2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【怖いシュミレーション】 日本の共産国化【どうなる?】

1 :日出づる処の名無し:04/05/10 17:56 ID:tpUPh+PH
コピペ
ドミノ理論とは、一つの地域が共産化すると周りの地域もドミノが倒れる
ように共産化し、アメリカは共産主義の前に屈してしまう、という世界観でした。
ベトナムが共産化すると、次はインドネシア・タイ・フィリピン・台湾、そして
次には日本…あるいは、アジアが共産化すればおじけづいたヨーロッパも
共産化してしまう…。


もし実際日本が共産化してしまえばどういう変化が起こるのですか?
具体的にお願いします。何がどういう風に変わるのですか?

2 :日出づる処の名無し:04/05/10 17:57 ID:zFZeZKgT
2

3 :日出づる処の名無し:04/05/10 18:01 ID:wJPaUZfs
>>1
秘密警察が跋扈し、庶民は相互監視を強制され、当然言論の自由も無いから、
2チャンのような自由な意見を言える場所なんて存在しなくなります。

4 :日出づる処の名無し:04/05/10 18:15 ID:hwrq5Vko
まず2ch自体ないだろうな。
あっても工作員がうじゃうじゃ張ってる中国みたいになるだろ

5 :日出づる処の名無し:04/05/10 18:23 ID:34hbxaZQ
細かいことだが・・・

○シミュレーション
×シュミレーション

6 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:32 ID:6Zk/T2ud
生活の不自由さって想像できませんが、東京をさらに
管理をきつくさせた感じになるんでしょうか?

7 :日出づる処の名無し:04/05/10 22:33 ID:I8W3gkAT
飯とかも配給制になるのかな。

8 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:00 ID:YMz7q0OY
こんなかんじ

ttp://www1.raidway.ne.jp/~huguruma/seki/seieki020326.html

9 :日出づる処の名無し:04/05/10 23:11 ID:zFZeZKgT
案外うまいことやってるかも。
農業主体でなんとか自国民だけは食わしてるような。
そんで余った分は北朝鮮に渡ると。
どっちにしても北朝鮮はお荷物なんだなw

10 :日出づる処の名無し:04/05/11 01:07 ID:llIYXKUB
>>9
ゴルバチョフが現役時代に秋葉原を訪れた際に、
「日本は共産主義諸国の理想の形のひとつだ」と
絶賛したのをお忘れなく。

11 :日出づる処の名無し:04/05/11 02:02 ID:BhbnZL26
>>10
どういう意味だったんだろう。秋葉原が共産主義って事はないよな。
貧乏はイヤだ、こんな風になりたいってことかな。

12 :日出づる処の名無し:04/05/11 02:26 ID:G3mtxbB0
ニクソン大統領の狂人理論って言うのもありましたね。
確か
圧倒的な軍事力を持つアメリカが
いつ暴発するか知れない狂人のような軍事行動をとることで
他の国に対する抑止力としての役割を果たしうる
みたいなブラックジョーク。
ブッシュ二世以降実現してしまいましたが。


13 :日出づる処の名無し:04/05/11 03:11 ID:tbM11pjS
>>1
古本屋とか図書館で「ソ連」と呼ばれた当時の「現・ロシア」でなにがあったか、を
読むことを勧める。

読む前に、作者・著者について、あらかじめネットで調べることと、
朝日系出版社など、特殊な出版社の場合はスルーする知識も必要だが。

14 :日出づる処の名無し:04/05/11 03:29 ID:RPHX5KCg

共産主義になった翌日のガイドライン
http://that2.2ch.net/test/read.cgi/gline/1060993957/


15 :日出づる処の名無し:04/05/11 05:56 ID:GU0Y7xf6
>>12
相互確証破壊MADのもじりね。
まさか実現するとは長生きするものだ。

16 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :04/05/11 07:32 ID:0ti+SWZp
>>1 13は右翼なので、間に受けない方がういいですよ。
ソ連崩壊を持ち出して、共産主義自体の崩壊に話を進めるのが、彼等の
常套句ですから。

とりあえず、市中の本屋に行って、資本主義の行き詰まりについて言及
した書籍を手に取る事をお勧めします。
共産主義=暗黒社会というのは、アメリカが作り上げた幻想であり、
真っ当なひとつの国家体制であることは間違いないんですよ。



17 :日出づる処の名無し:04/05/11 07:38 ID:vRgsxKTL
真っ当なひとつの国家体制にしては随分粛清が相次ぐこと...。

18 :日出づる処の名無し:04/05/11 07:43 ID:xH6ZI7/l
>>16
/  寒    l          __/
.あ いバ   ゝ      ,.. ‐''´   〈  凶 え
.は んカ   /ヽr=-/ /   / | 惨  |
.は だピ   ヽ  / /////// < . 党 今
.は よ|    / 、/  /     ,. -'ソ? 時
.! !は .  lヽl |/   ,. ‐''´ / ヽ、?
ヽr‐、_ . _  〈、. l !、/_,,.-'  '´ ヽ、,_ヽ‐、⌒ヽ/
/  l l_|,ゝ!l ヾーヽ-! Y.'´ __        `ヽl
| | l´! ヽ l ', ヽ _,! | ,ィ',ニミ     ,rテヌ、 | , ‐
|. lヽl rテミ、`ヽ '´iじ゙!. '! {ー' l      i''゙ .!|' | |〈
ヽ|ヾ!゙ !、,!     ヾッli, ゙ ゞ-'       ゙ニ",  | |ー
   !| ー ,       ̄ ', `~   ,      │゙'´
    l'、  ャァ‐、    >、  ヤフ"ヽ    /|  |
   ヾ!ヽ、ヽ_ノ   ,  | !`ー、,`ー‐' _,.イ
        iァ''‐r‐'´  l!|! l l `i'''''"´_|、  |



19 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :04/05/11 07:53 ID:0ti+SWZp
>>17 ここにも、米帝の反共プロパガンダを間に受けている
方がいますね。
自分の頭で考える事を止めて、ただ政府の言いなりになるあなた方は
「生活保護主義者」と呼ばれているんですよ。

20 :日出づる処の名無し:04/05/11 08:08 ID:DeSL0LyX
>>16
>共産主義=暗黒社会というのは、アメリカが作り上げた幻想であり、
でも個人的な感想として、「ぜんぜん魅力的じゃない上に、手抜きが横行している
商品」ばかりがズラーッと並んでいるデパートなんて、想像したく無いし
人民平等のはずが“なぜか”特定の人物の崇拝にすり替わっている
(そして、批判は一切許されない)社会なんて、ヘドが出ますね。

天皇や首相に対する悪口は許されているのに、共産国家では
ほぼ例外無く、元首への悪口は「重罪」だという事実は無視ですか?

21 :日出づる処の名無し:04/05/11 08:12 ID:DeSL0LyX
>>19
>自分の頭で考える事を止めて、ただ政府の言いなりになる
あらあら、それは北朝鮮の人民の皆さんの事でしょう?

22 :坂本@好戦 ◆PU1RMQkVjE :04/05/11 08:27 ID:Rk5KjNs1
>>16 >>19
バカが出っ張ってきて、ご迷惑をかけております。
その人はもうじき《キューバ》《ヒロシマ》《斎藤貴男》などを
うわごとのように連呼しますので、笑ってあげてください。

23 :日出づる処の名無し:04/05/11 08:38 ID:40B/hGfx
>>19
それどころか、デムパオナーニまで始めますからねぇ。
スレが汚れるから止めなさいって。

24 :日出づる処の名無し:04/05/11 08:39 ID:t3gHDSdF
>>19
招かれざる客


25 :日出づる処の名無し:04/05/11 08:53 ID:MVCNO2U9
共産主義は理想と現実のギャップが激しすぎたよな。
革命の名においてあまりにも人を苦しめ、殺しすぎた。




26 :日出づる処の名無し:04/05/11 09:28 ID:p1z7Ogwb
>>10
× ゴルバチョフ
○ ワレサ議長

27 :庶民派護憲教師 ◆J9zawdkHTs :04/05/11 12:41 ID:l65opo7z
>天皇や首相に対する悪口は許されているのに、共産国家では
>ほぼ例外無く、元首への悪口は「重罪」だという事実は無視ですか?

キューバという国は例外なんですよ。
キューバはカリブ海に浮かぶ国で、キーウェストとの位置関係は
ちょうど、東京と前橋くらいになります。
1956年ぼ2月2日にカストロら82名の勇士はメキシコから、
キューバ東部のシェラ・マエストラに上陸しましたが、既に革命について
堂々と公表していたため、政府軍の銃撃を受けて82名は四散しました。
命からがら逃げ延びた者たちが1957年1月1日にシエラ・マエストラ山脈の
最高峰である2005メートルのピコ・トルキーノの山頂で再び合流した時、
生き残っていた同志は僅かに12名になっていました。
そこから革命がスタートし、1959年1月1日に成就したわけです。

28 :日出づる処の名無し:04/05/11 12:46 ID:w6ZljCLZ
国家元首にいたずら電話が出来るのはキューバくらいだろな。

29 :日出づる処の名無し:04/05/11 12:51 ID:jHqo7Mbo
北朝鮮って共産主義国家って言えるのか?

30 :日出づる処の名無し:04/05/11 12:51 ID:gOy9JuR1
>>1
ベトナムってとっくに共産化してなかったっけ?

31 :日出づる処の名無し:04/05/11 12:57 ID:gOy9JuR1
社会主義と共産主義は、言い方が違うだけで
ほとんど同じ主義だ。社会主義というのは共産主義に至る過程でしかない。
共産主義を掲げていてもそれを実践できている国は無く、実質的には
社会主義止まりになっている国ばかり。いずれにしても自滅するしか道の
ない愚かしい主義なのである。それを証明するものは、これまで同じ
主義を進めていた国が次々と自滅崩壊していること。


32 :日出づる処の名無し:04/05/11 13:23 ID:G4b84glZ
>>27
問いの答えになっていません。
貴方の弁はカストロは政府軍に殺されそうになりながらも、
生き残って革命を成就したという話ですよね?
だからと言ってカストロを批判した物は重罪に
ならないという資料にはなりませんよ。

てか、ミズポスレへカエレ!
あっちでは私の問いに答えてくださいよ!

33 :高千穂 ◆VyZKkSDatc :04/05/11 13:33 ID:iOblwv6c
>>20
 日本人「我が国は自由の国だ。『小泉は無能だ!辞めろ〜!』と叫んでも逮捕されない。」
 北朝鮮人「我が国だって自由の国だ。『小泉は無能だ!辞めろ〜!』と叫んでも逮捕されないさ。」


34 :日出づる処の名無し:04/05/11 13:35 ID:P9/YWlT3
>>10
  貧富の差が(あまり)ない
  人々が非常に勤勉で、労働に対して喜びを見出している
  (賃金に対して)物価が安く、物が豊富にあふれている

からそう感じたんだろうな。
これは日本人の勤勉さからくるもの。
他の国の民族ではこうはいかない。

35 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:01 ID:27qR5kRa
別に民主主義、自由主義国っつってもさ。
制度は国によってまちまちだし。


36 :日出づる処の名無し:04/05/11 14:26 ID:al1EZgbv
>>16
暗黒社会じゃなかった共産主義国なんてあったっけ?

少なくとも資本主義国では共産主義国ほど自国民を殺しちゃいないよ。

37 :日出づる処の名無し:04/05/11 17:16 ID:fTOgDiMA
>>10
>ゴルバチョフが現役時代に秋葉原を訪れた際に、
>「日本は共産主義諸国の理想の形のひとつだ」と絶賛したのをお忘れなく。
イスラム聖職者も言ってたね。
「イスラム社会の理想形が寧ろ日本で実現している」

38 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:01 ID:yIskOd2a
黄金の国ジパングと呼ばれていた時代も人々はこの国を目指し、
そして今また共産国のリーダーやイスラムの聖職者が日本社会を理想形と言う。
しかしこの国では自国を恥じよという反日教育が長い間されてきた。

39 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:33 ID:WjSu3BIE
>>37
えっとそれ誰の言葉?

40 :日出づる処の名無し:04/05/11 22:54 ID:2NfudXhG
共産主義者は逝っCHINA

41 :日出づる処の名無し:04/05/11 23:40 ID:1LV+6Nm+
「戦後日本の東半分が東側だったら?」つーIFを前にどっかでやってた
ような気がするが。
それまでは天皇がいた(もちろんIFでも西側半分で存続)ことから
却って、共産主義になってもカリスマ独裁者みたいのは現れにくく、
集団指導体制のような感じになる。で、工業技術力はあるから、
ちょうど史実の東ドイツをさらに輪をかけたような、結局それはそれで
東側の優等生になってがんばってしまう、とかいう予想がされてたな。
あと何より、国内で東西の緊張の最前線があるものだから、憲法9条と
かそれを信仰するバカサヨとかは存在できないというおまけもつくな。(w

42 :日出づる処の名無し:04/05/12 12:46 ID:iOFe3Ray
>>29
ありゃただの独裁国家。形だけの選挙による承認で「後継者」が決まるなんて…

>>31
なんで社会主義が滞るのか?「粛清」という名の、大量虐殺があるからでしょう。
そういうものがあると知れば、人々の活動が萎縮するのは避けられない。

>>38
>しかしこの国では自国を恥じよという反日教育が長い間されてきた。
「自戒・自省」≠「自虐・反日」。自分を省みるという事は、自虐とは違う。
自戒=「カイゼン」は、製品生産の質を上げる大事な要素。

43 :日出づる処の名無し:04/05/12 12:56 ID:iOFe3Ray
>>41
>「戦後日本の東半分が東側だったら?」つーIFを前にどっかでやってた
たしか、かわぐちかいじの漫画だったっけ?

44 :日出づる処の名無し:04/05/12 17:53 ID:8LaFiqgS
>>39
誰だったかは忘れたけど、かなり前にイスラム聖職者が来日した時に言ってたよ。

45 :日出づる処の名無し:04/05/12 18:06 ID:8LaFiqgS
>>44
訂正。日本にいるイスラム教の宗教指導者だったかも。

46 :日出づる処の名無し:04/05/12 18:38 ID:KNlfK4gW
日本は気違いカルト教団にさえ甘いからな

47 :日出づる処の名無し:04/05/12 19:44 ID:MmsFfX4F
>>42
>「自戒・自省」≠「自虐・反日」。自分を省みるという事は、自虐とは違う。

自分の国の国旗を掲揚する事を拒否し国歌を歌う事を拒否する偏った姿勢を
子供達に教え続ける教育者が多い状況を反日・自虐と言わずして何と言う。
これだけではないがな。日本を他国に売り渡すような売国奴がこの国には多い多い。

48 :日出づる処の名無し:04/05/13 11:54 ID:s4v7aYz7
日本は"官僚型社会主義(全体主義)国家”ですから
民主主義は形骸化していると思います。
選挙の投票率の低さがそれを如実に表わしています。
又以前、ある外国人が日本の地下鉄に乗った時、ニューヨークでは
「ウォールストリートジャーナル」を読むホワイトカラー層が
マンガを読んでいるのを見たとき、「世界第二位の経済大国のこの国は、
一部の人間が舵取りしているに過ぎない」と思ったそうです。

49 :日出づる処の名無し:04/05/13 12:36 ID:bN1xzmS+
>>48
>日本は"官僚型社会主義(全体主義)国家”ですから

これはよく聞きますね。ゴルビーが日本を理想形だと言ったのはここらへんもあるのかな。


>ニューヨークでは 「ウォールストリートジャーナル」を読む
>ホワイトカラー層がマンガを読んでいる

案外、経済大国たりえているのはここらへんに秘密があったりして。
趣味や娯楽に没頭できるというのはそれだけ余裕があるということだし。
日本は昔から娯楽大好きな国だったしね。

50 :日出づる処の名無し:04/05/13 15:03 ID:tnhpxc89
>>48
ミルズのパワーエリート論
→社会の特定の支配階級が、重要な政策決定を行っている事を描く「一元的権力論」
(非エリート層は、決してエリート層に上がる事は出来ない)
・アメリカのパワーエリート:政治家/財界人/高級軍人
・日本のパワーエリート:政界/財界/官界(官僚)

このパワーエリートの違いがそう思わせるのかもしれないね。

51 :日出づる処の名無し:04/05/13 16:09 ID:C5tIxjha
自力で革命(というか、政体の選択)で赤化したなら、>41のif説のように、ある意
味「まとも」な社会主義国家として、今よりちょっと空気が固いくらいで、全体的に
は高度成長以前、夢に描いていたくらいの理想が実現した感じの国で収まっていると
思われ(結局、ある意味で官僚組織主導の集団指導体制は変わらないわけで)。
ついでに、経済的な成功も「東側の東のショーウィンドウ」として許容されるかもし
れない。
で、共産党支配が崩壊したとしても、10年くらいしたらなぜかかつての共産党幹部
(ちなみにその幹部の父親は庄屋だったり、地域の顔役だったりする)や、あるいは
その息子が議員になっていたり、案外シームレスに資本主義体制になっていたりする
ような予感がある。

問題は、むしろその意味で、外来政府が傀儡を持ってきて独裁体制を造った場合だろ
うな。金日成が朝鮮系ロシア人だったような感じで、トップになる人間が「余所者」
だった場合、おそらく支配体制を確立するために(なにせ「ウチ」で固まって不気味
だからな)大粛清やって、ガチガチの相互監視体制を作り上げるだろう。
(支配者にとって)運がよければそれの極端な例は北朝鮮になるだろうし、逆に運が
悪ければ暗殺(あるいは追放)→ソ連軍介入→下手すれば泥沼内戦、といった感じに
なるかもしれない。

52 :日出づる処の名無し:04/05/13 21:23 ID:XVMm1axD
東京にいる住人は共産主義になったとしてもそんなに
困らない気がするが、大阪は辛いだろうね。

53 :日出づる処の名無し:04/05/13 21:27 ID:MU7yoCKb


  日朝国交回復するとしたら

        よど号メンバーはどうなるんだろう・・


         北にとっては邪魔以外の何物でもなくなるような・・
      
            
    結構楽しみ

54 :日出づる処の名無し:04/05/13 22:59 ID:MFzLvTD0
>>51氏の論考は面白いな。
51氏の前提があったとしたらの話だが、真面目な話、天皇陛下を象徴権威とした社会主義国家
なんてのが本当にあったかもしれん。
(もっともifの起点を江戸後期くらいに持ってくる必要があるし、コミンテルンの介入は徹底排除
 しなければならない)
江戸時代から共産主義に移るようなifを設定するのならば、基本的に日本は自分だけでやってける国だから
江戸時代の延長みたいのがずーっと続いているのかもね。
琉球を除けば、日本には「農奴」なんて存在しなかったしね。
階級は存在していたけど、俺は江戸時代をある意味での社会主義社会だったと思ってる。
でも、このifって、恐ろしく構成するのが難しいよな・・・。
マジで破綻の無いプロットを考え付いたヤツは、仮想戦記物で入賞とか優秀賞とか取れるぞ。
ただ、明治後期のIFの設定は難しいだろうな。
寿命とか人口とかを増やす事を考えなければ、「平等」って結構簡単だよ。

55 :日出づる処の名無し:04/05/14 03:46 ID:WXcGxH/U
共産化したら、コミケやアキバやエロゲーやエロマンガとか、
やっぱ禁止されちゃったりするんですか?
エロ同人誌を読んだり描いたりしたら公開銃殺ですか?
やだなそんなの。やっぱ今の日本がいいよ。

56 :51:04/05/14 10:57 ID:e/MQ8sKe
>54
 問題といえばその人口問題で、鎖国前から社会主義化しているならばともかくとして、開国後に「革
命」が起こった場合、明らかに余剰人口の問題が出てくるわけで(確か、日本列島内で自給自足した場
合の人口の限界は数千万人という試算があったような)。
そこまでの人口調整をどうするか、というのが問題。
 かといって、逆に鎖国したままであるならば逆に、あの時代において国家として生存し得たのかどう
かといえば疑問でもあり。太平洋の西端にして、当時のホットスポットだった中国に対して、ある程度
距離をおきつつ、かといってアクセスも悪くはない場所として、たとえばアメリカの植民地になってし
まうことも考えられなくないわけで、それを避けるには重工業を興す必要があるが……そのためには、
ある程度以上のまとまった数の、食料生産に関わらない人口が必須。

 とはいえ、日本の場合一定レベル以内ならば、「問題を解決することが天命(あるいは社会的使命で
も何でもいいけれど、要は大義名分をもった、自発的な使命)と理解した人が狂的なまでに努力して、
解決することも少なくないからなあ(だからこそ、「自力革命」は必須なわけだが)。

 そして、「資本論的社会主義・共産主義」の概念からは外れるけれども、江戸期というのは確かに、
比較的理想的な共産主義社会なのではないか、とも思えたり。
 むしろ、その意味で言えば、常に「資本家と労働者は対立するものである」と規定した「資本論」は、
19世紀の本だったのだな、と痛感。あの時代であればこそ、「労働者であっても資本家のカウンター
パートとなりうる」ということを示したのは大きいけれども、逆にそこにまた資本論の限界があったと。

長文スマンカッタ。

57 :51:04/05/14 11:11 ID:e/MQ8sKe
追加、というわけではないけれども。
「資本論」における資本家と労働者の関係は階級であり、対立は不可避なんだけれども、江戸時代の
身分制度は、逆に階級であったものが、役割、あるいは社会的な機能に変化しているのは興味深い。
それが、結果的に資本家と労働者という関係にも援用され、たとえば労使協調という、レーニンあたり
が見れば仰天して倒れてしまいそうな事態を生んだ、と(マルクスは、ある意味「これが理想だ」と喜
びそうではある)。

58 :日出づる処の名無し:04/05/14 15:28 ID:PEqNbRiJ
日本が共産化したら、日本共産党が金権政党になる。

59 :日出づる処の名無し:04/05/14 15:31 ID:RK9GisTn
日本が共産化したら、秋葉原あたりで大量粛清やられそうな悪寒

60 :名無し :04/05/14 23:08 ID:w+0JQZ7t
日本がチョーサン化したらダメだコリァ



61 :名無しさん:04/05/15 00:24 ID:AaPSlHGN
ワラタ


62 :日出づる処の名無し:04/05/15 00:27 ID:+klpEmbI
日本は心配せんでも文化大革命など起こりはしないって。

63 :日出づる処の名無し:04/05/15 00:38 ID:aUBsKQH0
カンボジアは共産化してから3ヶ月の間に300万人が虐殺された
それもカンボジアに限ったことではない。
1975年にはベトナム、ラオスも共産化している。その結果は似たようなものだ。
南ベトナムの場合、南シナ海に国民の大多数が逃げたのだが、嵐で半分が海の藻屑に消えた。
しかも共産主義ってのは資本主義を打倒するために作られた思想だもんだから、戦争と侵略をしてかないと内部崩壊しちまう構造をしてるんだよ。
ついでに言うならば4年間の総力戦である第二次大戦で死んだ日本人は民間人と軍人を合わせて約300万人、
そして10年以上も続いたベトナム戦争では敵味方合わせてやはり約300万人ほどだ。
しかし、カンボジアの場合は3ヶ月で300万人だ。
国が共産化するということは何年も戦争をやるよりもよほど死人が増える。それもたった数ヶ月でだ。
共産革命が起きるくらいならば、戦争をやったほうが死者が少ない
それほどまでに共産主義は危険なのだ

1917年から1953年のスターリンの死後までに共産圏が虐殺した数 1億1千万人
毛沢東が虐殺した数 5000万人
第二次世界大戦の総死者数 3000〜4000万人
1937年から1938年までの一年間でスターリンが虐殺した数 2000万人
ソ連の戦死者数 1000〜2000万人
中国の戦死者数 1000万人
ドイツの戦死者数 450万人
ポルポトがカンボジアで虐殺した数 300万人
日本の戦死者数 300万人

64 :日出づる処の名無し:04/05/15 01:34 ID:sIeaDSmy
>>63
ポルポトがカンボジアを無茶苦茶にした基地外で大量虐殺したことは
間違いないが「3ヶ月の間に300万人虐殺」は多すぎやしないか?

65 :日出づる処の名無し:04/05/15 14:48 ID:z48cwCZh
ロータリーエンジンみたいに、海外がコンセプトモデルだけで挫折したものを
丹念にモノにしたように、意外と上手く運用したりしてな。

もちろん、海外勢力による共産化でなく自発的である事が前提だが。

66 :日出づる処の名無し:04/05/15 15:03 ID:MBjLGpzJ
労働組合がなにしてるかみれば、日本が共産主義国家になれば
どうなるかわかるんでないか?w

67 :日出づる処の名無し:04/05/15 15:10 ID:/OiRL5ua
心配せんでも、
もう十分日本は社会主義国化すてます。

68 :日出づる処の名無し:04/05/15 17:53 ID:dkHXbue5
増えすぎた人類の「間引き」を図るために

特定の地域を選択して「共産化」を仕掛ける

人類絶対数管理委員会、とか、惑星管理委員会、とか

そういうものを設立する、と言うのはどうだろう・・・戦争やるより効率よさそう。

69 :少年法により名無し:04/05/15 18:00 ID:G0TFqkA7
恒久平和が実現したら、間引きだね。
共産化に不要な人間は、無価値だ。


70 :日出づる処の名無し:04/05/15 18:09 ID:Rc8KOB5v
共産化そのものが怖いんじゃなくて、
共産主義の行き着くところにある原理主義的な発想が怖いんだよね。

イスラム原理主義にしても、キリスト教の原理主義者にしても、
純化した思想は自分たちに反する者を徹底的に排除する方向に振れるから。

目的は手段を正当化する、って
ものすごく危険な方向性を孕んだ思想だと思う。
結果論的に言えば、なんでもあり、ってことだから。

共産主義の場合、
差別のない社会なんていうきれい事を掲げているけど、
自分たちと異なる者を予め排除して同じ主義の者だけを集めて
理想社会を作ろうとしているわけで、文化大革命なんてまさにそんな感じだったわけでしょ。



71 :日出づる処の名無し:04/05/15 18:17 ID:Acz+pB6R
共産主義化して、自由がなくなったとたんにプロ市民が
「国民に自由を!」と言って、結局今に逆戻りしたりして・・・

72 :日出づる処の名無し:04/05/15 19:23 ID:l80vboaK
アメリカからの干渉を避けるために

強酸政権を守るため

”国民の合意”のもと重武装すると思われ

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)