2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

部落を題材とした小説

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 17:54 ID:T9Wh6fYY
いいのがあれば教えてください。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 17:55 ID:fSVkg2NV
2

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 18:04 ID:3VxzDQ/3


      3

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 18:54 ID:llcTy3yf
やはりあの小説だよ。
あの解放運動が行政を糾弾する方向性をつくった。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 19:59 ID:0pibWl0K
オールロマンス事件のきっかけになった「特殊部落」という小説は
朝鮮人集落を舞台にした物語だ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 20:59 ID:ylATIOHV
破戒、路地裏の少年。

7 : ◆pm//GdHtZg :04/01/11 21:05 ID:BkcTAfMv
「にんげん」。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 21:55 ID:bvYS/ZGe
橋のない川
青年の環
地の群れ


9 :中卒土木作業員代理:04/01/11 22:13 ID:hhY8sWr4
『物語ソウル』中上健二がお奨めらしい・・。

誰か過去ログ残してない?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 22:51 ID:gMAcmOCi
>>5
あれは九条保険所の人間が書いたもので、東○条を取材して書かれてるものだぞ。
はっきりと柳○と呼ばれた一大特殊部落東○条と書かれているやないか。
まあ朝鮮人集落もアレンジされてるんだろうが、明らかにあそこがモデルだろう。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 22:54 ID:6El8tQNT
キュープラのある町

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/11 23:37 ID:0pibWl0K
>>10
金静美『水平運動史研究―民族差別批判』(現代企画室 1994)を読んでください。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/12 20:17 ID:S8kOcSmy
キューポラのある街は埼玉県川口市の鋳物
工場の労働者絡みの話。北送船で帰国
?する在日がでてくるがBではない。




14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/12 22:11 ID:iDiUejKQ
レディージョーカーには差別問題が出てくるね

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 00:47 ID:g6Gojw41
巨人の星


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 00:47 ID:g6Gojw41
皮と川

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 14:48 ID:aI4kga6R
貧民窟なら高橋和己がおすすめ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 16:36 ID:HwRUyCTg
島崎藤村の破戒

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 17:11 ID:UoNdIcra
>>15
職業差別、学歴差別、黒人差別はあったけど?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 17:16 ID:er3pnX5S
>>15
こらこら

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 18:46 ID:jadY4e6p
橋のない川


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/13 19:57 ID:XVmBb/ha
被差別部落の青春/角岡○○著

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/14 03:18 ID:EajbZNoB
アパッチ野球軍
じゃりん子チエ

小説じゃないが。。。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/14 03:21 ID:B6eYOpqX
あしたのジョー

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/14 10:59 ID:E/KUpWA1
カムイ伝

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/14 19:11 ID:+Dph4mue
じゃりんこちえは有名だね。
西成区○橋、梅○あたりだろうね。

ちなみにドカベンの坂田は新世界

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/15 13:57 ID:hxH6vQcE
俺的には泉鏡花「竜潭譚」がおすすめ。
もっとも、直接的な表現ではないが…。


中上建次
「岬」「枯木灘」「地の果て 至上の時」〜路地三部作
「日輪の翼」「讃歌」〜上記の続き(主人公は異なる)
「千年の愉楽」「奇蹟」〜上記の関連もの



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/16 11:11 ID:YEPXeJVK
西原理恵子『ぼくんち』(漫画)

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/16 22:32 ID:XhGihEsx
また漫画の話になるが水島新二の男どアホウ甲子園はかなりきてるよ
通天閣と甲子園球場が同じに見えるというでたらめな設定だが
作者は西成を意図しているよ。
チームに障害者(ちんば)が松葉杖ついてプレーなどかなり地区を意識しているね
ヤクザ・右翼・全共闘・野球賭博・ドヤ・暴動など
もりだくさんだよ。この板のすべてが詰め込まれているよ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/16 23:58 ID:OWr8crib
>>29
沖のカモメとどあほうもーーのは
どこでーー死ぬやら
はてるーーやら ダンチョネ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/17 00:14 ID:ICj8A3/7
>29絵は水島さんだが話は佐々木守作のはず。左翼系で斜に構えた所があるので有り得る。ちなみに彼は
色覚障害(「怪獣使いと少年」にて本人談)




32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/17 00:17 ID:TdO7T9xW
>色覚障害(「怪獣使いと少年」にて本人談

ふむふむなるほど

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/17 22:34 ID:5Bt5S/+X
砂の器

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/18 20:55 ID:kSLXxAsv
>33
今晩の中居版は原作と変えるようだが原作では犯人の父がハンセン病。
つまりBと無関係

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/21 03:20 ID:m0XeLTE8
水島信司はよく部落っぽいとこ描くよな…

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 19:21 ID:qBmeWgN9
どおくまんも忘れてはなるまい
爆笑花沢高校はあれは啓発だよ
第1巻のオープニング見てみ、淀川沿いのがらの悪い地区・・・て(爆
書いてあるよ。
有名なのは花の応援団、青田赤道のモデルはあの人だよな。
許永中が同和利権に食いこんでいくきっかけになった人物だよ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 19:25 ID:qBmeWgN9
>>35
水島はそうだね
野球狂の詩でも結構出てくるね
金太郎は明らかにちょんぶらの出身だし
能役者(否認の子孫)が4番だしね。W

38 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/01/22 19:31 ID:2HF0h6Co
昭和30年代の漫画なんて、風景描写はあんなになる。
みんな貧乏だった。遠い目

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 19:45 ID:9Z0E8o8k
Bとは貧乏のことだね

40 : :04/01/22 20:05 ID:VEitnUGk
 

41 : :04/01/22 20:05 ID:VEitnUGk
Bは部落のことじゃないの?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 20:22 ID:9Z0E8o8k
Bとはボロ家のことだね

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 22:17 ID:aFuTHvQa
>>36
岡本

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/22 22:20 ID:Eplzjs/E
さんぺいしらと

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/25 03:37 ID:QVoXoBUT
島崎藤村の「破戒」。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/25 12:45 ID:BXp6OAa7
じゃりん子チエってB漫画?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/25 13:11 ID:72IWVcMa
まあホルモン焼がポイントだな
たぶんあのあたりだろうなあ
西○区長○

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/25 16:07 ID:w1kz6hiS
男旗

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/27 17:12 ID:67qBHyhD
不思議だ。何で

塩見鮮一郎「浅草弾左衛門」小学館文庫

がでないんだ。
NHK大河ドラマでやってもいいくらいだ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 13:45 ID:L1r+AvEY
まあ、必ず読んどけ、というべき作品ということで「枯木灘」。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 15:07 ID:nabzOulq
週間ブラクボーイとブラクウォーカーあったらいいね。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 19:06 ID:NpCsWSWb
あしたのジョーのドヤ街
男どアホウ甲子園のドヤ街

ビーチクなんですか?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 19:15 ID:Rc8PKbpv
ドヤはB地区とはちがう、大阪では歩いて何分ゆうとこや。
甲子園にドヤは登場するが、甲子園の住んでるとこは部落の可能性が
高い。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/28 19:26 ID:swTNR0Am
山谷については御自分でしらべて下さい。

まずググれ!

もう過去の遺物と言っても良いけど・・・

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/29 06:42 ID:8Qx1iz0F
男どアホウ甲子園のお父さんってエリートっぽいよね

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/30 14:49 ID:kqcOCogF
豆タンモナー

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 14:57 ID:6FJbyqq+
巨人の星
長屋はB?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 15:40 ID:a6YfEfEc
>>57
あの時代はあれぐらいのボロ屋はいくらでもありましたよ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 16:20 ID:+QGk3ZfU
ドヤ=ふつうの宿ではない簡易宿泊所  宿がひっくりけえってドヤ

アパッチ野球軍 

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 17:44 ID:WCsCoecD
アパッチ野球軍
あれこそ、山樺かもしれないなあ。
山のもんとハンバのもんが対立してるわけだが。
材木やモンキーなんかは異常だよ。
一般社会ではとても生活できないだろうね。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/01 17:53 ID:6NbnQNke
つかこうへいの傑作「蒲田行進曲」の銀ちゃんはB地区(河原)出身。
「銀ちゃんが逝く〜蒲田行進曲完結編」で銀ちゃん自身がそれを語る。
悲しかった・・・・・・・。

62 :卒族から平民にされた同心の末裔 ◆i6J00BjuYY :04/02/01 18:04 ID:7FzBEXk4
そうかぁ、、あのシーン俺もないたよ・・俺ね、つかこうへいは
戯作の天才だと思う。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/02 09:19 ID:OeIWroH8
>>60
モンキー。あれは人間じゃねえ、ただの猿だ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/02 19:27 ID:p8t6ME1+
>>62
俺もつかこうへいは天才だと思う。
地方の劇団で、つかこうへいを崇拝して、彼の書いた脚本を自分なりに書き直して演出・主演してる熱い役者がいるよ!

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/03 03:57 ID:fdNTQvUv
俺たちゃ裸がユニフォームー♪

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/03 23:47 ID:NApWGGHr
五木寛之の戒厳令の夜だな。
被差別の人々が主人公に加担して、日本国総理
も巻き込んで....。と色んな伏線がちりばめて
あって楽しめたなあ。まあ部落というのとちと
違うが。映画版ではさすがにデリケートすぎて、なかった
ことになってたけど。
でも、草加が部落の人を取り込んで、巨大化していく
構図ってのはあるから、草加関係の物語はまんま当て
はまるという話もあるけどね。出自は、別に部落の人が劣勢
遺伝子とかそんなのないから、何とも思わないけど、
草加はみんなに嫌われてると思う。

67 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/03 23:50 ID:5jqwTpkR
なんで絶版になったのかな?
文庫でのこすべきだったのに。


68 :卒族の末裔 ◆GmgU93SCyE :04/02/04 00:20 ID:te3HcKI6
俺は>62だけど、HN長いから変えてみた。
藤村の『破戒』あれは部落差別丸出しの駄作だな、なんで丑松が
生徒の前で土下座して出自を告白(許してください・・)と言わ
せるのか?なんでテキサスに逃避するのか?差別小説じゃないか。
モデルは信州浅間山山麓の望月町という爽やかな高原の町。
大江という長野師範、長野高等師範をでた、実在した人物を
モデルにしているが、駄作である。
『千曲川のスケッチ』『夜明け前』等の秀作を書いた作家の書いた
ものとは到底思えない駄作である、藤村には部落に対する差別意識
が濃厚ではなかったかと思われる、何故、破戒が自然主義文学の
傑作と評価されているのか、私には不可解だ。

69 :メコスジ:04/02/04 00:47 ID:UZNHEUwR
あ、俺も破戒は今思い出して、ムラムラ、いや
ムカムカきたもんだよ。
戒めを破ってはいかんつて、卑しい出とされる「自分」が
なんで、一方的にそこまでって感じ。
瀬川が名前的にOUTってのを、確信犯で使ってるとこも
許せないね。まんま当時の世俗をトレースしてるだけだな。
リベラルな俺にとっては、ある意味許せない小説だ。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/04 03:55 ID:GsHIssgz
確信犯

71 :卒族の末裔 ◆GmgU93SCyE :04/02/05 08:12 ID:iZzH2DEl
『橋の無い川』原作は、凡作、映画化された『橋の無い川』は超駄作。
 監督今井 正は、部落差別を煽るためにこの映画を製作したのか。
 今井正は長野出身の共産党員、『破戒』の島崎藤村も長野出身。
 長野県には部落に対する、差別意識の濃厚な文芸人が何故多いのか。

72 :卒族の末裔 ◆GmgU93SCyE :04/02/05 11:31 ID:2Fgj94zf
かの、ノーベル文学賞受賞大文豪、川端康成を被差別部落出身に捏造
した小説『事故のてんまつ』を書いた、臼井吉見も長野県人だし
長野は、どうして部落差別意識濃厚な文芸人が多いのか。
彼は大河小説『安曇野』で文壇で評価された有能な作家なのに。
結局、川端側遺族に民事訴訟され、謝罪して和解した訳であるが。




73 :再録・御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/02/05 12:43 ID:10RJ6mMa
>72
これで捏造の結論になるんかね?

  臼井吉見が『事故のてんまつ』の中で川端康成の出自と自殺の理由など、
  プライバシーを暴露した。(77.5.30初版刷)
  遺族が筑摩書房に出版・販売の差し止めの仮処分申請
  裁判所裁定・・和解案
  @「作品中に慎重さを欠いたため、すべてが真実であるかのごとき印象を与える
   表現内容があり、川端家とモデルの女性にご迷惑をかけたことをおわびします」
   という内容の謝罪文を盛り込む
  A川端家側は本訴を取り下げる
  B謝罪文の内容以外は、作品に関し当事者双方になんらの債権、債務のないことを
   確認する
  C裁判費用は双方が負担する
  これに遺族側が
  「これ以上筑摩側が”事故のてんまつ”を増刷しない」の念書を書くことを追加
  双方合意で和解成立。

74 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/05 14:50 ID:MPGMfurM
気にしなくていいよ>卒族さん
たまにいるんだ。不感症の人が。
そんな時は『七人の侍』を観ても面白くないものさ。
体調のいい時にもう一度観ましょうね。
朝田善之助も泣いたというあの映画を。

75 :きき:04/02/06 00:49 ID:K8xJA1h3
そうなんや・・・!!
知らずの内に私は甲子園近くに住んでます。


76 :卒族の末裔 ◆GmgU93SCyE :04/02/06 01:00 ID:G4yxHNEx
山城新吾が『現代河原乞食考』をだしている。
部落問題を軽妙に深刻ぶらずに読ませるところがミソ。

77 :御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/02/06 02:03 ID:0euEq9VM
>76
シャと在所か
在所の意味は京都と大阪では意味が違ってくるのが判った。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 03:03 ID:lRcEGgoR
カムイ伝は、もろ部落だよ。
部落民の村が襲われて大量に部落民が死ぬし。
そもそも忍者はエ○ヒニ○がやる仕事だしな。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 03:15 ID:2KKxj4QE
>>78
忍者は実在しましたか。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 03:55 ID:AYc0jj+L
江戸時代
基本的に忍者は士分では?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 06:12 ID:vLa/NhF5
山口百恵の映画「炎の舞」のヒロインも被差別部落出身だよね?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 07:09 ID:ovujJIya
>80

違う。そもそも存在しないことになっていた。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 07:15 ID:AYc0jj+L
>82
てことは身分が無かったわけですか?

84 :卒族の末裔 ◆GmgU93SCyE :04/02/06 11:03 ID:T00pepX6
徳川家康を警護した服部半蔵手下の隠密は確かに存在したが、その後
幕府直轄を離れる、今なお残る半蔵門なる地名は服部半蔵屋敷後らしい。
爾後、草と呼ばれる隠密偵察要員は賤民が担当したらしい。
探ると言う行為は武士にあるまじき下賎な行為との意識の為だろう。
維新後、この思想は軍隊にも受け継がれ、作戦重視、情報軽視に続ながる、
参謀本部でも、師団司令部でも作戦参謀重視、情報参謀軽視の状態。
本来、作戦と情報は車両の両輪の筈であるのに、悪しき弊害が残った。
海軍軍令部でも、情報部は、腐れ士官の捨て所と揶揄されたらしい。
こG2(情報)G3(作戦)同格のアメリカとは大違い。
この思想は自衛隊にも受け継がれ、運用(作戦)優位は永い間続いた。
近年、情報本部が創設され、私服キャリアが副本部長の指定席になる
など情報関係者の地位役割は向上している。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 13:24 ID:i5nL8d/V
昔の水島新司のファンなのですが、彼の作品には
確かにど貧乏な人たちがたくさん出てくる。

でも男どアホウ甲子園の、甲子園の家はふつーな家庭な
気がするな。お父さんはエリートだし。多分豆タンの方が
もっと貧しかったので可能性としてはそっちの方が高いかも。

水島センセ自身が新潟の貧乏な魚屋の息子だったので、
貧乏の描写に愛があり、そこが昔好きだった。
でも気になるのが、新潟のシーンでよく白山神社が出てくること。
偶然なのか、新潟にもいわゆる部落があったのか。
知ってる方いたら教えてください。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/06 20:20 ID:Ce2xmrDK
たしかに白山にこだわってるね。
しかし白山神社=部落は禅左衛門の支配地域だけやしな
新潟にも部落はあるが、白山とは関係ないんちがうか。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 04:06 ID:QK3FA8k8
おとこー、どあほおー、こーおーしえーんー♪

88 :滋賀人:04/02/07 20:55 ID:xGW3zAHe
俺の先祖は忍者だ
存在しなかったなんて言わないでくれ。
未だに忍者の末裔は存在するぞ。
......ただ年に数回集まる程度でふつーに現代人だが。
ちなみに階級は微妙なものにあたる。
カムイ伝で言うところの非人頭みたいな役職だが
非人ではない。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/07 22:34 ID:gXbVES0Y
ルーツ アレックスヘイリー

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/08 05:34 ID:aJDY7WLY
「七人の侍」ってB映画?

91 :たらま:04/02/08 08:57 ID:DU58Liyq

>>74で、もっこす君も言ってるんだから、きっとそうなんでしょう。
あの村が、同和地区ということは、津島恵子も、エタということになる。
野伏りは差別者で、権利はわれらの手で、という意味で、村人は竹やりを
持って戦ったのです。侍たちは、解放運動の闘士(朝田善之助氏ほか)とでも。
でもそれじゃおかしいですねえ。外部から助けて貰ったんだから。

ところで、不感症の人って、だれでしょう?

92 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/08 09:31 ID:wnnh4tt6
キネマ旬報の上位作品に感動しない、あ・な・た、よ。


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/10 06:04 ID:GYBra73w
「七人の侍」の農民たちって、士農工商の農じゃないの?
カワハギの仕事なんてしてなさそうだけど。

94 :たらま:04/02/10 20:56 ID:teUZU4s+
映画の代表作は、
*破戒 市川昆版は、差別県信州を舞台に、緊迫したシーンが続くが、
    最後に岸田今日子の長演説でぶち壊し。木下恵介のは景色がいい。
*地の群れ 部落民、原爆スラム住人、朝鮮人のいがみ合い。さっぱり解らない。
*女の谷 53年、陶山鉄監督。悲恋物。最高傑作。
*王将 48年、板妻主演。大阪今宮の草履職人の将棋物語。
*どっこい生きてる バタヤ系。前進座、河原崎長十郎一家が出ている。
*人間みな兄弟。亀井文雄監督。リアルなドキュメント。
*橋のない川 2部は酷い。部落民をことさら低劣に描いた、今井正の差別助長映画。
        最近の東陽一版は未見。
*眼の壁 手形パクリ屋の首魁が郷里の皮革処理場の硫酸に漬かって、死んでしまう。
*江戸の暗黒 東映。深川○○島で連続殺人。同心金子信夫が探る。佳作。
*女の一生 モーパッサンの焼き直し。とにかく暗い。マリアシェル版の方が上。
*縮図 音羽信子が汚れ役。芸者銀子の物語。
*無頼漢 河内山宗俊もの。篠田正浩監督。
*いのちぼうにふろう 小林正樹監督。周りを川に囲まれた場所で起こるピカレスクもの。
*仁義なき戦い4部 小倉一郎が母親と住むのが、原爆スラム。Bではないか。
*にっぽん戦後史マダムおんぼろ物語。今村昌平。縮図と似たドキュメント物語。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 11:53 ID:kKCRR4JA
NHK朝の連ドラ「ふたりっ子」


96 :コイツha!!:04/02/11 18:14 ID:S2Uqm2Vu
消えろ!!逆区差別クラクション好き!!
特にyamanaka keisatuhamuriTHE END




97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/11 19:48 ID:/UPU+S52
>>95
そこは天下茶屋、一般地区


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 05:27 ID:jlur7JwY
10日に衛星劇場で破戒(1962)市川雷蔵をやっていたね。

実損ねた。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 22:07 ID:fipm8bXi
つかこうへい「銀ちゃんが逝く〜蒲田行進曲完結編」は1991年暮れにテレビで放映された。
銀ちゃんが石橋貴明、ヤスが木梨憲武。しかし、ビーチクの事は一切出なかった。
もしも映画化されるなら、ビーチク出身の銀ちゃんの苦しみ・哀しさをきちんと描いて欲しい。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/12 22:34 ID:Vn+H+LEU
銀ちゃんってKじゃないの?
参考「コリアン世界の旅(野村進)」

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 17:57 ID:aRx6YuOI
>>94
眼の壁は、松本清張原作ですね。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 21:23 ID:AmIlRNrE
>>95
銀じい とオーロラ照子がビーチクって設定だろ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 22:02 ID:beYpK3gD
岩井志摩子『ぼっけえきょうてえ』の舞台になってる尾か山の山村がBぽい

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/15 08:18 ID:8VzS4oNy
西原理恵子の漫画「ぼくんち」はB漫画ですか?

105 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/15 16:29 ID:rOwqpEC3

http://www.nihon-eiga.com/prog/101802_000.html
 路地へ 中上健次の残したフィルム

ドキュメンタリー傑作選
46 歳で他界した芥川賞作家、中上健次の一連の小説世界の原点というべき紀州の“路地”をめぐるドキュメンタリー。
紀州出身の映画作家、井土紀州が現地を車で旅する姿を追いながら、中上自身が取り壊される前の“路地”を撮影した16ミリフィルムを
挿入していく。
「枯木灘」「千年の愉楽」「地の果て 至上の時」などの中上のテキストが井上によって朗読され、
すでに失われたはずの風景画がリアリティをもって浮かびあがってくるかのような、ただならぬ気配の漂う映画になっている。
 

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 12:58 ID:U1PnnzYT
三丁目の夕日ってアニメは部落が舞台?貧困なだけ?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 05:40 ID:HeLp4T7d
ノスタルジーじゃないの?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 16:30 ID:VZLkkubU
同和教育ビデオって図書館とかで借りれるの?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 16:37 ID:wKc8mf48
島崎藤村が「破戒」を書いても当時の部落民のほとんどは、
読み書きが出来ないから、部落民は何も感じなかったのでは????

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 16:38 ID:wKc8mf48
解同公認じゃない方の「橋のない川」のビデオを出して
レンタルショップにも置いてほしい!!!!

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 19:54 ID:xrgnAGsS
日本残酷物語
はみんな読んでない?

部落話しは少ししかでないけどかなり面白いよ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 02:19 ID:vAfMNBju

確か『屠場の軍手とぎゃもんの制約』(うる覚え・・・)だったかな。
小説というか、ルポタージュ形式。筆者の手書きの絵と白黒写真が生々しかった。
小学校のとき同和教育の感想文を書かされたな。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 11:22 ID:avGqoGm4
ハンセン病関係の本や、映画はないの?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 17:36 ID:2Sg3FdMp
小説よりルポのが好きだな
部落とは関係ないけど、「ルポ 精神病棟」はマジですごかった
ショックで夜寝れなかったよ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 17:42 ID:+9uAzCC3
岩波新書「部落の女医」

116 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/21 17:45 ID:VR4vMAab
>>110
これね。
http://www.holp.co.jp/osusume/video/video.html

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 17:59 ID:N8FwNsHW
>>110 うちの近所のビデオ屋にはあったよ。両方セットで借りた。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 18:35 ID:o5ct7FDF
平凡社の「日本残酷物語」全巻持ってる。ちょっと分らないけどこんな話が・・・

戦時中フィリピンだか南方の島で、明日玉砕しようという日本軍。そこで生き残りが集まって
末期の水を回し飲もうとする。けど器が無い。「いいじゃないか、そんなの口で直に飲もう、
エタがいるわけではあるまい」

けどその中にはしっかりとその”エタ”な人がいた、と。翌朝、仲間は全員玉砕、その人だけ
はわざと遅れて出撃、降伏。帰国後、同和の立役者になった、とか書いてあったけど、これ
誰のことですかね?


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 21:12 ID:eP6ifhyR
尾道を舞台にした映画「さびしんぼう」の主人公、橘百合子(富田靖子)の実家は?
大きなお寺の跡継ぎ(尾美としのり)に対して、
身分が違うから・・・・・と口を濁していた。

ネットでは実家が女衒だった説が有力だが、
舟屋説、単に貧乏、単に因島に対する島差別など、
色々考えちゃうよ〜

もこーすさん、
富田靖子ちゃんの感想をお願いします。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 21:17 ID:lQO8ESI1
青年の環
これは読むもんじゃない、棚に入れて眺めるもんだ笑

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 21:53 ID:SZk2c3Bi
>>118
部落問題の最後に書いてあるエピソードだよね
なんかあまりにもドラマティックというか・・・
ちょっと作り話し的に感じたよ

日本残酷物語は1巻とかマジですごいよね。
私は部落の部分より農貧の話しのが衝撃を受けた。
5巻もスラムとかタコ部屋の話しがあってなかなか凄い
タコ部屋に関してはあまりのつらさに途中で読むのやめちゃったぐらい



122 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/23 21:56 ID:BkLibroQ
>>119
それ、まだ見てない。
ごめん。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 22:18 ID:zqviM0QS

>>112  私も見た。『屠場の軍手と ぎゃもんの制約』は酷すぎる。
もう廃刊になってんじゃないの?

124 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/23 22:20 ID:BkLibroQ
>>123
その「ぎゃもん」って、なに?


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 22:27 ID:tB2yKhVM
部落ってどの地域の人をさすの?


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 22:43 ID:vJukNvl7
↑おまいの住んでる地域だよw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/23 23:26 ID:BFnoXpYm
山口百恵の映画「炎の舞」
部落映画

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 00:27 ID:HQYWbGLU
>>123
どんな内容なんですか?


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 02:44 ID:nKNFuZjE
ぎゃもん?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 07:43 ID:MvMnFDx7
白山神社って部落の近くにあるものなの?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 18:21 ID:588OW1YN
「屠場の軍手と ぎゃもんの制約」
そんな本は日販や東販のサイトでも検索できないんですけど?
ちゃんとした出版物なの?
ガリ版刷の文集じゃないのかよw?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 19:36 ID:SdGQS3tQ
>>130 同じく西光寺って部落の近くにあるような気がする。


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 20:22 ID:KYatt6GL
仁義亡き闘い第四部に出てくる広島基町原爆スラムってB地区なの?
テレビで放映された時は広島基町とだけしかス−パ−が出てこなかった。(勿論ビデオ
は原爆スラムまで書かれている)
広島の方、教えてください。

134 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/02/24 20:34 ID:L3ILIIvL
>>133
岩波新書に、そのものずばりのタイトルではいっています。
図書館で、バックナンバーをさがしてください。
たしか、絶版だから、図書館以外ではさがせません。


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 15:16 ID:z8PYugJI
楢山節考

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 15:25 ID:kIoz+maJ
ウルトラマンで乞食っぽい家の子供がいじめられる話しがあったの知ってる人いますか。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 16:16 ID:W+WmMeaV
食肉の帝王 浅田満

を読みました。なんか賞もらってたよ
食肉業界の話しばっかりだけどおもしろかった
羽曳野市長はチネ

あんなに儲けるにはやっぱり悪い事しないとダメなのねー

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 16:19 ID:z8FWcZs7
もっこす/著 死刑廃止論

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 16:25 ID:lV8KOlO2
映画なら「豚鶏心中」。
リアルB地区をそのまま描写してます。
オレは豚肉食えなくなった。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 21:00 ID:zdBPH9ZH
「屠場の軍手と ぎゃもんの制約」はかなり昔に絶版になっていると思います。
内容は10数か所の様々な被差別部落の潜入ルポの形を取った短編集(真面目なもの)です。
この本の約4分の1は挿絵と写真、図解で占められており、よく同和教育の資料としても
活用されていました。しかし差別的な表現、用語が使われており問題にもなっていました。
もし存在するなら差別的表現を訂正し、さらに改題されて出版されているはずです。
あと、同和教育に使われていたということもあり、学校の図書館や公立図書館の片隅に
ほこりをかぶって眠っているという可能性も少々ありますが・・・・・。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 21:18 ID:7DIfCRd3
>>140
ググッても全然わからないんだよね、「ぎゃもん」ってなんだろ?
屠殺関係の隠語なのかなぁ、気になってしょうがない。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:06 ID:e59TjI7g
>>140
少年がバラックでおかゆを食べようとしていたんだがガキ大将ぽい
やつに「おかゆかよ」って足蹴りにされたような。。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:08 ID:e59TjI7g
142でつ。
136さんへでした

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:13 ID:YLZlKieF
おかゆといえば部落だね

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:18 ID:W+WmMeaV
あんまり噛む必要のないものばっかり食べてたのかね
うどんとか、おかゆとか。

あ、でも肉は結構固いのもあるか

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:20 ID:e59TjI7g
旧ウルトラマンでなくて新ウルトラマンの方ではないかと。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:21 ID:13DP05PV
「屠場の軍手とぎゃもんの制約」、国会図書館にはなかった…。
「にもん・はもん・ぎゃもん じゃない場所に住みたい」の意味も
さっぱりわからない。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:33 ID:e59TjI7g
すじ肉を煮込んだ「どて」
名前からしてBぽい。でも旨いんだな。

149 :劇団屍鬼:04/02/26 00:33 ID:nrKBvbtG
おかいさん

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 02:29 ID:2SILg0U5
茶粥というのははやりムラ特有の物?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 07:16 ID:RoDECxTn
>>136 >>142 帰ってきたウルトラマン 第33話 怪獣使いと少年
怪獣というより身勝手な人間に怒る郷隊員・・・主演の団氏も一番
好きな作品と言ってた。かくゆうおいらも。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 18:47 ID:dGO9C3BM
>>140
絶版になっても日販や東販のデータベースには出てるはずだが。
図書館にもないぞ。
あるいは正式な書名が違うのか?
オマイが持ってるなら奥付の内容を教えてちょーだい。

日販データベース
ttps://www.honya-town.co.jp/satellite/index.html

東販データベース
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top

図書館横断検索
ttp://www.jcross.com/bibcrs/bibcrs2s.html



153 ::::04/02/26 18:49 ID:dGO9C3BM
>>136
>>142
>>151
オマイら只の貧乏人と部落との区別がつかんのかアホ
懐かしTV板でやれ




154 :三村:04/02/27 04:41 ID:WFAlNNco
おかゆかよ。

155 :御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/02/27 08:07 ID:+NhsdTcT
マサカヂかよ?

156 : ◆ORANGE7MYo :04/02/27 10:14 ID:hNjMGmMb
今、橋のない川を読んでいます
地図を見ながら思いをはせたいのですが、
生駒地方ということしか解りません
同じ地名だと違うんですよね?ヒントをマピオンで教えて下さい

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 21:36 ID:VqDFsCQq
屠場の軍手とぎゃもんの制約・・・ うー読みたい・・・
川元祥一の「関東の部落を行く」みたいの読みたいっす。



158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 23:58 ID:qeXfa1Hz
週刊金曜日、1999・7・2ナンバー273号に「橋のない川」の舞台となった
川が掲載されてます、水平社宣言を書いた西光万吉の生家・西光寺がそうです。

上原某氏(話題の噂真の最新号で)が、「こうごり」を詳しく書いてます。
その中ででて来る老婆の回顧録が痛々しい。

いやその前のページの「水平社宣言」の屏風が感動ものです。


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 12:23 ID:aSlVpyDm
赤坂憲雄編『別冊東北学』最新刊に木下川の皮革工場の特集あり。
凄いね。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 20:24 ID:IjyV3pjn
>>159
vol、7ですか?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 01:59 ID:Zxyt5eGV
>>160
yes.
解同関係者の文はまあお決まりだが、
宮本常一の弟子でもある関野吉晴氏の体験ルポは
事実を冷静に記述していて凄味がある。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:09 ID:Li5M98Pi
「琵琶歌」って小説があるそうですが、誰か読んだ事ある人いますか?

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:12 ID:779uod3z
oosaka 芝生 住宅

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:21 ID:Zxyt5eGV
大倉桃郎『琵琶歌』
1900年作。
三浦半島の部落が舞台。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:22 ID:Li5M98Pi
>>164
入手できますか?
密林で探したけどなかった・・・図書館にあるかな?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:26 ID:Zxyt5eGV
訂正
◯1904年
×1900年

いま検索したら古本サイトで8000円で出てる


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:31 ID:Zxyt5eGV
「日本の古本屋」ってサイトでは2000円だ。これは買い!
大倉国松のペンネームだから注意。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:33 ID:Li5M98Pi
>>166-167

ありがとん、逝ってきます。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 02:36 ID:Zxyt5eGV
>>168
俺は映画しか見たことなくて、原作は読んでないんだ(汗
手に入ったら報告よろ〜。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 03:47 ID:t0k7ep7s
>>168
おいらもその本探してたところだった。
ちょうど大学の講義でちらっと出てきたとこさ。
映画にもなったのか。その映画のほうが見たいんだけど
レンタルとかに入ってるのかな。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 04:14 ID:t0k7ep7s
最近めっきり部落を題材にした小説って見ないですね。
ルポ物はあるのに小説はさっぱり。差別目的ではないのに
やっぱり今書いたら、糾弾されてしまうのでしょうか。

172 : ◆Pdi7T.x7Zg :04/03/07 05:32 ID:VEKRfBJ1
あげてみる

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 07:08 ID:L0bzQ8d7
芝生住宅←シボジュウタク。

>>163何故?

創価だろ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 08:01 ID:+BwPmvgQ
日本残酷物語だっけ? ある土佐の馬喰くずれで盲目の乞食が自分の半生を語るくだり
があった。宮本常一著だっけか。あれは、同和地区の話に該当するかどうか知らんが、
実に読み応えのある、すばらしい一節だった。あれは名作の一つに数えるべきでは
ないかなあ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 13:34 ID:kt/M2uPO

×日本残酷物語
○忘れられた日本人所収「土佐源氏」宮本常一著

オマイさんが云々言わなくてもとっくに名作として有名w。

しかし、取材相手(土佐源氏)のハナシを相当に膨らませた宮本の「創作」。
実際の取材相手は「盲目」でも「乞食」でもない。地域の名士で世話役。
地元の人には取材相手が誰かはっきり分かるため、取材相手(故人)も遺族も宮本の創作が事実として流布しているのに怒り狂ってる。

と、ラピタ連載「宮本常一と歩く」に出てたで。
今なら訴訟モノだろうなw

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 13:39 ID:kt/M2uPO
追加

つまり、
土佐源氏≒一杯のかけそば
宮本常一≒栗良平=詐欺師
ということw
ま、面白すぎるハナシには「ホントかよ〜w」と突っ込む精神が必要ということ。
日本残酷物語もどこまで事実かは疑問だわなw

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 13:58 ID:Li5M98Pi

>>175
日本残酷物語の乞食の項に博労崩れの盲目の乞食が出てきますが、土佐源氏云々の記述はないです。
その博労は、嫁入り前の母が川に浸かっても、木から飛び降りでも、石垣に腹をぶつけても流れなかった月足らずの私生児。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 15:02 ID:Zxyt5eGV
>>175は間違い。

「土佐源氏」ははじめ『日本残酷物語』に「土佐乞食の色ざんげ」と題して発表されてのちに『忘れられた日本人』におさめられた。

取材相手は乞食ではなかったが橋の下に住んでたし宮本が話を聞いた頃は盲目だった。
怒り狂ったのは取材相手でなく孫。
名前も地名も檮原としか出してないので訴訟は筋違い。

ちなみに『日本残酷物語』1〜5は再刊されたが
現代編1〜2は部落がらみで再刊できないそうだ。

179 :175:04/03/07 16:35 ID:kt/M2uPO

偉そうに知ったかしてスミマセンでした(ペコリ


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 20:10 ID:w06LZAGp
大阪駅で「非部落民の青春」角岡伸彦を購入
我県では販売してません・・・なぜ?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 20:16 ID:779uod3z
>>173
集合住宅の方が 政治的にも得であるし

又、住人同士トラブルや危険を避けるため 

で、一般入居者の 監視役もいる。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 20:20 ID:779uod3z
     ↑  ↑  ↑

関西在住の女性は 避けて当然である。

付き合った 男性から盗聴されていた

とのことです。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 22:46 ID:L0bzQ8d7
>>181,182

レス有り難う、でもね。
多感の年頃の中学生、府立高校の進路も学校長まで巻きこんで、どうするの?
なんでも有りか創価・同和。



184 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 00:39 ID:qHtoEGT8
>>180
「被差別部落の青春」の間違いではないでしょうか。
それともネタだった?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 22:42 ID:MwvVV0Eu
「太陽の墓場」(大島渚)を知っとるか?
すごいで、見てみい。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 01:47 ID:CLMUrj8c
>>167
168でつ。
買い損ねましたぁ・・・ すぐに行けばよかった(涙
その映画も見たいですね、差別用語イッパイで放送できないんだろうなぁ

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 03:00 ID:8LVN0KRv
昔、加藤紀子と佐野四郎のドラマで佐野が靴屋の役のドラマがあったんだが
靴屋って部落?もう一度違う目でこのドラマ見てみたい
確かあんまり裕福な役じゃなかったきがする

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 03:13 ID:6D17irG0
>>167>>186
なんとアタイも買い逃した。
このスレ見て書き込みとかはせずに、何くわぬ顔で即効
注文した椰子がいるに違いない。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 05:02 ID:6O0MSmQm
>>186
最近はオリジナルを尊重して、あえてそのまま放送っていうのがスカパーやケーブルでやっていますね。

190 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/03/10 06:20 ID:wDIZzP5+
今井正監督「橋のない川」一部、二部も放送してほしい。
リクエストしとこう。


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 00:27 ID:ULrPt10s

今日大学の友達で兵庫出身の奴が「屠場の軍手とぎゃもんの制約」で
同和教育を受けたことがあるんだそうだ。
でもそいつも捨てたとよ。何で捨てるんだよ!教科書は大事に残しときなさい!
・・・という俺も高校時代の分も捨てちゃったけど・・・。
誰かまだ持ってる奴はいねえか?高く買うべ。

192 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/03/11 00:38 ID:mhMPuQM3
>>191
お友達の同窓をあたってみては?
物持ちのいいやつは必ずいるよ。


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 00:54 ID:AWxhu8Tu
両親が教師をやってる家の子や、本人が教師を目指してる子は、
教科書を大事に取っておく率が高い気がしる。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 00:58 ID:hXGtCIy1
>「屠場の軍手とぎゃもんの制約」
幻の名作のような扱いになってきた(^^

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 01:40 ID:Q1FpWQiu
ぎゃもんって何ですか?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 04:17 ID:aledhOeV
>>193
自分の答案用紙は?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 22:36 ID:3qA7FSii
吉永小百合と浜田光夫の映画「泥だらけの純情」をテレビで見た。
金持ちのお嬢さん吉永にチンピラの浜田が
「いいか!よく聞け!俺の親父は○○なんだぞー!俺のお袋は○○なんだぞー!」
と叫ぶ。
○○の部分は放送禁止用語らしくて消されていた。何だろう?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 01:49 ID:dijMWWQk
>>197
ネカマとオナベでつ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 12:38 ID:EYn8gzDM
>>185,>>197
どちらも気になるなぁ、ツタヤで探してみよう。

マンガだけど、岡崎京子の「リバーズ・エッジ」の舞台って、
きたない川の側にある都内の学校という設定だったね。
あんまりガラも良くない感じで。
まぁ別に部落なんて意識して描いてたわけじゃないんだろうけど。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 17:52 ID:9txusW5o
ヤクザとパンパンじゃない。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 17:55 ID:9txusW5o
「いいか!よく聞け!俺の親父はBなんだぞー!俺のお袋はKなんだぞー!」

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 18:37 ID:2f4EYqj2
>>201
その分際で創価学会だったら最強パターン。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 20:32 ID:VjTk5nFo
松本成長の「波の塔」の最初の方も部落地区が出るね

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 20:44 ID:dVq75Ynu
松本清張は『目の壁』がモロ。
B出身の犯人が皮革を処理する薬品で死体を溶かす。

映画では何故か新興宗教の教祖が
陶器に塗る薬品で処理する設定に変えられてたw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 20:51 ID:VjTk5nFo
松本成長とか横溝精子は、そういうの多くない?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 01:27 ID:J+flywq+
ぎゃもんって何〜〜〜〜?!
誰か教えてよっ!

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 01:56 ID:RUul9fXR
春休みの携帯カキコミの高校生荒しの事!!

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 02:02 ID:UQN/LJt3
>>207
毎日ごくろーさんw

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 04:50 ID:EG6f0v5N
青空文庫で読めるやつキボー

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 18:35 ID:5bSxVwwv
>>197
親父・・・・・・バタ屋
お袋・・・・・・インバイ上がり

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 18:51 ID:pCBVkKy/
ぎゃもんって何よ!はよ教えて。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 19:01 ID:/jwjX1SJ
「ぎゃもん はもん にもん」 ← 私も知りたい!!

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 19:35 ID:JrXWiCvg
なんか テレビ砂の器は殺人者の父になっていたのか?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 01:26 ID:09//wXNf
>>211 >>212
とにかく「屠場の軍手と ぎゃもんの制約」を持ってる奴を探すこったな。
西日本中心に出回ってたらしく・・・(不確か)。
もし「ぎゃもん」という言葉が差別用語なら当然、題名は変わって出版されているはず。
まぁ、誰かがカキコしてくれるのを待ってろ。
2ちゃんねらーなら1人くらい持ってんだろうけど出し惜しみをしているに違いない。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 09:44 ID:J3h5x2v7
小田実『冷え物』1969年。
部落と在日が差別し合う話。
エセ同和団体から糾弾を受けたが屈しなかった。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 09:46 ID:INsQl2ZU
エセ同和の一般地区民が問題だな。一番たちが悪い恥知らず。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/17 19:43 ID:J3h5x2v7
糾弾といや、司馬遼太郎すら『竜馬がゆく』発表から20年以上たってから、
「ちょうりんぼう」を「馬鹿者」の土佐方言として使ってるのを糾弾されたね。
こちらはエセじゃなく解同によるものだが。
作者が謝罪と書き換えに応じた。
手元にある単行本では「ちょうりんぼう」のままなんで、
どう書き換えてあるのかは確かめてないんだが。

218 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/03/17 19:47 ID:AX4tprlQ
「ぎゃもん」は、京都の方言である可能性が高いので、方言辞典を調べて欲しい。


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 06:40 ID:JAY9IvEV
>>210
バタ屋って何?

220 :福沢諭吉:04/03/18 07:39 ID:rfkjF4ja
「学問のすすめ」は「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといへり」という言葉で始まっている。
個人の平等および自由・独立の原理を示したものである。諭吉は世襲身分制度にたいして批判的で、
「福翁自伝」にも「門閥制度は親の敵でござる」とか「幕府の圧制空威張り」などと書いている。

身分制度のなごり、なんでもない人を区別するのは、とても、ひどい事!!

221 : ◆ofir7ZeOpE :04/03/18 10:29 ID:eGZ9FK78
ばたや【ばた屋】
ごみ箱や道路上の紙屑・ぼろ・金物などをあさり歩いて生活する者。屑拾い。


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 12:55 ID:GYcRch2a
TVKや千葉TVでやっている影の軍団2ってどうよ?
忍者物で大岡忠光が完全に悪の親玉にされているな。
伊賀の隠れ里が皆殺しにされるシーンが印象的だったな。
あ、それからこの番組では毎回風呂屋でハダカが拝めるぞ。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 16:44 ID:37Jnsc3M
>>220
釣りなのかもしれないけど、
福沢諭吉ってすごい差別論者だったらしいね。
その「人の上に」の「人」にも、
いわゆる被差別の人たちは、含まれてないらしい。これ有名。

なんでこんな人物が偉人として祭り上げられてんのかわからん。
慶應義塾つくっただけじゃん。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 11:27 ID:XJFBB9Kv
ドカベンの登場人物で、ドカベンのライバル不知火が
白山高校!!の選手ってのは・・・。
そういうメッセージでしょか??

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 11:55 ID:MVkIQMeu
貧乏がテーマ=B.

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 12:28 ID:VXtj7zC1


         部落=部楽逆差別で楽してるからww

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 12:44 ID:/TmqvbFQ
203>>
『波の塔』 読みましたが 竪穴式住居のことで、
bとは関係ないようですが?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 13:27 ID:yg2N2+If
ドカベンでそれっぽいのは
実はなにをかくそう山田太郎なんだけどね
犬飼三兄弟や犬神にも影がただよっているね。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/20 13:28 ID:yg2N2+If
ほんまに怒ったら一番こわいのは山田なんや

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 21:33 ID:cM0kWYs/
「部落問題をとりあげた100の小説」

           北川鉄男 著

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 21:59 ID:n3EVUKDY
227》一部地域名が・・
島崎トウソン○○館あたり

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 22:21 ID:n3EVUKDY
部落ではありませんが、江戸川乱歩の「いもむし」は差別を感じる

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/21 23:54 ID:/M1F/CNY
このまえCSでやってた、巨人の星の劇場版で
音声入ってない個所があった。
今はタブーなセリフって結構あるね。

ケガレ観再考〜肉とケガレ観〜
橋のない川
が見たい。
nyでないかな?啓発したいならバラ撒けや関係者よ。

234 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/03/22 00:11 ID:OgyGyLnG
ビデオを買ってね♪

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 00:20 ID:aHWUTcp2
>233
巨人の星は高校の面接で飛雄馬が父の職業を聞かれて、
「僕のとうちゃんは日本一の日雇い人夫です」と答える場面で「日雇い人夫」という言葉がNGだったような。

橋のない川 ビデオ
http://www.sound7.com/houga/hougaha/kawa/

ケガレ観再考〜肉とケガレ観〜
(貸し出ししますって言われてもね・・・・販売もしてよダヨネ)
http://www.city.yamatotakada.nara.jp/jyoho/jinken.htm

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/22 04:00 ID:KJ1TFCsK
>>232
初めて読んだ時に衝撃をうけたよ。

237 :乙武:04/03/24 12:51 ID:ZUKxpK+p

>>232
>>236


   ポクのこと呼んだ?




238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 00:34 ID:DjbYe9zS
ど根性ガエルは臭いますね、特にみなしごの梅さん。結局ヨシ子先生と結婚
するんだけど。と言うよりヒロシもゴリライモもみんなそうだったりして。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 02:16 ID:P6Xr8NbX
昭和42年の明星に ドクトル千恵子の相談室があって 相談者が「部落の人と結婚したいのですが」と。そしたら「部落の人は最低だからやめなさい」みたいな事書いてあった。昔は凄く露骨だったんですね・・

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 10:20 ID:sESAJRpN
204>>
読みました。
bを隠して朝鮮出身という噂を自分で流してたのですね。

紀伊国屋やジュンク堂には「解放出版社』がありません
どこに行けばありますか?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 16:09 ID:P6Xr8NbX
237》ゴウラ〜〜〜〜〜!!

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 22:59 ID:KuW+6wJj

ビデオ買うなら
「橋のない川」東陽一監督のはやめなさい。
水平社大会までのあらすじをおっただけのものだょ。
凡作。心に残るものがなかったよ。(いい映画を見たという満足感が・・・)

今井監督作品をいっそう際立たせたということのようです。
そのことはこれを読んでみて。
http://www.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/199304.htm

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 23:09 ID:Q454E0i0
ど根性がえる、巨人の星、あしたのジョーはちがう単なる下町やスラブ
じゃりんこちえはビンゴ

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 23:46 ID:EV9cWG7W
>>240
解放書店行けば?神保町の書店にはあるんでない?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 01:14 ID:0dcJczAc
中野区野方の図書館には結構色々あった
三年前だけど

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 03:55 ID:pdkeNLBz
>>206
>>211
谷啓が右手を引きながら画面を揺らして言う
ギャグじゃございあせんか。
ぎゃもーん

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 04:10 ID:8klfbarF
ツッコミは入れずに放置してあげましょう(藁

248 :もりもり:04/03/27 08:59 ID:CxFOlDzw
『血は赤し』という、部落差別を題材ととした短篇集を福岡限定で出します。
江戸、明治、昭和、平成の結婚差別、恋愛差別がストーリーで俺の解放運動を通して聞いたことや俺の体験が盛り沢山です。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 09:01 ID:lvzIKVs/
滋賀県長浜市の何合理にある印刷会社は部落差別企業

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 12:19 ID:RbRpBddq
>>243
あしたのジョーの舞台は東京の最大地帯にある泪橋。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 15:48 ID:8xDBPMJj
矢張り、島崎さんの破戒でせう。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 16:20 ID:WjfUxu4J
井上光晴の『地の群れ』は、
被爆者と部落と在日が差別し合う小説。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 16:20 ID:WjfUxu4J
井上光晴の『地の群れ』は、
被爆者と部落と在日が差別し合う小説。

254 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/03/27 16:21 ID:pMng/1Dw
井上さんの小説は、まさに小説だからね。
実話は、下敷になってないよ。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 00:35 ID:T5mMwURJ
くにおくんシリーズは臭うね。不良や河川敷に廃工場なんかも出てくるし。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 19:50 ID:QRR0TZ37
『ぼくんち』おもろいな。
電車の中で読んで笑ってもうたわ。
そして読み終えたときは泣きそうになったわ。
みんな読んでみ。

「首すじがいたいー」
「むちうちだー」

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 02:12 ID:tBvxxxhI
A知県の指定地区内に「ぼくんち」とゆう喫茶店がある。
その喫茶店を見つけた時は萌えたよ。

しかし怖くて入れなかった。  

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 17:18 ID:MdrrW7ur
>>252
ヘビーな小説だよね。映画も見たけど、負けず劣らず
ヘビーだった。今はどうか知らないけど、新宿TSUTAYAで
レンタルしていたよ。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 09:27 ID:0ZgGvjKS
ぼくんちってただの貧民窟じゃねえの?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 09:51 ID:oF3iAYsp
>>259
だと思う。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 10:49 ID:bxgiKbDn
鯖稼動してるのか?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 10:53 ID:oF3iAYsp
>>261
さっきから全然書き込みが無いですね。
何でだろ?
まさかみんな封鎖ネタ真に受けていたとか?

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 11:32 ID:MKdEncU2
サイバラの住んでた高知市K田にはモロBがあるし、じいちゃんが住んでた浦戸のとなりは有名なN浜だよ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 11:42 ID:oF3iAYsp
>>263
でも舞台をそれに定義してはいない。
たまたま知っていた貧民窟がBと言うことは有ってもね。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 12:05 ID:MKdEncU2
舞台をはっきりBと定義できるわけないがな。


266 :とこ:04/04/01 12:24 ID:6b02Z8SF
ako0309@hotmail.com


ウイルスぶちこんんで〜


267 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 12:25 ID:oF3iAYsp
>>265
被差別部落を題材にした小説等はあるでしょ?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 16:06 ID:Lv6nter/
谷崎潤一郎の『秘密』にけっこう詳細な地名があるんだけど
川が民家を押しのけるように流れるだとか

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 17:12 ID:NL2zILo4
『どですかでん』『飢餓海峡』

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 17:12 ID:oF3iAYsp
差別問題がテーマに入ってなければ「部落を題材」と
は言えないような気がするし、、
だからりえぞう先生の「ぼくんち」はBに結び付ける意
味が無いような気もするし、、
まあ、あの漫画面白いから別に何でもいいけどね。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 17:27 ID:wj78IWpw
出てないのをひとつ。
文豪山本周五郎の「ちくしょう谷」。
設定はもちろん江戸時代だが、読めばそれとわかる。
文庫で読んだけど、もう絶版かもしれない。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 17:28 ID:Lv6nter/
やはりカムイ伝しかないな

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 18:07 ID:fXsPSYUN
>>272
部落といっても、それは非人部落のお話しです。

>もう絶版かもしれない。
「ちいさこべ」に収録されててまだ購入できまつ。



275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 18:22 ID:51HpHIna
昔の「ど根性ガエル」ってひろしとか登場人物、指が四本じゃなかったっけ?
子供心に違和感感じてた覚えがあるんだが。
あれってやっぱそうなの?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 10:47 ID:1ePFzrFQ
「破戒」やはりいいよ
あの当時、あの地方の風俗習慣がよくわかる。
父親の維新前の仕事、居所を変えた理由もわかる
とにかく克明に書かれている

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 23:35 ID:2verijuC
土方鉄がなんで出てないの?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/05 13:35 ID:mYEu1YGs
破戒読んだけど当事の感覚ってのが分かったようでとても良かった。
ラストはテキサスに逃避だなんて結局作者自身何も解決できてない作品だけど。

279 :御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/04/06 01:14 ID:RexCEERD
『地名を歩く』別冊歴史読本
最後に「差別と地名」の項があり、小説の紹介もある。
谷崎潤一郎の「吉野葛」:日本文化の情緒エッセンスの底流にあるのは差別感覚なんか・・。
三国連太郎は「生れ在所は、伊豆半島に11ヵ所記載されている被差別地区の一つだとされている所・・・」と言った。
太地喜和子は「私のルーツは和歌山県の被差別地区なの・・・」「私は山田五十鈴先生のご
落胤」と生前吹聴していたが井田真紀子「好色な女優という神話」で否定される。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 19:28 ID:OB65Q0ji
三国連太郎は、群馬県太田市で生まれ、それから静岡に行った。
静岡県賀茂町松崎町ということ。学校も静岡。とどこかのサイトで見ました
戦後、鳥取だかで農協とかに勤め結婚したり、この頃も女性関係多し。
東京に出てうろうろしているときスカウトされ、面接を翌日にひかえたとき
神社で寝泊ましていた。(なにかでみた記憶が・・)
太地喜和子と交際も公表していたのですねぇ
好きな俳優の一人で、最初見たのは「ビルマの竪琴」と思ます

281 :御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/04/07 20:17 ID:h7qXoT1E
映画会社が作ったプロフィルでは東京に出て闇商売で一山当てるが失敗する
倉吉時代に出入りしていた写真館の主人が、彼の写真を送り面接を受け
帰りに木下恵介の助監・小林正樹に呼び止められ研究生に・・。

伊豆の被差別地域で生まれていたとしても親は放浪の生活していた訳で・・・。

http://www.seinenkai.org/annyong/mikuni.htm
『芸能史の深層』三国連太郎・沖浦和光 対談(上・下) 解放出版社

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 21:56 ID:P/Wy28/0
山下慎二のスクールウォーズはどう見てもそうだな。同和利権の真相を読んでそう思った。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 12:17 ID:31zvHGkl
小説じゃないけど、笠井氏のルポは面白い。
一から被差別部落の事が知りたい方は是非とも読んだ方がいいよ。

http://www.d9.dion.ne.jp/~rojuku/kasaiFolder/kasai.html

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 23:18 ID:WifQx37U
スクールウォーズはなんで?


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 07:32 ID:DBXzr7xt
大江健三郎の出世作「飼育」の舞台は?

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 20:05 ID:fhXI7lrP
「橋のない川」第一部、第二部 今井正、ほるぷ映画
レンタルビデオで借りました。
悔しさや怒りの感情がびしびし伝わってきて、緊張しっぱなしです。
農業や学校の様子も興味深いです。


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 00:22 ID:87uFqtfL
ばあちゃんから聞いた戦前の話。
長野県のどっかから都会へ嫁に行った娘が、
旦那の親だかにいびられて、遺書を残して自殺したそうだ。
美人だったからか、当時話題になって、
『差別の壁』(?)という映画までできたとか。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 19:14 ID:4mnsvTBf
>>283
東京(江戸)みたいな歴史の浅い所でも、しっかり部落が出来上がる様子を詳しくまとめてあって勉強になったよ
それにしても記述されてあった港区周辺の地名って今じゃ高級地(地価で判断)だからなぁ
ここが昔の非人村だったなんて誰も知らないだろうし、知ったところで何も思わないだろうな

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 23:07 ID:BnxGeUBZ
ぼくん家の映画のロケ現場の福井県神野地区って福井のどの辺りですか?
ちなみにあの辺りって??

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 12:36 ID:+o8SZ9X7
灰谷健次郎の兎の目は?

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 21:15 ID:pOPP9L5a
事なかれ主義の芸能界にあって、三国氏の姿勢は立派だなあ
飢餓海峡とかもういちど観てみよっと

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 16:04 ID:9SnIAbGY
岡本醇造ってどんな人?
詳しく出てるサイト知ってる人がいたら教えて欲しい・・・

293 :御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/04/20 23:11 ID:NLAd4SVe
>岡本醇造ってどんな人?

『嗚呼、花の応援団』の青田赤道のモデルになった元近畿大学応援団員で
アーデル・ホーム元社長
『闇の帝王<許永中>』 『許永中「追跡15年」全データ』

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/21 11:01 ID:oAl8iunw
御殿山さま、どうも (^∧^)

くわしいことは本を読んで調べてみます
ありがとうございました〜


295 :ニュース速報板コピペ:04/04/21 19:09 ID:lD4bkUL7

  伊勢といえば、中里介山「大菩薩峠」に描かれた、お君(お玉)がその階層の出身という
  設定になっていて、今で言う差別語である「ほいと」の語源も書かれていた。
  ちくま文庫のあとがきには「本作品の本文には、今日の人権意識に照らせば不当、
  不適切と思われる、身分・職業・身体障害に関わる語句・表現が散見される。(中略)
  ある表現が差別的であるかはその語句の存否によるのではなく、具体的な文脈に即して
  読まれる必要がある。(後略)」と書かれている。いまどきの出版界の自主規制とはえらい違い。

  青空文庫は「大菩薩峠」の書き出しの部分しか載せていなくて残念。
  ちくま文庫(表紙写真は市川雷蔵)では全20巻になっていて、私はまだ17巻途中。
  16巻が白眉ですよ。人間と社会の理想と限界が語り尽くされている。
  人の世の矛盾を解決できるものはない、宗教でさえもそれはできない、
  解決できるのは、正邪善悪老若男女関係なく斬り殺す机竜之介の無明の剣のみ、って感じます。
  宮沢賢治もこの小説の大ファンで、「机龍之介の歌」まで作詞作曲していますね。
  私は来年の夏に竜之介が滞在した白骨温泉や地獄谷に行きたいと思っています。
  某旅館には「中里介山の間」があるそうですよ。白骨温泉のHP見てください。

296 :御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/04/21 19:10 ID:lD4bkUL7
上記ニュース速報板の書き込みに刺激され人権センタで借りてきた。
『謎解き「大菩薩峠」』野崎六助 解放出版社 2800円(高い!)
何のことかサッパリ解かりません・・先に本編読まなイカンね。

297 :若造:04/04/22 14:54 ID:DStOBXPR
>>295

そうですか。
ポクは龍之介がめくらになって以降は説教臭いばかりでさっぱりツマラナくなって読むの止めました。
年を取ってから(50年後ぐらい)また読み返してみます。


298 :御殿山 ◆Pdi7T.x7Zg :04/04/24 01:07 ID:7J14d96I
百済妃のネタ本見つけたこれやろ?

『中山みきと被差別民衆』池田士郎 明石書店

299 :四つのお願い♪♪:04/04/28 10:35 ID:mlBAhXyM
>解決できるのは、正邪善悪老若男女関係なく斬り殺す机竜之介の無明の剣のみ
>>296

誰彼かまわず殺してどうして「人の世の矛盾を解決」できるんだよアホw

本の帯の宣伝文句そのまんま写してんじゃねいぞヴォケw

ちったあテメ〜のカラッポ頭で考えろクズw




あ、Bを皆殺しにすれば「人の世の矛盾を解決」できるってことっスか?

それなら納得

300 :300GET!:04/04/28 23:42 ID:+1TT/FY1
300GET!

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 08:56 ID:AbsmsRUJ
高橋和巳の「貧者の舞い」はモロB地区を描いたもの
そもそも高橋自身が大阪でも有名なB地区近辺の出身

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/30 07:05 ID:nvAT/lUv
良スレのようだが定番ばかりで食傷気味......そんな貴様らにちょっと毛色の
違うものを勧めてみるテスト。
児玉隆也『一銭五厘たちの横丁』(岩波現代文庫)
ttp://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/60/6/6030120.html
小松左京『日本アパッチ族』
開高健『日本三文オペラ』
竹田青嗣『在日という根拠』
中川清編『明治東京下層生活誌』
高橋貞樹『被差別部落一千年史』
木村聡『赤線跡を歩く』

いま手元にあるのはこんなもんだ。スレ汚しだったらごめん。

303 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/30 08:32 ID:2J+3mqjY
映画「河内のオッサンの唄」はどうでしょう?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/01 10:51 ID:xQni3RWJ
「ヨイトマケの唄」は感動したよ。歌だからスレ違いだが、いい物語。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/01 21:30 ID:g8p1g5+f
映画『赤目四十八瀧心中未遂』(原作・車谷長吉)観たんですけど、主人公が住むボロアパートのある場所や周りの人たちはなんだか「濃い」ですね。






306 :>299:04/05/01 23:55 ID:eLy5yTne
で・・あんさんのお奨めは?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 09:33 ID:wVwt07VS
なんといっても野間宏の「青年の環」でしょう。

長編だからとっつきにくいと思われがちだが大丈夫
質、量ともに最高の書と断言できる。


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 14:21 ID:x3jw1ace

じゃ、解同に目をつけられただろなw
大出版社のオーナーで有名作家を味方につければ千人力だってんでw
講談社内には「部落問題研究会」あるのかよ?


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 23:46 ID:Y/ScThLC
宮尾登美子原作『櫂』・・新潮文庫・・
<<時代背景は、スペイン風邪流行、米騒動の大正7,8年頃。>>

 実をいえばこの地区は「緑町の裏町」の名で聞こえている。
高知一という札付きの貧民長屋なのであった。
「裏町へはのう、間違うても入るまいよ。怖ろしい所じゃげと人がいうぞよ」

 緑町は皆、一家のように通じ合っているとはいってもそれは表通りだけの話しで、
表通りの人間はまず裏町へは入らないし、頭からはいるような用事を作らないので
あつた。

 安岡の姐さんにいわせると、
「裏の連中の貧乏は、皆々、己の根性の捻れから出たことよね。
年中借銭もつれで、借りた銭は払わんわ、嘘は吐くわ、喧嘩は仕掛けるわ、
それに病持ちばっかり。第一、普段の心掛けが悪い。
五体満足な人間が昼からぶらぶら遊びよる。
裏の連中に取合うたら碌なことがない」

310 :309:04/05/03 23:50 ID:Y/ScThLC
 <<< コレを読むと、ここの人権板で、部落を批判か非難かわかりませんが、
それを口にする人たちと同じ言葉が語られていることに驚きます。
わたし自身は、地域性もあり体験がないことですが・・・

このあと物語は、芸妓・娼妓紹介業岩伍の妻喜和が、岩伍の使いでそこを
訪れることになるが
想像を絶する光景に恐怖をおぼえ、逃げ帰ってくることになる。

10頁ほどにわたって、裏町長屋40戸の凄まじさが書かれております。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 23:50 ID:uG/xnQ9k
   【ついに来た!部落地名総監がny放流】   
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/download/1083594826/

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 00:03 ID:In4HgGc3
『赤目四十八瀧心中未遂』(原作・車谷長吉)は部落民車谷が
武家上流階級の尼崎を陥れようとして書いたデマ小説。
そのボロアパート周辺は、没落しているものの実は武家屋敷街。
部落とは何の関係もない。嘘八百を書いて話題になった卑屈な、
ゆがんだ部落民のコンプレックスによる武家に対する敵意むき出しの
プロパガンダ小説。部落民車谷長吉は姫路の飾磨、日本最大の牛革産地部落出身で、
上流の尼崎には徹底したコンプレックスを持っている。
しかし実際、そのボロアパートの近くには、大きな市場があり、
戦後、神戸芦屋などの部落地帯から肉屋が進出し、
本当に芦屋神戸西宮なんていう食肉関係人がいることは確かだが、
そんなもの日本全国の市場にはどこにでもいる。


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 06:43 ID:v0+0QvOK
>>312
よっぽど車谷長吉が嫌いな様に見えますな・・・誰あんた?

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 09:32 ID:or4i9Sz4
確かに…車谷長吉のレスは尼崎スレ他でも見たなぁ。 このスレに従って推薦を一つ!
「ライジング サン」ハリウッド映画の原作本です。準主役の女性の人物設定と葛藤。
映画では削られましたが。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 03:08 ID:d6ly+XTm
>>284
スクールウォーズは、モデルとなった高校が、京都市立伏見工業高校。
原作の本「落ちこぼれ軍団の奇跡」の中の一節に、生徒達はみな、家庭環境
が複雑で貧しかったと書かれている。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 05:31 ID:CbX7+nG5
有吉佐和子は和歌山出身でしょう
「紀ノ川」などに記述は無いのでしょうか
谷崎潤一郎は関西出身とおもうけど
どうなのでしょう。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 14:05 ID:RvZ2CuLv



318 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 14:07 ID:RvZ2CuLv
>>308
野間宏と講談社の野間一族とは無関係

>>316
谷崎は東京出身。関東大震災後に関西移住。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 23:22 ID:9hbPKfzi
日本三文オペラ 開高健
兎の眼 灰谷健次郎

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 18:45 ID:Nk8DPYKi
横溝正史「犬神家の一族」
松本清張「眼の壁」
かなりリアルw

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 20:01 ID:yVLYSsmP
犬神って部落と関係あったっけ?




322 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 20:26 ID:Nk8DPYKi
>>321
犬神佐兵衛の生い立ちと佐清の母、「松子」の母の生活環境なんか臭うねw
違ってたら、ごめんなさい。
松本清張の「天城超え」もそうじゃなかったけ?


323 :WAVE125i海苔:04/05/06 21:00 ID:6oemeGq6
清張だったらあれだ......えーと、「日本の黒い霧」じゃなかった
『昭和史発掘』にある「北原二等兵の直訴」がズバリだ。
小説というよりも清張的実録だが。

部落民が軍隊入って直訴企てたらこうなりましたという話。

文春文庫(本体\457)ISBN4-16-710632-9

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:00 ID:SOua0pb/
>>71
松本清張「眼の壁」これも犯人グループは長野県出身。

325 :WAVE125i海苔:04/05/06 21:03 ID:6oemeGq6
ごめん。
×「北原二等兵の直訴」
○「北原二等率の直訴」

『昭和史発掘2』でした。すまんこつ。

326 :WAVE125i海苔:04/05/06 21:04 ID:6oemeGq6
あーもちつけ漏れ。二 等 卒 。

327 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/05/06 21:06 ID:xr/LL5wc
>>323
それなら、本人がかいた自伝「賎民の末裔」がくわしい。
サイン本所蔵してます。


328 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/05/06 21:08 ID:xr/LL5wc
>>319
こっちが、取材源だね。
梁石日「夜を賭けて」
NHK出版・幻冬舎文庫


329 :WAVE125i海苔:04/05/06 21:10 ID:6oemeGq6
呉。>>もっこす。
1ページずつOCRしてnyに放流でもいいでつ。頼みます。
ど・う・せ・暇でしょ?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 21:59 ID:71DONuB1
「眼の壁」読みました。朝○人とか ○革とかモロ書いておりましたね。 あの新聞記者が、取り寄せた戸籍、佐久の住所は そうなんですか?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:01 ID:71DONuB1
そういえば友人が 佐久出身の人と結婚して 先日、白樺高原教会まで行ってきました。
あのへんとか 軽井沢なんかも ありですか?

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:40 ID:8DjrJqhC
>>239
S,42年って、あたしは生まれてないけど「部落の人は最低だからやめなさい」、なんて
現在ではあり得ないですね・・・

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:49 ID:VOOZnqg9
>>332「部落の人は最低だからやめなさい」、......................
そんなん昔からねえよ。どこのドイツも部落民の人を「最低」だからという理由
で止めろなんていわない。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 22:50 ID:8DjrJqhC
初歩的な質問なんですが
エタと避妊ってどう違うんですか?
どなたか、教えてください。お願いします。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 23:09 ID:P4P274q7
佐久市や近くの北佐久郡○月町あたりはそうですよ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 23:42 ID:VacmZUW1
『ぼっけぇきょうてぇ』はどうよ。
ホラー小説なんだけど、明らかにBだ。
凄まじい光景を淡々と描写するのがイイ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043596014/qid=1083854133/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-4847370-1070642

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 23:46 ID:VacmZUW1
それと、
塩見鮮一郎の『浅草弾左衛門』もイイヨイイヨ。
小○、○垣という彼の手下がでてくるけど、
今でも浅草に子孫が住んでたりして。
たしか『車善七』ももうすぐ発表される。
部落差別を題材にした歴史小説では、
唯一にして傑作。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 03:11 ID:svKB0yOR
確信に迫るものはありませんかね

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 06:40 ID:CzE61+Ap
「ぼっけぇきょうてぇ」
岩井志麻子は岡山出身だったねぇ
どういう意味なんだろう

340 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/05/07 08:47 ID:Q4W43z76
物凄く恐いって意味だよ。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 09:41 ID:ZsjD6vOd
このドエッタ!もっこすは、すっこんでろ!!

342 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/05/07 10:17 ID:Q4W43z76
それなら、あたしより先に回答してねぇ凸(`、´メ)

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 10:48 ID:CzE61+Ap
ありがとう
ボロイもうけの競艇かと思ったよ。!(^^)!
ボロイ儲けもコワイからね。とても好きだけど
サマージャンボまで待つわ・・・

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 11:12 ID:quv6lO9Y
これってやっぱり部落がらみだろ?

【社会】地上げした組長、「報酬払え」と市長を提訴…奈良・御所市
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083869198/



345 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 12:29 ID:doBJYTVS
勃起へ競艇

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 15:10 ID:Sa0Okp0m
『自虐の詩』の熊本さん。
『麻雀放浪記』のドテ子。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 16:35 ID:6VsRCD2h
えっ、熊本さんてそうかな?
たしかにヤバそうな感じの描写だが…。
でも、自虐の詩って感動しない?
俺、一気に読んで、最後うるうるしちゃったよ。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 17:40 ID:6cCAcicu
オールロマンス事件って酷い事件だよね。
小説なんだから何書いたっていいじゃん。
部落の不当ないいがかりだ。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:07 ID:yIFf4gan
>>326
北原二等卒どうなったんでしたか?
読んだのですが忘れましたので
やっぱり軍法会議?禁固とか・・・
そして彼の出身地は?


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/07 21:09 ID:kmwIlywL
ジャリンコチエ

351 :もっこす ◆ZM08EeniEM :04/05/07 22:04 ID:kuSpNm7L
>>349
ここの8ページね。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:A4n4NMU1sBMJ:www.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/20030425.pdf+%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%9B%B4%E8%A8%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6+%E5%8C%97%E5%8E%9F&hl=ja

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 09:02 ID:vVgBewf3
ドエッタ糞もっこすは、すっこんでろ。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 09:41 ID:H+S9fAJ1
もっこすは郵便局員、

競艇のメッカ住之江郵便局で差別事件があったそう(   )社。

朝から臭い話で・・・・。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 10:26 ID:a7Bqeph9
人間革命 池田犬作

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 13:46 ID:KQMfdtc1
アウ板にいるゾンビっていう物書きの おばさんは この板では 何つうコテ?

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/10 19:58 ID:zJeg548M
ココは、うず高く積まれた本の中で、
 本を枕に 本を読む
そういう人の集まりじゃ
騒々しいゾンビなるおばちゃんの来る所じゃないんよ

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/15 16:03 ID:xAcsD3Bd
映画「さよならクロ」
2003年制作で、松本深志高校に実在した職員名簿に載った犬「クロ」の話が原案だが、
ヒロインが精肉店出身で進学校なのに進学を断念して役場の戸籍係になるとか野犬処
理場のエピソードや怪獣みたいな県営アパートなどが出てくる。ロケも松本深志高校
は出てくるが、松本電鉄(片倉系)でなくて長野電鉄(東急系)湯田中線を使ったり、上
田でロケしたりしているね。同じく松本を舞台にしたフジテレビのドラマ「白線流し」
には部落関係の話は一切出てこないのだが(あれは元ネタが飛騨高山だけど)。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/15 18:17 ID:7x388Afr
「松本電鉄(片倉系)でなくて・・・」
これ、どういう意味
長野じゃないものでわかりません

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/15 21:57 ID:/9I/lEOE
松本の近辺といえば「破壊」

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/15 22:28 ID:7oi3kE83
>>359
破戒?

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)