2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

よしりんの矛盾

1 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 15:20 ID:xqxez5eT
矛盾その1
・他民族を統治するために虐殺もやもなしとイラクのフセイン
をかばったかと思うと、同じく他民族国家の中国をチベット人
を虐殺したとして批難したりする。
・その昔、国際貢献をうんこくさい貢献などと揶揄して
批判していたのに、今じゃ公が大事。個人を捨てても守るべき
公があるなどと言っている。

他にも矛盾してる物言いがいっぱいあるぞ。
要するによしりんは感情論でものを言う単なるワガママちゃんな
だけではないのか?
まぁゴーマニズムだからそのまんまだが。。

2 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 15:24 ID:UmIaAGP+
fu-nn

3 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 15:42 ID:yXbkJ7BG
んふ

4 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 15:56 ID:Akly2JPk
>>1
チュンとヤンキーは似ているからだよ

5 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 17:10 ID:LfKO1TMK
チベットって最初から中国領だったっけ?
その昔っていつだ。人は変わるものだろう。

6 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 18:45 ID:NWxBQxK7
クルドって最初からイラク領だったっけ?
その昔っていつだ。人は変わるものだろう。

7 :176など:03/11/25 21:25 ID:QaoR6HYY
つーかそもそも、左翼のテロを批判しといて、ビンラディンに共感を覚えると言ってる時点でダメでしょ。
あのビルの中にはムスリムだっていただろうに

8 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 21:43 ID:3hollN5F
その昔、「新しい歴史教科書を作る会」に発起人として参加。
一部教科書を執筆(したっけ?) 自書内で絶賛。
 コヴァゾロゾロと、「つくる会」教科書を買う。
「つくる会」を非難。縁を切る。(追い出されたらしい?)
 お小遣いをためて買った教科書を持って、コヴァ  「ポカ〜ン」(大藁


9 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 21:47 ID:pniIJbUj

いつものことだろ。

10 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 21:49 ID:pniIJbUj
世の中でもこういう小林みたいなヤツいるよ

最初に景気のいいことワーッ!と言いたい放題言っておきながら
徐々に矛盾をつつかれるとムキになって逆ギレしたり強弁したり、
しまいにゃ「やーめたっ!」って全部放り出す

  無 責 任 を 絵 に 描 い た よ う な 人 間

ソレでいて「自分はエリート」みたいな妄想に一人で耽ってるヤツな


11 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 22:18 ID:cc9YTtJk
>>1
>矛盾その1
>・他民族を統治するために虐殺もやもなしとイラクのフセイン
>をかばったかと思うと、同じく他民族国家の中国をチベット人
>を虐殺したとして批難したりする。

フセインは政治的に対抗する相手を粛正するような、
恐怖政治だったのかも知れないが、少なくとも特定民族を
絶滅させるような事はしなかったし、それを目的としていない。

チベットでは民族浄化とチベット文化の破壊を国家プロジェクトとして行って
いるように思える。

このような違いがあるのに、
それでも小林氏の言っている事は矛盾なのですか?

>・その昔、国際貢献をうんこくさい貢献などと揶揄して
>批判していたのに、今じゃ公が大事。個人を捨てても守るべき
>公があるなどと言っている。

なんでもかんでも「国際貢献」とさえ言えば許されるような単細胞思考は、
小林氏の「公」の考えとは異なる。
「うんこくさい貢献」と言ったときの小林氏は、「国際貢献」という名前だけ
で完全な正義であるかのような空気に対する違和感を表明したのであって、貢
献するなという意味の事を言っていたわけではない。
(あれはもう何年も前のゴー宣の内容だが、今現在の状況にもピッタシの言葉ですね。)

12 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 22:21 ID:XsVMKx9p
中国だって、敵対するチベット人のみを弾圧し、
チベットの文化や宗教などは保護しているのだが?


13 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 22:43 ID:USSiG9ss
問題意識のない呆けた現代の若者に考えるきっかけを作ってくれた。
これだけでも小林の存在価値は十分にある。
問題は、いつまでも小林から抜けきれないことにある。
チョットだけ勉強して世の中のことが分かってきた近所のお兄ちゃんが、
興奮しながら近所のガキに喋っているようなもの。
実は間違いだらけなんだが、ガキ共は「へぇ、そうなんだー」と聞き入っている。
でも、実は低脳だったお兄ちゃんの思考など、すぐに越えてしまっている人が
ほとんどだったりする。

14 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 23:43 ID:pniIJbUj
>>12 「部分を普遍化する」のも小林論法の一つだろ
    チベットの場合「弾圧」という部分を普遍化してる

15 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 23:50 ID:XsVMKx9p
日本の韓国統治や、イラクのクルド人統治を肯定しつつ、
中国のチベット統治や欧米のアジア統治は、悪と断罪するところとかな。

16 :名無しかましてよかですか?:03/11/25 23:50 ID:xqxez5eT
よしりんはやはり漫画家として評価できる。
要するに知的レベルの低い、漫画しか読めないような連中
(大学生とか)を相手に考えるきっかけを作ったという功績は
でかい。これだけは他の誰もが真似できないし、
そういった底辺の人達の知的レベルを向上させた功績は認めなければならない。
そういう点ではよしりんは天才であり。偉人であることは間違いのないところであるが
思想的に突き抜けたものがあるかとかいうとそうでもないような気がする。
要するに凡人のレベルだと思う。

17 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 00:04 ID:F5hebe1I
>>16 底辺の人達の知的レベルを向上させた功績と言うより
   底辺の人達に知的レベルを向上させた気にさせた功績じゃない?

18 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 01:22 ID:wVDf1oY+
>>12
> 中国だって、敵対するチベット人のみを弾圧し、
> チベットの文化や宗教などは保護しているのだが?

それが本当ならとても良い事です。
あなたのその知識はどこで入手しましたか?
情報源が明らかになると説得力が増します。
web上で見られる物があると便利ですが、ありますか?

私はこのような物しか見付けられませんでした。
ttp://www.tibethouse.jp/culture/buddhism_in_tibet.html

19 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 04:23 ID:0sNu0DfO
中国が敵対的なチベット仏教徒を弾圧するのも、フセインが敵対的なシーア派イスラム教徒を弾圧するのも大差ないと思うが。

20 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 05:11 ID:Tm2BVExS
>>19
チベットは中国の宗教思想と敵対などしてないよ
中国が一方的に侵略・弾圧し始めただけ

イスラム教は宗派・民族・部族などが複雑に絡み合い、敵対視している宗派等もある。

21 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 07:30 ID:2EnNYeAM
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / D  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  D ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  V  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  V |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  D   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  D  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
http://www.pandora.nu/tv/src/img20031125124106.jpg


22 :12:03/11/26 11:07 ID:/lfIDv3O
良いか悪いかを簡単に決めてしまうのがコヴァの悪いくせだな。

中国のチベット侵攻にしても、あの地域に前近代的な軍事的空白地帯があれば
ソ連や米英の干渉を招き、新生中国を危うくする、という、
まさに日本の韓国併合とよく似た時代背景があるわけだし、
宗教と迷信と身分制度に支配されたチベットに、中国が近代化をもたらした、
という面もあるだろ。
その一方で、中国はチベットの文化財を守り、多民族国家・中華人民共和国の一員として
チベットにも代表権を与え、政治への参加を認めている。

だからといって、数々の弾圧の罪が消えるわけではない。
そしてそれは日本の韓国併合と似たようなもの。

ちなみに、北京や上海のような大都市には、チベット人が流れ込み、
いろいろ犯罪に手を染めている。
そのため、「チベット人氏ね」という漢民族も多いという。
そのへんも日本韓国の関係にそっくりだよな。

23 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 11:28 ID:Tm2BVExS
>>22
中国がやっているのは単なる虐殺
何人殺されたのかわかって言っているのでしょうか?
中国の侵略に反対した僧侶達は、片っ端から殺されています
仏像を重りとして足からぶら下げて首を吊らせるなど、到底理解出来ない処刑をされています。
そして、中国伝統の密告制度・報奨金制度で言論の自由は全く有りません。

何か勘違いしているようですが、日本は韓国で虐殺など行っていませんよ
むしろ親日的な人が多かったです(無論、アメリカのイラク占領を支持するイラク人と支持しないイラク人がいるように
反日的な人達もいましたが、極少数であり、それによって処刑される等といった事は有り得ません。むしろ当時弾圧されていたのは国内の共産主義者でした)

24 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 11:37 ID:+6zqrBbi
日本はアイヌを謀議殺戮 民族浄化したんだけど
徳川の時代については無関心なんですね

それらを非難するもんじゃあないけれど
ピュアなこって

25 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 11:46 ID:/lfIDv3O
>>23
そのチベット虐殺の信頼できるソースは?

日本だって、3・1独立運動のときに虐殺をやっている、といわれていることくらい知ってるだろう?

俺が言いたいのは、日本にしろ中国にしろ、100パーセント正しいとか悪いとかいうことはない、
ということだ。
日本の韓国併合にしても、北朝鮮の現体制に比べればはるかに正しかったといえるかもしれないし、
チベットにしても、中国が侵攻しなければ北朝鮮のような独立国になっている可能性は否定できない。

そこまで考えず、「日本は正しく、中国は悪くて残虐」と主張したところで、
チベットのためにはならない。




26 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 11:59 ID:88UZU6GI
>>15
中国のチベット統治を肯定しつつ
日本の韓国統治を悪と断罪する奴よりかは数倍まし。

27 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 12:05 ID:zPdOuPvO
>>26
それは誰のこと?

28 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 13:01 ID:7Gjdj2k7
>>26

このスレではコヴァ以外は中国のチベット政策も日本の朝鮮併合も
フセインのシーア派に対する虐殺も同じ穴のムジナと言ってるだけ
だが?またお得意のシャドーボクシングですか?(プッ

29 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 13:48 ID:6WkUk1Ne
>>27 >>26の脳内常駐してる人だよ

30 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 13:51 ID:6WkUk1Ne
いずれにしろ歴史を善悪で評価する事自体ムダということだね。
善悪は究極的に個人の問題だし、それを規範化すること自体ナンセンス
だから「弾圧」といったところで、それで迫害される人もいれば
それまで迫害されていた人にとっては「解放」になるかもしれない

「日本はアジアの解放者」ではなかったし
「朝鮮民族の弾圧」もなかったし
「共産主義の虐殺」もなかったし
「チベット弾圧」もなかった

ようするに、サヨク系教科書も間違いであると同時に
「作る会」教科書も間違いである、とあえていう

31 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 13:52 ID:/lfIDv3O
>>26
その理屈では、中国人は、沖縄やハワイやクルド人自治区やその他世界の少数民族の独立が認められてからでないと
自分たちのチベット侵略の悪行を反省してはならないことになるのだが、
君には「人の振り見てわが振り直せ」という考え方はないんだろうからな。

32 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 13:59 ID:Tm2BVExS
日本も昔はアイヌ民族討伐などをやっていたがそれ以降は無い・アメリカは昔はインディアンを虐殺、
近年も世界中で侵略を続けている・韓国は事大主義でフラフラしているがベトナムでは虐殺、レイプ
と大量の混血児を残している・中国は昔も今も、言うことを聞かず軍事力の弱い国は片っ端から虐殺
、自国民すら政治争いで大粛清を行っている。
てことか

33 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 14:31 ID:WK+Lrv+k
これはあれだな、たしかなことは、
>>1=>>28は小林の本を読んでないってことだけだ。
ネットで切れ切れの情報を集めただけだろ。
1.フセインは虐殺したかも知れんが、
それも公のないアラブでは仕方のないことだったかも知れん。
と理解を示してるだけで、許すなんて言ってねーだろ、この馬鹿。
2.国際貢献を揶揄したのは、
「国際貢献という美名で思考停止するな」と言ったんだよ、この馬鹿。

お前は本物の馬鹿だな。批判するときはちゃんと読んでからやれ。
でないと、
情報を集めただけじゃ文脈読めずにこんなポカをしでかすんだよ、
この馬鹿タレ。

34 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 14:40 ID:WK+Lrv+k
>>15
>日本の韓国統治や、イラクのクルド人統治を肯定しつつ、
>中国のチベット統治や欧米のアジア統治は、悪と断罪するところとかな。

小林は、韓国統治には良いところがたくさんあったと言っているだけで、
べつに肯定はしていない。
良いことをしたのは確かだし、朝鮮人もそれを大半は喜んで受け入れた。
それは事実だと言ってんだよ。
それを「日本は悪ばかり為した」と言いだした韓国の
言い分を認めるわけにはいかないつってんの。

お前ってほんっと馬鹿なんだな。
ひょっとして中国人なんじゃねーのか?
さすがにチベット虐殺はいくらなんでも糊塗できないよ。
未来永劫、中国人が背負っていかなければならない悪業だよ。
ぜったいに言い抜けられない。覚悟しとくんだね。

35 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 14:53 ID:FK13689T
まあチベット人虐殺は今でも続いているわけで、
ちょっと長過ぎるよな。
突発的に起きた虐殺ではなく、
政治的に、長期的計画的に行なっている民族浄化なわけで、
ホロコーストとおなじものだ。
いまも続いてるってのがちょっとキビシイよな。

36 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 14:55 ID:/lfIDv3O
「よいことはたくさんあった」「朝鮮人もそれを大半は喜んで受け入れた」
と、主張することを、「韓国統治を肯定した」というと思うが?

だいたい、言葉の使い方にこだわり、「小林はそんなことは言っていない」
と義憤を感じる君が、どうして相手に対しては、
誰も主張してもいない「チベット虐殺」「糊塗」などという言葉を持ち出してくるのか。

コヴァが馬鹿にされるのは、そういうダブスタ体質もあるんだよ。覚えておけ。

37 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 14:59 ID:/lfIDv3O
チベット虐殺を問題視し、チベット人を救いたいなら、日本の韓国併合を
「自衛のためだった」「韓国人の大半は喜んでいる」などと主張すべきではない。
同じ方法で中国側に反論の権利を与えてしまうからだ。

コヴァはそこまで考えてないだろ。
単に韓国併合を正当化し、中国を非難したいだけだろ。
そういう暗い欲望のために、チベットを都合よく利用するな。
ダライ・ラマたちに迷惑がかかるだけだ。


38 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 15:04 ID:z7c4KL8p
ボケてんなお前は。
「良いことがたくさんあった 朝鮮人もそれを受け入れた」
というのは、歴史的「事実」として提出しただけだよ。
それに対してどう感じるかは各自に任されている。
だいたい、そんな事実があっても、韓国人は
「日本に屈辱を味わった」と現に言ってんだろ、馬鹿。

あのな、ハッキリいっとくが、
フセインがやったとされる虐殺は、
国をまとめるために仕方なかったかもしれん。
しかし、中国のチベット虐殺は単なる民族浄化だろうが、馬鹿が。
ユルイ頭で混同しちゃ駄目よ、クズ鉄くん。

39 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 15:09 ID:z7c4KL8p
>ダライ・ラマたちに迷惑がかかるだけだ。

でた、弱者の味方!
そうやって弱者を楯にすればなんでも言い逃れられると思うなよ、アホ。
チベット人虐殺を、フセインの虐殺と同じと言い張ってるのはお前だろ。
それこそが中国に利してチベットに迷惑をかけるんだよ。
ホントゆるいな。お前。

40 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 15:10 ID:zPdOuPvO
>>38
>フセインがやったとされる虐殺は、
>国をまとめるために仕方なかったかもしれん。
>しかし、中国のチベット虐殺は単なる民族浄化だろうが、馬鹿が。

アメリカの核は汚い核
ソ連の核はキレイな核

ですか。

41 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 15:15 ID:z7c4KL8p
>>40
ユルイ。お前の脳味噌はユルイ。
お前はチベットの民族浄化の実体を知らなすぎる。
つーか、民族浄化と単なる虐殺の違いもわかってないだろ。
わるいことは言わん。ちゃんと調べてから出直せ。
雰囲気だけで発言するな。
お前はリアル厨房だと読めたからこれ以上責める気になれん。
まさか消防っことないよな。
まあ、がんばって勉強しろよ。

42 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 15:23 ID:sXvalNh+
>>38

国をまとめるためにBC兵器を自国民に使用する政権、人物が
おおよそまともだとは思えないが。

「仕方なかった」の一言でかたずけられるレベルをとっくに
超えてるのではないですか?
私から言わせれば、両方とも、「民族浄化」ですよ。



43 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 15:45 ID:r6wK87pj
チベットの人達は内乱おこしたりテロしたりしてないですよね?無抵抗なのに虐殺されてるんじゃないすか?

44 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 15:48 ID:zPdOuPvO
>>41
オレたちは、べつに「どっちが悪い」ということを決めたい訳じゃないんだな。
0と1しか判断できない脳みその持ち主ではないので。

民族浄化だとか虐殺だとかを非難するのであれば、

1 中国のチベット人虐殺
2 フセインのクルド人虐殺

「どちらも非難する」というのが正しい態度だと思われるわけだが、なぜか
フセインの行為は「仕方ない」と免罪する。それはナゼだね? と聞いている
わけだ。

ここまで書けばわかりやすかろ(w

45 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 16:07 ID:rLQvo+qM
民族浄化=その民族の何パーセント殺せば民族浄化?
虐殺=何パーセント以下が虐殺なんだ?(爆笑)

必死に言葉を使い分けても、やってることは同じだろ。バカ。
ほんとメタルバカだな。こいつ。

46 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 16:10 ID:9YtdA2HR
東北から集団就職で東京にやってきた中卒者たちが、今になって
「あれは東京の強制連行だった、都庁は賠償すろ!」と言って石原の板人形を焼き、
「東京都民は反省すろ!」と言ってあることないことケチをつけては「謝罪と賠償」、
「選挙権をよごさねのはとうほぐ差別だ」と言いつつ「住民票は実家のまま変える気はね」、
戦前、不作のときに親に吉原や玉ノ井へ売られた婆さまらが、
「慰安婦にされだ、東京は謝罪と賠償」と泣きわめいて寝っ転がり、
学校では「アテルイが鎌倉幕府を開ぎ、伊達政宗が江戸幕府を開いた、
明治維新は東北起源、東京は歴史捏造を止めろ」と教え、
そして修学旅行で仙台や盛岡にやってきた都内の生徒らに土下座させる地元民、

という状況がもしあったら、と想定すると、在日の主張の異常性が判る。

47 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 16:10 ID:r6wK87pj
うん 納得した。中国にも爆撃を!

48 :集団就職で東京にやってきた中卒者>中国:03/11/26 17:34 ID:YyJfLWst
ドナルド・キーン氏
実は昨年、中国で三島由紀夫選集全十巻が出された。中には「憂国」も入っている。
http://cgi.din.or.jp/~yossiy/cgi-bin/umeboard10.cgi?task=view&mnum=93
http://www.across.or.jp/necizen/essay/e1998/03091.html
森田必勝は右翼学生組織・日学同(日本学生同盟)の幹部だった。
43年に出来た下部組織「全日本国防学生会議」の議長だった。
『新右翼・民族派の歴史と現在、新増補版』で森田と親しかった鈴木邦男は言う。
「、、日学同の粛清の歴史はすごかった。「楯の会」に走った人間も、みな除名処分で、
森田必勝などは「共産主義者に魂を売った。」という理由で除名処分にし、
そのことを「日本学生新聞」にデカデカと載せていた。
日学同を裏切る人間は即、敵(共産主義者)を利するものであるという理屈だった。
、、、日学同は、、昔のことに頬かむりして、三島事件に便乗した。
、、森田の日記まで出版しさらに、毎年三島、森田を追悼する「憂国忌」までやっている。
これでは「楯の会」ならずとも激怒するのは当然である。

「林さんはもう駄目です。」
「え?」
「もうだめです。あの人、右と左の両方から金をもらっちゃった。」
林とは勿論、右翼の論客・林房雄である。
1970年・昭和45年の9月のある日、場所は銀座「浜作」
呼ばれて駆け付けた毎日新聞徳岡孝夫は『五衰の人』のなかで書いている。
「、、それまで私が見たことのない、世間の人が三島に想像したこともない、
投げ遣りな姿と言葉遣いだった。、、(林房雄に対する怒りは)執拗であった。
普段そんなに飲まない人が、少し自暴自棄に酔っていた。」


49 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 17:36 ID:/lfIDv3O
中国政府に言わせれば、チベットで「弾圧」されているのは、
海外から支援を受けてチベットの治安を乱そうとする一部の過激派であり、
大多数のチベット人は、中華人民共和国チベット自治区の国民として、
他の漢民族と平等の権利を享受している、というだろう。
解放によって、チベットにも学校や病院ができ、農奴は解放されたのだ、
一部の旧特権階級をのぞくチベット人は解放を歓迎している、ともいうだろう。
政治に干渉しない限り、チベット人の信仰の自由は保障され、チベット文字は中華人民共和国政府の紙幣にも使われている
これのどこが民族浄化なのだ、ともいうだろう。

>>38

50 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 18:30 ID:cZIzxAew
中国政府に言わせれば、自分たちは良いことをやっているんだそうだ

51 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 19:52 ID:6WkUk1Ne
価値観が違うから裁けないんだよw

52 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 20:16 ID:NAiHObRh
>>49
事実と捏造の違いは分かるか?

53 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 20:33 ID:uD9aWOg0
>>44
どちらも非難されるべきだと思うが。(殺人だからねえ)
1 中国のチベット人虐殺
  国際的に公になっていない。今も続いている。
2 フセインのクルド人虐殺
  国際的に非難されていた。フセインはトンズら。

この点は考慮すべき。
>フセインの行為は「仕方ない」と免罪する。それはナゼだね?
漏れは>>41じゃないが、
力関係だろう。互角とはいわなくても対立関係にあったクルド人と
圧倒的支配者の中共とは同じに出来ない。


54 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 20:49 ID:zPdOuPvO
>>53
「対立関係にあれば」「虐殺してもかまわない」
ということにはならんだろ。

55 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 20:57 ID:/lfIDv3O
>>52
君にはわかるのか?

56 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 22:43 ID:uD9aWOg0
>>54
「対立関係にあれば」「虐殺してもかまわない」
なんて言ってない。
「圧倒的支配者の中共とは同じに出来ない」と言っただけ。
対立の中に悲劇が生じる事は歴史が物語っている。
「仕方ない=かまわない」ではない。
「仕方ない=因果」かな。
仕方ないって言い方でも感情の込め方で意味が違うだろう。
漏れは小林がイラク独裁で仕方ないと言う言い方をするのは
悲しさだと思っている。
「イラクには悲しさを、中共には怒りを」だ。

57 :名無しかましてよかですか?:03/11/26 23:26 ID:/lfIDv3O
いろいろ理屈を並べているが、結局、
「イラクの独裁はやむを得ない独裁だが、中国の独裁は許せない独裁だ」、と
言いたいんだろう?

58 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 00:02 ID:U6zYQwG5
ということで「ゴーマニズム」=屁理屈という結論で
綺麗にまとまりました。(パチパチ

59 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 01:39 ID:d20PaI4D
>>56
虐殺が否定されるべきは「被害者の立場から考えた上で」であろう。
ここで「加害者側」の立場を忖度したところで、被害者側はまったく
浮かばれない。

抵抗したら、即殺されても仕方がないという野蛮な理屈が通る世の
中ではない以上、そういった前近代的な体制は等しく否定されて
しかるべきだろうよ。

>「イラクには悲しさを、中共には怒りを」だ。

小林は中国やアメリカに対して倫理を問うた。そんな理屈では、
イラクの行為を免罪する理由にはならんよ。


60 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 11:12 ID:dH9uhAo9
>仕方ないって言い方でも感情の込め方で意味が違うだろう。
ぎゃははは
こうやって最後には微妙な言葉のニュアンスの問題にすりかえる。
終わってるなこのバカは。

61 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 11:16 ID:abyBtBcm
しょせん、漫画なんだよね。


62 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 14:06 ID:toTRY9G4
>>57
なんかどこぞの「某国の核はきれいな核」を思い出すな。
結局は似たもの同士ってわけか

63 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 17:20 ID:qVU6Xve/
きれいな核の意味が間違ってないか?
放射能を大量に放出する核と、そうでない核のことだぞ。

64 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 19:13 ID:WVOIWX6d
結局はさ、小林は善悪二元論でしか物事を考えられないから、
アメリカを批判するために、どうしてもフセインを善玉に仕立て上げなければならなくなっちゃって、
あんな事書いちゃったんじゃないの?
一番悪いのは、小林の思考回路だよ。そしてここで小林を擁護している奴も、実は
小林の被害者なんだよ・・・絶対に自覚しないだろうけどな。

65 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 19:27 ID:66pQcP/e
フセインは、国内を統治するために虐殺も行なった。
中国は、チベットという国に侵略し、不当に支配しつつ、
民族浄化を行なっている。

何パーセントが民族浄化だ? と、>>45が白痴みたいな質問してるけど、
そんなもん100パーセントに決まってんだろ。
民族をゼロにするのが「民族浄化」なんだよ。
そんなことも知らんのか……。

66 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 19:31 ID:llOHzhI6
それじゃ、中国は民族浄化などやっていない、という結論になるのだが、大丈夫か?


67 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 19:38 ID:S84Auz+V
どこをどう読めばそういう結論になるのだろうか。

68 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 19:44 ID:66pQcP/e
>>66
民族浄化をやってるよ。
彼らはチベット民族を100パーセント根絶やしにしたいんだから。
民族浄化じゃないという根拠は何なんだ?

69 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 19:49 ID:llOHzhI6
「彼ら」が誰のことで、「彼らの願望」がなぜ「チベット民族の絶滅」と断定できるのかわからないが、
それならフセインはクルド人の民族浄化をやっていたことになるし、
日本もかつて朝鮮人の民族浄化をやろうとした、といわれても仕方ないと思うが。

70 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 19:56 ID:66pQcP/e
フセインはクルド人を根絶やしにしたかったワケねーじゃん。
何が民族浄化だよ。

日本が朝鮮人の民族浄化をやろうとした?
なんだそりゃ??
いったいお前は何のことを言ってるんだ????

71 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:04 ID:p10rdL8h
中国もべつにチベット人を絶滅などさせていないしそんな荒唐無稽なことやろうともしていないが・・・
フセインはむしろ国内のクルド人を全滅させかねない勢いで大量殺戮を行っているのだが・・・
君らの脳内設定は現実とは違うぞ。

72 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:05 ID:66pQcP/e
まあリア厨なんだろうが、

そうでないとすれば、
この知識の馬鹿さ加減と偏り方を見るかぎり、
>>1はひょっとするとアメリカ人かもしれんな。

73 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:12 ID:dwQTtSHH
中国人医師によって奇妙な手術を受けたという報告が数多くある。
いずれもその手術の後は性的欲望が一切無くなった。
断酒の手術とみられる。
乳児から15才位までの数千人の子供が
親元から引き離され中国に連れ去れてひとりも帰ってこなかった。
中国政府はチベット移住を奨励し、
囚人もチベットに移住するなら釈放された。
いまではチベット人が600万人、中国人が750万人と、
人口が逆転し混血も進められている。

74 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:13 ID:llOHzhI6
>>70
チベット語は中国の紙幣に描かれているが、占領時代の日本で紙幣や公文書にハングルが使われたという事実はない。
チベットのポタラ宮は保存されているが、韓国の景福宮などは破壊もしくは大きな現状変更をされた。
チベットの活仏は継続しているが、李朝の王位継承者は日本支配時代に断絶した。



75 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:14 ID:gKD//J5d
小林信者のバカさ加減を観察するスレですねw

76 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:15 ID:llOHzhI6
>>73
それが事実だとすれば、まさにかつて日本が北海道のアイヌ民族相手に行った蛮行の再現だな。

77 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:20 ID:dwQTtSHH
>>74
チベット語が中国の紙幣に書かれているから何なんなんだ?
そんなもの、チベットが中国領だってことを公然の事実にしたいだけだろ。
いっとくが、中国はチベット国を不当に侵略・占拠してるんだからな。
そこんとこわすれるなよ。

それと、占領時代の日本って何?

78 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:21 ID:dwQTtSHH
あ〜、なんだこのスレって馬鹿が立てたスレか。


79 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:26 ID:tKE4r30a
>71はチベット人虐殺も知らなければチェチェンの虐殺も知らんのだろう。
能天気な奴だ。

>75
75のヴァカさ加減を監察するスレ の間違いだろ。

>78
今頃気付いたのか…

80 :名無しかましてよかですか?:03/11/27 20:46 ID:llOHzhI6
>>79
そういう君はフセインのクルド人虐殺を知らないとか。

81 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 01:29 ID:vrnYPh49
共産主義は建前上少数民族の味方だから虐殺してでも従わせるって事はあっても
民族浄化はもちろん自治権を取り上げる事も出来ない。
むしろ近年では少数民族に観光価値が出てきたので積極的に存在を認めている。
紙幣や切手に少数民族を載せるのもまた国家としてその民族の存在を認めて
いる事を公に明らかにしている。存在を認めると言う事は民族浄化は有得ない。
そして、中国の異民族統治政策は王朝時代から基本的には変わらず、
従うものには法や税制の面で優遇し反抗するものは徹底討伐というやり方。
民族浄化とは最初から目的も実行内容も違う。

フセインの場合は、不安定要素であるクルド人の存在をはじめから認めていないので、
領土外に追い出すか皆殺しにするしかない。
戦前日本の場合は、支配地の住民を日本人にしてしまおうという同化政策。
教育を使った民族浄化と言う事が出来る。2000円札が出るまで少数民族やその民族を
代表する文化物が使われていないことは、それまで少数民族の存在を認めていなかった
事を意味する。
少数民族の存在を認めず、彼等の言葉を禁じ、日本語と日本の教育を強制した事は、
まさに日本が教育による民族浄化を実行していた事の証明であろう。

82 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 02:05 ID:kjUqA+J6
やたら中国を美化して持ち上げてる人間は、どう見てもコーマニズム宣言を読んでない。
ゴーマニズム宣言を読んでいない→なのに何故かこの板をチェックしている→プロ市民

チベットが北朝鮮みたいになる可能性があったかもしれないとか言ってる奴がいるけど、
北朝鮮がミサイルに燃料を充填しているのを衛星で発見→日本が先制攻撃で爆撃
そうなっても日本には理解を示さないだろ?
プロ市民は「中国は良い国、日本は悪い国」と信じ込んじゃってるから、
明らかに矛盾していてもやたらと中国を正当化しようとする傾向がある。


83 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 02:48 ID:vrnYPh49
だれも中国が良い国などと言ってもいないのに勝手に脳内判定する香具師は
どうなんだろう?

>ゴーマニズム宣言を読んでいない→なのに何故かこの板をチェックしている→プロ市民
こんな絵に描いたような簡潔な思考回路を持ったお方には
 「中国のやってるのは民族浄化ではないよ」=「中国は良い国」
になるのかな?

少なくとも漏れは民族政策の根本的な発想の違いを指摘した上で中国の
やっているのは極悪非道な虐殺でも民族浄化ではなく、
日本のやったのは武器を持って殺しているわけではないが民族浄化である
と言ったのであって、
中国良い国日本悪い国などというのはその主旨からかけ離れている。

84 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 03:31 ID:kjUqA+J6
朝鮮人を殺しもしない、文化財の保存もする、文化の継承も行わせる
おもしろい民族浄化ですね。

100%殺してしまうというのが最も単純な民族浄化でしょうが、宗教を奪い
文化の保護を積極的にやらず、刑務所に収容されている人間でもチベットに住むならば釈放する、
といったことをしてゆけば、混血も進み文化も退廃し、すっかり中国の一部になってしまうでしょう。

日本が朝鮮を併合したのは、あくまで朝鮮政府の希望である。
併合反対派の伊藤博文が朝鮮人に暗殺されたように、併合を望んだのは朝鮮の人々である。
朝鮮を併合せずとも軍事協定をシッカリさせれば、必ずしも併合する必要は無かった。
創始改名にしても同様である。

「事大主義」という言葉を知ったほうが良いと思う。

85 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 05:14 ID:d270BuNz
>83
スレと関係無いけど、民族浄化という言葉に
同化と強制移住も含まれるってことをさっき辞書で知った。

日本では大量虐殺とイコールでとらえられがちだね(私だけか)

86 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 09:45 ID:nx77A5YC
雰囲気で上に立とうと必死なz7c4KL8pが面白いスレでした。

87 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 10:54 ID:6DwCQ683
最近見られる、小林信者の逃げ口上

中国=民族浄化だから許せない
フセイン=民族浄化ではなくて虐殺だから許せる。

ぎゃはははは
なんつぅ屁理屈だろう。
ゴーマニズム宣言=見苦しい屁理屈宣言 が証明されますた。

88 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 11:50 ID:Wh4i3cDv
>>81
>フセインの場合は、不安定要素であるクルド人の存在をはじめから認めていないので、
>領土外に追い出すか皆殺しにするしかない。

では、なぜ今イラクにクルド人がいるのだろうな?
領土外に追い出すか皆殺しにするしかないはずなのに。

89 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 12:11 ID:VfuUJDxL
>>88
フセインがいないからでしょう。

で、フセインがいたころは、皆殺しにするまでの時間がなかったからかも
しれませんな。

で、いつまで「フセインの虐殺は仕方がなかった」と主張するのでありますか?

90 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 12:19 ID:Wh4i3cDv
>>89
時間がない?
フセインが大統領に就任したのは1979年なんだがな。

で、なぜ今イラクにクルド人がいるんだ?
領土外に追い出すか皆殺しにするしかないはずなのに。

91 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 12:41 ID:VfuUJDxL
>>90
>フセインが大統領に就任したのは1979年なんだがな。

たぶん、米軍がベトナム戦争で北軍を掃討できなかったことと同じ理由
だと思われますが。疑問に思うなら、フセイン閣下、および軍事顧問等に
聞いてみてはいかが?

で、いつまで「フセインの虐殺は仕方がなかった」と主張するのでありますか?

92 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 13:12 ID:x7SMsGHV
>>84
>併合反対派の伊藤博文が朝鮮人に暗殺されたように、併合を望んだのは朝鮮の人々である。
おいおい、安重根の供述した暗殺理由は 閔妃殺害(当時伊藤は第二次内閣首班)、第二次韓日条約
(1905、全権大使)、第三次韓日条約(1907、全権大使)、ハーグ密使事件による高宗退位(統監)、
韓国統監としての伊藤の施策、などだよ。併合促進のためだなんて一言も語ってない。
また、確かに伊藤は併合には反対していたが、朝鮮独立を支持していた訳でも無い。朝鮮の日本支配を
促進して来た履歴と、韓国統監と言う支配体制のトップにいたから狙われたんだよ。
でたらめ言うのもほどほどにしておけよな。

93 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 16:03 ID:Hp0A/n7K
クルド人は強固なイスラム主義者だから、
国境というものを認めていないんだよ。

イスラムの土地は全部神のもの、
つまりわれわれイスラム教徒全部のものと考えてるわけだ。
そんな神の土地を、人間の都合で国境を決めるとは何事だと。
そんな主張をしているのがクルド人なんだよ。
当然クルド人はアラブ全土に散っている。
イラクにいるぶんを殺したって、クルド人絶滅には程遠い。
よってフセインによるクルド人虐殺なんて、
民族浄化のはずがないないんだよ。
だってフセインの力がおよぶのはイラク国内であって、
クルド人は各国にまたがって分布してるんだからさ。
そんなことも知らん>>1に乾杯。


94 :名無しかましてよかですか?:03/11/28 16:49 ID:TvjI8QZn
>>92
しょせんそこいらの嫌韓厨の知識なんてそんなもんだろ。
中にはそんな与太知識に感心して、洗脳されちまうアフォもいるがな。

95 :84:03/11/28 23:49 ID:xE++0Kj2
>>92
確かに安重根はそういったかもしれませんが、
単なる一テロリストの言った事なのだから大した問題ではないでしょう。

問題は結果的には韓国併合がなされた事、その一点です。
どのような虚飾に塗れた言い訳を考えたとしても、現実に韓国が併合されたのですから
これは、朝鮮に人々が望んだ結果だと考えるのが最も自然な結論でしょう。
そして、伊藤博文暗殺も結果的には韓国併合に対して重要なファクターとなったのだから
この事件は、韓国併合のために起こされた事件だといえるのです。

96 :名無しかましてよかですか?:03/11/29 05:38 ID:LrqWIgnJ
中国の場合は、不安定要素であるチベット人の存在をはじめから認めていないので、
領土外に追い出すか皆殺しにするしかない。

97 :名無しかましてよかですか?:03/11/29 08:59 ID:ZjGYe7JY
>>95
おいおい、
>併合反対派の伊藤博文が朝鮮人に暗殺されたように、併合を望んだのは朝鮮の人々である。

と、伊藤博文の暗殺理由は、併合に反対したから、みたいな事を言っておいて、
暗殺した安重根の供述は

>単なる一テロリストの言った事なのだから大した問題ではないでしょう。

って無視するのか?

>そして、伊藤博文暗殺も結果的には韓国併合に対して重要なファクターとなったのだから
>この事件は、韓国併合のために起こされた事件だといえるのです

いえねーよ。アホか。例えば、伊藤博文が女とヤッてる時に腹上死したとして、その死によって
韓国併合が推進された場合、その腹上死はは韓国併合のために起こされたって言えるのか?

98 :名無しかましてよかですか?:03/11/29 09:53 ID:NJtcJtYn
まあ、コヴァの論理って、いつもそんな感じだからな(w

同様の理屈で言ったら、

太平洋戦争はアジアの国々に謝罪と賠償をするために起こされた戦争だし、

神戸の児童殺害は少年法見直しのために起こされた殺人だな。

99 :名無しかましてよかですか?:03/11/29 12:00 ID:oZpHFubm
>>90
それじゃ、中国がチベットに侵攻したのは、いつだっけ?
人口でも武力でも圧倒的に勝る中国がその気になって民族浄化に取り掛かれば、
今頃チベット民族は絶滅し、ポタラ宮は影も形も無いと思うのだが。


100 :名無しかましてよかですか?:03/11/29 12:59 ID:aFO5lNX6
[領土外に追い出すか皆殺しにするしかないはず]

この言葉がいかに無責任かがよくわかりました

101 :84:03/11/29 14:31 ID:55nWmbOS
>>97
言える訳ないでしょう。
この場合いっているのは、行われた行動が「具体的行動」であるかどうかです。
そんな事故みたいなことが起こったからといって、併合に賛成したとはいえません。
暗殺事件の場合「韓国の人々が自分から」起こして、なおかつ「結果的に併合の一助に」なったから
韓国の人々が望んで起こした暗殺事件だといえるのです。
これはあくまで、巨視的な見方から見た場合の物であって、この価値観からすれば、
安重根一人の意見など考慮する必要などないのです。

102 :名無しかましてよかですか?:03/11/29 15:31 ID:rAQ8fOWc
>>101
すげえ屁理屈。初めて聞いたぞ、そんな基地外のような理屈。
暗殺者当人の動機なんてどうでもいいって言う訳だろ?

>暗殺事件の場合「韓国の人々が自分から」起こして、なおかつ「結果的に併合の一助に」なったから
>韓国の人々が望んで起こした暗殺事件だといえるのです。

・・・・馬鹿?
サラエボ事件は第1次世界大戦を望んだ人々が起こした暗殺事件だったか。
同時多発テロはフセイン政権打破のために起こされたテロだったか。
伊藤博文暗殺事件は併合促進のために起こされた暗殺事件だったか。
これらは犯人の動機から判断するしかない。

安重根が併合なんて望んでなかったとすれば、結果としての併合は
単なる予期せぬ結果に過ぎない。
屁理屈もいい加減にしろ。>>84

・・・・っていうかこりゃマジで気違いだな。

103 :84:03/11/29 16:21 ID:IhCWGJQE
>>102
全く違います。もっと常識で考えてみてください。
結果至上主義で考えれば伊藤博文暗殺は、間違いなく韓国併合のための「韓国の人々の意思」
であると考えれられます。
あなたが挙げた例と伊藤暗殺の決定的な違いは、その行為が行われた国の人々が、「その行為を望んでいたかどう」かです。
当時の人々に事情も考えずに、軽率な答えを出すのは余りにもずさんです。まず
「人々が何をの望み」「何を考えていたのか」を考えない限り正しい答えとは言えないえないでしょう。

それと他人の事をそのように罵倒するのは、あなた自身が冷静ではいられなくなっているのではありませんか?

104 :102:03/11/29 17:17 ID:TqES5SVu
>>103
っていうと何か?
当時の朝鮮人の一般大衆は日本への併合を望み、それを邪魔している(と思われる)
伊藤博文の死を望んでいたと言いたいのか?
その希望通りに「偶然」安重根が伊藤博文を暗殺してくれたから、

>伊藤博文暗殺は、間違いなく韓国併合のための「韓国の人々の意思」

だと言うのか?
だとすれば

・朝鮮の一般大衆の大多数が日本との併合を望んでいたという資料と、
・「伊藤博文がそれを妨害している」と朝鮮の一般大衆が受け止めていたという資料と、
・「合併促進の理由から」朝鮮の一般大衆が伊藤博文の死を望んでいたという資料、

以上の3点の資料を用意すべきだな。
でないと、当時の朝鮮の一般大衆の意見を「勝手に」代弁するお前の意見は、
「朝鮮の一般大衆はこう思っていたに違いない」という身勝手な思い込みの域を抜け得ない。

あるいは、お前の勝手な妄想というべきか。

105 :名無しかましてよかですか?:03/11/29 21:29 ID:XrPy9ov6
シナとフセインは、まず虐殺した数からして違うわな。

106 :名無し三等兵:03/11/30 10:48 ID:kkJzBJdr
つまり、101の理論によると、『大日本帝国は米国様に占領していただく為に対米戦争を
仕掛けた』と言える訳だな。結果至上主義とやらで。w


107 :名無しかましてよかですか?:03/12/02 01:01 ID:MjTD34xA
ギャグ漫画だけで日本史を学びたいのなら

せめて、みなもと太郎の「風雲児達」で勉強してください

108 :とおりすがりですが。:03/12/02 23:01 ID:H6wWtkgG
結果的に、朝鮮は(シナやロシアではなく)日本に統治されて良かった。
・・・結果を見ると搾取されたのは日本!
台湾のように黒字になることもなく、、、(涙
もう迷惑だし、かかわりたくないけど、となりだからねぇ。
未だに、迷惑かけられっぱなし!

109 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 00:18 ID:4uHVNvsK
これはたんなる質問なんだが、
>>1はゴー宣を読んで言ってるのか?

110 :ライオン丸:03/12/05 02:57 ID:sAhzi5U4
話がこんがらがってきたぁ。 えーと、小林の本を読むと、中国にもイラクにも、その統治の仕方には理解する、と書いてますな。

111 :ライオン丸:03/12/05 03:11 ID:sAhzi5U4
ここからは事実で。 イラクは部族同志の対立が激しく、強力な武力を持ったフセインがなんとかまとめていた。 中国のチベット弾圧は常識だが、中国が常任理事国なので問題にされない。最たる理由はチベットを助けても、誰も得しない為。

112 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 03:14 ID:EW7Dq0wv
「正義を国益にしろ!」と小林は主張していたが、
正義など存在せんよ。アメリカが悪で国連・イラクが正義だと
思いたいなら思うがいいがね。

113 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 03:27 ID:n9y5FTci
日本の正義はなんですか
見つけにくいものですか

114 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 06:03 ID:PoNOY+xV
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/download/1070571097/l50

115 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 02:05 ID:E3jycUv0
>>112
>アメリカが悪で国連・イラクが正義だと思いたいなら思うがいいがね。

小林はそんな糞みたいなこと言ってないだろ。馬鹿だな。

116 :在日 ◆CHON37nqoY :03/12/06 02:44 ID:z2y1caAH
小林よしのりは、なにより声が気持ち悪い。
「地上の星」ヒットの原因についての無知からくる誤解を
根拠に堂々と持論を展開する事にも現れてるように、
わかっている人間からしたら「無知から来る誤解」でしかない
事をとうとうと毎回述べている。
庶民だの国民だの言ってくせに自分は新幹線以外の電車に絶対乗らない
世間知らず。
まぁあげればキリ無いけど小林のファンなんてのは頭悪いけど
知識階層ぶりたいおこちゃまばっかなんだろーな。
しかもそんな読者(奴隷)をすばらしいと自作の中で褒めちぎる
小林。。。キモすぎるぞ

117 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 20:30 ID:z4t2GWOq
『台湾論』p52では「そんなことを言うなら地元への利益誘導を訴えて地方で圧倒的に強い
自民党の思うツボじゃないか!」といって自民党の地方への利益誘導型政治を批判していたのに、

「わしズム」5号の古賀誠との対談では「『地元の利益を代表する』とか『地元への利権誘導』といった
政治家の姿勢自体、何が悪いんだと思っとるわけです。」と利権誘導を容認する小林。


118 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 20:33 ID:u/jDcWn0
>117
おお、なんか久しぶりに24人のコヴァャιよしのりを見た気分

119 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 20:53 ID:S2eiqVdd
>>117
結局小林も自民党の御用言論人にすぎなかったってわけね。

120 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 03:04 ID:VAXBBKU4
>>117
台湾論の52ページのその箇所は、
「もっと庶民の生活に身近なことを訴えなければ」と言うだけの
サヨク評論家に突っ込んでいるのであって、
自民党を批判しているのではないんだよ。
「サヨクは庶民に優しげな言辞を取っているつもりだろうけど、
結果は自民党に有利になっているだけではないか」と、
サヨクの馬鹿さ加減を揶揄してるんだよ。


121 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 04:06 ID:jblsv5r+
おいおい1よ。
昔言ってた事と矛盾してても小林自信考え方が変わったと認めてるんだからいいんだよ。


122 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 05:32 ID:zfkmV/EG
自分もそうだけど何年も生きてれば人の考えは変わるもの。
矛盾が一切ない人間の方が気持ち悪い。



123 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 05:38 ID:M6j6mCJE
>>122

それが許されるのは「若いうち」だけだと思うけど…
普通、言論人が考えを180度変えたら「謝る」もんなんじゃ…
読者をアジッて引っ張ってきた人は特に…


124 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 10:07 ID:xH8xPPX6
>>123
『わしズム』最新号でも部落解放同盟の糾弾で自殺者が出たことを知らなかった
と謝罪してるよ。

125 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 10:20 ID:VFsDzgEm
そのうち太平洋戦争もアジア諸国から見れば侵略でしたと謝罪するよ。


126 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 10:57 ID:c6IbOtEr
近日中に、反米を軸にオウムと手打ちして上祐がわしズムで連載を持つよ。

127 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 11:52 ID:fYNIQQo0
そのうち「わしの反米は単なる脱脂粉乳への恨みでした」とアメリカに謝罪するよ。

128 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 22:37 ID:NYErCW0W
『旧ゴー宣』の第一章で、「人間は矛盾があっていいのだ」って書いてるしね。
最初から確信犯だったのね。

129 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 22:45 ID:I7saH2sz
つまり、ゴー宣は小林の人生を掛けた壮大なギャグマンガだったという事ですね。

130 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 22:51 ID:ITY0pKWe
>123
 相対的にみて他の言論人よりも小林には一貫性があると思う
がね。オレは。

131 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 22:54 ID:FycEeSIG
>>128
「旧ゴー宣」のその箇所は「感情」において人間は複雑で矛盾を持って
いるという意味で、「論理」に矛盾があっていいという意味ではないのでは?


132 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 23:03 ID:r5A26t/w
>>131
矛盾があるものは、一般的には「論理」とは言われません。
また、説得力にも欠けます。

133 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 23:21 ID:AQXdiHBU
全ての矛盾が説明できる仮説を発見しますた






「小林はバカ」

134 :名無しかましてよかですか?:03/12/10 00:35 ID:t0vK+bnz
なるほど、バカだから小林は矛盾だらけなのか

135 :名無しかましてよかですか?:03/12/10 00:41 ID:a6zpUk3s
http://profiles.yahoo.co.jp/moekosanjp

136 :名無しかましてよかですか?:03/12/10 19:33 ID:jWz7wQN7
>>133
なるほどw

137 :名無しかましてよかですか?:03/12/11 17:20 ID:KzXaKr3y
国際貢献については幻冬社から出てるゴー宣の単行本に反省文が載ってるよ
西部に謝ってるし

138 :名無しかましてよかですか?:03/12/11 19:12 ID:XtqNTImA
>>120
> >>117
> 台湾論の52ページのその箇所は、
> 「もっと庶民の生活に身近なことを訴えなければ」と言うだけの
> サヨク評論家に突っ込んでいるのであって、
> 自民党を批判しているのではないんだよ。
> 「サヨクは庶民に優しげな言辞を取っているつもりだろうけど、
> 結果は自民党に有利になっているだけではないか」と、
> サヨクの馬鹿さ加減を揶揄してるんだよ。

結局117は言葉の切り取りを行ってたわけね。
おい117、おまえ恥ずかしくないのか?

139 :名無しかましてよかですか?:03/12/13 10:01 ID:R+QhkG5b
小林先生が自ら描いているとおり、若者に支持者が多いそうですから、


渋谷あたりでドカーンと


     ゲ リ ラ 街 頭 演 説



でもしてほしいね。




ホントに若者は聞くかな?先生のお話を。

140 :名無しかましてよかですか?:03/12/13 10:19 ID:aFTe2cxL
>>1
自分でも認めちゃってますけど。
既に。
他民族虐殺については立場が変われば親米ホシュや左翼も同じだと思います。


141 :名無しかましてよかですか?:03/12/15 19:57 ID:W1zb/iC0
よしのり君は朝生で「自衛隊は非武装で派遣されるべきだ!非武装ならば攻撃されない!」と
ド井たか子のような妄言を乱発してたわけでございますが



142 :名無しかましてよかですか?:03/12/16 13:38 ID:mP0jCSww
読んでる内にばからしくなってきた。

143 :名無しかましてよかですか?:03/12/16 17:11 ID:3EdHnpNY
>>141
逆に武装する必要性について問いたい?

144 :名無しかましてよかですか?:03/12/16 17:18 ID:UkSVlI74
非武装でも、外交官は射殺された。
非武装で派遣されようと、自衛隊は狙われる。


145 :名無しかましてよかですか?:03/12/16 17:58 ID:qbdF/PxF
>>141
その発言、本当?
私の記憶では軽武装で行くべきだったような気がする。

146 :名無しかましてよかですか?:03/12/16 20:19 ID:Xe/RFPGC
>>141
メスで武装すればいい

147 :気付き@幸せ掴む:03/12/16 20:26 ID:toJt6BwJ
IPネットでは匿名性から人々の強い欲望を始め、不平不満、嫉妬、怒り、恨み、憎しみ、争いから
荒らし、誹謗中傷などが顕に表現されて言葉と意識の波動が乱れ汚れて、暗黒で邪悪な思考や想念
が渦巻いています。これでは幸せを願いつつも知らずに不運や災難を呼び寄せていると言える。
だから、彼らに真理のメッセージを伝えて正しい言葉や思考から意識を高め、光明な思考や愛念で
邪悪な思考や想念波動を払い浄め、各自の運命を改善し様々な危機や災いから逃れ幸せを掴もう。
この件に関する出典の説明があるHP⇒モに注目。ttp://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/

148 :名無しかましてよかですか?:03/12/16 21:53 ID:j83CNVoP
マルコポーロ・1995年2月号「ナチ『ガス室』はなかった」全文
     ↓
http://www.nsjap.com/marco/marco1.html

149 :子林:03/12/17 10:51 ID:fe/gajCN
あのさあ君達・・・
フィクションなんだから、あんまりツッコまないでよ(涙

150 :名無しかましてよかですか?:03/12/18 00:25 ID:LOmQ2g/z
>>148
よしりんは、これについては、どう言う立場を取っているの?

151 :名無しかましてよかですか?:03/12/18 22:57 ID:bo3k7hKS
>>150

ガス室はあった派じゃなかったか?
しかし小林もあまいな

152 :名無しかましてよかですか?:03/12/19 12:42 ID:TJjDmX61
ガス室はあったに決まってんだろ。
「ガス室なかった派」の論点は、この1点だろ

「ナチスはユダヤ人を強制収容所に収容した後、
ソ連に売り飛ばす気だった。だから殺すなんてありえない」

いったい、
そんなものを誰が信じるんだ? バカも休み休み言えよ。


153 :名無しかましてよかですか?:03/12/20 08:33 ID:0clMWoBy
>>152
いわゆるリビジョニストの論点は
「ユダヤ人絶滅計画の証拠は何もない」

154 :名無しかましてよかですか?:03/12/20 08:44 ID:IeCDM8CU
よしりんの論点は

「こののどかな風景は何だろう?」

155 :名無しかましてよかですか?:03/12/22 19:55 ID:o0521lEY
小林ってホロコースト否定論者のトンデモぶりを批判する文脈の中で
「南京大虐殺もあったの!」って言い切ってたのをはっきり覚えてるんだけど、
覚えてる人いる?
この部分は、本では当然削除されてるんだろうな。


156 :名無しかましてよかですか?:03/12/22 20:14 ID:TwPkavYO
コヴァうざい!氏ね!

157 :名無しかましてよかですか?:03/12/24 23:24 ID:hTQxG3ni
>>155
嘘つけバカ。
そんなのスパ連載分から1回もないね。
なんでそんなすぐわかるウソつくんだ?

158 :名無しかましてよかですか?:03/12/25 00:07 ID:4gXPsiyz
>>155
旧の8、9巻に「ホロコースト」関係描いてたが、
そこにはそげな記述は無かったよ。
勘違いじゃないか?

159 :名無しかましてよかですか?:03/12/25 00:27 ID:4gXPsiyz
>>1
 文庫版のゴー宣には現在との見解の違いとかを、
「謙虚かましてよかですか?」で書いてたりするよ。
一度読んでみ。

160 :名無しかましてよかですか?:03/12/25 12:42 ID:XsVMKx9p
>>155
俺も読んだ覚えがある。

現場でその時代を体験した人間が訴える被害証言を
遠く離れた場所で書物を読んだに過ぎない人間が「うそつき」と決め付けることの
危うさ、無神経さを戒めるようなニュアンスで、
後の宅八郎批判につながるないようだったな。

161 :名無しかましてよかですか?:03/12/25 16:30 ID:4gXPsiyz
>>160
何巻?

162 :名無しかましてよかですか?:03/12/26 01:10 ID:0TDnvsvH
>>155>>160
それはアレだよ、
南京虐殺じゃなくて、オウムに絡めたやつだよ。

「西岡氏は悪い人じゃないがホロコーストはあったの!
 麻原は悪い人でサリンで無差別テロをしたの!」

ってやつだろ?
旧ゴー宣9巻、150章だな。

163 :名無しかましてよかですか?:03/12/26 01:29 ID:eXL43q+r
>>162
もし本でそうなってるんだとしたら、差し替えられたんだと思う。
俺はまだ自分の記憶力は衰えていない、と信じたい(笑)。
あー、スパの原本にあたりたい。

164 :名無しかましてよかですか?:03/12/26 13:20 ID:DqpleYza
戦争論を読み返してみたけど、その中でよしりんは
「南京大虐殺は東京裁判で日本人を裁くための捏造犯罪・詭弁」
みたいな感じで完全に否定してたよ。


165 :名無しかましてよかですか?:03/12/26 14:07 ID:zTg9WeHz
>>163
 でも、話全体がオウムに絡めた奴だったと思うが。
そのセリフ(最後のコマ)の前にも、
「サリンだって現行犯タイホじゃない限り、そりゃとことん
言い逃れはできる」云々と書いてるし、差し替えではないと思うよ、
これに関しては。


166 :名無しかましてよかですか?:03/12/26 19:06 ID:xLPVRhDg
欧米の歴史を知る上で、重要なのは古代ギリシアである。まずはそこから検討していきたいと思う。
古代ギリシアでは同性愛は嫌悪の対象ではなかった。逆にむしろソフィストたちの間で、真剣に討議されるテーマだった。
特にソクラテスは『饗宴』[プラトン1952年]のなかで、男性同性愛の倫理を統制するために、哲学的根拠を与え、その基礎固めを行った[ハルプマン1995年]。
当時のセクシャリティは三つに分類されていた。一つは男性に惹かれる男性。もう一つは女性に惹かれる女性。
そして三つ目は、女性に惹かれる男性と男性に惹かれる女性(つまり異性愛)である。
この中で男性同性愛は一つ目のカテゴリーに属し、さらに二つのサブカテゴリーに分かれていた。
一方は成人男性が少年を愛すること(ペデラスト)で、他方は、少年が成人男性を愛する(フィレラスト)である。
しかし、現在でいう男性同姓愛とは違い、若いころはその傾向がある少年であり、年がいっては少年を愛するものとして定義していた。
つまり同年齢間の同性愛ではなく、互いに違う年代によって営まれるものであった[ハルプマン1995年]。
またこれは、ソクラテスにより、制度として確立していた。



167 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 01:56 ID:66pQcP/e
>>163
>もし本でそうなってるんだとしたら、差し替えられたんだと思う。

ハア?
何言ってんだ馬鹿。
ゴー宣9巻の段階でどうして差し替える必要があるんだよ。
その時点では小林は戦後民主主義真っ只中で、
南京虐殺を疑ってない状態だ。

お前は自分の薄い記憶を盾に、ごり押しする気らしいが、
あのな、
小林が過去、そんな南京虐殺を肯定するような発言をしたとすれば、
そんな格好の攻撃ネタをアンチが放っておくはずがないだろうがw

つーか、お前ってゴー宣自体を読んでないクソ厨房らしいじゃん。
あまり調子づくな、ボケ。

168 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 02:48 ID:oqccJfic
>>167
なんでそんなに逆上してんの?(w
事実関係を確認したいだけってのが、お前の何をそんなに刺激するんだ?
小林が南京大虐殺を否定し始めたとき、あれ?南京大虐殺はあったの!
って言い切ってた奴がここまでいうか、と驚いた覚えがあるもんでな。
ヒマだったら国会図書館にでも行って調べてみるわ。


169 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 02:53 ID:Vh2OZGVN
>>167
増刷分を差し替えることはよくある。

で、本文スミ判修正程度なら、10万部クラスの雑誌なら印刷所は
ロハでやる。ゴーセンレベルならなにをかいわんや、ってところだな。
お金はかからない。

170 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 03:11 ID:Ojqm3d+u
>>169
>>165参照。
 そもそも、そんなもんを差し替えるんなら
4巻は丸々削除するなりなんなりしてるって。
「謙虚かまして」があるんだから、差し替えなんぞ
する必要なかろう。

 例えば「昔のといってる事が違う」とかは、
もはや隠蔽するまでもないし。歴史問題に関しては。
差し替える理由がそもそも無いって。

171 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 03:19 ID:Ojqm3d+u
大体、ソースも何もあったもんじゃない、>>163の記憶だけが
根拠なんでしょ。
だからまぁ、>差し替えられたんだと思う。
と書かれてもなァ・・・・・。

172 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 10:34 ID:+6lPk+16
本人も、昔はサヨだった、といってるわけで、何の矛盾もない。
戦争論や、従軍慰安婦問題の件で、サヨから真っ当になったやつって、小林だけでなく多いでしょ。

173 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 20:11 ID:yRp7LF/C
旧ゴー宣一巻の一章で
「人間は矛盾だらけのままでいい」
と言っているのでOK

174 :名無しかましてよかですか?:03/12/27 22:11 ID:JMSwiqgo
>173
正確には「人間(ワシだけ)は矛盾だらけのままでいい」 だよな。
他人の矛盾には厳しく、自分にはとことん甘いからね。

175 :名無しかましてよかですか?:03/12/28 15:01 ID:56qpGnoZ
>>174
そんなの最初からわかってるでしょ。
わかってて、かつ、ファンでもないのに読みつづけているなら小林にとって都合のいい単なるバカじゃん。

176 :名無しかましてよかですか?:03/12/28 15:28 ID:Z8nJQ6cM
>>175
は?

177 :名無しかましてよかですか?:03/12/28 16:06 ID:+TGlrDbP
>175
著作権とかSPA降板あたりの自称ファンの反応を見ると、とても分かっているとは
思えないけどね。
「ワシを疑え」もそうだけど、単なる免罪符にしてるだけだろ。

178 :名無しかましてよかですか?:03/12/28 17:06 ID:TXR894wN
小林よしのりは教えてくれた
安保理の決議など建前はかなぐり捨てて
なりふり構わず攻撃を始めずにはおれない
強大国の醜悪な本音を

小林よしのりは教えてくれた
圧倒的軍事暴力による弱小国の蹂躙を
人々の日常生活の空間が破壊し尽くされ
多数の民間人・子どもが命を奪われるのを

どうして戦争が避けられなかったのか
戦争を起こしたがっていたのは誰なのか
戦争で得をしているのは誰なのか

製造された兵器は消費されずにはおけない
兵器は兵士の命を消費し、心に傷を残し
市民の命の破壊と復讐心の生産を
伴わずにはすまない

兵士の無差別な発砲は
相手が知れない恐怖からだ
武力による威嚇は対抗する武力を生み出し
強者による武力行使は弱者の恨みを蓄積する

私たちは確かな希望を信じよう
世界の市民と市民が国の枠を超えて
人の心と心を通じ合うことによってのみ
真の平和を紡ぎ織りなして築けることを
第九条は明日への現実主義なのだ    

179 :名無しかましてよかですか?:03/12/28 17:19 ID:56qpGnoZ
>>178
途中までいいこと書き込んでいたのに、最後で単なるサヨだと判明しちゃったね。

180 :名無しかましてよかですか?:03/12/28 18:45 ID:NSihwxVc
最後の5行がおかしい。

181 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 01:09 ID:c6XORhqY
一番不思議なのがペルー日本大使館占拠のとき「テロは絶対認めることはできん」と言ってたのに9・11のときからは「てろは弱者のレジスタンス」と言い出してること。
それともこの発言は「テロは弱者のレジスタンスだが絶対みとめられん」ということきゃ?
うーん、だれか解説してクダサイ。
この矛盾に気づいたときから彼の発言は眉にツバつけてきいてます。

182 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 01:16 ID:KN0YhCBf
>>181
ペルーのときは日本人が人質になってますね。
駄目だと思うんじゃないですか?

チベット、ウイグルだと、日本人は中国のほうが嫌いなのでテロでも頑張れって思う人が多いんじゃないかな?
それで、小林の意見に賛同すると。
9.11については、アメリカが超大国なため、テロられたことより、ざまあみろって気持ちが小林の場合は勝ってしまった。
テロは何でも悪いと思っている人、または、アメリカ大好きっ子には許せない意見で、アメリカ嫌いな人には共感を呼んだと。
テロする側にもいろんな理屈、立場があるから。
結果によっては英雄になったり、後の指導者になったりするし。
ですから、矛盾はしないと思います。

183 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 02:11 ID:c6XORhqY
>>182
ということは彼は自分の好きな相手のやることはなんでもOKで
嫌いな相手のやることはなんでもダメってことですか?
>テロする側にもいろんな理屈、立場があるから。
>結果によっては英雄になったり、後の指導者になったりするし。
でいいならそれこそ「結果が手段を正当化する」になりませんか?
やってることはアルカイダもセンデロ・ルミノソも同じなのにそのテロの相手が「小林よしのり」が支持してるかしてないか、で彼は正邪を決めてるんでしょうか?
彼は神かなんかなの?なんか腹がたってきたぞ。

184 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 07:17 ID:m+2HYNtR
>>181
>一番不思議なのがペルー日本大使館占拠のとき
>「テロは絶対認めることはできん」と言ってたのに

そんなこと小林は言ってないから。
なにオマエはテキトーなウソをついてんだ、ダボ。

185 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 13:29 ID:V8IAqcnX
いってなかったか?彼は橋本首相が「平和的に解決してほしかった」との談話を発表したのに対して「テロは許されない」とフジモリ大統領の武力鎮圧を支持したと思うけど。
自分で本もってないからなあ。図書館で読んだだけなんだ。

186 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 13:56 ID:KN0YhCBf
>>183
でも、結果として、結果が全てのところがありますよね。
ただ、その過程で、個人個人の受け止め方に差があると思います。
自分の心情や思想で当然応援するか、批判するかになると思いますよ。
だから、小林の場合、9.11の時はアメリカに同情するより、テロに心情的に味方しただけで。
小林は神でもなんでもないし、あなたが腹を立てる必要もない。

187 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 15:56 ID:bqN/xNMH
>>186
>自分の心情や思想で当然応援するか、批判するかになると思いますよ。
>だから、小林の場合、9.11の時はアメリカに同情するより、テロに心情的
>に味方しただけで。
そういうのは『ダブスタ』と言って、『大人なら』恥ずかしくて人前にでられない
ような行為なのですよ。

だから、
>小林は神でもなんでもないし、あなたが腹を立てる必要もない。
そのダブスタを平気でやりながら、ご立派そうな言説を『垂れ流す』小林
のような破廉恥漢にたいして『腹を立てるな』と要求することは、それ自体
が『社会を腐敗させる行為』に目をつぶる事を要求するような物です。


188 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 16:33 ID:KN0YhCBf
>>187
あなたの言うダブスタとは具体的にどうのような?
もう一つわかりません。
すいません。
テロ一つにとっても、アルカイダは嫌いです。
でも、チベットなら頑張れって私は思います。
これもダブスタ?
あなたは、チベットやウイグルは応援してないのですか?
政策でもなんでも国益を考えれば5年前まで言ってたことと180度ひっくり返るようなことを主張することなんていくらでもあると思いますよ。
アメリカなんてダブルスタンダードの最たる国ではないですか。

189 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 17:09 ID:V8IAqcnX
国益うんぬんて言うひともいるけどダブルスタンダードを大声で肯定するひとたちは
信用に足りないひとたちだと思います。

190 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 17:22 ID:KN0YhCBf
>>189
私生活と政治や思想等の公の部分と混同してませんか?
それに一個人であっても、仕事での意見と、家庭では実際にどう思っているかなんて違うのが普通では?
公私は分けましょう。

191 :189:04/01/01 17:44 ID:V8IAqcnX
>>190
だからそういう「本音と建前」が違う、というのが普通ならなぜ建前を使うんですか?
本音が別にある、というのが普通ならその本音を建前で隠す必要なんかないわけで。
その本音を隠したいから当り障りのない建前を使うんでしょ?

190氏を個人攻撃してるんじゃありません。多分あなたとは接点がないと思うから。
でももし近くにそういうひとがいたら自分は友達になりたい、とは思わないです。
自分は外交・政治ってのも個人と個人の付き合いからの延長線上にある、と思ってますので
個人間の付き合いで容認されない行為は外交政治でも容認されない行為だと考えます。
(されない⇒しないでした。スマン)

192 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 17:58 ID:bqN/xNMH
>>188
>テロ一つにとっても、アルカイダは嫌いです。
>でも、チベットなら頑張れって私は思います。
>これもダブスタ?
「私の嫌いなヤツの殺人は『悪』だが、好きなヤツの殺人は『善』」
という主張がダブスタでない、とお考えになる根拠が理解致しかねます。

193 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 19:21 ID:dujjXOra
ウイグルの過激派がアルカイダとのつながりで逮捕されたってニュース
最近あったけど、どーすんの?>>188

194 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 20:46 ID:KN0YhCBf
>>191
あなたは余程潔癖な方なんですね。
私は逆に仕事の場でも、いやなことを我慢できず、本音で嫌と言ってしまう人のほうがよっぽど信用できないし、仕事を一緒にしたくないです。
本音を隠したいからだけで建前を使うとは思えません。
社会通念や常識と自分の気持ちや考えが違ってもそれを出せない、または、出してはいけない場面ってあるはずです。
申し訳ないが、あなたの考えはあまりにも青すぎます。
まだ学生さんですか?
そうだとすると、まだ理解できないかもしれませんね。

外交・政治が個人付き合いの延長って言うのは議論の余地がありません。
公的なことと、私的な友人付き合いがどうして混同されるのかわかりません。

>>192
テロと殺人を混同してますね。
テロって何ですか?

195 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 21:07 ID:bqN/xNMH
>>194
>テロと殺人を混同してますね。
テロって何ですか?
現在行われている多くのテロは殺人を含んでいます。
どうしても『テロ』と『殺人』の違いにイチャモンを付けたいのなら、
>>192の私の記述の中の『殺人』を『テロ』に置き換えて読んで下さい。
別段趣旨は変わりません。

ところで、貴方は
「私の嫌いなヤツのテロは『悪』だが、好きなヤツのテロは『善』」
という主張がダブスタでない、と本気でお考えなのでしょうか?
だとしたら、『お気の毒』と申し上げる他はありません。


196 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 22:03 ID:+e7UGR3m
 とりあえず>>185は新4巻の話だと思うが、
「テロや売春が必ずしも悪とは言えない」
とハッキリ書いてるぞ。

 あと、9.11問題に関しても、確か
「アメリカが国家の威信をかけて戦うのは当然」
みたいなことも書いてたと思う。

 彼は「神の視座」には立たず、各自の立場を踏まえた上で
主張を書いてるんだと思うよ。

197 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 22:18 ID:KN0YhCBf
>>195
では、あなたはチベットと中国のどちらを応援してますか?
チベットがテロをする理由はなぜですか?
理由がわかればチベットを応援する気にはなりませんか?

198 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 22:27 ID:bqN/xNMH
>>197
どちらかを応援しなければならないんですか?
また、テロを認めなければならない理由が分かりません。

ところで貴方は、『自分がチベット開放のための』テロの犠牲になる事
は『当然』とお考えなわけですね。

199 :名無しかましてよかですか?:04/01/01 23:09 ID:KN0YhCBf
>>198
別にどちらかを応援する必要はありませんよ。
チベットに肩入れする人のほうが多いかと私が勝手に思っていただけで。
ただ、テロをするにもするまでの理由や過程があり、他に手段が無いのかもしれませんね。
その部分を無視して、ただ殺人の部分にだけ、焦点を当てて論じるからおかしいのではと思ってしまいます。
殺人についてはいいことだとは私も断じて思っていませんよ。

ところで、私がテロの犠牲になることはここでは何の関係もありませんね。
論点のすり替えです。

200 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 01:44 ID:VLm3ISuV
>>199
>ただ、テロをするにもするまでの理由や過程があり、他に手段が無いのかもしれ
>ませんね。
>その部分を無視して、ただ殺人の部分にだけ、焦点を当てて論じるからおかしい
>のではと思ってしまいます。

「他に手段がないから」テロを容認、というのはつまり暴力的な権力の争奪を認め
る、ということなのであり、秩序の否定につながるわけです。「目的さえよければ
何をしても良い」というのは人間社会において、決して認められてはいけません。

最近、そういう考えの人が多くて困りますがね。

なお、テロについての定義は国家や機関、学者などによって諸説あり国際的な統一
された定義は存在していませんが、少なくとも殺人や破壊といった行為が必須とは
考えない方が良いでしょう。

>ところで、私がテロの犠牲になることはここでは何の関係もありませんね。

>>198氏は、貴方の「チベットテロは容認」という意見に対して、「では、
チベット独立派のテロが行われたとして、それにもし貴方が巻き込まれても
非難する気はない。むしろ支持するんですよね?」と言ったわけで、論点の
すり替えには当たりません。


201 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 01:58 ID:CG73tpe4
>>199
>ただ、テロをするにもするまでの理由や過程があり、
>他に手段が無いのかもしれませんね。

のであれば、「テロという手段」は肯定するわけでしょう。

なのに、チベットは許せてオウムは許せない。
アルカイダは許せても、センドロルミノソは許せないっ
てのはおかしいでしょ、と聞かれてるわけなんだけど。



202 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 02:36 ID:DosTIkwk
>>200>>201
テロをする過程や理由に対して心情として理解できるという気持ちになれば、応援したくなる思いが芽生えてもおかしくないと思いますが。
>>200
テロを容認しているのではなく、テロをする気持ちになったことを理解できるテロとそうでないテロがあるといっているのです。
チベットのテロについては同情の余地があるからといって、私がそのテロに巻き込まれても致し方ないとは断じて思っていないわけです。
勝手だとののしられても、ここが公私を分けるところと思われます。
やはり、論点のすり替えだと考えます。

>>201
チベットは大国中国に民族浄化をされているわけで、それに対して、国ではないので軍隊を持てず、対抗手段としてテロに及んでいるわけです。
オウムの場合、何か訳のわからん教義を唱えて東京にサリンを撒いたりするわけで、こちらとしては全然理解できないわけです。
ですから、チベットは許せるが、オウムは許せないと思うのは不自然でしょうか?

あなた方にしろ、もちろん私にしろ、恵まれた国で、恵まれた環境での基準で物事を考えているわけです。
テロはまったく駄目といったって、まともに大国と対抗しうる武器も無く、自爆やまわりを巻き込むような哀れな、日本人から見たらどうしてそんなことをするんだという手段に出ざるを得ないのだなあと考えてしまうわけです。
今の平和な常態で考えるから、戦争は駄目だ、戦前の日本は駄目だとやってしまうと、当時の世界情勢により戦争という手段をとらざるを得なかった当時の日本まで非難してしまうサヨと同じように見えてしまいます。

203 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 02:44 ID:CG73tpe4
>>202
>チベットは大国中国に民族浄化をされているわけで、
>それに対して、国ではないので軍隊を持てず、
>対抗手段としてテロに及んでいるわけです。
>オウムの場合、何か訳のわからん教義を唱えて
>東京にサリンを撒いたりするわけで、こちらとしては
>全然理解できないわけです

テロという手段をとっている、ということは同じだよ。
そして、その論法はテロという「手段」は肯定できない。
テロに至る「心情」を肯定しているだけでね。

「チベットのテロは理解できる」ということにはならない、
ってことだ。

204 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 03:06 ID:VLm3ISuV
>>202
>テロを容認しているのではなく、テロをする気持ちになったことを理解できるテ
>ロとそうでないテロがあるといっているのです。

その線引きはどこで、誰がするの?そんなもん、誰にも「万人の納得のいく判断」
なんてできないと思うが。
たとえば、PLOが行った航空機ハイジャック、あれはパレスチナ人から見れば
「不当に土地を奪われたパレスチナ人の、正当な抵抗運動」だが、ハイジャックの
被害者やイスラエルからすれば「自分勝手な理屈に基づくテロ」でしかない。貴方は、

>今の平和な常態で考えるから、戦争は駄目だ、戦前の日本は駄目だとやってしまう
>と、当時の世界情勢により戦争という手段をとらざるを得なかった当時の日本まで
>非難してしまうサヨと同じように見えてしまいます。

といったけど、少なくとも貴方に関してはまさしくサヨと一緒だよ。だって、「自分
はテロにはあわない、安全だ」って根拠のない自信に基づいて「可哀想な人々ならテ
ロをしても良い」なんて言ってるんだから。だいたい、貴方と同じ考えの人が昔、よ
ど号をハイジャックしたり、大使館占拠したり、ロッド空港で銃を乱射したりしたん
だけど、知ってる?

205 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 03:08 ID:L2PrhsOB
>>203
 そもそも、貴方の書いてる「手段を肯定するか?」
ってのが、全く無意味な話にしか思えないんだが。
そんなもんケースバイケースだろうに。
 殺人だって状況によっちゃ「正当防衛」として容認されるってのに、
手段そのものの是非を問う、なんて無意味じゃないか。

>>202
 たしかオウムのテロは、
「ハルマゲドンが来るぞ」という麻原の予言を、自ら実行して、
「ほら、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!」という自作自演だったと思う。
 さしずめ、オウムのテロに込められたメッセージは

「ホラ、ハルマゲドンは来たよ。怖いよね。
でも!オウム真理教に入れば大丈夫!!
麻原尊氏が守ってくれるよ Σd(゚ー^*)」
という、宗教勧誘じゃないかな。

206 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 03:12 ID:gjwB1T40
>>203
202氏は「自分が痛くなければ誰が殺しあっても可、そんなんどうせ他人事、それで自分に利益があればもっとうれしい」
という考え方する方のようなのでこれ以上いってもムダと思われ。
自分に火の粉がかかってからでなきゃ他人の痛みなんざハナクソほども感じてないと思われ。


207 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 03:15 ID:L2PrhsOB
>>204
 「万人に納得の行く線引き」って必要か?
各自がそれぞれ判断して、納得できる、
賛成できる、と思えばそっちに行けばいいんでないの?
スポーツやゲームじゃないんだから、どっちが勝った、
どっちが正しい、と言うのは必要ないと思うが。

 テロと言うのは、民衆に対する影響力の行使、という意味で
メッセージに近いものを含んでると思うんで、
それが賛同できるかどうかで決める、というのが妥当だと思う。
 もちろん、テロの標的になった国が、テロに対して忽然とした
態度を取るのは当然だと思うし、小林氏も、そういったことは描いてたと思う。

 で、忽然とした態度を取るのが当然だからこそ、
テロは覚悟なくするべき行為じゃないんだろう。

208 :204:04/01/02 03:41 ID:EqF6/y2N
>>207
だぁかぁらぁ、「秩序の崩壊」を目指すテロは容認できないんだってば。「一
部の人間にしか理解できない理由」によるテロを容認したら大多数の弱者の立
場はどうなるの?みんながみんな武器を持って自衛能力を持ってる訳じゃない
んだよ?正義とか悪とかにやたらこだわっているようだけど、これはそういう
相対的な価値観云々ではなく、「絶対的なルール」なわけ。

テロにメッセージが込められているのは当然。言うほどのことでもないと思う
ぞ。前述したとおりテロの定義に統一したものはないが、定義で共通している
のは「政治的目的で」行うってものがある。私が目を通したの国家機関による
定義はは米国務省、国防総省、CIAの定義および日本の警察(もしくは公安
調査庁)のもののみだが、すべて政治的目的に言及している。

>スポーツやゲームじゃないんだから、どっちが勝った、
>どっちが正しい、と言うのは必要ないと思うが。

勝利を求めないなら、なぜテロ行為が必要なわけよ?まさか、「テロは大義の
ための自己犠牲」とか思ってない?貴方の文章からは「覚悟さえあれば、自分
が納得できれば、他者を巻き添えにしても良い」って風にしか読み取れんのだが。

209 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 04:20 ID:L2PrhsOB
>>208
イマイチよく分からん部分があるが・・・

>一 部の人間にしか理解できない理由」によるテロを容認したら
そういうのはそもそも容認されないと思うぞ。
俺は、ようするに「容認するかどうかは各自が決める」と言ってるんだから。
メッセージってのは、伝わって賛同されなきゃ意味無いんだから。

>正義とか悪とかにやたらこだわっているようだけど
逆に俺は余りこだわってないわけなんだが・・・
俺が207で主張してる事は、
「それぞれのテロが容認(賛同)できるか出来ないかは、
各自がそれぞれの考えで決めることで、
「万人に納得の行く線引き」なんて必要ない」
ということよ。

 ルール守ってたら(近しい者は)全員死んでいく、
という状況に置かれた者を、ルールは果たして縛れるのか。
 俺はアルカイダとかについてはほとんど知らんので、
なんとも言えんが、チベットが中共に対してテロを行った場合、
チベットを100%断罪する事は出来んと思ってる。
(もっとも、自国が対象になった時なら、鎮圧を支持するが。
 それは立場の相違なのよ。俺等は立場を無視した、
神の視座に立つわけじゃないからな。)

>勝利を求めないなら、なぜテロ行為が必要なわけよ?
そりゃあんた、上で書いてる「メッセージ」を伝えて、自分達の
立場と言うものを有利にするためっしょ。
宣伝行為なわけだから。

210 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 09:57 ID:CG73tpe4
>>207
>「万人に納得の行く線引き」って必要か?

「心情を理解する」ためには必要ない。それは認めよう。
ただし、それこそどんな社会でもほぼ悪徳と認められている
殺人という行為をともなうテロ行為を肯定するためには、
それこそ「万人に納得のいく引き」は絶対に必要になる。

おのおの個人の心情に従って殺人行為を行い、そして
「その心情が理解できれば」テロ行為も肯定される。
そういう人間は、法治主義と秩序を重んじる社会に
住む資格はない。

どっかの都知事の馬鹿さ加減にも通じるところではあるな。

211 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 10:01 ID:CG73tpe4
建前論のように聞こえるかもしれないが(事実建前論も一部含むしな)
すくなくとも原則論を内包しない議論というものは発展性がない。
議論において感情論が否定されるゆえんでもある。

そして、他人を批判する上に置いて原則論を内包しない感情論を
ベースにすることはできないのは当然の理だが、小林はまさしく
いままで読み解いてきた「感情的なダブスタ」で、他人の意見を
断罪している。

話にならんのはそこだよ。ダブスタの人間には、他人を批判する
資格はないのだ。

212 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 14:22 ID:Bgo8tHRH
>>211
>ダブスタの人間には、他人を批判する
資格はないのだ。
同意。

213 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 18:27 ID:DosTIkwk
>>203
手段を理解できるとは202は一言も言ってないわけだ。
心情的に理解できるというだけだな。

>>204
「自分
はテロにはあわない、安全だ」
こんなことは一言も言ってないですね。

>>206
少なくともチベットの人の痛みには同情しているわけで、指摘は不適当でしょう。

>>208
テロなんて、万人に理解できるなんてことは不可能ですよ。
それぞれ立場が違うんだから。
>>209さんの言ってることで納得できると思うんですけど。

>>210
心情を理解しているのであって、手段を肯定しているわけではないんですよ。
でも、他に手段があるのかって問題も含んでいるわけで。
その人たちにならないとわからないこともあると思いますよ。
テロの心情的な部分と、殺人行為とを混同するのはやはり間違っていると思います。

>>211
小林は、自分の感情にしたがって描いていると言っている。
人間、状況や、現在置かれている立場によって言うことが変わってきても矛盾しないと思いますよ。
それが、ダブスタと避難されたり、二重人格だと攻撃されたりする理由にはならないと思います。
ただ、そのときの意見が好きか嫌いかでファンになってもやめてもいいと思いますが。
人間、本音と建前がある程度あって当たり前だと思うのですが、>>211>>212は全然裏表がありませんか?
公私を分けるのは当然だと思いますよ。

214 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 19:05 ID:CG73tpe4
>>213
チベットに心を寄せ、中国に心を寄せない根拠は?
中国がやっていることが悪で、チベットが善である根拠は?

>テロの心情的な部分と、殺人行為とを混同するのは
>やはり間違っていると思います。

だからみんなそういっているんだよ。いっしょにしているのは
君らだ。「心情は理解できるかもしれないが」「テロという手段は
肯定できない」と言っているのがまだわからんのか。

>小林は、自分の感情にしたがって描いていると言っている。

だから、本来はその程度の論に過ぎんのだ。

自分はこう思う、で終わってしまう話であり、判断基準が恣意的で
あることを露呈している以上、「感情的な判断基準で他人を断罪する」
ことはできないのだよ。



215 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 19:07 ID:CG73tpe4
ちなみに、ダブスタってのは本音と建て前って意味じゃないぞ。
なんか巨大な勘違いをしているようなので釘差し。

216 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 19:26 ID:9E1/eyfh
>>214
だから手段を肯定するかどうかなんて話は
全くの無意味だと、俺は>>205で書いてるわけだが。

217 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 20:26 ID:CG73tpe4
>>216
正当防衛になるかどうかは、刑法できちんと規定があり、
裁判官による判断が要求される。
テロによる恣意的な殺人行為と同等とは言えない。

法治主義と法秩序を理解していない、無意味な例示
でしかない。

218 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 20:30 ID:9E1/eyfh
>>217
既定があろうと無かろうと、

物事はケースバイケースであり、
手段そのものの肯定否定は無意味

と言う主張にとって、何の障害にもならないわけだが。

219 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 20:32 ID:CG73tpe4
>>218
殺人、傷害を伴う他傷行為は、「刑法で認められている範囲」でない限り
認められない。法治主義の日本に住む限り、それは原則だが。

ケースバイケースで殺人が認められるなどという妄言など、最初から
話にならない。


220 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 21:12 ID:DosTIkwk
>>214
君はチベットより中国に味方したい気持ちが芽生えてる人ですか?
中国っていつも日本に噛み付いていて、何言ってんだと日ごろから思っている。
そこに民族浄化的な政策を行い、チベット人を虐殺しているので、チベット人には肩入れしている。
これでよろしいか?
君は中国のほうに肩入れしているのですか?
後半の意見については、誤解があるようです。
私は、最初からテロに至る過程や理由に対して心情的に理解できるところがあるといっているだけで、手段については肯定してませんよ。
むしろ、殺人をともなうということで、どんなテロでも駄目だとひたすら主張している人たちがカキコしているだけで。
私はそうは言ってません。

>>215
そのとおりですね。
それに公の場面で、ダブスタなのはアメリカであろうと、中国であろうと、そうなのでは?
あくまでも、私的に心情的に理解できるテロとそうでないテロがあるということに対してダブスタだと非難することの方が間違っていると思います。

221 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 21:24 ID:9E1/eyfh
>>219
 そりゃただの線引きでしょ。
「刑法で認められている範囲」であるかないかが
この場合のケースバイケースの判断基準なだけで。

 そもそも、ケースバイケースで殺人が容認されないなら、
「殺人は禁固○○年」で終いじゃないか。

222 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 21:56 ID:CG73tpe4
>>221
は? 基準がきちんとあるなら、それは「ケースバイケース」
とはいわんだろ? その時々について「量刑が違う」ことは
「ケースバイケース」とはいわん。

おまえさんはさ、「殺人行為は起こってみないと罪になるか
罪にならないかわからない」と言っているんだぜ?

何を突っ込まれているかわかってないだろ?


223 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 22:05 ID:9E1/eyfh
>>222
--------------------------------------------
ケース-バイケース 6 [case-by-case]

個々の事情に即した、適切な対応をすること。
「細かいことは―で行う」


三省堂提供「大辞林 第二版」より
--------------------------------------------
 「事情、状況」という観念を取り入れて物事の是非の
判断を行う事を、ケースバイケースと言うんだろ。
 同じ凶器、同じ殺した人、同じ殺された人でも、
事情によってその是非が変わってくると言う事は、
それが即ちケースバイケースの考え方じゃないか。
 基準のあるなしじゃ無いだろ。何言ってんだ?

224 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 22:10 ID:9E1/eyfh
>>222
 明確な基準と言うものを持たないケースバイケースの
考え方を使ったものについても言及しとこか?
 それは、「情状酌量」という概念。
「○○だから何年(刑が)軽くなる」といった「明確な」基準が決められて
なくて、「事情」によって同じ行為の是非が変わってくる。
(この場合、「是か非」のデジタル的なものではないが)

225 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 22:17 ID:9E1/eyfh
>>222
 もひとつ言っとくと、俺はあんたの
「手段を肯定するか?」、ということが
無意味だと言ってるわけで、その例として
出したわけだからね、殺しの話は。
 
 法による基準があろうと、殺人も正当防衛も手段(っつーか行為)
としては、全く同じ「人殺し」なのよ。
 同じ凶器で、同じ殺し方をした二つの事件が、
殺人と正当防衛に分かれる部分は一体何処なのか、
というと、「事情、状況」に他ならないじゃないか、と。
 
 事情、状況を抜きにして「是非」は語れないじゃないか、と言っとるわけだから。

226 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 23:10 ID:CG73tpe4
>>223

少なくとも殺人行為を裁くのは刑法であり、「刑法上の
特例措置として」正当防衛という処分がある。その場に
なってみないと是非は変わる、なんてことはないんだよ。
刑法にその基準が明記されている以上な。

>>225
>殺人と正当防衛に分かれる部分は一体何処なのか、
>というと、「事情、状況」に他ならないじゃないか、と。

……、キミはなんのために「刑法」が存在すると思う?
もうなんだか異星人を相手にしている気分になってきた。

このへんで正直絶望的なんだが、まあいいや。
あのさ、仮にだ、「共感できるかどうか」なんてことが
正当防衛、あるいは「刑法上で罰することができない」
としている近代国家の刑法が存在するなら、それを
提示してくれよ。


227 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 23:31 ID:NGeKd0lL
ブサヨども氏ね! 売国奴! 日本から出ていけ!

228 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 23:32 ID:9E1/eyfh
>>226
 はて?俺は、「共感できるかどうか」について言及なんぞしてないぞ。
状況と言う概念を離れた「手段そのものの是非」を問う意味が無い、
と言っとるわけで。

 だから、
>その場になってみないと是非は変わる
と言ってるわけでもない。
 そこに至る「状況」と言うものを無視した
「手段」そのものの肯定否定は無意味だと言ってるわけだって。

229 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 23:39 ID:9E1/eyfh
>>226
刑法というのはちゃんと出来てて、
しっかり「状況」という概念を考慮に入れてるから、
同じ「人殺し」が「殺人罪」と「正当防衛」に分けられてるんだろうが。

 「特例措置」と言うのは何処で分けられてるのか?
「状況」に尽きるじゃないか。
 状況と言う概念を無視して、「手段を肯定するかどうか?」
と言う考え方で法が出来てるんなら、
「人殺しは許されない」で終わっちゃうじゃない。

230 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 23:42 ID:X80fLz+w
ようするにコヴァにとっては
殺人やテロ、つまり総称すれば他人へ危害を加える行為の是非の基準が

「被害を被った側が小林にとって嫌いな奴かそうでないか」

だけって事だろ。カルト信者の思考以外のなんでもないジャン。

231 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 23:43 ID:9E1/eyfh
--------------------------------------------
(正当防衛)第36条 
1 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、
やむを得ずにした行為は、罰しない。

2 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、
又は免除することができる。
--------------------------------------------
 失礼、「状況に尽きる」と書いたが、これを見ると
「(行為の)目的」によっても分けられてるな。

 「急迫不正の侵害」を受けているという「状況」においての
行為が、「正当防衛」になるわけで、
その「状況」が無ければ、無いのに殺したら、
「正当防衛」にはならないで「殺人罪」が適用される、
そういうことなのよ。

232 :名無しかましてよかですか?:04/01/02 23:53 ID:shavf+5e
どの書物見ても思うんだけどさー、それに書いてある事を鵜呑みするってのはあまりにも危険じゃない?

俺は小林よしのりの書いた本って新ゴー宣の戦争論とか台湾論とかしか呼んでないし、そこまでハマってる訳じゃないけど、普通に見てる分には面白かった。
あれの書いてる事にも正しいと思うような事が書いてあったりもしたし、逆に大間違いだろって思う内容もあった。

あれは読む年齢層が比較的低いから鵜呑みにする人多いのかね。

233 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 00:09 ID:mbvmhfqU
>>232
そうだね、それが分かってりゃ充分だ。

234 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 00:09 ID:mbvmhfqU
ありゃ、日付が変わったか。
俺は ID:9E1/eyfh ね。


235 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 00:16 ID:rfv/mX+C
>>233
119章での著作権裁判についての大本営発表を鵜呑みにしてる無数のコヴァを
逐一諭して回ってくれ。
馬鹿すぎて危険すぎて哀れ過ぎてどうしようもないから。

236 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 00:17 ID:mbvmhfqU
>>235
 俺は半分くらいは釣りだと思うが。
ああいうループ議論で釣る奴って各板に居るし。

237 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 00:32 ID:g3PUmPbb
でもさ、テロ起こした理由をとことんまで調べ上げていけば、共感できないものなんて殆ど無いんじゃねえの?
そりゃあオウムとかアメリカのブランチダビディアン(?)とかなんとかいうのは例外としてだけどな。
アルカイダにしたって、アメリカによるイスラムへの弾圧をテロの理由にしてるんだろ?
突き詰めていけば、感情的に共感できる部分なんていくらでも出てくるだろ。
結局、当の小林が深い考えもなしに軽率な発言しただけの事だろうな。


238 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 00:46 ID:mbvmhfqU
>>237
 そりゃそうだな。よっぽどの電波で無い限りな。
各自が各自の立場に立って、お互いの主張を
ぶつけ合ってるわけだからな。
 しかしまぁ、心情的にどれだけ共感できるか、ってのは
テロリストにとっては重要な問題だと思うのよ。
 つまる所それこそが、テロの目的なんだから。
最終的に国際(世論)的な立場を有利にするのが目的なワケで、
そう言う意味じゃ、プロパガンダなわけで。

239 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 01:18 ID:j15frbqz
>>238
そのとおりだと思う。
ただ、国際政治というのはプロバガンダそのものといってもいいくらいですよね。
アメリカだって国内にいくつもPR企業というのを持っていて、ボスニア紛争のときもずいぶん活躍したみたいだし。
まあ、へたくそなのは日本だけですね。
今回のアメリカはへたくそでしたが。
プロバガンダはテロだけのものではありませんね。

240 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 02:03 ID:mbvmhfqU
>>239
勿論モチロン。
今回はプロパガンダ合戦の色合いが強かったように思う。

241 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 02:12 ID:mW+ATihF
>>238
だけど、小林のダブスタを説明するにはアルカイダのプロパガンダを云々する以前に
小林が純粋に事実関係を知らなかったからだとしか思えん。
そして、アメリカの、言ってみれば国粋的な反応やそれに準じる行動も保守派の最前線を突っ走る
小林にとって見れば、非常に魅力的な行動に思えたんじゃないかと思う。
そして、ペルーの人質事件にしても突入隊員の遺書を紹介したりして
今まで散々主張してきた公のために個を捨てる、という自説を補完するための絶好の材料として利用できたからこそ
テロは許さないなんて、発言につながっていったんだと思う。
もし、トゥパクアマルがテロを起こした理由にも共感できるなんて言ったら、
まるで突入隊員が悪者みたいでとてもじゃないが、自説の補完には利用できないだろう。
そして、チベットについては、もう言うまでも無いが台湾論を見ても判るとおり小林が反中国である事に尽きると思う。
もし、チベット人のテロが悪だと言ってしまえば、これまでの反中国の主張が全部崩れてしまうから、言わないだけだろう。

結局は、自説にとって都合が良いか悪いかそして、自説の補強になるかどうかで小林は善悪を決めていると思われる。
さらに、小林は善悪二元論でしか物事を考えられないんじゃないかとも思う。
片方を善と決めてしまえば、もう片方は自動的に悪となる。小林のこれまでの主張からはそういうところが多々見受けられる。
やはり小林は信ずるに値しない人間だ。

242 :204:04/01/03 02:16 ID:1J/WmmuP
>>238
そりゃあ、そのとおりだよ。ちなみに、著名なテロ学者の言葉で「テロリズムは劇場だ」
というものがある。つまり、演じる人(テロリスト、被害者)がいて、観る人(第3者、
端的に言うなら国際世論)がいるからこそテロは成立しうる、ということだよ。

こういった言葉の背景には、PLOによる無差別ハイジャックを代表とする、「恐怖によ
り相手の譲歩を引き出す」という当時の左翼テロの行動があったわけだ。実際、PLOに
よる行動はそれまで等閑に付されてきたパレスチナ問題を全世界に重要な問題と認識させ、
その結果彼らは国連オブザーバーになるなど、「パレスチナ人の代表」として国際的に認知
された。
ところが、9.11に代表される最近のテロには「譲歩」という要素は見られない。アルカ
イダの声明を見れば解るとおり、その目的は「イスラムの敵アメリカの抹殺」なわけで、左
翼テロのような「相手の襟首をつかんでテーブルに着かせる」のではなく、「相手を殺す」
ことが目的になったわけだ。

243 :204:04/01/03 02:35 ID:1J/WmmuP
>>242 続き)
はっきり言ってしまえば、現在のテロはこれまでのような「プロパガンダ=自分たちの思
想を示し、支持者を獲得する宣伝活動」としての要素は極めて低い。そこにあるのは、「交
渉のための恐怖」ではなく、「恐怖のための恐怖」であり、全世界に向けた声明などはプロ
パガンダではなく、「コマーシャル(広告)」、あるいは「プロナンスメント(宣告)」と
いった方が適切だと思う。

長々と書いてきたが、テロの心情が理解できれば断罪できない、なんて言ってる人は、何故
こんな変化が起こったか解るかい?

244 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 02:42 ID:mbvmhfqU
>>241
 「テロは許さない」とは、そん時はもう言ってなかったと思う。
「テロリストに同情は要らない」とは書いてたが、
同時に、「テロや売春が必ずしも悪とは言い切れない」とも書いてた。
(彼自身が厚生省にテロしようとした、というのも書いてるからな。)

 なんつーか、両者の「立場」の違いを認識する所から始めてるから、
そこら辺は一見してダブルスタンダードに見える主張になってるんだと思う。

 「テロリストに同情は要らない」ってのはつまり、
「テロは絶対悪!」という所から出た主張じゃなくて、
「統治者の責任」という所から出た主張なんだと思うよ。
 だから、今回のイラク問題ですら、
「アメリカが国家の威信をかけて派兵するのは当然」
とも書いてたしね、たしか。

245 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 02:43 ID:mbvmhfqU
>>243
水さすようで悪いが、プロパガンダって、
コマーシャルと同じじゃないの?
どちらも「宣伝」でしょ。

246 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 02:48 ID:mbvmhfqU
>>242
 それはもはや、「革命」に近いような気もするなぁ。
俺としては、アルカイダのテロよりも現在のイラクで起こってる
自爆レジスタンス(と言わにゃ現地の人は怒るらしいな)
のほうがよっぽどテロっぽいな。

247 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 03:17 ID:uYpCVCDZ
>>244
今手元にゴー宣が無いので、何とも言えんが小林のテロに対する言及は決してそれだけではなかったはず。
どうもあんたの引用はどれもいいとこ取りに見える。
さらに小林の場合、自分が持ち上げたい人間をカッコよく描くなど妙なことばっかりやってるので
単純に文章の引用だけで説明しにくい場合もある。
そしてこれだけははっきり覚えているが、フジモリはカッコよく描かれていたはずだ。
江沢民はもう言うまでもないがな。両国の首脳の描写にこうまでも差が出るのは
ある意味ダブスタではないかと思う。

それともう一つ言っておくが、小林の主張を深く詮索してもあまり意味は無いように思う。
本当に軽率な発言しまくってる漫画家だからな。

248 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 03:25 ID:uYpCVCDZ
>>245
違うよ。
コマーシャルは商業的な意味合いを強くむ呼び方。
プロパガンダは特に主義思想に関連した宣伝をそう呼ぶ。
同じ意味だったら、違う単語に分ける必要なんて無い。

249 :204:04/01/03 03:25 ID:1WFWGQrJ
>>245
ここで言いたかったのは、「プロパガンダ」ってのが「自分たちの思想を示し、
支持者を獲得する宣伝活動」であり、「コマーシャル」というのが「うちらは
こういうことがしたい」って、「思想の垂れ流し」ってこと。だから、コマー
シャルと一緒に「プロナンスメント」を併記したわけ。

>>246
革命とは、あくまで国内において民衆が現体制の崩壊を望むものだよ。いって
みれば、組織や、有形無形の非暴力による恐怖の有無は関係ない。それに、誰
かに見せつけるものではなく、あくまで体制変換が目的であって話し合いも関
係ない。体制側は倒すべき敵であって交渉相手じゃないからね。
一方テロ(厳密には左翼テロ限定の方が良いかもしれない)は、如何なる行動
を起こしてもそれはあくまで「話し合い前提」。むしろ、話し相手の体制は崩
壊されたら困る、といっても良いぐらいな訳だ。だからこそある程度できる限
界はあった訳なんだがねぇ…。

250 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 04:22 ID:mbvmhfqU
>>247
>どうもあんたの引用はどれもいいとこ取りに見える。
 手元に無いのに何でこんな事書けるんだろ。
そう思うならもっかい44章を立ち読みでもいいからしてこいって。
「テロ」における是非について小林が描いてたのは、

「テロや売春そのものが必ずしも悪とは言い切れない」
「やらねばならぬ者は、覚悟してやればよい」

この二点だって。
 「テロへの対処」における是非と「テロ」の是非は別問題だと言う事は
分かってるよね?
「テロへの忽然とした対処」を肯定=「テロ否定」
ではないよ?わかる?

 44章(フジモリの話)はそもそも、「テロへの忽然とした対処」
(と、「覚悟の無いテロ」)が主な話なわけよ。
 テロ行為を否定はしてないし、否定してたら
「必ずしも悪とは言い切れない」とは描いてないって。

251 :名無しかましてよかですか?:04/01/03 04:29 ID:mbvmhfqU
>>248
成る程、しかし、ここで「商業的」はどう絡んだものか・・・?
>>249
>ここで言いたかったのは、「プロパガンダ」ってのが「自分たちの思想を示し、
>支持者を獲得する宣伝活動」であり、「コマーシャル」というのが「うちらは
>こういうことがしたい」って、「思想の垂れ流し」ってこと。
悪いが、イマイチ具体的な両者の違いが分からない。
「思想の垂れ流し」という一言を加えて、
言い方を変えただけのような気がするんだが・・・
「しゃべりば」と「選挙演説」の違いみたいなものなのかな・・・?

>革命とは、あくまで国内において民衆が現体制の崩壊を望むものだよ。
「イスラムの敵アメリカの抹殺」自体を望んでると言う点で、
テロと言うより「現体制の崩壊を望む」革命に近いものを感じた、って意味
で書いたわけだが、ちょっと誤解を招く書き方だったな、スマソ。

252 :204:04/01/04 02:51 ID:pL6QTv1t
>>251
>「しゃべりば」と「選挙演説」の違いみたいなものなのかな・・・?

いや、「プロパガンダ」ってのが支持を求めているのに対して、コマーシャルは
単に自分のやってることを言ってるだけ。支持してくれなんて言ってない、って
意味合いで書きました。


253 :名無しかましてよかですか?:04/01/04 15:10 ID:GYgwSNWx
>>252
すまん、教えてくれ。
コマーシャルには商業的な意味合いが含まれているだろ、当然。
だとすると、支持してもらって利益をあげたいと考えてるんじゃないのかな?

254 :名無しかましてよかですか?:04/01/05 13:18 ID:9O7e+hvj
>>232
>逆に大間違いだろって思う内容もあった。

具体的にはどの部分ですか?


255 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

256 :名無しかましてよかですか?:04/01/06 17:46 ID:1VO4WhGL
つまりだ
うOこくえって言った方はいいが言われたほうはたまったもんじゃない
この前はくえっていわれたほうだたがいまは言うほう
自分は西瓜好きだからお隣りにおすそ分けしに行ったら
お隣り西瓜嫌いなのに押し付けたらお隣りお怒りになって
自分も逆切れ(例)
腹減ったヤツがスーパーで万引き
万引きしたほうは自分が生き残るために仕方なくした
スーパーも万引きされたくないので仕方なく取り締まる
するほうもされるほうも自分が正義であってその行為は仕方たなく誘発される
言った言わない したしない水かけ論は永遠の円環になる
つまり祇園精舎の鐘の声諸行無常の響き有り
沙羅双樹の花の色盛者必衰の理を表す
奢れる人も久しからずただ春の夜の夢の如し
たけき物も遂には滅びぬひとえに風の前の塵に同じ
と言うところかな? 



257 :名無しかましてよかですか?:04/01/06 18:14 ID:yauxMZYA
日本人の普通の価値観としては

・無用な食い物を貰ったら
「ご丁寧にありがとうございます。」と笑顔で答えて捨てれば良い。
モノを頂いた相手の顔も立つし自分の立場も守れる。

・万引き
これはただの犯罪で違法行為。窃盗。

ということで何も諸行無常では無いのでは?
日本の文化は恥の文化。

258 :名無しかましてよかですか?:04/01/07 01:52 ID:76+zKizI
>「ご丁寧にありがとうございます。」と笑顔で答えて捨てれば良い。

捨てるなど勿体無い。別のところへタライ回しだ。

259 :名無しかましてよかですか?:04/01/07 22:26 ID:7YLlIYai
小林の長所は論理の整合間じゃなくて主張の勢いにある。
ゆえに細かいところでは穴も多いし深く考えてもあまり意味はない。
要は小林が言いたい事の本質を見極めることが大事なわけで
細かい部分はスルーしてもいいんじゃない?

260 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 01:27 ID:LyrSfEuv
>>259
小林は言論人として発言しているの?漫画家として発言しているの?言論人として公共の電波を使い雑誌等に投稿して公に発言しているのなら、小さな穴(論理の矛盾点)も許されないのでは?

261 :260:04/01/08 01:46 ID:LyrSfEuv
続き

また、漫画家なら許されるというものでもないが。つまり、視聴者や読者が小林の性格等を考えながら、深く考えないと理解出来ないような発言は公の場で発言してはいけないと思う。朝日や毎日の捏造や偏向報道と同じで、間違いも一緒に丸飲みして信じる輩もいるから。

262 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 01:47 ID:aebqyONJ
在日強制送還/竹島・北方領土奪還/尖閣諸島死守/北朝鮮には宣戦布告も辞さない強圧外交
憲法第9条破棄/街宣右翼撲滅/旧社会党系議員落選運動/自民党内の売国奴追放/不法入国者の徹底摘発
対外工作の強化/核武装/中国分断政策/対オーストラリア包囲網/公明党排除
これぐらい普通にやれ。

263 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 02:40 ID:LyrSfEuv
オーストラリア包囲網?オランダじゃない?間違いだったらスマン。日本とオーストラリアって何か問題があったの?

264 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 07:10 ID:KSKk8Jow
>街宣右翼撲滅

ネット引き蘢り右翼が街宣右翼撲滅だってさ。
(藁

265 :踊るガニメデ星人:04/01/08 14:53 ID:oeZVBjpn
ゴー宣等の最大の欠点は、ギャグと真面目な意見とが完全に入り混じってしまって
いて、どこまでがギャグでどこまでが真面目な意見として書いているのかさっぱり
区別できない点でしょう、かつてオウムの青山が漫画の中の一部を真面目な意見
として批判した時、よしりんの方はギャグを真面目に答えているとしてからかう
ような漫画を書いていたが、読者としてはどこまでがギャグでどこまでが真面目
な意見として書いているのか全く分からない漫画を書いたよしりんの方に責任
があると思う。

266 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 15:32 ID:BMrfxN+a
だってそうしておかないと、内容に突っ込まれた時、
「ギャグマンガにマジレス、カコワルイ」って言い訳できないじゃん。

267 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 17:30 ID:NvrJe/Fb
>>260
朝まで生テレビ!では漫画家として発言してた。

268 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 19:55 ID:eokiybaj
>>265
いやそれは読解力がないだけでしょ。
つっても日本人の4割はあの漫画読める程度の読解力もないけど

269 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 20:14 ID:wS6iqwUT
>>268
>つっても日本人の4割はあの漫画読める程度の読解力もないけど
久しぶりに腹抱えて大笑い!
どーしようまないなこいつらw

270 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 20:45 ID:23I3nVO2
>268
うんうん、脱ゴーセンをドロボー本などと言うやつは正常な判断力・理解力が
ない読者だなw

271 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 20:46 ID:Lzxgum//
ようは柔軟に受け止めればいいだけだ。小林はおおげさに書く癖があるし
ガチガチに受け取る必要はないさ。

272 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 20:49 ID:9bvyEs/a
>>270
確かに、やけに大勢居たからね。そういう奴等が。
いまだにちょくちょく居るし

273 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 20:53 ID:Lzxgum//
>>261
遅レスだが小林のことをよく知らない大衆が小林の意見を聞いても
変な人だなーと思うか( ´_ゝ`)フーンで済ます人が多いと思う。
分かる人には分かる、でいいんじゃない?

274 :名無しかましてよかですか?:04/01/08 22:01 ID:uns9U8yA
>>273

もはや宗教だが、それでもいいのか?

275 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 01:46 ID:dWUXysJn
支那の便衣兵は(・A・)イクナイ!!が、イラクの便衣兵は(・∀・)イイ!!

276 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 02:34 ID:yXdmNqyI
共産圏の核はきれ(ry

と同じ理屈ね

277 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 03:27 ID:lTdvSu3S
>>270
はて、>>268は脱ゴー宣について言及したのか?

278 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 09:14 ID:zUElnywA
>>269みたいな、読む機能どころか書く機能も低いのがいるからなぁ。小林も大変だ

小林は自画自賛のひどいところがあって好きじゃないけど、思想には共感するね。
税金払ってる身としちゃ今のまま中国に無駄な金渡されちゃたまったもんじゃないよ。ただそれだけのことだろ

279 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 17:33 ID:UpUpgcYt
今度は、マス板の恨ゴヴァ君が朝生での小林発言をネタに噛み付いて
いるぞ。「小林は憲法改正反対」なんだと。

今の状況で、しかも親米派中心に改正されたらアメリカ従属憲法に
なるだけだろ。日本のための憲法にならないだろ。
そういう意味で言ったんだろ小林は。ボケが。
ドサクサにまぎれて恒久法なんぞ制定されてみろ、韓国と同じポチ
になるぞ。
アメの顔色伺っていないで日本人の手で改正すべき。

280 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 18:41 ID:l6bRoosZ
教育基本法もな。

281 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 19:32 ID:RAmmngbM
>>278
でもODAの金で工事を受注してるのは、ほとんど日本のゼネコンなんだよね。

282 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 19:53 ID:7Uluddyy
小林の矛盾じゃないけど間違い
戦争論に日本は米の圧倒的物量作戦で負けたとか言ってるけど
ミッドウェーの時って日本軍優勢じゃん
負けた理由ってのはさあ司令官の判断ミスと技術力の違いではないのですか?
つまり研究不足

283 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 20:06 ID:EyZ0InP0
>>282
判断ミスや技術力の違いもあるだろうけど、軍部でも短期決戦では何とかなるが、長期では食料、燃料等の圧倒的物量の差で勝利は困難と認識されていた。
小林の見方は間違いではない。

284 :踊るガニメデ星人:04/01/09 20:09 ID:+7MyubzX
>>282
日本が負けた本当の理由はドイツがソ連の征服に失敗したから、
真珠湾攻撃は独ソ戦でのドイツの勝利を前提として始めた物
だから、ドイツが負けてしまったらいくら日本ががんばっても
勝ち目はまったく無し。

285 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 22:10 ID:tMWe4jst
>>284

そのドイツの究極の目的が、日本も含めた「有色人種家畜化」
なんだから、日本も救われないよな。


286 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 22:14 ID:l6bRoosZ
そんなヒトラーにも有色人種の血が混じってたんだよなぁ。

287 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 22:14 ID:bw1dvdpW
ドイツと同盟を結ぶのは本意ではなかった。
でも組んじゃった。
で、ドイツこけちゃった。
だめだこりゃ。

288 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 22:22 ID:GX50t8eT
一応ヒトラー的には、日本人は特別、って事だったらしいけどね。

もっとも、その辺はかなりいい加減だったのかもね。
「ナチはインデアンのスー族もアーリア人に認定した。
 幹部の一人にスー族の血が混じっていたからだ。」
と言う話を聞いたことがある。

289 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 01:36 ID:slEEsVXN
>>288
ワハハハ、ホントにいい加減だな w

290 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 02:30 ID:HsIbVqmU
ヒトラーにとって日本が特別になったのは同盟後のことだろ。


291 :踊るガニメデ星人:04/01/10 04:31 ID:IbMV+6fA
>>287
日本が緒戦で勝てたのは、アメリカがまずヨーロッパを救おうって言って
アメリカの戦力の九割をヨーロッパに送ったからなんだ、日本も
アメリカの戦力の大部分がヨーロッパに向かうだろうと考えてアメリカ
との戦争を始めたんだ。でも肝心のドイツがソ連征服に失敗してしまった
ために日本の目論見がはずれてしまったんだ。

292 :踊るガニメデ星人:04/01/10 04:41 ID:IbMV+6fA
日本が真珠湾攻撃を決断した時、ドイツ軍はモスクワまであと30キロ
という地点にまで迫っていた、あのような戦況で独ソ戦でのドイツの
敗北を予測する事は不可能だった。もしドイツ軍がモスクワを落として
いれば、ソ連軍は近代戦を継続する能力を失っていただろうと後世の
歴史家も言っているし実際あと一歩という戦いだった。もしドイツが
ソ連征服に成功していたら、ドイツの全戦力を米英との戦いに向ける
事ができたし、そうなればアメリカはドイツを倒せなくなっただろうし
日本も決して負けなかっただろう。

293 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 05:20 ID:WE2dpQsI
ナチスドイツの日本人定義によればアイヌ人はアーリア人である。
よって日本人もアーリア人である。ということだったらしい。

294 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 09:41 ID:e/76NIIH
ナチスの科学は、出したい結論に合わせて理論をこじつけることが
けっこうあったからなあ。
シュトロハイィィィムさん、「ナチスの科学は世界一ィィィィ!」
なんて逝ってる場合じゃないですよ。

295 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 12:03 ID:TfPDwYsT
あのー
日本は緒戦の勝利を材料にソ連を仲介にして米国と交渉・・・ってのが基本方針だった筈・・・

ソ連つぶしてどうする?

296 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 12:19 ID:fKeLoBTC
>>295
41年6月22日 独ソ戦
  12月8日 真珠湾攻撃
海軍の方針としては、緒戦の勝利を材料に、ドイツに叩きのめされたソ連を
仲介にアメリカと交渉するはずだったが、最高会議は7月関東軍を減らしてまで
陸軍を東南アジアに集中することを決定。この判断で、そのとき歴史は動いた。

297 :踊るガニメデ星人:04/01/10 12:38 ID:IbMV+6fA
>>295
確かに最初の構想はそうだったが、独ソ戦でドイツ軍のあまりの強さ
を見て考えが変わったんだよ。ソ連を吸収したドイツ軍ならアメリカ
といえども容易には倒せないと見てアメリカ軍の大部分をドイツ軍に
まかせて日本は背後からアメリカを牽制しつつアジアを掌握する
という作戦になったんだよ。

298 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 12:42 ID:vFwQlEZ3
当時の日本はナチスの政策には反対していたんだよ。
でも、目先の利益だけ考えているとうまくいかないもんなんだよね。
親米ポチといわれているやつも国益といいながら目先の利益のことしか考えていない気がする。

299 :踊るガニメデ星人:04/01/10 12:54 ID:IbMV+6fA
独ソ戦の最初のころはソ連軍はまったくドイツ軍の敵ではなかった、
あっという間にソ連の大軍を撃滅してモスクワに迫るドイツ軍の
姿を見て独ソ戦におけるドイツの勝利を当時の日本が確信したのは
無理からぬ事だったし、これほど強いドイツ軍であればアメリカ軍
と互角に戦えると思ったのもやむをえない事だった。

300 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 16:43 ID:ZN1kKlK0
中国に進出した企業を差別するな!

301 :名無しかましてよかですか?:04/01/10 21:07 ID:ORtx2mou
差別はせんが軽蔑はする。

302 :名無しかましてよかですか?:04/01/11 00:11 ID:hqe8xT8v
>>292
>もしドイツがソ連征服に成功していたら、ドイツの全戦力を米英との戦いに向ける事ができたし

ワラタ

そもそも対ソ開戦前のドイツは全戦力を英国攻略に向けていて、しかしドーバー海峡の制海権を奪えなかったわけだが
仮にモスクワを落としても、対ソ戦前に戻っただけだろ
ロシアでは共産主義者のゲリラとの戦いになるだろうから、それ以下だ

303 :名無しかましてよかですか?:04/01/11 00:35 ID:V2b5lBxZ
>>1
中国はチベットで虐殺をしていながら
「日本は過去、中国で虐殺をした。謝罪せよ」
等と声高に言うもんだから、よしりんは
「そーいうのはまずお前虐殺やめてから言えよ」
と的確に反論しているだけ

さらに、中国が日本を悪玉にするのは
外に敵を作ることでしか広すぎる国をまとめられないからだ
とその一点に関しては理解も示している

何も矛盾していないと思うんだけど。

304 :踊るガニメデ星人:04/01/11 00:45 ID:dNq89vpm
>>302
重要な事は米英に勝つ事ではなく負けない事です、少なくともドイツが
健在でありさえすればアメリカ軍の戦力の大部分はヨーロッパに向いて
いただろうし、そうなっていれば日本は物量の面でアメリカと互角に
戦う事ができたはずです。ドイツがイギリスの制空権を取れなかったのは
やはりベルサイユ条約でドイツが空軍の保有を禁止されていたのが理由で
しょうね。もしドイツに零戦を渡していたら戦局はもっと違っていた
だろうな。

305 :sage:04/01/11 01:27 ID:YMhuK14o
>>304
そのころの独逸が、日本の飛行機欲しがるわけないだろ。

306 :踊るガニメデ星人:04/01/11 07:25 ID:dNq89vpm
>>305
まあ、あくまで仮定の話だけどね。

307 :踊るガニメデ星人:04/01/11 07:59 ID:dNq89vpm
ゴーマニズム8巻の96ページの今回の裁判は多数決でやるべきだ
と言う場面はどう見てもギャグか真面目な意見なのか区別できない、
後でオウムの青山氏に真面目な意見として反論されると新ゴーマニズム
1巻の183ページあたりでこれはギャグだと開き直ってしまっている。
よしりんは作者だからどこからどこまでがギャグでどこからどこまでが
真面目な意見か分かるんだろうけれど、読者には全く区別がつきません。
今回は特別問題にはならなかったけれど、太平洋戦争や台湾問題や
靖国問題などに対してギャグのつもりで書いた発言を真面目な意見と
受け止められて国際問題になった時にあれはギャグでしたなんていい訳
は通用しないでしょう。

308 :名無しかましてよかですか?:04/01/11 11:40 ID:GppEFLoz
>>306
仮定の話でも、ドイツが日本の航空機を欲しがらないだろう。


309 :名無しかましてよかですか?:04/01/11 13:38 ID:GQc8v/W7
>307
自分に都合が悪くなる場合はギャグになります。
ただ、名誉毀損裁判では当然のことながらこの理屈は通らなかったため
敗訴となりました。
きっと、裁判官がサヨクだったのでしょうw

310 :名無しかましてよかですか?:04/01/11 13:47 ID:loiA5mf1
>>307
いくらなんでも、多数決云々はギャグだろ。
面白い面白くないは別にして。

311 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 00:03 ID:ezE/b79K
>重要な事は米英に勝つ事ではなく負けない事です、少なくともドイツが健在で
>ありさえすればアメリカ軍の戦力の大部分はヨーロッパに向いていただろう

本気で馬鹿か?
ドイツはドイツのために戦争をしていたのであって、日本の都合に合わせて戦争をしていたわけじゃない
日本の都合を無視して勝手に対ソ戦を始めたヒトラーだよ、日本の都合を無視していつ英米と片面講和するか分かったものじゃない
アングロサクソンは同じアーリア人系だが日本人は有色人種だからな

312 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 21:42 ID:UnA0fZ3v
この板はどうしても話題がずれる。

313 :名無しかましてよかですか?:04/01/13 03:12 ID:KoxYldab
>>311
>重要な事は米英に勝つ事ではなく負けない事です、少なくともドイツが健在で
>ありさえすればアメリカ軍の戦力の大部分はヨーロッパに向いていただろう

に対する答え
>ドイツはドイツのために戦争をしていたのであって、日本の都合に合わせて戦争をしていたわけじゃない
>日本の都合を無視して勝手に対ソ戦を始めたヒトラーだよ、日本の都合を無視していつ英米と片面講和するか分かったものじゃない
>アングロサクソンは同じアーリア人系だが日本人は有色人種だからな

がどこでどうつながってるのかが良く解らんが。とりあえず言えるのは、零戦をドイツが持ってても役に立ちそうにない
ってことぐらいか。確か、零戦はドイツ軍に渡されたんじゃなかったっけな?で、試験飛行の結果が「航続距離はいいが、
その他はBf109の方が上。つかえね〜」だった気が。

314 :名無しかましてよかですか?:04/01/13 22:25 ID:ouPhHV2w
小林はよく「大日本帝国」や「大東亜戦争」の理念の崇高さを説き、特攻を賛美するが、
「滅私報国」「八紘一宇」「大東亜共栄」などの戦前戦中スローガンを小林は本気で
信じているのだろうか?「民族の誇り」やら「国家の名誉」やら「神格化された指導者」
が、個人の生命より上位にくる体制(現存する最も近い国家は北朝鮮だが)を本気で
望んでいるとは、どうしても思えない。
妻以外に愛人を何人も作り、アゴアシつきで地方講演に行き、
若い秘書とうまい物食いまくってやに下がっているこの男が、「ほしがりません勝つまでは」
のストイックな戦前イデオロギーに馴染めるとは、とうてい思えない。
実は小林自身、戦前日本の「崇高な理念」とやらなど本気で信じていないか、あるいは信じて
いると自分に言い聞かせて(セルフマインドコントロールして)いるだけではないだろうか。

315 :名無しかましてよかですか?:04/01/13 22:48 ID:Z2JOop1m
典型的な著者の主訴を読み取れない人↑
こういう人はよしりんのマンガにに限ったことじゃないと思われ

316 :名無しかましてよかですか?:04/01/13 23:19 ID:T4QBOX+V
まあ、そう思われても仕方のないところがあるからね。よしりんは。
一概に314が悪いとは言えないよ。

317 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 00:14 ID:e844L6KQ
愛人作って好き勝手やってる小林に「よくやった!」と誉められて
童貞のまま死んでいった若い特攻隊員もあの世で浮かばれまいよ。

318 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 01:23 ID:zm7dJKJO
「公」の部分で、共感して、「私」の部分で、愛人作って好き勝手しても全然矛盾してないと思うが。

319 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 02:29 ID:xNXEzxjE
「愛人を作っている」というのを公言しているので私ではない。

320 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 03:29 ID:AvhyHhwQ
滅私奉公なんて自分は口先で言うだけで実践部分は他人にのみ
強制するからこそ面白い代物だからね。

321 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 03:39 ID:CZJNzQpz
公言してても愛人は「私」だろ?
「俺には美人の彼女がいるぞ」と公言してたら、
彼女は「公」になるのか?

322 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 03:42 ID:AvhyHhwQ
>>318
麻原彰晃が「公」の部分で信者に生ゴミまがいのオウム食を食わせたり
信者の子供に「ヒトラーは生きてる云々」のトンデモ洗脳教育を受けさせたりしながら
「私」の部分で自分はメロンだのパーコー麺だの寿司だの贅沢三昧して自分の
ガキには名門校に通わせようとしてたのも全然矛盾してない訳ね。
ちなみにこの対比は新ゴー宣で小林自身が用いてた例だが。

323 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 10:11 ID:6s1Jf5pR
>>322
なんか、論点をすりかえられている気もするが。
事の善悪は別問題じゃないのか?
公私の区別はあるだろって事。
「私」=「戦争なんて怖い、行きたくない。」
「公」=「国益のため、憲法改正、戦争もやむなし。」
なんて、全然矛盾しないと思うが。

324 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 10:28 ID:4GC8Ovq2
>>323
俺は322じゃないけど
それは「本音とタテマエ」を使いわけてりゃいいと言う事かな?
ある意味、世の中の真実かも知れないけどね、
でも口ばっかご立派ってのも…

322が言いたい事はカンタンに言っちゃうと
「他人に厳しく、自分に大甘な奴ってどう思う?」って事だと思うよ。


325 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 10:44 ID:OLEr63BJ
>>324
いやあ、覚悟の問題だと思いますよ。
いざというときに、公言しているとおりの覚悟があるかどうか。

326 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 11:13 ID:CFz/o1/k
>>325
>いざというときに、公言しているとおりの覚悟があるかどうか。
小林にその覚悟が無いのは、宅との公開論争から逃げた事で証明済み。

327 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 11:34 ID:pGktKIaV
仮に覚悟があったとしても、いざというとき、何かの役に立つんだろうか..。

328 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 11:37 ID:cED0p6iE
いちいち突っかかってくる馬鹿を相手にするのもどうかと思うが
一定以上の知名度の人間が議論するための材料探しに時間も含めて考えると
挑んでくる論者を全部相手にしていたら一日が48時間で
体が4つあってもぜんぜん足らなくなるんじゃないの?
増してその相手が宅じゃなぁ

たまたま自分が議論して欲しいと思ってる人間とよしりんが議論しないからって
それがぜんぶ「逃げ」って評価だったら凄いことになるだろ。
誰も知らないような場末の庶民じゃ無いんだから

329 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 11:55 ID:C0+r25iU
>>327
覚悟して、毎日シュミレーションですよ。

330 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 12:16 ID:aCmol1lv
>>328
>いちいち突っかかってくる馬鹿を相手にするのもどうかと思うが

残念ながら、「いちいち突っかかっていったバカ」は小林の方だよ。

自分で戦いを挑んでおきながら、自分で話題を勝手に終了して
しまったのであれば、「逃げ」と評価するしかあるまい?

331 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 13:24 ID:cED0p6iE
>>330
よしりんが宅に突っかかったっていうソースは?
俺の脳内ではどう見ても宅からスタートしたとしか思えないが・・・

332 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 14:08 ID:aCmol1lv
>>331
「オレの見たところ」というのがゴーセンのすり込みであることを
疑ったことはないの? 

図書館でも何でもいいから、「教科書の教えない小林よしのり」
を読みたまえ。話はそれからだ。

333 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 18:51 ID:41BsRjp1
さすがに図書館には置いてないと思う。

334 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 22:14 ID:6HkmMXI6
>331
脳内ソースを自信満々に語られてもなあ。
当時、SPAをリアルタイムで読んでいた者には記憶にあると思うが、
宅が連載で上祐と対談したことにぶち切れた小林がゴー宣で批判
しだしたのが事実。
で、何回かやり取りして平行線のままだから宅が公開討論を挑んだと。

335 :名無しかましてよかですか?:04/01/14 23:29 ID:aCmol1lv
>>334
いや、対立はもっと前から始まっている。
いずれにしても先に手を出したのは小林だけどな。

336 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 01:41 ID:5AXqTT5M
小林はあっちこっちに噛みついては、いつの間にか、読者に説明なく和解をしている常習者ですよ。今までの人間関係を考えれば、小林の人間性が分かると思うのですが。

337 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 04:13 ID:lcfd+fNa
ここで小林をけなす人間も、褒める人間も、
小林の商売に役立っているという意味においては
同じお客様です。彼は中小企業のタコ社長なので、
無視されて仕事が無くなる事が一番怖い。
彼自身は、自分自身の言動など、単に商売
としか考えていませんから、その場その場で立場が
変わるのなどあたりまえでしょう。それは宮崎哲弥
も同じ、要するにリアアクション芸人です。それに
対して、何をいまさら腹をたてるのです?どうせ彼の本も買
っちゃってるんでしょ?こんなところで不毛に盛り上がって
ないで、自分のことをやれっての。ゴー宣はネタとして楽しめ。





などといってスレを盛り下げてみる。

338 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 04:15 ID:lcfd+fNa
ああ、一番言ってはいけないことを言ってしまった・・。

339 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 19:12 ID:rOe7BJmt
>>337
それを言っちゃあ、おしまいよ。でも、同感。

340 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 21:43 ID:2z8olVmw
東大一直線!
絵が下手だったな〜

341 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 23:09 ID:O6aKvBw1
>337
まあ、あれだけ捏造、デマ、極論だらけではネタにまじレスするんじゃねーよ
みたいな言い訳するしかないわな。
ORANGEとか渇とかが出てきたら、同じように言ってやってくれ。

342 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 01:58 ID:1vivrynh
言い訳というか、エヴァと一緒で、批判する
人間も否応無く吸収する構造が完成してるからね。
批判するだけ無駄。無視か、彼を上回る強力な
プロパガンダをするのが一番効果的。
でも、江川達也がそれをやろうとして大失敗した。
やはり、小林のアジテーターとしての才能は半端ではない。
内容は無いんだけどな。


343 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 13:43 ID:QH5qQQ7A
第1次大戦前、トルコの領土は中東全域に広がっていた。
その頃、クルド族はトルコ領内でまとまっていた。
ところが、戦勝国のイギリスとフランスが、トルコ領の中東を
クルドを無視して分断したことから、クルドの悲劇が始まった。
人工的な国境で分断されたのだ。
イラクのクルドは自治を要求しているだけで、独立は要求
していない。それでもフセインは弾圧した。
トルコもクルドを虐殺したが、トルコはNATO加盟国なので、
ユーロ諸国は見て見ぬフリ。
小林よ、クルドにも情をかけてやれ。

344 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 22:00 ID:Ie1IGdGs
>343
クルドが反米になれば全力で支持しますw

345 :踊るガニメデ星人:04/01/17 13:25 ID:9UTYueLP
>>337
それにしても、よしりんはいい所に目をつけたって感じやね。
この調子なら一生ネタには困らないでしょう。他の漫画家はネタを考え
るのにものすごく苦労してるけど、ゴー宣やわしズムなら世間の方が
勝手に騒いでどんどんネタを供給してくれるし。ま・・・たまに命を
狙われるのが玉にキズだけどね(笑)

346 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 13:40 ID:sBktRZDG
>>345
そんな事ないだろ。
はっきり言って、今のゴー宣は客観的に見ても漫画としてつまらない。
それにゴー宣やわしズム自体あんまり売れなくなってきてるし
もう小林は世間に飽きられ始めてるってことだろうな。
オタク研究家の岡田トシオが「今のゴー宣は終了間際のドラゴンボールや幽幽白書と同じだ」
っていったそうだが、その通りだと思うよ。
それにしても過去ドラゴンボールのような漫画を批判していた小林がまったく同じ状況に
追い込まれるとは皮肉なものだな。

347 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 16:07 ID:ZaSwfn6Y
>36
>誰も主張してもいない「チベット虐殺」「糊塗」などという言葉を持ち出してくるのか

誰も主張していないから問題なんだが。



348 :名無しかましてよかですか?:04/01/30 22:04 ID:qJ/rU1k1
いや、純粋に漫画として読んで特段面白いという事はあり得ないとしても、
一応漫画で知的欲求が刺激されるといった点では完成されているので、
今でも充分面白いと思うよ。というか、飽きさせない。
主張内容の妥当性はともかくね。
そしてこの種の媒体は今の所ゴー宣以外にないから売れているのだと思う。


349 :名無しかましてよかですか?:04/01/30 22:10 ID:qJ/rU1k1
知的読み物としても面白くなかったのは新ゴー宣の初期の頃かな。
薬害エイズと従軍慰安婦問題はもう最高につまらなかった。
教科書問題もどうでもよかった。
やっぱ戦争論や、純粋に思想を語っているのが面白い。

350 :名無しかましてよかですか?:04/01/30 22:15 ID:qJ/rU1k1
>それにしても過去ドラゴンボールのような漫画を批判していた小林がまったく同じ状況に
>追い込まれるとは皮肉なものだな。

次々と味方を裏切る展開がドラゴンボールに存在したか?

351 :名無しかましてよかですか?:04/01/30 22:39 ID:qf93t8/p
>>350
いやいや岡田が言ってたのはそんなことじゃなくて
ストーリーが盛り上がるだけ盛り上がって後は最終回を迎えるばかりの展開なのに
どういうわけかそこからさらに新しい展開が始まって、もう掲載するためだけに
ストーリーが続いているような状態を指して、ドラゴンボールや幽遊白書と同じだといってたのよ。

352 :名無しかましてよかですか?:04/01/30 22:48 ID:sL6WhE3I
>>350
「そういうドラゴンボール」をちょっと読みたくなった(w

353 :名無しかましてよかですか?:04/01/30 23:28 ID:grytJC82
編集部の意向が大きく絡む週刊ジャンプとはまた事情が違うと思われ。
鳥山や冨樫もいろいろあったみたいだし。
ところでSAPIOと小林の力関係ってどうなんだろうね。

354 :あき:04/01/31 03:18 ID:RikgJNIq
小林 よしのりは本当に最低。以前ゴーセンでアシスタントをしていたものです。さんざんセクハラされました。
私は携帯を与えられ、毎日電話をかけてくるのです。ただでさえ休みもないのに電話で何時間も話すのは本当に辛かった。
仕事の合間に私だけ呼び出されカラオケボックスで体を触られた事もありました。結局過呼吸に何回もなり金森さんにも相談
したけど私は金森さんにいじめられていたので逆に私が責められやめさせられることに。



355 :あき:04/01/31 03:20 ID:RikgJNIq
あの小林 よしのりは本当に傲慢でどうやら自分が相当かっこいいと
勘違いしているようでした。それもそのはず、職場ではみんな小林よ
しのりにかっこいい、すてきと褒め称えているのです。私は褒めない
ときっと先生の機嫌を損ねると思い褒めようとしましたが、私は褒め
ることができませんでした。電話で毎日なんでわしのことほめないん
だ・・とか、どこがいい?だとかしつこく聞いてくるので逆にこの人
気持ち悪いって思うようになり、無言になっても電話を切ろうとしな
いので、日々ストレスでした。たぶん金森さんは先生を好きだったに
ちがいありませんから、なかなか最後まで相談することができず、人
しれず悩んでいたからほんとに辛かった。小林よしのり大嫌い。人間
的にできてないです。私んいもし彼氏ができたらどうしますか?って
聞いたら、即答で辞めてもらう、と言われました。



356 :名無しかましてよかですか?:04/01/31 12:47 ID:+1kziiTE
「小林」と「よしのり」のあいだのスペースが気になる文章ですね。

357 :名無しかましてよかですか?:04/01/31 13:41 ID:p3kgaQL9
おれも小林よしのりのもとで少し働いてみたいw

358 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 10:20 ID:28NSfrks
俺すごいこと発見した えっへん

山本夏彦の著書から引用して戦前の日本は豊かだったと描いてるけど
東北の農村では遊郭に身売りされる女子が多かったということも
描いてる。これは矛盾。


大東亜戦争は欧米と同様の侵略の側面もあったが戦後になって
アジア諸国が次々に独立した。結果良ければ過程も目的もどうでもいい。
結果良ければすべてよし。
大量破壊兵器が見つからなかったから大義無き戦争だった。
しかしフセインの圧政からイラク国民は解放された。
後になって大義にこだわるのは矛盾

359 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 10:25 ID:oX+hLBUD
>>354-355
妄想オナニーで洗脳しようとしても駄目です。

360 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 11:17 ID:SpdO9Z7A
>>358
戦争に大義がなくてどうする。
論点のすり替えだね。

361 :ライオン丸:04/02/07 13:57 ID:eFyg5MyC
結果も良くないしね。

362 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 18:12 ID:ev9zgmVV
>>360
戦争に大義など存在しない。孫子からやりなおせ

363 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 18:52 ID:IH93301A
>>362
大義が無ければ始計の一でコケるんだが・・・
お前大丈夫か?

364 :代々木系立命館撲滅委員会:04/02/07 18:56 ID:H2xl1NeW
代々木勢力に毒された立命館は最悪だ!!
共に闘おう!!
http://www.infoseek.livedoor.net/~rituhyou/
http://bbs6.otd.co.jp/611457/bbs_plain


365 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 19:26 ID:ev9zgmVV
>>363
自国の理は説いても客観的な大義など存在しない訳だが

366 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 19:55 ID:qMe/b6wH
>>360
クラウゼヴィッツも加えて嫁

>>363
「戦争」の対義語は「交渉」で、そこに国益はあっても大義は無い
お前こそ大丈夫?


367 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 20:56 ID:ao6kRIX+
>>363
自軍の出動に対する大義なのに、客観的である必要は無いだろ。

368 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 21:05 ID:Lbv2oBNd
>>367
客観性がない「大義」って、誰に向かって言うことなの?
自国民の大部分が納得できればいい、ってこと?
ならアメリカもOKなんでないの?

369 :名無しかましてよかですか?:04/02/07 21:09 ID:dPYE8/NJ
小林よしのりは自分の思想・論理の矛盾が世間にバレてしまったことに
とっくに気づいています。
それゆえ、思想やイデオロギーではなく、人格で人を判断すると言い出したのです。
つまり、小林の主張は、小林の好き嫌いに拠っているということです。

370 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 00:06 ID:87MIOaYz
>>369
俺は厨房の時から知ってたよ

371 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 00:27 ID:dG+yM0k5
>零戦はドイツ軍に渡されたんじゃなかったっけな?で、試験飛行の結果が
>「航続距離はいいが、その他はBf109の方が上。つかえね〜」だった気が。

零の場合は大洋を越えての作戦が視野にあったからな。
ドイツの場合はドーバー海峡を越えることが出来ればオーケー。
ま、実際にはドーバー越えたことろでパタパタ落とされたんだが。


372 :反代々木:04/02/08 01:29 ID:CJjIKK8D
代々木勢力に毒された立命館は最悪だ!!
だがお前らはもっと最悪だ!!
撲滅してやる!!
http://www.infoseek.livedoor.net/~rituhyou/
http://bbs6.otd.co.jp/611457/bbs_plain



373 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 03:17 ID:C3d2y5KZ
>>367
客観性のない大儀って結局、国益になっちゃうんだが。

374 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 15:58 ID:u2KL4z4Z
>>373
それも解るんだけどね。やっぱり自分とこの軍隊を使うときの大儀なんだから
客観性なんていらないと思うな。

375 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 16:12 ID:R6GzAVYn
************************************************************************
★グローバル・ピース・キャンペーン★
OPEN-J BOOMERANG 401【G7に向けた 日本政府案】
************************************************************************
■転載・転送・大歓迎■

◆さとうしゅういち◆

自衛隊イラク派兵基本計画と共に、衆議院で強行採決された、2003年度補正
予算。その中身は、外国為替市場で円売り介入を行うための外国為替特別会計の
枠を21兆円も拡大するということです。

財務省の発表では先月の為替介入額は七兆円あまり。外貨準備高の動向を見れば、
おそらく、大半がアメリカ国債購入に充てられたとと推測されます。その手持ち
資金が底をつきそうになったため、財務省が保有する米国債を五兆円ほど、日銀
に売却しています。そして、今回の補正予算です。

七兆円という数字は年間に直せば、なんと84兆円です。来年度予算の総額に匹
敵します。政府は、来年度もさらに60兆円枠を引き上げる予定です。少なくと
も来年度も60兆円はドル買い・円売りを行う覚悟を財務省は決めているのです。

376 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 16:13 ID:R6GzAVYn
為替介入、いや、外国の通貨や国債を購入するために税収を上回る金額を投入す
る国など前代未聞です。実は、今年のアメリカの財政赤字は過去最悪の5210
億ドルになりそうだと、ブッシュ大統領が予算教書で発表しています。軍事費の
増大や、金持ち減税が響いています。それはともかく、5210億ドルに1ドル
=105円という為替レートをかけるとだいたい60兆円に近い金額になります。
偶然にしてはあまりに出来すぎています。ひょっとして、ブッシュ政権は日本の
予算案に呼応して「この程度の赤字なら日本がなんとかしてくれるから大丈夫」
とタカをくくっているのいるのではないでしょうか?

アメリカの財政赤字の尻拭いを、丸々日本の財務省がするということです。皆さ
ん、信じられますか?今起きようとしている事態を。

ヨーロッパは、ユーロという独自の通貨圏を構築しつつある。中国も最近はユー
ロにも外貨準備をシフトしつつあるそうです。そして、日本において内需が低迷
し、輸出に景気回復を頼る限り、貿易黒字の拡大は避けられません。現に昨年の
経常収支黒字は過去最高です。一方で、アメリカは財政と貿易の「双子の赤字」
を垂れ流している。そんな状況下ですから、円高圧力は避けられません。

日本の財務省は、ブッシュ大統領のために、ドンキ・ホーテのごとく、米ドルを
購入しつづけているのです。そして、日銀に米国債を事実上押し付けるという暴
挙に出た。乱暴に言えば、日銀にお札を無制限に刷らせるなどの非常手段を取っ
てでも、米国債を買い支え、ドルを支えるということです。


377 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 16:14 ID:R6GzAVYn
どうせ、日銀がお札を刷って(実際に刷るのは財務省造幣局ですが)、政府の財
政政策に協力するのであれば、それこそ、たとえば失業給付の充実や、医療費負
担増の撤回、年金保険料の引き上げや給付の引き下げの撤回、あるいは、教育や
研究の充実など「国内」に「投資」すべき分野はいくらでもあるでしょう。

自然エネルギーへの転換や、瀬戸内海などの環境修復なども待ったなしの課題で
すし、環境にも人間にもやさしい街作りも今後ますます必要でしょう。

内需拡大を通じて、景気回復を図るとともに、将来不安を解消する。将来への展
望を開く。そんな経済政策のために通貨増発を行うのであればまだ納得できます。
内需拡大により、経常収支の黒字が削減できれば、為替介入などしなくとも、円
高に歯止めがかけられます。

しかし、私たちの政府が、そして日銀が、外国の財政赤字の穴埋め、それも金持
ち優遇の減税、あるいは違法なイラク戦争や核兵器開発など軍事費の穴埋めため
にお金を湯水のごとく使うことは到底許されるものではありません。

そして今のような経済政策を続ければ、円高が続きますから当然、せっかく溜め
込んだドルの評価損も生じてきます。ところが、外為会計はおかしなことに、評
価損を計上しません。しかし、1円円高になれば数千億円の国民の財産が吹っ飛
ぶのです。


378 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 16:15 ID:87UFePxJ
http://www.geocities.jp/fd8reke/2ch_1.htm
>TBSテレビ・サンデーモーニング 2004/02/08 デヴィとデーブの対談
北は相当焦ってるね。

379 :名無しかましてよかですか?:04/02/08 16:15 ID:R6GzAVYn
いま、まさに、気が遠くのなるような愚策、「ブッシュ大統領と心中」をしよう
としているのです。為替介入自体には反対しません。実態経済と乖離した異常な
投機もあるからです。しかし、今は実態経済の歪みを正すことで、円高そしてデ
フレを是正すべきときです。

「展望なき為替介入」を含む2003年度補正予算案、そして2004年度予算
案はこれを抜本的に組替えるべきです。このまま予算案を組替えずに突き進むと
すれば、小泉総理は企業でいえば「背任罪」そのものではないでしょうか。

いや、そこまで突っ込んだら開き直るかもしれない。「だから自衛隊を派遣して
アメリカの敗北→崩壊→ドル暴落を防ぐのです!」少々戦死者が出たくらいで撤
退しないというのが私の予測です。意外と石破さんのほうがびびって、竹中さん
あたりのほうが閣議ではイケイケだったりして。

日本は、岸信介というA級戦犯の経済閣僚(商工大臣)を首相にしてしまった無
反省な国ですから、また経済政策を誤り、同じことを繰り返す危険は高い。

イラク戦争の戦犯のA級の一人は竹中平蔵氏、塩川正十郎氏(前蔵相)でしょう。
もちろん、川口氏、石破氏もですが。福田氏は欠席したから減刑か?(笑い)。

広島瀬戸内新聞サイト:
http://www.h2.dion.ne.jp/~hiroseto/


380 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 13:31 ID:z9vVgDqA
戦争に「大義」を持ち出す事自体、噴飯もの。ただ今、「大義がなかったじゃないか!」
ってアメリカが責められてるから、小林も便乗して責めてるだけ。もし誰も「大義」のこと
でアメリカ責めてなければ、小林も一人で「大義、大義」言う気はないでしょう。

チベットのことでも韓国のことでもアメリカの事でも、「相手の弱みを握る」「相手の弱み
を責める」ことが「国益」「交渉カード」を得る第一歩なわけで、小林が思想家ではなく
たんなる「愛国者」であれば、何の矛盾もない行動だと思います。

381 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 13:34 ID:FzH25Cww
ぽいえ

382 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 13:40 ID:FzH25Cww
けいえ

383 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 13:45 ID:FzH25Cww
kanti sex siyo.

384 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 13:46 ID:dNj+0Ag8
威の金盆梅会


385 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 13:56 ID:7g9SrvDG
スクランブルロッケンロー

386 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 14:00 ID:7g9SrvDG
リードって便利だな

387 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 14:04 ID:7g9SrvDG
まことくん、ボッシュートです

388 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 14:05 ID:7g9SrvDG
ホリ最高

389 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 14:08 ID:7g9SrvDG
名倉あやまれ

390 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 14:36 ID:iN6bPitK
あげ

391 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:08 ID:iN6bPitK
よしりん〜うしろ〜

392 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:09 ID:iN6bPitK
発明将軍ダウンタウン

393 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:11 ID:iN6bPitK
や お い 女 、 必 死 だ な ( 藁

394 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:13 ID:5ShVJeZA
お前も蝋人形にしてやろうか!

395 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:17 ID:5ShVJeZA
福田和也はウルトラM。

396 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:18 ID:5ShVJeZA
ハルとアキ(プッ

397 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:19 ID:5ShVJeZA
つまり一行ネタスレってことでいいんですよね?

398 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:20 ID:5ShVJeZA
どうも、僕です。

399 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:22 ID:5ShVJeZA
ヒャー

400 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:53 ID:FzH25Cww
おいつ〜めら〜れて はながさく
あとは〜ゆう〜きと たいみんぐ
ねたがかぶ〜った どうしよう
どうに〜かな〜るさ へんしゅ〜う〜で〜

401 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:54 ID:FzH25Cww
400とった〜よ〜

402 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:54 ID:FzH25Cww
やったじゃ〜ん

403 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:56 ID:FzH25Cww
ハーゲンをダッツで

404 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 15:59 ID:FzH25Cww
やしきたかじんって、ほんとうにキモイな。

405 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 20:43 ID:yZgwFucz
>>124
唖然・・・
知ってたうえで、それでも容認してたと思ってたのに。。

遅レス、スマソ

406 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 03:24 ID:pmw4/ffG
よしのり氏は、自分が何を云っているのか分っていない。
ああ哀れなよしのり≠諱A何処へ行くのか。


407 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 02:36 ID:bBkf0SOa
>406
悪いのは取り巻き

408 :ユータ:04/03/19 02:52 ID:Jmzhu8N9
とりあえずオレの主張聞こうぜ!! な!!

409 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 15:12 ID:HC4IOgND
なんかあいつ新ゴー宣描き始めた頃くらいから、「戦後、核家族化が進んで
伝統の子育てが、・・・」とか核家族を批判するようなことばかりぬかして
るくせに自分は親と一緒に住んでない(子供はいないが妻はいる)!そうい
う台詞は自分が親と同居して言えよな!「嫁姑の確執がおこるから。」なん
てぬかすんじゃねーぞ、この独善野郎!!

410 :名無しかましてよかですか?:04/03/27 01:21 ID:7rkdZl7N
もうガイシュツだろうが、コヴァは「公は目一杯範囲を広げても国まで」といってて、
(もちろんこの言葉は日本人以外にも当てはまることであるはずだ)
これは遠回しに国を超えた範囲の公など意味がないと言ってるように思うのだが、
一方で国際法など役に立たないという中西輝政や岡崎久彦のことを批判している。
コヴァはきっと公の範囲云々じゃなくて単に親米保守のことが嫌いなだけだろう。

411 :名無しかましてよかですか?:04/03/27 13:04 ID:zyYtzoTX
国を超えた「公」は国際法しか存在し得ないというニュアンスのことを
昨日の朝生でしっかりと言ってますた。

412 :名無しかましてよかですか?:04/03/27 20:36 ID:38QgDeMh
>>411
こやばしの言う「公」って、捕らえ所が無いよな。

413 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 02:04 ID:C9Tz9H4T
>>410
中西や岡崎の例の発言はつまり“郷に入っては郷に従え”の論理なんだろう。
漏れだってわしズムでウィーン条約のネタを見たときには
そりゃこんなんじゃ国際法なんてない方がマシだって思ったもんだよ。
スレ違いなんでsage

414 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 13:49 ID:63LadzHZ
「公は目一杯範囲を広げても国まで」なんて、小林は言ってないぞ。
目一杯広げるなら世界大にまで広げることは可能だ。
「公」は、私の外から世界大まで伸縮可能だというのが小林の立場だよ。


415 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 14:19 ID:PSbpmZnq
>私の外から世界大まで伸縮可能
よしりんの都合で伸縮可能です。

416 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 21:32 ID:ALFdWGpn
つまりあれだろ。
漫画の中では誰も異議を唱える奴がいないから、どんどんDQN
な内容になっちゃうんだけど、朝生みたいな議論の場では小林も
無難な立場とらざるおえないから、ゴー宣に描いてある事とテレビでしゃべってる事に
大幅な違いが出てしまうんだろう。

417 :よしりんの「公」感はデタラメ:04/03/31 14:17 ID:HhURc/si

 本章のテーマを「公共性」と「共同性」の概念的相違とした。この二つの単語は、一見、語義的に
等値と見られる向きもあるが、本来厳密に区別されている概念なのである。したがって以下において、
「公共性」の概念を「共同性」と対比させつつ明らかにしていく。
 まず、「公共性」はあらゆる対象にオープンである。詳らかにすれば、他者との共生を侵害しない
限りにおいて多様な価値観の存在を認め、そういった、個々の共同体の〈間〉を構成する空間を意味
する。それに対して、「共同性」は言語・民族・宗教をはじめ、所属における必然性、いかなるもの
を「共通善」とするか、というように、ある一定の価値観の共有が前提となる空間であり、異質のも
のを排除するという性質を帯びたものとして理解されるべき概念なのだ。
 そして、今回私が最も強調したい相違点として、「共同性」を担保とするメディアを愛国心・愛校
心・愛社精神・仲間意識などに求めるのに対して、「公共性」のそれは、人と人との〈間〉における
事柄・関心事への意識に求める。いいかえれば、「公共性」は「共同性」のように所属の必然性をア
イデンティティに求めるような空間ではなく、アイデンティティに依拠しない、多様な価値観を持っ
た共同体を超えた「間共同体的」コミュニケーション空間なのである。横浜国立大学教授の斎藤純一
はこのことに関連して、以下のように述べている。


 アイデンティティ(同一性)の空間ではない公共性は共同体のように一元的・排他的な帰属(belonging)
を求めない。公共的なものへの献身、公共的なものへの忠誠といった言葉は明白な語義矛盾である。
公共性の空間においては、人びとは複数の集団や組織に多元的にかかわること(affiliations)が可能
である。かりに「アイデンティティ」という言葉をつかうなら、この空間におけるアイデンティティ
は多義的であり、自己のアイデンティティがただ一つの集合的アイデンティティによって構成され、
定義されることはない(注7)。〔強調は、橋爪〕
ttp://homepage2.nifty.com/jinichi/thesis2.html

418 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 14:21 ID:HhURc/si
しかし、この古代から中世にかけてのソキエタス=キウィリス(政治的市民社会)に根ざした、古代
ギリシャ=ローマにおける「公」の概念は18-19世紀に大きな構造転換を図られることになる。という
のは、商業圏の発達により、もはや、ポリスという閉じた共同体に収まらないブルジョワジーが商業
経済を担うという状態が顕在化するようになったからである。そういった時代背景とあいまって、市
民社会の観念がソキエタス=キウィリス(政治的市民社会)的「公」からビュルガーリッヘ=ゲゼルシ
ャフト(経済的市民社会)的「公」のことをさすようになるのである。
 ここにおいて、商業経済の主体をなす個々のブルジョワジーが他者を侵害しない一定の規範を見出
すコミュニケーション的空間を市民社会と呼ぶようになるのである。この空間は、もはやポリスのよ
うな政治共同体的空間ではなく、共同体的カテゴリーを超えた、共同体の〈間〉に他ならない。
 人はそれぞれ、多様な共同体に属しているといってもいい。しかし、これが、ひとたび経済的主体
になれば、共同体云々を論じるのはもはやナンセンスである。こういった、社会思想史的背景を踏ま
え、近代における「公」=パブリックの概念とはソキエタス=キウィリス(政治的市民社会)的「公」
ならぬ、ビュルガーリッヘ=ゲゼルシャフト(経済的市民社会)的「公」を指すのが社会科学の常識と
なったのである。

419 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 06:34 ID:o1VkZk5O
>>410
それは、現時点で我々の「公」が通じるのは日本という「国」までである
といっているだけ。

実際、秩序を守るためには法律や、それを守らせる警察機構という強制力
が必要であると小林氏もいっているし。

例えば、絵空事では有るが、世界政府みたいなものができて世界に広く
「法」とそれを強制させる機構ができれば、「公」も世界まで広がるということ
になる。
強制力のない国際法はあまり意味がないということになる。

>>411
それは、国を超えた「公」は今のところ「頼りない」国際法しかないということ。
なので、このような「頼りない」「公」はあまり意味がないということだろう。

ようは、世界ってのは混沌としててなかなか「正」とか「悪」とかで分けることは
できんといっているわけだ。


420 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 06:43 ID:o1VkZk5O
>>419
間違えた。

「正」とか「悪」とか → 「善」とか「悪」とか

421 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 06:52 ID:o1VkZk5O
>>419
> ようは、世界ってのは混沌としててなかなか「正」とか「悪」とかで分けることは
> できんといっているわけだ。
>
この文、全然まとめになってなかった。

訂正)
ようは、「法」を強制させる機構があるかどうかで「公」の範囲が決まると言ってる
わけだな。


422 :名無しかましてよかですか?:04/04/24 16:56 ID:AfH9vnaC
戦争論2では「侵略」という定義自体に意味が無いと言ってたのに、
3ではイラク戦争を侵略戦争と断定しているのはヨジュン

158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)