2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サムライ?日本人は農民だよ!

1 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 09:43 ID:N6kNyP1a
 武士道、MUSASHI、ラストサムライ、新撰組! だと

わが国は95%農民だったぞ。
 武士だけが日本人じゃない。
稲作をやってきた人間がいたからこその面も評価すべしだ。


2 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 09:49 ID:sK/Voj/k
2

3 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 10:23 ID:jEOpbACv
そういうあなたには、「佐倉義民伝」がおすすめ(笑

4 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 11:06 ID:bR7cAJZ9
苗字で祖先が何やってた人か大体察しがつく。平家みちよ、とかさ。

5 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 14:00 ID:QDTs4ONa
ラストヒャクショウという映画が出来たら、ヒットするとでも?

6 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 14:08 ID:jYhlPVBK
武士は農民から生まれた。
よって、農民=武士=日本人

7 :名無しかましてよかですか?:04/01/12 17:23 ID:7rnE5MKQ
兵農分離が進んだ織豊期までは、ほとんど農民=武士みたいなものだったんだけどね。
この時期の兵農分離だって、武士階級の職業軍人化を進めるためのものだったのだし。
江戸時代になって農民階級になった庄屋クラスの大きな農家も、元は配下を持つ武将クラスの家だし。
幕末の志士達も多くはこの階層だし。
戦国時代の武将の中には秀吉の例をあげるまでもなく下層からの出身者も結構居るし。
逆に鴻池のように名だたる武士から商家となって名を成した者も居るし。
そういう部分を見ずに、侍を分けて考えるなんてナンセンス以外の何者でもない。

侍という言葉だけに注目すれば、元は公家とかの傍にさぶらうもの(近侍する者)と言う意味で、
要は従者のこと。その程度の階級が後に政治の中枢に踊り出たダイナミズムを称えるのはよしとしても
単に侍だったことがステータスと言うのはつまらないことだね。

8 :名無しかましてよかですか?:04/01/13 03:41 ID:n1nTPLeo
>その程度の階級が後に政治の中枢に踊り出たダイナミズムを称えるのはよしとしても

それだけで十分「ステータス」になるじゃん?

9 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 03:42 ID:owMvVhP/
士農工商

10 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 03:44 ID:owMvVhP/
>>1
日本人皆が政治家では無い!ってことで仕事は多種多様ってこと?


11 :メタル農民:04/01/15 12:04 ID:67oBqJWO
>>5
間違いなく大ヒット!
見てみたいYO!!


12 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 12:08 ID:67oBqJWO
>>1
おまえは農家か?
堆肥を素手で掴み土を混ぜ種を蒔く農民か?







いつもおいしいお米と野菜をありがとう!!

13 :名無しかましてよかですか?:04/01/15 15:09 ID:iJKWK6Ec
いくらなんでも「サムライの遺伝子」はないだろう。

14 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 12:28 ID:oemGYOK8
やっちまいなあ!

15 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 12:47 ID:iXWk3OxX
タランティーノにはサムライの遺伝子がある。
ついでにアニメオタクの遺伝子も。

16 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 20:26 ID:deOd45hF
普段は農業、戦の時は武士。
これが、本来の武士。


17 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 21:46 ID:WexPwVF+
そういう意味で言うと、ラストサムライとかで取り上げられてる
侍は、本来の武士とは別物だな。

18 :名無しかましてよかですか?:04/01/16 22:41 ID:PfpkREhQ
>>5
少なくとも、俺は見たいなw

19 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 02:00 ID:SfjYe/Jq
RAST HYAKUSYOU
主演 デーブ スベクター
出演 西田敏行 山田花子 吉本オールスターズ 

20 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 02:32 ID:iklppoA3
ウチも百姓だyp!
サムライダマシイとか言われてもピンと来ないよ〜

21 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 05:16 ID:1Q5S5lyl
1はバカだなぁ。

22 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 11:46 ID:yApQ7p+w
藤岡弘にはサムライの遺伝子がある。
ついでに黒澤明の遺伝子も。

23 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 11:58 ID:t0BZYdhp
映画「ソードキル」の藤岡サムライ、かっこよかったよなあ!!
美しかったよなあ!!!

24 :>>18:04/01/17 17:00 ID:i4wbYzZG
>>19
えー、前言撤回します(つД`)

25 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 17:52 ID:+6DzCpSH
 今の日本の食糧自給率は先進国の中で圧倒的に最低!!




26 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 17:59 ID:tANMep4G
農民が武士になりたがっていたのも事実。

27 :名無しかましてよかですか?:04/01/17 20:50 ID:yApQ7p+w
>>26
そしてその筆頭が豊臣秀吉。

28 ::04/01/17 23:57 ID:BSA6fsDz
日本人の体にはサムライの血が流れています。

29 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 01:53 ID:RVpAD+EX
じゃあ日本国民のほとんどは日本人じゃないや。

30 :B.I.JR:04/01/18 14:20 ID:eKoYNepU
サムライの血が欲しいなー

いくら?

31 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 14:28 ID:vuu10No8
サムライ魂っていうより大和魂という言葉を使いましょう。
それなら誤解もすくないでしょ?え!?そんなことじゃないって?

32 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 14:29 ID:4ickRehN
農民が行進できなかったという史実を再現してくれたら面白かったのにな。
しかし戦闘法にしても日頃ありえないとかいって反韓してる香具師らも日本のこととなると大人しいものだな。

33 :メタル農民:04/01/18 14:38 ID:eKoYNepU
ハートフル農家

みんなで農家を守ろう!

34 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 15:58 ID:rw9c9rsa
明治維新は日本人をすべて侍にしょうとしたのではないか?
平民と士族があったが、奇兵隊の活躍を見て、国民皆兵の可能性をもった。
士族=兵士=軍人の思想から、軍人=侍(サムライ)と意識変化があったろう。
兵士になることが、サムライ精神を受け入れることだった。

自分たちの支配者武士と対等になること、それはサムライになることだろう。
身分が上がったような錯覚があったから、明治維新が国民の支持を得られた一面がある。

35 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 16:08 ID:gb+IFvu6
>>34
長州で高杉晋作が作った奇兵隊がいい例か。農民たちは、
戦闘に参加できる事が、うれしく、誇らしげだったらしい。

36 :コヴァー丸:04/01/18 19:47 ID:0vvj43Nu
たしかにそうだよね。でも世界的に見ても日本人の道徳感は希。

宗教がベースというわけでもなく、やはり精神面にサムライは深く根づいている
のでは??

・・・いや、むしろ・・・

37 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 20:00 ID:8Up+naB3
>>35
長州の農民は特殊だよ。ほとんどが、武士の魂を持っていたから。

関が原の敗戦の後、毛利が防長(周防・長門)二州に追いやられた時、多くの毛利の家臣(武士)たちが失業。
毛利への忠誠心と武士の誇り、徳川への敵意を抱いたまま農民となり、防長二州で農作業に従事。
江戸時代中の彼らは、見た目は農民だったが、武士としての誇りを子孫へ教育し、毛利への忠誠心を持ち続けた。
だから、下級武士(元武士の農民たちと触れ合っていた人たち)が立ち上がったとき、
農民はすぐに武器を持って立ち上がり、毛利のために戦う決意をしたのだった。侍として。

先祖からの教えを果たせる武士の魂を持った彼らは、誇らしげだった。
見た目は農民であっても、長州の農民はその本質は武士。

他の藩のように、ずっと農民だった農民とは質が違う。

38 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 20:19 ID:rw9c9rsa
郷士と農民は違う。NHKの新撰組にも出てくる。

村田蔵六は農民兵を精強な官軍に仕立て上げている。
武士をうち破るサムライ集団に成長していった。

39 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 20:40 ID:8Up+naB3
村田蔵六も農民。


40 :補足:04/01/18 20:44 ID:8Up+naB3
郷士のことを言っているのではない。郷士は武士だが農業に従事する者だが、
長州は他の藩と違って郷士と普通の農民の他に「関が原までは先祖が武士だった農民」がいた。
広大な毛利領が防長二州におしこめられたことが原因。
よって精神的な心構えなどは、他藩の農民とはちょっと違った農民たちだった。

41 :名無しかましてよかですか?:04/01/18 23:51 ID:fwG2BGjG
>「関が原までは先祖が武士だった農民」
兵農分離まで祖先が武士だった農民なんて日本中に腐るほどいるのだが


42 :名無しかましてよかですか?:04/01/19 13:36 ID:dNj+0Ag8
>>4
平屋に住んでいたんだろうな。

平家の子孫なら、「たいら」だけで、「へいけ」なんて、名前じゃないだろう。w
cf平清盛公
決して、平家清盛ではなかったぞ。w


43 :名無しかましてよかですか?:04/01/19 15:10 ID:1DhrmoVm
>ID:8Up+naB3
どう取り繕ってもお前の祖先は農民。これ定説。
どん百姓は黙ってろよ。

うちは祖先が武士。

44 :名無しかましてよかですか?:04/01/19 16:42 ID:AhobJki/
>>1はいまどき階級闘争史観にハマったままのバカ?

45 :名無しかましてよかですか?:04/01/19 16:44 ID:dNj+0Ag8
>>43
先祖の名前はわかってるの?
誰の家臣だったの?
まさか、殿様ではなかったんだろ?
書いてみろよ。

ちなみに、漏れは豊臣秀頼の家臣の子孫だ。


46 :名無しかましてよかですか?:04/01/19 23:50 ID:a04Nzd+C
あ、俺の先祖、三好一族の一人に「鬼」の呼び名を与えた戦の相手だよ。
そのあと、ずーっと農家だけどね。その人の代でお城落とされちゃったから。
城跡も残ってるよ。

47 :名無しかましてよかですか?:04/01/20 00:27 ID:Rm7dkvLh
>>46
畠山?

48 :名無しかましてよかですか?:04/01/20 01:55 ID:fyC151UL
>>47
そんな有名どころじゃないです

49 :名無しかましてよかですか?:04/01/20 20:00 ID:+4PKd9Pl
>>1
漁師はいないのか?
海洋民族の面もあるだろ。

50 :名無しかましてよかですか?:04/01/20 20:59 ID:+Yv1mCOb
>>49
海なら半農半漁、陸地なら半農半猟の家もけっこう多かったのでは?
農業をやっている田舎のじいさんも倒したイノシシの鍋を作ってくれたし。

>>1
君に言いたいのだが、このスレは日本史板でやるべきだと思うよ。
左→右→左のコヴァウォッチ板で立てるスレにあらず。

51 :名無しかましてよかですか?:04/01/21 14:45 ID:8RVoqylR
まあ、先祖なんて、10代さかのぼれば2046人、
20代さかのぼれば2097150人いるからな。
(実際には代をさかのぼるほど重複が出てくるから、もっと少ないが)
ひとりくらいサムライだっているかもしれん。
きにするな。

52 :マジ農民:04/01/21 22:55 ID:Df+lGadb
ぼく、今でも農民でつ!
武士か農かなんて、あんまし意味ないんじゃ。
きみたつ給与所得なんしょ?
みんなどの歴史的時点のサムライを理想としてるのかな?


53 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 00:13 ID:GvDDrMLi
俺は「想像上のサムライ」だね。子連れ狼なんて理想の極北だろう。

ちょっと悲しいことかもしれないが、これが現実じゃないか?
欧米人の言う「騎士道の理想」も、実在の騎士じゃなくて、
「アーサー王の死」のような騎士物語がソースだからな。

それはそれでよい、とおもうよ。

54 :マジ農民:04/01/22 08:02 ID:QEqf1JbV
けっきょくよしりん(寺)とサムライと農民で、どうしたいわけ?
>1の糸がみえてこんなあ

55 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 11:30 ID:XlKN9Ysw
戦国以前人々は「惣」という自治組織を作り村単位で自分達の身を守ってきた。
それが室町期横に繋がって国人(惣の代表者)とゆう富農階級が地頭(守護の代理人)を自分達の側に取り込んで
守護(室町政権の税徴収を主体とした支配者)に対抗したのが一揆で
国人達に奉じられて京に登り大会戦を行ったのが後に言う応仁の乱だ。

そうゆう地頭も結局頭に頂く地頭を自分達の守護者に頂きながら中央からの税徴収を免れる事が戦の主題で
応仁の乱もその延長上に有る現代で言う所のデモ行進に近いデモンストレーションの感覚が強く
自分達が奉じた地頭を優遇する中央の実力者(公方の代理人)の下に10年も離合集散する様な戦いだった。
つまり戦国期の様に武将一個が己の領地にすべく争う天下取りの戦いでは無かったという事だ。

しかし北条早雲という人物が駿河で出てからは様相が一変する。
彼はほぼ流人の境涯で40も後半を過ぎてか僅か12郷を預かる駿河の痩せ地頭から伊豆公方を討ち
更に小田原西相模を平らげ晩年には伊豆相模をほぼ自国の領地とし北条5代に及ぶの統治の礎を築き上げた。

56 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 11:31 ID:XlKN9Ysw
まあ、細かいいきさつは長く成るので省くが彼の眼目はすでに形骸化して久しい室町幕藩体制を真っ向から否定し
今までのまず幕府を前提とした戦いから己の我欲(建前は民衆の自立自治)の戦いへとステップアップした事に有る。
これは自分のみでは無く日本という国の現状を的確に判断した結果とも言える。

これで建前上は戦国時代と言う武将一個が民衆(農民)の上に立ち直接それを統治しながら他国を切り取って行くとゆう
素地が出来上がりこの流れは全国に波及する。

と、ココまでは日本も正常な時代進化と言える形でアジア諸国では稀な近世化への幕開けがされ
その後の織田信長や豊臣秀吉などはある意味欧州の時代進化と重なる群雄割拠の中で商工業が発展していた。

しかしその後がいけない。徳川家康が天下を取り江戸幕府を開いた辺りから結局日本もアジア的な統治主義へ傾倒して行く
これは日本を世界という単位で物事を見れない統治者の限界とでも言おうか。

まあ、当時最強の天嶮である大海に日本が囲まれていた事と
中国の様に古代から中世に栄えたが近代には衰退し過去の栄光の中で黄昏ている様な大国がアジアの中心に有ったのも
この国の不幸だったかも知れない。



57 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 11:31 ID:XlKN9Ysw
結局の所徳川幕府はその利を生かして小ずるく鎖国体制へ移行し
この国が本当の意味の世界を知ったのはその後200年以上も後の事でその歪みは現代においてさえ多大な影を落としている。
日本は明治期に器としての近代国家は確かに手に入れたがそれは全て西洋文明の真似事国家に過ぎず
更にはその帝国主義的な思想を300年も遅れて日本が持つに至り 崩壊への道をも辿る事に成った。

なるほど当時の欧州列強に対峙するためにはその流れが不可欠で有った事は認めるが
もうこの明治期にはそれ以前に欧州が散々やって来た植民地化する領土などは事実上無かったし
それを基台にした伊仏帝国主義はもう時代遅れだったのだ。

これを的確に判断していたのがアメリカで自国の国力を充実させるべく孤立主義を敷きつつ国内商工業を充実させ
更にこの明治期にはアジアとの貿易航路の拡充を図っていた。ペリーの黒船は日本をの石炭の補給基地にする為、開国を催促しに来たに過ぎない。
確かにアメリカは出遅れて来た国家であり欧州に様々な面で封じ込められて焦っていた感は有る。



58 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 11:32 ID:XlKN9Ysw
しかし地勢的な面を見ても時代観点から考えてももう少人数の遠征軍隊での植民地統治するやり方は限界に来つつ有り
アメリカは一応中国の植民地分割戦争に参加しようとはしていたが本気で侵略統治するつもりがこの時期有ったとは思えない。

当時の日本も欧州と対峙するならアメリカの権益を重視しアジアの窓口としてその関係拡大を主題に置いた外交をすべきだったのだ。
それを欧州と組んで中国を中心としたアジアを食い物にする様な振る舞いをして結局日本はアジアの中で孤立して行く。

こんな事を言えばまた叩かれるだろうが右傾歴史家の拠り所としてともかく日本が不覚にも結んでしまった不平等条約の破棄と富国の為の貿易拡充には
欧州との関係改善は不可欠で有り不平等条約の撤廃には欧州寄りの外交をするしか無かった。
こう来るんだろ?

しかし俺はそうは思わない。
この時日本がアジアに直接手を出さず後でアメリカを旗頭にしてアジアの植民地解放の足掛かりを作っていたのなら
現在北朝鮮を傀儡とした中国にココまで憎まれる事も無かっただろう。

不平等条約の撤廃や近代化が大幅に遅れ様とも日本はアジアに手を出すべきでは無かった。
ならば日本は中国と同じ半植民地化されて〜と、言うのはまったくデタラメだよ。



59 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 11:33 ID:XlKN9Ysw
幕末から明治初期にもう日本は近代化の基盤は出来上がっていたし元々中国の様な郡県制でも無かった。
小なりとは言え近代軍隊を保有する日本を侵略する様な事はまずしなかっただろう。
つまりこの時期は欧州が何を言おうとも不戦を貫きつつゆっくり国内の充実を図れば良かったのだ日本は

アメリカもこの時期は欧州と対峙する気は無かったがその後40年もしない内に国際情勢は大きく変わる。
第1時大戦で欧州は大きく疲弊しアメリカの国際影響度が飛躍的に高まり
その後アメリカは植民地解放と自由貿易を強く叫びだした。

この時期に日本はアジアの一員として中国共々アメリカと歩調を合わせ欧州と対峙すれば良かったのだ。
日中〜大東亜の流れはまったく酷い。この国の底浅さがモロに露呈した時期だよ。

原因は明治期の急激な近代化と強兵化、更にまったく自国で咀嚼せず安易に導入した近代憲法や薩長支配の明治維新
これ等は個々の道具としては非常に優秀に出来たのかも知れないが
結局使用法や管理方法を知らない人間の手に有った事が不幸の根源と成る。



60 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 11:34 ID:XlKN9Ysw
以上で話を元に戻せばサムライとは平安後期の用心棒的な武士形成過程を抜かせば
元々「惣」とゆう民衆(農民)自治から始まった国家形成にもっとも不可欠な自立自治における思想方法の1つで
弱肉強食の根本原理でも有る。これを今の日本は忘れて久しい。

だからいま明治期と同じく性急に他国へ軍隊を派遣し安易に権益を伸ばそうとしている。
このまま誇大妄想に進めばまた日本は自壊する道を辿るが
どの道日本が戦後歩いて来た閉鎖的なお子様ランチの自国中心主義からの脱却を図ろうとするなら
まず先に自国の国家論や歴史論の大論争を国内でみっちりやるべきだろう。
まったく順序が逆さまのままに時勢に流されて居るのが今の日本だよ
だからこそ「サムライ魂」を取り戻せって話なら俺は納得するけどな。

61 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 11:48 ID:8Oy5dgvQ
おまいら くだらないレスばかりでスレ汚してんじゃねぇよ
こんなやつらはほっといて >>1よ聞いてくれ








広告です
★☆★☆各種情報販売★☆★☆

1月100万以上稼げます。
口座販売
バイアグラ、各種漢方薬
通常のネット販売では買えないもの多数

http://web.poporo.net/home/sawako001


正直スマンカッタ

62 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 12:47 ID:XlKN9Ysw
補足で1言。
なぜ俺がこの時期のアメリカを支持するかと言えば
アメリカ合衆国が様々な人種と国家の壁を乗り越えて植民地から独立した国だからだ。
まあ、ブルジョア的な欧州移民の下で成され 細かく歴史を見れば原住民大量虐殺など色々その過程に矛盾は有るが
この南北戦争の起因として特に黒人、人種差別撤廃を主眼に置いて血が流された所が
当時欧州の啓蒙主義や市民革命などある意味直情的な革命(虐殺革命)よりはまだマシだと考えるからだ。

有名なモンロードクトリンは植民地統治国(欧州)の干渉と対峙しアメリカだけでは無く
植民地支配を否定し他国の自治独立をも尊重するとゆう当時としては画期的な宣言だった事も日本にとっては有利であった。

後に多少変節する時期(中米干渉)が有ったが第1次大戦後に建前(もちろんあくまでも建前だが)としてもこの方針の下に外交を進めたからこそ
アメリカは抑制の効いた国家体制を持つに至り先駆的な外交手腕と軍事力で世界の超大国になり得たとも言える。

勝海舟はアメリカ見て世界の大きさを知り
坂本竜馬の影法師の様な役回りをして日本を維新回天に導いた稀代の偉人だが晩年はやはり保身に走ってしまった
1人だったのかも知れない。
俺が惜しく思う所はこの坂本竜馬の様な人材を竜馬1人では無くもっと何人も作って置いて欲しかった事だ。
まあ、当時 勝の立場では無理だったのかも知れないが。


63 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 13:00 ID:ub7uiFn7
先祖が有名なサムライな俺は勝ち組?


64 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 14:13 ID:ftr1uxOd
>>63
番場蛮?

65 :名無しかましてよかですか?:04/01/22 14:13 ID:hV8/So+Q
先祖の面汚しにならないよう、がんばってね。

66 :マジ農民:04/01/22 14:45 ID:QEqf1JbV
ああ、てっきりオレは美意識の問題だと思っとった。
個人の内面のね。
現代人の頭ん中にいるサムライは、実在した武士がどうのというより、理想の日本人像を仮託しとるわけじゃないの?
潔さとか節をまげないとか公に生きるとかさ
>いまのアメリカ支持?
マイケル・ムーア読んで
>先祖が武家で勝ち組。
よかったね。紙に書いて首からぶら下げとけば、みんなが認めてくれるよ


67 :名無しかましてよかですか?:04/01/23 02:51 ID:9T2zBgr7
おまいら物知らずもいいとこ。
半農侍だけでない。人たらんときはおいらたちのご先祖
水呑み百姓が竹やり持たされ最前線で戦わされてたんだい。
だから、おいら達の血にも戦いの遺伝子が入ってんだい。
きっと、織田信長に滅ぼされた一揆勢の中にもおいらの
ご先祖はんがいたんだい。やい外人ども、このあたりで
映画とって日本人の美意識描いてみせろい。
そしたらもっと強く感応できるかもしれんのう。

68 :名無しかましてよかですか?:04/01/23 03:37 ID:mCbzmojH
小林尊師はラスト・サムライ褒めてたが、コヴァ的にはどうなのだろう

69 :マジ農民:04/01/23 08:56 ID:ChjS4e5b
>誰かコヴァの定義を教えておくれ。
小林信奉者つーことでいいの?
コヴァってどんな行動とるの?
単なる極右?
ゴー宣は読んで違和感ないし、もっともな主張だと思う。
これでコヴァ?
ドキュソ&初心者なんでよろしくね&Heart

70 :名無しかましてよかですか?:04/01/23 09:10 ID:/uyJm4qm
新撰組を未だにサムライだと思ってる奴がおおいけど、正しくはサムライに憧れた
農民集団だね。まあ大政奉還直前に悲願の幕臣になれたからいいのか。

71 :名無しかましてよかですか?:04/01/23 19:13 ID:8oGjJw0g
沖田総司は、少女漫画などでよく美少年に描かれているが、
本当はブサイクな男だった。土方歳三こそが男前で女にモテたのだ。

72 :名無しかましてよかですか?:04/01/23 22:13 ID:4Cucd9Bk
>>69殿 私もあなたと同じ感覚です。
そして、それはすでにコヴァであるようです。
ここの小林先生を嫌いな人たちは、ほとんど
まともな返答くれないニヒル装い、突然
感情むき出し罵詈雑言攻撃がお得意のようです。
お気おつけのほどを。




73 :93い:04/01/24 00:21 ID:JjptVsX5
僕はゴー宣の政治的考えはよくわからないのですが、
日本人として誇らしく思えるようになった。
そこはいい本に出合えたなとおもいます。

74 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 00:28 ID:fg5X3PAt
屯田兵はどういう扱いだ?

75 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 01:04 ID:2LaaEM4k
先祖の話する奴は大抵、武士、名主・庄屋層(郷士含)。
それ以下の奴ら死に絶えたのが社会学的歴史と言える。
日本=武士道、サムライ。
先祖を敬うとか言って有る意味、抹殺してるのが大半。



76 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 10:40 ID:iciR2+BE
>>75が言った事は現在にも共通しているかもね。
>それ以下の奴等死に絶えた
まったくその通りだろう。
貧乏でまじめに生きている人間が一番多く、その人間が一番不幸に合う。

しかし歴史に名が無い大多数の民衆が結局は時代を変えた張本人でも有る。
それを無視して大成した為政者は居ない。
中世打破の織田信長しかり維新回天の薩長しかりだ。

今もそうゆう時代の過渡期だろう。
地球には60年近く大きな戦争は無かったがこれからは否応無く途上国も核を持ちたがる時代に成り
それに歯止めを掛けるべくこれまた否応無く大国の強権が発動される時代に成るだろう。

話を現代に戻せば結局近代の世界情勢って言うのは
突き詰めて考えればまず欧州においてドイツをいかに封じ込めるかの枠組みであり
更に日本を含めたアジアを封じ込めて置く枠組みでココまで来た。
しかしもうその箍が外れかけている。

アメリカは強気だが国内外に抱えている大赤字と今後の経済情勢見れば
今までの様な世界の警察官で居られる訳が無い。

世界はまた幾つかに分断される時代がもうすぐ来るし混沌した世界情勢に成るのは眼に見えている。
その時にこの国の無名サムライ達はどうするか?
今の様に安易な国家体制のまま何の指針も無く大国に流されるままにまた破滅するか?
はたまた小粒ながらひりりと辛い独自の国家体制を確立できるか?

日本はこのアジアにおいて未だ孤児だ。
この問題は今後アメリカが落ちて行く中で益々日本を危うくして行くだろう。
逆に言えばこの部分をどうクリアするかがこの国の命運を握る鍵に成る。

77 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 19:11 ID:ic7uf71G
スレと関係ないけどゴー板に120余スレ



78 :名無しかましてよかですか?:04/01/24 19:42 ID:uHKFB9W4
既に書いている人がいれば申し訳ありませんが
>>1
>わが国は95%農民だったぞ。
が、そもそも間違っています。

現代の歴史学では、「百姓が95%」という場合は間違いとはいえませんが、
百姓=農民は明らかに誤りです。

そもそも、農民が95%なら、租税はせいぜい10%でしょう。
五公五民で、収穫の50%という「食料」を武家が取得したとしても、その大半は
腐らせるだけです。海外に輸出していない江戸時代において、そのようなことは
ありえません。
明治において戸籍を作るにあたり、漁民や、船舶で交易をしているもの、
多くの商人は、元百姓で登録したのであって、百姓=農民と言う誤解が、>>1のような
勘違いを生んだことは、歴史学者網野氏(左翼系)の書物でも明らかです。

79 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 12:42 ID:sFhHuk/t
農民マンセー!
小学校の頃公家とか武士の苗字を持ってる椰子がうらやましかった

80 :名無しかましてよかですか?:04/01/26 22:38 ID:YQvVuKf8
おい、みんな大変だ。このスレに釣られて今日調べてみたら、
俺の家サムライだった。有名どころの上杉家の城代家老だって。
へ〜と思った次の瞬間、中国に俺の名前の村があったのよ。
とーても珍しい俺の名前の・・・俺中国からきたんか?
うわー漏れのアイデンティティはどこに置けばいいんだー
ってよく考えたら今の漏れには何も関係なかった。

81 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 09:53 ID:FeSpvGWv
>>78
この商人とゆうのは関が原の後に負け組みの武士が成った例が多いらしいよ。
またその後大名取り潰し施策で潰された時期とかも含めてこの関が原から50年の間に
日本の商工業が飛躍的に進歩した原因はこの負け組み武士の活躍とも言われている。

痩せ我慢で浪人やってるより読み書きそろばんが出来る上級武士は侍奉公に見切りを付けて
商人に成った例が多いらしい。
現在まで大小老舗として残る商社や商店はこの頃から創業した所が多いのもその為。

商人と言えば一番卑しい職業とされていた訳だけど秀吉の頃からは個人の利功性が武士の主な倫理観と成り
小西行長など商人から大成した人間も出ていた。

また扶持米取りの下級武士などは富農の出が多くその殆どは帰農したらしいが
その後>>78の言う様に流通に関わる仕事に付いた人間も多く居た
馬借や車借や回船など当時信長、秀吉に付き従って方々に遠征した武士は世間が広く
特殊な能力(馬の扱い、船の扱い、兵站など)を有する人間も多かった。

まあ1郷を出ずに死んで行った百姓よりも様々な知識が豊富だった為こうゆう方面で儲ける方法を色々知ってたんだろうな。


82 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 10:30 ID:GJUqPCd7
>>80
ちょっと関係ない話、
四国の長宗我部氏も、秦の末裔だっていう説もあるくらいだから

気にしないがFA

83 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 10:54 ID:Fngd9D4A
>>80
白菜なんて、明治になってから日本に入ってきたんだ。
つまり在日3世くらいだが、今や日本食に欠かせないだろ。
つまり、気にするなってこった。


84 :    :04/01/27 11:05 ID:HresNda6
>>78
武士が食うためだけだったら10%でいいのかもしれないけど、
家賃払ったり、味噌、醤油、酒、薬、刀、書物、その他日用品を買う
ためには米を売る必要があると思う。で、農民は米を食べていたか?
というと、主食はそばだったそうで、米はめったに食えんかった。
そばには税がかからなかったから。
おそらく、米を食うことができたのは都市生活者のうちの現金収入
がある人達だったと思う。
90%農民説は信頼できると思う。

85 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 13:29 ID:GBuXxGhE
>>84 教えてクレー
そばって山間部の痩せた土地でつくるんでないの?
昔は平野部でもつくってたの?それとも、日本は山多いから?
なんか、アワとかヒエとかが主食だったって聞いたような気がする。



86 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 14:16 ID:azZFiwM9
>>1
サウラビは朝鮮起源
倭人は渡来人にアゴで使われた農奴

87 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 18:54 ID:UZlUuc6/
サムライとは知行地を持つものってか?

88 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 19:25 ID:X9WwBfY8
>>84
あほ!人口の40%分の米を誰が買うんだ?
農民以外が10%。後は本を読め。

89 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 19:44 ID:yaERRz0r
>>85
確かに蕎麦は山間部が主ですね。麺にするより蕎麦掻にして食べるほうが多かったようです。
平野部ではアワとかヒエのほか、麦などが米以外に作られていました。
けど、全ての農民がめったに米を食べられなかったわけではなく、地域によってかなりの差があるそうです。

あと、明治時代の自給率が100%なかったことを考えれば、9割が農民ってのはありえると思う。


90 :名無しかましてよかですか?:04/01/27 20:50 ID:tDJBBhX7
>>89 ありがとーべんきょになったす。
やぱり、生産量多い場所の農民さんラッキーって事で。
あと、やはり小説の吉宗なんかに出てた、米の流通を阻んで、
利益を出してた商人なんかの事を考えれば、生産されたお米が
必ずしも、表に出回らなかったということなのかと推察され

91 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 00:12 ID:dLkXpxl/
>>90
徳川吉宗の政策は「米価を低くする」ことではなく、その本質は「米価を安定させることで、米価と他の物価との乖離を是正する」ことにあります。
当時は、米価が他の商品より値段が低い傾向にあり、石高制度だった武士階級の財政を圧迫していました。
そのため、徳川吉宗は米価の安定をはかり、それに見合った物価の是正をはかったのです。
その対象は、主に塩や油で、豆腐問屋などにも厳しく価格引き下げなどの指導が行なっています。


92 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 09:40 ID:9ocpIuWv
百姓っていってもいろいろで商人、職人の混ざったようなやつもいたらしい。
オレのジイサンは百姓で山伏だった。

93 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 13:46 ID:YPMyCNRu
百姓ってのはもともとはさまざまな職業を意味する言葉です。
姓はここでは生業をさします。
日本ではいつの頃からか農業従事者が百姓の代表になったということです。

94 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 18:48 ID:a1t0GWhr
>>91 ふむふむ。また勉強になったす。ありがとさん。


95 :名無しかましてよかですか?:04/01/28 19:08 ID:NKiDRD72
>>89
ありえないことは、証明されている。
たとえば、住民の95%が、百姓の漁村などは、多数検証されているし
海運業で、豪商の者が、土地所有のない水のみ百姓で、登録されている。
米以外が租税の対称でなかったと思うことも、知識がない。

96 :通常の名無しさんの3倍:04/01/29 07:37 ID:zmt72vQq
498 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 03/11/21 23:46 ID:???
幕末の日本、幕府は軍事教練のため、海外から多数の外国人を招いた。
しかし時流は新政府軍にあり、幕府に雇われた外国人の大半は帰国の途に着く。
ところが本国からの引き上げ命令に反し、榎本率いる幕軍と行動を共にした人たちがいた。
フランス人のブリューネ大尉とカズヌーブ伍長である。
むろん幕軍には外国人と共に戦うことを好ましく思わない者もいた。そんな彼らに
ブリューネ大尉はこう言った。
「あなた上野で負けましたが、弱くありません。これから私、蝦夷行きます。わらびの根、食べます。
開陽、大変良い船です。負けません。来年3月、(ここに)帰ります。その時、あなた、上野、花見ます。
楽しみますか。酒呑みますか。喜びますか。私、思いません。あなた、泣きます」
これを聞いた面々は、感激に言葉を詰まらせたという。

……漏れは「ラスト・サムライ」はブリューネ大尉をモデルにすべきだったと思ってるんだがなあ。



97 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 09:24 ID:5NFwrChG
農民も、嗜みとして剣道を学んでたし、相撲大会もあったので、
農民に至るまで武道を研鑽してたといえる。

98 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 09:37 ID:xRr6yZ3X
>>97
それは「そういう農民もいた」という話だ。
農民がそうだった、という話ではない。

99 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 12:17 ID:fS4aVpkG
A型が多い国・地域・民族
ヨーロッパ アメリカ ロシア オーストラリア 日本 イスラエル
(先進国・衛生的・軍隊強い)
B型が多い国・地域・民族
中国 インド 韓国 北朝鮮 アフガン イラン イラク ジプシー
(トイレ汚い・飲食店のサービス悪い・道路が混乱してる・奇人変人が多い
仕事の約束守らない・公務員の汚職がスゴい・警察、軍隊がやたらと威張る
差別好き・秀吉とか十字軍のことでいつまでも文句言う)
O型が多い国・地域・民族
アフリカ 中南米 台湾 フィリピン 東南アジア インディアン
(軍隊弱い・経済弱い・でも性格イイ)

100 :名無しかましてよかですか?:04/01/29 14:08 ID:+4193Mn/
>>99 うそつくなよww アメリカはO型が一番多い国だろww

101 :名無しかましてよかですか?:04/01/31 02:20 ID:BMiP9Bkb
養蚕・綿・煙草、農家は米作農家より遥かに富裕だが穀物は殆ど作ってない。
農家=食物ってのが単純思考。

102 :名無しかましてよかですか?:04/01/31 12:34 ID:fteNJNhX
なんだか「法隆寺を建てたのは大工さんです」みたいなスレだな。

103 :名無しかましてよかですか?:04/02/17 20:22 ID:tANMep4G
俺を犯罪者にしたのはお前ら。

104 :日出づる処の名無し:04/02/18 01:34 ID:IWRvKNwB
ラストサムライよりも楢山節考を見ろ!という趣旨なんでしょうか。

105 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 19:52 ID:89ir60r0
>1
近代日本に生まれた我々に、いまやその理屈は通用しませんよ。
先祖が農民だろうが、剣道や柔道を嗜み免許皆伝を得ることもできます。
先祖が農民だろうが、新渡戸稲造の武士道を読むことができます。
先祖が農民だろうが、武士らしく生きることができるのです。
私たちは、何にだってなれるのです。勉強しさえすれば、
学者、政治家、官僚、商社マン、銀行マン、地方公務員、
何にだって成れるのです。おまえは近代日本とそれ以前の体制の
違いをよく理解していない。

106 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 21:30 ID:wWfs4Duq
武士はもともと農民。
サムライは侍らう、つまり公家に侍っていたのが起こり。

107 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 22:01 ID:PR+fPrlf
>>105
それは日本人に限らんがな。
外国人だろうが、剣道や柔道を嗜み免許皆伝を得ることもできます。
外国人だろうが、新渡戸稲造の武士道を読むことができます。
外国人だろうが、武士らしく生きることができるのです。
だから、日本人=サムライは、やっぱりおかしいよ。

>>106
>武士はもともと農民。
その理屈で行くと、人間はみんな魚。

108 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 22:51 ID:wWfs4Duq
>>107
兵農分離は信長以降だが、それ以前は原始以前かね?

109 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 22:56 ID:P0R/bqAX
なんだか知らんが外国ではサムライが大人気。
「わお、サムライってクール!」
白人から評価されるのが好きな日本人は
サムライを崇拝した。それだけのことだよ。
白人から評価されなきゃ、日本人はサムライなんて
見向きもしませんよ。

110 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:13 ID:wWfs4Duq
>>109
日本では歴史小説の中でも武士の時代が最も好まれてますが?
大河ドラマも落ちぶれたとはいえ、
時代のターゲットは視聴率を意識しているあらこそでは?

111 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:13 ID:PR+fPrlf
時代劇はどうなんのよ?(w

112 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:25 ID:TjUSpwf3
右よりも左よりも、日本人は皆、白人が大好き。
白人から評価されるのが大好き。
新渡戸稲造が英語で武士道を書き、欧米の知識人の間に
サムライがブームとなり、日本で彼らのサムライへの評価が
聞けるようになり、日本人は嬉々としてサムライを崇拝するように
なった。

113 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:31 ID:G355sPi8
外国の子供に人気があるのは、むしろニンジャなんだがなー


114 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:36 ID:iCKWqosV
そうだよな。ほとんど農民のくせにみんな武士気取りでいやがる。
うちの兄もそう。先祖なんて武士かどうかもわからないのに。

115 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:49 ID:PR+fPrlf
侍が好き、侍になりたい、というのは、ファンタジーだから問題なし。
侍だったんだ、つーのは、一部の人をのぞいて嘘だからダウト!

116 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:51 ID:01jfYkdi
藩幕体制が崩壊して近代国民国家となり、130年以上がたつ。
だから、武士やサムライの子孫はいても、武士やサムライなんてのは
この地球上には存在しないんだよね。先祖がサムライ階級だから、
サムライの精神を受け継いでいるわけじゃないってこと。メディアの
発達したこの世界では、誰もがサムライらしい生き方をすることができる。
サムライに関する文献もいくらでも探せるしね。
ちょっと時代は幕末だけど、新撰組のあの二人だって、農民だったけど
武士らしく生きて、武士らしく死んでいったじゃないか。
現代において、サムライであるかどうかは血よりも心なんだよね。

117 :名無しかましてよかですか?:04/02/20 23:56 ID:nIMwyzFy
自分に誇れるものが何もないから、自分が侍もしくはサムライ的な
人間だと思うことで、自尊心を保とうとする精神は、ちっとも
サムライ的でなくひどく朝鮮的です。

「ウリはサムライにだ!」
こんな人間は確かに軽蔑されて当然。

118 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 00:03 ID:r01l4Dvf
実際に、サムライ的な美徳を持っているなら、ウリだろうがなんだろうが美しいと思うよ。
たとえそれが、心の弱さの裏返しであっても。

もちろん、サムライのマネゴトをしてるだけの醜い姿は、ゴメンだが。

119 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 00:07 ID:r01l4Dvf
サムライといえば、アメリカ映画「ソードキル」のサムライが、美しかったなあ。
あんなサムライが実在するかはどうでもいい。主演の藤岡弘が本物のサムライかも、どうでもいい。
あんなサムライになりたいと思った。あんな生き方ができたらと思った。

120 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 00:16 ID:CWevkPga
サムライって言うと、トムクルーズとかよりも
吉田松陰と高杉晋作思い出すんですけど。
地元びいきなためか。

121 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 01:26 ID:r01l4Dvf
吉田さんや高杉さんには、あまりサムライ属性を感じないなあ。
歴史上の人物としては、立派だけど。サムライだから、という感じはしない。
もちろん、吉田さんや高杉さんをおとしめる意味ではまったくないので、念のため。

122 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 06:09 ID:meGkuS+e
ラストサムライ。映画自体は面白かったので時代考察などどーでもいいです。
ただし、気持ち悪くて吐きそうになったのが、
この映画が頭の悪い日本人のオナニーネタとして成立している現状です。
例えば、『仮面の男』をハリウッドが撮ったからといって、
「フランスの伝統が世界に認められた!フランスの歴史ファンタジーを美しく描いてくれてありがとう、ハリウッド!」
などとフランス人が狂喜するのでしょうか。
戦になるや、私財抱えて一目散に逃げ出した大部分の平民の子孫が武士を誇るのも笑える話で。
日本製のゲームをプレイした時と同様、日本人の幼稚な感性を嫌という程
目の当たりにした現象だった。


123 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 06:23 ID:meGkuS+e
>>112
そうそう、一般人が普通に見て楽しんでる時代劇なんて結局殆ど人情物だしね。
偉い人間が悪人を裁くカタルシスを売り物にしたものとか。
大河ドラマにしても、武士が好きなんじゃなくて結局群雄割拠の戦国時代が好きなだけだろう。
動乱の時代って題材に沿ってればモンゴルのチンギスハーンでもいいわけ。
そもそも歴史物でいえば、日本の戦国時代より中国の三国志の方が遥かに人気あるし。


124 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 06:46 ID:e1XQD81S
>>122
西洋人に認められるとうれしいんだからしかたないだろ?
お前も外人の女の子にもてたら自分は一味違う日本人ってうぬぼれるんだぜ?

125 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 08:47 ID:r01l4Dvf
>>123
それは言い過ぎだと思うがなあ。
子連れ狼や眠り狂四郎のような作品もあるし、
武士としてのストイックな生き方をシナリオの格子に組んだお話は、
人情ものの定番だぜ。
時代小説のメインストリームは、まさしくサムライを描く剣豪ものだ。

126 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 09:52 ID:qG4q4weE
眠り狂四郎はストイックか(笑

まぁ、ストイックなヒーローは洋の東西を問わず定番だしねぇ。
あと、時代劇と歴史物は違うような気もする。武士と武将ではイメージがかなり違うし。



127 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 18:52 ID:w5225leb
西欧列強の侵略を防ぐために
日夜紛争し漢文短歌などの素養もあって
洋学もとりいれ、そのうえクールな日本刀を操る侍って
やっぱりかっこいいよ。

128 :名無しかましてよかですか?:04/02/21 19:07 ID:ONt2gAAb
おいしぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ?

129 :名無しかましてよかですか?:04/02/22 00:36 ID:ToKENd1/
サムライ?日本人は土人だよ!

130 :百姓:04/02/22 06:41 ID:pzjEquDD
お侍さまにお願いが、ごぜーますだ。

131 :名無しかましてよかですか?:04/02/24 07:45 ID:jCO/zRWS
とんでもねえ。あっしはただの町人ですよ!

132 :一百姓出身:04/02/27 16:35 ID:dGAcNPlf
しょせん百姓の子倅には関係のない話。
もちろん俺のことだけどね。
織豊時代には先祖に一端の人物がいたかもしれんが
五〜六代ぐらい前まで泥土引っ掻いてりゃ
確実に正真正銘の百姓以外の何者でもないって。
今では土地成金で銀行預金の金利で喰ってるけどね。


133 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 16:16 ID:G6LBbwXH
てか、日本人なんて3代4代遡れば殆ど百姓なんだよ。
色気むんむんで渋谷歩いてるねーちゃんも引きこもってる君たちも
数代前の先祖は、畑耕したり、水田稲作でがんばってた農民なのね。
でも、今は違うでしょ。ご一新以降、政治体制そのものが別物と化して、
我々の生き方も大きく変わった。軍人にも官僚にも学者にも
歌手にも何にでもなれる世界に変わったのさ。そして、町に
くらしている。先祖が農民だからっておれたちは田植えの仕方も
知らないし、足腰は弱い。こんなんだから、先祖が農民だから、
武士だからといって、今の我々に何の関係がある?サムライであるか
どうかは現代において、その人の日々の行動や思想で決まるんだよ。
決して"血"なんかじゃないのね。

134 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 22:35 ID:jb1cmVJ4
そうだな。極論すると、国籍や民族なんかも関係ない。
ま、僕らはサムライに近い場所にいる。その程度か。

135 :名無しかましてよかですか?:04/03/11 14:45 ID:yF8O3fUS
>>133
間抜け。血は関係ないけど、文化って物があるだろ。サムライ文化。
みな知らず知らすのうちに受け継いでるんだよ。

136 :名無しかましてよかですか?:04/03/11 14:50 ID:yF8O3fUS
サムライ文化の本質は気迫と無私といか自己犠牲の精神だよな

137 :渋いがいいテーマ:04/03/12 05:59 ID:t2S2G4s+
サムライ文化とは?腹切とかでしょうか?
受けついでる?

138 :渋いがいいテーマ:04/03/12 06:05 ID:t2S2G4s+
もう、侍もカタカナ表記のサムライになって。この御時世にちょんまげ朝青龍のほうが、サムライですわ。

139 :名無しかましてよかですか?:04/03/12 07:18 ID:xyxhLpTF
確かに外人の方が侍っぽいかもね。

140 :名無しかましてよかですか?:04/03/12 07:53 ID:CuYx8gx+
>>135
間抜け。血は関係ないけど、文化って物があるだろ。ヒャクショー文化。
みな知らず知らすのうちに受け継いでるんだよ。

141 :名無しかましてよかですか?:04/03/12 08:01 ID:0pBLSiNR
すくなくとも>>135の先祖は百姓だな(w

142 :名無しかましてよかですか?:04/03/12 11:39 ID:6crEV5Er
少なくとも、南京虐殺や慰安婦問題で言い逃れと自己正当化を延々と続けるコヴァは
武士の潔さとは無縁だな。

143 :名無しかましてよかですか?:04/03/12 14:12 ID:Y6mO/IdL
誰だった忘れたがボクサーが侍侍言われてて
「侍?俺は拳で戦うボクサーだよ」
とかいったとき正味ぞくっとしたな。

日本の心は侍じゃねぇし、もののふ魂でもないよなぁ…

144 :名無しかましてよかですか?:04/03/12 18:35 ID:FzgS4Cx1
やたら「侍」とか「武士道」とか言う人に限って、その言葉に似つかわしくないことが多い。

145 :名無しかましてよかですか?:04/03/13 16:08 ID:BBbRcCEA
>少なくとも、南京虐殺や慰安婦問題で言い逃れと自己正当化を延々と続けるコヴァは
>武士の潔さとは無縁だな。

武士はそんな愚劣な行為はしない。
エタヒニンの所行だ。


146 :名無しかましてよかですか?:04/03/14 01:11 ID:Ukvj8BaE
侍もいいけど、日本の職人は凄いと思うがなぁ。
小さな工夫をして改良に改良を重ねて商品をつくる。
それで戦後の日本は成功した。金持ちになった。
タリバンもビル・ゲイツもトヨタの車に乗っている。
携帯電話の日本製のOSは故障知らずだ。
江戸のからくり人形からの伝統がある。

147 :名無しかましてよかですか?:04/03/14 08:58 ID:GVz/FnX/
>携帯電話の日本製のOSは故障知らずだ。

えらい皮肉だなぁ(笑

148 :遠野美凪:04/03/14 11:52 ID:0PuIY26k
    _
   '´    ヽ     >>1
  .卯 jリノ)))〉     そうです。日本人はお米族です・・・・
  ,イl〉l ゚ -゚ノ|ヽ    これ。お米券進呈です。
  li⊂I!†!つ[]     星を眺めるのは好きですか?
  |! lく/_|〉ノ      今はオリオン座がよく見えます。
     し'ノ       

149 :名無しかましてよかですか?:04/03/14 17:04 ID:ggu+3/9c
まあ普通の日本人にとっては武士道とかはあまり関係ないだろうね。


150 :名無しかましてよかですか?:04/03/14 17:30 ID:lxI17Of9
とりあえず武士道とかを歴史的に結びつけて考えるのを止めろと。

影響有る無しはともかくとして、
まるで昔から日本人は武士道精神を持った民族だったというような発言はアホ裸子

151 :名無しかましてよかですか?:04/03/14 23:46 ID:k2AdF0Ea
武士道っていっても「一所懸命」って究極的には
自分の利益のために働いてたワケで

現在、うさんくさい汚職政治屋や評論家がいう「武士道」は、
「だまって人の言うこと聞いて一切疑問を持たず滅私奉公する」
ことの意味でつ。まるで北朝鮮の偉大なる指導者に従う人民みたいでつ(w

152 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 02:15 ID:UQdPK9Az
サムライの心は北チョソンにあり!
女も男も、主君たる将軍様に対する忠誠心は凄い。
まさにサムライの語源である「侍う」を体現している
北チョソンでは、日本国が残していったかつての遺産がしっかりと受け継がれている。
忍者の活動も活発だ。


153 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 02:16 ID:eqPqgiCK
武士道って、忠義のためなら主君と刺し違えてもかまわないといった部分もあるんだけどね。
何かに盲目的に従うってのは、武士道から外れた行いなんだよね。
武士道はかなり自立的なものです。

154 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 02:20 ID:rymcDm58
>>153
一般的には忠誠を誓うのは主君に対してなんだけどな
幕末でだって一部例外を除いてはそうでしょう

155 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 12:05 ID:xo4dMdRk
武士が忠誠を誓うのは「家」であって「主君」ではない。
家のために主君をむりやり隠居させたり座敷牢に閉じ込めることは珍しくなかった。

156 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 12:58 ID:KeVS1fmQ
それはいいことだ、民主化の始まり。


157 :名無しかましてよかですか?:04/03/15 17:03 ID:nA7RziAz
「家」への忠誠ってのも、結局は自分の一族の経済的安定のため。
だから江戸時代以前は主家を見限って一族郎党引き連れて他家へ仕えるのも普通だった。
江戸時代はそういうのが道徳的に否定されたので、
とにかく主家を潰さないことが最も重要なことになった。
主家が潰れたら、よっぽどの伝でもない限り、浪人になるしかないから。

158 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 11:50 ID:tvzumd65
稀にみる良スレなのだが惜しむらくは板を間違えていると思う

159 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 17:07 ID:2zMI9itF
>>119
ググッてみたがトンデモ映画のにおいがしますが。
特撮おたくにとってはあれが武士道なのかと。

>>151さんの指摘は一理ありますね。
そうした面々は武士とは言い難いでしょうな。

160 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 17:28 ID:xVi9VL+g
>>159
ひきこもってないできちんと現物を見れ。
確かに製作時、監督も脚本もプロデューサーもサムライのことをてんで知らず、
トンデモ映画になる一歩手前まで行ってたのは事実だ。
でも、ご自身も武道の心得がある、主演の藤岡弘氏が根気強くスタッフを説得して、
美しく気高い魂を持った、ならず者でも野蛮人でも殺人鬼でも戦闘マシーンでもない、
(実在というよりは理想の)サムライになったんだよ。


161 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 17:59 ID:bK5GwS2u
Yahooビビエスで>>160と全く同じ書き込みを見ました。
芸能有名人板か特撮板に場を移して議論なさったほうがよいかと。




162 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 18:07 ID:xVi9VL+g
>>161
有名な話だからな。
サムライとは何? って範疇で収まってんだから、問題ないんじゃない?

163 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 19:15 ID:jO7tZ6N1
娯楽番組という俗物的な場で真剣技をさらす俳優は侍ではない。

164 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 21:17 ID:acUKK+Wx
>>160
今、「トリビアの泉」で言ってたよ。

165 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 21:24 ID:tZ93A7LD
この飯、おろそかには食わぬぞ。

166 :特板住人:04/03/17 21:28 ID:IRSnmUtW
「ソードキル」の「ヨシ」は完全にモンスターあつかいですけどね。

逆にモロじゃないけど「スタートレック」のバルカン人に、
東洋思想へのちょっと歪んだ憧れがあるような気がしないでもないかと。
もうちょっと露骨だと「JEDAI」の剣士たちになるけど。

167 :名無しかましてよかですか?:04/03/17 21:53 ID:tZ93A7LD
武士なんて、特権階級の官僚集団だろう。

中国の共産党幹部がいちばん近いんじゃないか?

168 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 00:20 ID:eLJ1QXBE
よっぽどDQNな家でない限り、結構混血してるだろ
下級武士なんかいくらでもいたんだからさ。

169 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 12:56 ID:lvduF6qF
或る俳優ファンの中の一部で有名なだけであり、特板住人なら漏れなく知っているという代物でもありませんのでひとつ・・・
ここは異見派も賛成派も興味深い論議をされているだけに、思わずカキコです。

さて、国内外でサムライが映画の題材になりやすい現象が起こっていますが、
ハリウッドが市場拡大を狙ってアジアに着目したこともブームの要因ではと思います。
東洋への敬意と憧れもふくまれているのでしょうが、
農民よりもサムライのほうがキャラクターが際立つという理由もあるのかも知れませんね


170 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 13:30 ID:6NnvYhFy
どの文化であっても、騎士、戦士階級にはロマンを求めるものなのです。
自分の文化に属するものには誇りを。他の文化のには憧れを。

171 :名無しかましてよかですか?:04/03/18 21:37 ID:EJsXvmu3
日本のサムライ親爺は生身でもサタン・エゴスの怪人を一刀両断にするそうだ。
ライダー怪人をコブシ一撃で爆殺する少林寺拳法のジジイに次いで偉いね。

なに?
モビルスーツを素手で撃破するオッサン中国人?
へっ、ありゃただのマンガだよ、マンガ!!

172 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 11:42 ID:dNj+0Ag8
>>170
それが、日本人の魂(精神)の根源が、「武士道」だったり、
「侍の魂」であったりすることとは、一切関係ないわけですが?
日本人の大半は、農民であり、商人であった。
武士など、制度がなくなってから100年以上経つ。
まして、現代のひ弱な体の日本人(ry


173 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 15:56 ID:KaT5w58Z
江戸末期には武士階級とは言え、
武道の心得を持つ者は戦闘員である下級武士でも
少数派だったし、血統的にも
富農や商人からの養子も少なくなかった。
ただ、水戸光圀が言っているように
武士とは道徳の守護者であるので、
高い倫理的基準を有していればいつでも復活します。
そうでなければ28石取の軽輩者で幼少時より
農作業の合間に勉学に励んだ吉田松陰や
罪人の係累で武術の心得の殆ど無かった西郷隆盛らが
維新回天の原動力になった事の説明が出来ません。

174 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 15:59 ID:dNj+0Ag8
西郷隆盛や吉田松陰の時代と、現代を比べることが、ナンセンス。
今の時代に、武士道精神を持って生きている人など皆無。
若い人で、人を斬った経験のある人もいない。
徴兵制が終わった時点で、日本から武士は消えた。


175 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 16:06 ID:dcJOpoVP
徴兵制のあった時代も、武士気取りの百姓が軍隊など日本のあちこちにいて
道徳不在の「ムカついたら刃物で斬るのが武士」とばかりに
DQNな行為を繰り返したわけだが。

176 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 16:14 ID:dNj+0Ag8
>>175
だが、人を斬らないで、武士を気取ったところで。
武士道は理解できまい。
責任を取って、自刃することもおぼつくまいから・・・


177 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 16:26 ID:dcJOpoVP
現代の武士は、酒鬼薔薇とネオ麦茶ですか?

178 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 16:28 ID:dNj+0Ag8
>>177
武士道のない香具師が、凶器を持つと、ああなるという好例ですね。
あれを武士と言うなら、あなたの考える武士は、相当に薄っぺらい物に違いない。


179 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 16:36 ID:KaT5w58Z
>若い人で、人を斬った経験のある人もいない。

そんな事を言ったら、江戸時代にも
武士は殆どいなかったという事になりますが?
「切捨て御免」というのは武士が人を斬っても、
免罪される事もある、という意味であって
無闇に斬捨てていた訳ではありません。
それどころか無闇に刀を抜くと極刑に処せられた事もあります。
現在の警官が銃を携帯していても
原則として発砲できないのと一緒です。
むしろ、量刑の事を考慮すると昔の方が遥かに厳しいですね。
江戸詰めの藩士が夕方以降出歩いただけでも、
最低でも身分剥奪、最悪だと切腹という位に
厳しい道徳生活を送っていましたから。
ま、武士道の倫理的極限が切腹にあるというのは、
間違い無いと思いますが。

180 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 16:40 ID:dNj+0Ag8
>>179
武士は、腰に刀を下げていた。
今の警察がピストルを下げているのと同じかも知れない。

しかし、考えても見て欲しい。
きちんと、武術の心得を持ち、いつでも合戦に行ける状態なのと、
単に、現代人が骨董趣味で刀を持つのとは、全然意味が違う。
剣術家以外で、刀を満足に使える人もいない。
武士の心得もないのに、刀を持てば武士だと思うのは、勘違いだと思うぞ。
現代の剣道は、スポーツと化しているから、剣術、武士道とは違うだろう。
現代に武士は極めて少ない。


181 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 17:09 ID:PRIuz9Hs
江戸時代でいつでも合戦にいける状態だった時期なんて、初期と幕末くらいしかないよ。
幕末でも武士階級が使い物にならなかったりしたしね。

182 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 17:18 ID:dNj+0Ag8
>>181
だからといって、今の官僚や公務員のようではなかっただろう?
刀を下げているのだ。
当然、武術の最低限の心得もある。

それと酒鬼薔薇を一緒にしたのを、覚えてますよね?
私は、それに批判を加えたのですが。
酒鬼薔薇に武士道があったというのは、詭弁としてもよろしいのですね?


183 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 17:24 ID:PRIuz9Hs
>>182
むちゃくちゃだな君の知識は(w
それと俺は酒鬼薔薇と武士をいっしょにしたことは今まで一度もないよ。勝手に人の意見を作らんでくれ。

184 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 17:54 ID:KaT5w58Z
>武士の心得もないのに、
>刀を持てば武士だと思うのは、勘違いだと思うぞ。

刀を持っていれば武士とは一言も言ってませんよ。
心得(=倫理)の方が重要だと言ってるだけであって。
刀の実戦的効果は戦国の世でも殆どなかったわけですし、
幕末に勤皇の志士がシンボリックな物として持ち上げただけですから。
極端な話、高い倫理性と覚悟さえ持っていれば、
武術の心得が無くとも武士(もののふ)足りえるんですね。
“もののふ”と言うのは
聖なるもの邪なものから守るという意味ですから。
この倫理性や宗教性が日本における武士道の核心部分。
薩摩隼人が古来より犬神人として
御所警備の任に当っていた事を想起して下さい。
そして、その代表人物である西郷が
武術の心得など殆ど無く、
最期の丸腰の死の行進で何を訴えたのか
という事も考えて下さい。

185 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 17:56 ID:dcJOpoVP
つまり君はこう言いたいのでしょう。

「俺はヘタレだが、武士だ」

186 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 18:14 ID:PRIuz9Hs
ID:dNj+0Ag8が言う武士道を体現した武士って、
いつの時代のどの階級のことを言ってるのだろうか。

187 :名無しかましてよかですか?:04/03/19 22:31 ID:KN08X6t/
>177 :名無しかましてよかですか? :04/03/19 16:26 ID:dcJOpoVP
>現代の武士は、酒鬼薔薇とネオ麦茶ですか?

>182 :名無しかましてよかですか? :04/03/19 17:18 ID:dNj+0Ag8
>それと酒鬼薔薇を一緒にしたのを、覚えてますよね?
>私は、それに批判を加えたのですが。
>酒鬼薔薇に武士道があったというのは、詭弁としてもよろしいのですね?

この人は「武士」というより単なる「無粋」だね(苦笑


188 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 00:24 ID:Nxcr/p/c
http://zenkyoto68.tripod.com/kyoikucyokugo01.htm
おれ、近頃つくづく思うんだけどよ、おれの先祖ってすげー偉いんだぞ。
おれ様一家はおまいら奴隷国民共をいつまでもいつまでも支配できるような
チョーシステムを構築したんだ。
そんでもって、おれの先祖さまはおまいら奴隷国民共を生かさぬように殺さぬように
特に甘やかさないように上手くうまく支配してカモってきたわけだわな。
犬も魂消(たまげ)るようなおまいら奴隷国民の忠誠心はおれにとってメッチャ都合がいいんだよね。
だからこれからもおれ様一家のために朝早くから布団と職場の間を往復してだな一生汗水垂らして働くんだぞ。

189 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 09:36 ID:mxlmgt3/
武士道うんぬんは、ある種の理想。
江戸時代でも、ほとんどの武士が、あこがれ、たどり着けなかったもの。
手の届かぬ理想。皮肉に言えば、絵に描いた餅。

それは、いまの時代も、同じかもしれないなあ。

190 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 17:48 ID:fyC151UL
>>187
というよりコミュニケーション能力そのものに問題が。
人の発言は混同するは、言ってもいない主張に反論するは。

191 :?a°?I¨?E`?¢?I`???3/4:04/03/20 19:04 ID:YwY5Cy7O
【【【【【武士道精神が日本をダメにする】】】】】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1079141730/l50

192 :名無しかましてよかですか?:04/03/20 19:07 ID:x+PpFI2P
22 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :04/03/20 13:16 ID:ZzhTm152
縄文・弥生と、日本は移民社会だったのよ。
千年ほどそのこと忘れたけど、思い出す時が来たね。
「植民地」って極悪非道のイメージがあるけど、
要は「移民を受け入れる社会」ってだけでそ。
二千年前に帰るだけのこと。イイじゃん。


193 :名無しかましてよかですか?:04/03/22 11:59 ID:15V0lbCS
>>192
人口密度が当時と同じくらいだったら、問題ないんだけどねー。
複数民族が混じったりどうこう、というのは、地球が狭くなった今、逆に必然なのかもしれないが。

194 :名無しかましてよかですか?:04/03/22 16:45 ID:f2ywhEgq
>>190
これでも嫁。w
ーーーーーーーーーーーーーー
177 名無しかましてよかですか? sage 04/03/19 16:26 ID:dcJOpoVP
現代の武士は、酒鬼薔薇とネオ麦茶ですか?

ーーーーーーーーーーーーーー
あんたかと思ったよ。
(七誌だしね)


195 :名無しかましてよかですか?:04/03/22 19:42 ID:ujoNPpxJ
ID:dNj+0Ag8は、>>182「酒鬼薔薇に武士道があった」に一番近い趣旨の発言が、
自分自身(>>174 >>176)で、>>177はそれを茶化したのだと気が付いてないのかな。
まともに社会生活できてるんだろうか。

196 :名無しかましてよかですか?:04/03/23 16:15 ID:w30LbcYo
>>177を書いたのは私です。

皮肉で書いたことをそのまま額面どおりに鵜呑みにしてしまう「武士道くん」に
余計な茶化しを入れて、多くの人にご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。


197 :名無しかましてよかですか?:04/03/23 22:27 ID:raB+Pe/H
もうだめぽ・・
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/6237/ata.html

198 :名無しかましてよかですか?:04/03/23 23:38 ID:atKwn2Ro
>>197
スレと無関係なアホ広告貼るな、しかもageるな!
呼んじまったオレもアホですが。

199 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 17:05 ID:FJRnNUHI
カムイ伝を見ろ!

200 :名無しかましてよかですか?:04/03/31 17:08 ID:QQRDUsuf
200ですか。

201 :名無しかましてよかですか?:04/04/07 13:08 ID:0XUJsE+G
みんなで農業やって
日本を農業大国にしよう
食料自給率300%くらいにして
武装して、中東と仲良くして、その上でアメリカとも仲良くしよう
上海のっとってそこで商業しよう

202 :名無しかましてよかですか?:04/04/10 07:13 ID:lUtzzR+W
我が道に いかに険しき山あれど
踏み越えてぞ越えん押忍の精神

203 :名無しかましてよかですか?:04/04/10 19:02 ID:ufaw36ly
>>201

それが出来たらきっといい国になるんだろうなぁ。
実際は、難しいけどね。

何気に「武装」って言葉が入ってるあたりは、
少しショックだったりする。
現実、甘くないね。

204 :名無しかましてよかですか?:04/04/16 02:26 ID:NW1c1aOw
>>5
百姓はまだ一杯存在するからなあ。百姓が全部滅んで日本人全部が侍になったらヒットするんでないの?

205 :名無しかましてよかですか?:04/04/16 05:16 ID:jzxhryL7
>>1
農民を評価するかどうかはともかく。
日本人に‘武士道精神’はないと思うよ。(農民=大衆はブタだらね)

206 :名無しかましてよかですか?:04/04/16 10:00 ID:JfGtY0B+
>>205
武士に憧れてるからそうともいえん。武士は農民だしね。

207 :名無しかましてよかですか?:04/04/16 10:39 ID:jg3J1yN7
ほとんどの武士も大衆だったし、大衆でなかった武士もほとんどはブタでしたが。

208 :名無しかましてまっせ:04/04/18 23:20 ID:mXUNhsAa
>1
武士道は階級じゃなく思想だぞ。
無の境地を極めること。スポーツマンガで読まなかったか?

まったく数値とか見えるものでしかものを判断できない
低脳大学生が。
農民階級が95%だったからなんだというのだ。日本人は
勇敢で正義感の強い100%の国民なのだ。

209 :名無しかましてよかですか?:04/04/19 00:20 ID:EibluL9X
>>208
農民は勇敢じゃないと、サムライにおもわれてたんじゃなかったっけ?

210 :名無しかましてよかですか?:04/04/19 11:59 ID:CLVFTo5m
武士道は日本人の伝統が生み出した日本土着のモラル。
農民であっても、武士道の精神を貴しとする事に変わりは無い。

現在、そのほとんどが百姓の子孫である我々でさえも、
武士道の精神は、日本人のモラルとして生きている。


211 :名無しかましてよかですか?:04/04/19 18:58 ID:OquiMS4l
>>210
>農民であっても、武士道の精神を貴しとする事に変わりは無い。
そんな史実は無かったと思うが。そんな人もいた、程度かな。

212 :名無しかましてよかですか?:04/04/24 11:13 ID:M4yjo6QK
小林の漫画に「天秤棒で肥桶を運ぶ姿」がギャグとしてよく出てきた。

まあ、農業を馬鹿にしてたことは間違いない。

213 :名無しかましてよかですか?:04/04/24 11:37 ID:a2o1AMOM
NO!民とか言ってみるテスト。

214 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 08:45 ID:jZW+EFwq
日本の武士道なんて、徳川幕府が統治をしやすいように武士を洗脳教育した
だけのもの。
実際の戦国時代の武士は、裏切りなんて日常茶飯事、目先の利益で簡単に
領主をかえるただの傭兵。
いまだに、日本に武士道があるなんて言っている奴は、権力者の洗脳からいまだに
解けていない馬鹿。

215 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 08:57 ID:lJPN7cKq
>>214
武士道は、戦国時代よりずっと以前から、あったことはあったんだよ。
あくまで、理想、それも、数ある理想の一つとしてね。
だから、ない、と言い切っちゃうと、それはそれで語弊はある。

216 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 11:27 ID:ktufoN8s
>>211

君が知らないだけ。


217 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 12:39 ID:QKiXKSLN
>>216
そういう場合は、具体的な史実の一つも示すのが、武士道だと思うがw

218 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 13:32 ID:ktufoN8s
>>217
だまれ百姓

219 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 13:51 ID:1i9uRlTs
ktufoN8s様みてえなお侍になるのだけはまっぴらごめんでごぜえますだ

220 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 14:28 ID:ktufoN8s
武士は黙して語らず

221 :156:04/04/26 14:34 ID:/DKDR9w1
結局、具体的な史実の一つも出てこなかったか。

222 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 14:42 ID:/DKDR9w1
あ、ハンドル間違えた(苦笑)。

それはそれとして、216,218,220を見る限り、
ktufoN8sが武士道から程遠いのがよくわかるな。

223 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 14:56 ID:ktufoN8s
>>222
百姓づれに何がわかる
片腹イタイでござるな

224 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 14:59 ID:ktufoN8s
新渡戸稲造の「武士道」くらい、しかと読んでおきなさい。
下郎ども。


225 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 15:08 ID:/DKDR9w1
>>224
慎まれよ。貴殿のような申されかたでは、
「読んでもktufoN8s程度にしかなれないのか。別に読まなくていいや」
などと、新渡戸先生の名を落とすことになりますぞ。

武士道を語りたいのなら、せめて名を惜しまれよ。
「黙して語らず」の舌の根も乾かぬうちに、222,223などと仰るようでは。
貴殿がまこと武士の武士たる美しさを示されれば、自然と道は開けましょうや。

226 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 15:17 ID:ktufoN8s
>>225
武士は論を用いず、君辱められれば死す。

武士道とは死ぬ事と見つけたり。

左様ならば、お先に失礼つかまつる。



227 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 15:44 ID:/DKDR9w1
>>226
ならば。216,218,223,224は黙しておられるべきでしたな。
駄弁でございました。ご精進召されよ。

228 ::04/04/26 16:22 ID:gAGhwn/p
皆さん,ザ掲示板という糞掲示板を荒らしましょう!!
荒らすときはHNを「2ch遠征軍」にしてください!!
巨大掲示板群はわが2ちゃんねるだけで充分なのです!!
糞掲示板群ザ掲示板に制裁を!!!

ザ掲示板 http://thebbs.jp/

229 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 16:52 ID:ktufoN8s
>>227
拙者は何も論じておらぬが?

それにしても下郎にあるまじき過ぎたる物言い、
分をわきまえ、以後慎まれよ。


230 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 17:06 ID:1i9uRlTs
はぁ。これがお侍さまでございますだか。
気位ばっかり高くて、中身はわしら百姓と何も変わらんのでねえだか。

231 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 17:12 ID:ktufoN8s
>>230
おぬしは「人間は皆同じく平等である」等という毛唐の思想に
マインドコントロールされておるようじゃな。

はやく覚醒せよ

232 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 17:33 ID:/DKDR9w1
>>229
「論じておらねば論ではない」か。やはり貴殿は、黙しておるのがよかろう。
新渡戸先生のためにも。

233 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 17:44 ID:ktufoN8s
>>229
論じてないのに論であるとはこれ如何に?

妄言を巻き散らかして世を誑かす不埒者
申し開きしてみよ

234 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 17:44 ID:ktufoN8s
誤爆で御座る。
鬱ゆえ、切腹いたす

235 :名無しかましてよかですか?:04/04/26 20:01 ID:1i9uRlTs
>>231
ちがいますだ。
おらは南蛮の言葉に「のーぶるすおぶりーじゅ」ちゅーもんがあるって聞いてますだよ。
どうやらあなた様のよなお武家様に、それがあるもんと思ってましただが、
どうも、それがふにおちねえんでごぜえます。

だからお侍様も、おらたちとなーんもかわんねーのでねがと。
わしらのほうが、額に汗して働いているだけ、もしかするとましかもしんねーだ、
と思うんでございますだ。

236 :名無しかましてよかですか?:04/04/30 01:49 ID:zKdbzSgx
武士道は武士道で洗練された日本のモラルだし、
農民の文化だって、それはそれで日本の文化の一部だよ。
別に農民の文化が評価されてないわけじゃないと思うけど。

237 :名無しかましてよかですか?:04/05/02 14:10 ID:b2s/dyml
ようは、自己主張する人が嫌い、という結論でよろしいですか?

238 :ののたんRVX:04/05/02 16:29 ID:HnVoPqh7

            ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
           彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
           ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
          ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
          ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡  
          ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡 
          ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ     Korean
            ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ
             ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/         Heart
             ,.|\、)    ' ( /|、 
           ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
              \ ~\,,/~  /  
               \/▽\/

           韓国 統一協会 公認スレ




239 :名無しかましてよかですか?:04/05/02 19:39 ID:1aTCZ29Z
ていうか、侍と侍魂は違うし、武士と武士道も違うぞ。

240 :名無しかましてよかですか?:04/05/03 14:26 ID:7CaUOoby
1へ

武士は農民から発祥したわけだが。


241 :名無しかましてよかですか?:04/05/03 15:07 ID:7rGd5Bw9
>>240
野武士ですね。

242 :名無しかましてよかですか?:04/05/03 15:23 ID:61hAcbTb
確かに農民だな。
武士なんてほんの一部だったわけだし

243 :名無しかましてよかですか?:04/05/03 15:44 ID:EifZTFVl
俺の先祖もただの農民だ。

244 :名無しかましてよかですか?:04/05/04 01:25 ID:lELje4K3
九州の某所に俺の苗字と同じ名前の城跡&土地(結構マイナー)があるんだけど、
それだけで俺は武士の祖先って言えるの?

245 :名無しかましてよかですか?:04/05/08 02:44 ID:VnG/4SPw
外人は武士道と武道を一緒にしてるからややこしい。
実際うけてるのは武道精神。
幕末近代の高名武道家非武士階級多い。
右手前(農具持つ基本)長柄(居合いの原型)馬針(棒手裏剣の原型)等農民文化の昇華が武道(芸)。

246 :名無しかましてよかですか?:04/05/12 13:38 ID:bGmhgLfA
>>201
ここの記述が参考になる。
http://members.jcom.home.ne.jp/cuba

247 :名無しかましてよかですか?:04/05/12 14:43 ID:CAZqw4kE
北にも送ってあげましょう<<人道支援
現金より有効!?

248 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 08:03 ID:Np2NGF0o
まあ日本のスタンダードクラスといえば武士だったからな。
数じゃなくて権力が強い階級がその国を代表するのは当然のこと。
農民に政治的影響力はほぼなかったから。

249 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 08:09 ID:sBSUAtFJ
>>248
江戸時代中期以降だと、実質的には商人だったのでは?

250 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 08:21 ID:pmMeKq3v
>>240
武士の元は貴族。

251 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 10:32 ID:BTqYeAro
源氏も平家も、天皇の血を引くそうな。w
土民から成り上がったのは、豊臣(ry


252 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 10:43 ID:H5GLfaYJ
「帰農」って言葉が武士にはある。

253 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 10:52 ID:H5GLfaYJ
あえて「兵農分離」が政策化されたことも然り。

天皇って農作業(稲作)するよね。


254 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 17:02 ID:Aut16Y64
江戸時代の農民や町人は生活が安定していたから
学問とか剣術をやったんだよ。
剣術道場では技術だけでなく武士道の精神も重要視したし、
農民が武士に憧れるところなんぞをみても
やはり、武士道は日本人の精神的規律であるといえるでしょう。

255 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 17:11 ID:BTqYeAro
>>254
(プゲラ
ソース出せよ!w

農民が生活に余裕があって、
武道を習っただってーーー?!

お笑いだよな。
頼むから、誰がそんな説をいっているのか、教えてくれ!

いや、義務があるぞ!


256 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 17:17 ID:Aut16Y64
>>255
江戸時代の識字率は90%以上だって事も知らんの?
ダントツで世界一の水準だよ。

それから新選組も知らんのか?




257 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 17:23 ID:BTqYeAro
>>256
新撰組が、特異な例だということくらい、誰でも知っているでしょう。

農民で、特に有力者には、苗字帯刀を許されていた。
それで、農民の「全て」が、学問に、武道に励んでいたのか。w
で、江戸時代の識字率が90%の根拠は?
それは、昭和40年代の識字率の誤りではないのか?

ソースは?


258 :名無しかましてよかですか?:04/05/14 17:34 ID:Aut16Y64
>>257
お前が歴史に関してド素人だって事はよくわかった。
新渡戸稲造でも読んで出直して来い

259 :名無しかましてよかですか?:04/05/15 00:18 ID:YCEzOrDT
>>256
>江戸時代の識字率は90%以上だって事も知らんの?

トンデモだな。
江戸時代末期でも男子識字率八割、女子五割だ。
ま、当時の世界最高水準だったことは事実だが。


75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)