2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【全体主義】戦時中の日本は北朝鮮にそっくり

1 ::03/12/04 00:40 ID:nU5Mmcjw
常識だろ?


2 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 01:05 ID:p6e9YrV1
禿同。

ウヨとは要するに日本の北鮮化を狙う赤色分子。

3 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 01:14 ID:p6e9YrV1
マンセーするのが天皇か金日成かの違いだけ

4 :うよだが、:03/12/04 01:20 ID:WTbIoN1G
戦時下ってのは何処の国でもそんなもんだよ。
米英も同じ。
ま、北朝鮮今も一時休戦中なだけらしいから、そうなんだろ。

5 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 01:32 ID:vO9xhHRA
戦時下の米英が「全体主義」だったという説は初耳だな(w
そらま相応の言論思想統制はあったが、それは今も全く同じ。
少なくとも戦時下である今のアメリカが北朝鮮そっくりという説は聞いたことがない。

それに北朝鮮が一時休戦中なら、韓国も全く同じ立場だ罠。
今の韓国と北鮮がそっくりか?いっぺん氏んでこい。

6 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 01:41 ID:22NhPqM4
ブッシュの言う「悪の枢軸」の「枢軸」とは、第二次大戦時の日独伊三国同盟=枢軸国から来ていることを知っているウヨの人は何人いますか?ついでに「枢軸」を英語で何と言うか知っているウヨの人は何人いますか?

7 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 01:42 ID:22NhPqM4
「ファシズム」の意味を知っているウヨの人は何人いますか?

戦時中の日本はなんでファシズム国家と呼ばれるの?

8 :うよだが、:03/12/04 01:51 ID:WTbIoN1G
>>5
第二次大戦中のことだよ。
日本が国家総動員法により、国民を総動員できたように。
英国だって、非常大権法により、同じ事が出来た。
社会主義者は日本は治安維持法でパクられるが、
米国は防諜法で社会主義者をパクっていた。

他にも色々あるが戦時下の米英と、日本にそれほど差があるとはおもえんのだな。
全体主義かといわれたら、日本と同じ程度の全体主義的な風潮があったと思う。


9 :結 論:03/12/04 01:52 ID:/7rAub93
戦時下の日本を礼讃するヤシは北朝鮮の手先=ポチ。偉大なる首領さま=天皇陛下マンセー!

10 :うよだが、:03/12/04 01:54 ID:WTbIoN1G
>>7
一部の香具師が言っているだけ。
ファシズム的な風潮があった事を否定する人はいないが、
ファシズム国家と言っていたらドキュソ。
あくまで日本は戦時体制に移行しただけ。

11 :うよだが、:03/12/04 01:59 ID:WTbIoN1G
日本の方が少々厳しかったが、
それだけ日本が危機的状況だっただけ。
敵国の本土に上陸できるくらい優勢だったら、国家統制を強める必要もないしね。


12 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 02:04 ID:U6t8U3ju
>>8
「あったと思う」ってお前なあ、思うだけで物を言うな思うだけで。情けなくなる。

日本と同じ程度に全体主義的だったのはドイツ、イタリア。だから枢軸なんだろが。
(実はソ連もスターリン時代で同じ程度に全体主義的だったのだが)

米英は戦時中でも相対的にずいぶんましだった。

もちろん日系人が収容所に入れられるとかの人権侵害はあったがな。
いきなり拷問受けたり虐殺されたりということはない。
日本の特高、ドイツのゲシュタポの比ではない。

なんならお前も特高にしょっぴかれてみるか?(w

13 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 02:15 ID:U6t8U3ju
>>10
2.26事件以降、日本が全体主義=ファシズムにつき進んでいったことは
文部省の検閲を通った国定教科書にも書いてあるゾ。
国の見解に逆らったら、当時ならホントにしょっぴかれるよ。

それでも信じられないなら「ファシズム」「太平洋戦争」でネット検索かましてみな。
その上でなお「一部の香具師」なんて言ってられたら基地外。

お前、マジで何歳? 厨房?工房? 社会科の成績1だろ?

14 :うよだが、:03/12/04 02:17 ID:WTbIoN1G
>>12
全体主義国家だから、連合国に枢軸国と認定されたと思っていたのか?
枢軸国ってのは、ドイツイタリアの自称だぞ。
そもそも枢軸国の語源なんだか知ってて言っているのか?

そしてなにをもってマシだと言っているわけ?
戦時中のみならず、戦後でもCIAとか無茶やっているぞ。
お前さんもパクられて、自白剤を投与してもらうか?
肉体的な外傷はないかもしれんが、まず下手すれば廃人になるぞ?(w

15 :うよだが、:03/12/04 02:21 ID:WTbIoN1G
>>13
教科書にかいてあるから事実です。
ではなんの証明でもないだろ。
まずファシズムの定義を決め、日本のどの辺りが合致しているのか述べてみなさい。
そしてそれと諸外国の状況を比べてみるのも必要だな。


16 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 02:45 ID:adWeLJqe
>>14
なるほど、とりあえずアメリカの裏の暴虐ぶりを知ってるあたり、反米コヴァか?
それなら話は早い。
米英に限らず帝国主義列強は、国内では比較的民主国家の顔してるが
外ではメチャクチャしてるからな。原爆なんて完全にハーグ条約違反だろ?
戦後に限ってもベトナム然り中南米然り今のイラクもそうだ。

まあ国家なんてどこも無茶してるってことだよ。
だからって、戦時中の日本の行為を正当化することはできんがな。
とりあえず国内事情については戦時中の日本と北朝鮮はそっくりってことで。

ーーーーーーーーーーーーーーー結論ーーーーーーーーーーーーーーー


17 :うよだが、:03/12/04 02:51 ID:WTbIoN1G
今のアメリカの暴走は結構気に入っているのだが、
国家ってのはああじゃないと駄目だよ。
国益の為なら、他国を踏み潰すのが国家の正しいあり方。
戦時中の日本と、米英の戦時中が似ているってのは同意。

で、北朝鮮とどの辺りが似ているのかな?


18 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 03:07 ID:8XgHmnbV
>>15
証明?アフォか?歴史的に自明な事柄を何故にこんな糞板で証明する必要がある?
お勉強は人に教わるもんじゃなく自分でするもんだ。
俺は単に外の世界から、お前らお子ちゃまクソウヨ妄想狂は世界の中で1%未満の少数派だと告知してるだけ。
文句があったら政府にでも国連にでも殴り込んであらゆる歴史書き換えてもらえ。
どうせてめえらみたいな妄想妄言はネットでしか書けねえだろ。
死ぬまでネットでオナニーしてろ、この真性自閉症野郎。

19 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 03:19 ID:Z+NFTgX8
特攻=自爆テロなんて基地外じみた戦術は狂信者集団しか思いつかん罠...。北朝鮮の工作員は捕虜になるより自決するから、その点で旧日本軍と似てるね。

20 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 03:20 ID:Z+NFTgX8
教育勅語も、天皇を首領様におきかえたらそっくりだね。

21 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 03:41 ID:GRi87+9A
ヴァーカ、北朝鮮体制も主体思想も、植民地下で日本流教育を受けた連中が真似して作ったんだよ。似てるのは当然。

22 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 04:16 ID:dEDhXMlY
資源も食料も軍に回されて国民は餓死寸前・・・そっくりじゃん。

23 :金正日国防委員長:03/12/04 06:00 ID:9jCh3s40
國體の本義に基き庶政を一新し、以て
 國 防 國 家 體 制 を 確 立
するは、現下内政の急務であると信ずるのであります
   (近衛総理施政方針演説1941.1.21)
             ☆
国防国家といふのは、一体どんな国家形態であるか、それは、
 『 広 義 国 防 の諸々の要素−
   軍 事、 政 治、 外 交、 経 済、更に 思 想 等の要素が
 戦 争 目 的 に 合 致 する様に、 一 元 的 に 組 織 され、
  統 制 的 に 運 営 される機構を持ち、
 平 時 、 戦 時 の 形 態 が 互 に 接 近 してゐて、
  いざといふ時には 
 平 時 の 態 勢 に 大 き な 変 化 も 加 へ ず に
   直 ち に 戦 時 の 態 勢 に 移 る 
 事 が 出 来 る 国 家 』
かういふ国家体制を国防国家と云ふ。故に換言すれば、
国防国家とは、
 国 防 と い ふ 原 理 を 国 家 の 指 導 原 理 とするもので、
政 治 、 外 交 は勿論、 経 済 も
  国防国家建設の方向に向つて新しい体制を取り、
思想、教育に於ても又、国防国家の成員として適はしい人間を作る方向−

 従 来 の 自 由 主 義 を 放 棄 し て 、

  国 家 本 位 、国 防 国 家 本 位 の 
     教 育 体 制 、 思 想 内 容 が 創 造 されなければならない。

////////  「国防国家とは如何(どう)いふものか」 1940.7.24 放送

24 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 06:33 ID:bEh6cxAW
戦前の日本と北朝鮮のちがい
天皇は太っていない
天皇は自分に拍手しない
天皇は国民が食べる分の食料をまきあげたりしない
日本のラジオのチューナーは当時からダイヤルが回った
日本は当時世界の5大国のひとつだが、北は5貧国のひとつ


25 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 06:53 ID:CXJ7RHCp
http://homepage3.nifty.com//coco-nut/

26 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 08:12 ID:4+I8vyDX

結局、大日本帝国の過ちをプレイバックで見せられているようなものだから
糞ウヨにとっては

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

って気分なんだろうね(´∀` )

そろそろ嫌韓も相対化されていいな。2chに価値の絶対化は似合わない。

27 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 08:28 ID:LCxPb75o
70前半のおばあさんに聞いた話では戦時中の日本と今の北チョンでは
国民の貧富の差が全然違ったらしい。もちろん日本の方がその差は小さかった
と。まあ確かに戦後孤児が多発したのも内発的にじゃなく戦争があったから
だけど、今の北の場合は戦争もしてないのに共食いが多いと聞くしなあ・・
国内情勢はあきらかに昔の日本の方がいいと思う。でも体制そのものは北と
変わらないし、大日本帝国の場合本当に侵略しまくっていたからはっきりいって
総合的には同じかも・・

28 :名無しかましてよかですか?:03/12/04 10:01 ID:G2ij6GPy
>1
戦前の日本は共産主義国じゃないよ。
北朝鮮の御仲間なら、旧ソ連・旧東ドイツ・旧ルーマニア・ベトナム・キューバ・中共等々、沢山あるじゃんか。

共産主義と独裁者は付き物だしね。

29 :うよだが、:03/12/04 23:06 ID:WTbIoN1G
>>18
つまり証明不可ってことかな。
あとさ、ファシズム的な風潮を強めたと記している教科書はあるが、
ファシズム国家だと記してある教科書はない。
その違いくらい分かるよね。

そしてそれでも日本をファシズム国家だという学者は、自分なりの定義をだし、
それに合致している点を指摘して、日本はファシズム国家だと認定しているんだよ。

ついでに世界でファシズム国家とされている国は、
イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガルの四ヶ国
日本まで含める事は少ない、何故ならこの四ヶ国とは国家体制に違う点が多い為。
だからファシズム認定している人は、「日本型」ファシズムという造語を作らなければならないんだよ。

30 :ライオン丸:03/12/04 23:33 ID:7vKfhxHg
皆さん鎌倉時代から、日本の歴史をおさらいしてきたほうが...。 天皇はみこしで、明治以降は議員内閣制。

31 :うよだが、:03/12/04 23:59 ID:WTbIoN1G
いくら何でも議員内閣制じゃないだろ。


32 :サヨなんか俺?:03/12/05 00:05 ID:XuEk0VhM
この板の連中は60年代レベルの右左の区別で議論してるから右も左もヴァカなんだよ。
政治体制を見る時に最も重要な視点は民主的か専制的(独裁・寡頭を含む)かである。
専制国家は国民に対する強いイデオロギー教化や相応の恐怖政治を伴うのが普通。
その意味では、戦時中の日独伊枢軸国もソ連を始めとする旧東側諸国も北朝鮮も
類似の政治体制としてグルーピングするのが学界の常識。イデオロギーの中身が
天皇陛下万歳かハイルヒトラーか共産主義か主体思想は副次的問題。


33 :うよだが、:03/12/05 00:31 ID:YhOb+135
>>32
それじゃ日本がなににより、専制的な支配をされていたというのかな?
天皇?軍部?官僚?

>専制国家は国民に対する強いイデオロギー教化や相応の恐怖政治を伴うのが普通。

戦時下や冷戦中のアメリカを見ると、専制国家と変らない気がするんだよねえ。
自国の政治体制の絶対化、つまりイデオロギー教化。
特定思想を持った者の公職追放。
少数異民族の強制収容所や特定地域への隔離政策などなど。

俺は戦争中、国家統制を強めるのは何処の国でも当たり前だし、
戦時下における緊急非難敵な処置をもって、その国をどうこう言うのは間違っていると思うな。

34 :ライオン丸:03/12/05 01:05 ID:sAhzi5U4
日本はずーっと民主主義国家よ。そりゃ参政権は今より限られてたろうが。それに極端な民族主義の朝鮮と、大東亜共栄圏を提唱した日本は区別せにゃあ。

35 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 06:19 ID:pB1Vl2HI
>>32
そりゃ50年代のレヴェルだぞ・・・・

36 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 06:24 ID:pB1Vl2HI
そういった手垢の付きまくった古臭いファシズム論を超えて
(「」つきの)日本型「ファシズム」の実相を考察していこうとするのが
現代的論点

37 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 11:08 ID:jHNuvOhM
専制と独裁は違うよね。
独裁は民衆の圧倒的支持を背景に権力を振るうわけだから民主主義が
前提として不可欠だが、
専制には民衆の支持など必要無い、強固な支配体勢と権力を握っている
事実があれば良い。

で、日本の戦時中は独裁よりも専制と言った方が正しいと思う。
そういう意味で独裁とかファシストとは区別すべきかと

38 :国語辞典:03/12/05 12:25 ID:Enp3EfMv
せんせい 0 【専制】

(名)スル
支配的立場にある者が独断でほしいままに事を行うこと。

39 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 21:54 ID:TYu974FO
>1
戦時中の日本は北朝にそっくりと言っていますが、
それは極めておかしな理論だと思います。
まず、日本は独裁者など一度も出たことのない国である。
(織田信長が独裁者という意見もあるようだが、実際はちょっと違うと思う)
それから日本にはちゃんと与党、野党というものが存在していた。
間違っても東条が独裁者ではない!!
また日本は北朝みたいに大量の餓死者など出していない。
そして何より当時の日本は自国民のことを第一に考えてくれた。
それに比べ今の北の将軍様は自国民の大量死よりも自分のことだけです。

安部晋三も言っていた、北朝鮮という国家は過去2000年遡っても、
あんなめちゃくちゃな国家は世界中探しても存在しないとはっきり
言っている。

それと最後に日本人は他国に密入国して国家絡みで拉致(誘拐)
したことが一度でもありますか??旧ソ連でもあそこまでの事は
やっておりません。人類史上最悪の国です。
それに比べ戦前の日本は今の日本よりもずっと国家らしい国家ですよ。
そんなことは常識中の常識です。

40 :サヨなんか俺?:03/12/05 23:55 ID:voMWCuGB
>>日本は独裁者など一度も出たことのない国である。
独裁はあくまで専制の一種。専制の方が上位概念。
日本型ファシズムが複数の権力グループの寄りあいであり、むしろそれゆえ
明確な戦略作りや決断がなされず、また責任の所在が不明確であったのは事実。
そうした体質は戦後の自民党政権にも妥当する日本独自のスタイルではあるな。

>>日本にはちゃんと与党、野党というものが存在していた。
チミ、大政翼賛会って知ってる?
そもそも5.15、2.26以降、政党政治は死んだのだよ。

とゆーか、チミはウヨなのか何なのか知らないが、野党なんかなければいいと
毎日のようにこの板で叫んでるのはウヨの諸君だと思うのだけどなあ。
ウヨの諸君が望んでいるような政治体制、それが当時の日本だよ(

41 :サヨなんか俺?:03/12/05 23:57 ID:voMWCuGB
>>何より当時の日本は自国民のことを第一に考えてくれた。
国民のことを第一に考えた結果が、軍人に関しては玉砕・特攻、
民間人に関しては無差別爆撃・原爆で300万余人の死者。ほーお。
ついでに言えば、琉球人の扱いはどうだったかな?
彼らはヤマトンチューよりチョンに近い種族だから死んでもいいってか?
納得。

>>安部晋三も言っていた、北朝鮮という国家は過去2000年遡っても、
>>あんなめちゃくちゃな国家は世界中探しても存在しない
どうかなあ。スターリン時代のソ連もあんなもんだったと思うが...。
戦死者2000万人は必ずしもナチスのせいばかりではないし、
戦争以外にも粛清だけでも数百万人は殺されてるはず。


42 :名無しかましてよかですか?:03/12/05 23:58 ID:voMWCuGB
ちなみに、もっとメチャクチャな国が戦後にもあった。
その名をカンボジアという。ポルポトってチミ知ってる?
共産主義国家なんて多かれ少なかれそんなもんだよ。
その他にも、アフリカあたりには専制と残虐さの度合いじゃ
北朝鮮もマッツアオなんて国がいくらでもある。

文体からしてチミは若い子だと思うが、安倍みたいなオヤジの言うことを信じず、
若者は若者らしく大人を過剰に信じず自分で広く勉強しなさい。


43 :サヨなんか俺?:03/12/06 00:45 ID:fls8AJ7r
右の伝統・道徳教育マンセーオヤジ、左の護憲・平和マンセーババアも含め
「脳味噌の硬化した年寄りはさっさと引っ込め」というのが漏れの立場である。


44 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 00:50 ID:K6ZmnVDt
安部ってほんと馬鹿だな。

45 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 00:51 ID:77ffOXR3
> 北朝鮮という国家は過去2000年遡っても、
> あんなめちゃくちゃな国家は世界中探しても存在しないとはっきり
> 言っている。

>国家絡みで拉致(誘拐)

古の国家は普通に拉致やってましたな。
特に騎馬民族系集団で顕著な現象ですな。
蒙古族や満洲族も普通にやっていた。主な理由としては
人手が足りないので労働人口を補充して、生産力の充実を図ったこと。
ちなみに、騎馬民族に対峙する方も、対抗上、減丁ということを普通に行っていましたな。

以上のような観点で北朝鮮を見れば、
拉致してきた人々を何らかの目的で使っていると思われるので、
北朝鮮という国は、(広義の)騎馬民族的要素を多分に持っていると思われる。
建国にあたってはソ連の絶大な影響下にあったわけですからな。

> 日本は独裁者など一度も出たことのない国である。
われわれ村社会は、調整役の長がいれば良かったわけですな。
遊牧系騎馬民族と違い、傑出した強力な指導者はいらんのです。

46 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 00:52 ID:77ffOXR3
>>39
ちゅうか、あんた。ビジュアル比較で十分だよ。
東条閣下は痩せ眼鏡で貧相。天皇陛下然り。
それに比し、
スターリン閣下、金日成閣下は堂々たる体躯。金正日閣下は肥満。


47 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 00:53 ID:77ffOXR3
> チミ、大政翼賛会って知ってる?
> そもそも5.15、2.26以降、政党政治は死んだのだよ。
39の言い分を、政党政治はともかく、
言論が死滅したわけではないと言っているのではないかな?
反戦演説をぶって当選した例外も存在する。


> 専制の方が上位概念。
> 日本型ファシズムが複数の権力グループの寄りあいであり、むしろそれゆえ
> 明確な戦略作りや決断がなされず、また責任の所在が不明確であったのは事実。

意味がわかりませんな。38によれば、そういうのは専制とは言わんのではないか?
特定の集団の思うがままにできていないと、言っているようなものではないかね?
私も
> それじゃ日本がなににより、専制的な支配をされていたというのかな?
> 天皇?軍部?官僚?
という疑問が残る。33と同意見ですな。
ちなみに、この件についての私の見解は至って単純。
既得権益(軍部の)の調整難航の挙句の戦争ですな。
そういう点においては、現在の日本も体質的に何ら変わっておらんように思う。

ついでに、「日本型ファシズム」というものの意味もわかりませんな。
ファシズムにしろナチズムにしろ、
組織化された大衆のエネルギーで政権を奪ったわけだが、そんなことが日本であったのかね?
時代の底流として、この時代の大国に全体主義的な流れがあったのは事実だとは思うのだが。


48 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 00:55 ID:K6ZmnVDt
そもそも国家ぐるみで自爆攻撃をやったのは日本だけ?

49 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 01:29 ID:9TMZhLDI
海軍と陸軍は仲が悪かったしねえ...。内務省は内務省で力があったし。
確かに寄り合い所帯でなおかつ専制できてしまうってのは
ウォルフレンじゃないが日本権力構造の謎かもしれん。

>自爆
大韓航空機事件は、あれ自爆の予定が変わったのではなかったっけ?
少なくとも北の工作員は自決はするね。

50 :うよだが、:03/12/06 01:37 ID:j6GcjxKo
>>40
>日本型ファシズムが複数の権力グループの寄りあいであり、むしろそれゆえ

その形態で、独裁やら専制やら言われてもなぁ。
むしろカナ―リ遠いと思われ。

>チミ、大政翼賛会って知ってる?

大政翼賛会は政党政治家が、戦時下という危機的状況を鑑みて自ら作り上げたものだから、
死んだという訳ではないと思われ。あえて言うなら自殺か。
ま、野党があったとかいうのは論外だがな、(戦時下の国に野党なんて存在しない、英は挙国一致連立内閣、米も完全な共同歩調)

ついでにあの程度のテロで政党政治は死んだとかいうのは、政治家に対する侮辱以外のなにものでもないと思うが。
諸外国のみならず、日本でも明治以来、何人も暗殺されているが、彼等はしぶとく生き残り、
戦時下でも「複数の権力グループ」の一角でもあったのだから。


51 :サヨなんか俺?:03/12/06 02:57 ID:nq2dCWgZ
>>50
カナーリ遠いと言うなら、民主制からこそ限りなく遠いわけだが。
定義論になってしまうが、仮に専制でないとしても民主制とは程遠いとすれば
新たなカテゴリーを立てねばならなくなる。
実は、ナチ=「国家社会主義」という呼び名が戦時下の日本にこそ妥当するのだがな。
戦時経済=1940年体制が独自の戦後日本社会主義の盤石を築いたという意味でも。


52 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 08:58 ID:R9gLcyga
大政翼賛会って、本来の目標には到底到達出来ない代物だったって本当?
なんかそういう本かじったけど、肝心の結論がわからん。
結局、どれほど機能したの?

53 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 11:02 ID:77ffOXR3
あんたの
> 民主制からこそ限りなく遠いわけだが。
に対して
奴は前もってこうも言っておる。
> 戦時下の国に野党なんて存在しない、

で、以下は、そやつ(>>50)に関係なく、私の単細胞流解釈。
大恐慌から、戦時体制へ
混沌とした世界情勢の中、
ナチスやソ連は全体主義で、亜米利加までもが挙国一致でやっとるじゃないか。
国家多難の折、日本も挙国一致でやらにゃあかん。
つて、挙国一致体制を取ったつもりが、
所詮、「オサ(長)会議制村民指導主義」だったっということ。
民主主義やら国家社会主義やら、
専制君主制などどいう枠で語るべきもんじゃないだろう。

54 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 11:03 ID:77ffOXR3
> ナチ=「国家社会主義」という呼び名が戦時下の日本にこそ妥当するのだがな。
外来思想の枠に無理矢理当てはめて考えるのは、(一部の)日本人の悪い癖じゃないかね?
外国の流行の文化・思想・体制を導入しても、日本風としか言い様のない
ものになっちまうものだ。
よって、
> 定義論になってしまうが、
ではなくて、無理に定義する必要はない。

ついでに、村民の性格を言っておこう。
日本人の常として和を乱すと思われる奴、灰汁の強い奴は敬遠されたり
拒絶され易くできている。最悪村八分となってしまう。
んなわけで一つの方向に流され易いのだろうな。
諸問題を語る上で、村民性は避けては通れまい。
この村民性によって、驚くべきスピードで「近代化」を果たしたし、
仮に誤った目標が示されてしまえば、そちらへ向かって何となしに、
しかし驚くべきスピードでもって流されていく。

55 :名無しかましてよかですか?:03/12/06 11:09 ID:wjcNwKkg
大政翼賛会も産業報国会も満鉄も、岸をはじめとする革新官僚の実験場だった。
その成果がいかんなく発揮されたのは戦後の高度成長において。
これジョーシキ。

56 :KO.VA.ウォルフレン:03/12/06 11:40 ID:BVO5ehoK
戦後の産業政策に関与した卓越した人物の多くは、戦前、戦中の日本で
"革新官僚"として知られていた。彼らはヒットラー政権下のドイツの考え方と
ムッソリーニの職能団体主義(コルポラツィオーネ)の影響を強く受けていた。
彼らがナチズムへの改宗者だったというのではなく、日本の経済と社会統制の
問題にドイツの方式を適用したという意味である。


57 :KO.VA.ウォルフレン:03/12/06 12:06 ID:D8LIld0o
「1931年の満州事変の後に登場した、いわゆる"新官僚"たち・・・は、国内政治の
再編制に力を貸し、民政党と政友会が徐々に解散に向かう状況に伴う
権力配分の変化を通して目立つ存在になった」

「彼らは、おおむね官僚的だったこれら二大政党を通して仕事をしようとせず、
逆に政党政治の影響を弱め排除する手助けをし、軍部との提携を活性化した。
彼らは主に社会統制官僚の要塞だった内務省に本拠をおいて新しい制度を
導入し、町内会や村会を通して地方自治体と国民をより厳重に統制した」

「新新官僚とも呼ばれた実際の革新官僚たちが注目されだしたのは、運命的な
1936年2月26日のクーデター未遂とその翌年の中国での全面戦争開始後だった。
彼らは経済の諸プロセスが社会秩序の中で果たす決定的な役割に気づき、
熱心に経済統制を導入しようとした」


58 :KO.VA.ウォルフレン:03/12/06 12:35 ID:eXGP9O+M
彼らは初期の理想主義的な段階では、緊張と統治の問題に応えて出現した
ヨーロッパのごたまぜの概念に感化された。多くの革新官僚が、マルクス主義者
として出発し、あるいは社会主義的な信念をもっていた。事実、一部の者は
"赤"がかった傾向を保ち続け、これがスキャンダルになって、1941年初めに
何人かの高官が逮捕された。しかし、後の段階で、革新官僚たちはナチスの考え方、
イタリアのファシズム、熱烈な日本主義すなわち、自由主義的な政党政治を徹底的に
忌避し、強力な国家統制を信奉する考えのもとに結束した。


59 :KO.VA.ウォルフレン:03/12/06 12:37 ID:eXGP9O+M
優秀な革新官僚は全員がキャリアの重要な節目で、日本の関東軍が設立した
傀儡の満州国で公務に就いた。実際、「革新官僚と名乗るからには、満州で
修行してこい」というのが先輩官僚から後輩への慣例的な助言だった。
満州で、彼らは軍部のボスとの協力法を学び、本国ではとても不可能なほど、
はるかに厳格な経済体制を作りあげる手法を覚えた。軍部の計画担当者は、
部分的にソ連の五ヵ年計画にヒントを得て、軍部と民間の経済を動員する
統制計画を長年、夢見ていた。中でも高名な陸軍大将永田鉄山が
"国防国家"の概念をはじめて明確にし、官僚たちの想像力に強い影響を与えた。


60 :国防国家とは如何(どう)いふものか:03/12/06 12:52 ID:s0+MiNyC
國體の本義に基き庶政を一新し、以て國防國家體制を確立するは、
現下内政の急務であると信ずるのであります。
(近衛総理施政方針演説1941.1.21)

国防国家といふのは、一体どんな国家形態であるか、それは、
『広義国防の諸々の要素−軍事、政治、外交、経済、更に思想等の要素が
戦争目的に合致する様に、一元的に組織され、統制的に運営される機構を持ち、
平時、戦時の形態が互に接近してゐて、いざといふ時には平時の態勢に大きな
変化も加へずに直ちに戦時の態勢に移る事が出来る国家』
かういふ国家体制を国防国家と云ふ。
故に換言すれば、国防国家とは、国防といふ原理を国家の指導原理とするもので、
政治、外交は勿論、経済も国防国家建設の方向に向つて新しい体制を取り、
思想、教育に於ても又、国防国家の成員として適はしい人間を作る方向−
従来の自由主義を放棄して、国家本位、国防国家本位の教育体制、
思想内容が創造されなければならない。

61 :KO.VA.ウォルフレン:03/12/06 13:38 ID:ZKyHoPRm
革新官僚の考えをもっとも理路整然と表現したのは、昭和研究会のメンバーであった、
官僚と知識人と記者だった。この研究会は、太平洋戦争へと進む数年の間、
もっとも重きをなした文民政権の指導者だった近衛文麿の親友、後藤隆之介によって
創設された。近衛の"ブレーン"として知られた指導者だった昭和研究会は、
政治体制を改造し、日本から利害の対立を一掃し全体主義的な国家統一を目指した
新国家建設運動(新体制運動)にインスピレーションを与えた。
1940年10月、"新体制"の統制組織として、大政翼賛会が結成された。
翼賛会は帝国の潜在力の発揮を妨げている長年の"セクショナリズム"から一挙に、
また根本的に日本を解放することを目指した。この努力は失敗に帰したのだが、
"経済新体制"の部分は、戦後のとどまることを知らない産業発展計画に影響を与えた。


62 :KO.VA.ウォルフレン:03/12/06 13:57 ID:P0ay4vC9
革新官僚が活躍する機関は内閣企画院だった。この国家総動員の中核機関は、
(その2年前に設置された)内閣調査局と軍部の経済企画部門だった内閣資源局が
合併して1937年に創設されたものである。陸軍がこの合併を押し進めていた。
企画院は後に"経済参謀本部"とニックネームがつけられたが、企画院になると
軍=官僚体制の企画者たちの仕事の重点は日本と満州の産業開発五ヵ年計画から
物資総動員計画に移った。しかし、企画院が意図していた軍部と民間側の戦時産業
努力のかみ合わせはうまくいかなかった。1943年に、企画院が商工省と合併して
軍需省になってはじめて、中途半端ながら効果が表れてきた。いずれにせよ、
企画院は戦後のきわめて効率の高かった経済安定本部の前身とみなせよう。
一方、軍需省の主用機能は通産省に引き継がれた。大政翼賛会とその遺産に
ついては後述する。


63 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 00:36 ID:KEYlth2R
age

64 :52:03/12/07 07:08 ID:TqLSJmpo
へえ、ちゃんと戦後まで影響っていうか、効果出てたのか。
そか、戦後の事まで書いてなかったから余計にわかりにくかったのか。
自分の無知も7割あるけど・・

65 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 16:53 ID:tFe85MQR
国のために戦うような犯罪者になるために生まれて来たのか?

国家とは昨日履いた靴だ。
自分に合わなければ叩き潰してゴミ箱に投げ込めばいい。
裸足でも死にやしない。
今ではどこにでもいくらでも良い靴を売っている。
靴のために死ぬなどというのはバカを通り越しているだろう?
昔も今も、
国のために戦って死ぬような人間は
生きる価値を知らない馬糞だと言われるんだ。
そこのところをしっかりアタマに叩き込まないと、
金正日天皇一族を利用した縦の奴隷システムに
一生、カモにされ続けるんだぞ。
分かってるのか、北朝鮮のマゾ国民諸君は。

66 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 17:47 ID:NMevd5+4
戦時中のアサヒ新聞にあたるものは北朝鮮では何?
戦時中の共産党にあたるものは北朝鮮では何?
戦時中の講談社にあたるものは北朝鮮では何?

67 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 19:25 ID:9O8gbany
>>65
なんというか、小学生並みの夢見がちな発言だな。
北朝鮮の住民がどうしようもないのはその通りだが、

>国家とは昨日履いた靴だ。
>自分に合わなければ叩き潰してゴミ箱に投げ込めばいい。
>裸足でも死にやしない。

ここ。痛すぎるぞ。
お前、国家のインフラや治安維持のない場所でも生きていけるのか?

68 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 20:15 ID:52b58x/4
>>67
大丈夫だよ。どうせすぐセールスマン(新政権樹立者)が新しい靴(新政権)を
押し売りしてくるから。
ヨミOリ以上のヤクザな押し売りで、刃向えば殺されるだろうけど。
今すぐ国が無くなっても群雄割拠にでもならん限り総人口の1割も死なんさ。

民主主義はサイズ調整の効く靴だから不良品や故障品でない限り便利だね。

69 :名無しかましてよかですか?:03/12/07 22:17 ID:v45pxNfB
ここのスレ

レベルが高くて、バカなオレにはついていけない。

70 :国家を失った人々:03/12/07 22:36 ID:rpaw08Qm
>>65
>国家とは昨日履いた靴だ。
>自分に合わなければ叩き潰してゴミ箱に投げ込めばいい。裸足でも死にやしない。

難民経験者さん? ユダヤ人? ジプシー?

71 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 00:55 ID:6vTgNmm7
「万人の万人による戦争状態」を避けるため=秩序維持のため、
国民が権利の一部を政府に譲渡するという考え方が社会契約説。

その政府が国民に害をなすときはあぼーんしてよい、とホッブズも認めておる。

もしかしてこの板のガキ共はホッブズも知らんと国家がどうした政治がどうしたゆうてんのか?


72 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 00:57 ID:mLOFeZkQ
ロスチャイルドのようなユダヤ系財閥は平気で国を渡り歩いて来たし、
ジプシーのような財産のない人も自由に国境を越えて移動して来たし、
国の枠に捕らわれて身動きが出来ないのは中途半端な小金持ちだけか。

73 :ついでに:03/12/08 00:58 ID:6vTgNmm7
ジプシーという言葉は蔑視的なので最近はあまり使われない。最近はチガニーという。
つまらん言葉狩りをするつもりはないが、
その文脈は明らかに国家を持たない人々への蔑視であろう。


74 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 01:47 ID:15MZOrzK
>戦時中のアサヒ新聞にあたるものは北朝鮮では何? →喜び組
>戦時中の共産党にあたるものは北朝鮮では何?   →政治囚(言わずもがな)
>戦時中の講談社にあたるものは北朝鮮では何?   →中国大使館


75 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 03:23 ID:3eXI4Dju
>戦時中のアサヒ新聞にあたるものは北朝鮮では何? →喜び組

ワロタ(w

じっさいあのクソ新聞、戦時中は大本営発表しか載せてないもんねぇ。
アサヒ新聞=大政翼賛会=喜び組


76 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 10:09 ID:an1GmjOh
>じっさいあのクソ新聞、戦時中は大本営発表しか載せてないもんねぇ。
戦局に関して大本営発表以外の記事載せた新聞が、戦時中に在ったのか?

77 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 10:37 ID:ztYUsi5J
>>75
76の言う通り朝日新聞も産経(産業経済)新聞でもどこでも、
大本営発表そのまま垂れ流しだったのが現実。朝日新聞だけじゃない。

産経新聞=大政翼賛会=喜び組

これもまた事実。


78 :名無しかましてよかですか?:03/12/08 13:24 ID:89s7rTMj
情報と宣伝 情報局総裁 伊藤述史 1941.02.15 
http://sizuka.at.infoseek.co.jp/19410215-itou.htm
時局下の新聞ついて 情報局第四部長 福本柳一 1941.08.23
http://sizuka.at.infoseek.co.jp/19410823-fukumoto.htm
戦時下新聞新体制 情報局第二部長 吉積正雄 1941.12.13
http://sizuka.at.infoseek.co.jp/19411213-yoshizumi.htm

79 :名無しかましてよかですか?:03/12/09 01:17 ID:HlKAu7zK
大日本帝国の下手なパロディ、北朝鮮。
カコワル

80 :名無しかましてよかですか?:03/12/09 07:27 ID:TG6GOzOk
>>71
>「万人の万人による戦争状態」

まあ利巧なヤツの建てた空理空論だが、それほど頭の良くないヤシが空論振り回すのは
よろしくない。
他国に侵略されて国家が消滅することも珍しくも無い。

81 :名無しかましてよかですか?:03/12/09 07:30 ID:TG6GOzOk
>1
北朝鮮の同類と言えばポルポト政権下のカンボジアとか? 
独裁者付きの共産主義国は、大体当てはまるだろう。

82 :名無しかましてよかですか?:03/12/09 11:46 ID:mCyEoO1T
>>80
「万人の戦争状態」を回避するため、ある地域内で権力を一極集中したのが
国家であるわけだが、国家が複数乱立すると今度は「万国の戦争状態」になる。
それを回避するメカニズムは長い間なかったが、
18世紀ごろから国際法の考え方が生まれ現在の国連に至る。

だからホッブズ、ロック、ルソーは空理空論じゃない。
事実、日本を含むたいていの国の憲法は社会契約説を採用している。
憲法前文読んでみれば?

83 :うるさいよ:03/12/09 20:11 ID:wFeOfNXo
あーだこーだ言う前に
そもそもスレがおかしいと何故気づかない?
北朝鮮は戦中の日本にそっくりが正解。
ガキが面白半分にスレ立てるからおかしくなる。

84 :名無しかましてよかですか?:03/12/09 20:28 ID:wdGuf1Ng

朝鮮族はモンゴロイドに属しており、形質的にはアルタイ系諸族とは
区別しにくい。世界諸民族の身長分布のうち、中頭大身長のうち大きい
ほうで、首が比較的細く、背側深層筋群が発達しており姿勢が正しい。
また下肢が長く身体各部の比率配分が、欧米人に比べて均衡がとれている。
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い。顔はモンゴロイドの特徴で
ある広顔だが、長顔でもあり、頭腔容量も大きく脳重も重たいほうであると
いわれている。(日本大百科事典/小学館)

頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い

85 :名無しかましてよかですか?:03/12/10 02:09 ID:DtWG9p9L
>>1 糞スレ立てんなチョパーリ
>>2 氏ねよ倭猿!猿と遊んでろ!
>>3 お前はキモイ倭奴の代表だな
>>4 捏造ばっかしてんじゃねーよ
>>5 JAPって本当に糞ばっかだな
>>6 日王を崇めてる倭は所詮専制宗教国家
>>7 日本豚はアジアの嫌われ者早く消えろ
>>8 小日本人は糞して寝ろ
>>9 所詮小日本は小日本pu


86 :名無しかましてよかですか?:03/12/10 22:06 ID:xymsPSGe
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

87 :名無しかましてよかですか?:03/12/13 22:33 ID:2CQlqjgi
今のマスコミは北朝鮮への排外主義キャンペーンだよ、経済制裁はしないほうがいいよ。
漏れはむしろ、学生運動は健全なものと考えてたから学生運動が多そうな広島大学を選んだんです。
青雲寮にも時々出入りして、○核派な人と鍋囲んだりマージャンしたり。それはそれで楽しいよ。
彼らの主張もよくきけばまともだよ。日本が朝鮮を侵略したのは事実なんだし。強制連行もしたんだから。
日本が北朝鮮へ戦後補償しなきゃ。そうすりゃ北朝鮮の人民も助かるんだし。

http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/joke/1069432601/611

だれかこのバカだまらせろ…。

88 :名無しかましてよかですか?:03/12/15 20:24 ID:X/QZGw+2

朝鮮族はモンゴロイドに属しており、形質的にはアルタイ系諸族とは
区別しにくい。世界諸民族の身長分布のうち、中頭大身長のうち大きい
ほうで、首が比較的細く、背側深層筋群が発達しており姿勢が正しい。
また下肢が長く身体各部の比率配分が、欧米人に比べて均衡がとれている。
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い。顔はモンゴロイドの特徴で
ある広顔だが、長顔でもあり、頭腔容量も大きく脳重も重たいほうであると
いわれている。(日本大百科事典/小学館)

頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い
頭部は短頭で、長径の短い特異な短頭が多い

89 :名無しかましてよかですか?:03/12/26 14:49 ID:JBjmScpW
実際の所、戦争の根本原因は思想ではないからな。
ウヨだろうが中立だろうがサヨだろうが、条件が揃えば戦争を起こす。
権力者にとって、戦争は外交手段でしかない。
保身ができて、損害より利益が上回る計算が成り立てば、権力者は巧妙に引き金を引く。
ウヨも中道もサヨも関係ない。

戦争も巧妙に利用すれば国際法上、合法にすることができる。
ゆえに、権力者は外交手段と認識する。


90 :名無しかましてよかですか?:04/01/04 01:51 ID:xEfO8PkA
氏ね

91 :名無しかましてよかですか?:04/01/04 01:59 ID:Un+0cdVs
>>87
助かる訳あるかボケッ!!全て上のもんちの懐へ逝くわ。
一応言っとくが、我々が拉致やり放題の北朝鮮へ戦後補償する理由はない。
少なくとも我々の後の世代にまで引きずらせることはあってはならないのである。

92 :名無し募集中。。。:04/01/04 02:05 ID:uPBZKkb1
ニュー極、ニュー速+、ハン板の連中は、実は日本を北朝鮮にしたいんだろうな。

93 :名無しかましてよかですか?:04/01/04 02:12 ID:lg2uaZQg
反天皇の左翼が、金日成を大好きだったという事実。これは滑稽だ。

94 :名無しかましてよかですか?:04/01/04 08:52 ID:MZo1hoHn
>反天皇の左翼が、金日成を大好きだったという事実。これは滑稽だ。

天皇侮蔑スレは「左翼」じゃない人の方が熱心に書き込むという歴史の皮肉。
どうやら自慰史観モノにとっては天皇など邪魔なだけの存在らしいね。

95 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

96 :名無しかましてよかですか?:04/01/06 02:23 ID:Y3yEykOq
北朝鮮の好きなこう゛ぁ、うよ

97 :名無しかましてよかですか?:04/01/06 18:26 ID:+v0pO5pK
戦前の少年犯罪
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5332/senzen.htm

昭和17年(1942).10.12〔18歳が9人連続殺人〕
 静岡県浜松において9人を次々殺害し6人に傷害を負わせた犯人が捕まった。中村誠策(逮捕時満18歳)は昭和16年8.18に置屋に侵入して芸妓を刺殺、もう1人の芸妓に重傷を負わせて逃走。
8.20には料理屋に侵入、寝ていた女主人(44)、女中(16)、雇い人(67)を殺害。警察の取り調べを受けながら、9.27には自宅で強盗を装って兄を殺害、兄の妻と子供、父親と姉に重傷を負わせた。
昭和17年8.30には電車でたまたま乗り合わせた女性(19)の家に侵入、両親と姉と弟を殺害し、女性を強姦しようとしたが失敗して逃走、10.12に逮捕され、翌日に犯行を自白した。
これとは別に4年前の昭和13年8.22未明に置屋に侵入して女将と芸妓を強姦しようとしたが抵抗したのでナイフで刺して逃走した事件も自供した。
 兄弟7人のうち誠策だけが生まれつきの聾唖者で家族から冷たくあつかわれていた。知能は高く聾唖学校で1番の成績、学費を自分で稼ぐためと強姦目的の犯行だった。
 家族は誠策が犯人とわかっていたが通報すると殺されるので黙っていた。逮捕直後に父親は世間に申し訳ないと自殺。戦時刑事特別法によって二審だけですみやかに死刑判決が出て処刑された。


98 :名無しかましてよかですか?:04/01/09 02:58 ID:ZQQAsTiz
コヴァとその周辺人物の関係を北朝鮮および戦時中の日本と比べると、
その精神性は驚くほど似ている。

99 :名無しかましてよかですか?:04/01/13 03:43 ID:n1nTPLeo
ということは、社民党は戦時中の日本とコヴァが大好きな訳だw

100 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 00:46 ID:sK9APFg+
>ということは、社民党は戦時中の日本とコヴァが大好きな訳だw

言えてると思う。
戦後いち早くポチになった椰子が日本では右翼で、いつまでも大東亜戦争の恨みを抱き続けた椰子が左翼なのでは?

101 :クラウゼビッツはもう古い:04/01/18 21:34 ID:p7Zhh4W5
ルーデンドルフ 『国家総力戦』 (野間俊夫訳・三笠書房・昭和十三年四月)

 国民が共通の民族性格および信仰生活に基づく
精神力に根柢を置く事なく、単に強制によって表面だけ
結束されているのでは、戦時において国民および軍隊に
必要な団結力はとうてい得られるものではなく、
それは機構的なものであり、政府および国家にとって
すこぶる危険な幻影たるにすぎない。
 日本国民の団結はこれと全然趣を異にする。
その団結は精神的であり、主として天皇に対する忠節を
基調とする神道の信仰に基づくものであって、彼らの
祖先の遺風に副うものである。天皇に対する忠義と
同時に国家への忠義は、日本人の信仰生活が
命ずる所である。日本民族の伝統から発生した
神道の信仰は、国民および国家の要求に
適応したものであって、現今日本人はこの点を認識して
神道の精神を大に鼓吹し、天皇の神性は
いよいよ絶対性を増していることが知られている。
(三五ページ)

102 :名無しかましてよかですか?:04/01/19 00:20 ID:71uAe4DR
>101
日本人の戦闘精神なるものは、ヤンキー供の民主主義だの資本主義だの自由だの平等だのといった「神話」に支えられた戦闘精神の前に脆くも崩れ去ったのだが。


103 :名無しかましてよかですか?:04/01/19 13:14 ID:meAikqlJ
>>102
それも精神論。問題は生産力・資源・工業技術・軍の運用の差。
太平洋戦争の勝ち負けは、唯物的結果にすぎない。

104 :名無しかましてよかですか?:04/01/23 22:31 ID:6DxfYZVZ
朝鮮民主主義人民共和国と自称する貧乏人集団に対して物理力
の行使が行われた場合、それは戦争ではなく、特殊な形態の警
察行動に過ぎない。

なぜなら、彼らは国家ではなく、貧乏人集団に過ぎないからで
ある。

戦争でない以上、民間人虐殺でも、無制限潜水艦作戦でも、市
街地に対する無差別攻撃でも、何をしてもいいのである。なん
せ、戦争ではないのだから。

当然だが居留民保護の義務もない( ̄ー ̄)ニヤリッ


105 :176など:04/01/24 01:40 ID:6Kphagz8
■戦中における全体主義の強度に関する日独比較

 さて、日華事変ならびに大東亜戦争期において、我が国に全体主義的傾向を持つ
政治・行政が展開されたことは否定しようのない事実である。
 しかし、ヒトラーのような独裁者が日本にはいなかったのもまた実相であり、
東条政権は日本軍のサイパンにおける敗北と東条首相の独裁化(つまり独裁政治は
完成していないことになる)を憎む政治家たちによって崩壊し、後継には小磯国昭が
選出されたのである。これに対して、ドイツではベルリンに攻め込まれるまで一貫
してヒトラーが政権を取り続けたのだ。
 小磯は、朝鮮半島における対朝鮮人参政権拡充、汪兆銘政権に対する日本政府の
口入の減退、対中国和平工作(繆斌工作)、将来における「東印度」(インドネシア)
独立の承認などの政策を打ち出した。これらの一連の政策が出された背景としては、
戦局の悪化ということも挙げられるが、その一方で日本が東条の強権政治に対する
自浄作用を持っていたことも原因しているだろう。対して、ドイツはいかに戦局が
悪化しようと、ユダヤに対する弾圧を緩めることはなかったのである。
 また一党独裁に関しても述べておこう。確かに我が国においてもナチスに倣った
一党独裁主義に基づく大政翼賛会が設立されたのは事実である。
 だがしかし、大政翼賛会が果たして強力な組織であったかと言えば甚だ疑問なのだ。
以下の表を見ていただきたい。小磯内閣の顔ぶれである。

106 :176など:04/01/24 01:45 ID:6Kphagz8
小磯国昭内閣(1944.7.22〜1945.4.7)の閣僚
 総理:小磯国昭(陸軍大将)
 外務:重光葵 内務:大達茂雄
 大蔵:石渡荘太郎(44.7.22〜45.2.21) 津島寿一(45.2.21〜同.4.7)
 陸軍:杉山元(陸軍大将)
 海軍:米内光政(海軍大将・副総理)
 司法:松阪広政
 文部:二宮治重(44.7.22〜45.2.10)児玉秀雄(45.2.10〜同.4.7)
 農商:島田俊雄(大政翼賛会議員)
 軍需:藤原銀次郎(44.7.22〜同.12.19)吉田茂(44.12.19〜45.4.7)
 運輸通信:前田米蔵(大政翼賛会議員)
 大東亜:重光葵(兼任)
 厚生:広瀬久忠(44.7.22〜45.2.10)相川勝六(45.2.10〜同.4.7)
 国務:町田忠治(大政翼賛会議員)
    小林躋造(元海軍大将・皇道派)(44.12.19〜45.3.1)
    緒方竹虎(情報局総裁・朝日新聞主筆)
    児玉秀雄(企画院総裁)(44.7.22〜45.2.10)広瀬久忠(企画院総裁)(45.2.10〜同.2.21)
    石渡荘太郎(企画院総裁)(45.2.21〜同.4.7)
 書記官長:三浦一雄
      田中武雄(44.7.29〜45.4.7)
      広瀬久忠(兼任)(45.2.10〜同.4.7)
      石渡荘太郎(兼任)(45.2.21〜同.4.7)
 法制局長官:三浦一雄(兼任)

 この中で大政翼賛会議員は何名いるだろうか? 何と、農商大臣の島田俊雄、
運通大臣の前田米蔵、国務大臣の町田忠治の僅か3名だけなのである。大政翼賛会の
国会における発言力はそれ程強くなかったようなのだ。

107 :176など:04/01/24 01:48 ID:6Kphagz8
 また、よく見ると軍需大臣には、かつて「自由主義的過ぎる」という理由で
政府中枢から遠ざけられてきた吉田茂が「復活」している。これも、日本の
自浄作用を示すものといっていいだろう。
 さらに付け加えると、粛軍演説・反軍演説を行って議員を除名された斎藤隆夫は、
大東亜戦争中選挙に再出馬して見事に当選しているし、また東条首相の政治手法には
当時から批判があったのである。例えば、亀井一雄は次のように東条首相の
政治手法を批判している
(以下、『東洋思想研究』1942年3月号「佐藤一斎の政治論―言志四録を読みて―」より)。

 《「下情と下事とは同じからず。人に君たる者、下情に通ぜざる可からず。
下事は必ずしも通ぜず。」
 上意下達と共に下情上通の喧しく論ぜられてゐる時、為政者の反省を要する語で
ある。就中、下事を下情と誤認せざらんことを要する点に於て特に然りと思ふ。
と云ふのは、この頃の当路者が、兎もすれば下事に通ぜんことを求めて、案外に
下情に暗いのではないかと思はれるからだ。この点に於て、東條首相の魚河岸視察は、
下情に通ぜんためであらうか、下事に通ぜんためであらうか。こゝに下情とは、
下々の実情といはんよりは、寧ろ下々の人情といふを妥当なりとすべきであらう。
如何に下事に豊富なる勉強を積まんも、断じて(東条首相は。引用者注)東洋的な
政治家といふべからず。東洋の政治家は、第一義的に人情を解する人でなければならぬ。》

 要するに、下事に通じていても、下情に通じていない東条は「東洋的な政治家」では
ないと言うのである。時は戦時中、日本が「アジアの盟主」たる地位を求めて戦って
いた頃だ。だが亀井は、東条が「アジア的」ではないと言っている訳である。
これが、伏せ字にもならず発行できたのだ。

108 :176など:04/01/24 01:50 ID:6Kphagz8
 また、中里介山の小説『大菩薩峠』にも、次のような国家を揶揄するような
文言がある。注するがこれが書かれたのは1940年のことで、介山の本名は弥之助、
生誕地は東京・羽村である。

 《その風来人というのは、五十がらみ、小肥りに太った、笠をかぶって、
もんぺを穿いた旅の者らしい一人の男であります。
「わしは武州はねむら刎村というところの百姓弥之助と申しますが、諸国廻歴の
途中、はからずもこのところへ立ち寄りまして、只今のお話を聞かせていただき、
まことに結構に存じて、いたく共鳴を仕りました(中略)。」
「只今もおっしゃる通り、近ごろは戦争や飢饉の心配から、ドコへ行っても食を
控えろ、食物を食べ過ぎるな、節食をしろ、節米をしろと、専らこのように申し
触らされておりますが、わしはそれと違いまして、百姓は物をうんと食え、
そうして腹を充分にこしらえろ、非常の災難が来る時からこそ、腹をこしらえて、
度胸を据えなければならない、腹が減っては戦ができない道理、ですから、ウンと
食べて、ウンと働きなさいと、こういう勧化のために、この通り百姓大腹帳と
いうのをこしらえて、宣伝を致して歩くのでございますが、相手にされないで
困っているんでございます。つまりが、わしが百姓だから、ばかにする者が
多いというわけなんでね。(後略)」》

109 :176など:04/01/24 01:52 ID:6Kphagz8
 この時期、“下情”は物不足を訴えていた。だからこそ人々は米内政権に対して
「(物が)よー無い内閣だ」という揶揄をしたのだろう。魚河岸御視察もいいけど、
「百姓の訴え」(=下情)を聞きなさいよ、これが当時の人々の気持ちだったと
思われる。そして、この気持ちを小説という形で発表した介山の『大菩薩峠』は、
発禁になることはなかったのである。
 さて、このような批判はドイツではできただろうか? つまり、日本の全体主義
傾向はドイツに比べると脆弱だったのである。況や、北朝鮮とは比べるまでも
ないだろう。北なら斎藤隆夫、亀井一雄、中里介山、吉田茂などといった人物が
即刻粛清されるのは間違いない。
 そもそも、日本とドイツとでは戦争にいたるまでの経緯・事情が違うし、
戦場も違うし、占領地における軍政のあり方も違う。だから、私は何から何まで
戦後補償についてドイツを参考・模倣すべきだという意見には到底納得できない。
 もちろん、日本がドイツに習うべきところはある。しかし、習うべきところ、
見習わなくてもいいところを取捨選択しなければ、それはドイツに対する
「盲目的な礼賛」になるだけだろう。

110 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 01:56 ID:GkRlQcKD
類似点
無能な指導者
指導者の神格化
言論統制
反体制分子の摘発
アメリカが大嫌い
軍事クーデター未遂
洗脳教育
ディスインフォメーション
まだいる?


111 :176など:04/01/24 02:33 ID:6Kphagz8
>>110
問題はその強度。

112 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 02:34 ID:dq4cr8ez
日本人は天皇のために戦っていたのですか?

自国に誇りを持つ人たちが、自国を守りたいという理由で、
「自分のために」戦っていたのでしょう。
天皇陛下のために命を投げ出すのではなく、
「天皇陛下を含めた、自分の誇りである日本」を守りたくて、
そのために命をかけてたんじゃないですか?
それが思想操作だとか言われたら、
まず何かを引用して書き込んでいる人たちは全部アウト。

そりゃあ中には志が低く、無理やり戦わせられた人もいたと思いますが。

113 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 02:58 ID:GkRlQcKD
>>111
じゃあ完璧にそっくりではないけど、大筋でそっくりってことだね
>>112
その国が誰のためにあったかを考えましょう

114 :112:04/01/24 03:38 ID:dq4cr8ez
>113
あのー、当然「自分のため」じゃないんですか?
天皇陛下への依存度は今よりは高かったとは思いますが、
天皇陛下のために生きてたんじゃないと思いますよ?
「今の自分のため」、「明日の自分のため」に、「道徳」を意識しながら生きていたのでしょう。
ただその「道徳」の中に「天皇陛下」がいただけで。

そんなこと常に考えてますよ。
「〜考えましょう」なんて、よほどの知識と応用力を持った方なんですか?
あなたが思っているほど世の中はバカばかりではありませんよ。
「あなたの知っている世界」ではあなたが一番なのかもしれませんが。

115 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 05:09 ID:GkRlQcKD
>>114
天皇主権説によると国家の上に天皇を置いているんですよ。
「天皇陛下を含めた、自分の誇りである日本」じゃない事は明らかで、
国家のために命をかけること即ち天皇のために命をかける事につながる
思うのですが。その中で国家が誰のためにあるのかを考えたら
天皇のためにあるとは言えませんか?彼らにとって公は私よりも
優先すべきものだったじゃないですか?

私は世の中はバカばかりだとは思ってませんよ。憶測でものを言わないでください。


116 :どうでもいいが:04/01/24 08:30 ID:ls15vz6N
「お国のために戦う」という文言をここではよく見かけるが、君達はその意味を理解しているのか?
ニュアンスとして感じるのは、自分は、常に「殺す立場」にいて、下手をすると「殺されるかもしれない」
といった感覚がすとんと抜け落ちていることだ。戦争の有り様が過去とは異なるとは言え、自らの内臓が
抉り出される可能性もその戦いにおいては有り得るのだと言う「リアリティ」が、ここで
発言されてる恐らく若い方たちには微塵も感じられない。喧嘩した事がありますか?

殴り合い、蹴り合えば、歯が折れ手も骨が剥き出しになることさえあります。

 「お国の為に戦う」と綺麗事を言いながら、これを言えば如何なる犯罪行為も許されると
する特権階級にでもなれると考えておるのでしょうかね?いやはやなんと言う時代なのか・・・。

117 :どうでもいいが:04/01/24 08:35 ID:ls15vz6N
「お国の為に」と殺し、「お国の為に」と盗む。「お国の為だ」我慢しろと!
強姦し、「お国の為だ」と人を騙す。ついでに「祖国統一の為だ」と無垢な少女を
拉致し、強姦し、最後は死に追いやる。似てるでしょ、どこかの国と。

118 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 08:43 ID:O+mSDAXG
>>107
ん?ちょっと気がついたので一点だけ。

>また、よく見ると軍需大臣には、かつて「自由主義的過ぎる」という理由で
>政府中枢から遠ざけられてきた吉田茂が「復活」している。これも、日本の
>自浄作用を示すものといっていいだろう。

ややこしいことにこの時期、「吉田茂」という人物は二人いて、
一人は外交畑で戦後首相になった人物と、
一人は革新官僚あるいは新官僚呼ばれたグループにいた人物。

小磯内閣軍需大臣の「吉田茂」は革新官僚の方でしょう。
むしろ大政翼賛会に近い人物。

戦後首相になった吉田茂の方は、このとき東条内閣倒閣運動に失敗して、
獄中にいたんだったじゃ無かったっけ?



119 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 16:41 ID:HKiWaG3g
>>110
これってもちろん旧ソ連および東欧圏・中国のことだろ?w
つーかどこにでもありそうなことばかり・・・・。

相違点の方が遥かに多い。

120 :176など:04/01/24 21:10 ID:rFz8Anz7
>>118

しかし当局も彼らの動きをいつしかつかんでいました。特高は吉田邸内に2
人の女性スパイをお手伝いとして潜入させ、彼らの動静を念入りに調べまし
た。そして昭和20年4月15日、吉田は突然特高に連行され投獄されます。岩淵
らも同様に拘束されており、刑務所が火事になった時に再会しました。結局
彼らは5月いっぱいまで拘束された後、仮釈放されました。
http://www.ffortune.net/social/people/nihon-today/yoshida-shigeru.htm

吉田が逮捕されたのは昭和20年では…?

121 :118:04/01/24 22:11 ID:f3Jpt5WB
>>120
>吉田が逮捕されたのは昭和20年では…?

あっそうだった見たいですね。てっきり東条内閣の時だと思っていた。

ただ紹介されたHPにも書いてないことから分かるように、
小磯内閣軍需大臣の「吉田茂」は、外交官で自由主義者の
「吉田茂」とは同姓同名の別人です。

手持ちの資料「日本近代史辞典」には、わざわざ別人だと
注釈が加えられていた。

実際、新官僚の「吉田茂」の方も何回か入閣している人物
なので実に紛らわしいです。

122 :名無しかましてよかですか?:04/01/25 15:40 ID:uMtRvg++
>>119
旧社会主義勢力とも似てるって事は否定しないよ。
てゆーか独裁国家の類似点かな。もちろんその限りにおいて
大日本帝国もお仲間なんだけど。

>相違点の方が遥かに多い。
ならそれを挙げてみてよ。もちろん各々のバックグラウンドを
考慮して。

123 :176など:04/01/25 19:08 ID:eZw4h8jv
>>121
勉強になりました。ありがとうです。

124 :176など:04/01/25 19:15 ID:eZw4h8jv
>>122
バックグラウンドというなら、
もともと人権・民主・自由のない北朝鮮
もともと人権・民主・自由があって、戦時下体勢に入るにつれてそれが徐々に狭められた日本
ということを前提にすべきでは?
>相違点
北は将軍の「親政」だが、
昭和帝は「立憲君主」になろうと極力努力してたところなんて相違点の一つでは?

125 :名無しかましてよかですか?:04/01/25 20:54 ID:xkBdx3Ha
>>122
相違点など山ほどあるからなあ。バックグラウンドなど考慮する
必要性が無いほどな。そもそも>110は表面的な事柄ばかりで
「バックグラウンド」には何も触れてないじゃん。

・農業林業など極めて稚拙な政策を行ったため、国土が荒廃
・産業工業がほとんど発達できなかった
・文化的に鎖国状態、自国文化も発展ゼロ
・壊滅状態の経済を支える為に、外国からの不正送金、
 麻薬密輸、偽札の製造を行っている

まあ要するに政治経済金融農林業あらゆるもののシステムが
根底から異なっているんだよ。言うまでも無いことだが、政治を
個人が所有するとこのような惨めな様になるということ。
日本は政策の方向性が間違っていた。しかし北朝鮮は戦争でも
ないのに国家を存続させること自体に失敗しつつある。そもそも
戦時中という特殊な状態の日本と、非戦争時の国を比べるという
のが無理があるなあ。

126 :名無しかましてよかですか?:04/01/25 23:20 ID:uMtRvg++
ごめんなさい、言葉が足りなかったですね。
>>122は「時代も国を支える思想も国際情勢も違うんだから、相違点は
あって当たり前。その中で共通点があることが問題。」
という文を付け足して読んでください。

>>124
裕仁帝が立憲君主制を目指していたとしても
現実に天皇主権説をとっていた以上それは共通点では?

>>125
北は今でも戦争状態にあるんですが。
交戦していないだけで、休戦状態も一つの戦争状態ですよ。
日本だって大戦中は産業が荒廃しました。


127 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 00:28 ID:uxP0RdSZ
>>124
>もともと人権・民主・自由のない北朝鮮

もともと北朝鮮は日本の一部で、人権・民主・自由があったはずだが。


128 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 00:30 ID:fFKMJyEv
>>110
無能な指導者 - どこにでもいると思うが?
指導者の神格化 - レーニン、スターリン、毛沢東の方が遥かに・・
言論統制 - 戦時下ではあたりまえ
反体制分子の摘発 - 体制の転覆を狙えば誰でも摘発の対象に
アメリカが大嫌い - 世界中にイッパイある。
軍事クーデター未遂 - どこでもある
洗脳教育 - 洗脳とは思想改造。戦中の日本は当てはまらない。
ディスインフォメーション - イギリスでもあったが?

>>126
>北は今でも戦争状態にあるんですが。

形式上に過ぎないでしょ?空襲にさらされつつ乏しい資源を総動員して
いた日本と、小競り合い以外に無い今の北朝鮮は比較できないよ。
戦争が無ければさらに発展していた日本と、戦争が実質無くても
自滅する北朝鮮。この差は決定的。


129 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 13:17 ID:DqpleYza
随分減らず口で屁理屈のみで成立してるインターナットですね
>>126なんてあきれてしまいますね

130 :176など:04/01/26 15:31 ID:EZK5aXc7
>>127
日帝時代のほうがよかったって言う人はいるらしいけどね。
まあ、ネタは放置してと、
>裕仁帝が立憲君主制を目指していたとしても
>現実に天皇主権説をとっていた以上それは共通点では?
天皇は明治憲法下では統治権者では?三浦朱門からの孫引きですが。
それに、昭和帝は機関説を支持してたみたいだよ。
それにさ、北の憲法でも一応、民主主義とか認めてるでしょ。実際には有名無実だけど。
しかし、形式上は民主があることになるわけで、
「北が軍事独裁をやっているとしても、
現実に民主主義を掲げた憲法を持っているのだから、それは(日本との)共通点では?」
ってことになりませんか?
現実に、将軍と昭和帝はやってることは全然違うんだからさ、そこを見ないと。

131 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 19:04 ID:JR6ITMqf
朝鮮民族って、宗主国の悪いとこを真似してさらに悪化させて、それを墨守するという
馬鹿民族だから、どうしょもないね。


132 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 19:22 ID:CmbTG3vk
>>129
どこにでもあるという反論は「北と日本は
違うんだ」という根拠になりませんよ。
それに間違いも多い。
レーニン、スターリン、毛沢東→偉大な指導者
天皇→現人神
形式上でもそれに伴う国際関係は無視できないでしょ?
鎖国状態での発展は不可能。
まぁ北が戦争状態でなくても発展できないというのは同意だけど。

>>130
>「北が軍事独裁をやっているとしても、
現実に民主主義を掲げた憲法を持っているのだから、それは(日本との)共通点では?」
逆。立憲君主>理想 天皇主権説>現実
  民主主義>理想 軍事独裁>現実
理想を問題とせず、現実を問題としてるですよ、私は。
裕仁帝が機関説を支持していたのは本当でしょうが、
しかし軍部の暴走を止められなかった。→無能な指導者。

133 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 19:38 ID:CmbTG3vk
>>130
質問に答えてなかった…
>天皇は明治憲法下では統治権者では?
そうですよ。それが問題なんです。
統治権は戦時には憲法すら飛び越える、非常に強い権限だったんですから。

134 :176など:04/01/27 01:02 ID:xO8EUxTZ
>CmbTG3vk
じゃあ、何故明治大正そして昭和緒年にデモグラシーがあったのか?
何度も言うように
もともと人権・民主・自由のない北朝鮮
もともと人権・民主・自由があって、戦時下体勢に入るにつれてそれが徐々に狭められた日本
を前提としないと。
北との大きな違いでしょうここは。
>しかし軍部の暴走を止められなかった。→無能な指導者
つまり天皇が全て勅裁しろということですか?
気に入らない政策は勅勘をもって否定するということですか?
大東亜戦争のきっかけとなるハルノートはそもそも日本が飲めないような内容を
わざわざ出してきたんです。
>理想を問題とせず、現実を問題としてるですよ、私は。
ならば、日本に民主があったという「現実」を見る必要があるのでは?

135 :176など:04/01/27 01:10 ID:xO8EUxTZ
>統治権は戦時には憲法すら飛び越える、非常に強い権限だったんですから

アメリカの大統領は「元首・統治権者」である。
つまり、アメリカの大統領制は危険な存在なんですね?

136 :176など:04/01/27 01:25 ID:xO8EUxTZ
それに現実からいっても昭和帝はあくまで「立憲君主」として行動してるように
思えるのだけれど…??
軍事作戦の許可を出すことはしてたらしいが、参謀みたいに作戦を計画した訳じゃないし。
戦争回避となると、部下の意見を無視して「親政」せにゃならんが…

137 :176など:04/01/27 01:34 ID:xO8EUxTZ
天皇は「元首・統治権者であっても憲法の制約(大日本帝国憲法第四条)を受ける
のであり、しかもその憲法の改正にあたっては、議会における審議を必要とした。
このように主権の最も重要な部分を占める憲法改正権が国民に分有されるに至ったのは、
大日本帝国憲法の制定によるものであったという事実を無視してはならない。むしろ
天皇の地位に言及するのであれば、天皇は統治権の総覧者(監視者、監督者の意)、
すなわち政治権力の監視者とするのが妥当である。」
三浦朱門『「歴史・公民」全教科書を検証する』p234

138 :176など:04/01/27 01:43 ID:xO8EUxTZ
255 :さげ ◆fEmDUPSV/c :03/01/19 05:21 ID:BrgbE+3t
>241&245
 君たちは一度でも原文の「大日本帝国憲法」を読んだことがあるのかね?(笑)

 >241よ。旧憲法には天皇は「元首」だとは書いてあっても「主権者」だとは一言も
書いてないぞ(笑)。元首と主権者の違いは理解してるか? 合衆国の元首は大統領だ
が、主権者は国民だぞ。
 >245よ。勅令よりも議会で定める法律が上位になっている(第8、第9条)憲法で、
立法の最終決定権者は天皇か?(笑) 国務大臣の副署がなければ詔勅が発行しない
(第55条)憲法で、行政の最高決定権者は天皇かよ(笑)。

 こういうヤツがいるから、やっぱり大日本帝国憲法についての正しい知識を教育
する必要ってあるよな。

139 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 02:12 ID:MeEqRizY
>>132
>どこにでもあるという反論は「北と日本は
>違うんだ」という根拠になりませんよ。

もちろん日本と北朝鮮の共通点として特にカウントすることも
出来ないはず。どこにでもあることなのだから。

>レーニン、スターリン、毛沢東→偉大な指導者

「神格化」された指導者という点では金親子にそっくり。巨大な
立像、美化された肖像画、聖者のごとく死体が拝められ・・・。
そして政敵を排除する為、粛清の嵐を巻き起こした。
天皇と似ているというほうが無理がある。

>形式上でもそれに伴う国際関係は無視できないでしょ?

空襲などで疲弊した産業と自滅した産業を比較できない。

>鎖国状態での発展は不可能。

日本では江戸時代に独自の文化が花開いたが?

140 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 04:25 ID:1zZ1gTjs
>176などさん
多すぎてレスしきれません。もうちょっと絞ってもらえると。
でもここだけ。
>アメリカの大統領制は危険な存在なんですね?
少なくとも合衆国憲法には、旧憲法14条みたいに司法立法行政を
統括できるような、条文はありませんよ。

>>139
何で現人神には触れてくれないんですか?あなたが天皇より
レースタ毛の方が神格化されてると言ったから出した言葉なのに…
それに白馬にまたがる天皇や、崩御の際に泣き崩れる国民を見たことないんですか?
上でも書いたけど、それらとも似ているし、日本にも似てる。
>文化が花開いたが?
産業も花開いた?というより比べたがるのが嫌いなあなたが、
まさか江戸時代を引き合いに出してくるとは。

141 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 13:48 ID:NbO/jFWL
!彡ニヽ   ` ー --悪 _ー_--    三ニ-}
  V;〃ラ  /〃ニー        ̄   メ二ーヲ
  ハテj   ,. ▲、  、    、tヘヾi、 ヾミニソ
  .l. レ   < (・) > .;  .;:'  ,.▲ 、   lミ,‐ヲ
  ! l   、 ▼  ,! .i  < (・) >   レ' ノ
  l ト 、  ` '"´ ,!  l  、 ▼ ,   : ,j
  `1゙ヽ      ,!  l   ` ´  ,.イ ,/
   l ';  ,.:' (´,、 ,. ヽヾ    ,.:' /`
   .| ; ,:'   `   ´ ′ヽ  ,.' / 
    ! ; ,.'  _,,,_ __    ;  ;' /  
    ',  ゙、"ー-ニニニ=ヽ  ,.' /   
    ヽヾ `ー--'''ー-一''′ / 
わしの妹のところに無言電話をかけてくるやつは許さん


142 :127:04/01/28 00:29 ID:9TYYGZqR
>>130
>日帝時代のほうがよかったって言う人はいるらしいけどね。

全くその通りだと俺も思うが、あの国でそれを口に出して言う人がいるとは思えない。
てか、言った途端に殺されるだろ。

>将軍と昭和帝はやってることは全然違うんだからさ、そこを見ないと。

確かに平気で国を悪い方向へ引っ張って行ける将軍様と優柔不断で国を良い方向に引っ張って行けなかった天皇では違うと言えば違うが。
親の七光りで地位に就いちゃったってのが共通点かと。


143 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 01:11 ID:A43OfDkl
………俺は王族などは結局、最終的には自らの命をもって責任をとる
人身御供の一族と思うのだが……。歴史を見れば、それが結構わかり
やすいが(もっとも、日本の場合はそういうことがなかったが)

144 :176など:04/01/28 02:43 ID:TC9nqW8D
>少なくとも合衆国憲法には、旧憲法14条みたいに司法立法行政を
>統括できるような、条文はありませんよ。
だって、貴下が統治権自体を危険みたいな言い方するから…
>全くその通りだと俺も思うが、あの国でそれを口に出して言う人がいるとは思えない。
>てか、言った途端に殺されるだろ。
又聞きだから定かではないが、確か婆さんが配給待ってる時言ってしまったらしい。
まあ、その後どうなったかは知らんが(決まってるようなもんだが)。

145 :176など:04/01/28 02:46 ID:TC9nqW8D
>何で現人神には触れてくれないんですか?
日本には宗教的土壌があるんですね。ソ連は宗教を否定するからね。
天津神の意味分かりますか?

146 :176など:04/01/28 02:56 ID:TC9nqW8D
>確かに平気で国を悪い方向へ引っ張って行ける将軍様と優柔不断で国を良い方向に引っ張って行けなかった天皇では違うと言えば違うが。
>親の七光りで地位に就いちゃったってのが共通点かと。
世襲制ですからね…。
例えば、大正帝は軍人嫌いだったらしく、
「こいつを辞めさせて代わりに政党政治家をつけろ」とか
「○○は留任させろ」とか言ってたらしい。
部下は、こうした大正帝の態度を「御我儘」を呼び、
勅の実行が無理な場合は拒否してたらしい。(原武史の『大正天皇』より)
これに対して将軍が例え無理難題言っても、部下はやらなきゃならんでしょ。
「優柔不断で国を良い方向に引っ張って行けなかった」のは(優柔不断かは
とりあえず置いておいて)、帝個人の才覚というより、「国体」ないし政治が
天皇の政治介入を嫌ってたからってのが大きいんじゃない?

147 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 03:22 ID:nsYFxjLT
>>140
>何で現人神には触れてくれないんですか?

北の将軍様は現人神なの?違うでしょ。「神のごとく」祭り上げられて
いるだけ。共産革命の指導者。その点でもスターリンなどに似ている。

>白馬にまたがる天皇や、

白馬にまたがっているのは天皇と金正日だけなの?

>産業も花開いた?

おや、文化の話がいつのまに産業に?

>まさか江戸時代を引き合いに出してくるとは。

「鎖国状態での発展は不可能」という考えが間違っていることを
指摘したまでだよ。>125からの流れで。

>比べたがるのが嫌いなあなたが

嫌いじゃないよ。



148 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 04:53 ID:5Bad1Ma0
>>144
「非常に強い権限だったんですから」
ちゃんと過去形になってるじゃん。まぁつまらないことにこだわっても
しょうがないんですけど…
>>145
だって139さんが神格化を(ry
>>146
それは違うんじゃないかな。たとえ国体・政治が天皇の政治介入を
嫌っていたとしても、国家元首であった天皇の責任を問うなというのは土台無理な話。
現在の日本国首相にも任命責任があるように。
もちろん戦前に民主主義があったということは、完全否定しないが
極めて不十分だったにもまた事実。
あと質問なんだけど、176などさんは、
>もともと人権・民主・自由のない北朝鮮
>もともと人権・民主・自由があって、戦時下体勢に入るにつれてそれが徐々に狭められた日本
を前提にすることにこだわるけどこれにはどんな理由が?
理解力が乏しくて申しわけない。考えてもわからんのです。

>>140
>「神のごとく」祭り上げられているだけ
あなたがこれを神格化ではないと強弁するなら、これ以上の議論は無駄。

鎖国という言葉がまずかったのかな。
「対外関係抜きでの経済的発展は不可能」こういう意味なのだが。
そもそも北ではある意味独自の文化が花盛りなのだが…

149 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 16:28 ID:nsYFxjLT
>>148
>132を見直してみるといいよ。さて金正日は「現人神 」?
それとも「偉大な指導者 」?さてどっちに近いかな?
「現人神」だとしたらどのような宗教的下地が存在するのだろう?
神道に類するようなものが北朝鮮にあるのかな?
そもそも「神格化」を持ち出したのは>110。

>「対外関係抜きでの経済的発展は不可能」こういう意味なのだが。

経済?いやだから「文化」の話をしているのだが・・・。
「ある意味独自の文化が花盛り」マスゲームとか?w

150 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 16:31 ID:nsYFxjLT
>国家元首であった天皇の責任を問うなというのは土台無理な話。

オーストラリアの国家元首は英女王と記憶している。国家元首だから
責任をとるというのは、ちょっと違うね。

151 :176など:04/01/28 17:36 ID:tSYE1FYM
>理解力が乏しくて申しわけない。考えてもわからんのです
前に言ったでしょ、全体主義の強度が違うと。あるいは社会のあり方が違うと。
これを無視して北と同一の社会とか言ってないかい?

152 :176など:04/01/28 17:52 ID:tSYE1FYM
それから「天津神」について説明しよう。
「天津神」は高天原にいる神とその子孫のことを言うのね。
天照大神以来万世一系とされた訳だから、
神道の立場から言えば、
天皇は立派な「天津神」であり、
昭和帝は「現人神」です。

153 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 18:05 ID:YPMyCNRu
それだと日本人のほとんどが天津神になるな。
大体の家系図はその祖を天皇家の別れとしているのだから。

154 :うよだが、:04/01/29 00:24 ID:FqUDsKOI
>>148
横レスだが、
>嫌っていたとしても、国家元首であった天皇の責任を問うなというのは土台無理な話。

そもそも君主に責任を問うのは立憲君主国家ではタブーです。
どこの国でも、国王が権力を行使しても、責任は政府が取ることになってます。
神聖条項ってのを調べればわかるかと。
だから道義的な責任という形での、天皇責任論があるわけで。

155 :176など:04/01/29 00:39 ID:Xmnz/YBG
>>153
その通り。だから日本は「神の国」なのです。

156 :176など:04/01/29 00:57 ID:Xmnz/YBG
ちなみにさ…

チャーチル:プリンスオブウェールズとレパルスを失い、あまつさえ東南アジアの
植民地を全て失い、海上帝国・イギリスを島国に戻した。→無能な指導者
蒋介石:日本に工業都市の殆どを占領され、会戦でも全然勝てず、援蒋ルートで
辛うじて生き延び、戦後は大陸を中共に奪われた。→無能な指導者
ルーズベルト:マクマリーやフーバーの警告を無視して日本を敵視、戦争をし、
これに完勝したため日本が敵視していた赤色勢力と戦わなければならなくなり、
朝鮮戦争やベトナム戦争の遠縁をつくった。→無能な指導者
毛沢東:大躍進運動や文化大革命で中国の荒廃を招いた。→無能な指導者

つまり、5Bad1Ma0氏流に言えば
昭和帝は毛沢東にも蒋介石にもチャーチルにもルーズベルトにも似てるという訳ですね。

157 :176など:04/01/29 01:01 ID:Xmnz/YBG
>うよだが、氏
>だから道義的な責任という形での、天皇責任論があるわけで。
うん、俺も道義的には陛下に責任はあると思う。
まあ、全国巡幸に対する国民の反応を見る限り、当時の国民の多くは天皇を
「免罪」したようにも思うけど…

158 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 01:22 ID:VP9WLtRk
「国体」ないし政治が天皇の政治介入を嫌ってたからってのが大きいんじゃない?

天皇屁以下の大御心を蔑ろにする逆賊供が君側に侍り忠臣面をしていたってことか(W


159 :176など:04/01/29 01:35 ID:Xmnz/YBG
>もちろん戦前に民主主義があったということは、完全否定しないが
>極めて不十分だったにもまた事実。
今から見ればね。

江戸時代の人々の生活は裕福だった。しかし、今から見れば劣る。
縄文時代は「未開の世界」ではなかった。しかし、今から見れば未開。

今を絶対化すれば、過去をただただ「下等」な存在になりますね。
その当時から考えたらどうですか?
ロンドンが屎尿垂れ流しだったのに比べれば、江戸は上下水道があって綺麗ですよね。
同様に、
当時アメリカの黒人は白人と同等の権利をもっていませんでした。
欧州列強も民主主義はあくまで「域内民主主義」つまり、本国のみの民主でしたね。
そこから考えて、日本はどうでしたか?
当時ではそれなりに「充分」だったと思いますが?

160 :176など:04/01/29 01:36 ID:Xmnz/YBG
×過去をただただ
○過去はただただ

161 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 05:44 ID:FJdsvskk
>>149
その議論は無駄だと言ったはずだが。
それともあなたは、「神のごとく」祭り上げられていることを
神格化と呼ばないのか?

そもそも産業の話をしているとこに文化の話を持ち出したのは
あなただよ。128→132→139の流れを見てみ。
最後の一行はネタなのにツッこんでくれるとは…意外に優しいね。

>>151
北と同一の社会と言った憶えはないなぁ。共通点を言った憶えならあるが。
>>156
毛沢東は文革で失敗したと考えるのが中国でも一般的だからね。無能でしょ。
でも中国人曰く建国の父だから差し引いても余るらしけど。
それに遠縁を作っただけの人を無能な指導者ってのは言いすぎじゃないかな。
それだとキリストもマホメッドも無能になっちゃうよ。
>>159
朝鮮人も日本人と同等の権利を持っていなかったんだから、
日本も欧州列強も「或内民主主義」だった。ってことですよね?
そうならあなたの主張は正しいなぁ。このレスには反論できないや。
それと176など氏に懇願。レスを極力一つにまとめてください。
読みづらいし、むやみやたらにスレを消費しなくても…

162 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 15:29 ID:W+vRoaai
>>161
>その議論は無駄だと言ったはずだが。

君が議論を放棄しているだけの話だ。簡単な質問にも答えられない
のだから。そもそも現人神は「神のごとく」ではない。神だ。
両者の違いは決定的だ。金親子は「神」そのものか?

考えてみれば「鎖国状態」という言葉自体が今の北朝鮮に当てはま
るものではないな。兵器は輸出しているし日本からも大量の必需品
などを輸入しているのだから。人の行き来もあることだし。
したがって「鎖国状態だから北朝鮮は発展しない」は間違いだな。

北朝鮮と昔の日本は共通点がある?そりゃあるだろう。ただし
それは「脚が四つある点で机と牛は似ている」程度のことだ。

163 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 20:20 ID:p86+sMYK
>>162
茶々を入れるようで済まんが、江戸時代は海外との交流を完全にた絶ったわけではない。
幕府の制限つき(あるいは密輸)で交易を許可していたと言える。
これは北朝鮮もまた同じ。
「鎖国」とは自由な往来(特に海外出国)を認めないという意味であれば、江戸幕府も北朝鮮も
「鎖国」状態であると言える(これは他の民主的でない政府にもあてはまる)。

164 :176など:04/01/29 23:18 ID:dRPOSGYm
>>161
>それと176など氏に懇願。レスを極力一つにまとめてください。
>読みづらいし、むやみやたらにスレを消費しなくても…
ごめんよ。書き終わった後、追加したいことが頭に過ぎったりして、ついつい…。
>北と同一の社会と言った憶えはないなぁ。共通点を言った憶えならあるが
ならいいけど。
>それに遠縁を作っただけの人を無能な指導者ってのは言いすぎじゃないかな。
いや、マクマリーが日本を打倒すると赤色勢力を助けることになるって
懸念を示したのにこれ無視してるでしょ。
それに貴下の言い方だと「対華21か条」を要求した奴は「無能」ではなくなるが?
>日本も欧州列強も「或内民主主義」だった。ってことですよね?
その通りです。当時の民主主義はだいたいみな域内民主ですよ。

165 :名無しかましてよかですか?:04/02/01 00:54 ID:CJlcHhDX
昔の日本は鎖国と呼ぶより自給自足と呼んだ方が適当。
今の北朝鮮は鎖国と呼ぶより監獄と呼んだ方が適当。

166 : :04/02/01 01:15 ID:wu6Ppox9
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1075527524/l50
少女の死
http://www.tanteifile.com/diary/2004/01/28_01/index.html
少女の死2
http://www.tanteifile.com/diary/2004/01/30_01/index.html
高校教師レイプ魔を断罪する
ttp://www.tanteifile.com/diary/2003/07/21/index.html
わたしが死んだら悲しい?
ttp://www.tanteifile.com/diary/2003/07/22/index.html
返信
ttp://www.tanteifile.com/diary/2003/07/24/index.html
レイプ先生の肉声(I先生の画像追加)
ttp://www.tanteifile.com/diary/2003/08/25/index.html
最終段階 (学校への取材と音声ファイル公開)
ttp://www.tanteifile.com/diary/2003/08/28/index.html
http://www.tanteifile.com/download/news/2003/0828_01.mp3
http://www.tanteifile.com/download/news/2003/0828_02.mp3
http://www.tanteifile.com/download/news/2003/0828_03.mp3
http://www.tanteifile.com/download/news/2003/0828_04.mp3

167 :名無しかましてよかですか?:04/02/01 02:11 ID:GNdHpQZz
>>162
「〜のごとく」を辞書で引けば自分の言ってることが、いかに強弁かがわかるよ。
>日本からも大量の必需品などを輸入しているのだから
少量と認識しているが。
>人の行き来もあることだし
厳しく制限されていると認識しているが。
>「鎖国状態だから北朝鮮は発展しない」
合ってるようで間違ってる。誰もそんなこと言ってない。
ただその一因があると言っている。レスをちゃんと見直して見ればわかると思いますよ。

>>164
>ごめんよ。書き終わった後、追加したいことが頭に過ぎったりして、ついつい…。
いえ、偉そうなこと言ってすみません。
私もマクマリーの提言無視して書き込んでました…。でも日本の目指す
大東亜共栄圏が共産勢力より脅威になっていたかもしれないことは、
否定できないのでは。まぁ肯定もできない仮定の域もでない話ですが。

168 :名無しかましてよかですか?:04/02/01 12:28 ID:qjFunWNC
>>167
>「〜のごとく」を辞書で引けば自分の言ってることが、いかに強弁かがわかるよ。

「そのもの」と「〜のようだ」の違いがわかるかな?で、金は現人神かな?

>少量と認識しているが。

日本に寄港している北朝鮮の船の数をご存知か?大量の自転車を
山積みにし、密輸船が横行し、そのたさまざまなものが北に運ばれている。
そもそも少量ならば経済制裁など何の意味も無いことになる。

>合ってるようで間違ってる。

132の「鎖国状態での発展は不可能。 」これは君の発言ではないのか?
もしそうならこちらの勘違いだ。

169 :名無しかましてよかですか?:04/02/01 12:34 ID:qjFunWNC
>>163
北朝鮮は、経済など多くの部分を日本に依存しているよ。
総連などが本国の指示を受けて大量の金を北に流している。
朝銀の破綻などその結果の一例。江戸時代の鎖国とは明らかに
事情が異なる。

170 :名無しかましてよかですか?:04/02/01 12:46 ID:a09UAEhy
>>169
>総連などが本国の指示を受けて大量の金を北に流している。
>朝銀の破綻などその結果の一例。

朝銀の破綻が「北朝鮮への送金が原因」?

171 :名無しかましてよかですか?:04/02/01 17:22 ID:GNdHpQZz
>>169
たとえばライオンはトラそのものではないから似ていないのか?
あなたも本当にしつこいね。
>大量の自転車を山積みにし、
大量に山積みされた食料はあの日以来見てないなぁ。

私は132でこう発言しているのだが「鎖国状態での発展は不可能。
まぁ北が戦争状態でなくても発展できないというのは同意だけど。」
ちゃんと見れば私の真意がどこにあるのか理解できるだろう。言葉の一部だけを捕まえないように。

横レスですまないが。
>江戸時代の鎖国とは明らかに事情が異なる。
???江戸時代と比べたのはあなたでしょ。江戸時代の鎖国と違うことくらい
みんなわかってるよ。




172 :名無しかましてよかですか?:04/02/02 03:13 ID:h9UlMhrF
>>171
どうして質問から逃げ回る?この先何を言ってもその調子か?

173 :名無しかましてよかですか?:04/02/02 03:16 ID:h9UlMhrF
とにかく、>110の類似点とやらが、無意味だってこと。

日本と北朝鮮は「ん」がつくので似ている、という程度のもの。

174 :名無しかましてよかですか?:04/02/02 03:38 ID:z7cmftuI
>>172
逃げ回った憶えはないがな。
神道の立場に立てば天皇は「神」。金親子は宗教的概念の上に立たないので
「神」ではない。だが「神」のごとく祭り上げられている。これでOK?
じゃあ今度はこっちの質問に答えて。はい!どーぞ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

175 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 19:29 ID:F37H/IY4
>>1同意。目が腐ってなきゃ普通に同じくみえる。

176 :名無しかましてよかですか?:04/02/19 20:16 ID:CQS73h0H
>>175
どうやらおまいの目が腐ってるようです。

177 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 15:11 ID:xFVmjSyL
>>1同意。目が腐ってなきゃ普通に同じくみえる。

178 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:25 ID:qqSvqgtQ
>>175.>>177

おまいら相当目が発酵してるんじゃないか?

179 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 00:01 ID:NzUcbkHn
>>1同意。目が腐ってなきゃ普通に同じくみえる。

180 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 00:05 ID:vvzEedtr
>>1同意。目が腐ってなきゃ普通に同じくみえる。

181 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 11:01 ID:6AANWqbr
所詮、右翼と左翼は一枚のカードの裏表。
思想にパラサイトしているごくつぶしでしか無い。

182 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 10:55 ID:TkCJMR3Z
>>181
センセイ! 思想にパラサイトしても食えないと思います!

183 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 16:03 ID:Ob8aU1jx
つーか今の日本もほぼ北朝鮮と変わらないでしょ。

184 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 18:07 ID:SEy3sihf
一度>>183みたいな主張をする香具師の脳みそを
穿り出して研究して見たい。
かなり発酵してるということは想像できるけど。

185 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 19:03 ID:9xT3+Fid


    極右と極左は極めると同じになる



               − 今日の格言 −

186 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 19:38 ID:+QAE9Cn3
究極の過去と究極の未来が一つに収束する、
ホーキングの宇宙論のようですね。

187 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 21:30 ID:Ob8aU1jx
>>184
(゚Д゚)ハァ? 馬鹿じゃない。常識だろ。

188 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 22:47 ID:SEy3sihf
何が同じなのか具体的におながいします。

189 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 14:20 ID:DDvnYBi2
自分で考えろよ。常識だし。
まぁ北より日本の方が世界史上最悪国家だが。
日本人もね。

190 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 15:19 ID:+9BIcRGE
>189
東朝鮮名物「無限自虐」

191 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 18:30 ID:UjZCENC6
具体的に理屈や理由を言えない香具師のクセ
「自分で考えろ」「自分で調べろ」

192 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 16:31 ID:Wi9IcE9k
>>189
さあ、今からチョンコロ狩りをやるかな。
日本に巣食うキチガイ吸血鬼民族は、駆逐するに限る。

193 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 20:22 ID:1DxD2S0R
日本は明治以来民主国家なの!
戦中の言論統制など、一時期部分的に後退していても、
議会政治は行われていたのがわからんのか?
日本国憲法になってからだって、10年前と今では社会通念が
少しずつ変わってきているぞ。
それに、婦人参政権が無かった頃≠民主主義じゃないだろう?
北朝鮮の独裁制度に比べれば江戸幕府の中で最も独裁色の強い
犬公方ですら世論に配慮しているだけマシ。
トカゲも牛も4本足だから似ているという観点でしかないなら
似ていると言えないことがないが、
その「常識」とやらは、それほど幼稚な論理だ。

194 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 20:23 ID:Cwz85vBk
一人平和ボケの日本人へ

商店街でのデモはいいから、そろそろ具体的に行動してくれ。
いつになったら、非武装になるのだ?

byジョンイル


195 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 00:17 ID:Mn45IA2H
>>193
明治以来民主国家なの!って。。。
議会政治が行われていることを根拠に民主国家であると主張するならば、
北朝鮮もまた同じく議会政治を行い選挙も行っていますね。
しかしそれらが形骸化したものであることは歴史が証明してますね。

。。。がんばって頭鍛えろな。

196 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 00:25 ID:mQICv/Qk

>トカゲも牛も4本足だから似ている

戦前の日本も今の日本も議会があるから似てるとか言ってる阿呆につける薬はありますか?


197 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 02:10 ID:tWFdhRKR
>>195
形骸の度合いが違いますが何か?

198 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 11:34 ID:mVxZNhnt
>>195
では、現代ではなく、100年前に議会政治を行っていた国家で
日本以上にあなたのいう民主的国家は世界にいくつあったのでしょうか?
頭を鍛えるため、国家名と体制含め、具体的にご指導おながいします。

199 :193:04/03/03 13:03 ID:7ib3K8w9
>>198
俺も。
ついでに、195だけじゃなく、196にも聞きたいw
それなりに歴史と社会を勉強したつもりが、
もともと理系なんで不十分かもしれん。
是非、具体的にご指導おながいします。

200 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 13:19 ID:YPkNrol3
戦時中の日本はオウム真理教そっくりとも言える。
大体神風が吹いて敵艦が沈没なんてのはカルト思考なんだよ。
何かよくわからんが人がいっぱい死ぬところにはカルトがあるなあ。

201 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 13:30 ID:7ib3K8w9
>>200
全面的に否定はしないが、オウムそっくりはどうかな?
指揮鼓舞にカルト的な妄想を使った奴はいたかもしれないが、
大方は現実を認識していたようだよ。
特攻隊員ですら、山岡壮八の質問に答えて
「自分も学鷲です。簡単に勝てるとは思っていません」
と答えている。
その上で、「後世の日本人のために」という理由(講和における外交などだと思う)で
「戦う覚悟だ」と言っている。
盲目的に殺人を犯したカルト教団と同等に彼等を見るのはどうかね?

202 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 13:49 ID:Pdr/0VW0
>1逝け!

203 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 16:33 ID:mVxZNhnt
戦時中の日本や最近の保守的思想を否定する奴ってのは
ほとんどの奴が現代の価値観で昔の物事を測るのが定説。

204 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 18:58 ID:Mn45IA2H
>>203
戦時中の価値観では北朝鮮は肯定されるのかな。それとも現代の価値観と同じく
否定されるのかな。自分自身が矛盾していることに気付かん頭の足りん奴だ。

205 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 23:33 ID:HeSpL8Lh
>では、現代ではなく、100年前に議会政治を行っていた国家で
>日本以上にあなたのいう民主的国家は世界にいくつあったのでしょうか?

100年前なら、ほとんどの国が女性は参政権はないは、無産者も参政権はないは、人種差別は日常茶飯事だは、ろくな国はない。


206 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 23:35 ID:HeSpL8Lh
>>201
>盲目的に殺人を犯したカルト教団と同等に彼等を見るのはどうかね?

オウムほどのカルト教団でも殺人をやるほどハマっていたのは一握りなのだが。


207 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 12:39 ID:JurkZrvI
>>206
「もしかして」だが、太平洋戦争とオウムの無差別テロと
同等に考えている?

そして「まさか」だが、
「戦争における敵の殺人も坂本弁護士一家殺人や
北朝鮮の粛正も殺人だから同じ」って考えている?

だとしたら、話にならんが。

208 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 12:40 ID:CKURvJQw
っというか、あの変の時代はそんな国ばっかりだったが?

209 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 12:46 ID:JurkZrvI
>>208
同意。司馬遼太郎の「坂の上の雲」からの引用だが、
 
「1つの時代がすぎ去るというのは、
その時代を構築していた諸条件が消えるということであろう。
消えてしまえば、過ぎさった時代への理解というのは、
後の世の者にとって同時代の外国に対する理解よりもむずかしい。」

わからない奴が居るのは仕方ないかもしれないなとは思う。

210 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 13:40 ID:6Rh03JMD
でも司馬史観ってどうかな・・・・

211 :209:04/03/04 13:52 ID:JurkZrvI
>>210
必ずそういう批判が来ると思っていました。
私はほぼ全作を読んでいるファンですが、
全部が正しいとはおもっていません。
なぜなら、歴史小説そのものが好きですから、
他の作家の作品も相当数読んでいるからです。

しかし、上記を引用したのは司馬ファンだからという
理由ではありません。209に書いた内容に同感だからです。
この点についてあなたはどう思うか?それだけが問題でしょう?
ここで、司馬史観云々が出てくることに意味があるのですか?
あなたが209の意見をオカシイと思うならそこを書けば
いいだけではないでしょうか?
私はスレの主旨に沿って、209の考えをあげただけで、
作家の史観全体や、まして好き嫌いを語るためではありません。

212 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 14:11 ID:fUqZOM2F
>>209
同時代の北朝鮮やカルト教団、精神異常者を理解するのはかなり難しいよな。
外界から隔離され空間的に異なる諸条件に囲まれている者はそれ以上に
理解することは困難では。それに対して時代が過ぎても人の心は生き続けて
いるのだから過去を理解できる魂は誰しも程度の差はあれ持っているだろ。

司馬遼太郎の言葉は綺麗だが観点を変えれば民族や受け継がれる心を
否定する言葉ですね。

213 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 14:23 ID:JurkZrvI
>同時代の北朝鮮やカルト教団、精神異常者を理解するのはかなり難しいよな。

前提が「戦時中の日本=北朝鮮そっくり」になる前に考えるべきでは?

214 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 14:50 ID:JurkZrvI
>>212
追加すると、
現代感覚でしか解釈できていないと思われる人が作家にも歴史家にも多い。
スレ違いになりそうなので詳しくは書かないが、(少なくとも俺が思うには)
頓珍漢な解釈をしているモノ書きが多いのは、多くの本を読んで感じるところだ。
司馬遼太郎が人気があるのは、そういうところをわかりやすく書いている点だろ。
一部の作家や歴史家さえもそういう観点を持つものがいることは否定できない。
「司馬遼太郎の言葉は綺麗だが観点を変えれば民族や受け継がれる心を否定する言葉」
というのは、そういう現実を知れば逆に否定できると、少なくとも「私」は思う。
だからこそ、「戦時中の日本=北朝鮮そっくり」という発想になる人も
ある程度はいるのだろうと思うから書いた。

215 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 17:17 ID:fUqZOM2F
>>209
司馬遼太郎は過ぎ去った時代への理解は同時代の外国に対する理解よりも難しいと
表現されていますよね。つまり、一部の人ではなく一般的に過ぎ去った時代を理解することは
難しく一般的に民族の心を受け継ぐことは外人と理解しあうより難しいということですよね。
これは一般的な民族の否定ですよ。

過去を大切に思う者が民族を否定するのはどうでしょう。芸術は感情で受け止めるだけにとどめ、
そこに論理や真理を見出すのは問題があるのでは。

216 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 17:34 ID:hGw6weqC
現代海外文学の翻訳とと古典の現代語訳を読んで、
どちらのほうがわかりやすいか、ってのと変わらないと思うけどね。
理解のしやすさは、文化の流れよりもその時代が置かれていた状況のほうにウェイトがあるように思う。

217 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 17:43 ID:JurkZrvI
ループしそうなんで、これで最後にするが、
「頓珍漢な解釈をしているモノ書きが多い」ということは、
「そういう解釈をしている人も多い」という現実があるということだ。
それを否定するかどうかは水かけ論になるのでやめておく。
俺的には、このスレ立て人が居てそれを肯定する人がある程度居るということは、
この事実を裏づけていると感じるだけだ。
故にこの言葉で「一般的な民族の否定」かどうかの論議を何故するかわからない。
「現実はどうなのか?」に結びつけて考えると、
「難しい」ことが「一般的な民族の否定」につながるとは思えない。
少なくとも、「戦時中の日本=北朝鮮そっくり」という前提なんかで話すよりは。

よって、なぜ下のような論法になるのかはわからない。

>難しく一般的に民族の心を受け継ぐことは外人と理解しあうより難しいということですよね。
>これは一般的な民族の否定ですよ。

最後にもう1つ、俺の言いたい主旨は、
「芸術は感情で受け止めるだけにとどめ、そこに論理や真理を見出すのは問題があるのでは。」
などという司馬遼太郎の言葉自体に論理や真理を見出すことが目的ではないし、
それならスレの主旨とも違う。このレス自体も本来の意味とズレて来ているので、
この辺で止めておく。

218 :名無しかましてよかですか?:04/03/05 13:38 ID:JwoqEjMq
fUqZOM2F はアレコレ理屈を言っているが、
根拠も無しに「社会情勢やその頃の概念が違うことは簡単に理解できる」
という前提ありきで「難しい」のは民族否定だとしている。
>>212を読むと、民族否定だなどという屁理屈つけている割には、

「北朝鮮やカルト教団、精神異常者=戦時中の日本」

と結論づけたいのか?

219 :名無しかましてよかですか?:04/03/05 15:19 ID:LikAomir
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1074784576/671

こいつも同じ考えじゃないの。向こうの国のやつらとね

220 :名無しかましてよかですか?:04/03/05 17:32 ID:iKflRg2d
>>217
司馬遼太郎の言葉を換言すれば現代の北朝鮮の民族の方が
一時代前の人よりも理解しあうのが易いと言えるんですよ。

司馬の原文と論理的には同じ文がここまで情緒的に異なる
文に変わるのはこれが感じるだけの一文であることを
示しているのでは。



>>218
。。。209レベルの言葉が欲しいな。

221 :名無しかましてよかですか?:04/03/06 00:40 ID:6NDGHGho
まあ、今の北朝鮮なら、実際に行ってみることも可能だが、かつてに日本に行ってみることは、タイムマシンでもなければ不可能。

222 :218:04/03/06 12:15 ID:d6Io3/Jf
>>220
アンタは、>>215(fUqZOM2F)なの?
「過ぎさった時代への理解というのは、後の世の者にとって
同時代の外国に対する理解よりもむずかしい」
が何故イコール
「民族の心を受け継ぐのが難しいということ」になり、
さらに「一般的な民族の否定」などという極論にすり変わるのか?
アンタや一般の人がどこまで、過去の歴史的背景(感覚的に)を理解し得るか?
個人差はあるが、普通はその理解が難しいから、現代感覚のみでしか
考えられなくなる疲弊を指摘しているわけだろう?
原始時代や平安時代などへの感覚的理解が難しいのは当然としても、
僅か数十年前の時代背景でも、開戦に至った経済、軍事的緊張などの
社会背景、さらには感覚をきちんと理解した上で話していれば、
「戦時中の日本は北朝鮮にそっくり」などという言葉は出てこないだろう。
「現代の北朝鮮の民族の方が一時代前の人よりも理解しあうのが易い」
ということはそれを逆説的に物語っているのではないか?
北朝鮮は、同時代(現代)の他の国と比べて異常さが際立っていないか?
それを語るための引用なのに、スレの主旨からズレた
「民族の心を受け継ぐのが難しいということ」などを持ち出してまで、
「北朝鮮やカルト教団、精神異常者=戦時中の日本」
と結論づけたいのか?と聞いているんだが、
ここまで長々と書かないとわからないから
「・・レベルの言葉」などと書くんじゃないの?

223 :218:04/03/06 12:16 ID:d6Io3/Jf
つづき
>>217が「この辺で止めておく。」というのは、引用した目的から
アンタが言葉尻に粘着して主旨を外してしまっているからだろう?
引用文は、主題である「戦時中の日本は北朝鮮にそっくり」を否定する
ことが目的であって、妙な三段論法による「一般的な民族の否定」
などという偏頗な議論を展開するためじゃないだろう?
だから、主題に従って、アンタは
「北朝鮮やカルト教団、精神異常者=戦時中の日本と思っているのか?」
と聞いたんだが?
俺は、「戦争という状況下におかれた日本が北朝鮮と似た部分を持つ」
ことを全面的には否定しないが、>>196にはアホと言われそうだが(笑)、
193で書いたように、「トカゲも牛も4本足だから似ている」程度であり、
「戦時中の日本は北朝鮮にそっくり=vやまして、
「オウム真理教そっくり」は否定するが、アンタは肯定かね?

>>218程度じゃイカンそうなので長くなってスマン<ALL

224 :名無しかましてよかですか?:04/03/07 01:49 ID:zb7F4LPt
北朝鮮やカルト教団は少なくも指導部はまともに情報が入ってきているのだから、精神異常者と同一視はできないな。
戦時中の日本も指導部には比較的まとも情報が入っていたのに大本営発表で国民を騙していた。
その点は北やカルト並だな。


225 :名無しかましてよかですか?:04/03/07 02:31 ID:pJYM9GUM
>>224
じゃあチャーチルもカルトだね。

このスレでは些細な共通点があることを「そっくり」というらしいが、
ならば俺はキムタクとそっくりなんだよ。
もっとも武田鉄矢ともそっくりなのだがw

226 :名無しかましてよかですか?:04/03/07 05:39 ID:el2lG+sN
>>225
その例えの方がわかりやすくてよいなw

227 :名無しかましてよかですか?:04/03/08 00:29 ID:Gfj5qMv9
>じゃあチャーチルもカルトだね。

ルーズベルトもお忘れなく。
あの二人が組んで情報戦略で日本とアメリカを第二次世界大戦に巻き込んでる。


228 :名無しかましてよかですか?:04/03/09 01:01 ID:NQukEzaW
チャーチルはナチの危険性を逸早く見抜いたとして賢人扱いされているが、実はまぐれ当りだった。
第一次世界大戦の時のチャーチルは海軍大臣として危険でも何でもないトルコを危険視して、かえってトルコを敵側に追いやる大チョンボをやってる。

229 :名無しかましてよかですか?:04/03/09 02:49 ID:pxrkQGNJ
>>225
あんためっちゃ賢い!!!

230 :名無しかましてよかですか?:04/03/10 02:24 ID:X7UsbWpK
(観察継続中)

231 :176など:04/03/10 11:00 ID:OV4GS0R2
>>227
ただヤルタのころにはかなり仲悪くなってるけどね。
チャーチルがアカは危険だって言ってるのに、
ルーズベルトは全然意に返さなかったらしい。

232 :名無しかましてよかですか?:04/03/11 02:46 ID:DNUlsVQ9
>231

ヤルタのころのルーズベルトは死期が近付いて判断力が極端に低下してるからね。


233 :名無しかましてよかですか?:04/03/13 19:08 ID:ouPhHV2w
「戦前の日本は、今の北朝鮮よりもグロテスクだった」

電車が皇居に近付くと親父が私と弟(裕次郎)に向かって言うんだね。
「お前達、天皇陛下にお辞儀しなさい」
周りの大人はみんなお辞儀してるから、親父に聞いてみた。
「どこに(天皇陛下が)いるんですか?」
すると親父が「見えるわけないじゃないか。皇居の向うにいるんだ」と
言ったんだけど、見えない相手にお辞儀するなんて、
大人達はどうかしてるんじゃないかと私は思いましたなぁ。
私は戦前の日本というのは、今の北朝鮮よりもグロテスクだったと思う。
戦前の日本人は天皇陛下を神様と言ってた。
今の北朝鮮では金正日を「首領さま」とは言っても、
神様とは言わないからねぇ

234 :名無しかましてよかですか?:04/03/13 19:31 ID:AlWFoiuu
>戦前の日本人は天皇陛下を神

でも天皇は神と定義される存在だし、今でも辞典にそう書いてあるよ。

かみ 【神】
人間を超えた存在で、人間に対し禍福や賞罰を与え、信仰・崇拝の対象となるもの。

(1)宗教・習俗において、信仰・崇拝・儀礼・神話・教義などの中心となる位格・存在。
日本の神道や民俗の祭りでまつられる対象、またはユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの超越的絶対者。
仏教では、仏や菩薩の権現・守護者などとされ、仏とは区別される。

(2)(ア)日本の神話で、神武天皇より前に登場する人格神。
「天地初めて発(ひら)けし時、高天の原に成れる―の名は/古事記(上訓)」
(イ)天皇。
「大君は―にしませば/万葉 235」

み 【▽神/▽霊】

霊的な力をもつものの意。「山祇(やまつみ)」「海神(わたつみ)」など他の語と複合して用いられる。
「やまつ―の奉る御調(みつぎ)と/万葉 38」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

235 :名無しかましてよかですか?:04/03/13 21:08 ID:utX/NmmT
>見えない相手にお辞儀する

それが宗教ってもんだ。

236 :名無しかましてよかですか?:04/03/13 23:52 ID:knMmmhTH
>それが宗教ってもんだ。

つまり、宗教はグロテスクでどうかしてる、ということだな。

237 :名無しかましてよかですか?:04/03/13 23:56 ID:jiRsHuGl
マルクス主義だねえ。

238 :176など改めkkk ◆KwOayjtkcs :04/03/14 22:49 ID:6Q8ATVtq
>>235
ムスリムも見えないメッカの方向を向いて跪頭するわけだしね。

あと、前も言ったけど、高天原にいた神とその子孫を天津神というので、
天皇も天津神です

239 :名無しかましてよかですか?:04/03/14 23:33 ID:cED0p6iE
日本は元来見えない八百万の神を崇拝してきた国家です

240 :うよだが、:04/03/14 23:43 ID:BU++Sxvk
>>231
彼のアカ嫌いは有名ですからね。
イタリア人だったら、黒シャツ着て、アカ狩りしていたと、本人自ら語ったとか。
ほんとかどうかは知らんけどね。

241 :名無しかましてよかですか?:04/03/14 23:43 ID:k2AdF0Ea
反論の存在を赦さない、独自のドグマを信奉する

意味では共産主義も天皇万歳も同じ

242 :うよだが、:04/03/15 00:59 ID:stsv/yCa
そしてアメリカは合衆国万歳といい、国旗を神聖視。
英国は女王陛下万歳と、君主を神聖視か、、、


243 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 07:54 ID:j7yMTbKj
>英国は女王陛下万歳と、君主を神聖視か、、、

タブロイド誌でさんざん虚仮にされて神聖視ねえ・・

>国旗を神聖視。

自由と正義のアメリカの象徴だからね。
大統領はちゃんと失脚する。

天皇はのうのうとしているがね。

244 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 14:29 ID:69RZ+Gwj
「第二次大戦中の日本は我々朝鮮人にヒドイ事をしたから反日教育してる」だと?
ハァ?(゚Д゚)今のお前ら第二次大戦中の日本と同じ事してんじゃん!
確かに日本は朝鮮半島や中国や東南アジア諸国の奴らにヒドイ事したけど
戦後、何で北チョソだけあんなにDQNな国になったんだ?
つーか憎むなら第二次大戦中に戦争に関わった奴だけにしろよ!
何で戦後生まれの俺らまで憎まれなきゃならないの?俺ら関係ないだろ?
だいたい戦後から何年経ってると思ってんの?
ちゃんと謝罪と賠償しなかった日本側も悪いが、
ま、こいつらって日本側がちゃんと謝罪と賠償したとしても、
きっといつまでもネチネチしてるんだろうな。
日本が広島と長崎に原爆投下されてやっと目が覚めてマトモになったように、
北朝鮮にも原爆投下した方がいいんじゃない?目が覚めるよ。
奴らは本当に将軍様マンセーなのか?
それとも、逆らえば死刑だからマンセーした振りしてるのか?
前者のような気がする。さすが基地外北朝鮮w
韓国だって北チョソがマトモじゃないと思ったから分裂したんだろ?
なのにチャネラーは何で韓国まで叩くんだよ?

245 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 15:49 ID:eGEIZESI
>>242
っていうか、ふつうの文明国ならば自国の国旗くらいは大切にするよなぁ。
外国の旗を公然と燃やしたりするのは違法だけど、日本の旗を焼くのは
何で違法じゃないんだろう?それこそ国旗なんかはその国を象徴するもの
だから、外国が日本叩きで焼くならまだ話はわかる(おもいっきし不愉快だが)
日本人が旗を無碍にするなんざ、自分の面に泥どころかウンコ塗っている
ようなことなんだがなぁ・・・。やってる人って自覚無いのか?

246 :うよだが、:04/03/15 23:47 ID:ekg+fmuW
>>243
>タブロイド誌でさんざん虚仮にされて神聖視ねえ・・

最近の新聞の調査では王家の支持率はそれでも七、八割を越えてたと思われ。
それに戦前と戦後ではむしろ戦後の方が、扱いが丁寧な気がする。
明治大帝とか、けっこう軽い人で、人を集めて無礼講でどんちゃん騒ぎとか平気でしてたし、
その記録とかも残っている。
大正天皇も裏では、白痴やらなんやら色々言われていたらしいよ。
マスコミにおおっぴらに流される事はないけど、今の芸能人みたいな感じである意味庶民が親しめる存在でもあった。

けど、戦後の天皇家の方々に至っては、殆ど情報が流れない。
戦前はただの君主だったけど、戦後は本当に現人神的な扱いだよ。

>天皇はのうのうとしているがね。

つまりなんだかんだ言われてても、支持されてるってことだよ。





247 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 23:48 ID:69RZ+Gwj

だいぶ古いが…

緊急告知!キムチシェ―キ特別販売!
「飲んでみたい」「ぜひ作って!」という多くのお客さまの声にお応えして、
第12位のキムチシェ―キを全国10店舗のみで特別販売いたします。
数に限りがございますので、ぜひおはやめに。\220(税別)

ttp://lotteria.jp/z/1001/331/xs=_ystovotfsw/
ttp://lotteria.jp/z/1001/574/xs=_ystovotfsw/


248 :名無しかましてよかですか?:04/03/16 00:17 ID:lIubU+2D
自国民を大事にしない国が国旗だけ大切にしてたらバカかと思うだろ?
国民は一銭五厘扱いで、国旗や御真影には最敬礼。
今からは信じられん話だが、昔はそうだった。
北朝鮮を見ながら昔を懐かしんでる香具師が日本に何人くらいいるのか知らんが。

249 :名無しかましてよかですか?:04/03/16 09:24 ID:kiSDsf9L
>一銭五厘扱いで、

徴兵を伝える際の葉書の価格だけど、アメリカだってどこだって徴兵を伝えるだけで
そんなにカネかける事はしないよ。
その話は元々2ちゃんで言うネタで、兵隊は国家公務員として給料をもらってるんだよ。

>北朝鮮を見ながら昔を懐かしんでる香具師が日本に何人くらいいるのか知らんが。

共産主義国は当時の日本政府にとって最も憎むべき存在で、共産主義者は
相当弾圧されたな。いま共産党支持者は少なくなってるから、少ないんじゃないの?

250 :名無しかましてよかですか?:04/03/16 09:36 ID:cVBUV/IV
>>249
「集めた兵隊の使い方」を、皮肉で論じているんだろうに。

そうやって集めた貴重な兵士たちを、南方戦線などで日本はどう扱ったか
知らぬワケでもあるまい。


251 :名無しかましてよかですか?:04/03/16 10:38 ID:sfVWTcBJ
>>250
印象操作だって言ってんだろ。

252 :名無しかましてよかですか?:04/03/16 10:38 ID:csyDuE32
>>249
戦時中の日本は、ソ連と不可侵条約を結んでアメリカと戦争をするという
とんでもない容共国家だったわけだが。

軍人にとって、民主主義のアメリカのほうが違和感があり、
スターリン個人崇拝のソ連は、天皇マンセーの自分たちと通じるものがあったのだろうな。

253 :うよだが、:04/03/17 00:46 ID:hKwBfyzs
252はネタなのかマジなのか分からんな、
そういえば世界史板に昔、こういった感じの電波がいたなあ、
愛☆戦士だったっけ?まだいるかなあ。

254 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 01:46 ID:QlvwpRAb
>そうやって集めた貴重な兵士たちを、南方戦線などで日本はどう扱ったか

一部では食用に使ったそうな。
ま、餓死者続出ということでは今の北朝鮮と昔の日本軍は良く似てるな。
餓死の原因が無能な官僚主義というのもそっくりだ。


255 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 02:35 ID:CwuAeWlS
>戦時中の日本は、ソ連と不可侵条約を結んでアメリカと戦争をするという
>とんでもない容共国家だったわけだが

赤軍に戦時物資を送りつづけたアメリカは、共産主義の
最大の支援者だったわけだw やれやれ・・・。

>一部では食用に使ったそうな。
>ま、餓死者続出ということでは今の北朝鮮と昔の日本軍は良く似てるな。
>餓死の原因が無能な官僚主義というのもそっくりだ。

これ100%中国にも当てはまるんだけど・・・・。
中国の餓死者は数千万単位だったけどな。

256 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 02:57 ID:CwuAeWlS
>>255 訂正
×共産主義の最大の支援者
○共産主義の支持者


257 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 08:40 ID:D0+kA/vC
>>250
スターリングラードのドイツ軍兵士は酷いもんだったし、ソ連軍は後ろから機関銃で脅して突撃させて後退する味方の兵を射殺してたし、マッカーサーだって自分の部下を置き去りにして自分だけトンズラしてたろよ。
日本に限らず世界的に今の基準からみたら命の値段が安かったってだけの話だろ。

258 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 08:59 ID:EzIGMp1P
>>257
悲惨な戦争の悲惨な兵隊たちの話だな。
そしてオレは、祖父を南方戦線で亡くしている。祖母と父親の嘆きを
みじかに感じて育ってきた。

戦争において、兵站計画をおろそかにして精神主義で戦えと強要した
指導部は無能の極みである。近代戦においては特にそうだ。そういう
無能な指導者によって、無意味に殺されたのが、先の大戦における
日本兵なんだよ。

まったくもって「他の国にもあるから」なんて理由で免罪する気には
なれん。無能な人間たちはどこの国にでもいる、が、無能な人間は
無能なことを断罪されないわけにはいかない。



259 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 09:36 ID:D0+kA/vC
>>258
論点をずらすなよ、誰も他国がどうだから免罪されるなんて言っとらん。
もうアンタが結論だしとるだろ。他国同様に無能がいたってだけの話だ。
ちなみに第二次大戦の戦没者は軍民合わせてドイツは800万人、ソ連は2000万人、日本は約300万人だな。

260 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 10:38 ID:EzIGMp1P
>>259
人の命をかみ切れ同様に扱った、ということは事実だ。
他国の「そういう行為」は、自国の「そういう行為」を
免罪することはできん。

おまえさんは、無能者の責任ではなく、世界の風潮のせいにした。
他国にもそういう事例があったということでな。
これを免罪、もしくは正当化といわずしてなんというつもりだ。

-------------
>>257
>日本に限らず世界的に今の基準からみたら命の値段が安かったってだけの話だろ
-------------

こんなクズで愚劣ないいわけを許すことはできん。

261 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 10:41 ID:EzIGMp1P
>>259
もう一つ付け加えておくぞ。

>他国同様に無能がいたってだけの話だ。

だからといって自国の無能者が断罪されなくてもよい理由にはならん。
馬鹿者。


262 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 11:05 ID:D0+kA/vC
>>261
ハァ?このスレの論点は当時の日本は北チョンにクリソツかどうかってトコだろ。馬鹿はお前だよ。
北朝鮮は唯一無二の金王朝による専制政治の独裁国家。
当時の日本は当時としてはスタンダードという事でOK?

263 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 12:04 ID:xVi9VL+g
>>262
つまり、昔はどこの国もガキ大将だったってこった。
いまだにガキ大将なのは北朝鮮だけ。(アメリカも怪しいか?)
だから、昔の日本は北朝鮮にクリソツ、ってのは、正しいんじゃない?

他にも、考えなしに他国を敵に回してるとか、いろいろ共通点はありそうだな。

264 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 12:13 ID:EzIGMp1P
>>262
論点をずらすなよ。「紙切れ一枚の命」という皮肉すら読み
取れない、おまえさんの焦点のズレたアホな書き込みに
ツッコミが入っただけの話だ。

265 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 15:45 ID:lSkbIsjZ
>>233
ここぞとばかり言うねえ

266 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 16:12 ID:2Ey2lw01
あほ左翼は未だに何にもわかっちゃあいねえなあ。

267 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 16:45 ID:tHx0C9kB
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_16&nid=391694&work=list&st=&sw=&cp=1

今の政局混迷を受けて:、日本vS韓国 チャットnaverで日本に韓国をもう一度併合してま
ともな国にしてくれと懇願する韓国人に対し日本人側はもう2度と真っ平ご免と言い切る。
1910年の時の一進会のときも同じような状態だったであろう事が伺えます。
                        ↓
韓 : 日本の韓国再併合を要請します韓国はこのままにならないソウルに
総督府を設置して腐った政治家たちを全部惨殺海州の時です。
..................... 作成時刻 : 2004.03.12 13:56:04
nihonteiko : 日 - 北の将軍様にお願いしなさい。 (03/12 13:57)
joins_sd : 韓 - そんなこと言わないで, 自衛隊を国会に派遣して議員たちを虐殺して
ください... 頼みです. (03/12 13:57)
nudeage : 韓 - 今日は韓国政治の進歩の日だ.恥ずかしがるな. (03/12 13:57)
cp3 : 日 - 北朝鮮に送り出して新しい政治家選びなさい (03/12 13:58)
moudaisuki : 日 - 韓国政治の進歩の日<??? (03/12 13:58)
krus : 日 - ロシア・マフィアかカモッラに頼むとよろしい。 (03/12 13:58)
ssooroo : 韓 - すべて必要ないはくかを被って突進しなさい (03/12 13:59)
z1357 : 日 - みんな壊れたの〜〜〜 (03/12 14:01)
maritime21 : 日 - no! (03/12 14:06)
everalone : 日 - もう日本のことは忘れろ。 (03/12 14:42)
feiley : 日 - 大日本帝国が犯した、最大の過ちは、朝鮮人に関わってしまった事だ!も
う二度と同じ過ちを繰り返しはしません!勝手に自滅して下さい。 (03/12 15:06)


268 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 17:50 ID:W2+dSWvg
>>1
いつ日本が強制収容所を造って、無辜の民を強制連行したと言うんだ?
あんな獣国家と一緒にすんな!
南のダニチョンが!

269 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 17:56 ID:sAlKAadU
強制収容所と言えばソ連のシベリア収容所群かな。北朝鮮の小規模な収容所なんか大したこと無い。
人民の大量餓死と言えば中共の大躍進・餓死者2000万かな。北の餓死者300万人位、どうと言うことはない。
自国民の大量処刑と言えばポルポトかな。金正日のキティ度も、ポルポトに比べたら小粒。

結論 北朝鮮は共産主義国としては、大したこと無い平凡な国。

270 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 18:41 ID:D0+kA/vC
>>269
まぁ北朝鮮は人口2000万人弱の国の中での300万人の餓死者なわけだが

271 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 20:52 ID:0JZ2Gk/s
>>270
国全体が収容所ってことですねw

272 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 23:19 ID:CwuAeWlS
おまえら、そっくりの意味をもう一度考えてください。

273 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 01:35 ID:BGo79SIB
>>255
>これ100%中国にも当てはまるんだけど・・・・。
>中国の餓死者は数千万単位だったけどな。

60年前の日本=40年前の中国=今の北朝鮮
なるほど、そっくり

274 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 01:40 ID:BGo79SIB
>>257
>スターリングラードのドイツ軍兵士は酷いもんだったし、
>ソ連軍は後ろから機関銃で脅して突撃させて後退する味方の兵を射殺してたし、
>マッカーサーだって自分の部下を置き去りにして自分だけトンズラしてたろよ。

ドイツとアメリカは進退窮まった部隊は降伏してたが、日本軍は降伏も許されず補給も受けられず。

275 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 01:45 ID:BGo79SIB
>>258
>無能な指導者によって、無意味に殺されたのが、先の大戦における日本兵なんだよ。

ソ連の場合は無能な将軍は銃殺されちまったな。
ドイツやアメリカなら予備役編入、つまりお役ご免だ。
日本の場合は延々と居座って部下を無駄に死なせ続けた。

276 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 02:57 ID:vx4rqXan
>>273
>なるほど、そっくり

わずか数個の類似点があれば「そっくり」という思考法が
いやはや何とも間抜けというかなんと言うか・・・。

277 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 03:05 ID:vx4rqXan
どうでもいいが、ある年代にうまれた赤軍兵士の
生存率を知っているか?全土で3%だそうだ。
「女子供老人地雷踏ませ隊」がある国はスケールが違う。

>>275
>ソ連の場合は無能な将軍は銃殺されちまったな。

赤軍大粛清というのを知っているかな?有能な軍幹部を
ほとんど銃殺にした結果、軍は大混乱、死ななくていい
大勢の兵士が無謀な作戦で死に追いやられた。

278 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 08:58 ID:HUv9+Psx
>>269
毎年というのを知らんらしいな

279 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 12:34 ID:jiSBsLMX
このスレを立てたのはカラシダマですか?w

http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/sinnsugo.html

280 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 14:45 ID:WDtUiEPH
「戦前の日本は、今の北朝鮮よりもグロテスクだった」

電車が皇居に近付くと親父が私と弟(裕次郎)に向かって言うんだね。
「お前達、天皇陛下にお辞儀しなさい」
周りの大人はみんなお辞儀してるから、親父に聞いてみた。
「どこに(天皇陛下が)いるんですか?」
すると親父が「見えるわけないじゃないか。皇居の向うにおられるんだ」と
言ったんだけど、見えない相手にお辞儀するなんて、
大人達はどうかしてるんじゃないかと私は思いましたなぁ。
私は戦前の日本というのは、今の北朝鮮よりもグロテスクだったと思う。
戦前の日本人は天皇陛下を神様と言ってた。
今の北朝鮮では金正日を「首領さま」とは言っても、
神様とは言わないからねぇ。
                 【石原慎太郎知事の講演より抜粋】

281 :繰り返し:04/03/18 16:32 ID:DpOx1Mi+
イイじゃないの、見えないのに頭を下げたって。神なんだから。>>233-234

282 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 17:17 ID:Hs2wmrbq
>280
ソースありますか?

283 :280:04/03/18 17:55 ID:WDtUiEPH
>>282
2年前、文京シビックホールで行われた教育シンポジウムでの講演

284 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 20:10 ID:gePg1yQC
|.-──-、
| : : : : : : : : \
|: : : : : : : : : : : ヽ
|-…-…-ミ: : : : :',   オマエラに教えてやろう。
| '⌒'  '⌒' i: : : : :}   鶏インフレが話題になる直前に流行った魚の病があったろ。
| ェェ  ェェ |: : : : :)  BSEと鶏インフレに隠れちゃったのでこっちはその魚をゴミ値で買って大もうけさ。
|   ,.、  |:: : : :;!   オマエラに食わそうとしてるのは本来高級料亭に出されるはずだった淡水魚さ。
| r‐-ニ-┐| : : :ノ    霞ヶ浦だっけかな?あそこで養殖されてたんだけど、その病気で産地ごと
|! ヽ 二゙ノ イゞ‐′   全部パァになっちゃって、それを買いたたいたってわけさ。
| ` ー一'´丿 \     あ、人には感染しないので安心して食ってくれよ。揚げ物だし高温調理だから問題なしだ。
| \___/   /`丶、 ホームページなんか見ても魚の名前とか載ってないので無駄だぞ。
| /~ト、   /    l \


285 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 00:23 ID:HyLd47IB
>>276
>わずか数個の類似点があれば「そっくり」という思考法が
>いやはや何とも間抜けというかなんと言うか・・・。

数個と言わず、たった一つ、国民の大量餓死が続くという点で類似していれば、そっくりだろ。
行き着く先は国家の滅亡だ。

286 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 00:30 ID:HyLd47IB
>>277
>「女子供老人地雷踏ませ隊」がある国

日本にも万歳突撃なんて戦法があったな。やっぱり似てる。

>赤軍大粛清というのを知っているかな?有能な軍幹部を
>ほとんど銃殺にした結果、軍は大混乱、死ななくていい
>大勢の兵士が無謀な作戦で死に追いやられた。

有能でも無能でも、どっちに転んでも軍幹部は銃殺される赤軍。
有能でも無能でも、どっちに転んでも陸海軍学校の時の成績で軍幹部の将来が決まる日本。
ま、幹部について言えば雲泥の差だな。
兵卒については大差なし。


287 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 01:51 ID:vsVfxHFc
>>285
>国民の大量餓死が続くという点で類似していれば、そっくりだろ。

日本に、北朝鮮や中国などと同様に「戦争でもないのに
国民の大量餓死者が発生した」ことはあったのか?
ガ島で死んだのは補給の途絶えた兵隊だが?

>日本にも万歳突撃なんて戦法があったな。やっぱり似てる。

非戦闘員が武器も持たずに突撃をさせられたケースと玉砕を
「似ている」というほうがおかしい。

288 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 09:23 ID:D/nd7baG
>>287
>>日本にも万歳突撃なんて戦法があったな。やっぱり似てる。

>非戦闘員が武器も持たずに突撃をさせられたケースと玉砕を
>似ている」というほうがおかしい。

やっても無意味なことを強制された、という意味では同じ。

289 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 10:13 ID:BccrLMK+
>>280
ここで石原発言を持ち出すということは、
「北朝鮮が日本にそっくり」というのを否定する人は、
石原支持者と決め付けているという意味か?
俺が思うに、アンタは「石原もこう言っているぞ、どうだ?」
と言っているような気がしてならない。
そうだとしたら、実にくだらないことだ。
北朝鮮が日本にそっくりかどうかを論じるのに
「石原が好きか嫌いか」などという論理を持ち出しているに過ぎない。
「石原が好きな人へ、石原もこう言っているぞ!」
という否定の意味で書いたなら、アンタも石原発言に頼って、
自分で考えてものを書いていないのでは?
それとも上記は俺の妄想で、
「俺は石原支持者だから、この発言を断固支持!」という意味か?w
20年前なら、イラク以外でもPKO活動に非難轟々だったが、
今、他の地域へのPKO活動はニュースにもならない。
30年前なら、自衛隊の存在そのものが悪という空気があった。
石橋湛山は記者時代(戦時中)に、
「言論が不自由なのは確かだが、その範囲内でできる発言もある」
として、不戦論を説いていたが、北朝鮮で今同じことをやれば即、粛清だろう。
当時は朝日新聞の「積極的な」煽りもあって、世論自体も
戦争否定する=非国民的な空気があったのは事実だろう?
戦時下だし、50年も前のことなので似ている点もそりゃあろうが、
「そっくり」にしたがる奴がもし「生粋の日本人」なら、
もっと歴史的背景を勉強することをお勧めする。

290 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 11:36 ID:vsVfxHFc
>>288
「やっても無意味なことを強制」しなかった国ってどこ?

291 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 12:40 ID:D/nd7baG
>>290
意味不明。

292 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 15:51 ID:vsVfxHFc
>>291
やっても無意味なことを強制された、という意味で「そっくり」
              ↓
「やっても無意味なことを強制」しなかった国はない
              ↓
すべての国は「そっくり」w

まあ「鳥も麻原も二本足という点でそっくり」といっているのと
変わりないということだな。

293 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 16:54 ID:D/nd7baG
>>292
行為の相似性を比較しているわけだが。
別に国としての相似性なんぞに興味はない。

-------------
>>287
>>日本にも万歳突撃なんて戦法があったな。やっぱり似てる。

>非戦闘員が武器も持たずに突撃をさせられたケースと玉砕を
>似ている」というほうがおかしい。

やっても無意味なことを強制された、という意味では同じ。
-------------

つまり、これには同意ッてことかにゃ?

294 :日本平和神軍 広報:04/03/19 17:29 ID:dJaKubmT
中杉博士 語録
 自然というと神が見えなくなる。神といいなさい。
 自然に対する挑戦は神に対する反逆だよ。
     (説法集)

政治の本質とは何か。利害の調整である。
宗教の本質とは何か。掟である。(日常指導)


295 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 17:45 ID:j5vw0ivi
えーと、「玉砕」という言葉は強制された時には使いません。
「大義のために潔く死ぬ事」を玉砕と呼ぶからです。

ちなみに特攻隊はそのほとんどが志願制で、
強制的になったのは末期の一部だけです。

ついでに言うと、命中率及び敵への精神的威圧を考慮すれば、
特攻隊は無意味どころかかなり有効な戦術でした。

以上を踏まえた上で、議論の続きをどうぞ。

296 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 18:28 ID:BccrLMK+
>>295
言いたいことはわかるが、取り敢えず
「特攻」は主題じゃないだろ。

297 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 19:42 ID:vsVfxHFc
>>293
>別に国としての相似性なんぞに興味はない。

スレタイを読みなよ。このスレは「なんでも共通点をみつけるスレ」
なのか?

>つまり、これには同意ッてことかにゃ?

意味が無い比較だぞ。「ふーん、それで?」で終わってしまう。

298 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 20:55 ID:BccrLMK+
>>292
ワロタ。
エリマケトカゲも脅かすと麻原にそっくりになるなw

なんだか知らんが、北朝鮮と戦前の日本がそっくりと言っている奴は
何か理由があるのか?
今の金政権のような恐怖政治なら徳川幕府の方がよっぽど民主的だ。
日本を卑しめたい理由でもあるのかね?(苦笑)


299 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 00:07 ID:qZ64T1CR
>>287
>日本に、北朝鮮や中国などと同様に「戦争でもないのに
>国民の大量餓死者が発生した」ことはあったのか?

中国の場合は革命という戦争をやってるつもり、北朝鮮も日帝やら米帝やらと戦ってるつもり、本人達は戦争中のつもりだ。

>ガ島で死んだのは補給の途絶えた兵隊だが?

普通の国の普通の軍隊なら補給も途絶するほど絶望的戦局なら降伏しても良い頃だが。

>非戦闘員が武器も持たずに突撃をさせられたケースと玉砕を
>「似ている」というほうがおかしい。

非戦闘員を敵兵に向かって突撃させても機関銃で撃ち殺されて無意味なだけだ。
だが地雷を踏んで除去するだけなら非戦闘員でも出来る。
突破口が開けるという意味では無意味でない。
万歳突撃の方は敵にしてみれば日本兵を探し出して掃討する手間が省けて歓迎だろ。
万歳突撃は無意味というのでなく、敵のお手伝い。
さすがにこんなバカなことは赤軍でもしなかったから、似てると言ったらロシア人が怒るかも。(W


300 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 02:08 ID:2U9ycuX7
>>299
>中国の場合は革命という戦争をやってるつもり、

受験生は入試という戦争をやっているつもり、ってか?
「戦争そのもの」と「比喩としての戦争」を混同しないように。

>普通の国の普通の軍隊なら補給も途絶するほど絶望的戦局なら降伏しても良い頃

スターリングラードでは飢えと寒さで百万人以上の人間が
命を落とした。赤軍は食料よりも弾薬の補給を優先したことも
原因の一つ。解放後のスターリングラードには人骨が散乱
していた。食料となった人たちの末路だ。

>さすがにこんなバカなことは赤軍でもしなかったから、

君が歴史を何も知らないということがよくわかった。
女子供老人はドイツ軍に向かっても突撃を強要されたのだ。
さすがにこんなバカなことは日本軍でもしなかったw
あと逃げられないようにハッチを溶接され閉じ込められた
赤軍戦車兵のはなしとかあるが、きりが無いのでやめとこう。

301 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 02:20 ID:2U9ycuX7
「日本軍は絶対悪」というふうに教育されてきたのであろう。
そういう人たちが最近何かと評判の悪い北朝鮮と旧日本軍を
イメージ的に結び付けたくなる心理は理解できる。
そういう思考は病んでいるとは思うがなw。

だからといって一人よがりの印象論から出発したいいかげんな
理屈につじつまを合わせるために、些細な共通点を見つけ出して
旧日本と北朝鮮を「そっくり」などと論ずることに難がある。

ガ島で死んだ兵士と、失政がもとで死に追いやられた北朝鮮の
一般民、これに共通するのは「飢え死にした」ということくらいだ。
補給線が「断たれた」日本軍と、民を「見殺しにした」北朝鮮。
どう?まだ「そっくり」か?


302 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 02:50 ID:YthDeXqy
>>301
ガ島に関して言うならば、彼らは「見殺しにされた」んだよ。
補給計画もまともに立てられず、護衛計画も実行されず、
精神主義と現地調達でしのげと命令。

これを放置といわずしてなんと呼ぶのか。
コト南方戦線において、日本軍首脳部の無責任さは
言語道断だ。

303 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 09:42 ID:mxlmgt3/
ガ島を「補給線が絶たれた」つうのは、ちょっち無理があるよね。


304 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 11:27 ID:2U9ycuX7
>>302
>ガ島に関して言うならば、彼らは「見殺しにされた」んだよ。

北朝鮮のように食料が供給可能なのにしなかったのか、
それとも戦略が未熟で補給計画が甘かったのか、
この両者はぜんぜん違うだろ。

305 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 11:44 ID:YthDeXqy
>>304
>食料が供給可能なのにしなかった

ほお、現在の北朝鮮における食糧難は、供給ルートが確立していないせいだと。
なるほど、それでは供給ルートに乗らなかった大量の食料がどこかに遺棄されている
はずだが、それはどこにあるんだ?

なにせ、現在の食糧難を解消できるほどの食料だ。それはそれは大量に遺棄
されるはずだが、どこかで見つかっているのかね? ワタシはそうした遺棄食料の
存在を過分にして知らないのだが、君はどうやら知っているようだ。

教えてくれないか?



306 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 11:48 ID:YthDeXqy
そもそも「補給計画が甘い」ということは、すなわち兵士の命を軽視していることに
直結することだ。さらには、問題が起きてからも依然放置され、現地人や兵士同士の
人肉食までも引き起こす原因となった。

これを「見殺し」と呼ばずになんと呼べばいいのだ?
なにがどう「見殺し」じゃないと主張するつもりなんだ。

少しでも戦史をかじったことがあるのか、おまいさんは?

307 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 13:33 ID:2U9ycuX7
>>305
ニュースを見ていれば子供でも知っていることだが、
食料は幹部や軍の為の貯蓄に回されている。また
幹部は積極的に援助米を闇市場に流しているのは、
映像でも確認された確かな情報。つーか報道番組くらい
みろっつーの。

>なにせ、現在の食糧難を解消できるほどの食料だ。

「食料が供給可能なのにしなかった 」がいつのまにか
「食糧難を一挙に解消できる」にすりかわっているw

>それはそれは大量に遺棄されるはずだが、

援助米は換金されたりしているが、こんな初歩的なことを
いちいち教えるのも面倒だ。ぐぐれ、ガキじゃあるまいに。

308 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 13:45 ID:2U9ycuX7
そもそも「軍事作戦計画が甘い」ということは、すなわち兵士の命を軽視していること
そもそも「戦略計画が甘い」ということは、すなわち兵士の命を軽視していること
そもそも「兵器の設計思想が甘い」ということは、すなわち兵士の命を軽視していること
そもそも「戦争を行う」ということは、すなわち兵士の命を軽視していること
そもそも「援軍を出さない」ということは、すなわち兵士の命を軽視していること

なんでもかんでも「見殺し」になってしまう不思議w

309 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 13:51 ID:YthDeXqy
>>307
>「食料が供給可能なのにしなかった 」がいつのまにか
>「食糧難を一挙に解消できる」にすりかわっているw

だって、おまいさんの認識から言えばだ、

「本来は食料は供給できる」

んだろ?(w

「一挙に解消できる」もなにもない、そもそも食糧難という状況
そのものが、本来は存在し得ないモノだと主張しているじゃないのかね?(w

そして、2000万人を養うことができるほどの食料が、いったい
どこに流れていってしまったのか?

どこの報道番組で、それほどの食料が無駄に遺棄されているのか、
幹部たちや軍部のみで貯蓄されているのか、それを教えてくれ、
と聞いているわけだよ。


310 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 13:54 ID:YthDeXqy
>>308
個人的には似たようなもんだと思うが、少なくともそれはオレに対するレスでは
ないよな。ついに日本語も読めなくなったか?

でもって、なんで言を左右にして逃げようとする?
自信があるならはっきり答えてみたまえ。

ガ島に置ける

>そもそも「補給計画が甘い」ということは、すなわち兵士の命を軽視していることに
>直結することだ。さらには、問題が起きてからも依然放置され、現地人や兵士同士の
>人肉食までも引き起こす原因となった。

こういう状況を、見捨てると呼ばずして、なんと呼ぶのだ?
おまいさんはなにがどう「見殺しじゃない」と主張するつもりなのか?



311 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 15:26 ID:2U9ycuX7
>>309
95年に脱出した李チョングッ氏(30才)は北朝鮮では外貨稼ぎ事
業所の課長だった。氏は語る。

問題は下層の人々です。金日成体制下で苦労ばかりしカネも
なく商売をする能力もないのが彼らです。餓死者続出という話
はまさにこのような人にあてはまるのです。南よりもよい暮ら
しをしている人々も北朝鮮には多いのです。韓国では北朝鮮全
体が飢え死んでいるというが、大間違いです。労働者と農民だ
けが飢え死んでいるのであって幹部たちはみんなよい生活をし
ています。私だって何一つ不自由なく昨年冬まで暮らしていて
こっちに逃げてきたのです。

共産主義政権下で、高級官僚や共産党幹部が利権を独占して、貧
富の差が逆に広がるという逆説は、どこでも見られた事である。し
かし、一般人民が数十万単位で餓死しつつあるときに、優先的な配
給や、ヤミ市場での儲けで安楽な生活をしている、というのはあま
り例がない。

312 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 15:28 ID:2U9ycuX7
また各国の救援物資が、実際にどう使われているのか、次のエピ
ソードがヒントを与えている。

96年9月、武装工作員を乗せて韓国東海岸に侵入し捕獲された北
朝鮮の潜水艦に、米国から北朝鮮に救援食糧として送られた缶詰が
積み込まれていた。缶詰は米バージニア州の「兵役反対」で知られ
るキリスト教団体が送ったもので、「救援食糧」「非売品」と明記
されていた。「兵役反対」の善意の人びとの援助が逆に「軍事」に
使われたわけである。

また、今年1月には、世界食糧計画(WFP)の平壌駐在員が、
欧州連合(EU)から北朝鮮に食糧援助として送られた食用油が平
壌の外交官専用商店などで売られているのを発見した。この食料油
は、幼児の栄養補給用のものとされ、援助物資として非売品に指定
されているが、外交官専用商店のほか一般商店三カ所でも陳列され
ていた。WFPでは関係援助国にも通報し注意を呼びかけている。

短期的な食料支援すら、餓死しつつある人民には届かないようだ。

313 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 15:37 ID:YthDeXqy
>>311
だっからさあ? そういうトップダウン式の腐敗なんて誰でも知ってるのよ。
でもおまいさんは、

「本来は食料は供給できる」

と言ったんだぜ?
「一挙に解消できる」もなにもない、そもそも食糧難という状況
そのものが、本来は存在し得ないモノだと主張しているじゃないのかね?(w

なのに、現に存在すると言うことは、好意的に解釈してやるなら数十万人だが
数百万人だかの食料が、どこかに消えていると言うことになる。で、それはどこに
消えているのかと聞いているんだよ。

誰かが隠匿してるでも、どこかに遺棄しているでもかまわん。具体的な事実と
数値を示してみなさいな。

>共産主義政権下で、高級官僚や共産党幹部が利権を独占して、貧
>富の差が逆に広がるという逆説は、どこでも見られた事である。し
>かし、一般人民が数十万単位で餓死しつつあるときに、優先的な配
>給や、ヤミ市場での儲けで安楽な生活をしている、というのはあま
>り例がない。

ロシアでもチェコでも、いくらでもあった構造じゃないか。
日本の闇市だって似たようなもんだろう。肥え太った豪商や官僚もいれば、
思想信条から食糧配給のみにたより、餓死した人間もいる。
なにが「あまり例がない」もんか。


314 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 20:07 ID:2U9ycuX7
>>313
>そもそも食糧難という状況そのものが、本来は存在し
>得ないモノだと主張しているじゃないのかね?(w

意味不明。存在しえない食糧難に対して援助米がくる訳が無いw

>なのに、現に存在すると言うことは、好意的に解釈してやるなら数十万人だが
>数百万人だかの食料が、どこかに消えていると言うことになる。

1.軍の貯蓄 2.幹部の懐 3.横流しして換金
つーか上のコピペ読んで無いだろ?同じことを何べん言えば・・・。

>具体的な事実と数値を示してみなさいな。

いたるところに援助目的の物資が売られていることくらい
認めろ。数値?そんなもの朝鮮高官でしか知りえないことくらい
アホでなければ分かるだろ?それともおれはCIA長官かw

>なにが「あまり例がない」もんか。

コピペにむきになられてもなあw。

>ロシアでもチェコでも、いくらでもあった構造じゃないか。

ロシアでもチェコで「一般人民が数十万単位で餓死しつつある
ときに、優先的な配給や、ヤミ市場での儲けで安楽な生活をし
ている」例をあげてみな。国際社会からの食料援助をことごとく
着服して飢えた人に一切回さなかった例をあげてみな。


315 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 20:11 ID:2U9ycuX7
たしかに個人レベルでは横流しなどいくらでもする人間は
いただろう。しかし北朝鮮は国家としてそれを行っている
、飢えた人に対して横領をはたらいているということだ。

316 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 21:52 ID:yHYaqdRk
>>314
うーん、もう一回自分の書き込みを読み返してみたら?
完全に意味不明。

317 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 22:02 ID:dri5Iihm
ガ島の飢餓も大変だったが、でも戦争中に補給線を遮断される事は、本当は珍しく無いんだよ。

318 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 23:21 ID:2U9ycuX7
>>316
逃走か?べつにいいんだけど言い訳はみっともない。
援助物資が庶民に届いてないなど、知らない人はいないと
思っていたがねえ・・・。

319 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 00:58 ID:0yg9ABdp
>>300
>受験生は入試という戦争をやっているつもり、ってか?
>「戦争そのもの」と「比喩としての戦争」を混同しないように。

中国のように海峡を挟んで金門島の国民党軍と大砲で撃ち合っているのを比喩としての受験戦争と一緒にするとは(W

>スターリングラードでは飢えと寒さで百万人以上の人間が
>命を落とした。赤軍は食料よりも弾薬の補給を優先したことも
>原因の一つ。解放後のスターリングラードには人骨が散乱
>していた。食料となった人たちの末路だ。

つまの日本は共産国家並だな。

>君が歴史を何も知らないということがよくわかった。
>女子供老人はドイツ軍に向かっても突撃を強要されたのだ。

戦闘員を温存するために昔の鼓笛隊が普通にやっていた仕事ですが。
ナポレオンの軍隊なんかは前一列は死ぬための少年兵が楽器を持って並んでました。
笛や太鼓を持たせず、露骨に弾避けとしてだけ使った不粋さがロシア流でしょう。
戦闘員自体を無駄死にさせる日本の万歳突撃は、敵のお手伝い以外に意味はなかったのですが。

320 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 01:01 ID:0yg9ABdp
ガ島で餓死者続出のさなか内地では将校が芸者を挙げて宴会。
なるほど当時の日本と北朝鮮は似てますね。

321 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 01:40 ID:xU/MrZVu
>>319
「中国の場合は革命という戦争をやってるつもり」が
いつのまにか「国民党軍と大砲で撃ち合っている」に
すりかわっているw。

>つまの日本は共産国家並だな。

つまの日本?今の日本?つまり日本?

>露骨に弾避けとしてだけ使った不粋さがロシア流でしょう。

だ か ら 日本はそれをやっていないと何べん言えば・・・。

322 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 01:47 ID:xU/MrZVu
>>320
>なるほど当時の日本と北朝鮮は似てますね。

なんだか空しくなってきた。「北朝鮮は総力戦のさなか
ではない」と言うとまた永久ループか・・・・。

表層的なことに目を奪われて思考が麻痺しているんじゃ
ないか?もっと本質的な部分、政治経済金融などの面で
北朝鮮との類似点をあげてみなよ。ま、何を言っても
「なるほど当時の日本と北朝鮮は似てますね。」という
気味悪い台詞で終わるんだろうけどな。

323 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

324 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 02:43 ID:pP3Yct0G
バンザイ突撃とか食料補給とかについての議論は俺にはどうでもいいが、
戦中日本と現北朝鮮が似てるという話なら、

・当時の日本に大陸間弾道弾があるか
・当時の日本が国策として他国民を大量に拉致したか
・当時の日本で選挙すると投票率100%だったか

いくらでも相違点は見つかるな。

個別具体例の議論で似てるとか似てないとか、バカじゃねぇの?

325 :289&298:04/03/21 11:28 ID:lAZuoiwW
>>322
言っても無駄みたいね。
何かの事象ですべて「北朝鮮そっくり」に結びつけたいんでしょ。
理由としては、
1.オバカ3国の人
2.歴史的な認識が足りない人
3.知っていても、皮相的なことしか理解できない人
このどれかでしょ。

326 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 17:16 ID:5c2STFn5
>>325
名に行っても無駄だね。
何かの自称すべて「北朝鮮とは違う」に結び付けたいんでしょ。
理由としては、
1.オバカ3国の人
2.歴史的な認識が足りない人
3.知っていても、皮相的なことしか理解できない人
このどれかでしょ。

327 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 23:39 ID:IdHjtY9R
>>322
>なんだか空しくなってきた。「北朝鮮は総力戦のさなか
>ではない」と言うとまた永久ループか・・・・。

総力戦のさなか芸者挙げて宴会してる方が無神経だと思うが。
それを言うと日本は北朝鮮以下になってしまう、、、

328 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 23:44 ID:IdHjtY9R
>>324
>当時の日本に大陸間弾道弾があるか

当時、世界のどの国に大陸間弾道弾があったのか。
どこにも無いものが日本にも無いのは当然のこと。

>当時の日本が国策として他国民を大量に拉致したか

拉致しなくても朝鮮人が勝手に出稼ぎに来てたからな。
必要があったらやったかも。良く分らんが。

>当時の日本で選挙すると投票率100%だったか

代わりに大政翼賛会なんてのがあったわけだが。

ま、その翼賛体制に楯突いて選挙に出て当選した人も日本にはいたわけで、その点では日本の方がマシだったのだが、、、

329 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 23:46 ID:PI6TAogP
そりゃ北朝鮮の目的は、ただ単に「国体護持」がしたいだけで、
よその国に侵略して植民地化することじゃないんだから、
いっしょにしちゃ駄目だ。

330 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 23:50 ID:IdHjtY9R
>>321
大砲で撃ち合うことイコール革命ではないが、大砲を撃ち合っていると革命気分を高める働きはあったろうな。

満州事変とかで、全く弾の飛んで来ない内地に住んでいても、なんとなく戦争気分になるようなもんだ。

つまり当時の日本。

ロシアがやったことは不粋。日本がやったことは敵のお手伝い。
死ぬことを強要された人間にとって不条理極まりないことは同じ。


331 :名無しかましてよかですか?:04/03/21 23:52 ID:ddCG93xS
インパール作戦で多くの将兵が飢えとマラリアで死んでいってるとき、総司令官
牟田口謙也は清明荘という宴会場で芸者をはべらせて酒池肉林の宴を繰り広げて
いました。たしかに北朝鮮みたいな国だ。

332 :女子高校生:04/03/22 06:24 ID:5/p64qez
>>329
この意見からは、まだ北朝鮮の方が「まし」との結論も導けるな。
なんぼなんでも2000万人(大東亜戦争)は殺してないだろ?
キタは。

333 :名無しかましてよかですか?:04/03/22 11:03 ID:jD2y7Yu+
>>326
チョソはお前だろw

>>332
女子高生というだけあってwお子チャマそのものだなw
お前が何と思おうと、戦争は合法的殺人(民間人は別だが)だぞ。
独裁政治で国民を飢え死にさせているのと別だろう?
区別つかんか?

334 :名無しかましてよかですか?:04/03/22 16:46 ID:Fi7pZiOp
その「マシな」北朝鮮から亡命者が絶えないのは
なぜだろうねw

餓死者が絶えないアジア最貧国の北朝鮮が似ている国
といえば、まあアフリカの発展途上国のどこか位だろう。

335 :kkk ◆KwOayjtkcs :04/03/22 23:17 ID:m43T3Wtr
>>331
東京を無差別空襲してる時のルメイはどんな生活をしてたんだろう?
きっと、家に帰って酒飲んだりいい生活してたんだろうな。
人が大勢死んでる中で。

336 :白豚:04/03/22 23:26 ID:cp+z4PzH
戦時中は天皇教の信者だったわけよー日本人全員ね。



白豚は大作一筋w

337 :名無しかましてよかですか?:04/03/23 00:28 ID:Os41MqZ9
>>333
>独裁政治で国民を飢え死にさせているのと別だろう?

北朝鮮の国内法では餓死は違法なのか?
それとも国際法で餓死が禁止されてるのか?
少なくも戦争末期の日本では闇米食わなければ餓死するような配給が行われたが違法ではなかったぞ。
むしろ闇米を食うと違法。


338 :名無しかましてよかですか?:04/03/23 00:31 ID:qp6Y4vnj
>>335
>東京を無差別空襲してる時のルメイはどんな生活をしてたんだろう?

後で日本から勲章貰うための自推文を書いてました。


339 :名無しかましてよかですか?:04/03/23 00:54 ID:y4FG0xol
そういえばドイツも敗戦直後はひどい食糧難にみまわれた
なあ。ま、総力戦でボロボロになった国ならどこでも餓死は
発生してた。ということで

「ボロボロの敗戦国と北朝鮮はそっくり」ってことか?
やれやれ。

340 :名無しかましてよかですか?:04/03/23 10:28 ID:ZPPthwI6
>>337
>北朝鮮の国内法では餓死は違法なのか?

お前何が言いたいの?w
戦時中に言論統制があったのは事実だが、
今の北朝鮮ほど人権侵害しているか?
よーーーーーーっく、考えてみよう。
区別がつかない奴は相当、幼稚か短絡的なオツムだぞ。
よく恥かしくもなく、「そっくり」とか書けるな。
前のほうで色々指摘されているように、
いくつかの似ている点なんか探せば、
今でも似ている部分なんか出てくるだろう。
くだらんコジツケを言っている間に、
少し歴史の勉強でもしないと、恥の上塗りするだけだ。
まぁ、チョソが僻んで書いているなら仕方ないけどなw

341 :名無しかましてよかですか?:04/03/25 01:08 ID:K91ENPbn
>>340
>お前何が言いたいの?w

「戦争での殺戮は合法だが、北朝鮮では餓死者がどうたらこうたら」と書いていたが忘れたか?
餓死が違法でなければ、戦争での殺戮を合法として対比する意味がないだろ。

>戦時中に言論統制があったのは事実だが、
>今の北朝鮮ほど人権侵害しているか?

確かに昔の日本でなら反体制で捕まった人間でも転べば許して貰える確率が高かったな。
もちろん転んだ以上は政府に協力して昔の同志を売ることになる。
今の北では転んでも許して貰えるようなものではないらしい。
ただし捕まる前に自分から名乗り出て同志を売れば許して貰えるだけでなく報奨金まで貰えるそうだ。
つまり細かい点まで気にしだしたら何とでも言えるということだ。


342 :名無しかましてよかですか?:04/03/25 01:13 ID:K91ENPbn
>>339
>「ボロボロの敗戦国と北朝鮮はそっくり」ってことか?

今の北朝鮮は敗戦国の惨めさと戦争中の国の馬鹿馬鹿しさを同時に持ってることが特徴だな。
比較するなら日本の戦争の最末期だろ。
あの数カ月が二十年くらい続いてると考えると北の異様さが分る。

343 :名無しかましてよかですか?:04/03/25 02:03 ID:5aeiiM7G
朝鮮人は本当に怒ると、正気を失うといえるかもしれない。
自分の生命がどうなってもいいといった状態になり、牙のある動物になってしまう。
口のまわりにあぶくがたまり、いよいよ獣めいた顔つきになる。
遺憾なことだが、この怒りの衝動に我を忘れるといった悪癖は男だけの独占ではない。
朝鮮の女はすさまじい凶暴さを発揮する。女は立ち上がってひどい大声でわめくので、
しまいには喉から声が出なくなり、つぎには猛烈に嘔吐する。
精神錯乱に陥るこうした朝鮮の女たちを見るたびに、私はどうして
脳卒中で倒れずにすんだのかと不思議に思う。
どうも朝鮮人は、幼少のころから自分の気分を制御する術を学ぶことがないらしい。
子どもは親を見習って、自分の気に入らないことがあると、
まるで気が狂ったように暴れだし、結局、我意を通すか、
それとも長くかかって鎮静にもどるかそのいずれにか落ち着く。
★  「朝鮮亡滅亡」  ホーマー・アルバート

朝鮮民族の7割がプータローだった!【李朝】
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1060719941/
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/25/1060719941.html  ミラー
教科書が教えない朝鮮の歴史
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1072568981/


344 :名無しかましてよかですか?:04/03/25 10:07 ID:FmCWafbU
>>341
>>332から読んでみろ。
最初の比較がこれだからだろ。w
じゃ、過去に戦争やった国はその当時、
みんな北朝鮮にそっくりってことになるなw
大体、今の日本だって似ている点なんか探せばあるだろ。
政治家が私権をむさぼっている=金正日
日本=北朝鮮にそっくりとかさ。
「そっくり」と思いたい理由でもあるのかよ?w

345 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 00:19 ID:JCuBInpy
>344
>>>332から読んでみろ。

読んだが332は329に対するレスだった。
なぜ329からでなく途中から読めというのか?

346 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 00:23 ID:eXgzR0B4
中国人をわざと見逃して、尖閣上陸させた小泉の悪辣。

対外危機を煽り、民心を掌握するために、さらに小泉の信条である
対米隷属、対米売国を説得的にするために、ついにこういうことをしやがった。
本当にやり方の汚い奴です。国民操縦術がずば抜けている。

スピーカーたるマスゴミを、完全に奴に押さえられている上、
領土問題という事の性質上、煽られるのはやむを得ないと思いますが、
国民の皆さん、なるべく冷静に善処をお願いします!
でないと、本当の大悪魔売国奴による操縦の思うつぼです!!

【参考】対米売国奴・小泉によってブチ殺された日本人外交官の死体画像6枚
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0312/031204-7.html
*この投稿はHDDに保存して、頭に叩き込んでください*

347 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 00:29 ID:ywtgkZz4
イスラエルのユダヤ人に
迫害されたからってパレスチナ人殺していい理由にはならない事を
ドイツ人が言う事はやはり無理がある。
日本が北朝鮮に言えるのは、金やるかわりにチャラにしろ
チャラにするんだから、拉致した日本人も返せ
でないと金払ってチャラにした事にはならねーぞって事だけ


348 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 01:17 ID:W/dI/bcc
>>346
このコピペのやり口は北朝鮮に「そっくり」だなw
不都合なことは敵の陰謀のせいにして、ありもしない危機を
大げさに取り上げ、そして犠牲者の名誉におかまいなく
死体の映像をばらまき、見るものにショックをあたえる。

使う用語もつねに誇張。大悪魔売国奴ってなんだ?

349 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 13:44 ID:0dJaUOhG
>>345
>>332から戦争殺人と餓死がゴッチャになってきているから。
大戦中は、かなりの「非常事態」だったと思うが、
原爆を落とされなくても餓死者が出るような事態が生じて来たら、
政府は降伏したと思われる。
北朝鮮はある意味、戦争中とも言えるが、戦闘中ではない。
にも関わらず、国民が餓死しているのを放置している。
金正日の政権維持が最優先されている点がもっとも戦時中の日本と違う点。
探せば、「似てる点」も「違う点」も出てくるのは当然で、
似ている点をいくつかあげて「そっくり」だというなら、いくらでもそっくりになる。
ループになるのでもう止めておくが。

350 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 15:40 ID:HC4IOgND
国民学校(今の小学校)とか旧制小学校(今の中学校)では、太平洋戦争中、
精神と体力を鍛えるという名目で、男女とも在校時間を上半身裸で通してた
んよ。この前図書館で見た当時の資料に、同じ教室で男女が上半身裸で授業
やってる様子や農作業の様子を写した写真があった。おっぱいでてる娘もけ
っこういるし、先生も上半身裸(女の先生も、)。これのどこがまともな国
なんですかね〜。北朝鮮みたいやわ。
*想像 先生「今日から全員上半身裸で通すぞ!全員上半身裸になれ!」
  男共「え、女も!」「まじで!」「やったー!」
  女共「そんなの嫌ー!」「恥ずかしいよー!」
  先生「つべこべぬかすな!非国民だぞ!」
 (女子達、泣く泣く脱ぐ。)
  先生「こらあ!胸を隠すなー!!手を下ろせえ!!非国民だぞ!」
 (そして休み時間)
  女子達はみんな固まって胸を隠してる。
 女子達「見ないでよー!」「スケベ!」「エッチ!」「あっち行ってよ!」
 男子達「○○はおっぱいでかいぞー!」「○○乳首茶色いぞ!」
    「たまんねー!」「俺毎日学校来るぞー!」

351 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 16:05 ID:+PfzZRRb
先生「おい、そこの女子、敵性語の”エッチ”を使うとは何事だ!」

352 :名無しかましてよかですか?:04/03/26 20:49 ID:W/dI/bcc
>>350
*想像というより妄想だろ?

おまいのオナニーネタを公表されてもなあ・・・。

353 :名無しかましてよかですか?:04/03/27 00:28 ID:5qGJftfs
>>349
>>>332から戦争殺人と餓死がゴッチャになってきているから。

餓死の話なら、もっと前にガ島の話とか出てるよ。

>大戦中は、かなりの「非常事態」だったと思うが、

その非常時に芸者上げてドンチャン騒ぎしてた日本軍幹部は?

>原爆を落とされなくても餓死者が出るような事態が生じて来たら、
>政府は降伏したと思われる。

ガ島でもインパールでも餓死者続出で日本軍は降伏なんてしなかったのだが。

>北朝鮮はある意味、戦争中とも言えるが、戦闘中ではない。

戦争中ではなく、停戦中。
だが北は停戦破って度々南への浸透を図り、見つかると撃ち合い。

>にも関わらず、国民が餓死しているのを放置している。

放置してるというより、南に寝返りそうなヤツを意図的に餓死させてると思われ。

>金正日の政権維持が最優先されている点がもっとも戦時中の日本と違う点。

ま、金王朝も国体護持に御熱心ということだな。
これで金豚がアメリカへの降伏の聖断を決意し、降伏後に白々しく「我が身はどうなっても」などと言い出せば、かつての日本にそっくり。


354 :名無しかましてよかですか?:04/03/27 01:25 ID:7rV3p1Cw
>放置してるというより、南に寝返りそうなヤツを意図的に餓死させてると思われ。

はあ?

>「我が身はどうなっても」などと言い出せば、

妄想。

355 :名無しかましてよかですか?:04/03/27 02:15 ID:RFlReFKB
>>353
要するにお前は戦時中の日本と北朝鮮がそっくりってわけねw
お前がどう思おうと勝手だがねw

356 :名無しかましてよかですか?:04/03/27 11:10 ID:oqccJfic
第二次大戦中に強制連行され、新潟港で過酷な労働を強いられたとして、
中国人の元労働者ら12人が、国と新潟市の港湾運送業「リンコーコーポレーション」(旧新潟港運)に
総額2億7500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、新潟地裁の片野悟好裁判長は26日、
国と同社に8800万円の損害賠償を命じた。
強制連行訴訟で国の責任を認めたのは初めて。
原告は中国人の元労働者10人と、死亡した元労働者1人の遺族2人。
判決は国と企業の安全配慮義務違反を認定、元労働者1人当たり800万円の賠償とした。
国は、国家賠償法施行前は国の行為について個人は賠償請求できないとする「国家無答責」を主張したが、
判決は「適用することは正義・公平の観点から著しく相当性を欠く」と退けた。(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040326-00000147-kyodo-soci


357 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 00:19 ID:RAILsQdq
>>353
>その非常時に芸者上げてドンチャン騒ぎしてた日本軍幹部は?

その幹部とやらが国家元首だったら北朝鮮と同じだな。で、そうなのか?
「本質的にそうであるもの」と「一部例外があるもの」を
同一視してしまうのはバカとしか言いようがない。

>ガ島でもインパールでも餓死者続出で日本軍は降伏なんてしなかったのだが。

要するにお前さんには、ガ島とインパールの2件しか根拠が無いんだろ?
で、その2件=日本の戦争の全てだとでも?
一部の中国人が犯罪犯したからといって、
中国=犯罪国家って言うのと同じくらいバカ。

>放置してるというより、南に寝返りそうなヤツを意図的に餓死させてると思われ。

ワロタ。寝返るヤツがいるとしたら、それは餓死しそうだから寝返るんだろうが。
物事の考え方がまるっきり逆。

358 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 00:50 ID:k7jusI2N
>>357
>その幹部とやらが国家元首だったら北朝鮮と同じだ
北朝鮮では国家元首だけが国民の犠牲で贅沢しているとでも思ってるのか?
取り巻きもえげつないと聞くが。

>要するにお前さんには、ガ島とインパールの2件しか根拠が無い
レイテ島の例もあるから3件だな。
で餓死者が出たからって日本軍が投降した例ってあるの?
無きゃ3対0で完封試合だ。

>寝返るヤツがいるとしたら、それは餓死しそうだから寝返るんだろうが。
残念でした。金豚王朝はそんな理性的な考え方しません。
生まれによって確信階級だの動揺階級だのに分類しちゃいます。

359 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 02:40 ID:udWN9Jy5
餓死者が出ても降伏しなかった戦いなどいくらでもあるだろ。

敗戦国で軍幹部が「ドンチャン騒ぎ」しなかった国ってどこ?

あと「寝返りそうなヤツを意図的に餓死させてる」ソースキボン。

360 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 02:59 ID:E/gqpD8+
>>359
もう言っても無駄だよ。
読んでいてわかったが、「そっくり」って言ってる奴は、
チョソか自虐オナニストのどちらかじゃん。
いくらでも適当な屁理屈探してくるさ。
>>357が言うように、
「一部の中国人が犯罪犯したからといって、
中国=犯罪国家って言うのと同じくらいバカ。」
でFAのようよ。


361 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 12:25 ID:udWN9Jy5
>>360
知識が無いから見分けがつかないということもあるな。
おれなんか最近アイドルの顔がみな「そっくり」にみえる。
でもアイドルヲタならそんなこともないだろうな。

362 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 14:45 ID:fdCQY4ZJ
>>359
だれも、北朝鮮と日本だけがそうだ、なんて言ってないよ。

馬鹿な指導者が馬鹿な戦争を起こし、そして多くの人間を
無駄に死に追いやった。こういうことは、歴史上それほど
珍しいコトではないが、珍しくはないからといって数多い
わけではない。

そして、何より重要なのは、「珍しくはない」という理由では、
その無能さを非難されないわけにも行かないということだよ。

>餓死者が出ても降伏しなかった戦い
>敗戦国で軍幹部が「ドンチャン騒ぎ」

そんな国は、まあ、負けて当然だな。
そして、軍幹部は首をつって当然。

なんでそんなに旧日本軍をかばおうとするのかが理解不能。

363 : :04/03/28 15:48 ID:u/9NuB98
ってかまず君たちの年齢を教えてくれる?
戦中を語るならもちろん戦中を自分の目で見たんだろうね?
俺は戦中を見てないから日本がどんな状態だったのかははっきり言って全く分からない(そもそも戦争があったことを証明することも出来ない)
やけに元気な老人が集まってるスレだね。

364 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 17:55 ID:n8kij7Ho
363の生まれる前には人類は存在していなかったのです。

365 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 19:39 ID:udWN9Jy5
>>362
>だれも、北朝鮮と日本だけがそうだ、なんて言ってないよ。

つまりこの点だけで「北朝鮮と日本はそっくり」など判断するのは
いかに馬鹿げた意見かということがわかるだろ?

>なんでそんなに旧日本軍をかばおうとするのかが理解不能。

はて?だれが「かばおうとした」のやら。

366 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 19:52 ID:fdCQY4ZJ
>>365
>つまりこの点だけで「北朝鮮と日本はそっくり」など判断するのは
>いかに馬鹿げた意見かということがわかるだろ?

なぜに? あまた歴史上に存在した馬鹿な国があり、その国がやったことと
同じコトを日本と北朝鮮がやったことがある。であれば、似てると言ったって
別に間違いではあるまい。

日本や北朝鮮でなくても話は同じだよ。
馬鹿な国の馬鹿な行いを模倣、つうか絵に描いたようになぞった二国。
この二国に対して、どうして似てると言ってはいけないのか?

どうせ人間なんだから、日本だけを特別扱いしたくなったとしてもむなしい
だけだろうさ。

>はて?だれが「かばおうとした」のやら。

ガ島やレイテ島に代表される南方戦線の責任放棄、無能きわまる指揮を
歴史の必然で免罪することはできないってことさ。

367 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 20:51 ID:udWN9Jy5
>>366
>似てると言ったって別に間違いではあるまい。

どんなものにも共通点があるのはあたりまえ。で、
共通点があれば「そっくり」なのかと聞いているのだが?
それともスレタイを改めたほうが良い?
「北朝鮮は世界とそっくり」とかさ。

>歴史の必然で免罪することはできないってことさ。

はあ・・・それがどうかした?善悪、是非など論じていないだろ?
「そっくり」かどうかを話している。

368 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 21:02 ID:fdCQY4ZJ
>>367
>共通点があれば「そっくり」なのかと聞いているのだが?

似ている点があるなら、似ていると言われたって仕方ないだろ、と
実に単純なことを言っているわけだが。

>「北朝鮮は世界とそっくり」とかさ。

何言ってんだかサッパリわからんな。しかし。


369 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 21:55 ID:udWN9Jy5
>>368
>似ている点があるなら、似ていると言われたって仕方ないだろ

そんな当たり前のことなど誰も聞いていない。
共通点があれば「そっくり」なのか?

>何言ってんだかサッパリわからんな。しかし。

わずかな共通点をもって両者をそっくりと断ずることが
如何におろかであるかの例えだ。

370 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 23:04 ID:fdCQY4ZJ
>>369
>共通点があれば「そっくり」なのか?

そっくりだと思うぞ。

人間の命をちっとも大事に思わなかった、という意味ではね。
それを、なぜそっくりといってはいかんのだ?

>わずかな共通点をもって両者をそっくりと断ずることが
>如何におろかであるかの例えだ。

「そっくり」というためには、別に何から何まで同じ必要も無かろう。
ある論点に置いて、似ている点があるなら「似ている」と表現して
何が悪いのかね?

371 :名無しかましてよかですか?:04/03/28 23:43 ID:u/tikdga
>「北朝鮮は世界とそっくり」とかさ。

はずれ。北朝鮮は世界の他のおバカ国とそっくり。例えばイラクのフセインとか。

例えば馬とロバは似てる。だが四つ足であることでは牛もヤギも馬に似てる。
全部似てるからといって馬とロバが似て無いことにはならないし、牛やヤギに比べて馬とロバが特に良く似てることも否定できない。

372 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 09:32 ID:XpHxXGb3
>>370
馬鹿か?
前の方のレスみてる?
似ている点があれば「そっくり」なら、
お前は「トカゲ」も「牛」も4本足だから「そっくり」なんだな。
共通点なんて、探せばいくらでも出てくるってーの。
現代の日本と比べたっていくらでも出てくるし、
そもそもモンゴロイドだから、欧米人よりそっくりか?
お前がチョソでなければ、馬鹿晒すのやめぇやw

373 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 09:38 ID:WIYHAr0Y
>>370
【そっくり 】 (形動)
非常によく似ているさま。 「母親に―な娘」

共通点さえあれば「そっくり」であるというのは間違い。


374 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 10:29 ID:VM148L5R
>>373
>非常によく似ているさま。 「母親に―な娘」

容姿が似ているのか、それとも性格が似ているのか。

いずれにしても何らかの点で共通点が認められれば「似ている」「そっくり」と
表してもよいわけで、おまえさんが引いてきた辞書の例からしても間違いじゃない。

それともなにか?「娘と親がそっくり」という場合には、容姿から性格から言動から、
なにからなにまで同じ必要があるのか?

ということで、北朝鮮と日本は、やっぱり似てたな、と、そういう結論になるな。

>>372
頭の悪い君には、直上のレスすらみえないらしいな。

375 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 11:21 ID:XpHxXGb3
>>374
お前こそループさせないで、前の方レス読め!

>なにからなにまで同じ必要があるのか?
そんな解釈しかできんのか?

大体、「何らかの点で共通点が認められれば、そっくり」なら、
お前はトカゲも牛もそっくりと言うわけだな?
いい加減、言葉の遊び(にもなっていないが)はやめな。
それとも、現状の北朝鮮と戦時中の日本が
「娘と親ほどそっくり」とでも?
お前、歴史や社会情勢の話聞いても10のうち、1か2しか理解できないだろ?
もう一度言うが、前の方のレス読んでみろよ。
読んでも理解できないなら仕方ないけどなw


376 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 12:17 ID:VM148L5R
>>375
>お前はトカゲも牛もそっくりと言うわけだな?

4本の足がある、という点ではな。
だから論点ごとに考えればよい、と何度も言っている。

>それとも、現状の北朝鮮と戦時中の日本が
>「娘と親ほどそっくり」とでも?

兵士や国民の命を重要なモノとして扱わないという点では、
それこそ「そっくり」としか言いようがないな。

377 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 12:23 ID:VM148L5R
つうか、なんでそんなに戦前日本と北朝鮮が似てると言われることが苦痛なの?

日本軍のずさんな指揮、そして生命軽視、補給軽視の精神論的采配は、もうすでに
多方面から批判されており、それを覆すことは非常に難しい。我々は、その批判を
糧に将来を作っていけばよいだけだ。

そもそもだ、戦前日本が北朝鮮と類似していたとしても、現在の我々に対しては何の
批判にもならないだろうに。

過去を美化することなど、批判を糧にする上では何の意味もない。
国防論はロジカルなモノであって、感情論や精神論で下駄を履かせるとどうなるか、
ということは先の大戦で学んだとおりだろうに。

378 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 12:53 ID:XpHxXGb3
>>377
>つうか、なんでそんなに戦前日本と北朝鮮が似てると言われることが苦痛なの?
苦痛というか、戦後日本で、戦時下の日本についての歪んだ教育を
鵜呑みにしている奴が多いからさ。

日本軍のずさんな指揮?何の関係があるの?
生命軽視はある部分では似ているが、視線は大分違うな。
まぁ、これは主観だからいいけど。
補給軽視の精神論的采配は「ずさんな…」に似ているな。
兵站に関してなら、稚劣な作戦とは言えるだろうが、
国として最も肝心な点を考えれば、北朝鮮は独裁国家だ。
では、日本は?
お前の見解を書いてみろよ。
そこで、うわべの話でなく、キチンとしたことが言えるなら
納得できるよ。

379 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 13:05 ID:XpHxXGb3
>>376
ついでに
>兵士や国民の命を重要なモノとして扱わないという点では、
>それこそ「そっくり」としか言いようがないな。

日露戦争の頃の旅順港封鎖や攻撃なんかも、
人名を軽んじていないとは言えないよな?
ということは日露戦争時も「そっくり」なんだな?
兵士の命を軽く考えすぎるのは、稚劣な作戦というのも愚かだが、
戦争(戦闘)の最中という状況の違いを考えないで言うのは、
強盗殺人と戦争で敵兵を殺傷するのと
「そっくり」と言っているのと変わらないが、それならループするだけだな。
ま、戦争も殺人だからな。
しかし、国家の成り立ちが「そっくり」か?
まぁ、スレ立てた奴がそこを絞ら(れ)ないで書いたから仕方ないけどな。

380 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 13:13 ID:XpHxXGb3
>>お前はトカゲも牛もそっくりと言うわけだな?
>4本の足がある、という点ではな。

予め断っておくが、常識という概念は人それぞれなので、
俺が決めることではない。しかし、
「トカゲも牛も4本の足があるという点でそっくり」
というお前の常識は、俺からみたら詭弁でしかない。
しかも「…という点ではな。」と言っている時点で、
お前も、「ごく1部似ている点がある」と認めているわけだ。
俺が思うに、そんなものの積み重ねに何の意味があるかと言いたい。

>国防論はロジカルなモノであって、感情論や精神論で下駄を履かせるとどうなるか、
>ということは先の大戦で学んだとおりだろうに。

こういうことを言いたいなら、なおさら国体が「そっくり」かどうかではないのか?

381 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 13:16 ID:PSbpmZnq
>>375
>「娘と親ほどそっくり」とでも?
もちつけ。「そっくりな母娘」という話は出てるが、
「娘と親ほどそっくり」なんて、誰も言ってない。
誰も言っていないことを否定すると、バカだと思われるぞ。

そっくりといっても、別に全てをあらわすわけじゃない。

例えば「そっくりな母娘」と聞いて、すぐ思いつくのは顔形だけど、
気性とか、好みとか、ちょっとした動作とか、そういうことを指して、
「ああ、あの母娘はそっくりだねえ」というのは、普通にあることだ。
「いや性格は似ているが、顔はぜんぜん違うからそっくりじゃない」
とは、普通は言わない。

382 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 13:26 ID:XpHxXGb3
>>381
失礼。
確かに「娘と親ほどそっくり」とは言ってないな。
大筋に関係無いと思うが訂正しておくよ。

「スレ立てた奴がそこを絞ら(れ)ないで書いたから仕方ないけどな」
でわかると思うが、そっくりというのが何かがやや曖昧だが、
全てを表わすとか表さないとか重箱の隅をつつくようなことを言うつもりは無い。
「国としての比較」なんだろ?国家形態の話じゃないのか?
それで「そっくり」とは思えないと言っているのだが?
むろん、戦争美化などというくだらない話をするつもりはない。

383 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 13:41 ID:PSbpmZnq
>>382
大筋には関係ないが、落ち着いたほうがよかろうというサインではあるな。
もちついて熟考されることを希望。

小生の愚考を少し。

>「国としての比較」なんだろ?国家形態の話じゃないのか?
そうとは限らんし、限る必要も無かろう。
国家形態であろうとなかろうと、参考にできることには変わらん。

例えば、周囲の状況や、経済状態、その他もろもろの条件で、
今の日本と「そっくり」な状態は、歴史地理をひもとけば、
いくらも出てこようね。
それらを手本見本として日本を語るに、なんの問題があろうかね?
何が似ており、そこからどのような論を行うか。
畢竟問題はそこだけであろう。

384 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 14:07 ID:XpHxXGb3
>>383
>何が似ており、そこからどのような論を行うか。
>畢竟問題はそこだけであろう。

まぁ、その通りだな。
なぜなら、スレッドを立てた奴がどういうつもりかわからんから。
1行だけなので、国家形態としか考えられないというのが、俺の考えだが。
前提が「そっくり」なのと、「そっくり」なのが
何かしらの共通点を探すだけなら意味がないということから言いたいだけだからね。

385 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 14:14 ID:PSbpmZnq
>>384
>1行だけなので、国家形態としか考えられないというのが、俺の考えだが。
そうは思わん。書いていないのだから、なんでもよいのでは?

>何かしらの共通点を探すだけなら意味がないということから言いたいだけだからね。
かいている連中は意味を見出しているのではないかね?

386 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 15:01 ID:XpHxXGb3
>>385
まぁ、最後の結論はそういうことかね…。
というか、スレタイがなんとでも解釈できるなら論戦するより、
ロムっとく程度でいいような気がしてきたよw
俺は「国としてそっくりかどうか」だから、
それに反論していただけだからね。

387 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 15:07 ID:PSbpmZnq
>>386
まあ、それでいいんでないかい?

388 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 15:17 ID:VM148L5R
>>386
>俺は「国としてそっくりかどうか」だから、

オレはそんなことはどうでもいいのでな。

論点ごとに似ている点もあれば違う点もある、という
ただそれだけのことだろ。

389 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 17:57 ID:WIYHAr0Y
>>374
>いずれにしても何らかの点で共通点が認められれば「似ている」「そっくり」と
>表してもよいわけで、

ブッシュとフセインは目が二つあるという「共通点が認められ」るが、
この両者をその点のみで「そっくり」などというと間違いなくバカ
あつかいだろう。

>おまえさんが引いてきた辞書の例からしても間違いじゃない。

まちがい。Aというものを特徴付けている点についてBも近いものを
持っているような場合にAとBは「そっくり」といえる。母娘の場合
他人が、母を母と認識する際の特徴について、娘もまたそれに近いものを
持っているばあいに「そっくり」といえるわけだ。

390 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 20:36 ID:Q1Nc0+ql
戦時中の日本は現在の北朝鮮にそっくりというのは、表面だけをみて
本質を見ていない。まず、北朝鮮の支配形態はコンプレックスを内包
した独裁者の恐怖政治的専制であり、独裁者を頂点として悪の階層が
構築されている。一方戦前の日本は基本的に独裁者と呼ばれるものが
いない。少なくとも天皇に専制権は無かったし、行使したのは2・2
6時と終戦の時だけであろう。ではだれか、もちろん陸軍人であるが、
彼らの背景を考えることが重要である。かれら幕僚たちは皆秀才であ
る。またその多くは高等学校から帝大にいける能力があったにも関わ
らずほとんど、経済的根拠から幼年学校、陸士と進まなければならな
かった。その彼らは貧乏に対するコンプレックスと、官僚に対しての
学力優越感から日本の指針を決定する責務を負うといった誤解が発生
する。この捻じ曲がった結果が敗戦なのであろう。しかし、独裁者が
出なかった。これは天皇制の抑止力と日本人特有の小心さ”出る杭は
打たれる”からきたものだ。この意味からも天皇制は独裁を抑止する
ためにも必要であると考える。
どちらにしても当時の幕僚たちが独裁者を一人も出さずに、全体主義
を構築したことを考えると、そのころの幕僚のスケールの小ささに怒
りを通り越して、哀れみを感じる。

391 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 23:32 ID:VE1Y7dYv
>>390
全体主義という表面だけ同じならば十分そっくり

392 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 23:46 ID:Q1Nc0+ql
>>391
表面が同じ全体主義というが、果たして同じタイプの全体主義と呼べる
だろうか。
北朝鮮の場合、もし将軍様が改心した時将軍様以下の階層すべてが改心
することができる。これは絶対権力者を持った専制のもろさであり、融
通性である。
しかし、日本の場合絶対権力者がいないので、誰もブレーキをかけるこ
とができない。それどころか動議付けとなる思想を先鋭化すればするほ
ど評価される。逆に先鋭化する言動にブレーキをかけようとすれば間違
いなく粛清される。
この意味からも戦前の日本における全体主義は国内において、天皇すら
制動の利かないメカニズムに陥った真に陳腐な全体主義と言うべきで、
現在の北における全体主義より劣っていると考える。

393 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 23:51 ID:Jn1qHVQK
マトモにメシが食えないってのは同じだろな。
「天皇のため」に死ぬか「金正日のため」に死ぬか。

・・・うーん、当時の日本に住んでいたわけじゃないんで、何ともなぁ。
まぁどっちにしても「天皇陛下万歳」と叫びながら特攻すんのはカンベン。
叫ぶんなら妻子の名前だろうな。

394 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 23:52 ID:OTHH0IBY
(概説 現代日本の政治 安部 新藤宗幸 川人貞史著 東京大学出版会 255P)

 個人主義によって合理化されることのなかった日本のナショナリズムは、 
大正デモクラシーの下で一時的に安定期を迎えるが、昭和期に入って
経済的な行きづまりに直面するとともに、非合理的で情緒的な傾向を
強めていった。そして、政党に代わって軍部が政権を掌握するとともに、こ
うした非合理的ナショナリズムは国民を戦争体制に動員するための全
体主義的イデオロギーとしての役割を果たすことになる。それはナショナリ
ズムとしては著しく均衡を失したものであったといえよう。この均衡を失した
ナショナリズムは、諸外国から日本を観察していた人々によって、超国家
主義(ウルトラ・ナショナリズム)あるいは極端国家主義(エクストリーム・
ナショナリズム)とよばれることになったのである。
 それはなぜ超あるいは極端といった接頭語をかぶせられていたのであろ
うか。簡単に言えば、日本のこの時期のナショナリズムは、他国のナショナ
リズムとは質的に異なる特徴をもっていたからである。もともと西欧の近
代国家は、宗教改革につづく宗教戦争の惨禍を経験していたため、思
想、信仰、道徳など人間の内面に関わることには介入せず、専ら人間
の外面的行動だけを統制することとしていた。しかし、日本に成立した
近代国家は、国民に対して思考や信仰など内面に関わることについて
も国家の命令に服従することを求めた。道徳さえ君主の命令という形で
国民に与えられたことはすでに述べた通りである。

395 :名無しかましてよかですか?:04/03/29 23:53 ID:MDdvk9/z
>>390
コンプレックスを持った一人ないし少人数の者による独裁政治という点で北と昔の日本はそっくり、という結論ですかね

>>392
>もし将軍様が改心した時

あんたの妄想だよ

396 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 00:03 ID:H+1kib/F
>>395
>コンプレックスを持った一人ないし少人数の者による独裁政治という点で
>北と昔の日本はそっくり、という結論ですかね
まだわからないのか?北の独裁は絶対独裁者の胸先三寸でその政策が変更で
きるが、(オウム型)絶対独裁者がいない全体主義ではその行動を支配する
のは”思想”のみで、その思想の一人歩きに対して集団は先鋭化するしかな
い。(連合赤軍形)

わかるかね。難しすぎるかな?

>>もし将軍様が改心した時

>あんたの妄想だよ
何を言っているのだ?将軍様が絶対に改心しないほど強固な意志を持って
いると思っているのか?そんなに将軍様を信奉しているのか。私には理解
できない。あの手の人間は間違いなく外圧に弱い。また人を多く殺した人
間ほど自分の命がかわいいものだ。これからの日本、アメリカ(韓国はあ
てにならない)の圧力により、将軍様の態度は激変するだろう。
しかし、びっくりしたぞ。将軍様がそれだけ意思のお強い方と賛美してい
る人間がここにいるのか。恐れ入った。

397 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 00:06 ID:z4PbvjdA
母と娘の例えで言うと、今の北朝鮮と昔の日本は母と養女の関係なんじゃないの?
金豚王朝は昔の日本のような天皇のためにカミカゼをするような国作りをしたいんだろ。

398 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 00:22 ID:z4PbvjdA
>>396
いまさら金豚が改心しても北の民衆が赦すとは思えないが。
だから金豚としては生き延びるためにも改心できまい。
その意味では金豚も自縄自縛だ。

399 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 00:48 ID:H+1kib/F
>>398
その結論には無理がある。リビアにカタフィーをどう解釈するのだ。
彼の改心でリビアはアメリカとの友好関係が改善された。
たぶん、北においても改心し、アメリカとの友好関係が改善されれば
北の民衆の生活も潤ってくるだろう。そうすれば無知な北の人民はど
う思うか。軟着陸の可能性は否定できない。

400 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 09:32 ID:FDQJI/XS
少なくとも「そっくり」の理由で
天皇=金ブタ=神格化
とか言っている奴は歴史勉強し直せ!
天皇が独裁者で有り得たか?
なんで、遠い昔に後醍醐が隠岐に流された?
明治天皇に日露戦争で派遣部隊の意見を聞いたのだって、
まずいことだったとされているのに?

401 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 09:50 ID:0dYwBfRX
ま、すくなくとも実在の人物を神扱いしたという点では、北朝鮮よりも
さらに前近代的だったわけだが。

402 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 18:12 ID:Acr95Kxw
>>401
おまえも、もうチョイ日本史を勉強した方がよいぞ。
まぁ、皮相的な部分しか解釈できないなら同じだが。

403 :名無しかましてよかですか?:04/03/30 23:50 ID:W6DSv/s5
>実在の人物を神扱い

キリストのことか?

404 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 00:13 ID:O0IApj6p
>>399

リビアのカタフィーはもともと名君だよ。
欧米資本に握られていたリビアの石油権益をリビア国民のために取り返したことは有名。
その石油マネーでリビアの貧困は一掃された。
イラクのフセインのように近隣のアラブ諸国と戦争するわけでもない。
危険を顧みずパレスチナの大義を応援してきたし。
アメリカとユダヤには嫌われていたが、国民から嫌われていたわけじゃない。

405 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 00:15 ID:O0IApj6p
>>403
イエスが実在したか、どうかは、かなり疑わしい。

406 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 10:01 ID:Ff8OUFl9
>>404
素直な性格のようですねw

>>405
ローマ兵士とマリアの子だろ。
なんで疑わしいの?

407 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 12:45 ID:+1kziiTE
フセインは独裁者というよりも、強引に宗教国家を壊して
民主的国家を作ろうとした織田信長的存在だと思われ
なぜなら中東の中で唯一の教育・医療の充実した国家だった

408 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 13:03 ID:/qxbxAjH
>>406
>ローマ兵士とマリアの子だろ。
新約聖書以外で、イエス実在に関する証拠が皆無なのだな。
マリアも、実在したかどうかは不明。ローマ兵父説も、根拠は皆無。

とはいえ、実在そのものを疑っている専門家は、さほどいなかったと思うのだが。
確かに、疑っている人は実在するけどね。

409 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 13:09 ID:/qxbxAjH
追加。
ブリタニカ百科事典(1988)を引いてみたが、実在の間接的な証拠はけっこうあるんだな。
当時の文献とか記録とか。こりゃびっくり。

410 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 15:41 ID:+1kziiTE
アマテラスのオオミカミとスサノウのカミみたいなもんだな?

411 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 21:26 ID:Ff8OUFl9
>>408
歴史上の人物は存在そのものだけでなく、
その言動もそういうことから検証されるものだからね。
時代がさかのぼればさかのぼるほど不確実になりやすいのは確かだが。
記録に残された部分からの推測部分というのは特に不確実だが、
そういう観点からみれば処女懐胎という曖昧なものが根拠かもな。
ただ、日本人はキリストについて詳しい人は少ないが、
欧州の方が古記録と物証の一致は多いし、俺はキリスト実在と考えているが。

412 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 21:57 ID:x/nYYymA
というわけで北朝鮮とキリスト教国は「そっくり」ってか。

413 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 00:19 ID:iwPMA9Ta
>412
実在が疑わしい人物を崇拝してる点は良く似てる。


414 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 00:20 ID:W6ZChtQX
どちらにしても為政者として観点から天皇と将軍様はポジションが違う。
問う言う事で”戦前の日本≠北朝鮮”ということでよろしいかな?

415 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 00:44 ID:F//6Vx5e
当時の日本のだめなところにばかり似ているのが気に食わん
学校の教室に、金親子の写真が飾ってあってそれにお辞儀したり
国民に、嘘の情報ばかり教えて、
軍部がやたら威張っていて
隣組を真似た、隣人監視制度があって
捕虜になるくらい死ねと教育されて
(北朝鮮は、韓国につかまると拷問されて殺されると教えているみたいですね)
勝てもしない相手に喧嘩を売って(これは実際には戦争をしない北のほうがましかな?)

当時の日本にいいところがたくさんあるのにそれにはちっとも似ていないのも気に食わん

416 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 00:53 ID:9DYVWuP9
>>1-3
こういうスレっていきなり自作自演するのが決まりなんですか?w

417 :名無しかましてよかですか?:04/04/01 13:00 ID:XNp5XGLc
>>416
チョソですから。

418 :名無しかましてよかですか?:04/04/02 00:25 ID:RQiez1Ce
>>415
金豚には、そういうのが全てかつての日本の良いところに見えてるのでは?

419 :名無しかましてよかですか?:04/04/02 00:27 ID:RQiez1Ce
>>414
天皇家の世襲は数千年、は言い過ぎでも、千数百年。
金豚家の世襲は始まったばかり。
薄っぺらに表面だけ真似たようなもんだ。

420 :名無しかましてよかですか?:04/04/05 00:45 ID:in695v3K
>>419

今の天皇家は明治南朝革命から百年少々ですが、何か。

421 :名無しかましてよかですか?:04/04/06 15:19 ID:jCYu9ZAl
≫408
ソースだほれ
http://hide-bass.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/up/1143.jpg



422 :名無しかましてよかですか?:04/04/06 19:01 ID:+pHUOynk
>>420
ハァ?

423 :名無しかましてよかですか?:04/04/06 19:36 ID:pzp5gh4E
>>1
また在日か〜

424 :マイクロ波:04/04/06 22:23 ID:6DEBmPtM
>>1朝日社員さんご苦労様です

425 :名無しかましてよかですか?:04/04/14 17:50 ID:GKqUX2pP
 われら国民の一人々々は、それぞれかの特別攻撃隊員の如く、地にひそみ、
穴にかくれ、水を潜つて敵に迫り、一人必ず一敵を斃さずんばあらず。
 捨身必殺
 己を虚しふする相討ち
 敵一万上陸し来らば我が一万これと相討ちに果て
 敵十万来寇せば我が十万これと相討ちに斃れ
 敵百万寄せ来れば我が百万これと相討ちに死すれば足る
 われら
 やまと男の児
 やまとをみな子
 やはか みすみす のどに 死すべき
 われ死するのときは必ず少くも一敵を屠らん
 武器の如きは論ずるに足らず。
 銃器、ダイナマイト、竹槍、日本刀、出刃包丁、剃刀、ハンマー、鋤、鍬、石
塊。
 必死必殺の決意だにあれば、その用ふる武器の如きは問ふところに非ず。
 何ぞ必ずしも正規の銃砲弾薬にのみ頼らんや。
 敵に一千万の特別攻撃隊員なく
 我に一億の特別攻撃隊員あり
 一たび死を決すれば砲撃、爆撃は何ぞ敢へて恐るゝに足りようぞ。
 上御一人の御馬前に一億挙げて決勝に従ひ、官民の総力を戦勝の一途に凝集し、
皇土の万物を悉く戦力化したならば、神州の正気茲に煥発し、絶対必勝すべきは
毫末も疑ふ余地はない。
 勝つ。
 断じて勝つ。

426 :名無しかましてよかですか?:04/04/21 03:42 ID:Om7hah2H
今のアメリカは戦時中の日本にそっくり。

・国連に逆らって孤立。
・敵国での占領は泥沼化。
・敵国のいがみ合っていた勢力が和解(国共合作、シーア派とスンニ派)

427 :名無しかましてよかですか?:04/04/21 12:02 ID:00+XSJD3
つーことは、第三次世界大戦の前触れか?
ハルノート出すのはどこの国だ?

428 :名無しかましてよかですか?:04/04/21 12:36 ID:zf9GZ0AM
>>426
グローバリニズムと、大東亜共栄圏は
どちらも良く似てる。

429 :名無しかましてよかですか?:04/04/24 22:35 ID:VFYt8YNo
しかし、当時の日本は現在のアメリカのように軍事力において全世界で抜きん出た存在ではなかった。

430 :名無しかましてよかですか?:04/04/24 23:10 ID:Q2AZEhi7
>>1
アメリカに苦しめられたからね。

192 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)