgpI :04/05/06 00:35 ID:Tz6Pqslk
>>200
武器の使い方が、基本的に間違っているぞ。

203 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:38 ID:ErygCjas
>>201
まあ、決闘なら日本刀
   乱戦なら青竜刀って感じでは?

204 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:39 ID:kts6PebO
>>201
軍人が日本刀持って戦場行くのか?軍刀の間違いじゃないか?

205 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:40 ID:mewdOFOE
軍刀と区別せずに言ってしまった。軍刀って日本刀と全く別なの?

206 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/06 00:41 ID:7XK5XEeB
>>201
> 日本刀で青龍刀と戦った軍人が、あっちのほうが長い歴史で洗練されてて強いと言っていたようなきがする。
>
そこまで言うなら、その強いという基準というか客観的な主張が欲しいな。

207 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:42 ID:RY79cBSy
日本刀は一対一に向いています。

208 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:42 ID:mewdOFOE
たたかった本人の体験談なんだから、客観的なものとは別でしょう。

209 :たれ ◆TAREurn8FE :04/05/06 00:44 ID:0MwmRFHl
>>199
サイバラ読者ハケーン
RPG近くで突きつけられるってシャレにならんな・・・

210 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:45 ID:OraINzLn
>198
戦国期の合戦であれば、死傷者の殆どは鉄砲傷か矢傷によるものです。
武士の主武器と言うことであれば、槍です。

211 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:46 ID:uGphaYj5
というか>>201の話では何も分からないに等しい。

212 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:46 ID:mewdOFOE
だって体験談だもん。

213 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:47 ID:TFbwvjoN
リップサービスだったのでは

214 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:52 ID:O6az9T1q
玉鋼か。
砂鉄を原料にたたら製鉄を行えば現代でも手に入るだろうが。

215 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:54 ID:Ha7Abdb1
韓国のトリビアパクリ番組が来週、
「朝鮮刀とピストルではどっちが勝つのか?」
を放送すると言う話は本当ですか?(W

216 :日出づる処の名無し:04/05/06 00:56 ID:O6az9T1q
目釘があるというのも日本刀の利点であるのです。
強い衝撃が加わったときに目釘が折れたり緩んだりするおかげで、
衝撃を逃がすことになるという。

217 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:00 ID:kts6PebO
>>205
日本刀には製法によって種類があって、軍刀のほとんどは甲伏と呼ばれる量産品。
皮鋼で包んじゃうから美術品としては本格の製法のものとあまり遜色ないが、
武器とは呼べない代物。

堅いものを斬ろうとすると大抵は潔くポキリと逝きます。


218 :深山幽谷 ◆Nippon1kwg :04/05/06 01:03 ID:7XK5XEeB
>>217
>
それは、違うと思うけどねぇ。

219 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:07 ID:fIZa8OUs
>>210
あと、投石も足してくれ。
印字打ちといって甲州武田の投石兵は優秀な戦果を挙げていた。
この打撲傷で死ぬ人間も多かった。

ちなみに槍も八双に構えてから打ち下ろす打撃戦の武器の側面が強い。
打ち下ろして、混乱した敵を次に突いて殺すと言うわけ。

220 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:07 ID:uGphaYj5
http://www.h4.dion.ne.jp/~t-ohmura/gunto060001.gif

221 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:17 ID:0WMWAl6+
このスレを刀剣友の会のメンバーが見ているに、3000首

222 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:20 ID:+ZJWTl0m
2つになった弾は結局オレに当たる。

223 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:31 ID:HJ67PaER
こんなトリビアやってたのか。めぞん一刻を観ていたから見逃してしまった。

224 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:40 ID:6Zr6sc3z
>>223
ttp://upq3new.ddo.jp/img/3577.rar

225 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:44 ID:g/L32JQu

「日本刀の起源は韓国にある」

刀剣製作職人 ホン・ソッキョン氏
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/w98_9_12.htm

>元々、我が国の伝統刀剣製作技術は世界的なものであり、
>それで日本人が陶磁器と共に刀剣技術者を無差別に捕えて
>連れ行ったことはよく知られた事実だ。

>刀剣で最も重要な部分はやはり刃だ。そして、その刃をよく作るためには
>熱処理と鍛造(叩いて強度を高めて成形する作業)がなによりも重要だ。
>日本刀はまさにこの技術を我が国から盗み出して伝承しているが、
>我が国はこの技術を失ってしまって復元できないのだ。

>それで彼は早い時間内に日本の刀剣技術を学ぶために日本へ行く計画を立てている。
>恐らく我が国の職人の後裔に違いない日本最高の刀剣職人に既に頼みを入れた状態だ。
>彼もホン・ソッキョン氏が学ぶことを許諾したというから、
>まもなく我が国の刀の原形を取り戻しに行く作業が始まるはずだ。

韓国刀(花郎刀)写真
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/han_souce.htm


226 :日出づる処の名無し:04/05/06 01:44 ID:3Hl42wpw
昔から日本刀は好きだなあ。
西洋の剣も好きなんだが、
重さで切るっていうより技で切るっていうあり方がすげえ好き。

227 :日出づる処の名無し:04/05/06 02:04 ID:xo3dwJCy
見てました。


マジで感動。

228 :日出づる処の名無し:04/05/06 03:52 ID:9quzXVz7
>>225
本当に残っているのかと思ったら・・・・支那モノと大和モノだけじゃないですか・・・

エアロパーツ屋が擬装した後のクルマは、エアロパーツ屋の「設計政策したクルマ」に
なると言っているのと同じですね。

珍走でも、そこまでは言わないだろうに。「オレのマシンのメーカーは「湾岸」」なんてさ。



229 :日出づる処の名無し:04/05/06 04:38 ID:dxhJoraW
>>228
 韓国バイク YAMUDA その実態は・・・
http://www.asahi-net.or.jp/~yn4k-sgt/yamuda.htm

230 :日出づる処の名無し :04/05/06 04:51 ID:q4N4dEUt
常識的に考えてもあーなることは、予想がつくもの。
驚いたヤシらは、理科系の成績が子供のころより
わりーヤシども、そうだろw
釣り用の鉛の玉をまな板の上に置いて、えいや〜と
出刃包丁で真っ二つなんてことも誰でもてきる。
次ぎは劣化ウラン弾で、やってみようか・・・(笑)


231 :日出づる処の名無し:04/05/06 05:26 ID:et+JgNio
>>230
弾を切ったのが凄いんじゃない。刃こぼれしなかったのが
凄いんだ。これが韓国刀だったら(以下略)

232 :日出づる処の名無し:04/05/06 05:30 ID:OBKxY2xH
>226
本当にそうですね。w
秀吉の朝鮮出兵の時に落としてきた日本刀も残ってないのかな。
残ってたら、「見ろ!日本刀に負けず劣らずの朝鮮刀があるニダ!」とか言ってほしいなぁ。そんで、刀工の名前が日本人ってオチをきぼん。

233 :日出づる処の名無し:04/05/06 05:31 ID:OBKxY2xH
いけね、上のは>228さんへです。

234 :日出づる処の名無し:04/05/06 05:33 ID:RCIpevpX
>>230
おまいさんの理科系成績が子供のころより悪かったのはよくわかったよw

まあ出刃包丁を秒速数百メートルで振り回せるなら別だが。

235 :日出づる処の名無し:04/05/06 06:08 ID:QWu6fSdz
世界史の中でも超一級品の刃物といわれる日本刀。
鉛の弾ぐらいは切れると。アメ公ショックw

236 :自民党+統一狂会+右翼団体構成員は世論つくりのために2chを使用中:04/05/06 06:34 ID:zuWuzeNM
一般人が思う右翼のイメージは、頬に切り傷痕があり、
黒いサングラスにパンチパーマか角刈りで戦闘服をよく着ている
が、ネットでは外見が見れないので素性がバレない。
糞ヤクザが本職。 体育会系。 弱い者イジメが得意技。
労働運動や反戦・反核運動、動物愛護・自然保護が大嫌いな連中。
自民党タカ派議員や政治資金を提供してくれる資本家が大好で、
労働組合や市民活動家への暴力による徹底的な嫌がらせする。

もうひとつの右翼の種類は、北の拉致問題やネットで大幅増員
しているのは、日本会議系/統一教会(國際勝共連合)と、
刀剣友の会など「生長の家」の活動をする青白い顔した引き篭もり。
嫌がらせする相手へ「自作自演!」、「自業自得!」を吐きかける
のは得意技。 ヤフーや2chでの自民党熱烈の書き込み。
自民党タカ派議員の僕となってウソを触れ回るのはこいつら。 
言動パターンは全体主義なので、ヤクザ系右翼と変わらない。

237 :日出づる処の名無し:04/05/06 08:49 ID:QWu6fSdz
ああ生長の家って右翼なんだ。
勉強になった。

238 :日出づる処の名無し:04/05/06 09:16 ID:kBp9qIWu
現在のたたら製鉄は日本刀用の玉鋼を生産することに特化したもので
江戸時代や明治のたたら製鉄とは厳密には違う点があるそうだ。

239 :日出づる処の名無し:04/05/06 09:42 ID:edrzeni5
>>229
藁多!
サイレンサーが「よこはま」!!
こないだのプロジェクトXのポップ吉村の回を見せてやりたい。
これだから馬勧告は・・・。

240 :日出づる処の名無し:04/05/06 09:52 ID:KKlBxEDb
つーか堺の刃物でも同じ実験しろよな

241 :日出づる処の名無し:04/05/06 09:52 ID:FTHn4t81
>>199
それイラクの三馬鹿人質事件でも実際やっててハゲワロタ

242 :日出づる処の名無し:04/05/06 09:53 ID:VL8Jtzyi
>>237
今までは民族主義的傾向が有ったが、これからは中国マンセー。
何年か前、中国進出のために方向転換をなしとげたからね。

243 :日出づる処の名無し:04/05/06 09:57 ID:7j1imPMC
刃こぼれしないってはマジですごいな。

244 :日出づる処の名無し:04/05/06 10:44 ID:8TtxsJ2F
以前テレビで日本刀による「兜割り」というのをやっていたのだが、兜割りの前に、
ホーローの鍋とパイプ椅子のパイプを試し切りしたのだが、どちらも問題なく真っ二つ!
最後に兜も真っ二つ!というわけにはいかなかったが、かなり深く切り込まれていた。
日本刀恐るべしと思った。
また、戦前か戦中かわからないけれど、船の上で向ってきたロシア人を
文字どうり頭から縦に真っ二つに切り捨てたという話が実話として紹介されていた。
何でも、腕の力ではなく、丹田に力を込めて切ると思いもよらない
力が発揮できるのだそうだ。

245 :日出づる処の名無し:04/05/06 11:09 ID:H3xjIekO
あっこんなところに・・・立ってる。
正直すごいと思いますた・・。
ああいう技術はちゃんと受け継がれていくといいな

246 :日出づる処の名無し:04/05/06 11:43 ID:VL8Jtzyi
次は、対物ライフルと勝負だな。

247 :日出づる処の名無し:04/05/06 11:54 ID:52pKmZa5
あの対決の後、ガンショップの親父が「もう一回やらせてくれ!」
と言ったらしいが、その時の映像を流さないのはどうしてだろう。

単に番組の時間配分の都合か、それともフルメタまでもが真っ二つに
されて、ショックを受けたガン屋の親父から「頼むからこの映像は
流さないでくれ」と懇願されたのか。

何度試しても弾丸は真っ二つになったらしいし。

248 :日出づる処の名無し:04/05/06 12:28 ID:ZBPkxoWc
>>225
伝統も受け継げないのに
正当性だけを強調しないで欲しいね。
仮にそれが本当だとしても、
技術を高めたのは日本での事を
素直に認めようよね。

249 :日出づる処の名無し:04/05/06 12:29 ID:+t82yMys
つか それように刀打ったんだから 弾丸も対刀用にしないと

250 :日出づる処の名無し:04/05/06 12:36 ID:xo3dwJCy
割れた弾丸の断面を見たかったな。

251 :日出づる処の名無し:04/05/06 13:02 ID:Sk5b9WI2
>>250

>>191が言ってるGun誌の古本を見たけど、きれいな平面だった。


252 :日出づる処の名無し:04/05/06 15:10 ID:v9UVWzBU
>>249
>それように刀打ったんだから

ソース出して

253 :日出づる処の名無し:04/05/06 15:14 ID:CJC5W/hL
コレを見て刀匠になりたいと思いました。
関西あたりで刀匠を募集してるような所はないですか?

教えて下さいニダ。


254 :日出づる処の名無し:04/05/06 15:43 ID:nmz5iHF2
>>157
>日中戦争の軍刀修理所には有刺鉄線を切ろうとして刃毀れした刀が
>大量に持ち込まれたという。
>青龍刀やロングソードに比べ、耐久力ではずっと劣る。

安物大量生産の軍刀と比較するのはいかがなものかと。




255 :日出づる処の名無し:04/05/06 15:45 ID:+t82yMys
>>252
ソースっつてもなあ 番組みてないの?

256 :日出づる処の名無し:04/05/06 15:47 ID:Wp6zPbru
当たり前だろ・・・

257 :日出づる処の名無し:04/05/06 15:47 ID:tzPkXB/c
鉛剥き出しの弾だたーね
しかも45口径

258 :日出づる処の名無し:04/05/06 16:07 ID:v9UVWzBU
>>255
見たよ。
平均的な90万円の刀をうったとはあったが、特別に頑丈にしたとも言ってなかった。

俺は刀に詳しくないからさ、解説してくれよ。

259 :日出づる処の名無し:04/05/06 16:27 ID:mlVc1MrO
まぁ、冷静に見て日本刀の構造から考えたら当然の結果
だよな。
おそらく50AEでも同じ結果になったと思う。(ただし刃こぼれ
はわからんが・・・)

言ってみれば日本刀って積層構造の刃の厚みと同じ鋼鉄板に
めがけて射撃してるのとおなじだから拳銃クラスだと、刃こぼれの有無は
別にして、どんな弾丸でも「へし折る」というのは無理っぽい。

ちなみに軍刀=日本刀ではないですよ。
製造過程が全然違う。

260 :日出づる処の名無し:04/05/06 16:28 ID:+t82yMys
>>258
しつれい。僕も詳しくないけど、刀鍛冶が「負けられない」っていってたからさ。
念入りに打ったんだと思っただけですが。
市販の日本刀買ってもよかったんだし。
(あれ…もしかして日本刀って全部オーダー品なのかな)


261 :日出づる処の名無し:04/05/06 16:29 ID:PbWD5r94

軍刀っていわゆる指揮刀だから切れ味なんて関係ないでしょ


262 :258:04/05/06 16:46 ID:Oux2mlXz
>>260
なるほど、可能性はあるね。どうも。

263 :251:04/05/06 16:48 ID:et11vGhb
そのGun誌をよく見たら、ナイフを作ってるのが「オダ・クザン」だった。トリビアの鍛冶屋と同一人物なのか?

264 :日出づる処の名無し:04/05/06 17:40 ID:jvGuzlA5
>>156
多分スターリングラードで二階級特進してるよ、きっと
そういやこの付近では独軍兵器を掘り出してマニアに売りつける商売がはやってるらしいね

265 :日出づる処の名無し:04/05/06 17:50 ID:VL8Jtzyi
発掘兵器か・・・
強そうだな(え?

266 :日出づる処の名無し:04/05/06 18:24 ID:jQnkix/y
>>263
Yes!
小田久山
クザン小田
Kuzan Oda

アメリカのカスタム・ナイフ界の巨匠ラブレスの弟子にして友人。
日本のカスタム・ナイフ・メーカーの先駆者。
刀剣研ぎ師、そして刀匠。


267 :日出づる処の名無し:04/05/06 18:30 ID:+t82yMys
刃物買うなら小田久山ってことでよいですか?

268 :日出づる処の名無し:04/05/06 18:38 ID:JBm1Kr0j
遅レスだが
>>199
とっくの昔に離婚してます。


269 :日出づる処の名無し:04/05/06 20:25 ID:Kbmx3zhe
>>260
えー、解説
刀匠が念入りに打たない刀は存在しません 
現代においては刀の出来が刀匠の名声を左右し
しかも法律により「一ヶ月二振りまで」と制限されているので尚更
はっきり言って手を抜いて作る方が不可能です
大体、入念にするというのは美術的価値を高めるためのものであり
刀匠や鍛造法が同じならば、切れ味や強度に大差は出ません

270 :日出づる処の名無し:04/05/06 20:42 ID:P4rmhn/J
たとえ鋼よりやわらかい鉛弾でも
ぶつかったときの物凄い衝撃で絶対折れると思った。
だから、弾が真っ二つになったときは本当に驚いたよ。

271 :日出づる処の名無し:04/05/06 21:56 ID:u0dpfrTx
動画とか全部消えてる・・再うp激しくきぼん。

272 :日出づる処の名無し:04/05/06 21:58 ID:wzjXxSCg
しかも高速でスピンしてるからな

273 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:04 ID:W9xDIOZ2
剣術の腕というのは結局のところ刀の刃を常に理想的な角度で目標に叩き付ける技術なのかな。
弾丸の命中角度をちょっと変えたらどうなるか分からんな。


274 :パトリオットレフト:04/05/06 22:10 ID:aUanIopx
>>273
それは剣術に限らず武術一般にいえるものでは・・・・・。


まぁ、斬撃術だけではないんだけどね、剣術ってのは。
体捌きとかも含まれるから。

体で覚える物理学、力学ともいえますな、武術というのは。

275 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:31 ID:btip/c/3
日本刀が銃弾を真っ二つにした事より、これだけのモノを
作り出すほどに極められた技術に日本人ながらすごいと思った。
日本の技術の優秀さの源泉を見た思いだったね。
今は少し落ちぶれている日本の技術だが、MADE IN JAPAN はいつの日か必ずや
中共製や韓国製をしのぎ、不死鳥のごとく甦る日が来るであろう。

276 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:31 ID:P4rmhn/J
鉈とかで木の枝とかを伐採していけばわかるが
斬りつける角度というのは確かに重要かも。
仕事で伐採したときに、素人の俺は何度か伐採してるうち
刃が痛んできたが、一緒に作業していたおっちゃんは
全然痛んでなかった。

277 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:33 ID:P4rmhn/J
>275
昔、NHKの特集で、日本の伝統工芸が
世界の科学技術に大きく影響しているというのがあって、
漆工芸とか和紙とかと一緒に日本刀の製作技術も
取り上げられていた。
でも、あんまし覚えてねぇ・・・

278 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:36 ID:Yo/dlynQ
見た見た。
俺も絶対日本刀折れると思った。
よく分からんけど焼き入れの技術とか優れているんやろね。
それにしても刃こぼれ一つしないとはおそれいった。

279 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:38 ID:MEA5IkCW
>>273
それは基本なのでは…?
その先の、如何にして一方的に相手を斬り捨てるかと謂うのが「術」であって。
刃物の扱いと言うその辺りが、竹刀剣道一辺倒になって失われた部分なんでそ。
黒田鉄山という古流系宗家の人の本を読んで見ると、氏の父親、叔父とかの世代の子供の頃は凄かったみたいだよ。
家中に穴あき銭がぶら下がっていて、便所に行くにしてもその穴を箸で突き刺しながら行かされたとか。
だから刃物の扱いの基本なんかも、術以前の部分で叩き込まれるのではないかな?


280 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:41 ID:URba3gS4
>>197
かち合い弾だよね?俺、見たことあるよ。

281 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:43 ID:d3WIsiOp
>>275
まえに、NHKの番組で、新潟の燕三条の鍛冶職人にドイツの職人が弟子入りしているのがあった。
ふいごで鉄を高温にして鍛造するんだけど、その鉄の温度が数度違うだけで鍛造後の鉄の組成が
まるでかわる。

実際に顕微鏡分析などを交えながら、鍛冶職人の技を紹介していた。いや、まじすごかった。
わずか数度の違いを鉄の色で見分けて鍛造する。

弟子入りしているドイツの職人も、この鍛冶職人の技は十分に理解しており、なんとか学ぼうと必死。


ちなみにF1で有名なホイルのBBSは、新潟の鍛造ホイルメーカー。

282 :日出づる処の名無し :04/05/06 22:55 ID:B2Snd4ry
要するに、こんなことにに驚いている人たちは、鉛という金属の柔らかさを
感覚的に知らないだけのこと、1ミリくらの厚さならハサミでチョキチョキ切れる。
それ以前に拳銃の弾丸が鉛であることを知らないとか。


283 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:56 ID:eQcjyD/8
>>281
ワシマイヤーだっけ?

284 :日出づる処の名無し:04/05/06 22:59 ID:eQcjyD/8
>>282
音速で飛んでくる金属とぶつかる衝撃でもピクリともしないことに驚いているわけだが。

285 :仮面安崎v3 ◆oShO2fvib. :04/05/06 23:01 ID:k8wCxVdi
アンチ日本刀の人,必死だなw

286 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:01 ID:uGphaYj5
>>284
何度も既出だけど、ちょっと質のいい普通のナイフでも出来るんだよ。
現象として面白いけど、日本刀の技術が特別云々という事例ではない。

287 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:02 ID:Kbmx3zhe
http://www.hi-net.zaq.ne.jp/osaru/wazamono.htm

業物について
日本刀の強度や試し斬り関係ならこれで大方分かる

288 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:06 ID:B2Snd4ry
>284
残念だが音速までいっていないだろ。せいぜい初速260m/sくらいだろ
弾がデカイので威力はあるけどね。
同じ鉛弾でも初速1000m/sくらいいくライフル銃でもやってほしかったな。
最近は北海道の鹿撃ちなどでも使われているという、銅弾だったら
どうなったかな。

289 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:16 ID:d3WIsiOp
>>288
800m/s 前後のものです。実験に使ったのは。

290 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:22 ID:ydVukCvX
>>286 名前:日出づる処の名無し :04/05/06 23:01 ID:uGphaYj5

baka。違うと言うのならデータだせよ。小学生じゃぁないのだから
噂話レベルで人を説得させようとするな。

291 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:22 ID:Kbmx3zhe
>ライフル銃でもやってほしかったな。

お題が「日本刀と拳銃どっちが強い」なのになぜライフルが出てくる

292 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:24 ID:Kbmx3zhe
>>286
遥かに短く折れる心配が少ないナイフと
定寸の長大な日本刀 安定度では比べ物にならんが

293 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:25 ID:LYbmY487
以前何かの番組で刀で藁竹を試し斬りする映像を見たがその時の剣士の動作は
自然な感じで何と言うか「自分の力」で斬るのではなしに「刀の刀身の重み」
で流れるような感じでスラッと斬ってた。

294 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:25 ID:d3WIsiOp
>>289
あれ?800m/s ってわけはないよな^^;

295 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:28 ID:SBCBbblu
>玉鋼か。
>砂鉄を原料にたたら製鉄を行えば現代でも手に入るだろうが。
今でも日本刀用の玉鋼はたたらで作ってるよ。
NHKでやってたが、ふいごとかはさすがに機械なんだけど、
基本的には伝統的な方法で作っていた。
但し、別に伝統を保つとかの理由ではなくて、最新の設備でもこれだけは
同じものが作れないからだそうだ。
・・・しかしなんだかんだ言ってもNHKは流石だな、要所は押さえてる。
この手の話に関連した伝統的な番組となるとNHKの独壇場だしな。
皆、放送料払おうな(w
ちなみに俺は口座振替だ、えっへん。

296 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:35 ID:uGphaYj5
>>294
そんな速度の拳銃弾あるの?

297 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:40 ID:uGphaYj5
>>290

191 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:04/05/06 00:28 ID:lfylPHOv
確か昔のGunだったかコンバットマガジンで日本刀じゃなくてGerberのパラベラムだったか
BuckのバックマスターだかオンタリオのM9だったかで同じことやってやっぱり銃弾を真っ
二つにしてた記憶がある。
どれも420か440だからそう固いステンレスじゃなかったから、そこそこ固い刃物であれば
できると思うけどな。

298 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:44 ID:I+r51yTV
斬鉄剣はレーザーも跳ね返すな。

299 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:47 ID:QXTsLQvv
コルト・ガバメントの初速は253m/sec。
対抗馬のトカレフはかなり早くて420m/sec。

300 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:50 ID:uGphaYj5
http://homepage3.nifty.com/sweeper/gun/burret/burret2.htm

800m/sなんてライフルしか有り得ないだろう。

301 :日出づる処の名無し:04/05/06 23:58 ID:PWbf0pci
>>281
高いんだよなBBSのホイール…
車にAVSのモデル6かボルクのTE37履かすか迷ったが結局モデル6にした。

302 :日出づる処の名無し:04/05/07 00:42 ID:1m6zuWab
小島一夫の「魚cry」(ウオークライと読む。)という漫画で、アラスカだか
ロシアのギャングがそういう技を披露する件があったな。
地面に無造作にナイフを突き刺して、そのナイフの刃に向かって弾丸を発射、
見事弾丸を真っ二つにして、己の拳銃の腕を見せ付ける・・・ってやつ。
まあ、なんにしても刃物がクソだったら刃物のほうが折れてしまう訳だが。

あ、そうそう。「魚cry」で「ウオークライ」と読ませるイカれた漫画なんか
ある訳ないだろ!と、ツッコミを入れてる諸氏がいるかと思うが、マジだ。
北海道の日本人イッセイ氏の冒険談を小島流に着色した劇画だ。
日本人イッセイ氏の談話として、現地にはそういう凄腕のガンマンがいたという
話が収録されている。
暇だったら探してみてくれ。

303 :日出づる処の名無し:04/05/07 00:45 ID:OcOSwxm3
斜めに向けた刀に当たったら弾きますか?

304 :日出づる処の名無し:04/05/07 00:59 ID:1m6zuWab
>>303
いんや。砕けます。
当たり前のことですが。

305 :日出づる処の名無し:04/05/07 01:02 ID:OcOSwxm3
そっか、どうも。

306 :光BoY:04/05/07 01:13 ID:pKfAoj1N
屑倭人どもは、韓国の偉大な文化を、日本の物のように扱って恥ずかしくないの?

307 :日出づる処の名無し:04/05/07 01:18 ID:o4qY1WDO
>>302
小池一夫な。
どうせ読むなら首斬り朝をおすすめするが。

308 :日出づる処の名無し:04/05/07 01:21 ID:xaXsEhv/
>>306
笑ちゃうアホ?

309 :日出づる処の名無し:04/05/07 01:27 ID:1m6zuWab
>>307
マジすいません。
天然で間違ってました。
申し訳ない・・・。

310 :日出づる処の名無し:04/05/07 06:24 ID:J5HGeBUn
>>306
他のスレから

「加えて言いますが文化の交流を考えても否定することが出来るんですよ。
例えば『武藝圖譜通志』という朝鮮の武術教程書に書かれてある
『刀術』は日本に学んだということが明記されているのです。
他の項目でも日本や中国を参考にしています。
しかも刀術の形は『倭剣』、つまり日本刀の項目しかありません。
この時点で朝鮮は剣術など武芸では未熟な国であったと分かるはずです。」


311 :日出づる処の名無し:04/05/07 07:58 ID:Fh4I4gxD
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~rekidai/index.htm

『歴代日中剣道連盟』
このサイトの参考資料という所に
『馬明達老師論文 - 歴史上中、日、朝刀剣武芸交流考』
という中国人が書いた論文がある。
昔の中国人が日本刀を詠った詩とか倭寇での日本人の日本刀を
使った戦い方とか書いてある。
日本刀が長短両兵器の特長を兼ね備えているため、長兵器短兵器とも
に相手にしにくい武器だという事と、それを生かした歩法には相当苦しめ
られたらしい。



312 :日出づる処の名無し:04/05/07 08:26 ID:dQZIMR2h
朝鮮刀が真っ二つになるトリビアきぼんにゅ!

313 :日出づる処の名無し:04/05/07 08:40 ID:sBNZ5jfh
朝鮮は儒教の国。武を否定的に扱って文官のほうが偉い立場だった
って聞いた。
それはそれで、「エライ!!」んだから、それを自慢すればいいのに。
馬鹿みたい。

314 :日出づる処の名無し:04/05/07 09:22 ID:R6PLTkSQ
次は戦車砲弾vs朝鮮刀で。

315 :日出づる処の名無し:04/05/07 09:40 ID:XczJqKJU
>>312
無い物は無理だす。

316 :日出づる処の名無し:04/05/07 12:13 ID:zlPpsGuw
外国の田舎とかに2,3日弟子入りして
動物殺して食事するところで泣いて、帰るときまた泣く。
なんで日本の素晴らしい技術をほっといて、
日本の文化のカケラも身に付いていないような
泣きべそばっかり連れ出して番組作るン?


317 :日出づる処の名無し:04/05/07 12:15 ID:WjEvMEGu
>>316
なぜなら t b s だから。

318 :日出づる処の名無し:04/05/07 12:36 ID:zlPpsGuw
tbsだけじゃないような気もするから鬱

319 :日出づる処の名無し:04/05/07 12:50 ID:gc1UENvr

下條アトムのねちっこいナレーション、うざい

320 :日出づる処の名無し:04/05/07 13:08 ID:zeA+7O3R
日本の刀鍛冶に弟子入りした妄想狂朝鮮人のドキュメントもキボンヌ

321 :日出づる処の名無し:04/05/07 23:06 ID:FdDGPF81
>>297
>「記憶がある。」「できると思うけどな。」

ナメてますか(w


322 :日出づる処の名無し:04/05/08 00:32 ID:yEzXc7PC
>>61
なにそれ?

323 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:14 ID:2IbSsG8v
>>174-176
中国刀に比べ耐久力や破壊力に劣り、
白兵戦には向かなかった日本刀(昭和軍刀)が
捕虜の連続殺害の用途に供されたのは事実。
もちろん百人ぶっ続けは無理だけどね。

「 私は常用の貞光を引き抜くと、一息入れて剣背(峰、つまり刀の刃の背)を軽く村長の首に当て、間合いを見て足の位置を定め、今度は刃部を前に戻し乍ら一気に振り下ろした。
 "ドスッ"と鈍い手応えと同時に、噴水の如く、二、三本と吹き出す血。村長の首は胴体より僅かに早く落ち、顔は苦悶に歪み、歯はガチガチと砂を噛んだ。凄愴、無惨。漂う血の匂い。・・・・・・つづいて私は四十がらみの村幹部の後方に廻った。
 (先ずはうまくいったが、目釘はどうかな。刀の曲りは出たかな?)
 目釘は異状ないが、刀身は僅かに曲りが出たようだ。
 (大丈夫だ。連続してどこまでいけるか、やるんだ)
 次の首に剣背を当てるや、返して振り下ろす。そして三人、四人目へと息もつかせず斬った。だが四人目は八分通りの斬れ方で首は胸に垂れて倒れた。
 (失敗だ!落着け!)
 私は強いて笑顔を試みたが、泣き面になってしまった。
<続く> 

324 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:17 ID:2IbSsG8v
 「おい!警戒兵、そこの水桶を持ってこい!」
 私はひったくるようにして水桶の水で刀の血糊を拭いた後、
 タオルを刀身に巻いて切先から四〇センチのところに膝をあてがい、右に約五度曲がったのを両手でぐいと元に戻したが、僅かな曲がりは残った。
 (エイッ、あとの五人を殺らなくちゃ)
 そのとき、聞き覚えのある不気味な歌−「抗日歌」を、五人が涙を流して斉唱し始めた。
 低く怒りの気概が迫る。
 「止めろ!止めないか!よーし、斬ってやる」
 だが不安がふとよぎった。−(貞光の目釘はかなり緩んどる。これ以上緩めば刀は使えないぞ。
 でも父の祐定※に取り替えて使うべきではない。勿論郭劉湾で一度血を吸わせたが、父の魂として
 祐定は一旦緩急の決戦の秋まで静かに保管した方がよいと決心してきたではないか。この母の魂たる貞光は昭和新刀だが、
 据え物でもこんなに曲るとは思わなかった。しかしここで父の祐定に取り替えては母の貞光を汚すことになる。そうだ!母のためにも断じて貞光で斬ろう!)
 そのとき五人の斉唱は止んでいたが、悲痛な鳴き声は続いていた。私は一段と凶暴に刀を振るって斬った。
 目釘は更に彎曲して緩み、鍔元がガタガタになって来た上、再び刀身の四〇センチまでが右五度に曲がった。そのため二人斬首して曲りを直し、また二人斬っては直して、ようやく最後の九人目の首を斬り落とした。
 首を完全に落としたのは一番目と九番目だけであった。
 血の匂いは暫らく消えなかった。鉄柵の中の捕虜の集団は、涙を拭おうともせず立ちすくんでいた。」

(鵜野晋太郎「日本刀怨恨譜」 「南京大虐殺否定論13のウソ」南京事件調査研究会 柏書房より)
 


325 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:21 ID:2IbSsG8v
ようは、刀身の曲がりを修正しつつだね。
もちろん実戦向きじゃないのは事実だが。

326 :日出づる処の名無し:04/05/08 03:59 ID:8Zx3fR7J
>>321
月刊GUN誌の1981年3月号ね。

327 :日出づる処の名無し:04/05/08 04:00 ID:8Zx3fR7J
http://army.101fwy.com/army/src/1083762885214.jpg

上海事変における海軍陸戦隊の軍刀実用結果

ちなみにここに載ってるのは全部普通の日本刀を軍刀に仕立てたもの


328 :日出づる処の名無し:04/05/08 08:52 ID:au5SWWvp

科学をよく知らないんでおしえて。

宇宙空間みたいな真空中で、ピストルとか、火薬を使う銃器は使えるの?

弾のオシリをブッ叩いた瞬間、空気中の酸素と一瞬で反応して鉛の
部分が飛び出すのかな‥‥と思うが、そんなに瞬時に、密閉常態の
火薬が酸化してくれるのかと、よくわかんないのだ。

トンデモ小説「黒豹」シリーズの主人公が、宇宙空間でベレッタをぶっぱなす
シーンがあるようだが、これは科学的に間違いなのでしょか。

329 :日出づる処の名無し:04/05/08 09:03 ID:5CQH54PS
昔中国で、日本刀を軍に採用したと聞いた事あるんだが、青龍刀の方が優れているんなら必要ないと思うんだが、何で?

330 :日出づる処の名無し:04/05/08 09:14 ID:UUWRPTF9
あの実験じゃ日本刀が特別強いのか
なにか両方の材質とか物理学的な都合であんな結果に
なったのかわからないよ。
別の刃物との比較してもらいたかったよ。

331 :日出づる処の名無し:04/05/08 09:17 ID:KUZZQHbL
>>329
 倭寇の人達が
青竜刀より扱い易い柄物(槍とか)を使う中国人兵士の
柄をスパスパ切り捨てて兵士達が恐慌状態になったからじゃない?

332 :パトリオットレフト:04/05/08 09:32 ID:lcOw61/4
>>328
火のついた花火を水中に漬けた事がありますか?
既に火のついた花火であれば、それ自身に含まれる酸素の分だけは燃焼できるんですよ。

だから、火薬がしけっていない限り水中だろうが、宇宙空間だろうが発砲は可能です。

333 :日出づる処の名無し:04/05/08 10:27 ID:T1A7ZqlR
>>327
> http://army.101fwy.com/army/src/1083762885214.jpg
> 上海事変における海軍陸戦隊の軍刀実用結果
> ちなみにここに載ってるのは全部普通の日本刀を軍刀に仕立てたもの

首、手応え無く切れる、刃こぼれ無し。
ってのが、あれですなあ。


334 :日出づる処の名無し:04/05/08 10:44 ID:L+3G8fgW
>>327
なかなかの資料をありがとう。保存した。

できれば、出典も教えてもらえると嬉しいっす。

335 :日出づる処の名無し:04/05/08 10:52 ID:8Zx3fR7J
>>334
日本刀の近代的研究
昭和8年3月10日発行 秀英社 小泉久雄著
http://jpsword.web.infoseek.co.jp/detabase/info3.html#nagyou5

336 :日出づる処の名無し:04/05/08 11:14 ID:L+3G8fgW
早速のレスをありがとう。
買おうと思って調べると、結構良い値段だ。(;´Д`)
悩む…

337 :剣道一級:04/05/08 11:31 ID:Gaar95Ia
すごかったな、これ。
 
でもまぁ、鉄筋を日本刀で斬る人が
存在してるくらいだからなぁ。銃弾の場合はまた話が違うだろうが。

338 :日出づる処の名無し:04/05/08 11:41 ID:II9N0Al4
>328
火薬の燃焼そのものは真空中でも行われます。
ですが問題はそこに至るまでの経緯でして、
弾のオシリをブッ叩くためにはいくつかの金属部品が擦り合わさって動くわけですが、
真空中だと金属同士がいわば真空蒸着したみたいな状態になってしまって
空気中のようになめらかには動かないため、どこかでひっかかって止まるか、
止まらないにしても発火するために十分な力でブッ叩けない可能性があります。

339 :パトリオットレフト:04/05/08 11:54 ID:VMf7+Kq+
>>338
つまり、撃鉄を薬莢に叩き込むためのメカニズムが動作しないということでしょうか。
真空中でマシンオイルなリグリスなりが凍結して関節部分の潤滑剤として機能しない・・・・。


整備次第かもしれませんね。

340 :日出づる処の名無し:04/05/08 11:58 ID:MIAD5Sx0
あちゃー、見そこなってしまった。
>>14のキャプも、>>40の動画も消えているようだけど、
他に落ちているトコロありませんか?

341 :日出づる処の名無し:04/05/08 12:32 ID:jEYjeu2S
>>338
弾丸と薬狹が真空蒸着して暴発しないの?

342 :日出づる処の名無し:04/05/08 12:55 ID:II/WLYoQ
>>340
多分これ。見てないけど


403 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:04/05/05 22:59 ID:w7BRommI
どぞ・・・ってもう二つもうぷされてる・・・。
ttp://upq3new.ddo.jp/img/3577.rar



343 :パトリオットレフト:04/05/08 13:00 ID:I/d4zqAX
>>338 >>341
しかしながら・・・・・・。
なんだか懐かしいですね、「蒸着!」って言葉。

キルビルで久々に大葉健二さん見たのを思い出しました。

344 :日出づる処の名無し:04/05/08 13:03 ID:II/WLYoQ
>>342だけどトリビアのやつだったよ。AVI

46Mくらいあって、落としたはいいんだけど
最初のほうですぐ画面が止まってあと声だけになる・・

゜д゜)鬱死・・・漏れだけかな


345 :日出づる処の名無し:04/05/08 13:12 ID:wMwqXgT9
次は青龍刀と日本刀のガチンコ対決でもやって欲しい。
ゴルフクラブ振り回すような機械のアームに取り付けてさ。
チャンバラみたいにガキンと当たってそのまま青龍刀を切断したらすげぇだろうな。

346 :342:04/05/08 13:31 ID:II/WLYoQ
>>342だけど
http://www.divx.com/divx/
ここでdivXダウンロードしたらWMPで見れた。一応報告
そしたらdivxでスパイウェアまで頂いたみたい

347 :日出づる処の名無し:04/05/08 14:02 ID:II9N0Al4
>341
発火に成功すれば、発射ガスが充満しますから
弾丸が銃身内に癒着してしまって暴発、なんてことには
ならないんじゃないかなーとは思いますが……

まだ真空中で銃撃戦を実際にやったひとはいない(と思う)ので、
こればかりは実例を挙げて検証するってのが出来ないのが辛いですな
やってみないとわからんとしか言えないです

昔のGun誌だったらお金もあったし真空環境作ってテストとか
してくれたかもしれませんが(w

348 :日出づる処の名無し:04/05/08 14:31 ID:Q9qSx1RB
>>302
「I 飢男」と書いて「アイウエオボーイ」と読ませる漫画もあるンだよなあ。
一巻が「ア」二巻が「イ」と表記されてるンだけど、全六巻なので最終巻が「カ」なのがイカス。
しかしなンで小池先生は「ン」を必ずカタカナで書くのだろうか。

>>341
真空蒸着程度の結びつきなんて弾丸の発射ガス圧の前じゃ無いに等しいと思う。
連射すればどうなるのかわからないけど、そもそも真空中で銃を連射するなんてあり得ないしw

349 :340:04/05/08 14:52 ID:MIAD5Sx0
>>342
どうもありがとう
アクセスが集中しているのか、なかなか落ちてこないけど
気長に頑張ってみようと思います。


350 :日出づる処の名無し:04/05/08 15:29 ID:+ZaJyfeg
>>346
ありがとう親切な人!動画でみちゃった、まっぷたつでビックリだ、
イイもん見た、ひさびさに感動しますた。

351 :日出づる処の名無し:04/05/08 19:18 ID:5TAzcYYF
動画を見て思ったこと

これって普通の包丁(100円ショップで売ってるような奴とか、数千円の奴とか)
とかでもやってほしいな
とても薄くて奥行きのあるものに高速で鉛がぶつかるんだったら
意外と包丁でもいけてしまいそうな気がした

刃こぼれはしそうだな、包丁は

352 :日出づる処の名無し:04/05/08 20:31 ID:r68X2Nvo
刀で弾を真っ二つにしたのは凄いが、刀の持ち主に二分された
弾が命中したら、結局ガンマンの勝ちになってしまう気がする。

353 :日出づる処の名無し:04/05/08 20:32 ID:GUfZxiKr
>351
100円ショップとかだったら確実に刃こぼれしそうだな。
日本刀と同じ方法でちゃんと鍛えて作った包丁と比べると
切れ味が全然違うしね。

安い包丁は繊維や細胞を無理矢理押しつぶしながら切る感じだが、
ちゃんと鍛えて作った包丁は細胞と細胞の間を通るような感じに
思えるくらいスッと切れる。

354 :日出づる処の名無し:04/05/08 20:41 ID:ZwA+PHLS
>>353
安い包丁なら刃こぼれではすまない。
たぶん吹っ飛ぶと思う。
考えてみろ。秒速1000メートルとかの世界だぞ。

355 :日出づる処の名無し:04/05/08 20:45 ID:eecBH8Y6
>>354
戦車砲じゃないからそんな速度は出ない。
せいぜい300m弱。

356 :日出づる処の名無し:04/05/08 20:47 ID:5TAzcYYF
銃弾の初速は次のようになっています。
  
M16ライフル秒遠990m=時速3560km=マッハ2.8   
コルトM1911Aピストル秒速253m=時速911km=マッハ0.74

>>354
秒速1000は速すぎるよ
ライフルとかはどうかな? 同じネタ送っても採用してくれそうも無いしな

357 :日出づる処の名無し:04/05/08 21:10 ID:LfFho4Bz
兵器な日本刀
ttp://www.hx.sakura.ne.jp/~troll/kenq/militarysword_1.html
なかなかおもしろい。

358 :日出づる処の名無し:04/05/08 22:39 ID:fCR+fwdf
12.7×99に耐えれるかな?

359 :同期の桜@極東 ◆DoukiJieKQ :04/05/08 23:45 ID:1l1bjFJd
>>328
たとえ打てたとしても
宇宙空間でそんなもんぶっ放したら自分が弾と反対の方向へ飛んでいく

360 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:00 ID:IRYrxnQC
>>328

そう言えば、ゴルゴ13は宇宙空間では和弓を使っていたな。

361 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:38 ID:TclLfAwz
>>337

有名出版社の元トップ(元日本兵)の武道家ですごいひとがいるよ!
なんと、80センチ位の水瓶(水入り)を切断できる。しかも、トレビアの
刀より、作りが簡易的なもので斬った。刀身がしなるほどの安物。

362 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:45 ID:XuRQiBt8
>360
え?
特注で無反動ライフル作らせてたよ? >ゴルゴ
宇宙空間でも打てるように、でかいケースに入ったような銃。

363 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:46 ID:hybqnycf
たしかジョジョだったと思うけど「はじくならともかく、高速回転運動としている
弾丸を切断するのは不可能なはず」とかいう台詞がこびりついていて、あの映像を
見たときびっくりしますた。ジョジョの作者のうそつき。

364 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:50 ID:la/RtJq0
45ACP 406mmで一回点だっけ?
あれだけ高速で弾丸いどうしてるからあまり関係なさそうなもんだ


365 :360:04/05/09 00:56 ID:QNbt+0eW
>>362
自分が読んだのは、宇宙空間で火力兵器が使えないとの理由で
京都在住の弓道家(なぜか若い女性)に弟子入りして、短期間に
技を習得し使命を果たす内容ですた。

貴方の内容の話しは未だ読んでいません。今度探してみます。

>>363
今から20〜25年くらい前の週間プレイボーイ誌のナイフ特集でも
カスタムナイフで拳銃弾を切る実験についての記事がありました。

366 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:56 ID:hyLEgbA9
るろうに剣心で、達人が出来のいい包丁で大根を切断すると
細胞が潰れていないから再びくっつけることができる。

というようなシーンがあったけど、あれは可能なのか?

あと、同じ材質で作った矛と盾、どっちが強いかもやって欲しいな。

367 :日出づる処の名無し:04/05/09 00:59 ID:ErvSJWe5
>>366 前に梨に間違えて包丁入れたとき、そのままほっといたらつながったよ
まあ切れ込みいれただけだったけど

368 :日出づる処の名無し:04/05/09 01:03 ID:VHPLFne0
>>365
ダモクレスの剣 という話です。
ちなみに、ダモクレスの剣のほうが話としては完成度が高い。
件の話は、ゴルゴが出てくる理由に無理がありすぎる。

369 :368:04/05/09 01:04 ID:VHPLFne0
368自己レス
軌道上狙撃 だった・・・すまん。


370 :日出づる処の名無し:04/05/09 01:07 ID:I9iF+mb8
>>366
くっつくよ、それは医療でも応用しています。

371 :365:04/05/09 01:10 ID:QNbt+0eW
>>368
 >件の話は、ゴルゴが出てくる理由に無理がありすぎる。

自分もそう思いますた。

372 :日出づる処の名無し:04/05/09 01:18 ID:cySBpVUq
マジで見てみたい。
誰か動画アプしてください

373 :日出づる処の名無し:04/05/09 08:16 ID:tF07fk21
>>363
シュトロハイムのは拳銃じゃなくて機関銃。
鉛弾じゃなくて鋼弾(徹甲弾?)。
条件が全然違う。

374 :日出づる処の名無し:04/05/09 08:54 ID:vglzh2b/
司淳氏のコメント
ttp://www7.big.or.jp/~abura/ZAREGOTO26.HTML

375 :日出づる処の名無し:04/05/09 12:08 ID:6aD5kB1K
>>374

>まず使った弾丸が一般的に使われている弾丸ではなく、
>全く被甲していない軟弾頭(鉛むき出しの物)だった事。
>普通は鉛の上にブラスで被甲してあって、強度を上げている。
>銃側にも有利な条件を与えてやるとすると、オールブラスの弾頭にテフロン
>加工がしてあるKTW弾などにすれば、かなり良い勝負・・・・というか、
>日本刀に致命的なダメージを与えられるだろう。

ソフトポイントって一般的じゃないのか?
少なくともKTWなんかよりは一般的だと思うんだが。

火器信者必死だなw

376 :日出づる処の名無し:04/05/09 13:18 ID:NN1qTRnP
>374
この主張のおかしい点は、明らかに銃弾で日本刀を破壊することを主眼に語っていること。
所詮鉄と鋼の刃物なんだからやりようによっては幾らでも壊すことは出来る。
刃物としては抜群の強靭さを誇る日本刀でも、3人切れば切れ味が落ち、
骨に当たれば刃こぼれするのは当たり前。

日本刀は先の大戦で機関銃を両断したという逸話すらある。
その逸話を引けば、日本刀>機関銃という論も可能なのだが?

377 :日出づる処の名無し:04/05/09 13:27 ID:la/RtJq0
根本的に使い方が違うもの比べてもしょうがないだろ
刃物は刃物銃は銃だな


378 :日出づる処の名無し:04/05/09 13:43 ID:uhlMbEJk
なんで素直にMPGでUPしてくれないんだ。
おれは見たくてたまらなくていろいろダウンロードした挙句の果てに見れなかった。

379 :365:04/05/09 14:11 ID:GWQXx3Os
>>375

鎌倉、室町の時代に最高技術に達したと言われる日本刀と
現代進行中の火器と比べられても困るよね。

俺も重火器は嫌いじゃないけど、1000年近い古にその様な
高度な金属冶金技術を有していた事を、なぜ素直に喜べない
のか銃ヲタは理解できないね。

>>374
刃の部分のマルテンサイト組織は結構硬いです。
むかし古刀で30mm厚の古鉄を両断した検証実験の
記録も残っているそうです。

380 :日出づる処の名無し:04/05/09 14:15 ID:XOBi/+ff
日本刀が使われていた戦国、江戸時代の設定なら

被甲無しの鉛玉vs日本刀

になると思うが・・・・
弾丸を被甲するのが戦国、江戸時代にあったなら
公平じゃないかもね。日本刀の改善の余地は材質ぐらいしか
なさそうだが、銃はまだ若いからどんどん成長するだろうね

381 :380:04/05/09 14:17 ID:XOBi/+ff
追記
 銃に関しては実験時に使われた弾丸の口径や使用火薬も
同時代のもんでないと公平でないかな。


382 :日出づる処の名無し:04/05/09 16:19 ID:dlI31Qvh
>375
>ソフトポイントって一般的じゃないのか?

少なくてもガバでワッドカッターを使うのは一般的じゃないと思う
リボルバーならともかく、オートだとフィーディングトラブルでまくりだろう
最初の1発を手で装填して撃つだけなら問題ないけどね

383 :日出づる処の名無し:04/05/09 16:33 ID:VOa9CKEx
ウロなんだが昔の達人は、自分に向かって放たれた火縄銃の弾を
鉄扇で叩き落すことが出来たとか。

マトリックスですか?

384 :日出づる処の名無し:04/05/09 16:37 ID:jbSBMGkB
>>383
それは銃口の向きから弾道を予測して
鉄扇を持ってきたか、偶然だろ。

385 :日出づる処の名無し:04/05/09 20:46 ID:BQytg8l7
>382
トリビアで使ってた弾はワッドカッターではなかったが?
ぱっと見ホローポイントに見えたが。


386 :日出づる処の名無し:04/05/09 22:40 ID:6aD5kB1K
>>385
semi wad-cutterっていうらすぃ。鉛むき出しの円錐台状の先端のやつね。
ワッドカッターってカートリッジとツライチになってるやつだよね?

まあ司が日本刀破壊目的の文章書いてるのは確かだと思うが。

387 :日出づる処の名無し:04/05/10 00:19 ID:O5HSVQtD
>>378
すまん、容量は少ないほうがいいと思ってDivxにしたんだけど、
それでも45MBもあるじゃ意味ねぇよな・・・。
そもそもエンコード初心者なんで良くわかってないことも多いのでつ
mp3つかうと映像と音がずれるし・・・。

388 :日出づる処の名無し:04/05/10 19:14 ID:/ZIP8ACc
>>42
ttp://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_16&nid=43137&work=list&st=&sw=&cp=1
ここも詳しいぞ

389 :日出づる処の名無し:04/05/10 19:53 ID:NJ+HQlZA
既出かも知れんが、俺が日本刀と火縄銃の対決を知ったのは、20年くらい前の
「剣道日本」の記事だったと記憶する。
トリビアの実験方法は見てないので判らないが、剣道日本の実験は、日本刀を垂直に固定し
、数十M離れた場所から、火縄銃で、刀の物打ち付近を狙って撃つものだった。
結果は、鉛玉が両断されるもので、その両断される瞬間の写真が載ってたのを記憶してる。
結果そのものより、見事命中させた火縄銃の打ち手と、両断される瞬間に合わせて撮影した写真技術に感心したことを覚えている。


390 :日出づる処の名無し:04/05/10 20:06 ID:NJ+HQlZA
>>42
ここも詳しい。
http://www.nihontou.info


391 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/10 21:53 ID:xw/JiLOu
村正ってまだ現存すんのか?

まぁあったとしても名前変えてあるだろうからアレなんだろうが。

392 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:08 ID:xa9sTvsE
>>389
日本刀を垂直に固定。ハンドガンを照準調整用?ゲージに固定。
刀身のしたから1/3くらいのところに5m離れたとこから発射。

って感じでした。

393 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:18 ID:cesYluUu
日鉄ヲタへ積年の恨みをはらすことが出来た。

394 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:20 ID:cesYluUu
test

395 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:29 ID:Ngikfxyo
>>391
 村正作りの刀なのか
村正と銘が彫っている刀なのか

396 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:34 ID:b3xXinLt
日本刀は世界最高性能の剣!
日本の剣術は最強!
よってサムライ世界一!!

397 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:39 ID:zmWV/ffK
ゴールデンウィーク最終日、普段は見ない『トリビアの泉』をボーっと見ていたら、
「テレビ史上最も危険な実験 日本刀VSピストル真剣勝負の衝撃映像!!」という
のをやっていた。日本刀とピストル、どっちが強いか実験して確かめる、というのである。

その方法は、日本刀をほぼ垂直(やや刃面が上向き)に固定しておき、その刀身の
中央部に向かって銃器射撃装置で水平に固定したピストルから弾を発射する、という
シンプルなもの。射撃距離は5メートル。

実験に用いた日本刀は、特別なものではない平均的な日本刀、ということで、
市販価格90万円程度を目安に現代の刀工(小田九山さん)に作製してもらった新作刀。
ピストルはかつての米軍制式拳銃であり、強力な大口径拳銃の代表とも
言えるコルト1911ガバメントモデル(45口径)である。

結果は……日本刀の完勝だった。超高速カメラを用いた撮影により、日本刀の刃に
命中したピストルの弾が真っ二つに切断され、泣き別れになっていくさまが克明に
映し出されたのである。日本刀には刃こぼれ一つなく、弾が当たった部分に指先大の
鉛がこびりついた痕跡が残っただけだった。この結果に納得できないアメリカの銃砲店主
(実験に用いたピストルの提供者)からの要請で実験は数回繰り返されたが、結果は同じだったという。


398 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:40 ID:zmWV/ffK
これだけなら「日本刀は凄い!」で終わってしまうところだが、この実験には
番組作成者がまったく意識していなかった重大な意味がある。言うまでもなく、百人斬り事件との関係である。

百人斬り殺人競争を虚報と決め付け、それを突破口として南京大虐殺を否定しようと
する勢力は、執拗に日本刀の脆弱さを主張してきた。日本刀の威力などというのは伝説に過ぎず、
とても百人もの人間を斬ることなどできない貧弱な代物であり、だから百人斬りなどありえない、
というのである。偽ユダヤ人イザヤ・ベンダサンこと山本七平など、自分の戦場体験からの
結論だとして、一本の刀で斬れるのはせいぜい三人、と断言していた。

時速900キロで鉛の弾を撃ち込まれる衝撃に耐え、その弾を両断して傷つきもしない日本刀が、
わずか三人の人間を斬っただけでダメになるものだろうか。要するに山本七平は、戦争体験者は
黙して語らず、戦場体験のない世代には確かめようもないのをいいことに、大嘘を吐いたのだ。

フジテレビ(あのフジサンケイグループの)が全国に放映してくれたこの実験は、日本刀の性能に
関する否定派の嘘を文字通り一刀両断にしてしまった。

まさに快挙である。

ttp://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/hyakunin/trivia.htm

399 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:41 ID:n0N/uCI4
日本刀欲しくなりました。
どこがお奨めですか?

400 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:53 ID:EqXKHyyc
まず日本刀の性能と言うのなら、他の国の刀でも試してみなきゃ
どんな刀でも同じ結果が出るかもしれない。

>>398
鉄を刀で切るのと人を切るのと何か関係あるの?
人を切る場合は、血と油で切れなくなるんだろ。
豚を何匹切れるか試さないと分からないだろ。

401 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:55 ID:Ngikfxyo
>>400
 鉄より人は脆いと単純な認識から脱却できてないからムリポ。
つか脱却できないんじゃなくて脱却しないんだろうね。
自分を構成する世界が崩れるから。

402 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:43 ID:t91FlVPa
料理でも固いものよりやわらかいものの方が切りにくいしねえ。

403 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:57 ID:k3vM+t6n
>>398
なんで「言うまでもなく」鉛弾斬りと百人斬りがリンクするのだろう。
そりゃあんたの脳がそういう直結回路になっているだけなのなのではないだろうかと
小一時間。

視界の狭い人って、やだねえ。

404 :日出づる処の名無し:04/05/11 00:47 ID:dBBVF6Zf
つうか、豚のモモ肉の骨付きを買ってきて、
長めの刃物を思い切り振り、先端を骨までめり込ませる。
(この作業だけでも達人級の技なのだが・・・)
刃物の軌道と同じ軌道で刃を引き抜かないと、刃はゆがむか
下手するとかけてしまうのがわかるだろう。
なお、解体職人さんはこのような刃物も、このような解体の仕方もしない事を
強調しておく。

405 :日出づる処の名無し:04/05/11 03:09 ID:UjyzLF0h
戦国時代の太刀と日本刀って強度違うの?

406 :日出づる処の名無し:04/05/11 09:54 ID:26yvuME9
>>398
ま、いわゆる「南京大虐殺」の論拠って、実はこんなレベルだということを
雄弁に物語るエピソードにはなるな。

407 :日出づる処の名無し:04/05/11 10:07 ID:/40Oc6Zz
弾頭の金属、重さにもよりますが、おおむね マルテンサイトとセメンタイトの共晶
状態の鋼には鉛が負けます。

408 :日出づる処の名無し:04/05/11 10:09 ID:lAqHt396
>>406
ウマい!!。

409 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:31 ID:3x60ItyA
>404
正直な話、もっと解体職人さんを表に出して欲しいな。
日本では伝統的に「汚い仕事」とされてきたらしいが、
今や畜肉は欠くべからざる重要な食料だ。農協とかで普通に
と殺したり、解体したりできないものかな。魚をおろすみたいに。

こそこそやることがまかり通るから、こないだのハンナンみたいな
不祥事が起こるんではないかと。

410 :日出づる処の名無し:04/05/11 20:00 ID:OeMwWlRp
日本刀は重機関銃の銃身をぶった切る事は出来ても、
人間を数十人切ることは出来ない。

411 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/11 21:51 ID:PJYzEy7z
>405
戦国時代と現代の刀の強度はわからないけど
(でもどっかで読んだ気がする・・当時は興味なくて詠んで無かった)
太刀と刀の違いなら説明できる。

412 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:01 ID:UjyzLF0h
>>411
教えてください。
このすれ見てて刀は剃刀みたいな切れ味があって案外刃こぼれしやすいもの。
太刀は青竜刀みたいな強度のあるのかな?と思ったのですけれども

413 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:44 ID:6vTF8mvZ
青竜刀は強度無いだろ・・・

414 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:44 ID:yd1YmSPu
test

415 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:50 ID:T5vZtjtx
以前埼玉テレビか千葉テレビで
2m近くの日本刀の特集があったような

416 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:51 ID:T5vZtjtx
正直2mは言い過ぎた


417 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/11 22:54 ID:Jckmc+lb
2mって斬馬刀じゃあるまいし…

418 :365:04/05/11 22:56 ID:WgBwRsL3
>>415

2mどころか3mくらいの刀も実際にあるよ。

419 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:00 ID:0CqCzu+E
>>415
野太刀とか大太刀、場合によっては斬馬刀とか言う奴だよ。

420 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/11 23:02 ID:Jckmc+lb
斬馬刀と言われたら某漫画のキャラクターを思い出す。。


orz

421 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:07 ID:JUrVcTkV
やたら長い刀といえば思い出すのがFF7のセフィロスの正宗…

422 :415:04/05/11 23:20 ID:WgBwRsL3
>>418
貴方の指摘にように大太刀と言われているものだね。
殆ど神社の宝刀として祭られているようで、熱田神宮のが
3mくらいあったと思う。(歴史読本って言うのに写真あり)

とりあえずここでも。
http://www.niigata-nippo.co.jp/essa/esakai1.html

423 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:20 ID:+J2oGh15
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ssbohe/two_cavalierkiller.htm
http://www.niigata-nippo.co.jp/essa/esakai1.html

424 :日出づる処の名無し:04/05/12 00:38 ID:Ro47mjCa
るろ剣の斬馬刀とはずいぶん違うな

425 :日出づる処の名無し:04/05/12 00:48 ID:fjcCkrok
>>424
あんなデカ重い武器使える訳が無いでしょ。

426 :日出づる処の名無し:04/05/12 13:53 ID:zLQZF38z
>>412
>411ではないけど、「刀」はというのは刃を上に向けて腰にさすもの、「太刀」は刃を下に向けて
佩くもの、という違いは有るが、製法自体には差はない、という理解で好いのでは?。
例としては、時代劇に出てくる侍が刃を上向きに腰に指してるものが「刀」で、平安、鎌倉時代の鎧武者が刃を下向きに佩い
てるものが「太刀」。
あと詳しい違いは、関連サイトで確認願う。
それと、切れ味や強度自体は、刀・太刀ではほとんど変わらないよ。
おれ、試斬やってるけど、現代刀や、手元近くに鍛え割れのある刀で厚肉の孟宗竹を斬り損じて、刀が竹の中ほどで止まったことが有るけど
刃こぼれもせず、曲がりもしなかった。
よほどのへたれ刀匠の作でない限り、日本刀は頑丈なものだよ。


427 :日出づる処の名無し:04/05/12 14:44 ID:ORTtY+le
ズバ蛮の戦国刀が最強

428 :日出づる処の名無し:04/05/12 14:52 ID:xQiGqM3c
>>426
誰かが「刀=歩兵用」「太刀=騎馬用」とか言ってたよ。
そもそもの用途が違ってるだけだから。

429 :日出づる処の名無し:04/05/12 16:37 ID:hsCPY2p2
一度、狩猟用の剣鉈で豚の枝肉をさばいた経験があるんだけど、み
んなが言うとおり、血と脂ですぐに切れなくなった。もう拭いては
切り、拭いては切りの繰り返し。
刀で切るのと違い、骨は切らないから(関節から外す)刃こぼれこ
そしないけど、あっという間に切れなくなっちゃうのはホント。
まぁ、相手が生きてる対象なら、血は振れば飛ぶだろうけど、脂だ
けはどうやってもまとわりつくしね。

正直、刃物研ぐのには自信があったんだけど、自信喪失 _| ̄|○

430 :日出づる処の名無し:04/05/12 17:26 ID:xyAMwXAF
>>429
諸手で、頭ぶっ叩いて、金玉跳ね上げて、喉元ぶっ刺すから問題なし。


431 :日出づる処の名無し:04/05/12 17:27 ID:/wQVZzua
陸奥なら金剛で弾丸も体で受け止められるがな。

432 :日出づる処の名無し:04/05/12 17:48 ID:yMYGBLFN
>>429
ほんと、動物でなくても、脂の乗った、しま鯵や鯵等の魚を家でさばくだけでも
脂が包丁について切れ味がわるくなるもんね^^。
板前さんが、布巾を側において、一きり毎に、丁寧に脂を拭き取りながら、魚をさばいていく
理由が判るよ^^。家では、そんな丁寧なことなど出来ないので、ずぼらすると、ほんと、脂で
包丁がべたべたになる。
動物や、人間を斬ったら、脂で切れ味が悪くなるのも肯けるよ。

433 :酒のボール:04/05/12 17:54 ID:SFZ1VmfE
日本チャチャチャ日本茶々ちゃプロミスちゃちゃちゃアイフル邪魔

434 :日出づる処の名無し:04/05/12 18:07 ID:atKiTF/F
Message # 30 is from: バズーカ Subj: がっちゃんの身長
Time: 2001/12/23(Sun)01:46 section:掲示板 ■ワイヤード of ベルセルク■
ガッツの身長ってどのくらいでしょうか?190cm以上?それとドラゴン殺しの全長と重量が気になります
Message # 27 is from: psyborg_ken
Time: 2001/12/23(Sun)13:53 section:掲示板 ■ワイヤード of ベルセルク■
空想科学漫画読本(柳田理科雄・著)によると…ガッツの身長を190センチとおくと、刀身も190センチ程度。
画面から測定すると、幅は最も広いところで26センチ。厚みはガッツの第一関節とほぼ同じなので、7.1センチ
ほど。重みは鋼鉄製であるとするなら、165キロ。だそうです。筆者はベルセルクを読んだ事がない(1巻の
1コマのみを参考に割り出した)のでこれは初期ガッツのもののようです。でもゴドー親方が鍛えてるから鋼鉄って
のは合ってる気がする…。ちなみにバットスイング並の速さで切り込んだ場合、切断できる太さは、樹木・40センチ。
軟鋼・16センチ。硬鋼・12センチ。人間輪切りは当たり前だそうです。
Message # 26 is from: からす
Time: 2001/12/23(Sun)16:32 section:掲示板 ■ワイヤード of ベルセルク■
>165キロ 確かにそれくらいが妥当な気がしますね。ただ、ガッツが鷹の団時代に使っていた剣がドラゴン殺し
とほぼ同じ長さの両手剣で本人が厚みが3倍で3倍の重さって言っているので30キロくらいでしょうか。あれから
5倍強にしかなってないとはちょっと考えにくいですが…
Message # 25 is from: psyborg_ken
Time: 2001/12/23(Sun)16:56 section:掲示板 ■ワイヤード of ベルセルク■
>からすさん 上記の本によれば、165キロってのは持ち上げることは無理らしいですよ。貴乃花よりも重いそうな。
つまりガッツは貴乃花振り回しながら戦ってると。ちなみに日本刀ですら、握力、腕力がないと、水平に保つ事は無理です。
ガッツの体重<ドラゴンころしの重量なのですから、片手で持ち上げる事は物理的に不可能なそうな。1m以上足を開けば
持ち上げる事も可能らしいです。足を閉じた状態(これで結構ガッツは剣を振り上げてました)では体重300キロ以上
じゃないとあげられないそうです。

435 :日出づる処の名無し:04/05/12 19:44 ID:bRG42Bqq
>>397-398
この男(女?)は、まともに自分で料理もした事が無いのだろう。

たぶんこの様に言えば、サイトの雰囲気からして四の五の反論する人間なのだろうが、
お湯を沸かしてインスタントラーメンを突っ込むのは、誰も「料理」とは言わないとだけ言っておこう。

魚でも鶏一羽でも豚肉の塊でも良いから、自分で買って来て捌いてみれば判るのに。
空論を絵に描いた様な人間だな。

436 :415:04/05/12 19:46 ID:QXGuPtdw
>>423
その斬馬刀のサイト知りませんでした。サンクスです。m(_ _)m

>>412
>>426氏の説明に付け加えると、帯刀した状態で体に接する側に
対して反対側が刀の表(おもて)面になります。 殆どの場合、刀工は
この表(おもて)面に銘を切りるそうです。 
よって刀のどちら側に銘があるかで、刀と太刀の見極めが出来ます。

>>434
ベルセルクは面白いので好きですが、ガッツがその剣を片手で操れる
ような超強力の持ち主だったとしても、ガッツと剣の物理的な重心は
剣のサイドに存在することになりますので、あのコミックのように振り
まわすことは出来ないでしょうね。室伏選手のハンマー投げを見れば
想像はつくと思います。 しかしベルセルクは面白い。

因みに、吉備津神社が所蔵する日本最大の大太刀『吉備津丸』は
刀身全長がおおよそ一丈二尺五寸(377.3cm)あり、刃の長さが
約七尺五寸(226.7cm)、身幅は7cm以上で、重ね(刃厚)も
1.5cmほどあり、戦場の主武器であった二間槍(364cm)よりも
長いと聞きました。これで刀身重量は実測で12.9kgだそうです。


 

437 :☆大日本民族の夜明け☆:04/05/12 21:04 ID:4ir24P9o
(*^▽^)O"大日本民族の伝統武器がヤンキーの最新武器を完全撃破したんだもんなぁー☆
胸がスーッとする思いだったなぁ☆

438 :日出づる処の名無し:04/05/12 21:33 ID:c/L6VxEt
>>437
コルトガバメント拳銃自体は米軍制式採用が1911年(明治44年)
93年も昔の拳銃であるからして、決して最新では無い(むしろ古銃)

439 :日出づる処の名無し:04/05/12 21:34 ID:fjcCkrok
>>434
ガッツは公式に190cmだったはず。

440 :日出づる処の名無し:04/05/12 22:11 ID:/kVKtxGp
>>438
コルトガバメント1911は、採用は古いが、大東亜戦争当時のアメリカ軍の制式拳銃だったし
ベトナム戦争にも使われた制式拳銃じゃなかったのか?。
その後に、今の、ベレッタに変わったのじゃないの(詳しい方解説よろしく。)?。
おれの記憶だと、今と違って、20世紀の制式銃てのは、採用年度は古いが、結構、使用された
期間は長いという記憶がある。
ドイツの名銃M98だって、採用年度は1898年で、第二次世界大戦中使用されたと記憶する。
ま、いったん採用されると、使い勝手や信頼性などで、かなり寿命は長かったはず。
いずれにしても、日本刀は、半万年には遠く及ばないが^^、千数百年の歴史があることには変わりはない。

441 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/12 22:25 ID:QnWxN6cQ
>>440
はいはいはーい。説明しまーす。
ガバは1911年に米軍に制式採用され、1985年にM92Fにその座を奪われました。
でも、各国の軍隊の中でも未だに好評で、人気が高い銃です。

442 :日出づる処の名無し:04/05/12 22:29 ID:c/L6VxEt
>>440
あれほどの長期間使用されたのは完成度や実用性が非常に高かったため
現在でも(ノスタルジーも相まって)結構な人気を博している

が、やはり古いだけあって性能上色々と見劣りする点がある
その一つが初速の遅さ
ガバメントが253m/sec
トカレフが420m/sec

443 :第六天魔王 ◆ODA7WdIm6U :04/05/12 22:41 ID:QnWxN6cQ
>>442
でもまぁ「使いやすい」銃だわな。


444 :日出づる処の名無し:04/05/12 22:46 ID:fu53YfVG
>442
弾丸が違うからだ
トカレフは7.62mm×25、小口径高速弾を使っている
ライフルカートリッジと同じボトルネックカートリッジだから薬量が多い

445 :日出づる処の名無し:04/05/12 23:10 ID:duouHDJx
番組を見てないのでワカランが、あえてガバメントなのは銭形のとっつあんの銃がガバメントだがらでねーの?

446 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/12 23:11 ID:nyOPdRJ2
>411
おそレスすまん。他の人も答えてくれたと思うけど簡単に。
あと違うのは刀身の長さと厚み、長いので6尺の刀身。
重さも10キロ近く。
有名なのは佐々木小次郎の物干し竿だけどあれは3尺。
他では戦国時代朝倉氏武将の真柄十郎左衛門の太郎太刀。
刃の長さだけで150.9センチ、全長3m。
でも重さ4.5キロの優れもの。との事。
あと、装飾等でも変わる。でも太刀はでかすぎるので刃は剥き出しで
方にしょって携行してたとも。
後簡単に言うなら太刀は鎧相手の為、刃も長く厚みもあり重い。
刀は装飾の意味もあると同時に敵対する相手が平服の為に
切れ味と扱いやすさが重要と考えたら良いかも。


447 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/12 23:12 ID:nyOPdRJ2
方って何だ。
肩だ、肩。
ああん、すいません。

448 :日出づる処の名無し:04/05/12 23:25 ID:Ro47mjCa
>>446
なるほど。では漫画の華の慶次で慶次が四国で何とか一族の侍を切ったとき
「俺の刀は鎧ごと相手を切るためのものなんだよ」
とか言っていたけど

実際に太刀なら出来るわけですね。

449 :ぶくぶくデブ福 ◆dSDcizDsWs :04/05/12 23:45 ID:nyOPdRJ2
>448
すいません、ちと語弊がありました。
それを出来るのも居たとは思いますが、
(先の真柄氏は「信長記」に72〜90メートルにわたって
地面が鋤き返したようなったともあり、太刀を根元から
切ったとかある)
そういった装備の相手を出来る物だったと考えてもらうと良いかと。
全ての太刀がそういった物では無く、耐久性とリーチのある武器で
有ったと思えばいいかと。
でも槍や弓の補助武器なんですがねぇ。

450 :415:04/05/12 23:50 ID:pOSddCsw
>>438
ガバメントの歴史は余り知らないのですが、むかしモデルガンを購入した際に
そのパッケージに以下のようなコメントが記載されていました。

騎兵隊がインディアンの征圧に38口径の銃を使用していたらしいのですが
怒涛のように押し寄せるインディアンは、多少弾を食らっても戦いを止めな
かったため、軍は一発で仕留めるパワーを持った45口径の銃の開発に
着手したとありました。20年くらい前のことなので間違いがあるかも。

ガバメントは古い銃だけど好きな銃だな。
ウィルソンとか色んなカスタムビルダーもいたし。

451 :日出づる処の名無し:04/05/12 23:58 ID:yp5nN2GN

先週、見忘れたので今更ながら「日本刀vsピストル」の動画見たいのですが
どこにありますか?

452 :365:04/05/12 23:59 ID:pOSddCsw
>>422>>436>>450 自己レス

昨晩から>>415のネームで書き込んでいたのは>>365の間違いでした。
 >>415氏、本当に申し訳無い。  m(_ _)m

寝不足かもしれない _| ̄|○  

453 :パトリオットレフト:04/05/13 00:16 ID:fNubuyYO
ガバメントねぇ・・・・・・・・・・・・・・。


いや、つい「ティンプ」を思い浮かべてしまうなぁ。

454 :日出づる処の名無し:04/05/13 00:42 ID:dEp7FcNy
>>450
正確に言うと、実際の契機となったのはフィリピンのモロ族との戦闘

ある士官が、突撃してきたモロの戦士に38口径の拳銃弾6発を撃ち込んだものの
阻止できずに殺害された

455 :見てー!:04/05/13 06:25 ID:jGFhktKP
誰かもう一回動画ageてー

456 :日出づる処の名無し:04/05/13 07:32 ID:qEbngMH+
自動小銃を見て・・・どこが「小」なんだか・・十分でかいじゃんと思った香具師は多いはず。

457 :日出づる処の名無し:04/05/13 07:32 ID:du1xAIn3
>454
でもそれで開発された「45口径」ってのはリボルバー用の45コルトとかだと思う
ガバメントの45ACPはそれをオート用に改修したものだから時代的にはもっと後

458 :450 = 365:04/05/13 07:54 ID:4LFrpRqW
>>454>>457

ご指摘の通りだったかも。
”族”って言う記憶が強かったからインディアンと勘違いしていました。

道理でググッても検索出来なかった訳だ。
訂正ならび情報サンクスです。 m(_ _)m

またアンカーを間違えるとこだった。 _| ̄|○

459 :日出づる処の名無し:04/05/13 22:24 ID:oedjoQYz
>>456
 予備知識の無い人に
小銃と拳銃どっちが大きい?
と聞いてみたら面白い結果がでそう

460 :日出づる処の名無し:04/05/13 23:31 ID:qLrdjUj4
短銃って表記は間抜けだな。

461 :365:04/05/14 22:00 ID:WDtdd95s
粗悪燃料も現れず平和だね。 取りあえず保全サゲ。

462 :日出づる処の名無し:04/05/15 01:32 ID:XpIuik1I
日本刀VSピストル真剣勝負(笑)
ttp://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/hyakunin/trivia.htm

>これだけなら「日本刀は凄い!」で終わってしまうところだが、
>この実験には番組作成者がまったく意識していなかった重大な意味がある。
>言うまでもなく、百人斬り事件との関係である。

>百人斬り殺人競争を虚報と決め付け、それを突破口として
>南京大虐殺を否定しようとする勢力は、執拗に日本刀の脆弱さを主張してきた。
>日本刀の威力などというのは伝説に過ぎず、とても百人もの人間を斬ることなど
>できない貧弱な代物であり、だから百人斬りなどありえない、というのである。
>偽ユダヤ人イザヤ・ベンダサンこと山本七平など、自分の戦場体験からの結論だとして、
>一本の刀で斬れるのはせいぜい三人、と断言していた。

>時速900キロで鉛の弾を撃ち込まれる衝撃に耐え、その弾を両断して傷つきもしない日本刀が、
>わずか三人の人間を斬っただけでダメになるものだろうか。要するに山本七平は、
>戦争体験者は黙して語らず、戦場体験のない世代には確かめようもないのをいいことに、大嘘を吐いたのだ。

>フジテレビ(あのフジサンケイグループの)が全国に放映してくれたこの実験は、
>日本刀の性能に関する否定派の嘘を文字通り一刀両断にしてしまった。


463 :日出づる処の名無し:04/05/15 01:43 ID:E44k3rjV
>462
いや別に、わざわざ粗悪燃料を投入してくれなくてもいいんだが。w

464 :日出づる処の名無し:04/05/15 01:51 ID:Tz/tkqfT
>>463
 時代劇でも人を斬ったら懐紙で拭ってから
刀を鞘に収めるとかしないと駄目だね

465 :日出づる処の名無し:04/05/15 02:24 ID:n7W6Gweu
日本刀の刃は細かい鋸みたいな物だ、肉を切った時にそこに脂や血がこびり付いてしまう。
でもって、切れ味が悪くなるんだが・・・   
100人斬りの話を良く聞くが、竹刀でも素振り100回程すると、どういうことになるかわかっているのであろうか・・・

それを考えると、牛を絞めるときに脳天にハンマーを撃ち込むんだけど、あの人達は凄いな。
一撃必殺だからな・・・

466 :パトリオットレフト:04/05/15 09:34 ID:wA+snAUC
>>465
まさに、「必殺仕事人」ですな。

467 :日出づる処の名無し:04/05/15 18:16 ID:aIs+6fNc
太刀と打刀ってどっちが強いんだ?

468 :日出づる処の名無し:04/05/15 21:26 ID:aRbrhvbU
>>467
「ぐー・ちょき・ぱーの中でどれが最強か?」つうのを考えてみそ。

469 :日出づる処の名無し:04/05/15 23:04 ID:6N/c9AcZ
刀ってのは打刀には脇差
太刀には小太刀の二本を腰に付けるのがきまりだっけ?

116 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)