2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今後の著作権のあり方について考える 3

1 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:10 ID:gkW4zuK2
どうぞ

2 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:10 ID:LQgvqlOm
2!

3 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:11 ID:2gZpOAXy
3

4 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:12 ID:LSIZNU+b
はやかったな

5 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:13 ID:mef67DrC
>>1


6 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:14 ID:ypHcKc2e
6

7 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:15 ID:OtWIlaGB
>>1
グッジョブ

8 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:29 ID:UWTmoEyI
何がムカツクかって、何も作ったことのなさそうな連中が
「金を払わなくても喜んで無料で作る連中が一杯いる」などと寝ぼけたことを言うこと。
プロと同レベルのアマを持ち上げるんじゃなくて、
プロをアマと同レベルに見下していること。

著作者はおまいらの奴隷か?


9 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:35 ID:9ETCzB3f
>>8
フリーで公開していることの歴史と意味を小一時間説教したいな

10 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:37 ID:6GiTk4UJ
ぬるぽ

11 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:38 ID:nnfo4y99
>>9
しかし小1時間は長すぎるので簡潔に表現します。

世の中には変人や物好きが居る

12 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:42 ID:9ETCzB3f
かんけーないけどさ
プロって「職業としてやっている」のほかに「技量が優れている」
って言う意味もあるんかな?

ヘッタクソなプロはプロじゃない?

>>11
それじゃ短すぎるどころか誤解されるよ(w

13 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:53 ID:ypHcKc2e
       ∩―−、
     / (゚) 、_ `ヽ
    /  ( ●  (゚) |つ
    | /(入__ノ   ミ    ぼく、nyが生きがい
    、 (_/    ノ ぼくの幸せ奪わないでね!!
     \___ ノ゙
      /     \
    ⊂_ノ)   ノ\_つ
       (_⌒ヽ
        ヽ ヘ }
      (( ノノ `J  ))



14 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:53 ID:9XHktdDc
基本は自分の作ったものを見てもらって評価して欲しいって事だと思うんだが。

15 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 00:55 ID:+7ynZuTR
パソコンって全部を市販品で揃えると馬鹿みたいに高くつくから
フリーウェアが普及したってことじゃないの?

16 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 01:01 ID:d/dAFae5
ただ1つだけ著作権者側の意見として納得できるものがあった。
ttp://www.nda.co.jp/himichu/6.html
内容がやや古いが、該当部分は前半だけなので関係ない。しかしながら、これ
はそのソフトウェアによってユーザが二次的な利益を得ることができる場合に
限られ、一般的なコンテンツにはあてはまらない。

>>8
既に現時点で大量の無断コピーが出回っているにもかかわらず多数のコンテン
ツ企業が実際に存続し、利益を上げていることについてどうお考えか。


17 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 01:04 ID:d/dAFae5
>>15
上記文章にもあるがフリーソフトには「習作」もしくは「自給自足」的なもの
が多い。UNIX系が一般人(プログラミングについての基礎知識をまったく持た
ない人々)にとって使いにくいのもそのためである。

18 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 01:10 ID:EkbLXe7V
フリーウェアの中には、必要に迫られて自分用に作ったけど、
せっかく作ったからみんな使ってみないかいっていう感じのものも
結構多いと思うよ。

19 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 01:16 ID:9ETCzB3f
>>17
Unix系ツールは「自給自足」だが「習作」ではないと思うけどね。
一般人に受け入れられる市販品がいいのは賛成だが

いくらでも応用が利いて慣れたら市販品より
すっと効率がいいという利点もある>Unix系

20 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 01:30 ID:1LOxzC1I
なんかさ、47氏逮捕以来
この板もウヨサヨいう香具師が増えて住みにくくなったよなあ。
俺ら、ウヨもサヨも関係なく、楽しくファイル交換したいだけなのに。
もちろん京都府警には腹立つし、47氏には勝ってほしいけど・・・


21 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 01:56 ID:R+pma0F3
違法著作権侵害ソフト作者の金子被疑者と糞虫のnyユーザーは世の中のために氏んで下さい!

22 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 02:05 ID:9ETCzB3f
>>21
やだ

23 :8:04/05/15 02:29 ID:NCBAX1hl
>>11
それは十分に理解しているつもりだし、漏れもそんな「変人」とやらのはしくれだが、
それを当たり前だと思ってもらいたくはない。
「連中がいるから商業要らない」っていうのは開発者にたかってるだけだよ。

>>9
歴史というのなら、今と昔の違いも認識してもらいたい。
昔のコンピュータユーザは似たような連中ばっかりだったし、
手に入らないものは自分で作った。

>>16
みんな買ってるからね。不正ユーザーの使用分まで肩代わりして。

24 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 02:45 ID:d/dAFae5
>>23
それなら何の問題もないでしょう。適切な価格だから買っているんでしょう?
遊びのソフトなら「効用」が価格より大きいから買い、仕事に必要なソフトな
ら価格より大きな利益を期待して買うわけですよね。

実際に、今現実に、ソフトを買っている人々がいて、企業が存続し、利益を上
げ、次のソフトを出している。何の問題があるのですか?

要するに現状で市場は完結しているんですよ。Winnyは最初から最後まで市場
の外で動いているんです。もともと買わない人々が落として使う。それらは所
詮コピー品です。原盤を買わなければ満足できない人々を満たしうるものでは
ありません。

まさかとは思いますが、ソフトが売れる本数が増えれば企業がソフトの価格を
下げるとでも思ってるんですか?


25 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 02:51 ID:FIKmVgln
原盤は売ってませんよ

26 :26:04/05/15 03:32 ID:GGkQYJtU
思うんだけどさ、やっぱりWinnyのようなネットワークで著作権者に還元する仕組みが必要なんだよ。
それは、Winny+コンテンツが著作権者の許可を得ていることの証明+流通量の監視ができればよくて、
広告や課金で得た収入を流通量に応じて著作権者に配分するとかして。
例えば、P2Pネットワーク−[広告収入]→プロバイダ−[コンテンツ料]→著作権者って仕組みにするってこと。
既得権の固まりみたいな音楽業界は難しいと思うけど、同人やフリーソフト、エロゲー業界ならできるんじゃないかな?
Winnyが作ったネットワークってのは今ものすごいビジネスチャンスだと思うんだけど、欲の固まりみたいな
アメリカのベンチャー企業がこのビジネスモデル特許取っちゃうと、流通マージンが全部そっちにいっちゃう。
日本の作ったアニメでアメリカが儲ける、って構図ができちゃうわけ。
この数週間〜数ヶ月が、日本がソフトウェア大国になるか下請け貧困層になるかの分かれ目、
今後数十年の日本経済の分かれ目だと思うんだけど、どうよ?

別に違法なネットワークを根絶しろって言ってるわけじゃなくて、適正なP2Pがあってもいいってこと。
同じ条件でアングラと合法のP2Pがあったら合法の方を選ぶでしょ?
違法ダウンロードはアングラの方で、合法なデータは表の方で、って住み分けが自然にできると思う。

頼むから誰か早く開発して特許取ってくれ!


27 :23:04/05/15 03:32 ID:NCBAX1hl
>>24
> 実際に、今現実に、ソフトを買っている人々がいて、企業が存続し、利益を上
> げ、次のソフトを出している。何の問題があるのですか?
別に漏れはそれに問題があるとも無いとも言ってないけど。

あと、売れる見込み本数が増えれば設定価格を下げることもある。

28 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 03:39 ID:d9YEcyEv
http://openuser3.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/auctions?userID=purehouse2004

府警の目に止まるように晒し貼り

29 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 03:39 ID:d/dAFae5
>>27
ええと「価格を下げればより売れる見込みがあるので値下げする」という意味
ではなくて(プレステのベスト盤みたいな)、「コピーユーザが減ったからといっ
てそれで浮いた分を消費者還元するのか」ということです。
Windowsがよい例です。価格を下げなくても売れるので、いくら売れても下げ
ません。

30 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 03:42 ID:NCBAX1hl
>>24
> 要するに現状で市場は完結しているんですよ。Winnyは最初から最後まで市場
> の外で動いているんです。もともと買わない人々が落として使う。

いつでも市場は完結してる。売れない企業は潰れて行くだけのことだからな。
買わない人々がなんで落として使うことができるのかは置いといて、
どうやったらもともと買わない人々ばっかりだとわかるんだ?
それはちょっと世の中を信じすぎているような気がするんだが。


31 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 03:44 ID:+7ynZuTR
>>26
確かにWinnyのようなネットワークで著作権者に還元する仕組みが出来れば
市場は拡大するわな。
しかしWinnyのネットワークを潰しても市場は拡大しないw

32 :26:04/05/15 03:45 ID:GGkQYJtU
>> 31
別にWinnyのネットワークは潰れても潰れなくても。

33 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 03:48 ID:NCBAX1hl
>>30
ああ、nyに限定すれば、どのみちnyが潰れても知人友人間でコピーするだけだから、
確かにもともと買わない人間だなぁ。スマソ。

34 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 04:02 ID:NCBAX1hl
>>29
利益が得られれば、それは次回作の開発費・完成度になって
不特定の消費者に帰ってくることもあるんじゃねえか?
少なくとも会社が潰れるという負還元は避けられる。
どっからどこまでが消費者の利益と言えるかは難しい問題だけど。


35 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 04:32 ID:nnaJ9shy
nyの重要性

クリエイターのチャレンジの場

nyで生まれた漫画・音楽・映像
などチャンスの場があります。



フリージャーナリスト

政治的圧力から極力回避できる。
また、pass制にすれば購読費を得ることも可能。
(もちろん、この場合、発行者の匿名性を高めるには
それなりの手法が必要だが長くなるので。)

ny(及びp2pソフト)の重要性

違法動画の撲滅
特にロリータ系のものは
nyで簡単に手に入れば
高いリスクを取る者は減り
新規物、つまりこのような犯罪抑制に繋がる。

36 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 04:37 ID:nnaJ9shy
既存の腐りきった著作権制度

日本のソフトは圧倒的に高いです。 これは人件費が高いというよりも
著作権者を極力抑えて、企業側と広告業者が 荒稼ぎしているためです。
特に広告は必要以上に金をかけています。
そのため、一定の広告マケで売れる枚数の上限以上の
広告量を出し、結果的に価格も上昇しています。
日本における、音楽CDのマーケットメイカーが提示すべき額は現時点では
マキシシングルで800円、アルバム1500−1800円が妥当値でしょう。
価格が低くなれば新規ユーザー、特にこれまでおこづかい等の面で
少ない枚数しか買えなかった低年齢層に需要喚起になります。

映像作品、特にアニメに関しては高価格も仕方ないという点はあります。
ただ、それは国策レベルで価格補助を政府が行うべきだと思います。
(定価5800円なら800−1800円の補助等、また補助条件に
日本のクリエイターを一定数等を入れると韓国への対抗にもなります。)
また既存の著作権は期間において守られすぎです
しまいにはディズニーが圧力をかけ著作権期間を伸ばすなど
自分は著作権フリーなものを使って利益を出してきたのに汚いの一言です。

アップルの試みは興味深いものです。
低額で決済さえ簡単なら無料で違法なものより
個人は安心で安全なものに移行する可能性はあります。
風土を作るのには時間がかかりますが。

また作品次第では私的利用を目的としたビデオの
録画となんら 変わらない場合もあります。
地域によっては地上波もちゃんと見えないことがある、
(これは人的問題ではないがnyの有効度を上げている)
地域によっては番組自体が見えないことがある、
ネットで全放送を一定期間、提供可能にするなど
TV会社の努力が足りない点です。

37 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 04:45 ID:ojasc66L
将来、コンテンツのオンデマンド課金が普及しても
P2Pによる著作権侵害は無くならない。

間 違 い な い 。


38 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 04:46 ID:F6Ah5dlb
それは、著作権制度じゃない。 ビジネスモデルだ。 筋違い。
著作権を改正しても治らん。


39 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 05:35 ID:bEaY2OwM
フリーユース権認めません。
二次著作も認めません。
中古に売ってはいけません。
改造もダメです。
個人用のバックアップなんてもってのほか。

40 :221:04/05/15 05:57 ID:EC+0tTqr
>>26
 異論なし。

 ただ、現状の著作権法は、著作者が出版社などに著作権を許諾・譲渡して利益を得、
出版社が許諾・譲渡を受けた権利に基づき大量複製して、利益を回収するという体制に
なっています。つまり、著作者が直接消費者から利益を回収するという手段に対しては、
著作権法は機能しないんです。
 現状での利益の回収には、著作者が直接複製をするにしろ、そうしてできた「モノ」を
やり取りする売買契約に基づいて行うしかなく、これはWinnyのような著作権者と取得
者が直接やり取りをすることのないシステムでは、契約の成立が希薄で収益の保証が
ないということを意味します。

>>37
 そりゃ「著作権法を現状に即した改正を行っても侵害はなくならない」という主張やね。

 今はwinnyで合法的に流通させようとしても、著作権者に金銭的メリットがないため
許諾が得られず、侵害が続いているという状態。
 で、27へのレスは、Winnyには出版社のような仲介業者を必要としないから、現行の
著作権は空振りしてしまう。ここを何とかするための法改正が必要と主張するわけで。

41 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 06:19 ID:1LOxzC1I
やはり譲渡権を廃止するしかないな。


42 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 06:30 ID:Tut3aM2Z
音楽CDの輸入権に関する著作権改正(改悪)法案を見てると
今後ますます厳しくなりそうな気配だけど。

43 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 06:59 ID:ljb6TkKX


スクープスペシャル  鳥越俊太郎 長野智子
「告発!警察の裏金−全面謝罪の裏に隠されたウソ」

放送日時 5月16日(日)14:00〜15:30 

http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/


   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< みんなで見よう
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)


コピペしてね。






44 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 07:24 ID:dOI6NCb5
漫画の未来を妄想してみた。
漫画家は書いた漫画をスキャンして自分のHPにUP
読者がそのHPを見るにはQ2のような方式で10円とられる。
その10円が漫画家の収入源となる。
例えば現在300万部売れてる雑誌だったら一回の原稿で最高3000万円はいるわけだ。うーん ぶるじょわじー
と、厨房の妄想でした。

45 :26:04/05/15 08:40 ID:e6ifqbN5
>>37
>将来、コンテンツのオンデマンド課金が普及しても
>P2Pによる著作権侵害は無くならない。
間違いないと思います。
ただ、これを使っている限りは著作権侵害にならないという
新しいP2Pネットワークを作ることもできるのではないかと。
将来的にはアングラなP2Pネットワークと共存することになると思いますね。


>>38
>それは、著作権制度じゃない。 ビジネスモデルだ。 筋違い。
>著作権を改正しても治らん。
このような流通まで考慮した新しい著作権制度を考えるということでいかがでしょうか。
著作権と流通を完全に切り離して考えることはできないと思うので。

46 :26:04/05/15 08:41 ID:e6ifqbN5
>>40
>契約の成立が希薄で収益の保証がないということを意味します。
保証がないのは確かですが世界レベルのビジネスチャンスでもあるので、そういう動きになる可能性はあると思います。
例えばアニメを無料で観ることができるのに似ていると思いますが。

>つまり、著作者が直接消費者から利益を回収するという手段に対しては、
>著作権法は機能しないんです。
>Winnyには出版社のような仲介業者を必要としないから、現行の著作権は空振りしてしまう。
仲介業者は必ずしも必要ではないですが、コンテンツが違法でないことを
証明するプロバイダを導入することはできませんか?
プロバイダがネットワークを提供する代わりに費用回収を代行するという形で。


>>44
>その10円が漫画家の収入源となる。
ユーザー−ネットワーク−著作者の関係はそういう方向になっていくのではないかと。
ユーザーに直接課金せずに広告収入で済ますことができればなおよいのですが。


47 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 08:43 ID:nUhsDFpb
winnyはすごい。説明するのもマンドクさいほどにすごい。
ほんとに国益を考えるのならば、とっとと国が支援金を47氏に出し、
winnyをより強力なものに高め特許を根こそぎとることだ。

アメ公の力を舐めてはいけない。今回の事件で有名になったが最後、
特許をごっそりとられていずれwinnyは使えなくなってしまう。
この国のIT技術が衰退し、かつてのようにまた膨大な特許使用料を
取られてしまうのだ。
日本という国は何度同じ過ちを繰り返せば懲りるのか。

48 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 08:52 ID:SgWEPk7b
ny以前から違法コピーなんかとっくに蔓延していた。
ただ、今までの中でnyが良くも悪くも良く出来すぎたP2Pソフト
だったから問題視されただけ。
もはや違法コピーもP2Pも無くならないし時間が経つ程罪の意識も
薄くなり、人も増えるだろう。
企業はアメの調査結果を読んだのなら公式サイトで作品それぞれの
買うまでも無いかどうかの投票などユーザーの意見を聞き尊重
しなければ経営が傾くだけ。
国の所得平均が大して変わらない以上金はあり、
欲しいものは買えれるのだから


49 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 08:53 ID:F6Ah5dlb
>>47
政治家と官憲に学習機能が無いからだよ。
閣僚の中に理科系出がどの位いる?中国なんか全閣僚理系出身だ。

こんなんだから、自国で、天気衛星もGPS衛星も無い状況でITとか言うバカな話が進行するんだよ。


50 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 08:53 ID:rqST8Mrp
ホントとっととやらないとアメリカに持ってかれる。
つーか47氏、国家権力にタイーホなんだから
あっちいっちゃうかもしれんし。

51 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 08:57 ID:EkbLXe7V
匿名性さえあきらめれば、合法で健全なP2Pの利用ができるんだよ。
一般人はレンタルビデオ店でマニアックなAVを借りてるよ。
それよりもマシな程度の匿名で十分だろ。合法利用する限りは。

反体制の表現の場をインターネットに求める必要はない。
時代とともに技術の役割は変わっていくものだ。
より便利に利用するために何かをあきらめなければならないことは良くあること。
それは犯罪容認の方向ではなく、匿名性低下の方向が良い。

匿名性の低下で無責任な情報発信をするバカや他人の権利を侵害する身勝手な人が
減る方が有意義だ。

52 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 08:59 ID:EkbLXe7V
補足
無責任な情報発信をするバカ っていうのは、ウソの爆破予告とか

53 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:00 ID:rqST8Mrp
日本でアホなことやってると優秀な技術者がアメリカ等にとられて
権利関係でごっそりやられるよ、ってことを危惧してるわけで・・・

54 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:00 ID:SgWEPk7b
>>51
貴方は見も知らない人にバカと言えるのか。
匿名だからそう言うのだろう?
それに匿名とはプライバシーの権利だ。
国際法に反したいのなら別だがね


55 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:05 ID:RMNMnRl3
特に、治安維持法の適用について特筆すべきことは、
当局の無制限な拡大・類推解釈によって、共産主義者・無政府主義者のみならず
社会民主主義者、自由主義者、平和主義者はいうに及ばず、
容共者でなくとも、多少なりとも反体制、反国体的思想を持つ者や運動をする者、
単なる研究者にいたるまで根こそぎ逮捕・検挙し、
いわゆる警察間の“たらい廻し”により裁判にもかけず、無制限に拘留した事実と、
侵略戦争遂行の過程において、これを積極的に運用し、当局と一体となって
すべての自由を否認した裁判所(裁判官)の役割である。

また、こうした治安維持法の運用によって国民の間に恐怖感が生成されたが、
ファシズムと一体となった権力の恐怖政治は、国民をして『自己規制』に向かわせるのであった。
治安維持法の怖さの大きな部分は、
この国民の自己規制であったといっても決して過言ではないのである。

ttp://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/TIANIJIHO.html

56 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:05 ID:MC2i7Rc0
あのさー。俺思うんだけど
今日本で売れてるアーティストを気取ってる奴らいんじゃん。
無駄に金もうかってる。(JASRACやその辺のぶらさがってる奴ら含む)

と、一般サラリーマン?との給料の格差ってでかすぎると思わない?
浜崎何某とかって人がいわゆる億万長者で、俺が年収500万。

これでも結構がんばってるハズなんだけどな(苦笑

と、言うわけで違法を認めろと言うんじゃないが
この格差が多少なりとも要因になってるよな。

ごめん。何いいたいかわかんなくなったのでsage w

57 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:10 ID:nUhsDFpb
>>56
言いたいことは分かる。しかし資本主義の中では
経済活動をより多くしたものが正義。
あなたが一生懸命働いたとしてどれだけの経済効果があるか。
多分年数千万が限度だろう。
しかし浜崎は数億数十億もしくはそれ以上だ。

ただこの経済効果が規制によって高まっている一面もあるので
そこには不公平感を感じるのは自然だし、資本主義の中にも
経済活動を伴わないが必要な仕事というのもたくさんあるし。
その辺はなるべく不公平をなくす必要があるだろうね。均等、ということじゃなく平等に。

58 ::04/05/15 09:10 ID:GHDAOb/Z
単なる嫉妬・ひがみ

59 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:11 ID:VUbbQMig
>>49
>政治家と官憲に学習機能が無いからだよ
この言葉はこの人たちを選ぶ国民にかえってくるのでは
思うに日本では著作権法は明治期に輸入されてきた法律であり
著作権法を改悪しようとする連中と戦った経験が欧米よりも薄いんだと思う。
アメリカの自由は元からあったんじゃなくて闘争の末勝ち取った自由だからね
だから47氏逮捕や輸入CD規制は日本人にとってかなり注目に値すると思う

60 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:13 ID:6sWL3OnE
国民が選ぶ・・・

61 :26:04/05/15 09:16 ID:e6ifqbN5
スレ違いっぽいので移ります。
できればここでも >>26 を考慮して著作権を考えてくれると漏れは嬉しい。
ttp://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/download/1084304862/l50


62 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:16 ID:QGNVYpcW
>>56
あれだけ売れりゃそれ位貰えると思う。

が、あれだけ売れる必要もないと思うし、売るためにある意味洗脳じみた
戦略を立てる日本の音楽業界はどうかと思う。

63 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:17 ID:nUhsDFpb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040514-00000059-kyt-l26

>「ウィニーはネットワーク社会に有用なシステム。逮捕は日本のソフトウエアの開発環境を揺るがす」
>「ウィニーの利用者に(違法な)取り扱いがあったとしても、法律を改正して対応すべき問題だ」
>「ほう助というあいまいな要件で開発者を取り調べれば、創作活動を抑制する」
>「世界レベルでソフトの開発競争が進んでおり、10年、20年後の日本の大きな損失になる。
>府警はすみやかに釈放するべきだ」と主張した。

この弁護団の会見は素晴らしいものだと思う。裁判には一見関係ないと思われるwinny自体の是非、
著作権のあり方についても疑問視している。
事件そのものが一個人の裁判でなく、国益に関わることなんだときちんと表明してくれた。
最初の会見でここまで言える人たちならかなり希望が持てる話ですな。

64 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:17 ID:rqb5DEqX
俺の倍ももらってるのに違法コピーすんなー


65 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:18 ID:0vDmWUg0
インターネット利用パーセント
メール      1%
ホームページ検索 5%
メッセンジャー  1%
p2p      93%
と言う訳で、p2pが全面禁止になったら、ダイヤルアップ56Kにマジもどす、
56Kカード用意しといたほうがいいですかね?


66 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:20 ID:nUhsDFpb
>>65
てかダイアルアップも1mADSLも値段変わんないんじゃw

67 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:21 ID:F6Ah5dlb
官僚は選んだつもりないけどな。

http://www.janjan.jp/special/0403/0403011541/1.php

68 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:25 ID:nUhsDFpb
ともかくネット社会に精通した政治家がほしい。
どいつもこいつも福祉だの道路だの。
経済屋すらもろくにいない。
47氏出馬キボンヌ

69 :65:04/05/15 09:29 ID:0vDmWUg0
>>66
livedoorのメール確認だけなんで、3分0.8円につき月100円くらいかな?
あと2chちょこっとやって500円の630円税込み、と言うか光を解約する人は
結構いるんじゃないかなー?


70 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:33 ID:nUhsDFpb
>>69
いやーダイアルアップは実際厳しいよ。引越しの間とか
結構使うこと多かったけどさ、そういうときに限って
色々調べ物がしたくなったりするのよw
妙に2chがやりたくなったり。
んで想像以上の遅さにいらつくと。
やっすいADSLなら1000円代であるし。

71 :69:04/05/15 09:38 ID:0vDmWUg0
>>70
へーーー、1000円台があれば安心だ、56Kカードの用意は必要ないみたいですね。

72 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:40 ID:nUhsDFpb
>>71
こんな製品も出た
http://www.ddipocket.co.jp/p_s/products/airh_phone/index.html

携帯で、PC用のサイトが定額で見れるという品。
個人的に最高に欲しい。

これを買ってネット接続は無し、という手もあるね。

73 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:42 ID:PQeJ3Xfl
Winny「開発者逮捕は不当」
ウィニー事件で弁護団結成 (共同通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/computer/net.html?d=14kyodo2004051401003797&cat=38&typ=t

弁護団、ガンガレ!


74 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:44 ID:S35p+dbt
ユーザー側に義務を押しつけるだけではなく
販売店・メーカー側にも販売義務を作って欲しい。
俺がp2pの世界に入ったのも古いDVD化されてないアニメが見たかったからなんです。
販売義務で収益の見込めない製品でも販売しなければならないという義務があれば
この世界に入ってこなかったわけですし。
それでメーカー側がその義務を果たしたくなかったら著作権放棄すればいいわけですし。

75 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:54 ID:0vDmWUg0
128K(パケット定額制)と64k(phs電話)利用したことありますけど、同じロケーションなんだけど128Kのほうが
遅くて切れやすい(メッセンジャーつながるが声が割れて聞き取れない)、なんかまだまだなかんじですなー。

76 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 09:57 ID:F6Ah5dlb
[NHK 関西845][04-05-14] Winny問題弁護団結成.mpg 55,697,412 850d64f822c35777655d1392d4d4a889

77 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:10 ID:c2G2JjEx
俺、WINNY使ってみようかなって思ってた時に今回の逮捕でDL止めたんだが
で、今回の逮捕の幇助って言葉に興味持ったんで調べてみたんだが
包丁云々はちょっと極端すぎるが

煙草はどうだ?
煙草の未成年者喫煙防止違反法幇助や感染症違反幇助の疑いで煙草販売店やJTを逮捕、家宅捜索できるんじゃないか?
自分達で、箱に明記してる通り健康に悪いって解ってる訳だし
自己責任って言っても、会社は未成年者が吸うことも解ってるだろうし
煙草の煙が健康に及ぼす悪影響により、自分または周囲が癌に感染するかもしれないって解って作ってるだろ
箱にはっきり明記してるんだし、確信犯じゃ?
そもそも全国の自動販売機の9割以上で未成年者が煙草買えるのもおかしいしな
幇助って理由で逮捕してくと、自己責任って言葉は効力を失い
今までの法律や判決が覆される事例も出てきそうだ

78 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:13 ID:nUhsDFpb
>>77
未成年がタバコ吸っても逮捕はされないし第三者に被害が出ることも無い。
winnyでファイルをやり取りすることがほんとに違法なのかという問題もある。
今回の問題は他のもに例えられる話でもないし、例えるべき問題でもないと思うけどね。


79 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:24 ID:c2G2JjEx
>>78
お前様は、煙草吸ってる人間より煙草吸わない周囲の人間が
煙吸う方が肺癌になりやすいって発表を覆せるのか?
煙草を吸う以上、周囲に人が居れば第三者に被害が出ることがある
あと、未成年者の飲酒、喫煙は立派な犯罪だ、覚えておけ

80 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:32 ID:M7FlJ75H
>>79
酒や煙草にたとえたいなら、今のNyコミュニティは、泥酔して
暴れまくっているDQNだろ。
逮捕されても変じゃない。

81 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:36 ID:EkbLXe7V
悪事を働けば逮捕されるのが当たり前になればいい。
自己責任なのに犯人が特定できないから金子氏が捕まってしまう。

82 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:40 ID:o9BAoNVh
ハイテク課はハイテクな犯罪をする課

83 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:43 ID:EkbLXe7V
匿名性は自己責任の放棄である。
自由は自己責任を負うことで獲得するべき。

84 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:44 ID:o9BAoNVh
有名人も自己責任放棄してるじゃねぇかよ

85 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 10:49 ID:nUhsDFpb
>>79
そういう理屈の話じゃなくてさ、現実問題の話をしてるんだよ

86 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 11:34 ID:AS/Yx2iO
1スレ2スレとはだいぶメンバー変わったかな?

どうでもいいけど、はなから「データのコピー=違法・罪悪」という考えしかできない
人が多いのには呆れる他無い。

全てはあらかじめ自由なのだよ。まず禁止ありきではないのだよ。

著作者が好むと好まざるとに関わらず、デジタルデータは、誰でも簡単に、安価に、
完全に、コピーできる。
たまたま今まではそういうものが無かったから、著作物はコピーされなかっただけだ。
だが今は違う。それが誰でも簡単に、完全に、コピーできるデジタルデータであるなら、
事実上、それを止めることはできないし、止めるべきでもないだろう。

そうしたとき、既存の考え方としての「著作権」は一部侵害されるだろう。
だがそれははたして社会にとって「害悪」だろうか。
デジタルデータという財産が、誰でも簡単に、安価に、完全に、コピーできることは、
社会を、人々を、豊かにすることではないのか。
むしろ独り占めするほうが罪が深いとは考えられないか。
「データのコピー=違法・罪悪」と考える方が間違っているとは考えられないか。
特別な設備が必要なわけでもなく、家庭でクリックひとつででき、営利目的でもない。
そういうことにまで「著作権」を主張し、コントロールしようという欲望こそ醜くはないか。

発想の転換をおすすめする。

87 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 11:45 ID:EkbLXe7V
>>86
人は銃や刃物や鈍器で簡単に他人を殺すことができる。
簡単に出来るからといって人殺しを認めてはいけない。
それを自由だと言ってはいけない。


88 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 11:56 ID:M7FlJ75H
>>87
Winny房の妄想は、スルーで良いんじゃない?
黙っていれば、その内”オレの為に新作をうpしろ”って言い始めるから。


89 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:05 ID:qBUpJa6T
逮捕の目的は、ソースが欲しかったんだよ
それだけのこと

情報を盗むのはけしからん!って罪を無理矢理被せて警察が『情報』を盗んだわけ

90 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:20 ID:VacoVQsB
>>87
だから、頭が固いってーの。
俺らは殺人を合法にせよと主張しているわけではないんだがな。
例えば、一般道路の最高時速を80km/hに上げろと主張しても殺人を例に出す気か?

幇助についてだが、殺人幇助や自殺教唆は人の命に関わる問題だから、
それを助けた者も処罰するということが例外的に認められていると解釈している。
人によって解釈は異なるだろうが。
著作権法違反幇助なんて取って付けたようなものは俺は認めたくないね。

>>88
反対意見の人間を尊重しない人間はそもそも議論する価値が無い。

91 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:40 ID:M7FlJ75H
>>90
>>そうしたとき、既存の考え方としての「著作権」は一部侵害されるだろう。
・Nyに流れているファイルの、どこが著作権の一部だ。ほぼ全てだろ、ポエム除いて。

>>「データのコピー=違法・罪悪」と考える方が間違っているとは考えられないか。
・著作人権と著作権管理の権利を踏みにじってでも、オレにただで見せろの論理。

結局、Winny房なんだよ。

92 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:42 ID:VacoVQsB
>>91
じゃぁ、俺がWinnyを使っているってあなたに証明できる?
証明できなければ立証に失敗したわけで、そんなことは無かったことになるわけだが。
そもそも、相手の立場なんてあやふやなものに左右されている間は、
とてもじゃないけど相手を論破することなんてできないだろう。
実際に俺が著作権法違反していたとしても論理が揺らぐことはないわけで。

どういう反論が来るかある程度予想できたから、前もって書いといた。

93 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:46 ID:M7FlJ75H
>>92
>>じゃぁ、俺がWinnyを使っているってあなたに証明できる?
【捕まらなければ合法】
この時点で、貴方もWinny房でしょう。反論、議論、全てループするのは、いつもの事。


94 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:50 ID:VacoVQsB
>>93
ああ、使っているか使っていないかに関わらず、
47氏擁護=Winny房といいたいわけだね。わかったわかった。

95 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:54 ID:43I+GEcC
著作権を主張するならお願いだからお金を払わせてP2Pで。

96 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 12:54 ID:VacoVQsB
>著作人権と著作権管理の権利を踏みにじってでも、オレにただで見せろの論理。

に反論するが、これは違うぞ。
消費者としては、購入前に、その購入するものがどういうものか知る権利がある。
著作権が独占して管理・販売する権利だとするなら、
・販売前に消費者に詳細を伝える義務
・売り切れすることなく供給する義務
などの義務があると主張する。これができていないからファイル共有ソフトが幅を利かす。


97 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:08 ID:M7FlJ75H
>>96
いや、ワシも著作権の金銭にまつわる所で、疑問もあるし。
なんと言うか、Winnyを意味も無く正当化するヤシが多すぎて。
96氏の言う事は、消費者の論理だろ。正論だろね。

メーカーと消費者の間で、価格のバランスを上手く取っていると、
私は思っている。

でも、価格を固定している所もある。そこを何とかしないと、
パラダイムシフトとか、言っている事も起きない。

47氏はテロを起した。捕まるのは承知だったんだろう。
本当に思想を持っていれば、アホな事も喋らず次の
行動も取れるとおもうんだが。


98 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:19 ID:b5FM4xY7
>>77
確信犯の意味を間違ってる。

99 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:21 ID:GU9/28FB
イエス

100 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:31 ID:zn7oOdc9
確信犯の意味間違えてるヤツって多いね。

間違えやすいのは解るけどね。
しかし一向にいなくならないな。

正しい定義は
道徳的・宗教的・政治的な信念に基づき、
自らの行為を正しいと信じてなされる犯罪。思想犯・政治犯・国事犯など。
だからね。

「正しいと信じて」というところが本質で

「悪いと解っていて」という意味ではない。

善意・悪意にかかわらず「正しいと信じて」いれば確信犯。

厳密に言えば「悪いと解ってて」なおかつ「正しいと信じて」やるのが
典型的な確信犯。


101 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:37 ID:VacoVQsB
>>97
このスレを見てる限りでは、勢力は五分五分って感じだけどねw
俺の場合は、
・警察の横暴は好ましくない
・そもそも消費者の権利(ry
・言論の自由と表現の自由、二つ重なったら犯罪かよ!
・著作権管理団体の怠慢、傲慢が大嫌い
という三重の憤りを感じているわけで、これを覆すのは大変だろうね。

価格については、高いと思うけど、別に好きにすりゃぁいいんじゃないって感じだな。
価格を半分にしたところで売り上げが倍になるわけでもないし、仕方がないんだろう。
ただし、それが原因でファイル共有ソフトが幅を利かせるのは止められないけどな。

っていうか、47氏はテロを起こしてないよ。
テロを起こしたいって発言をし、テロに使える道具を作ったかしらないけど。
それでテロ幇助なんていうわけの分からん理論で逮捕されたわけ。
これで有罪になったらマジで治安維持法の再来ですな。こわいこわい。

102 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:41 ID:VacoVQsB
三重じゃなくて四重だった……orz

>>98 >>100
言語っていうのはどんどん変化していくもんだから。
揚げ足を取っても話題がずれるだけだからイクナイ。
こういうふうに著作権に関する議論から日本語に関する議論に変わるだけ。


103 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:43 ID:QvI++K9M
>97
それを言う前に日本における再販の問題と著作権の問題を
考えるべきじゃないの? 再販や著作権によって守られているのは
著作者よりも販売者(レーベルとかね)の利益の方が多いと
思う。
そして、文化というものは過去の文化の継承によって発展して
いく。つまり、Public Domainに入った著作物を使って新らしい
著作物を作れるというのが文化の発展に有効なのです。だから、
PDSの流れからOpen Sourceの流れがある。同じ事が、映画や
音楽に関しても考えられなければならない。今の法律では、
著作者というかそれに付随する人達の権益を守ることが一義で
消費者の利益は考えていないと思われ。
その良い例がCCCDだったのでは。魅力あるコンテンツなら
消費者も買うだろうし、今のレーベルは著名アーティストに
頼ったコンテンツしか作っていない。それが、全ての問題で
だからP2P等で入手しようとする人が増えているのでは。
立派なコンテンツならP2Pで入手したとしても、自分で購入
するだろうし。唯、DCMA法を始めとする著作権法の問題は
購入者が有する権利が明確になっていないことだと思う。
メディアを購入するのか、視聴する権利なのかという点です。
利害が絡む全ての人の権利を明確にしない限り、著作権
ビジネスも含めて良くならないと思うが...

104 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 13:59 ID:VacoVQsB
ttp://ittousai.org/lessig/lessig_[free_culture]_japanese_1.1.swf

とりあえず、まぁ、これだな。

105 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:21 ID:9ETCzB3f
藻前らもちつけ
著作権・著作権法について辞書引いてしらべてみたぞ

・有斐閣経済辞典第3版
小説,絵画,音楽等著作物を創作した個人や法人の財産権を守るための権利。
このために,無制限の使用やコピーを禁じている。1985年の著作権法の改正
でコンピュータ・プログラムも著作物とみなされるようになり,著作権法で
保護されるようになった。

・学研 パーソナル現代国語辞典
著作者が,その著作物を独占的に利用できる権利。copyright

・三省堂 大辞林、スーパー大辞林
著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送
などに関し,独占的に支配し利益をうける排他的な権利。
著作権法によって保護される無体財産権の一種。
原則として著作者の死後50年間存続する。

・広辞苑第五版
(copyright) 知的財産権の一。著作者がその著作物を排他的・独占的に
利用できる権利。その種類は著作物の複製・上演・演奏・放送・口述・
展示・翻訳などを含み、著作者の死後一定期間存続する。


106 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:22 ID:9ETCzB3f
・現代用語の基礎知識 2000 年版(インターネットと著作権〔知的所有権〕)
コンピュータ・ネットワークの急速な広がりにより、音声・文字・図形・映像が
デジタル情報として双方向で世界中を飛び交う時代になった。アメリカでは、
クリントン大統領が情報ネットワークを全米に高速道路のようにはりめぐらそう
としている(情報スーパーハイウェイ)。インターネットはそのような高速情報網
の一例だが、憲法上(表現の自由など)・契約法上(インターネットの取引)の問題、
情報セキュリティ管理、商標・サービスマークとドメインネームとの関係、
など多様な問題がある。特に著作権について問題が多い。ネットワーク上を流れる
情報内容(コンテンツ)の相当部分が著作権保護の対象となるからだ。
インターネットに関する著作権問題は、
(1)コンテンツがデジタル化されている点と、
(2)ネットワークの双方向性(インターアクティビティ)から生じ、
具体的には次のような問題がある。
(1)デジタル情報は品質を劣化させず容易に複製できるため、複製権が侵害されやすい。
(2)インターアクティブであるため、入手情報の表現を修正・変更してさらに流すことが
できるが、これは著作者人格権の中の同一性保持権や著作財産権の一種である翻案権の侵害
となりうる。
(3)情報を流す行為が著作者の「公衆への伝達の権利」との関係で問題となりうる。また、
(4)実演やCDからの音楽をサーバーに蓄積する行為は実演家とレコード会社の
「公衆に利用可能(送信可能)とする権利」の侵害となりうる(九八年一月一日から)。さらに
(5)著作物の利用許諾に関して、現行の仲介業務団体制度を含め権利の集中的管理制度の見直し、
(6)送信による出版という事態にどう対応するか、などの問題がある。
●最新キーワード〔知的所有権〕

107 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:23 ID:FTy5Mfsk
http://ouroboros.game-host.org/~guest/cgi-bin/chat/chat.cgi

108 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:23 ID:9ETCzB3f
・現代用語の基礎知識 2000 年版(著作権法(Copyright Act)〔法律〕)
文学、学術、美術、写真、音楽、脚本などの創作を保護するための法律で、一八九九(明治三二)年
に制定され、その後十数回改正されたが、一九七〇(昭和四五)年に根本的に改められて
現行の著作権法ができた。保護期間は、原則として著作者の死後五〇年間で、その間利用するときには、
著作権料を支払わなければならない。著作権等を侵害した場合は、三年以下の懲役または三〇〇万円以下
の罰金に処せられる。新著作権法は著作隣接権(neighboring right)として、実演家、レコード製作者、
放送事業者の権利についても詳細な保護の規定を設けている。その後、情報化社会に特有な権利等を
この法律で保護するため、同法の改正がかなり行われた。また、著作権法の網の目は解釈上も細かくなってきた。
最高裁第三小法廷は八八年三月一五日、スナックなどで客が歌うカラオケにも著作権(演奏権)が及ぶか
どうかが争われていたカラオケ著作権訴訟で、カラオケ演奏にも著作権が及ぶとの初判断を示した。


109 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:24 ID:9ETCzB3f
・現代用語の基礎知識 2000 年版(プログラム保護)
コンピュータ・プログラムの保護等を目的とする著作権法改正法
〔一九八五(昭和六〇)年六月一四日公布・八六年一月一日施行〕は、
(1)プログラムの定義を定めたこと(二条一〇号の二)、
(2)著作物の例示にプログラムの著作物を加えるとともに、それに用いられるプログラム言語、
規約および解法は著作権法で保護するものでないことを明らかにしたこと(一〇条一項九号、三項)、
(3)法人等の発意に基づきその業務に従事する者が職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、
作成時の契約等に別段の定めがない限り、その法人等とすること(一五条二項)、
(4)特定の電子計算機においてプログラムを利用しうるようにするため、または電子計算機に
おいてより効果的に利用しうるようにするため、必要なプログラムの改変について同一性保持権の
例外を定めたこと(二〇条二項三号)、
(5)プログラムの著作物の複製物の所有者が電子計算機において利用するために必要な場合に
行う複製または翻案について著作権を制限したこと(四七条の二)、
(6)プログラムの著作物の創作年月日登録の制度を設けたこと(七六条の二)、等を内容とする。

110 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:24 ID:0vDmWUg0
と言うかインターネットでp2pが出来る事をなんとか、、、出来ないじゃん。

111 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:25 ID:9ETCzB3f
・現代用語の基礎知識 2003 年版(著作権〔ポピュラー音楽〕)
音楽の場合では、楽曲の作曲者と作詞者が保有する独占的権利。楽曲が譜面、
実演、録音物などで使われるたびに使用料(印税)を得る権利を有している。
著作権法では作者の死後50年まで権利が保護される。作者やその権利の
代理人である著作権管理会社を代表して音楽著作権使用料を徴収し、作家の
権利保護活動を行う業務をわが国では日本音楽著作権協会(JASRAC 
Japanese Society for Rights of Authors Composers and Publishers)
が担当してきた。複数の団体がこの業務を行えるように法改正が行われ、
インターネットでの音楽配信分野に特化した著作権管理を行うと、
ジャパン・ライツ・クリアランスが発表した。

・新明解国語辞典第五版
自分の著作物が他人に勝手に△利用(複製・翻訳・上演・上映など)
されないように、原作の無断使用を禁止する権利。死後も一定期間存続する。
「―使用料」


112 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:25 ID:9ETCzB3f
・自由国民社 法律用語辞典
著作物を直接かつ排他的に支配し得る権利。かつて著作権は出版権と同視されたが
(現在でも著作権のことを版権と呼ぶ例がままみられるが、これはその時代の名残
である)、機械技術の発展に伴い著作物の利用方法も多岐にわたるに及んで、著作権
から支分権として複製権、公衆送信権、上演権・演奏権、口述権、上映権、頒布権
(映画著作物の場合のみ)、展示権(美術および写真の著作物の場合のみ)、貸与権、
翻訳権、編曲権、翻案権などが派生的に生ずるものとして構成されるに至っている。
著作権は許諾権としての性格を有しているため、著作物を利用しようとする者は
著作権者から使用の許諾(例えば、複製の許諾、演奏の許諾など)を受けなければ
著作権の侵害となり、使用の差止めや損害賠償の請求を著作権者から受けるほか、
刑事上の処罰を受けることになる。 著作権が成立するためには、特許権などの
工業所有権とは異なり、いかなる手続をも要せず、著作権が創作されれば直ちに
著作権が成立するという無方式主義が多くの国でとられており、わが国もこれに
従っている。

113 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:26 ID:9ETCzB3f
・岩波日本史辞典
芸術・学術などの著作者の権利。1872年および75年の改正_出版条例は,版権保護
規定を設けたが,主として出版者の専売権を認めたものであり,また出版統制を
意図していた。87年12月,版権条例,脚本楽譜条例等が制定され,さらに99年,
国際的な著作権を規定したベルヌ条約に加盟するとともに,著作権法を制定する
など国内法規の整備を進めた。1931年,同法は映画・ラジオなどにも対応したもの
に改正された。戦後は,52年にベルヌ条約に復帰し,56年には万国著作権条約が
発効,それにともなう国内法の整備もなされた。

・日本語辞典(現代国語、外来語)
〈名〉[法律(ほうりつ)で]本・写真・歌詞(かし)・レコードなどの著作物(ぶつ)
を、著作者が独占(どくせん)的に自由に複製(ふくせい)・翻訳(ほんやく)
・興行(こうぎよう)する権利。


114 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:26 ID:9ETCzB3f
・通信用語の基礎知識
◇著作物並びに実演, レコード, 放送及び有線放送に関し著作者の権利及び
これに隣接する権利を定め, これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ,
著作者等の権利の保護を図り, もつて文化の発展に寄与することを目的とする
ため (著作権法第一条より) …に制定されたもの.
◇決して著作者に利益を独占させるためにあるものではない.

独占・・・ですか。説明の仕方がそれぞれ違うのがオモシロイデスネ(ワラ

115 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:33 ID:e6xllRe/
著作権のあり方がおかしいと思って
不買運動してるのに、モノは手に入るんですよ何故か。
不思議な素敵な事もあるもんだ。

116 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:36 ID:9ETCzB3f
・フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』
著作権(ちょさくけん)とは、著作物の創作者である著作者に
保障される権利の総称であり、知的財産権の一種である。
国際的にはベルヌ条約が各国共通・最低限の権利保護範囲を定めている。
各国の著作権法は、ベルヌ条約より広い保護を定めるのが通例である。
著作権は、情報内容ではなく表現に対して発生する。
著作物から得た情報内容を実際に適用することは、著作権とは関わりない。
この点で、情報内容に関する権利である特許権と質的に異なる。
著作権は、憲法でいう財産権に含まれる。


117 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:41 ID:9ETCzB3f
>>115
そんなふうにいっちゃうと
モノさえ手に入ればイイ著作権なんてキニシナイ
ともとれるんですが、そういう解釈でいいんですか?

118 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:42 ID:M7FlJ75H
>>105-->>114
モツカレー

>>103
考えが纏まらないけど、再販制度と著作権を考え直せと
言う事ですよね。


>>著作者よりも販売者(レーベルとかね)の利益の方が多いと
>>思う。
年を取ってくると、【企業の利益=>正当】と考えてしまう。(ワシ)
会社を経営する人は、社員の雇用を守らなければいけない。
起業する時のリスクは・・・(ry

相手の環境を考えると、一概に悪とも思えない。変れない所は
衰退すると考えている。それより、今時、消費者から集金するだけ
の団体の方が、目に余ると思う。(集金以外、有益な行動しとるのか?)

>>PDSの流れからOpen Sourceの流れがある。
これは、単に日本では著作権の放棄が出来なかった為。ソフトの
中身は同じでは?


>>100
いやいや、P2Pには問題ないだろう。

P2Pの目を摘んでるのは、いったい・・・・



119 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:44 ID:hrSosJVg
Winnyを喩え話で言うとコンサート会場や映画館にお金を払わずに裏口から入って、
空席に座って見ている状態。

最後まで空席だったであろう席だから売り上げに影響していない。
物理的に減ったものはない。
でも、金を払って観ていた人たちからは反感を買うのは当然。


120 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:51 ID:gkW4zuK2
国にとっても今のやり方の方が都合がいいんだろうね。
大手企業に管理させてた方が税金を確実に取れる。
リーマンの源泉徴収と同じく。

だからこそ余計に頭にくるわけだが。

121 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:54 ID:SgWEPk7b
>>119
問題は反感持ってたはずの人がP2Pを始める事実だな。
どちらにしてもP2Pが無くならない以上新たなビジネスモデルを
考えないとシェアを違法ファイル問題に直面して新たなシステムを
形成しつつある外資にもってかれるだけだろう。
まあ、安くなるのなら外資でも構わないがね。
初めから買わないけど


122 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 14:54 ID:nnfo4y99
頭に来るのは自由だが、それで犯罪行為が正当化される訳では無い

123 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:03 ID:9ETCzB3f
フリーソフトウェア
出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』

>>103に関連して
オープンソース
利潤を追求するビジネスの世界では、「無償」という考え方は馴染まない。
「Free」も誤解を招きやすい。そのためか、企業に浸透するために近年
オープンソースという語が提案され、使われる事になった。そこには自由
の思想は含まれておらず、あくまでビジネス上の企業戦略の一つとして紹介された。
「ソースコードを公開するとどういうメリットがあるか」が関心の中心である。
もっともオープンソース協会は、社会をフリーソフトウェアに向かって導くため
のやり方だと説明している。

このような違いから、フリーソフトウェアとオープンソースの立場は別の物と
して扱われている。形としては、オープンソースはフリーソフトウェアの一部
のように見えるが、意味としては全く違うと、リチャード・ストールマンは主張している。
結果的に、フリーソフトウェアでない多くのオープンソース・ライセンスが
各企業によって作られ、ソフトウェアのソースコードが公開された。
しかし、ライセンスは、あくまで企業が有利に作られていたためか、開発者を
それほど集めることが出来ていない。

その結果、それらの企業やオープンソースのプロジェクトは、ライセンスをより
フリーソフトウェアに近いライセンスに切替えて来ている。その結果、オープンソース
と呼んでいてもフリーソフトウェアであることが多くなって来ている。


124 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:04 ID:VacoVQsB
>>122
犯罪行為を正当化? 誰が?
47氏? ダウンロードしてる人? アップロードしてる人?
現段階で犯罪か否かは訴訟起こされて有罪か無罪かによって決まるだけだし、
そんなことを議論したって全く意味が無い。
ここで議論するのは、現段階の著作権はどうなのか、
改善すべきところはあるか、あるとしたらどこなのか。ってところだろ。

125 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:05 ID:9ETCzB3f
自由と無料の比較
ソースコードが公開されなければ、無料のソフトウェアであっても、自由なソフトウェアではない。
ソフトウェアを自由に変更・配布することはソースコード無しには極めて困難だからである。
しかし、ソースコードが付属していても、ソースコードを改変したり配布したりする自由が制限
されていれば必ずしも自由なソフトウェアとは言えない。(例:商用ソフトのVz)

自由なソフトウェアであれば、仮にそれを有料で取得したとしても、それを無料でコピーすることを
制限していない。また、自由なソフトウェアはそれを有料で販売することを制限していない。
「自由」には有料で販売する自由、無料でコピーする自由が含まれている。したがって、
「有料だからという理由で自由なソフトウェアではない」と判断することはできない。
例えばLinuxディストリビューションに有償のものも多いように、自由なソフトウェアを集めて
それらを有償で販売する製品形態は定着してきている。

自由なソフトウェアは、有用なものであれば大抵はそれを無料で配布しようとする者が現れる。
勿論、無料で配布することは自由である。その意味では自由なソフトウェアには
無料という意味でもフリーなものが多い。


126 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:06 ID:VacoVQsB
>>125
でも勝手にパクりプロジェクト立てたりするとフォークだって叩かれるんだよね・・・。

127 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:13 ID:WXglEvjx
>>119
その喩え話を正確のためにちょっと補足させてもらうよ。

そのコンサート会場は誰でも自由に出入りできる状態だったんだよ。
チケットを持ってない人間を入れたくないなら入り口でチェックするのは当然だよね。

あるいは、

そのコンサート会場には壁が無かったんだよ。会場の中でも外でも同じように音が聞こえ、
演じている様子も見える。
聞かせたくも見せたくもなければ、壁で囲った会場でコンサートするのが当然だよね。

そんな状態であるのに、会場に入ったり、外で立ち聞きするのを「悪」と呼べるかね?

128 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:20 ID:IyOFiROM
>>127
でもその会場って僻地だったんだよね〜

129 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:31 ID:MT+3KOYJ
>>44
ただ、そこにAccessしただけでお金を取られるのは、
いま問題になっている携帯に送られてくる
迷惑メールにかかれたリンクを押しただけで高額
な料金が課せられることに近いのでまずかろうと思う

130 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:33 ID:VacoVQsB
どっちにしろ、入り口でチェックしないのが悪いんだって。
ただの怠慢です。権利の上に(ry

131 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:39 ID:MT+3KOYJ
>>127
禿同
コンサートの例え話と同じように
違法コピーされたくないのなら著作権著作権と
騒ぐ前に技術でできないようにするべき
高い技術には勝てないが法律ならいくらでも破ることが出来てしまう


132 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:41 ID:MT+3KOYJ
それは、やってはいけないという意味ではなく
能力的にできないようにすればいいという意味でつ。
つまりmustn't じゃなくてcan'tにしろってこと。

133 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:44 ID:aQRRa++7
>>119 の話を見て思った。

ヨーロッパ(といっても全部に行ったわけでは無いが
スイス、ドイツ、フランスなどの先進国)では電車の改札が無い。
だからただ乗りしてる人もたくさんいる。
ときどきチェックに来るのでただ乗りがバレたら
もちろん通常の10倍程度の罰金を払わされる。
また指定車両でも実際にその席を予約している人が現れるまでは
自由席の客が利用して良いことになっている。

これはまさにnyのシステムに類似していると思うんだが。

134 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:46 ID:9ETCzB3f
>>123 >>125のつづき。
自由なソフトウェアがより完全に永続的に自由であるための概念
としてコピーレフトがある。コピーレフトもまたGNUを始めるに当たって、
より自由なソフトウェアを定義するするための概念である。
GPL/LGPLライセンスは、コピーレフトを実現する法的に有効なライセンスで、
弁護士の協力の元に作られた。
ソフトウェア用語的に言うと、「コピーレフトはアーキテクチャ」であり、
「GPLはその実装」ということになる。
つまり、コピーレフトを実現するライセンスにはGPL以外にもあり得る。
「GPLをあなたのソフトウェア/作品に組み込めばそれは、自由な社会を
作り出すために自動的に働き始めますよ」と言うわけだ。
GNUなどの考え方としては、コピーレフトなライセンスが
「自由な世界のソフトウェアは自由を失うことが難しい」という意味で、
より自由ということになる。
これに対して、BSDを始めとしたコピーレフトではないフリーソフト
ウェアなライセンスは、「自由なソフトウェアが将来自由を失う可能性が
あり得る」という意味で、コピーレフトに比べて自由さに欠けるとされる。
例えば、BSDライセンスで公開されているソフトウェアを改良して公開するとき、
必ずしもソースコードを公開しなくても良い。コピーレフトの考え方によれば、
このとき「改良されたバージョンは自由が失われている」とされる。
一方、コピーレフトは「自由であること」が失われないために「自由でなければ
ならない」という制約を付けていると見ることもできる。例えば、コピーレフトな
ソフトウェアを改造して公開する場合、ソースコードの公開を拒むことはできない。
コピーレフトなソフトウェアをBSDライセンスで公開することもできない。この意味で、
「コピーレフトは制約が強く、BSDライセンスなどに比べて自由でない」と考える人もいる。




135 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:47 ID:SgWEPk7b
つまり、国が世界に浮かない程度の法整備をすればいいわけだ。
インタネ許可制とか言ってる大先生とお友達がしっかり法案を
纏められるか、かなり不安ではあるが・・

136 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 15:54 ID:9ETCzB3f
擁護派も反対派もせっかくだから
金(無料入手)の問題ばかりでなく自由(著作物の入手法、二次使用)についても
もっと考えてみるといいかなと

137 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:21 ID:QvI++K9M
自由=無料じゃないでしょ。
P2P=悪じゃないでしょ。
もっとPublic Domainの意味を考えた方が良いのでは。
著作物の入手や二次使用、そして発展ということについて考えるべきでしょう。
人間は模倣から文化を創ってきたんじゃないの。


138 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:23 ID:nnfo4y99
>>124
> ここで議論するのは、現段階の著作権はどうなのか、

現在の著作権法は問題は無いと思う・・・
問題ないのは違法行為を取り締まる為の法整備が遅れてるって事。
個人情報の保護とぶつかるからね・・・捜査の障害になってる

ファイル交換システムのコミューンを参加者が自らの意思で入った「集団」
つまり組織とみなすように法律規定すれば捜査取締への道は開けるだろう・・・

組織的犯罪の場合は「盗聴」による捜査が容易になる。
ISPや中継点に探知システムを設置し違法ファイルに該当するパケットを
見付けたら供給元のログを採集する
あとはそのログを参考に供給元の所有者を見つければ良いだけ。

どうでしょう?
ファイル交換の集団を「組織」と法的に認定するだけでいいんですよ!
これで大規模なファイル交換サイト内の違法ファイルは大幅に減少して
ファイル交換組織は清く正しい合法ファイル交換サイトに近づく事でしょう

139 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:31 ID:MT+3KOYJ
>>133

確かに

ちなみに日本では都市近郊で自動改札が全駅に設置されていても検札が来ることありますよ 主に中距離で

140 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:31 ID:VacoVQsB
>>138
日本国憲法
第二十一条【集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密】

 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


141 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:33 ID:nnfo4y99
>>136
勘違いしてはいけないのは自由=無法では無いって事。

自由経済では供給者と利用者の条件が合致しないと取り引きは成立しません。
取り引きが成立しないまま物品を持っていくのは窃盗です。

著作物の入手や二次利用は著作権者の許可を得てから行いましょう。

142 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:33 ID:SgWEPk7b
>>138
悪い、まともに答えるとかなり長くなるから結果だけ言う

無理

143 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:34 ID:OL9DPLsU
…要するに、47氏が日本人だったって事が致命的だったわけつね。>府警さん


144 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:35 ID:MT+3KOYJ
139の補足
東武の特急は>>133のいったのに似てるけど
指定席でこないと予約者がくるまでとなり
を予約した人が荷物置きにしたりする


でもnyは鉄道じゃないのだから改札みたいな
つまりユーザIDとパスワードを入力する、といったことは必要ないんじゃないかな


145 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:36 ID:WXglEvjx
土地というのは元々誰のものでもなかった。
それがいつの頃からか「誰かの所有物」となった。
その根拠は曖昧ではあったが、そうすることで世の中がうまくいっていたから、
その「誰かの所有物」という考え方は揺らぐことがなかった。

だがそれが海面だったらどうだろう。
「ここからここまでは俺の海面だ」とブイを立てても、風が吹けばすぐに流れてしまう。
潮の満ち干で移動してしまう。海面には「誰かの所有物」という考え方は馴染まない。

インターネットを含めたデジタル技術によってもたらされた世界においては、
デジタルデータとは海面のようなものではないだろうか。
それが良いか悪いかはともかく、すくなくとも現状はそうだろう。
それがいやなら、捉えどころのない海面を固定する技術を開発するしかない。

146 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:37 ID:MT+3KOYJ
>>141
それの最もわかりやすい例は著作権侵害ではなく
最近青少年のやってることとして問題な「万引き」では

147 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:39 ID:9ETCzB3f
>>141
そんなことはわざわざ言われなくてもわかってます。
自由の考え方についてコピペしたのは
そんなことを言いたいんじゃなかったのに・・・

148 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:40 ID:MT+3KOYJ
>>145
そのとおりだと思う。
デジタルな世界に「従来の法律」は通用しない

実物として売られている食い物、事務用品、家庭用品・・・
これらはコピーなど出来ないがデジタルデータは
クリックひとつでコピーできる。違法でもそうでなかろうとも。
つまり、音楽業界に言わしてもらうが著作権は
レコードやカセットテープの世界でなければ通用しないよってこと



149 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:41 ID:VacoVQsB
>>141
>取り引きが成立しないまま物品を持っていくのは窃盗です。
持っていってないから。コピーしただけだよ。
取引が終わっても著作者の手元には残っている。
知的財産には複製が容易であるという大きな利点があるのに、
物的財産と同じ権利を与えるべきなのか? 俺はそうは思わない。

150 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:41 ID:nnfo4y99
>>142
まぁ厨の希望的主観で無理と言ってもね・・・

政府が電子窃盗の現状を傍観できなくなるほど自体が悪化すれば
あっという間に法律は改正されますよ・・・

151 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:43 ID:QGyDF8zu
まあ、他人の著作権と他人の所有物などとは
かなりかけ離れたモンだろ。それを同じレベルで
比較する香具師の脳みそを覗いてみたい。

一番の違いは、著作権は時期の長短はあるが
いつかは権利が消滅する。まあ、その程度の
不確かなもんだ。

152 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:43 ID:B4uBV2AB
そもそも著作権法が日本人に向いてないのでは?
アメリカに洗脳されていけないことだと思い込んでるけど、
コピーはモンゴロイドの健全な生命活動に不可欠であるから
全面的に合法にすべき。
いくらアングロサクソンに洗脳されても、日本人の遺伝子には
モンゴロイド特有のコピー大好きコピゲノムが刻み込まれている。
修道女に癌が多いのは禁欲のためらしいけど、
日本で昨今癌が増えているのも複製を制限されてるのが原因。

153 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:43 ID:MT+3KOYJ
もっといえば、コンピュータのCPUにとっては「合法」も「違法」もない
会社の機密書類も、nyで落とした違法ファイルも、自分でとった風景の写真も、
自分で書いた小説も、日記も、違法なエロ画像もみーんなデータの集まり以外の何者でもない


154 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:44 ID:VacoVQsB
>>151
このまま行くと日本でも著作権期間の延長が実施されそうだ……。

155 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:45 ID:VacoVQsB
>>153
エロ画像はFLMASKの裁判で実物の絵と同じであるという判断がされた。

156 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:45 ID:nnfo4y99
>>149
知的財産は容易にコピーして奪えるからこそ
より厳しい法規制が必要になりますね・・・

著作権、特許権、商標権はその為に生まれた

157 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:46 ID:dv/pnEr1
出入力装置をのぞいた全てのPC装置の役割はネットワークサーバにまかされる
ハードディスクとかメモリとかね

これ以外に、デジタルコンテンツを守る方法は無理

それが出来ないというならデジタルコンテンツに著作権を厳守させるのは無駄なことだし
そういって創立された公共機関に無駄飯喰わせるだけだ
と考えている
フリーライセンスというものが今度どれだけ伸びていくか、期待している

158 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:46 ID:QGNVYpcW
CDならリップ禁止、本ならスキャン禁止。
これを法律で決めればいいぞ。

159 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:47 ID:9ETCzB3f
>>141
もう一歩進めて、これからの時代において著作物の入手、二次利用に
どんな許可を与えるのが望ましいか考えて欲しかったのですが。



160 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:48 ID:VacoVQsB
>>156
コピーしやすい=コピーされやすい
これは表裏一体でどちらか一方だけを得ることはできない。
どちらか一方だけを無理に得ようとした場合は、それ相応の反発を受ける。
ファイル共有ソフトの普及がその例だ。

161 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:48 ID:MT+3KOYJ
>>155
要は、判断能力のないCPUにとっては。
勝手に人間が関連付けているだけ。
その関連付けにまずい物は人間がつぶしまつ。
勝手にCPUが「コレハイホウダ」といって削除はしない
要は人間に普通に備わってる感性がコンピュータにはない。
だからこそ技術者がいま苦労してるんでしょ、特にロボット面で。




162 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:49 ID:nnfo4y99
>>159
今まで通りの方式で良いと思うぞ。
あとは違反者の取締りを容易にする法整備が必要ですね

163 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:51 ID:h6XCQAoS
なんっていうか、50年も著作権を守る理由がわからん。正直言ってそんなに長いこと
守ってたって期間を50年にまで延ばしたディズニー以外にはほとんど利益なんてないんじゃ
ないのか? 俺が思うに映画でいうと監督や、制作チームの主要メンバー、もしくは作品自体の
次回作が出るまででいいんじゃないか? 製作者の過去の作品ってのは、他の何よりも大きな
宣伝になるんだから、それを金を払わないなければ観れない状態にしておくよりもオープンな
状態にして晒して置くほうが新作で得られる利益が大きくなると思うんだが。

164 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:52 ID:F6Ah5dlb
>>158
じゃあ、webならスキャン禁止?、検索エンジンは全滅だな。

public fair useという概念は無いのか?

165 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:55 ID:nnfo4y99
>>160
> どちらか一方だけを無理に得ようとした場合は、それ相応の反発を受ける。

反発なんて高尚な物か?電子万引きをしてるだけだろ・・・

166 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:57 ID:MT+3KOYJ
>>146
CASLACやディズニーにはない

167 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:58 ID:QGyDF8zu
つーか、いくら禁止したり、プロテクトをかけても
それを破る者や技術が出てきてイタチゴッコだろ。

著作権を守る側も、それをプロテクトする技術に
金がかかりすぎると分かった時点で、著作権法
そのものが大きく変わるような気がする。

その意味で、プロテクトを解除する技術をどんどん
開発したら、自ずと著作権法が変わるような悪寒。

168 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:59 ID:F6Ah5dlb
>>163

50年、これは大量生産・大量消費が行われる、グローバル市場、前の世代に策定したものだからな。

情報伝播や社会理念の変化の激しい時代の今、或る程度の商品的価値が半減し、著作権者の利益を
充足するに足りる時間はもっと短いはずだから、種別や権利ごとに見直す必要はあると感じるな。

一世代を超えるような経済寡占の時間概念では、新たなクリエータの未来を奪うようなものだ。

169 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 16:59 ID:9ETCzB3f
パッケージソフトのライセンスはもっと詳しく書いて欲しい。
コピーはいくつまでか、マシンは何台までか、何人に許可するのか
商用OKか、エミュで動かしてもいいのか・・・とここまでは書いてある

古いバージョンの新規登録、ライセンス譲渡は認めるのか
(特に、ライセンス条項にこれをはっきり書いてないソフトが多い)

そんなことをいちいち問い合わせさせるのか
藻前らライセンスで商売してるんじゃないのかと

170 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:00 ID:QGNVYpcW
>>164
デジタルデータとして複製できる物を売って利益を上げようとするなら
そんくらいしないと無理ってことね。

171 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:04 ID:Q3Se7l9Y
ネット上での文字や映像、TV関係の放送放映に関わる著作問題なんとかして欲しいな。
もうちょっとスマートな方法ないんかしら。


172 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:05 ID:9ETCzB3f
>>162
あなたの言う「今まで通りの方式」を詳しく説明してください。

173 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:05 ID:F6Ah5dlb
>>169

藻前らライセンスで商売してるんじゃないのかと

サービスパックとか言う、サポートで商売しているのかもしれん 0円携帯みたいな感じだな(w

174 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:05 ID:sOXphV1k
>>162
著作権違反が親告罪なのを改訂すれば、検挙は簡単になるな。


175 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:06 ID:VacoVQsB
まぁ、著作権者は知的財産の利点だけを得ようとするんだよな。
実際、そうはいかないんだけど。しかも抑圧すればするほど反発も多い。
これが、ファイル共有ソフトが幅を利かせてる理由だよ。
これを法整備で厳しく抑圧すればうまいこといくと思っている人がいるみたいだけど、
絶対にうまいことなんていきません。むしろ、かえって悪化します。

176 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:08 ID:F6Ah5dlb
>>171

著作権者(原作者)と著作権に付随する管理権が分離しているからなぁ。 これ、厄介だよなあ。


177 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:13 ID:QGNVYpcW
ヤフオクなんかでマジで金払う馬鹿を教育する方が先だと思う。

178 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:15 ID:nnfo4y99
>>163
それは著作権者の意思次第でしょ?

作者がもう充分だと思ったら管理団体との信託の更新を止めればよい。
そして信託期限が満了次第、使用料無料と2次使用の自由を宣言するだけ。

ジャスラックの信託期間は確か・・・5年だったはず。
(但し著作権者の通知が無ければ基本的に自動更新)

現状でも創作者の意思次第です。
著作権者が無料化したくないと思ったらそれは仕方ないよ・・・諦めな

179 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:15 ID:F6Ah5dlb
>>177

それは、今の著作権システム上で動いているビジネスモデルが上手く機能してないからだよな。

180 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:23 ID:VacoVQsB
>>178
現状の著作権っていうのはデメリットがないわけよ。
有形財産ならば、どんなものであれ、保守にはある程度の手間がかかる。
しかし著作権は、現状、自動的に発生し、一切の手間がかからず保守が可能。
これはおかしくないか?

181 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:27 ID:WXglEvjx
>>156
著作権と、特許権、商標権は事情が異なる。
特許や商標は、それを利用することで二次的に利益を生む。
著作もそれを二次的に売ったり、金を取って公開したりすれば問題だろうが、
個人的な利用まで制限するのはどうか。

182 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:27 ID:F6Ah5dlb
>>180 一切の手間がかからず保守が可能。

これは、ありえんだろ。JASRACとかに聞いてみ。

183 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:30 ID:VacoVQsB
>>182
それは特許も商標も意匠も一緒だし。
権利取得に関して手間がかからんということ。

184 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:32 ID:VacoVQsB
知的財産にも固定資産税のような税金を課すべきだね。

185 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:37 ID:KqhjnSpu
君達が次々とベスト10に入るような優れた楽曲を著作権フリーでリリースし
ランキングを独占するような状態が続いたら嫌でも著作権は崩壊するだろう。


186 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:37 ID:dv/pnEr1
>>184
進歩が止まるわ

187 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:38 ID:F6Ah5dlb
>>183,184 知的財産にも固定資産税のような税金を課すべきだね。

なるほど、この考えは、上手く適用すれば改善する可能性あるなあ。


188 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:42 ID:nnfo4y99
>>184
凄い事になりそうだね・・・知的財産に課税

つまり頭の良い(多くの知識を持ってる)人ほど高税率にするって事でしょ?


189 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:42 ID:rESToSAs
>>185
著作権フリーってのは、他人が勝手に「この曲を作ったのは俺だ」と主張しても
真の作者は文句を言えないってことだぞ。
その辺分かってて言ってんのか?

190 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:43 ID:F6Ah5dlb
定率課税ではなくて、無税から始めて、更新期間毎に課税してくなんてのはいいかもしれないよ。
利用期間が長いほど社会に還元するしくみ。

191 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:47 ID:nnfo4y99
>>189
文句を言えないって言うより・・・どちらのいう事が真実かを証明できないって事。
裁判維持や証人集めなど紛争解決に思いっきり時間と金を消費しそうです。

保護団体への所属する事の最大のメリットは、その団体がその代弁者になってくれる事


192 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:50 ID:F6Ah5dlb
>>190 自己レス
ただ、著作権そのものは自動発生するから、著作隣接権の範囲とかに絞った方がいいだろうなあ。

193 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:52 ID:VacoVQsB
>>190
既得権益の上で寝ている人が聞いたらブチ切れしそうな話だけどねw

194 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:52 ID:F6Ah5dlb
>>185

その状態は、公衆送信権侵害でしょ。既に試行されているじゃない。

195 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:54 ID:F6Ah5dlb
>>193

当然、反対はあるだろうね。
だけど、農地に固定資産税を導入したような例もあるわけで、無茶だとは思わないな。

196 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:54 ID:IyOFiROM
>>181
個人的な利用は禁じていないだろ。普通の個人的利用なら

197 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:55 ID:P5l1NjuH
>>194
自分が著作者であれば問題ないのでは?

198 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:57 ID:VacoVQsB
>>195
テレビとかでこういう主張が頻繁になされない限り難しいと思うよ。
実際マスコミは著作物を許可貰って流させてもらってるわけで、立場的に弱いしなぁ。

199 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:58 ID:F6Ah5dlb
>>194

当然、複製権や公衆送信権を所有してればね。
ただ 「ベスト10に入るような優れた楽曲を著作権フリーでリリースし」なんてのは
まず、あり得無いでしょ。

200 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 17:59 ID:VacoVQsB
著作権取得税、著作権税……面白い世の中になりそうだ。

201 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:01 ID:F6Ah5dlb
>>198

そりゃそうだ。 だけど、誰かがアイデアを公開しなければ、永遠に機会は失われるじゃない。


202 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:02 ID:VacoVQsB
取得税は無い方がいいか。収入100万以上から著作権税で累進課税みたいな。

203 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:02 ID:KqhjnSpu
まるで著作権収入が不労所得のような扱いだな。


204 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:04 ID:nnfo4y99
>>198
> 実際マスコミは著作物を許可貰って流させてもらってるわけで、立場的に弱いしなぁ。

そんなことはないぞ許可が必要だからこそマスコミも潤う
「なつかしの映像」関連の番組とか・・・独占放送とか・・・

何処でも手に入るようになれば、時間が指定された上に、CMやナレーションの入る
劣化素材のTV番組をわざわざ見る価値は無くなる。
見る価値の無くなった番組じゃスポンサーも逃げ出すよ。

著作権保護団体の存在はメディアにとってもありがたい存在だよ。
その金の卵を産むニワトリを絞め殺すバカはそうそう居ないぞ・・・

205 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:05 ID:F6Ah5dlb
>>200

192でも書いたけど、ビジネスで既得権益を長期に受けているような、
著作隣接権を有している範囲の方が、適法だと思うので、「著作権取得税、著作権税」って
呼び名は相応しくないかと。

でないと、子供の落書きまで登録する羽目に・・

206 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:06 ID:ncjPRoXh
>>203
一部の奴らは、不労所得だよ。権利屋。

207 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:07 ID:VacoVQsB
>>204
なるほど。そうなったら税収の増加をウリにするしかないな。
このあたりの利害関係は複雑で図りかねるね……。

208 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:08 ID:nnfo4y99
>>205
面白いかもね・・・
出来の良い落書きだったら書き主見つけ出して課税するってのは・・・
軽犯罪法で捕まるより悲惨な目に遭いそうだ・・・

209 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:10 ID:VacoVQsB
>>208
そうならないように>>202で訂正したんだが……。

210 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:12 ID:F6Ah5dlb
著作隣接権に於ける更新課税と言ったところかなあ。
ま、これやる前に、著作権や知的財産権の期間を見直すのが筋かもしれないけど。

211 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:14 ID:nnfo4y99
>>209
そうなると今のパートの主婦みたく年間収益が99万円以下になるように
コンテンツの貸し出し量を調整するだけだね・・・

212 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:16 ID:VacoVQsB
>>210
著作権や知的財産権の期間はさらに延長されると思うよ。

>>211
なるほど。穴だらけだなぁ。まぁ許してやってくれ。
ていうかそれに解決策はないかい?

213 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:16 ID:F6Ah5dlb
画期的なのは、商品価値が薄い著作物と権利所有者が判断した場合、権利消滅が早まると言うことと
経済寡占を続ける場合、社会還元も同時に増して行くという点かな。

抜けある?

214 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:17 ID:VacoVQsB
っていうか税金を払えなかったら著作隣接権が失効するだけで、
別に子供が課税されるわけではないと思うが。

215 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:18 ID:F6Ah5dlb
>>212 著作権や知的財産権の期間はさらに延長されると思うよ

MAXは決めておけばいいのでいいんじゃない?
課税率を変動すれば物価変動にも適応出来るだろうし。


216 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:19 ID:F6Ah5dlb
>>214

そうそう。 みんなで使える public domainになる。

217 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:20 ID:F6Ah5dlb
>>216

あ、全面的じゃないから、誤爆だ。 取り消し。
でも、そういう感じで(w

218 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:23 ID:VacoVQsB
>>215
ていうか、税金払えない著作者の著作権はどういう権利を有するようにすべきかな?

219 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:27 ID:nnfo4y99
>>213
長く保持するほど維持コストが高くなる=維持コストが供給コストに反映する

つまり駄作は収益が維持コストに負け早々にフリーになるけど
商品価値が有る物ほど時間の経過と共に入手対価が高額になるって事ですね?
ネズミ−キャラはこれを逆手にとって、希少価値&高級イメージ戦略を展開し
利益率は多少下がるものの高値推移で安泰だ・・・

220 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:28 ID:F6Ah5dlb
>>218

経済的価値は無いとみなすべきだろうから
著作権失効、public domainで、社会文化に還元が理想的だと思うのだけど。

最初の無税の期間を10年とかにすればいいような気もするし。

221 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:29 ID:JUYAsNQq
なんだか縛る発想ばかりだなあ・・・。

222 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:29 ID:VacoVQsB
>>219
それはそれでいいんでない。
供給コストが高くなれば去っていく人がいる一方、維持コストはどんどん上昇、
いくらでかい会社とはいえ最終的には権利失効するでしょう。

223 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:33 ID:VacoVQsB
>>220
10年もあれば、創作活動のモチベーションを低下させる要素にはならないか。
なんかまだまだ穴ありそうだけど。
っていうか、著作権失効するならやっぱり著作権税なんじゃないのw

224 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:33 ID:F6Ah5dlb
>>219

MAXは決めてあるわけだからいいんじゃない?
30年以上は、累進課税とかでもアリにして。
その辺は、調整。 ここで重要なのは、消費者とクリエータの間の風通しの方法として使えるかどうかなのでパラメータの話は割愛。

MAX120年+権利者の生存年数とかはどーかと思うけど。(w

225 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:33 ID:nnfo4y99
>>221
管理手続きが今まで以上に煩雑化しそうですね・・・
煩雑な処理に著作権者は音を上げるのは間違いない。

その状況を利用して手続きを代行する著作権保護団体はますます太りそう・・・

226 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:37 ID:VacoVQsB
>>225
そうそう。
著作権保護団体が儲かることがわかって新しい著作権保護団体が乱立、
競争に発展……理想的じゃない?

227 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:40 ID:F6Ah5dlb
>>221

著作隣接権を軸に考えているから、おそらく著作権者には権利管理団体が既にあるはずだと思う。
煩雑でも文化促進になればいいんじゃないかなあ。

現状維持のままじゃ、何もかわらないままストレスたまってくし。

228 :227:04/05/15 18:40 ID:F6Ah5dlb
>>225

だ(汗

229 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:40 ID:h6XCQAoS
しかしこれをどうやって実現させるかが問題だ

230 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:45 ID:F6Ah5dlb
そうだねえ。

とりあえず、サイバー法を取り扱っているような人に意見答申を計るとか、
草の根からだろうけど。

231 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:45 ID:VacoVQsB
>>228
別にあせる必要は無いと思うよ。
というか著作権管理団体は厳しい税金を払わないとだめなんだから。
今よりも厳しくなるだろう。

232 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:46 ID:F6Ah5dlb
何となく、見えたので、おいらはこの辺で 飯食いに離脱するよ。 そんじゃ。

233 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:47 ID:nnfo4y99
>>226
> 競争に発展……理想的じゃない?

その場合は利用者にとっては最悪の事態に発展します。

この場合「競争」はいかに多くの著作物(著作権者)を確保するかの勝負になります。
つまり資源の囲い込みね。

各管理団体は著作権者の収益がMAXになるような条件を提示し競争します
簡単に言えば「高価買取宣言」・・・

高価で買取した物はそうそう安くは売れません・・・
おまけに獲得した物権は事実上独占状態。

ああ・・・負け組みはいつも末端の消費者だな

234 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:49 ID:nnfo4y99
>>232
だね・・・厨の思いつきなんて所詮この程度・・・
海千山千の上に行政とリンクしてる業界の手に掛れば簡単に骨抜きさ

235 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:50 ID:VacoVQsB
>>233
高く売って売り上げが落ちたら税金が・・・。
こんな状態で適当に高価買取をしてたら崩壊するだろう。
むしろ、できるだけ必要の無い著作権はそぎ落とすと思うが。

236 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:50 ID:QvI++K9M
何か、変な話になってない?
著作権者に制約をつけても何の意味もないと思うけど。
著作物は必要とする人が居て初めて意味のあるものになるんだし
問題なのは著作物を流通させる過程じゃあないの。
そして著作権のあるものから二次的な文化が発達すると思うけど
その発達する文化も違法とするのかという点が一番の問題だと思う。
つまり、今の著作権管理の問題は文化的発展をさせるのにも費用が
必要だということで、著作権者がそのような意識を持っていない
ことだと思う。そこに流通業者が利益を求めている構図があって、
この利益を守ろうとしていること自体が問題なんでしょう。

237 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:51 ID:1LOxzC1I
違法行為=犯罪者=厨房

この理屈で、相手の発言を尊重しようともせず、まともな反論もせず
人格攻撃に近い言葉で議論を封じ込めようとする勢力には憤りを感じる。
>>87-88などはその典型。

こいつらは議論をする前に、最低限、↓は読んでおくべきだろう。

著作権を考える前に 〜 法と法律の話
http://cozylaw.com/copy/kihon10/no-00.htm


238 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:55 ID:nnfo4y99
>>235
多分ねぇ高額化した物件は貧乏な個人相手に小売りはしないと思うよ。
お得意様は強力なスポンサーがバックに付いてるメディア
それを適度に劣化させて放映ね・・・

売り先を金持ちに限定する事で更なる収益アップ
貧乏人にはその喰い残しを切り売りしてね・・・

239 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 18:57 ID:1LOxzC1I
>>236
非の打ち所のない正論。

でも、著作権税の話、つつけば穴もいっぱいあるだろうけど
ネタとしては興味深いと思うし面白かった。
ただ論破してあっち逝け、ではつまらないしもったいなくない?

なんつーか、ひたすら相手を論破しまくるディベート形式じゃなくて
もっといろいろなアイデアがいっぱい出て、それらのアイデアは
否定されないディスカッション型の議論ができないもんかなあ?


240 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:00 ID:ncjPRoXh
>>236
著作者と著作権者は、わけて議論した方がいい。ジャスラックは著作権者だが著作者じゃないし。

241 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:04 ID:VacoVQsB
>>238
しかしどんどん税金は上がるわけだ。
金持ち相手にやってたとしても知れてるでしょ。

別に著作者は複数の著作権管理団体に隣接権を委譲してもいいわけだから、
貧乏人に安価で提供する団体とも契約した方が全体の利益は上がるはず。

242 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:07 ID:JUYAsNQq
つーかさあ、著作権ていう考え方そのものに関する議論もいいけどさあ、
そんなのは昔からさんざんやられてきたわけよ。
デジタル登場で世の中変わってるのに今までの考え方でいいの?って話
も必要かと。

243 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:08 ID:nnfo4y99
>>241
どんどん税額が上がるって言ってもその上昇度は僅かだろうな・・・実際施行されても

なぜって?
あなたは何のために「天下り」ってのがあると思いますか?
あえて能無しを高給で役員に据える理由を・・・


244 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:09 ID:MT+3KOYJ
>>242
だからこのスレッドがあるんでしょ

245 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:11 ID:nnfo4y99
>>244
まぁ色々考えた末、結局は行政に対する無力感に挫折するスレってのも一興

246 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:11 ID:VacoVQsB
>>243
大丈夫。実際に施行されることはないだろうw
とりあえず、もうちょっとじっくり考えたいところだが、
著作権をある一社に独占して委譲するんじゃなくて、
複数の会社に委譲することで、金持ちだけみたいな状態にはならないだろう。
著作者がそうしようと思うのならそういう条件を出してきたところと契約すればいい。

247 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:15 ID:VacoVQsB
このスレは、行政に対する無力感に挫折するスレになりますた・・・

248 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:15 ID:rqST8Mrp
>>242
デジタル世界に既存の著作権はあてはまんないべ
っつー考え方も外国ではあたりまえにある。
本屋言って知財関係のとこ見てみな。
翻訳書いっぱいあるから。
日本はまだそこまで全然行ってないのが問題。

249 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:20 ID:nnfo4y99
>>246
なんなら自分で著作物管理会社を立ち上げたら?
某社団法人より遥かに良心価格で引き受ける条件で。

そうすれば競争原理とやらが働くんでしょ?

250 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:29 ID:VacoVQsB
>>249
とりあえず、「JASRAC 独占」あたりでググれ。石頭。

251 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 19:31 ID:V85Q5vx2
>>249
つーかもうJASRAC以外の管理会社は存在しているけどな。
P2P専門の管理団体なら成り立ちそうだな。


252 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 21:15 ID:V85Q5vx2
やっぱナップスター型のビジネスモデルじゃないとむずかしいな・・・

253 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 21:25 ID:HrGl3mXS
http://ittousai.org/lessig/lessig_[free_culture]_japanese_1.1.swf


254 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 21:30 ID:IZR4+tt3
しみじみ感じるよ。
ちょうど今、デジタル時代の転換点に居るんだよな。
ここで47氏無罪となればソフト業界もP2P時代に対応した業態に
少しずつ変化していくんだろうな
何十年か後に"あの時"って語り草になるんだろうよ。

漏的にはアプリに機能制限つけてもいいから
期限付きお試しバージョンを義務付ける法整備をして欲しい。
高い金出してソフト買ったわいいけど何じゃこりゃってのが多すぎる

255 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:01 ID:nnfo4y99
>>254
> ここで47氏無罪となればソフト業界もP2P時代に対応した業態に
> 少しずつ変化していくんだろうな

甘いな。業界と行政のタッグを甘く見すぎ・・・
法の穴を突く犯罪が横行すれば法制強化されるだけ・・・

256 :よんじゅう名無し@少しまちなー。 :04/05/15 22:09 ID:GMPlly8k
著作権を守るシステム(プログラム)
      対
破るシステム(プログラム)

のいたちごっごが新次元著作権法のありかたである。

257 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:18 ID:qEDHkiHZ
んと、とりあえず行政・司法機関、国民の代表にあたる方々が決めることなんで
その方々に今後のあり方を真剣に取り組んでいただきたいと思う。
P2P関連はソフト開発者や研究者らとおおいに話し合うべき。
ttp://www.cric.or.jp/db/article/a1.html
http://homepage2.nifty.com/hebicyan/main/cho.html

258 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:20 ID:f/b4ka7k
この調子で行くと、テレビに放送された著作権のあるメディアを
「見た」とたんに違法。
ラジオに流れる著作権のあるメディアを聞いたとたんに違法。

この著作物は著作物を創作した者よりも「業界の為にある」
ましてや、一般国民の為にあるものでもない。

とか言い出しそうな勢いだなw

どうでもいいけどさ、著作物はみんなに利用されてナンボ。
そこから口コミなりなんなりで初めてビッグヒットが生まれる。

そんなに人に見せたくない著作物なら、業界の中だけで見せ合いっこしてれば?

259 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:22 ID:MJ/w+QGA
もともと著作権が出来た理由をご存知?

カール旋風を調べてね。

260 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:24 ID:f/b4ka7k
>>259
保護してる対象がもはや構造的にちがうだろうが。


261 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:24 ID:MJ/w+QGA
http://cozylaw.com/copy/wadai/jasrac.htm 

やべ・・プラーゲ旋風だった・カールプラーゲっとオモッテタが・・
ウイルヘルムプラーゲだったな・・・スマソ

262 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:26 ID:f/b4ka7k
ついでに、著作権を保護する団体の取り分が、CDの売り上げの中に
含まれてる、それがなんと、ミュージシャンが受け取るロイヤリティーと
ほぼ同額ときたもんだ。

これを異様だと思わない香具師っていないと思うが。

ばっかじゃねーの?

263 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:29 ID:bOM5T+0V
著作権の設定長すぎる。
10年くらいにすべき。

264 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:31 ID:ifJJXkW/
>>261
著作権の起源ではなく、JASRACの起源だし、
外資の脅威に対し反資本主義的な保護政策で対抗したのも
輸入権に少し似ている。

265 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:38 ID:nnfo4y99
>>258
いかにもプロ市民的な思考展開ですね・・・
著作権ってのを知ってればこんな間抜けな発言は恥ずかしくて出来ないのに。

> どうでもいいけどさ、著作物はみんなに利用されてナンボ。

利用するのは構わない、著作権者の許可を得ればね・・・

266 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:41 ID:nnfo4y99
>>262
それが嫌なら自主管理すれば良いだけ・・・

267 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:49 ID:h6XCQAoS
>>266
自主管理すると何かの料金がCASRACだけに入って製作者には一銭も入ってこないって誰かが要ってなかったか?

268 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:53 ID:f/b4ka7k
>>265
その許可で私腹をこやし「過ぎている」団体さんがいるようでw



269 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 22:57 ID:f/b4ka7k
輸入CDの問題も有識者の手によって拡大しましたし。そろそろ大人しくしてないと、
またポロがでますよ?

警察も今日、キンタマでポロリとポロを出した。
さて、次はどこかな?


270 :[名無し]さん(bin+cue).rar:04/05/15 23:05 ID:d4UB8ZoM
ちょっと話はずれるけど再販制度を廃止したいよ。
新聞協会によると98.8%の人に指示されているそうだ。
http://www.kitanippon.co.jp/pub/hanbai/saihan.html

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)