2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昭和天皇はなぜ戦争責任を取らなかったのか

1 :右や左の名無し様:03/06/27 06:17 ID:NsaaVutL
昭和天皇の戦争責任を語ろう(4)がいっぱいになったので新たにたてました。
昭和天皇自ら戦争責任を認めてるので、タイトルをなぜ責任を取らなかったのかに改めました。

http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1045261191/l50

今まで以上の活発な意見をどうぞ。

2 :2:03/06/27 06:23 ID:???
       /ソi 、       
      /ノ_ノノヾ!      あたらしき かみ アポロンが2ゲットだ
      /ソ _.!`ソ   
    ,...'/-`‐ '!(_  
  /::::ヾノ''ヽ!:::ヽ   >>3 そうかんたんに2getできるかな
  {:::::;;:::::丶, ,〉::;    >>4 この イージスのたてで きみらの2getは ふせぐぞ
   !:::::';m;::::ヾ::!::::l   >>5 わたしには ひるいなき レス力が みについた
   ヾ;;;;;;;;;;;;:::'';;:::;i'゛   >>6 マサムネの きれあじを きみらのからだで あじわうがいい!
.   l ノ::::::::・!::::::i   >>7 わたしは十分な>2を持っているこれ以上のはいらないよ
   l i;;::::::::・ii:::::::l   >>8 もう遅い >2はすでに getしたあとだ
   l '|':'::::::;i;:::::|~   >>9 きみには昔 だまされたからな
   l .|;:::::::::|::::::|  
   l .|;:::::::::|::::::|  
.   l___l;;:::::::;l;::::;l    >>1 Datおちになったら 私が救ってやろう フフフフ
      |;:::::::::|::::::|  
      |;:::::::::|::::::|   
      |;:::::::::|::::::|   
      |;:::;;;;;:|:::;;;|        
..      !  /\ ヽ
.      ` -'  ` -'

3 :右や左の名無し様:03/06/27 07:23 ID:PBy6u9cw
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。

4 :右や左の名無し様:03/06/27 07:45 ID:???
前スレより引用。
----------------------------------------------------------------------
942 :右や左の名無し様 :03/06/20 20:23 ID:E+1ck8wP
外交権やら統帥権やら一切合切含めたものを統治権(主権)というけど、
日本国憲法の制定によって、統治権は天皇から剥奪されてしまったわけでしょ?
この事実は結果的に見て、天皇が戦争責任を取らされたものと解釈できるのでは。
----------------------------------------------------------------------

「実は、天皇は戦争責任を取っていたんだよ」とするこの考え方は、
「取る必要があった「いや取る必要はなかった」という議論が続いていた中で
なかなかに意表をついたものだと思うが。

5 :大日本報靖會:03/06/27 08:04 ID:???
>>1
> 昭和天皇自ら戦争責任を認めてるので、

陛下が認めることと、本當に責任があることとは別だ。

6 :右や左の名無し様:03/06/27 10:15 ID:???
責任を負う、責任をとる、責任を認める。
すべて異なることとして区別しましょう。
昔はこういう修辞に関することは文学の範疇でした。
最近は言語学的な考察の対象になっています。
昭和天皇は「文学上の問題」といいましたが、レトリックで煙に
まこうとするプロパガンダの手法についてもドイツからの報告その他で
知っていた可能性があります。

7 :右や左の名無し様:03/06/27 10:27 ID:???
戦争責任てなんですか?

8 :右や左の名無し様:03/06/27 13:01 ID:???

 罪アラバ 我ヲ咎メヨ 天津神 民ハワガ身ノ 生ミシ子ナレバ



9 :右や左の名無し様:03/06/27 21:06 ID:MQseC8Ou
>7
責任を取らなかったけど責任を認めた昭和天皇に聞きたかったですね。

10 :右や左の名無し様:03/06/27 22:22 ID:???
>>9
おまい、あの論文(文藝春秋のね)を読んでないね。

11 :右や左の名無し様:03/06/28 06:19 ID:4SAlp9D/
>10
客観性あるの?

12 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/06/28 06:45 ID:???
>>1
ほんまにアホ(知識がない〜)やなw。現人神(あらひとがみ)から地上に降らせられた
やんけ〜?

13 :右や左の名無し様:03/06/28 06:48 ID:???
戦争責任てなんですか?

14 :右や左の名無し様:03/06/28 07:00 ID:rbCCnuw9
フリーなんたら?

15 :右や左の名無し様:03/06/28 15:23 ID:???
 昭和天皇はマキャベリスト。
 マキャベリストの前では正論は通じない。
 もっとも、100%正論で運営されてる国家は存在しないけどね

16 :右や左の名無し様:03/06/28 17:57 ID:???
正論ってなに?

17 :右や左の名無し様:03/06/28 18:28 ID:pVUVv9h8
>戦争責任てなんですか?
論点は、なぜ責任を取らなかったか、です。
責任自体は昭和天皇自ら認めてるので。よろしく。

18 :右や左の名無し様:03/06/28 18:28 ID:ewjOEQ+a
男の子も女の子もどうぞ。オススメサイト!
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

19 :右や左の名無し様:03/06/28 18:43 ID:kH2L/XQk
形式的戦争責任はそれは当然にある。
でも
戦争指導の責任は天皇には無いし、見つけられなかった。
戦争指導をしてない天皇の言う事に
日本人全員がちゃんと従う、ということは
もしこれがなかったらどうなるか、予想もできないから
天皇の訴追はやめたのですね。


20 :右や左の名無し様:03/06/28 18:51 ID:???
自民党、元総務庁長官  :  太田誠一

 「集団レイプをする人はまだ元気があるからいい。まだ正常に近いのじゃないか」。




自民党、元総務庁長官  :  太田誠一

 「集団レイプをする人はまだ元気があるからいい。まだ正常に近いのじゃないか」。




自民党、元総務庁長官  :  太田誠一

 「集団レイプをする人はまだ元気があるからいい。まだ正常に近いのじゃないか」。

21 :右や左の名無し様:03/06/28 20:22 ID:???
>昭和天皇はマキャベリスト
保阪正康の「昭和史7つの謎」だっけ?これの文庫版に原武史と対談付録が
あってそこで、そういう話がでてたね。
昭和天皇は南仏印進駐前に「マキャベリズムのようなことはしたくないね」
といってたが、対談にでてきたような国民に対する意図的な自己の演出はして
ないと思う。木下道雄の鹿児島湾沖のエピソードとか読むにつけ、
そういう部分は天然だったと思う。明治天皇も念頭にあったかもしれない。
ただし東京裁判に関してはマキャベリスト的に振舞ったような気がする。
謎が多すぎてそう感じさせるだけかもしれんが。

22 :右や左の名無し様:03/06/28 21:33 ID:???
「今上陛下御日常の一瑞」 鈴木貫太郎 1940
http://sizuka.tripod.co.jp/k.txt

23 :右や左の名無し様:03/06/28 23:17 ID:???
だから戦争責任を定義しろって。

24 :右や左の名無し様:03/06/29 01:36 ID:???
だから統治権が剥奪されてるでしょ。
責任は既に取らされてんだよ。

25 :右や左の名無し様:03/06/29 07:28 ID:???
はんこ捺したよな。マッカーサーが神だからな。相当数殺したよな
そのはんこで。

26 :右や左の名無し様:03/06/29 13:48 ID:xtN8utIX
統治権の剥奪は、りっぱな責任の取り方だとの意見がでました。
一方、戦前も統治など出来てなく、戦争も回りが勝手に始めたことと言う意見もあります。果たして戦前、天皇に統治能力があったのだろうか?

27 :右や左の名無し様:03/06/29 14:10 ID:???
統治権を行使してナニをしたかだろ。
りっぱな責任の取り方だとの意見。は神マッカーサーの思召しだよな。

28 :右や左の名無し様:03/06/29 14:16 ID:9po9JuyO
そもそも戦争責任など取る必要があるか

29 :右や左の名無し様:03/06/29 14:18 ID:???
戦争責任など取る必要があるか。有るだろ。それとも英雄としてあつかうのか。

30 :右や左の名無し様:03/06/29 14:18 ID:Xrl19oFW
>>23
満州事変の首謀者に勲章を与え、その力があったのに一連の日本の侵略行為を止めなかった罪

31 :右や左の名無し様:03/06/29 14:45 ID:TBCebExU
軍部が独裁とか何とか言いながら、お褒めの詔書など出しちゃ〜おしまいヨ。

32 ::03/06/29 15:12 ID:bfu0gIiY
>>21

 保坂サンの本は未読なんだが。つまり、全くの主観。
 昭和天皇というのは、国民には開かれた君主というよりも戦前の現人神的存在だったと思う。戦後ながーく象徴であったといってもね。本当の象徴一代目が今上天皇。
 見た目で判断したくないけど、今上天皇とは違って顔で語らせる威厳があった。お主も「天然」といってるよーに、俺はあの威厳は天性のマキャベリストからきてると思ってるんよ。

 とにかく昭和は歴史ではない。検証も考察も時代が近すぎて客観的になされていない。戦争責任も含めて昭和天皇がどのよーに判断されてしかるべきかは即答できないな。
 個人的には、戦争責任に関してはミロシェビッチにも一理あると思ってるのだが。

33 :右や左の名無し様:03/06/29 17:20 ID:???
>>30
勲章なんて、戦功無くたって貰えるもんなんですが・・・
あと、侵略行為を謀議・実行したものは「東京裁判」において裁きを受けましたが
「東京裁判」で天皇が起訴された事実でもありますかな?


34 :右や左の名無し様:03/06/29 20:10 ID:f8zONXtO
責任っていうのは法的責任じゃないと思う。
道義的責任。ノーブレス・オブリージュってのがあるだろ。
戦後の日本が欺瞞に満ちあふれ、公共心が無くなった一端の責任は
昭和天皇にあると思う

35 :右や左の名無し様:03/06/29 20:12 ID:f8zONXtO
でもその変わりに経済一本やりでやってこれたのも昭和天皇の
おかげだけど。

36 :右や左の名無し様:03/06/29 20:15 ID:???
>>34
無責任が日本のシンボルだったんだからなあ

37 :右や左の名無し様:03/06/29 20:50 ID:crjVMkkj
>>33
だからスレタイ通り「なぜ戦争責任をとらなかったのか」なんだろ。責任があることは確定済み。
「なぜ」と責め立てるのがスレの本旨

38 :右や左の名無し様:03/06/29 21:34 ID:???
>>37
いや、責任無いんだから取る必要ないじゃん
って反論も論理的に間違ってないと思われ


39 :右や左の名無し様:03/06/29 21:41 ID:RlxAW1+d
>>37
だから統治権が剥奪されてんだろ。責任を取ってることは確定済み。
「なぜそれを理解できないのか」と責め立てるのがスレの本旨。

40 :右や左の名無し様:03/06/29 21:51 ID:ocIaw/KD
>>37
統治権剥奪でどうして責任取った事になるの?じゃあ東条英機も首相を辞任したら責任取った事のなるのか?

41 :40:03/06/29 21:53 ID:???
>>40>>39

「統治権を剥奪」が区切りになるっつー考え方が分からない。政治家も捕まったら「議員職」を剥奪され(当然)
そしてさらに罪人はムショに入るものだろ?

42 :大日本報靖會:03/06/29 21:55 ID:???
開戦の責任はルーズベルトにある。
原爆等での民間人大量虐殺の責任はトルーマンにある。

43 :右や左の名無し様:03/06/29 22:12 ID:p8i+sUth
ざけんな、てめーら!!
もう結論出てるだろうが!!
法的責任は無罪が確定!
道義的責任は日本人みんなが平等にとるべきもの!!

天皇にばっか責任を押しつけようとしやがって!
他人に責任をなすりつけようとする、そんな態度のほうが、日本人の無責任体質って言うんだよ!!

44 :右や左の名無し様:03/06/29 22:19 ID:???
>>41
一行目はどういう意味?自作自演ってことかよ(w

まぁ、政治的、道義的責任の取り方ってのは
本人がどう考えて責任をとるかって事になっちゃうんで
これは仕方ないんじゃないの?

>政治家も捕まったら「議員職」を剥奪され(当然)
>そしてさらに罪人はムショに入るものだろ?

政治家は捕まっても簡単には議員職を剥奪されんし
罪人云々は法的責任の問題・・・・
って、もしかして、おもいっきり釣られてるかな?俺(w


45 :40:03/06/29 22:30 ID:ocIaw/KD
>>44
>一行目はどういう意味?自作自演ってことかよ(w

意味が分からん。レスする相手を間違えたから訂正しただけ。

>政治家は捕まっても簡単には議員職を剥奪されんし
>罪人云々は法的責任の問題・・・・

「国会会期中は云々〜」の詭弁はいいって。結局タイホされたらムショはいるでしょ。だから天皇もムショか
絞首刑が当然。「統治権を剥奪」は当たり前。犯罪者が自由に仕事できるわけないだろ。なんか反論ある

46 :名無しさん@はハチでおなかいっぱい:03/06/29 22:51 ID:???
>>1謎やね。逝っている意味が分からない、と

47 :右や左の名無し様:03/06/29 22:53 ID:RlxAW1+d
>>40=45
政治的責任関係というものは、政治的権限を与えるものと引き受けるものの間にのみ成立し、
その責任関係は、政治的権限を剥奪ないし放棄するという行為によってのみ決着する。
ゆえに、東条は首相を辞任した時点で、国民に対して責任を取っていることになる。

けど君の言ってるのは全然違う。公的行為と私的行為の区別すら出来ていない。
議員の逮捕云々ていう話なんか、まさにそうだよ。

君が言ってるのは、簡単に言えばこういう事。
「誤って死刑判決を下した裁判官は免職の上、殺人(少なくとも殺人幇助)で逮捕・処罰されて当然」
違うというなら、なぜ
>天皇もムショか絞首刑が当然
なのか、その理由を論述してみて下さいな。
話はそれからです。

48 :右や左の名無し様:03/06/29 22:57 ID:RlxAW1+d
>国会会期中
にされないのは「逮捕」
それに、逮捕されても議員籍は剥奪されないよ?

>結局タイホされたらムショはいる
かどうかは裁判の結果如何による。
ていうか、逮捕されてはいるのは拘置所であって刑ムショじゃないよ?

なんか突っ込みどころ満載なんだけど、釣り師ですか?

49 :40:03/06/29 23:06 ID:Bs0gWEqV
>>47
東條は日本人やアジア人やアメリカ人を殺してるだろ。シナ大陸で麻薬も売ってたし、
全然裁判官じゃねーぞw

おっと「じゃあ原爆のトル(略」とかいうなよ。敗戦国は裁かれるものだ。日本が戦勝国ならばこんなスレを
立てる必要すらない。裁判と罪人はあるという前提で話を進めなければ

50 :40:03/06/29 23:07 ID:Bs0gWEqV
>>48
で、揚げ足取りで何か状況が変わるのかね?w
反論できないのに意味不明に擁護してる天マニは天皇と一緒に絞首刑だな

51 :右や左の名無し様:03/06/29 23:11 ID:RlxAW1+d
>>49
だから、それは「国民に対する責任」じゃなくて「対外的な責任」。

天皇を含め「対外的な責任」は既に終わっているし、第一、我々ではなく諸外国が裁くもの。
ここで問題にしているのは天皇の「国民に対する責任」なのだが、
まさか、そのことも理解できてなかったのか?

52 :右や左の名無し様:03/06/29 23:15 ID:RlxAW1+d
>>49
確認なのだが、君は
「誤って死刑判決を下した裁判官は免職の上、殺人(少なくとも殺人幇助)で逮捕・処罰されて当然」
という考えの人間であるということでよろしいかね?

53 :44:03/06/29 23:16 ID:???
>>49
だから、その敗戦国が裁かれた裁判で天皇は訴追すらされてないんだって(w
その裁判自体も、もう終わった話。

>>45
議員が刑務所に入るのは法的に裁かれ有罪が確定したから入るんだよ。

釣りかと思ったが、マジ?
でもまぁ、盛り上がってきたようだが(w


54 :40:03/06/29 23:22 ID:Z0/CS/u4
>>52
>「誤って死刑判決を下した裁判官は免職の上、殺人(少なくとも殺人幇助)で逮捕・処罰されて当然」

誤った判断ならただの過失だが、満州事変を「満州は田舎だから大丈夫だと思った」(独白録)などと言っている。
また1943年5月31日の御前会議が決定した「大東亜政略指導大綱」では
「マレージャワボルネオセレベスを帝国領土と決定し」ている。これは

1924ジュネーブ議定書
前文「侵略戦争は国際犯罪である」

に明らかに違反する。犯罪である。15年戦争を最初から最後まで通して関わっていた人物は、
昭和天皇を於いて存在しない。つまり戦争犯罪者であることは確定している。

55 :40:03/06/29 23:24 ID:Z0/CS/u4
>>53
>だから、その敗戦国が裁かれた裁判で天皇は訴追すらされてないんだって(w
>その裁判自体も、もう終わった話。

おやおや、じゃあ君は明らかにスレ違いなので退場したらいいだろうw

56 :右や左の名無し様:03/06/29 23:33 ID:hotwi6WH
>>54
>満州は田舎だから大丈夫だと思った
この判断は君が言うところの
>誤った判断
であると思われるがw

それに
>1924ジュネーブ議定書
これは、誰が誰を裁く規範なのか説明してくれ。
でなければ、責任関係がはっきりしないからね。

57 :44:03/06/29 23:34 ID:???
>>55
退場します(w 釣り頑張ってね〜

58 :40:03/06/29 23:38 ID:Z0/CS/u4
>>56
わかってないねえ・・
>満州は田舎だから大丈夫だと思った

これは誤った判断で済ませられる問題ではなくて、
「万引きしてもバレないと思った」「殺しても田舎だからバレないと思った」という、
侵略戦争を否定する国際条約に違反してるので「犯罪」なの。

業務上の責任問題を超えて殺人レヴェルの問題ですな。

59 :右や左の名無し様:03/06/29 23:40 ID:RlxAW1+d
>>54
「ただの過失」なら責任はないと言いたいのかね?
もしそうだとすると、「満州は田舎だから大丈夫だと思った」
という判断は明らかに「誤った判断」であり、ただの過失になる。
すなわち、責任は無いという風になってしまうと思われるが?

あと、1924ジュネーブ議定書あたりを出す所から見て、
問題にしたいのは天皇の「対外的な責任」って事?
だとすると「昭和天皇はなぜ戦争責任を取らなかったのか 」スレから退場した方が良いよ。
自分で「昭和天皇はなぜ戦争責任を問われなかったのか 」スレでも立てんしゃい。

60 :40:03/06/29 23:46 ID:Z0/CS/u4
むしろ統治権を剥奪するというのは、セクハラや秘書給与ピンハネで議員辞職するというレベルの、
自分で総括すべき道義的問題に過ぎない。

だが賄賂を貰っていたら、道義的に議員辞職するのは当然として、立法の裁きを受けるのは必然。
議員を辞めたから法的責任がなくなるわけではない。

>>59
>だとすると「昭和天皇はなぜ戦争責任を取らなかったのか 」スレから退場した方が良いよ。

すまんが俺は「日本国民を殺した罪」も付け加えている。内輪だから許すのはなんちゃって天皇信者のウヨだけ。

61 :右や左の名無し様:03/06/29 23:48 ID:RlxAW1+d
>すまんが俺は「日本国民を殺した罪」も付け加えている

すまんが、それは何年のどういう条約・協定にある罪なの?
まさか、勝手に捏造している訳じゃないよね(w

62 :40:03/06/29 23:53 ID:Z0/CS/u4
>>61
すまんが普通に殺人罪。国内法で裁ける程度の問題。


63 :右や左の名無し様:03/06/29 23:54 ID:RlxAW1+d
>>62
ということは、私見判決を下す裁判官も殺人罪で起訴されるのかね?

64 :右や左の名無し様:03/06/29 23:54 ID:RlxAW1+d
↑死刑判決ね

65 :40:03/06/29 23:55 ID:Z0/CS/u4
>>63
なんで司法と行政が同質なの?w

66 :右や左の名無し様:03/06/29 23:57 ID:YY971vvs
公人は、職権による命令で人を殺す結果となっても殺人罪には問われない。
PKOに派遣されて死亡した日本人がいたけれども、時の首相は殺人罪で起訴されたか?

67 :右や左の名無し様:03/06/29 23:57 ID:RlxAW1+d
>>65
司法も行政も、日本の公的な存在だからですw

68 :40:03/06/29 23:58 ID:Z0/CS/u4
>>66
戦場で民間人をレイプする軍人も罪に問われないのか。初めて知ったな。

69 :右や左の名無し様:03/06/30 00:01 ID:OhLWB8/V
>>68
質問に答えなよ。
>PKOに派遣されて死亡した日本人がいたけれども、時の首相は殺人罪で起訴されたか?
ま、都合が悪いのなら、またすり替えで逃げても良いけどw

70 :右や左の名無し様:03/06/30 00:02 ID:Imu1EMy2
補足してあげよう。
要するに、両者とも自国民に対する生殺与奪の権利があるって事ね。

71 :右や左の名無し様:03/06/30 00:04 ID:OhLWB8/V
>>68
もう論点がめちゃくちゃw
何について議論してるのか、冷静に確認してから書き込みなさいって。

72 :40:03/06/30 00:05 ID:OLUS21vb
>>69
PKOを出す自体がすり替えだろw

東京裁判は、「日本国民を欺き侵略戦争へと導いた政治指導部」を
1.平和に対する罪
2.殺人の罪
3.人道に対する罪

で裁いている。つまり東京裁判は日本国民自身の裁判でもあるのだ。



73 :右や左の名無し様:03/06/30 00:08 ID:nG3a3Cna
>>72
だ か ら
東京裁判はスレ違いだろ?
このスレは「昭和天皇はなぜ戦争責任を取らなかったのか」であって、
「なぜ昭和天皇は戦争責任を問われなかったのか」じゃないだろ?
それぐらい気付やヴォケ

74 :しっかしまあ:03/06/30 00:09 ID:3Cfrgp7y
さっきの話は、ここが発端だったんだね
いろんな意味ですごいもんだ
http://210.136.172.68/cgi-bin/bbs.cgi


75 :40:03/06/30 00:11 ID:OLUS21vb
>>73
すまんけど俺のレスは>>23に対してから始まっている。君が勝手に仕切ることはできない。
東京裁判は日本国民の裁判でもある、に本質的に反論できなくなったからといって、
誤魔化すのはいけませんよ。

76 :右や左の名無し様:03/06/30 00:13 ID:OhLWB8/V
>>72
要するに
・公人は、職権による命令で人を殺す結果となっても殺人罪には問われない。

って点には反論できない訳ねw


77 :40:03/06/30 00:13 ID:OLUS21vb
しっかし天皇の戦争責任という重大問題を「スレ違い」で片付けようとはなあw
天ウヨ必死だなw大して崇拝もしてないくせに

78 :右や左の名無し様:03/06/30 00:14 ID:nG3a3Cna
>>75
ドー見ても、論点ずらしまくって逃げてるのはおまいなのだがw

79 :40:03/06/30 00:15 ID:OLUS21vb
>>76
>・公人は、職権による命令で人を殺す結果となっても殺人罪には問われない。


だから東京裁判で殺人の罪で裁けるんで。日本国民を欺き侵略戦争へと導いた政治指導部、
東條などは裁いた。つまり天皇にも戦争責任はある。
これに反論できないから、スレ違いとか言うのであって

80 :右や左の名無し様:03/06/30 00:15 ID:Imu1EMy2
>>75
ありゃ?
漏れの>>39に対する反論しかしてなかったんじゃなかったっけか?

81 :右や左の名無し様:03/06/30 00:18 ID:OhLWB8/V
>>79
>>62と矛盾してるぞ。
国内法で裁くんじゃなかったのかいw


82 :右や左の名無し様:03/06/30 00:22 ID:nG3a3Cna
発言に一貫性がなく、論点ずらしの用に見えたのは、
単に思いついたことを書いてるから、一貫性を保てなくなってるだけだった、
なんてヨカンw

83 :右や左の名無し様:03/06/30 00:44 ID:OhLWB8/V
終わりかな?
ま、ひとつだけわかったことといえば
























スレが伸びるには電波が必要

ってことぐらいかな。

84 :右や左の名無し様:03/06/30 06:13 ID:LH2In5zu
昭和天皇はおのが犯した罪の大きさにおののいたのだよ。
自分の名のもとに多くの人を死なせ多くの財産を失わせたのだから。
でも、少しも責任を取らなかった。なぜだろうか。
みなさん、もう一度、考えましょう。

85 :右や左の名無し様:03/06/30 06:35 ID:???
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている 本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。

86 :右や左の名無し様:03/06/30 11:07 ID:El3YZJe8
ただ単に負けただけで「道徳的に悪しき戦争」じゃないから
だから先帝陛下が退位しなかったことや、開戦の詔勅に署名した岸信介が
首相になるのは世界にただ単に負けただけで日本人はあの戦争に対して
道徳的に決して卑屈にならないというメッセージを送っているのだ。

ただおいらが思うに東京裁判用語とは別の意味で、「天皇は天皇として
あの戦争を戦った」ので戦争責任はあるとおもう。だってワシントン陥落
のさいの記念式典には陛下から何らかのお言葉をいただいていただろうしね

87 :右や左の名無し様:03/06/30 11:13 ID:v0woHgPS
>>85
>裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

世界の常識って何処の世界?何処の国の事。
終戦で憲法改正した時点で責任問題など決着しているのは世界の常識。
アメリカやGHQが問題にしていないのだから終了した問題。


88 :右や左の名無し様:03/06/30 19:28 ID:???
戦争責任てなんですか?

89 :右や左の名無し様:03/06/30 20:31 ID:???
>>87
馬鹿 お前は心の小さな人間だ お前はアホか あなたは人に嫌われるでしょう。かわいそうな人だ
君に意見なんて聞いていない 公式記録は何処でも権力者の都合のいいように書かれている
記録なんて都合のいいように書かれているんだ 俺は天皇反対の資料は信じるけど、擁護派の資料は信用しない
資料よりも自分の発想と意見で勝負しな 俺の意見はバランスが取れてるよ。君たちが偏った考え方をしているだけ
字を間違ったら彼に迷惑が掛かるとでも言うのか。ふざけるんじゃない 少なくとも君たちより俺の方が歴史に造詣が深い
人が書いた資料を引っ張り出してくるんじゃなく、長い文章を書け 俺はお前たちにバカにされる人間じゃない 
対面で話しているんだったら、俺に対して間違ってもそいう言葉を吐けない 掲示板だからそんな勇ましいことが言える 
インターネットという誰が発信したか特定しにくい媒体が、多くの人々に真実を伝え続けるだろう
資料の提示必要なし。戦前の資料自体信用できない。改ざんされた恐れがある 俺より君の方が天皇教信者じゃないのか
君の意見はこじつけで無理がある 俺はどちらかと言えばある意味じゃ無宗教だし、他人が作った宗教など信じない
何を蛸言ってるの 史料を自分の言葉に書き換えろ 尻の穴が小さいと思われるぞ なぜ史料に固執するのだろうね
右翼まるだしの低脳史料を持ち出しやがって 揚げ足ばっかり取りやがって。最低の奴らだ なに蛸いってるんだ
俺は政治トピで最近売り出し中 貴様らには負けるか 好きなことを書けばいい 政治トピじゃ結構受けてるんだがな
いちゃもんを付けているだけじゃないか 文章なんて読んでいない
お前のような、合理的なオツムを持っていない右翼じゃなく、バランスの取れた思考をするニタさん達は俺を認めている


90 :右や左の名無し様:03/06/30 20:33 ID:???
権力者の都合のよいことばかりしか書かれていない そんなことを書いていると鬼に笑われるぞ
俺の文章を読んで妄想と言うんだから、目が三角か四角形なんだろうよ
君たちだって俺がなにを言おうと受け入れないじゃないか。これは根本にある考え方の違いなんだ
俺に精進しろという前に自分で精進しろ。このうすら馬鹿 私はこのタイプの人間たちが嫌い
こいつら学校時代、絶対にいじめっ子だったと思いますよ。それか、いじめられ子 右翼マフィアども お前たちの意見を書き込め
お前はキューバのハバナにあるマソウラ(精神病院)へ行け お前はアホか 貴様らが挑発するからそうなった
俺が書いていることに矛盾はない 恥ずかしい文章でもなんでもない 馬鹿なやつらだ 読んでみたけど、全然可笑しくない
ほとんど病気 こんだけ非難を浴びるということは、俺の意見が強烈で的を得ているということ
このトピに来てる連中は程度が低いし、陰湿で病的 こいつらみたいには絶対になりたくないよ。吐き気がする
ふざけるな。トイレットペーパーよ 何処にオツムをつけているんだ ここは俺のトピだ。お主にとやかく言われる筋合いはない
俺の中には、ちゃんと残っている 史料、史料と煩い連中ですよ。ちょっと病的だ 右翼団体で洗脳するような内容
ひできさんがあまり完璧な文章を書くもんだから 奴らは負けた 訂正するのはめんどくさい ひでさん。ありがとう
君の主張はこじつけだらけだ 結局、彼らは歪曲した考え方に固執して、バランスがない 個人的な攻撃をされたのは、私
私も汚いない言葉を慎もうと思います そんなに石頭じゃダメだ 君たちは狭量な人間だ このトピは、石頭がいる
もうひとり変なのが来た お主には、招待状を出していない お主は嘘つきだ お主は右翼じゃん 人間が狭量だよな

91 :右や左の名無し様:03/06/30 22:04 ID:5gbeZIM8
昭和天皇がみずから戦争責任を認めてるのに、なぜウヨは異論をはさむのか?
なぜ責任を取らなかったのかに限定した議論にしようよ。

92 :右や左の名無し様:03/06/30 22:32 ID:???
それ以前に、なぜ日本国民は天皇の戦争責任を追及しなかったのかな?

93 :右や左の名無し様:03/06/30 22:49 ID:???
戦争責任てなんですか?

94 :右や左の名無し様:03/06/30 22:57 ID:???
>>90どこのコピペ?

95 :右や左の名無し様:03/07/01 00:10 ID:???
卑怯者だからさ
自分だけ処刑を免れてさ

96 :右や左の名無し様:03/07/01 01:27 ID:???
>>89>>90
すげえ・・・
さすが政治思想板、強烈なデンパがいるな。

97 :右や左の名無し様:03/07/01 05:11 ID:Muf8WIRB
>戦争責任てなんですか?
昭和天皇が「朕に戦争責任があった」と言ってるので。

98 :右や左の名無し様:03/07/01 05:56 ID:???
>>97
ちょと待て。いつ天皇が「朕に戦争責任があった」と言ったんだ?

99 :右や左の名無し様:03/07/01 14:40 ID:???
戦争責任てなんですか?

100 :右や左の名無し様:03/07/01 14:41 ID:???
ついでに100Get。

>>98
お花畑に何を聞いても無駄。

101 :右や左の名無し様:03/07/01 17:07 ID:AnFnRPlc
「戦争責任」なんて、プロ市民ご愛用の最近の言葉だろ。
終戦当時、そんなこと言ってた奴いるのか?
天皇と日本国民が一丸になってやった戦争に負けたからって、
誰かに責任押し付けるような下衆の日本人はいなかったよ。


102 :右や左の名無し様:03/07/01 21:40 ID:ff1ngIdN
>>97
ソースは文芸春愁。ウヨ死亡

103 :右や左の名無し様:03/07/01 21:45 ID:PZpRc6V4
>101
おめでたいヤツ

104 :右や左の名無し様:03/07/01 21:47 ID:???
>>101
会社がつぶれても、経営者に責任を押しつけちゃいけないよね。

105 :右や左の名無し様:03/07/01 21:52 ID:+jRMaMfb
小泉に文句をいってはいけない。
国民が間接的に選んだから。

106 :右や左の名無し様:03/07/01 21:55 ID:???
戦争責任てなんですか?

107 :右や左の名無し様:03/07/01 21:57 ID:+jRMaMfb
西部邁と桜井よしこ はサンフランシスコ条約締結後
退位して欲しかったといってるね。こいつらはサヨだろ。

108 :右や左の名無し様:03/07/01 22:14 ID:AnFnRPlc
>>104
その経営方針に納得して、上から下まで全力でがんばったんなら、
結果がどうあれ、責任取れとはいわんだろ。言う奴はたぶん部外者。

>>107
当時そう言ってたら慧眼かもな。
だが、昭和天皇の存在が、戦後復興・高度経済成長のサブリミナルな精神的支柱だった
という説を主張しておく。

109 :右や左の名無し様:03/07/01 22:20 ID:+jRMaMfb
金をとってプライド(道徳)を捨てた
戦後民主主義ってことだね。西部が天皇の退位を欲したのも
そーいうことだろうな

110 :右や左の名無し様:03/07/01 23:15 ID:OeCUiEe9
先帝ご自身は戦争責任をとりたかったのではなかろうかと愚考する。
それをさせなかったのはGHQだろうと思う。
http://members.goo.ne.jp/home/higuchit1102

111 :右や左の名無し様:03/07/01 23:20 ID:mQSbcAQ5
>>102
オイオイ(^^ゞ
文藝春秋(っていうか加藤論文)が手元にあるが、
何頁の何行目に
>昭和天皇が「朕に戦争責任があった」と言ってる
なんて書いてあるんだ?

112 :右や左の名無し様:03/07/01 23:33 ID:cq9DteQs
戦前は天皇陛下万歳!で終わったら責任とれですか、実体のない国民
何を求めてんでしょーね、日本人て

113 :右や左の名無し様:03/07/01 23:47 ID:???
>>108
仕方なしに頑張らされてた連中だってうじゃうじゃ居ただろに。

>>112
>何を求めてんでしょーね、日本人て
身の安全と、つるめる仲間。

114 :右や左の名無し様:03/07/01 23:54 ID:???
>>113
>仕方なしに頑張らされてた
国家という組織に属する以上、「仕方なしに」なんてのは良いわけにならないことぐらい解るよね?

115 :右や左の名無し様:03/07/01 23:54 ID:???
×:良いわけ
○:言い訳

116 :右や左の名無し様:03/07/02 00:07 ID:???
>>114
解らん。説明してみて。

117 :右や左の名無し様:03/07/02 00:17 ID:???
>>116
国民としての権利を享受するには、国民の義務を果たさねばならない。
義務が「仕方ない」から嫌だというならば、その前に、国民の権利を放棄しなよ、ってこと。

118 :右や左の名無し様:03/07/02 00:20 ID:???
>>117
んじゃ、戦前は国民にどんな権利があったの?

119 :右や左の名無し様:03/07/02 00:36 ID:???
思想信条の自由とか。平等な参政権とか(女にゃ参政権なかったそうで)。
そうした権利なしに義務だけ言われても、それは押しつけだ。
自分がコントロールする余地のない組織の行動にまで、末端の構成員が責任負えないよ。

個人的には、天皇制が残ったおかげでスムーズに戦後に移れたし、良かったと思ってはいるけど。

120 :右や左の名無し様:03/07/02 05:25 ID:6hbocudH
>個人的には、天皇制が残ったおかげでスムーズに戦後に移れたし、良かったと思ってはいるけど。

天皇制は残しても昭和天皇は残すな、ですよ。

121 :右や左の名無し様:03/07/02 06:15 ID:REz+nOHQ
>>120
天皇の政治的権力が戦前と同一に保たれたならば、昭和帝を残したのは間違いかもしれない。
しかし、天皇から政治的権力を排除したのだから、昭和帝が残っても間違いではない。

要するに、ある役職についていた人物が失政を犯した場合、その責任追及法は
1.人物をすげ替える
2.役職から権力を奪い名誉職とする
3.役職そのものを廃止する
という3つが存在する。
種々の理由から、日本では二番目の選択が取られたわけで、
責任追及法としては至極妥当なものといえる。

122 :■□■□ :03/07/02 06:25 ID:mapxUT56
とらなかったのでなく取らされなかったんだよばーか。


中学生でも知ってるよ。

123 :■□■□ :03/07/02 06:33 ID:FsJriTSF
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1057094846/

124 :お知らせ:03/07/02 18:51 ID:7vZlIoef
現在テレビ朝日系毎週土曜20:00〜20:54の時間には、
バラエティー番組『たけしの!こんなはずでは!!』を放送中。
昭和天皇様もこんな批判が出るなんてこんなはずでは〜〜〜〜〜〜!!!!!??
と思っているのか?

125 :右や左の名無し様:03/07/02 21:47 ID:???
自分だけ助かる為に必死でGHQに頼んだか

126 :右や左の名無し様:03/07/02 21:58 ID:???
>>124
いや、天皇という地位に止まり続けることは、
対外的にも対内的にも責任追及の矢面に立ちつづけることを意味すすのだから、
「こんなはずでは」とは思ってなかっただろう。
逆に言えば、退位して逃げる方がよっぽど楽。

127 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 04:55 ID:???
スレタイに即した話をさせてもらいます。
私が個人的に「昭和天皇の反転」と呼んでいる出来事、すなわち
マッカーサーとの会談以前には「私が命を懸けて全責任を負う」と発言していた
昭和天皇が“ある時点”から戦争責任問題に対して沈黙を貫徹し、不退位を決意した
という歴史的事実について、その詳細をより明らかにするためにちょっと
くどくどカキコしてみます。
まずはこの部分から
>マッカーサーとの会談以前には「私が命を懸けて全責任を負う」
>と発言していた

128 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 04:58 ID:???
8月9日御前会議(出席者である迫水久常「最後の御前会議」)

「それならば自分の意見を言おう。自分の意見は外務大臣の意見に同意である。
念のため理由を言っておく。

大東亜戦争が始まってから陸海軍のして来たことを見ると、
どうも予定と結果が大変に違う場合が多い。
今陸軍、海軍では先程も大臣、総長が申したように本土決戦の準備をしており
勝つ自信がある申しておるが、自分はその点について心配している。
先日参謀総長から九十九里浜の防備について話を聞いたが、実はその後
侍従武官が実際に見てきての話では、総長の話とは非常に違っていて、
防備は殆ど出来ていないようである。

また先日編成を終わったある師団の装備については、
参謀総長から完了の旨の話を聞いたが、
実は兵士に銃剣さえ行き渡っておらない有り様である事が判った。
このような状態で本土決戦に突入したらどうなるか、自分は非常に心配である。
或いは日本民族は、皆死んでしまわなければならなくなるのではなかろうかと思う。

そうなったらどうして、この日本という国を子孫に伝えることが出来るか。
自分の任務は祖先から受けついだ、この日本を子孫に伝えることである。
今日となっては、一人でも多くの日本人に生き残っていて貰って、
その人達が将来再び起ち上がって貰う外に、
この日本を子孫に伝える方法はないと思う。

それにこのまま戦を続けることは、世界人類にとっても不幸なことである。
自分は明治天皇の三国干渉のときのお心持ちも考え、
自分のことはどうなっても構わない。
堪え難きこと忍び難きことであるが、この戦争をやめる決心をした次第である。」



129 :その1 ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 05:03 ID:???
8月14日御前会議(出席者である下村海南『終戦記』)

「外に別段意見の発言がなければ私の考えを述べる。
反対側の意見はそれぞれよく聞いたが、私の考えはこの前に申した
ことに変わりはない。

私は世界の現状と国内の事情とを十分検討した結果、これ以上戦争を
継続することは無理だと考える。
国体問題について色々疑義があるということであるが、私はこの回答文
の文章を通じて先方は相当好意を持っているものと解釈する。
先方の態度に一抹の不安があるというのも一応もっともだが、
私はそう疑いたくない。
要はわが国民全体の信念と覚悟の問題であると思うから、
この際先方の申し入れを受諾してよろしいと考える。
どうか皆もそう考えてもらいたい。

さらに陸海軍の将兵にとって武装の解除なり保証占領と言うようなこと
は誠に耐え難いことで、それらの心持ちは私にはよくわかる。
しかし自分はいかになろうとも万民の生命を助けたい。
この上戦争を続けては結局わが国が全く焦土となり万民にこれ以上の
苦悩をなめさせることは私としては実に忍び難い。祖宗の霊にお応えできない。
和平の手段によるとしても、もとより先方のやり方に全幅の信頼を置き難い
ことは当然であるが、日本が全く無くなるという結果に比べて、
少しでも種子が残りさえすればさらにまた復興という光明も考えられる。


130 :その2 ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 05:05 ID:???
私は明治大帝が涙を呑んで思い切られたる三国干渉当時の御苦哀をしのび、
この際耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、一致協力、将来の回復に
立ち直りたいと思う。今日まで戦場にあって陣没しあるいは殉職して
非命にたおれたる者、またその遺族を思うときは悲嘆に耐えぬ次第である。
また戦傷を負い戦災を蒙り家業を失いたる者の生活に至りては私の深く
心配するところである。

この際私としてなすべきことがあれば何でもいとわない。
国民に呼びかけることが良ければ私はいつでもマイクの前に立つ。
一般国民には今まで何も知らせずにおったのであるから、
突然のこの決定を聞く場合、動揺も甚だしいであろう。
陸海軍将兵にはさらに動揺も大きいであろう。
この気持ちをなだめることは相当困難なことであろうが、
どうか私の気持ちをよく理解して、陸海軍大臣はともに努力し、
よく治まるようにしてもらいたい。
必要あらば自分が親しく説きさとしても構わない。
この際詔書を出す必要もあろうから、政府は早速その起案をしてもらいたい。
以上は私の考えである。

131 :まとめ ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 05:45 ID:???
8月9日御前会議(出席者である迫水久常「最後の御前会議」)

自分は明治天皇の三国干渉のときのお心持ちも考え、
自分のことはどうなっても構わない。
堪え難きこと忍び難きことであるが、この戦争をやめる決心をした次第である。」


8月14日御前会議(出席者である下村海南『終戦記』)

さらに陸海軍の将兵にとって武装の解除なり保証占領と言うようなこと
は誠に耐え難いことで、それらの心持ちは私にはよくわかる。
しかし自分はいかになろうとも万民の生命を助けたい。

132 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 05:53 ID:???
9.27 第一回昭和天皇マ元帥会談

『マッカーサー回想記』

私は天皇が戦争犯罪人として起訴されないよう、自分の立場を
訴えはじめるのではないか、という不安を感じた。
連合国の一部、とくにソ連と英国からは、天皇を戦争犯罪者
に含めろという声がかなり強くあがっていた。
現に、これらの国が提出した最初の戦犯リストには、
天皇が筆頭に記されていたのだ。

しかしこの私の不安は根拠のないものだった。
天皇の口から出たのは、次のような言葉だった。
「私は国民が戦争遂行にあたって政治、軍事両面で行った
すべての決定と行動に対する全責任を負うものとして、
私自身をあなたの代表する諸国の採決にゆだねるためおたずねした。」
私は大きい感動にゆさぶられた。
死をともなうほどの責任、それも私の知り尽くしている諸事実に照らして、
明らかに天皇に帰すべきでない責任を引きうけようとする、この勇気に
満ちた態度は私の骨のズイまでゆり動かした。

133 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 05:56 ID:???
藤田尚徳『侍従長の回想』

陛下とマ元帥が二人で何を語られたか、これは明らかにされていないが、
後日になって外務省でまとめた御会見の模様が私にとどけられ、それを
陛下の御覧に供した。
通常の文書は、御覧になれば私のもとへお下げになるのだが、
この時の文書だけは陛下は自らの御手元に留められたようで、
私のもとへは返ってこなかった。
宮内省の用箋に五枚ほどあったと思うが、
陛下は次の意味のことをマ元帥に伝えられている。

「敗戦に至った戦争のいろいろの責任が追及されているが、
責任はすべて私にある。文武両官は私の任命するところだから、
彼らに責任はない。私の一身はどうなろうと構わない。
私はあなたにおまかせする。
この上は、どうか国民が生活に困らぬよう、連合国の援助をお願いしたい」

一身を捨てて国民に殉ずるお覚悟をお披瀝になると、
この天真の流露はマ元帥を強く感動させたようだ。
「かつて戦いに敗れた国の元首で、このような言葉を述べられたことは、
世界にも前例がないことと思う。私は陛下に感謝申したい。
占領軍の進駐が事無く終わったのも、これすべて陛下のお力添えである。
これからの占領政策の遂行にも、陛下のお力を乞わねばならぬことは多い、
どうかよろしくお願いしたい」


134 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 05:58 ID:???
昭和三十年九月十四日付読売新聞 重光葵
(重光がマッカーサーとニューヨークで会談して)
マック
「どんな態度で、陛下が私に会われるかと好奇心をもって御出会いしました。
 しかるに実に驚きました。陛下は、まず戦争責任の問題を自ら持ち出され、
 つぎのようにおっしゃいました。これには実にびっくりさせられました。

 すなわち”私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、また事件にも全責任
 をとります。また私は、日本の名においてなされた、すべての軍事指揮官、軍人
 および政治家の行為に対しても直接に責任を負います。自分自身の運命について
 貴下の判断が如何様のものであろうとも、それは自分には問題ではない。構わず
 に総(すべ)ての事を進めていただきたい。私は全責任を負います。”

 これが陛下のお言葉でした。私は、これを聞いて、興奮の余り、陛下にキスをしよう
 とした位です。もし国の罪をあがなうことが出来れば進んで絞首台に上ることを申出る
 という、こに日本の元首に対する占領軍の司令官としての私の尊敬の念は、その後
 ますます高まるばかりでした。」

135 :右や左の名無し様:03/07/03 07:59 ID:w/AzJwek
だけど責任を取らなかった。

136 :右や左の名無し様:03/07/03 08:30 ID:z16wdFpj
取らなかったから、取らされちゃったんだよね。

137 :連投厳しいその1 ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 08:53 ID:???
田中隆吉「かくて天皇は無罪になった」

心配になった私は、キーナン首席検事に対して、天皇についてどのように考えているのか、
とたずねてみた。意外にもキーナン首席検事は次の如く答えた。

「自分をこの国際裁判の首席検事に任命したトルーマン大統領は、
私が日本の天皇をどうすべきか訪ねたところ、
裁判の結果罪状があれば処罰すべきだと答えた。
また、アメリカの新聞記者は、天皇の有罪か無罪かを重視して、私に対して、
天皇をどうするか執拗に質問してきた。
私はこの問題は日本におもむいて十分調査しなければどうするかは決定されないであろう、
と答えておいた。

 ところが、日本に到着して、マッカーサー元帥に面会した際、マ元帥はこういった。
『自分は昨年九月末に、日本の天皇に面会した。
天皇はこの戦争は私の命令で行ったものであるから、戦犯者はみな釈放して、
私だけ処罰してもらいたいと言った。もし、天皇を裁判に付せば、
裁判の法廷で天皇はそのように主張するであろう。
そうなれば、この裁判は成立しなくなるから、日本の天皇は裁判に出廷させてはならぬ』

私はマ元帥の言もあり、日本にきてからあらゆる方法で天皇のことを調査したが、
天皇は平和主義者であることが明らかとなった。
ソ連は天皇死刑、フランス、オーストラリヤ、オランダは天皇有罪を主張している。
最後はマッカーサー元帥が定めるところであるが、私としては、天皇を無罪にしたい。
貴君もそのように努力して欲しい」



138 :連投厳しいその2 ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 08:56 ID:???
マッカーサー元帥と天皇陛下との会見の模様は、私が松平康昌式部長官から
直接聞いたところによれば、次の如くであった。

その日、天皇は第一相互ビルの総司令部にモーニング姿で訪問されたが、
マ元帥は出迎えなかった。天皇陛下がマ元帥に会見を申し込まれた時、
マ元帥は来訪されても構わないが、出迎えも送りもしないとの返事であった。
天皇陛下がマ元帥の室に入ると、元帥は軍服姿で傲慢な態度で相対した。
面会と同時に切々たるお言葉で、前述の如く、

「ポツダム宣言によると、日本人は戦犯として裁判されるとのことであるが、
彼らはことごとく自分の命令で戦争に従事したものであるから、
この人たちを釈放して自分を処刑してもらいたい」
と仰せられた。


139 :連投厳しいその3 ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 08:58 ID:???
その一月六日(昭和23年)の夜、キーナン首席検事は、私と山崎秘書をつれて、
明治神宮外苑の絵画館の前におもむき、こう語った。

「我はマッカーサー元帥から天皇のことをきいてから、天皇の性格を研究した。
天皇は科学者である反面、消極的ではあるが、非常に強い性格の持ち主である。
その証拠は昭和十一年の二・ニ六事件の時の天皇の態度をみれば明瞭である。
ニ・ニ六事件は天皇の強硬なる態度によって解決したのだ。
もし天皇が国際裁判に出廷すれば一切の責任を一人で負うだろう。
そうなれば、裁判は成立しない。
そうなれば私も、マッカーサー元帥も政治的生命は終わることになり、
連合国の占領政策は失敗となるであろう。
今日の裁判で天皇の無罪が決定したことは、貴方がた二人の私に対する
協力のたまものである。この点二人に対し深く感謝する」

(略)
松平式部長官の話によると、天皇は裁判に関して、新聞の報道により、
私に対して不快の感情を抱かれておられたとのことであった。
松平氏が実情を奏上したところ、
「それは結構であった」
と仰せられたとのことだった。



140 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 09:04 ID:???
ファビアン・バワーズ「天皇・マッカーサー会見の真実」

会見直後のマッカーサー元帥は沈痛な面持ちでした。
陛下を見送った後、私とフェラーズ准将が部屋に入ると、
元帥は夫人と私たち三人の肩に手をかけてこういったのです。
「私は民主主義者として生まれ、共和国国民として育ち、反王政主義者
なのだが、位を極めたあれほどの人物が、かくも落ちぶれているのをみると、
心が痛み苦しくなる」
そういうと、くるりと向きを変えて二階に上がって行き、
昼食にも下りて来ないで一時間ばかり一人で考えごとをしていたようです。
なぜなら、陛下は
「すべての事は私の名のもとになされたのだから私が全責任をとる。
だから、東郷や東條や重光らを罰せずに、私を罰せよ」
といわれたからです。

141 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 09:07 ID:???
ボナ・フェラーズ「家族あての手紙1945年9月27日付け/フェラーズ文書」

天皇がアメリカ大使館を出発したとき、マッカーサーは感動の面持ち
でこう言った。
「私は自由主義者であり、民主主義国で育った。しかし、惨めな立場に
立たされた天皇の姿をみると、心が痛む」
オフィスに向かう途中でマッカーサーは、天皇は困惑した様子だったが
言葉を選んでしっかりと話をした、と語った。
「天皇は英語がわかり、私の言ったことはすべて直ちに理解した」
私は言った。
「天皇は、あなたから処罰を受けるのではないかと恐れているのですよ」
マッカーサーは答えた。
「そうだな。彼はその覚悟ができている。
処刑されてもしかたがないと考えている」


142 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 09:12 ID:???
1945年10月27日付のアチソン政治顧問から国務省への極秘電報

「(本日マッカーサーから聞いたところだが、9月27日の会談で天皇が)
責任を回避しようとするつもりはない。日本国民のリーダーとして、
臣民のとったあらゆる行動に責任を持つつもりだ」

143 :右や左の名無し様:03/07/03 09:19 ID:7aUSy43H
>>140
>「すべての事は私の名のもとになされたのだから私が全責任をとる。
だから、東郷や東條や重光らを罰せずに、私を罰せよ」といわれたからです。

第一回議事録に、この発言が載ってないのはどういうことですか?もみ消しですか?


144 :fidelcastro002:03/07/03 09:47 ID:???
満州事変は関東軍の暴走でしたが、敗戦までに行なわれた数々の戦争は、
昭和天皇の允裁によって始められたのです。歴史に「もし」という言葉は
ないというのは百も承知していますが、もし歴史に「もし」があれば、
もし彼が死を掛けて、第二次世界大戦の允裁を押さなければ、150万の
軍人の命、民間人150万〜250万(原爆の後遺症などで死んだ人々を含む)
の命を無駄に散らす事はなかったでしょう。もちろん、朝鮮人、中国人などの近隣諸国の人々の命もです。

百歩譲って、昭和天皇に戦争を始める決定権がなかったとしても、
我々が望んでいる指導者というのは、国民の過ちを諭し、国が危険に
瀕している時は、命を賭して国民を護るという人物です。象徴であるために、
その神聖を軍部に利用されて、国民を路頭に迷わす指導者など我々国民には必要ないのです。

それに、負けると分かった時点で、皇室という存在がポツダム宣言を
速やかに受諾できないという足かせを日本と日本人に嵌めてしまい、
この国を世界で初めて、唯一の原爆被爆国にしてしまった事実は、
人間の社会が続く限り永遠に消えないでしょう。

145 :fidelcastro002:03/07/03 09:48 ID:???
しかるに、某月刊紙で、天皇は「国民に謝罪したかったが。
故吉田総理が止めた」という詔書の草稿を掲載されても、
ナンセンスというしかありません。あれだけの死者をだした
戦争を始める允裁を押しておいて、謝罪する気持ちがなければ
犬畜生と変わりないでしょう。謝罪する気持ちがあって当たり前なのです。
自分の重臣が何を注進しようとも、自分の判断基準で国民や
アジアの国々に謝罪するべきではなかったのではないでしょうか。

結局、明治以来、天皇制によって恩恵を受けてきた人々の子孫が、
現在においても政権の中枢にいて、常に皇室の擁護をし、
学校教育で使う教科書に先の大戦の真実を記載させないようにし、
マスメデイアに皇室のいいイメージを流すことを強要しているのではないでしょうか。
某雑誌の「朕ノ不徳ナルモ・・・」もその一環のキャンペーンのように思えてなりません。

「朕ノ不徳ナルモ・・・」は私にとって何の意味もないものです。
天皇の重臣たちによる天皇擁護のようにしか思えないのです。
いくら謝っても、戦場に散っていった兵士、空襲や原爆で死んでいった人々、
日本の侵略によって死んでいったアジアの民は戻ってこないのです。

146 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 09:53 ID:???
さて、これから奥村勝蔵周辺の資料を貼ろうと考えていますが、
手間取っております。資料を貼れる方がいたらバンバン貼ってください。
以下は某スレからコピペ

「松井明手記」と奥村勝蔵の記録が昨年公表され、議論が再燃した。
前者は朝日新聞が入手して公表し、後者は外務省・宮内庁が公表した。
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/koushitsu/syouwa/2002/index.html
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/koushitsu/syouwa/1017-2.html
>松井明氏が残したメモが最近見つかった。その中で、第1回の通訳をした奥
>村氏の話として事の重大さから記録から削除したことが記されていると言う。
http://www.yomiuri.co.jp/features/macarthur/2002/ma20021018_01.htm
>最近では、奥村の後任として天皇・マッカーサー会見を通訳した松井明が、
>奥村から直接聞いた話として「天皇が一切の戦争責任を一身に負われる旨の
>発言」は「余りの重大さを顧慮し(奥村が)記録から削除した」と書き残し
>ていたことが明らかになった。




147 : ◆JFjmwvLTqU :03/07/03 10:07 ID:???
>>143
東京裁判対策で削除というのが濃厚のようです。
http://www.mainichi.co.jp/news/article/200210/17/002.html

148 :kazu:03/07/03 10:58 ID:iIIFbsl0
アルバイト・失業保険受給中の方でも
迷わずお申し込み下さい。お力になります
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp2/linkvp2.html


149 :右や左の名無し様:03/07/03 11:27 ID:a92THl2p
天皇の人格者演技(責任転嫁したら逆効果でマッカーサーの心証を害すると見た)が
日本占領を円滑に進めたいマッカーサーの政治的利害と一致したため、
『マッカーサー回顧録』の第一回会見の記述となったのだろう。
「人格者は人格者を知る」という法則をマッカーサーはよく弁えていた。
生涯最大の危機(国体及び玉体護持)を乗り切った後は
国民に対する説明責任を果たすことなく、
日本人向けや外国人向けの記者会会見の席でも
立憲主義者だから自分の意に沿わない案件でも裁可したという、
東京裁判向け弁明の論理で終始一貫するだけで済んだ。
わが意に反したものとはいえ大東亜戦争が始まったからには、
山田朗の著作でも明らかなような大元帥ぶりをどういう局面で発揮したかを、
言明なり文書なりで自ら表明していたら、私の評価も随分、異なっていただろう。
事実上の軍令を自らのイニシアティブで下す行為については必ずしも違憲行為ではないのだから、
そういう法認識の下で歴史的真実を垣間見せてたら、勇気ある人物とも言えただろう。

150 :右や左の名無し様:03/07/03 11:58 ID:TQklHxWP
当時の新聞を見ると、国民の方が開戦を熱望していたんだろう。
内閣・議会・国民世論の意思を、昭和天皇が大権を用いて止めるべきだったと?
それは独裁者になれということじゃないか。



151 :右や左の名無し様:03/07/03 21:31 ID:JwiennbS
>150
独裁者だったじゃん。ポン国唯一の主権者。

152 :右や左の名無し様:03/07/03 21:36 ID:???
必死で擁護してるな信者ども
責任取るなんて言ってもなければ、思ってもなかった
当然記録にもない

153 :右や左の名無し様:03/07/03 21:39 ID:Cqf9E2t8
天皇が責任取るって言ったのは大嘘。マッカーサーの創作

154 :右や左の名無し様:03/07/03 21:49 ID:gnLkktD8
おすすめ♪
http://zoetakami.fc2web.com/

155 :右や左の名無し様:03/07/03 21:50 ID:???
創作を信じ込むのが信者

156 :右や左の名無し様:03/07/03 21:56 ID:???
残念ながら「捏造」と叫ぶだけでは捏造にならないのが歴史学の世界。
まずは相反する内容の資料でもみつけて来てください。

157 :右や左の名無し様:03/07/03 22:10 ID:???
なんの典拠もなくマッカーサーの捏造だと信じ込む信者。
頼みの奥村メモも松井メモの出現で形無し。残念だったね。

158 :右や左の名無し様:03/07/03 22:23 ID:???
松井メモは捏造

159 :右や左の名無し様:03/07/04 06:23 ID:HFpW2KMl
責任を認めていたにも関わらず責任を取らなかった昭和天皇。
なぜ取らなかったのか疑問は続く・・・

160 :右や左の名無し様:03/07/04 10:11 ID:???
>>159
とりあえず文藝春秋読んどけ。

161 :右や左の名無し様:03/07/04 18:16 ID:???
神マッカーサー

162 :右や左の名無し様:03/07/04 20:48 ID:???
歴史を鵜呑みにする馬鹿もいるんだ

163 :右や左の名無し様:03/07/05 06:47 ID:GOSCw8xn
「朕がどうなっても良い、責任を取る。臣民を助けてやってほしい」と言った昭和天皇。
マッカーサーを美味くまるめ込んで、結局お咎めなし。

164 :右や左の名無し様:03/07/05 08:01 ID:9pJfCOli
罪を犯したなら謝罪するのは人間として当然

165 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/07/05 09:07 ID:???
戦争は外交の延長。罪ではありません。Sinでもcrimeでも。チョソは氏ね!
東京裁判史観こそが誤り。

166 :右や左の名無し様:03/07/05 09:18 ID:wdTfwtDk

http://www.sexpixbox.com/pleasant/teen/index.html


167 :右や左の名無し様:03/07/05 09:22 ID:9pJfCOli
>164さん
君が言ってることは正論である。
たとえ実権がなかったとしても、天皇の政治的決断によって生命財産を無くした人がいるのは事実。
天皇はそのことについて、人間として謝罪せねばならなかったのだ。

168 :右や左の名無し様:03/07/05 09:50 ID:iY+a0FT2
神だからさ(w

169 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/07/05 10:10 ID:???
>>168
アメ畜生も認めたわけやな。

170 :民主主義者:03/07/05 10:29 ID:???
>>164
>>167
そもそも日本の構造上絶対が前提である天皇陛下に政治決断を強いた愚行こそ罪だろ
その決断が国家にとって不利益を招いたらば誰が責任を取るのだ
絶対の存在が謝罪するなど国家の存亡に関わるじゃないか
罪を犯す絶対的存在など論理的に在り得ないからな
陛下のお心がいかに痛まれようとも謝罪など出来るわけが無い
それを匂わす様な行動(退位とか)も取れるわけが無い

いい加減それくらい理解しろ

171 :右や左の名無し様:03/07/05 11:32 ID:BvQRsx1E
日本の歴史を見れば、責任とって冠を自ら外した天皇は、いくらでもいるけどな。

172 :民主主義者:03/07/05 11:35 ID:???
近代国家が成立したのはつい最近だけどな
その前の体制では朝廷皇室は強力な権威ではあったかもしれないが絶対の存在ではなかったろ


173 :右や左の名無し様:03/07/05 12:22 ID:???
神マッカーサーがいたからさ。天皇制から脱出する機会だったのに
残したほうが支配しやすいから残ったんだよ。天皇制が、おかげで海外旅行も出来ないな。

174 :民主主義者:03/07/05 12:43 ID:???
>>173
もうちょっと分かりやすく頼む

175 :右や左の名無し様:03/07/05 12:47 ID:9pJfCOli
貴様はほんとに民主主義者か。なぜ非民主主義の象徴である天皇をかばうんだ。
だいたいこの問題を理解してないのはどっちだ。ふざけるんじゃない。
天皇はアジアの皇帝になりたいがため、軍部と結託して大東亜戦争を引き起こしたんだ。
逆に言えば、ヒロヒトさえいなければ、150万の軍人の命、
民間人150万〜250万(原爆の後遺症などで死んだ人々を含む)の命は失われずに済んだのだ。
謝罪したところでこの罪を償うことは出来ないのは当然だが、少なくとも人間として謝罪するのは最低限の義務なのだ。
にもかかわらず、負けるとほっかむりして知らん顔をとうし、
責任を問われても、文学方面はわからないとかいってシラを切りつづけた。
ようするに、国民は自分のために死んで当然と考えている本当の悪人なのだ。
こんな天皇を、我々国民は受け入れることは出来ない。
天皇制は即座に廃止すべきなのである。

176 :右や左の名無し様:03/07/05 12:53 ID:b6V52lJx
>>175
ええこというわ〜

177 :民主主義者:03/07/05 12:55 ID:???
>>175
君は国民という言葉を普通に使っているようだ

日本列島は自然に存在するし人間も自然に存在するかもしれない
しかし日本という国家やそこに所属する国民は自然には存在しないんだよ
なんで日本国という国家が個々に存在するか考えてみたことはあるかい?
で国家無しでも(難民であっても)君は今のような生活を営めると予測するのかね?

178 :右や左の名無し様:03/07/05 13:01 ID:9pJfCOli
176さんありがとう。
2chは「自称民主主義者」のような揚げ足取りばかりだと思っていたが、
貴殿のようなバランスの取れた思考をする人間もいることがわかって安心した。
私は、別に特別なことは書いてない。当たり前のことを当たり前に書いているだけです。

179 :民主主義者:03/07/05 13:04 ID:???
177の続き
昭和陛下に敗戦責任の一端が有ったとしても
果たして戦争で負けることは罪かね?
仮に罪であったとして
当時の国家元首であった陛下が謝罪などすれば国民にとって不利な結果を招くことが想像できないかな


180 :民主主義者:03/07/05 13:06 ID:???
>>178
オレは正面から議論を挑んでいるつもりだが
上げ足取り呼ばわりされるのは心外だな

181 :キウユダエウ氏:03/07/05 14:38 ID:EqHfjVnb
 天皇に戦争責任などは存在しない!天皇はなぜ、終戦の時は立憲制の原則まで破っまで終戦させることができたのに、
開戦させた時は軍部の独走を許しちゃったのかという議論が欠けてる。天皇は自ら専制君主にならぬように心がけてい
たので、開戦のときに政治に介入することはなかったのだ。
 それに対して終戦の時は原爆も落とされ異常な状態に日本はなっていた。つまり非常時は「民の父母」として終戦を
判断されたわけである!それは憲政の常道として、明治憲法の理念として昔から存在したのだ。
 天皇の戦争責任を問う人たちはまず明治憲法を研究されよ。
 ≫179
確かに負けたのは罪だと思う。天皇も終戦時にそういう責任を痛感していた。だから国民に謝罪し(文春7月号)、自ら
国民のために命を落とそうとされたのではないか。

182 :右や左の名無し様:03/07/05 14:42 ID:R/GEVPnL
責任を取ろうが取るまいが天皇が決める事だ。
日本では天皇に「責任を取れ」と言える人はいない。
天皇が責任をとる必要がないと考えれば、責任を取る必要は無い。

183 :右や左の名無し様:03/07/05 15:30 ID:LQNh/MgF
責任取るって言っても退位するだけだしな。
そんなん一般人にはどうでもいいじゃん。
まぁ、責任取らないことで求心力高めた感はあるけど。
みんな後ろ暗い所があったからそういう面で連帯感はあったんじゃないの?
天皇自身は責任とっても構わんと思ってたわけだが。

184 :右や左の名無し様:03/07/05 15:43 ID:LQNh/MgF
>>181
>天皇は自ら専制君主にならぬように心がけてい たので、
>開戦のときに政治に介入することはなかったのだ。

それなら自己の判断でやってることになって責任がでてくるだろ。

>確かに負けたのは罪だと思う。天皇も終戦時にそういう責任を痛感していた。
>だから国民に謝罪し(文春7月号)、自ら国民のために命を落とそうとされたのではないか。

責任の話だから罪がどうのこうのは話し逸れてるけどな。
昭和天皇は国民を多く死なせすぎたんでそれにたいして責任を感じたんじゃないの?
命を落とすとか言うのはマッカーサーとの考証という対外的な問題で国民に対する責任とはまた別だろう。

185 :右や左の名無し様:03/07/05 15:48 ID:???
×考証
○交渉

186 :右や左の名無し様:03/07/05 23:12 ID:???
ほんとのとこアメリカは日本人が反乱を起こすの待ってたんだ
でも日本の反戦論者・民主主義者をはじめとする人たちは
戦争が終わっても政治犯として収容されたままだった
多くの国民は今と同じで天皇を(神として)敬うよう教育され洗脳されてたし
今の北朝鮮と同じで恐怖政治の中で暮らしてた一般国民が立ち上がることもなっかた
ま、そんなとこ
ヒロヒトが責任取りたいなんて言う事もなかったし、その気もなかった
マリオネットのパープリンだからね
ビビッテただろうな
処刑されるんじゃないかと
ヒロヒトのアホ
最期まで情けねえ奴だ




187 :no-to製薬:03/07/05 23:51 ID:4AsCZmd+
教育勅語の、せいだ。

188 :右や左の名無し様:03/07/06 00:07 ID:9/wh7C26
私がどうなっても〜はどう考えても計算。既に天皇を処罰しないのは決まっていたから。

189 :右や左の名無し様:03/07/06 12:10 ID:z4FTd4Xh
昭和天皇は、国民を殺す代わりに私を殺してくれって言ったんじゃないの?
そして、それを聞いたある人が感動して、戦争が終わりになったとか。
で、日本天皇が認められたとか何とか。

・・・違うの?

190 :LEGION:03/07/06 12:14 ID:hU/o5cVC
おそらく作り話。それだけ責任を感じているならその後に天皇制の廃止でも
うたったはず。戦時中と同じく死ぬまで傀儡でいたこと自体反省していない
証拠。最後まで"日本の戦争は自分のせいじゃない"とか考えながら天国へ逝
ったことだろうよ。

191 :右や左の名無し様:03/07/06 12:17 ID:z4FTd4Xh
>おそらく作り話

Σ(´Д`; )

どれが本当の話なの??

192 :右や左の名無し様:03/07/06 12:22 ID:???
ハーバードビックス「昭和天皇」

193 :LEGION:03/07/06 12:23 ID:hU/o5cVC
歴史というか社会というのは基本的に悪い考え方の話の方が正確な場合が多い。
例としてはイラク大虐殺に関しても正義という意見よりも石油利権という話の方
が信憑性が高いだろう。
"正義"とかそういう考え方が最後まで良い方向の話だとして欲しいなら。
空想や妄想の世界に現実逃避してるほうが幸せだぞ。気に入らんが。

194 :右や左の名無し様:03/07/06 12:26 ID:n2y7h7GO
>190
天皇が逝ったのは地獄だよ(藁


195 :右や左の名無し様:03/07/06 12:48 ID:UmWfxI1X
本人が戦争責任を認めてたなら戦犯として処刑して欲しかった。
そうしなかった為に天皇制の存続が、其の侭免罪符となってしまった。


196 :右や左の名無し様:03/07/06 12:50 ID:VYeJblPw
『はまなすの会』の紹介で、釧路の今弁護士に債務整理をお願い
しました。夫とはこの件で離婚しました。これまで今弁護士の
事務所の方の言いつけを守り、苦しい家計の中から毎月1万円づを
今弁護士指定の口座宛に振込んで来ましたし、現在もまだ払い続けています。
その間、今弁護士からの経過報告は一度もなく、現在の債務状況
がどうなっているのか、あといくら残っているのか全く判りません。
ところが先日、ある金融会社から「全然入金がないので裁判を起し
ます」という通知(請求額200万)が来て腰を抜かしてしまい
ました。夜も眠れません。
今○美弁護士は、私が骨身を削る思いで送金をしているというのに
全く整理をしてくれていない事が判ったからです。。
つまり今弁護士は私のような依頼者から返済資金として数百万円の送金を
受けながら、実際に金融会社への解決金として支払ったのは約半分以下に
過ぎません。差額の半分は一体どうなったので
しょうか?私の頭の中で『今弁護士が着服しているのでは?』
という疑念が次第に大きくなって来た時、『業務上横領容疑』で
今弁護士に対する告訴状が釧路地方検察庁に提出され、弁護士会にも
今弁護士への懲戒請求が出されている事を知りました。
考えられない実態なのです。(自分はせっせと私腹を肥やす事に
余念がないのに!)
更に驚いた事は、私と同様の被害にあった債務者が多数いるという事です。
今弁護士のやっている事は借金で悩む私達に言葉巧みに近づきカモになる
と思えば、その生血を吸う悪らつ非道な吸血鬼と同じです。
こんな弁護士は市民の敵です。一刻も早く除名し、厳正な法の裁きを
して貰いたい。なんとか出来ないものですか?
あたかも弱者の応援、正義の味方を装いながら、弱い立場の依頼人を裏切る
不義の弁護士。決して許すことは出来ません。。。。。。。。。。。。。。



197 :画像集ですhttp://www.sexpixbox.com/pleasant/dx/index.html :03/07/06 13:40 ID:8NwUEKts
画像集です
http://www.sexpixbox.com/pleasant/dx/index.html


198 :右や左の名無し様:03/07/06 19:47 ID:K4CUtHG6
>>195
昭和天皇が戦犯だとすると、罪状は何?
平和に対する罪か? (藁



199 :右や左の名無し様:03/07/06 20:33 ID:wr3RDFIe
>198
反逆罪

200 :200:03/07/06 21:07 ID:???
200GET!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

201 :右や左の名無し様:03/07/07 01:50 ID:hi7nLfPf
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。

202 :ジェネラル・マッカーサー:03/07/07 14:12 ID:oQnhtjBO
日本人の精神年齢は十二歳の子供だからね。
彼らには心の支えとしての世襲の君主が必要なのさ。
意思決定に携わった絵最高責任者でありながら対外的にも体内的にも責任を問われることのない矛盾など、
深く物事を考えない黄色い猿には認識外の概念だからな。
ヒロヒトについては初めて会った時から、
こいつは自分と家系の地位と名誉とを守るためなら
なんでもする愛い奴だと分かっていた。
彼さえ押さえておけば占領軍に刃向かう奴はいないと。

あとチョソに娘を嫁がせてチョソにゆかりを感じている皇室を崇拝しながら、
チョソ死ねと言ってる輩は不敬の極みだろう。


203 :右や左の名無し様:03/07/07 15:33 ID:GEYyUXyy
>>198
天皇は当時の最高権力者だし、戦争を扇動した張本人だ。
戦争を扇動した罪がある。

204 :右や左の名無し様:03/07/08 22:27 ID:???
責任はとっていますよね。
主権を奪われたではないですか。

205 :右や左の名無し様:03/07/08 22:29 ID:???
>>193
「イラク大虐殺」
あなた面白いですね。

206 :右や左の名無し様:03/07/09 20:37 ID:???
神マッカーサー






























207 :右や左の名無し様:03/07/10 06:31 ID:NdUscCus
主権を返上すれば責任を取ったことになるのか。

208 :右や左の名無し様:03/07/10 07:28 ID:DxZR0x6B
主権を剥奪されただけに止まらずく、国民としての権利も享受できない窮屈な身分に落とされたんだよ。

「社会的身分又は門地」によって「政治的、経済的又は社会的関係において、差別され」ているし、
「公務員を選定し、及びこれを罷免すること」もできない。
「公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障」されてないし「信教の自由」もない。
「集会、結社」の自由はなく「居住、移転及び職業選択の自由」もない、等々。

こういう奴隷的待遇を強要されているのが天皇であるという事実を直視しないといけないね。

209 :右や左の名無し様:03/07/10 13:13 ID:???
民主・枝野政調会長、「昭和の日」法改正案に賛成の意向 asahi.com





210 :右や左の名無し様:03/07/10 20:23 ID:qSikQtIj
>208
その割には、美味い飯を食って大往生だった。

211 :右や左の名無し様:03/07/10 20:59 ID:RYe7vjex
>>210
君は天皇が羨ましいのかい?w

212 :右や左の名無し様:03/07/12 07:41 ID:???
神マッカーサー































213 :右や左の名無し様:03/07/15 07:24 ID:F/QeKNkK
>211
犯罪人にはなりたくない。キミは?

214 :山崎 渉:03/07/15 08:43 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

215 :右や左の名無し様:03/07/15 13:02 ID:???
敗戦の理由を天皇に押し付けて、いったい何をどうしたいのやら。

まぁ確かに、いつまでも「謝れ、賠償汁」のアジア3馬鹿国はウザぃけどな。

216 :右や左の名無し様:03/07/17 06:18 ID:zO0FM5n7
>215
もの忘れの激しいウヨにならないようにしなくては。
ウヨは思い込みが激しくて付き合うのが大変。

217 :右や左の名無し様:03/07/19 13:50 ID:/euqgvoM
昭和の日ができると、昭和天皇の戦争犯罪を毎年思い出させられるね。

218 :右や左の名無し様:03/07/19 14:39 ID:???
せやから戦争は犯罪やないって何度・・・。犯罪(国際法違反)は東京裁判や。

219 :右や左の名無し様:03/07/20 05:33 ID:RZ4ejVlU
昭和天皇自ら自分に戦争責任があったとしている。
ただ、責任を取らなかった。
残念だ。

220 :サヨナラ天ちゃん:03/07/20 14:02 ID:VNfTrEIi
「昭和の日」は「戦争犯罪者」の誕生日だから、「戦争犯罪反省の日」に改名すべき

221 :右や左の名無し様:03/07/20 14:25 ID:???
>>1
ヘタレだったから。

222 :右や左の名無し様:03/07/20 14:28 ID:???
>>220
戦犯の日でいいよ。

223 :右顧左眄:03/07/20 15:36 ID:G8KNzder
世の中常識の無い奴が多すぎる。いいか、当時は戦争も外交の一手段だったんだ。
だから戦争責任なんて誰にも無い。もし戦争責任があるのなら米、英、オランダ、
オーストラリアという日本との対戦国の首脳にもなければならない。だから、敗戦
国を裁くために平和に対する罪なんて法律を作って裁いたんだ。それでも政治家を
裁けないから共同謀議なんていうへんてこりんな理屈を考え出して裁いたのが極東
軍事裁判、通称、東京裁判なんだ。日本の政治家は選挙で選ばれているし、天皇は
内閣が輔弼する、ひらたくいえば天皇は政治に口出しできない、天皇の責任は内閣
が負う、という仕組みだから天皇にだって責任は無い。
だから連合国側のインドのパール判事は東京裁判を無効としたんだ。これは
日本びいきではなく、法律的な解釈なんだ。第一、平和に対する罪はら広島、長崎
の原爆投下の罪はどうなる。
くたぶれたので、また。

224 :右や左の名無し様:03/07/20 18:03 ID:???
今も戦争は外交の一手段。
だが、軍部は手段であることを理解できず目的にしてしまったのだ。

225 :遊び人の金さん:03/07/20 19:06 ID:V/F/cCBi
ナチもファシストも選挙で選ばれたんじゃなかったけ?
ナチ・ファシスト同盟国の裕仁帝国軍の戦争犯罪は永久に不滅です。
小泉以下の自虐史観うんぬん言うやつらは戦犯の子弟で、単に自分らの
先祖の戦争犯罪を覆い隠そうとしてるだけ。ちなみに
小泉の親父は公職追放を受けている。
石原(都知事)は東京大学に合格できなかったのが英語と漢文がバツだった
からアメリカと中国が嫌いなだけの5流以下の売文屋(自称作家)
どの作品が日本を代表する作品?(なんとなくクリスタルか?)

226 :右や左の名無し様:03/07/20 22:48 ID:/8Oo9zpQ
画像を取りに来てね♪無臭性を探し出せ♪

http://akipon.free-city.net/page003.html

http://nuts.free-city.net/index.html

227 :右や左の名無し様:03/07/20 22:51 ID:???
>>225
ナチやファシストと東条内閣の違いは、前二者が超法規的な私兵集団(ヒトラーは
突撃隊と武装親衛隊、ムッソリーニは黒シャツ隊)を持つ独裁者による国家の私有
化だったのに対し、東条はそうした暴力装置を持たなかったこと。
だから独・伊は合法的な政権交代が出来ず、ドイツは国土のすべてを蹂躙され、
ベルリン陥落まで戦わざるをえず、イタリアはパルチザンによるムッソリーニのリンチ
で連合国側に寝返ることになったが、日本は東条内閣を合法的に廃して鈴木終戦内
閣を組閣、主権を維持したまま降伏できた。
ミソもクソも一緒にして日本をこき下ろす手法はいい加減通用しなくなってることに気づけ。
まあ、石原都知事と田中県知事をごっちゃにしてる知障にこんな事言っても無駄か。

228 :右や左の名無し様:03/07/20 22:51 ID:fNiy6MMt
☆yahooアダルト検索ページ☆やっと見つけました☆
http://websearch.yahoo.co.jp/bin/query?p=http%3a%2f%2fendou.kir.jp%2f+site:endou.kir.jp&hc=0&hs=0

229 :右や左の名無し様:03/07/21 01:22 ID:cAkm623T
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。


230 :右や左の名無し様:03/07/21 01:32 ID:???
>>227
うーむ、それもそうなんだが、人道、ホロコーストの差が大きいと思う。

日本もクーデタの可能性はあったわけだし、
ドイツに関しては首都陥落・元首死亡の混乱で
後継政権の正当性を証明できなかったのが大きいかと。

あと突撃隊は違法だったの?この時代は共産党とかも武装してた気がするけど。

231 :右や左の名無し様:03/07/21 03:08 ID:???
>>230
人道に対する罪を問われたのはナチスのみ。ファシスタ党は問われなかった。
だから戦後、イタリアではムッソリーニの孫娘を党首として合法的に議席を持て
た。

違法と言うかヒトラーの命令であれば超法規的な活動が出来たと言う事。
日本の憲兵隊や特高警察もしばしば法を逸脱した取締りを行ったが、あく
までも一行政機関としての機能しかなかった。東条の懲罰的人事なども、
人事権の濫用ではあっても著しく法を逸脱しているわけではない。

この時期の共産党はドイツだけでなく、多かれ少なかれ武装はしていたろう。
革命による政権奪取が目的なのだから。
当たり前だが革命はどこの国でも違法。日本の治安維持法も本来は共産党
の革命を防ぐためのものなのだったのだから。

独裁者が国家を私有した場合、国家の興亡よりも己の権力保持を優先する。
その為に国家権力を超越した暴力装置を必要とするわけだ。
大日本帝国は独伊と違ってそれを持たなかった。だから主権を維持したまま
降伏できたし、戦後、東条は靖国に国民の圧倒的支持と議会の満場一致を
もって靖国に奉られたし、天皇の戦争責任を追及する声も>>229みたいなデンパ
だけで、世論の主流となる事は無かった。
どちらも独裁者ではなかったから、国民は天皇や東条のみに責任をかぶせる
事をしなかったのだ。


232 :右や左の名無し様:03/07/21 04:22 ID:cAkm623T
>>231
馬鹿 お前は心の小さな人間だ お前はアホか あなたは人に嫌われるでしょう。かわいそうな人だ
君に意見なんて聞いていない 公式記録は何処でも権力者の都合のいいように書かれている
記録なんて都合のいいように書かれているんだ 俺は天皇反対の資料は信じるけど、擁護派の資料は信用しない
資料よりも自分の発想と意見で勝負しな 俺の意見はバランスが取れてるよ。君たちが偏った考え方をしているだけ
字を間違ったら彼に迷惑が掛かるとでも言うのか。ふざけるんじゃない 少なくとも君たちより俺の方が歴史に造詣が深い
人が書いた資料を引っ張り出してくるんじゃなく、長い文章を書け 俺はお前たちにバカにされる人間じゃない 
対面で話しているんだったら、俺に対して間違ってもそいう言葉を吐けない 掲示板だからそんな勇ましいことが言える 
インターネットという誰が発信したか特定しにくい媒体が、多くの人々に真実を伝え続けるだろう
資料の提示必要なし。戦前の資料自体信用できない。改ざんされた恐れがある 俺より君の方が天皇教信者じゃないのか
君の意見はこじつけで無理がある 俺はどちらかと言えばある意味じゃ無宗教だし、他人が作った宗教など信じない
何を蛸言ってるの 史料を自分の言葉に書き換えろ 尻の穴が小さいと思われるぞ なぜ史料に固執するのだろうね
右翼まるだしの低脳史料を持ち出しやがって 揚げ足ばっかり取りやがって。最低の奴らだ なに蛸いってるんだ
俺は政治トピで最近売り出し中 貴様らには負けるか 好きなことを書けばいい 政治トピじゃ結構受けてるんだがな
いちゃもんを付けているだけじゃないか 文章なんて読んでいない
お前のような、合理的なオツムを持っていない右翼じゃなく、バランスの取れた思考をするニタさん達は俺を認めている

233 :右や左の名無し様:03/07/21 04:23 ID:cAkm623T
権力者の都合のよいことばかりしか書かれていない そんなことを書いていると鬼に笑われるぞ
俺の文章を読んで妄想と言うんだから、目が三角か四角形なんだろうよ
君たちだって俺がなにを言おうと受け入れないじゃないか。これは根本にある考え方の違いなんだ
俺に精進しろという前に自分で精進しろ。このうすら馬鹿 私はこのタイプの人間たちが嫌い
こいつら学校時代、絶対にいじめっ子だったと思いますよ。それか、いじめられ子 右翼マフィアども お前たちの意見を書き込め
お前はキューバのハバナにあるマソウラ(精神病院)へ行け お前はアホか 貴様らが挑発するからそうなった
俺が書いていることに矛盾はない 恥ずかしい文章でもなんでもない 馬鹿なやつらだ 読んでみたけど、全然可笑しくない
ほとんど病気 こんだけ非難を浴びるということは、俺の意見が強烈で的を得ているということ
このトピに来てる連中は程度が低いし、陰湿で病的 こいつらみたいには絶対になりたくないよ。吐き気がする
ふざけるな。トイレットペーパーよ 何処にオツムをつけているんだ ここは俺のトピだ。お主にとやかく言われる筋合いはない
俺の中には、ちゃんと残っている 史料、史料と煩い連中ですよ。ちょっと病的だ 右翼団体で洗脳するような内容
ひできさんがあまり完璧な文章を書くもんだから 奴らは負けた 訂正するのはめんどくさい ひでさん。ありがとう
君の主張はこじつけだらけだ 結局、彼らは歪曲した考え方に固執して、バランスがない 個人的な攻撃をされたのは、私
私も汚いない言葉を慎もうと思います そんなに石頭じゃダメだ 君たちは狭量な人間だ このトピは、石頭がいる
もうひとり変なのが来た お主には、招待状を出していない お主は嘘つきだ お主は右翼じゃん 人間が狭量だよな

234 :右や左の名無し様:03/07/21 06:30 ID:???
長文コピペはNGワードであぼーんすると便利ですよ。
いろんな板で張りまくってますね。( ´,_ゝ`)プッ

235 :右や左の名無し様:03/07/21 08:27 ID:MsmSPXR0
昭和天皇は戦前、絶対的権力を持ち、積極的に行使した。
これは明治憲法で保障されていた。

236 :右や左の名無し様:03/07/21 13:56 ID:K3Qqdi/B
明治憲法を制定するとき各国の憲法を調査した伊藤博文は、陸海大臣や総理大臣
に軍隊の指揮権を与えると、クーデターを起こしたり、政府が勝手に軍隊を動か
さないように、軍隊の統帥権を天皇直属に定めたんだ。これは天皇に統帥権があ
ることではなく、内閣は天皇を輔弼するから内閣の賛成がなくては天皇でも軍隊
は動かせない、そういうしくみをつくったんだ。もっとも、のちにこの統帥権を
逆手にとって、政治が軍部に容喙するのは統帥権の干犯である、などという知恵
ものがでてきて、せっかくの博文の策も台無しにされてしまったんだ。
だから、大東亜戦争の開戦決議も天皇には発言権はなく、内閣の決定を承認する
しか方法がないんだ。これが立憲君主制なんだ。だいいち、内閣が輔弼するとい
うことは、天皇には責任がないということであり、すくなくとも帝国憲法では天
皇には責任はない。しかし、法律論はそうであっても、天皇の意図に反してはい
ても、天皇の名において多くの兵隊が戦死したことは事実であり、道義的責任は
存在するかもしれない。
では、本当の戦争責任は誰にあるのか、内閣なのか、総理大臣なのか、議会なの
か法律的には誰にもない、それが戦争なんだ。じゃ、米国が負けたら大統領のル
ーズベルト、トルーマンに責任があるのか、そんなことはない。勝てば官軍、負
ければ賊軍それだけだ。

237 :右や左の名無し様:03/07/21 14:50 ID:???
みんな!!八島総業=須賀興業の台東区上野の闇金が、アダルトサイトの利用料金が未納
だとかで、至急電話折り返してほしいそうです!!→184(非通知)-090-8118-3018
こいつらは名前を変えていろんなところで暗躍している!!
みんなで折り返してやろうじゃないか!!→184(非通知)-090-8118-3018
■日時---7月22日(火)、朝10時より
■TEL先---184(非通知)-090-8118-3018
■方法---携帯でも家電でもどちらでも可。番号の頭に184をつけて、非通知
でかけてあげましょう!!必ず非通知(184)で!!公衆電話でもOK!!
ワンコール鳴らして切ってやりましょう!携帯の場合、発信中画面から着信
画面に変わった時点でワンコールされてますので、この時点で即切ればOK。
奴らがすぐに出てくる場合があるので、その時はこの方法を使えば、ワンコール即切りが可能です。
電話して、すぐに「メッセージセンターに接続します」となる場合は、電源を切った
場合なので、「氏ね」等、留守電に言いたいことを言って差し上げましょう。
もちろん、今からやっても良いですが、今日は休みらしく出てこないです。
それでも留守電につながるので言いたいことを言ってあげましょう!!
八島=須賀ソース↓
最終和解通知書 整理番号0511
この度過去に貴方様が利用したアダルトサイトの利用料金について債権譲渡を受け回収を代行する事になりました。入金なき場合は当社より御自宅、勤め先、まで伺わせて頂き、その際かかった人件費、交通費も請求させていただきますので早急にお支払ください。
未納利用料金 15000円遅延損害金   4220円支払合計金額 19220円
最終入金期限 7月22日 ご利用サイト トマトクラブ
振込口座 東京三菱銀行 上野支店普通口座   1587465 口座名義 ウリュウヤワラ
梶@須賀興業 東京都台東区上野1ー7ー1 代表 瓜生 和
09081183018 担当瀬島                

238 :遊び人の金さん:03/07/21 17:50 ID:DFRZ19Vh
ナチ・ファシスト同盟国の裕仁帝国軍を賛美奉賛する奴等は世界人類の敵だ!
地球から即刻出て行け!国連は、国連決議を持って国連軍を投入して北朝鮮ともども徹底壊滅すべきだ!

239 :右や左の名無し様:03/07/21 18:55 ID:dlFuHHlr
明治憲法下では全ての機関が最終的には天皇に対して責任を負うことになっている。
天皇は誰に対しても(勿論臣民に対しても)責任を取る必要が無い。
つまり天皇に戦争責任は全く無い。

240 :右や左の名無し様:03/07/21 20:24 ID:opXTvUSw
>236
権限の無い昭和天皇が戦争を止めさせたのか。
面白いね、キミ。

241 :右や左の名無し様:03/07/21 22:24 ID:???
>>237

>この度過去に貴方様が利用したアダルトサイトの利用料金について
>債権譲渡を受け回収を代行する事になりました。

債権の回収代行は弁護士しか行ってはいけない行為です。
その手紙をあなたに発送しただけで違法行為と見なされます。
警察に通報してください。

242 :右や左の名無し様:03/07/23 06:39 ID:ByUx3uCm
昭和天皇は責任の取り方が分からなかったようだ。
それからポン人は責任がとれなくなった。

243 :右や左の名無し様:03/07/23 16:56 ID:???
8.15以降のことなら
升味準之助の『昭和天皇とその時代』がよくまとまってる。
イデオロギー色も薄い。


244 :右や左の名無し様:03/07/23 23:44 ID:OAeEnXt4
開戦の勅書は昭和天皇の名前でハンコついて発表されてる
単純に考えて、その人の名前と押印がある文書に
本人の責任がないというのは考えにくい。
欧米でのサインと一緒で、名前とハンコは本人確認の手段だからな

昭和自身は「開戦の詔書を東条があのように使うとは思っていなかった」と
マッカーサーに言ってるがね

責任のとり方がわからなかったということはないよ
敗戦前に近衛文麿が天皇を出家させるという荒業を考え出してるし
昭和天皇自身も生前退位の先例を宮中グループに命じて探させている

木戸日記嫁、といいたいとこだが、なかなか大部なんでね



245 :右や左の名無し様:03/07/23 23:47 ID:???
明治憲法を理解していればハンコは上奏に対して自動的に押されるモノであると分かるはずだが。

246 :右や左の名無し様:03/07/24 06:26 ID:H/zsoD65
天皇は押印マシンか(w


247 :右や左の名無し様:03/07/24 06:59 ID:???
立憲君主制…

248 :遊び人の金さん:03/07/24 11:52 ID:UYYX+j0S
裕仁が戦争責任を取らなかったが、蔓延して誰も日本では責任回避が横行するようになったのだ!
いまからでも遅くない一族は特権地位を放棄して日本から右翼と神道を連れて地球から出て行くべきだ!

249 :右や左の名無し様:03/07/24 17:32 ID:???
終戦当初、日本国民はまだ天皇信者だった。
だからもし、天皇を死刑にしたら暴動が起こる。
と、マッカーサは判断したのだ。
だから天皇を死刑に出来なかったのだ。

250 :右や左の名無し様:03/07/24 20:49 ID:2fvXbTyF
天皇は実質はどうあれ組織のトップ
組織に何かあればトップは責任をとらなくてはいけない
といっても、すべての責任は天皇にあり、は暴論

251 :右や左の名無し様:03/07/24 20:49 ID:a/lzoqVc
最近pinkbbsに投稿されたバイナリ。(画像・動画)
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

252 :右や左の名無し様:03/07/24 21:34 ID:???
>>243
意味不明で曖昧な「呪縛空間」という用語が頻出すること以外はなかなかいい本です。

253 :右や左の名無し様:03/07/24 21:41 ID:???
>>250
訳分からん。明治憲法を読めって。
天皇が責任を問われない代わりに
各部のトップが取る形になってんの。

254 :右や左の名無し様:03/07/25 10:27 ID:IKc3BJn6
日本臣民は天皇陛下の赤子である。
赤子が親に対し責任を問えるはずが無い。

255 :右や左の名無し様:03/07/25 12:11 ID:2sHiJ7Xx
あほ、少なくともワイ(にほん国民)は、旧だいにっぽん帝国臣民とは、違うでぇ!
ナチ・ファシストと同質同類の旧臣民とその子弟は世界人類の敵だ!
オウム信者が、その代表なのだから、ナチ・ファシスト同盟国時代の日の丸振って君が代歌いながら地球から出て行け!


256 :右や左の名無し様:03/07/25 21:54 ID:ls1SERj9
>254
戦後、赤子から赤の他人になったので、遠慮なく責任を追及できるようになった。
>250
各部のトップも責任を取らなかったよ。
俺には責任がないとか言って。

257 :超右翼:03/07/25 23:31 ID:???
畏れながら、先帝陛下には以下に述べる責任がある。

一、先に独軍と共にソ連を挟撃すべきであったところ、頓馬な容共・松岡の
  言に騙され、米英に宣戦布告した。
一、一致して国難を打開しなければならない非常時に、機関説に賛意を示す
  など優柔不断で、決断が常に後手にまわっていた。
一、困窮する一般国民の声を代弁する二二六青年将校を迫害し、保守的な元
  老やボンクラの木戸内相などを重用した。
一、国民が一丸となって戦えば勝機があったのに、本土決戦を避けた。
一、日本文化の伝統を踏みにじり、愚かな人間宣言をした。
一、数多くの民間人を米国に殺戮されたにもかかわらず、対米報復・第三次
  世界大戦のために臥薪嘗胆することも忘れ、日本を去勢された対米隷属
  半植民地に貶めた。

258 :長崎広島人:03/07/26 07:00 ID:TREynstc
アメリカに責任がある。
この際、アメリカに責任を取らそう。
アメリカ全土をウイルス漬けにする。

259 :右や左の名無し様:03/07/26 08:20 ID:Z1kD5jyO
>258
昭和天皇に加え、飴にも責任があるということか。


260 :右や左の名無し様:03/07/27 04:29 ID:bstqQQ+o
いろんな資料からも、昭和が優柔不断だったことは事実だね
高松宮日記にもくりかえし出てくる
政治向けの人材じゃなかったのに、歴史の激動期に立ち会うというのは
皮肉だな

>257
沖縄に対しての態度も(占領を容認する発言)かなーり問題だね
沖縄きり捨てて本土を守ろうと言う態度見え見え


261 :右や左の名無し様:03/07/27 07:16 ID:mbf+z4Je
定期晒しですぅーーー、人事課の方要チェック

   豊島区高田3-11-14-405、早稲田大2年、レイプ魔 和田真一郎 容疑者(28)

   横浜市緑区寺山町、早稲田大4年、レイプ魔 小林潤一郎 容疑者(21)

   新宿区中落合1、早稲田大3年、レイプ魔 沼崎敏行 容疑者(21)

   神奈川県茅ケ崎市今宿、日本大3年、レイプ魔 藤村翔 容疑者(21)

   横浜市泉区西が岡2、学習院大経済1年、レイプ魔 小林大輔 容疑者(20)





262 :右や左の名無し様:03/07/27 19:24 ID:N3v2CLIw
ほほー

263 :右や左の名無し様:03/07/27 22:49 ID:???
 皇太子(聖上)の昭和二十年八月一五日の日記より・・・

無条件降伏という国民の恥を陛下御自身で御引受けになって
御放送になった事は誠におそれ多い事でありました。
……戦は負けました。それは英米の物量が我が国に
比べ物にならない程多く、アメリカの戦争ぶりが非常に
上手だったからです。……その(敗戦の)原因は日本の国力が
おとっていたためと、科学の力が及ばなかったためです。
それに日本人が大正から昭和の初めにかけて国の為より
私事を思って自分勝手にしたために今度のような
国家総力戦に勝つことが出来なかったのです。

264 :右や左の名無し様:03/07/28 18:01 ID:tXJLoT5u
>>263
戦争に勝ってたら陛下のお陰とか言いいそうだな。

265 :勤王挺身隊:03/07/28 19:47 ID:???
4月29日を「みどりの日」から「昭和の日」に変える法律ができそうだ。
それだけ昭和天皇が偉大だったということだ。

266 :右や左の名無し様:03/07/29 03:25 ID:???
>>263
おい、明仁さんの日記かよ。一部にせよ公開されてるとは知らなかったよ。
ソースきぼんぬ。

267 :右や左の名無し様:03/07/29 05:09 ID:vk+1dij+
>265
戦争責任をなまなましく思い出すためには昭和の日の方が適切だよね。
日本が存続する限り、末代まで語り継がれる。

268 :右や左の名無し様:03/07/29 05:21 ID:???
>>261
早稲田の事務の方が明かしたのでしょうか?

269 :右や左の名無し様:03/07/29 14:40 ID:3iyWTgDx
>267

昭和の日と戦争責任を結びつけるのはサヨクと在日ぐらいしかいねーよ。

270 :右や左の名無し様:03/07/29 14:53 ID:qbWsgZ7E
朕はたらふく食ってるぞ!

271 :右や左の名無し様:03/07/29 15:04 ID:TkkU/ZA4
>>270
浅沼逝ってよし。朕も民と同じ麦飯を食べている。

272 :右や左の名無し様:03/07/29 22:04 ID:SWfTq9+v
満州事変は関東軍の暴走でしたが、敗戦までに行なわれた数々の戦争は、
昭和天皇の允裁によって始められたのです。歴史に「もし」という言葉は
ないというのは百も承知していますが、もし歴史に「もし」があれば、
もし彼が死を掛けて、第二次世界大戦の允裁を押さなければ、150万の
軍人の命、民間人150万〜250万(原爆の後遺症などで死んだ人々を含む)
の命を無駄に散らす事はなかったでしょう。もちろん、朝鮮人、中国人などの近隣諸国の人々の命もです。

百歩譲って、昭和天皇に戦争を始める決定権がなかったとしても、
我々が望んでいる指導者というのは、国民の過ちを諭し、国が危険に
瀕している時は、命を賭して国民を護るという人物です。象徴であるために、
その神聖を軍部に利用されて、国民を路頭に迷わす指導者など我々国民には必要ないのです。

それに、負けると分かった時点で、皇室という存在がポツダム宣言を
速やかに受諾できないという足かせを日本と日本人に嵌めてしまい、
この国を世界で初めて、唯一の原爆被爆国にしてしまった事実は、
人間の社会が続く限り永遠に消えないでしょう。

273 :右や左の名無し様:03/07/29 22:08 ID:QuxDtp65
>269
出生率を考慮すると在日とサヨが日本の多数派を占めるのは
時間の問題だよ。

274 :右や左の名無し様:03/07/30 00:34 ID:???
そろそろブサヨが貼る長文コピペのパターンが限定されてきたな。

275 :右や左の名無し様:03/07/30 06:17 ID:C/JudUyL
>>272
>満州事変は関東軍の暴走でしたが・・・・
その関東軍に、お褒めの詔書なんか出したんじゃおしまいだワ。

276 :打通さん:03/07/30 06:59 ID:???
>中国人などの近隣諸国の人々の命もです。

優秀なチハ車が大陸打通作戦で白人崇拝の中国エセ抗日チンピラゴロツキ
を散々にどつき回してやったからな。

チハ車は馬力こそ小さくとも燃費効率が良く故障が少ないという、
現在の日本車の原点で、基礎工業力の確かさを示すものだ。

277 :_:03/07/30 06:59 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

278 :ハリー・キャラハン:03/07/30 11:33 ID:gRM1E2HD
戦争責任なんて誰にも無いんだ。もしあるなら、米英にだって無ければ
ならない。戦勝国にな無いというなら、敗戦国にも無いんだ。当時も今
も戦争も一つの外交手段なんだ。
まあ、それはさておき、憲法では天皇にはいかなる責任も無いことにな
っているんだ。内閣が天皇を輔弼することになっており、天皇は政治に
介入できない、内閣の決定事項を天皇は拒否できないし、いかなること
も命令できないんだ。これが立憲君主制なんだ。だから、開戦を内閣が
決めたら天皇は形の上で詔書を出してこれをみとめるしかないんだ。
そうすると、ポツダム宣言受諾はどうか、天皇が発言して決定したじゃ
ないか、というが、これは内閣が軍部を抑えて決定することができず、
俗なことばでいえば、内閣が天皇に下駄を預けた形にしてしまった。
内閣の職務放棄だ、そこでやむを得ず天皇がポツダム宣言の受諾にゴ
ーサインを出した。そういうことです。

279 :右や左の名無し様:03/07/30 11:54 ID:DCeSjZD0
>>278
>戦争責任なんて誰にも無いんだ。
この発想、危険な発想だと思います。その発想は、「個人崇拝、独裁体制の歴史」を看過したり
錯誤することにもつながるのです、実は。
 自分の「罪や程度」を「無くしたい。」とか「普通」にする為に、相対的な「シンボリック」
な存在を、実際より「過大評価する。」の、これ一種のファッショではないかと思います。
 これの延長は、「普通以下で罪がある存在の自分」を「普通、平均」にする為に、誰か、
「シンボリックで普通の人を神様にしないと、計算が合わない。」ということになる。
独裁体制移行の過程ではそういったことが社会現象か「権力ぐるみ」で行われる。


280 :右や左の名無し様:03/07/30 12:09 ID:DCeSjZD0
人間は誰でも「罪」があるのだが、それを「無いことにしたい。」という
様々な内的ベクトルは誰にでも働いている。「罪の意識」は辛いから。
その「内的ベクトル」を見つめ続け、コントロールするのが宗教なのだが、
それを否定する「唯物史観」や無宗教文化は、大衆の「内的ベクトル」を
野放図に解放する。よって「社会民主主義」という「左翼」も多くの場合、
独裁体制化する。

281 :右や左の名無し様:03/07/30 12:20 ID:DCeSjZD0
天皇を「神様にしたてあげた。」のは煽動家と多くの国民で、その多く
の人に、それなりの責任がある。だから、戦争責任を追求しながら、
いつまでも「何故、天皇は神様にされたのか。」という問題意識を持て
ない人は、「平和主義者」なのかどうか、疑問。


282 :右や左の名無し様:03/07/30 12:24 ID:DCeSjZD0
民主主義者としても、疑問


283 :右や左の名無し様:03/07/30 13:20 ID:C/JudUyL
>>278
昭和天皇はある時は立憲君主になり、ある時は絶対君主となったが、
自分は立憲君主であったと言い張り、部下を見捨てた恥知らずな無責任男。
自分が信頼してしていた、木戸や東条が刑務所に入っても全く知らん顔。

284 :右や左の名無し様:03/07/30 13:23 ID:6p2nNz8Z






           や ら せ だ っ た  9.11 テロ





285 :右や左の名無し様:03/07/30 13:23 ID:6p2nNz8Z

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     綺麗に崩れ落ちるように、スパッと「切れ込み」が入ってる。
古い設計のビルの最外周だけ白々しく崩落。 衝突痕も機体の破片もゼロ
http://www.defenselink.mil/photos/Sep2001/010914-F-8006R-002.jpg


      窓 ガ ラ ス  が 割 れ て い な い  ↓

全く衝突痕の無い「直後」の写真。 機体は当然無い。
http://www.asile.org/citoyens/numero13/pentagone/images/facade-intacte-hte-def2.jpg

明らかに「火災だけ」による被災状況。壁が綺麗に残っている。爆発跡が無い。綺麗な芝生。
http://www.asile.org/citoyens/numero13/pentagone/images/facade-intacte-hte-def1.jpg
       漏洩を恐れ最小限の作業による杜撰な自主的ペンタゴン放火の全貌
     http://helicopt.hp.infoseek.co.jp/pentagon04.html

    ’ ' ' . .∫ ..∫
          '∴∫.’∫                       /
              ∬∫                     /
    _______∬l //                〓-
    |         |★ ―               /
──┘──────└〓━━━━━━━━━━──────────
       ペンタゴン  ├──────────┤
       国防総省    最低 700 m
               ↑
          /    ココ
外側だけ。軽傷
                で
壁に             止まるのは奇跡。起りえない。 しかも
爆発痕が無い       手前で爆発した跡も無い。 芝生が綺麗。

286 :右や左の名無し様:03/07/30 13:39 ID:???
>>283
> ある時は絶対君主となったが
いつ?
お前の脳内、ってのは答えにならんからな。

287 :右や左の名無し様:03/07/30 13:40 ID:6OZfTnfY
>>283
言ったろ。天皇なんてただのオサーンなんだよ。

288 :右や左の名無し様:03/07/30 14:33 ID:C/JudUyL

「あの戦争は陛下がお留めになろうとすれば、お留めになれたはずだった。」( 高松宮 )

289 :右や左の名無し様:03/07/30 18:45 ID:???
てめぇ等クソ凡人のクソジャリがヲタクを馬鹿にする権利なんて微塵も無いんだよ、このボケがァ!!!つーかな、
お前等氏ね。今すぐ逝け。逝ってよし。
あのな、ヲタクってのはな普通の人と違うからヲタクっていうんだよ。解かるか?
テメェ等クソ凡人のクソジャリが踏み入っていい領域じゃねーんだよこのアホがぁ!
なんの谷間も困難も無く、裕福に育った平和ボケのお子様が出る幕じゃねーんだよタコ!
時代を支えてるのは結局のところヲタクなんだよ。解かるか?ランクが違うんだ。テメェ等がヲタクを「キモイ」だと?
勘違いすんじゃねーよ馬鹿。俺たちから見ればお前等の方が数億倍キモイんだよアホが。だいたいな、
その言葉を平気で発言するな。ヲタクの前で。失礼だ。ハッキリ言って。ヲタク相手だからって何でも言っていいのか?
なめんなよ。お前等クソジャリがヲタクに言葉を申す時はまず一礼してからデコを犬が糞した跡の地面に擦り付けてから言え。
ボケが。しかも敬語でな。つーかクツなめろ、オラァ。だいたいよ、お前等ゴミは中途半端なプライドを持ちすぎなんだよ
ボケがぁ。捨てろ、この星に捨てていけ。自分でそんな価値のある人間だと思っているのか?アホか、
テメェなんざ死んだって慰謝料1円で十分だこの歪んだ肉細工が!昼と夜の間で朽ち果てろ!つーか、1円でも勿体無い。
むしろ、こっちが何か貰うべきだ。汚い死体を見せられたからなぁ。目が腐ったらどうする気じゃこのボケェ!
1億円払えクソがぁ。払えなかったら俺ン家で床掃除でもしてろ。ただし全部口で掃除しろクソジャリ。便器もなぁ。
汚いとかヌカすと刺すぞコラ。テメェのツラの方が数兆倍汚いんだよハゲ!鏡見ろボケ。鏡が腐りそうだぜ。
嫌なら死んだっていいぜ。その方が地球にとってありがたい。消滅しろ。バニシュ・デスや。二度とそのツラ見せるな。
もし生まれ変わってもヲタク見たら真っ先に公衆トイレにでも鍵掛けてガクガクしながら隠れとけボケが。









290 :右衛門:03/07/31 10:11 ID:???
 この裁判の長は、濠洲人のウエッブであり、その検察長官は、
米人のキーナンであつた。このキーナンは、日本に来る早々、
「日本人は三十年来、侵略を目標として行動した。」と言い、公然、
わが日本民族をののしつた。しかし、それは大きな失言であつた。
私は小面にくしと感じたが、米人たちは、日露戦争以来、
日本は他国を侵略したというのである。
 日露戦争は、英米人が、こぞつて日本に同情し、日本を支援し、
ポーツマスの講和条約は、米人ルーズベルトの斡旋で成立した
のであつた。しかし、その歴史さえ、今の米人は知らないのであつた。
かかる不明の米人が、国際軍事裁判の検察官となつたことは、
その裁判を不正確なものにさせた大きな原因であつた。
 キーナンは、やがて公言した。「天皇には、戦犯である証拠がない。」と。
天皇崇拝にふけつている迷信者には、この公言は、あるいは
喜ばれたことであろう。しかしながら、正義と法理とをおもんずる
日本人には、それは、奇怪なことばとして、聞こえざるをえなかつた。
なぜなれば、天皇は日本の憲法上、大元帥であり、大本営の統裁者であり、
「大東亜の建設を嘉みされた人」であり(議会に通例な開院式の勅語の
ほかに特別に賜つた簡単な勅語)、たえず出征軍人をはげまされた
張本人であり、終始、戦争と密接しておられたことは、
万人のことごとく知る事実だからである。

 蜷川新 「天皇」 1952

291 :ハリー・キャラハン:03/08/01 16:40 ID:NX2AdKJj
283>>は勉強不足だ。立憲君主の反対は専制君主であって、絶対君主なんて
世界のどこにも存在しない。専制君主は君主が国事のすべてにわたり権限をもつ
ので、しばしば国民を蔑ろにし、国家の方向を誤るんだ。とにかく反対するもの
はすべて粛清するからまわりにはイエスマンしかいなくなる。
それはさておき、立憲君主というのは政治に介入せず、内閣が決めたらそれを追
認する、その代わり一切の政治責任を負わない、こういう仕組みです。だから、
内閣の決定事項に天皇がはんこを押した、はんこというのは一般人がつかうもの
で、天皇が使用するのは印綬というんです、印ははんこのことで、綬はひものこ
と、大きな四角の印に太い紫色の紐がついているものです。天皇が出す公式文書
にはすべて天皇の署名と印綬を押した印璽があるんです。これを御名御璽という
んです。日本人はらこの程度のことは知っておいて下さい。
東条以下戦犯が死刑になったときの天皇の心境は天皇という地位にいる人しか理
解できません、それをああだ、こうだというのは下司の勘繰りというもので、そ
んな単純なものではありません。そう思います。

292 :右や左の名無し様:03/08/01 17:32 ID:???
ふらここうざい。

340 :ふらここ :03/08/01 16:12 ID:NX2AdKJj
じゃあ、満州事変はなぜ起こったんだ。天皇は相談も受けてないし、詔書もだしてないんだ。
参謀本部石原莞爾の独断だったのは歴史的事実だ。天皇はときの田中首相に何度も問い質すが
そのばのがれのいいわけをするから、とうとう天皇が、田中には会いたくない、といったため
に田中内閣は総辞職する。これ以後、天皇は立憲君主制度を守り、一切政治に介入しなくなる
んだ。
統帥権干犯は黄門の印籠みたいなもので、これを出されると陸軍大臣も首相も反対できない、
そいう現実があったんだ。統帥権は天皇に帰属するが、天皇は内閣の承認を受けたものしか発
令できないのであって、内閣を抜きにして天皇が参謀本部と直接はなし、指示をあたえること
などできないし、ありえないのである。
339>>は政治と軍隊の指揮系統を誤解しているんじゃないのか。アメリカのブッシュ大統
領は三軍の総司令官であるが、大統領が行うのは、イラクでいえば、イラク攻撃にゴーサイン
を出すが、作戦は国防大臣に任せているんだ。日本の首相も防衛庁の長官に攻撃の許可を与え
るが作戦にまでは立ち入らない、素人が口出しすべきことではないんだ。政治責任というのは、
攻撃にゴーサインを出したことに対して負うものであり、軍人はその許可を受けて最大の効果
を揚げるように作戦を練り、開戦するのであり、これはどこの国でもおなじである。
真珠湾攻撃やインパール作戦を内閣が決定しなかったなどというのは、当たり前のはなしで、
戦争はプロとプロの戦いなんだ。
でも、戦争を決定したという責任は内閣にあり、天皇は内閣の決定には拒否権はないから承認
せざるを得ず、内閣と同一責任というのは組織論的に合理性を欠く。

293 :右や左の名無し様:03/08/01 18:40 ID:???
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。

294 :右や左の名無し様:03/08/01 18:44 ID:xvgki63s
アダルトDVDが
 最短でご注文いただいた翌日にお届け!
 http://www.dvd-exp.com 開店セール1枚 500円より


295 :右や左の名無し様:03/08/01 18:51 ID:ZanAnevJ
昔の人は天皇陛下の為に死ぬことを目的に生まれてきた。
天皇の為に死のことが無上の喜びだったのです。
特攻隊員も天皇のために喜んで死んでいきました。
天皇の戦争責任云々を言って彼らの思いを無駄にしてはいけません。

296 :右や左の名無し様:03/08/02 08:46 ID:5QLrcFZ+
>295
昭和天皇は、生きる喜びを知っていた。
特攻隊員の存在を殊のほか喜んでいた。
彼らのためにも生きることを望んだ。

297 :中「くっくっく、日本人は馬鹿ばっかりだな」:03/08/02 13:43 ID:???
中「くっくっく、日本人は馬鹿ばっかりだな」
韓「全くですな、こんなおいしい国がすぐ近くなのだから、シャブリ尽くさない手は無いですな」
中「ふふふ、オレは既にODA6兆円を日本に出させている支那」
韓「さすが宗主国様、私などはワールドカップのスタジアム建設費を少々出させているくらいです」
中「南京大虐殺という一言で奴らは平謝りで金を出す愚か達ばかりだ、奴らの金で作ったミサイルが自分に向けられていることも知らずにな・・・・・・」
中「おかげで軍事的にも経済的にも世界有数になりつつある支那」
韓「私めも強制連行や従軍慰安婦などを使っておりますが、そこまでは及びませんな」
中「ふ、よく言うわ。1965年当時の日韓基本条約の時に5億ドルもふんだくったのは何処のどいつだったかのぉ」
韓「くっくっく、さすがにご存じでしたか」
中「ワシが知らないとでも思っていたか?それにお前の仲間もパチンコや銀行からずいぶん金を集めているそうではないか」
韓「そうでございますな。自分の国の銀行はつぶしても、我々の北の仲間の銀行にはすでに3兆円もの金を投じております。しかもその金の一部はやはり奴らの頭上に降り注ぐミサイルに変わっているそうです」
中「お前たちの同胞がずいぶん多く住んでいるようだし、文化も技術も手に入れたい放題ではないか?」
韓「おかげさまで、奴らの言う竹島ももはや私めのものでございます、いずれ対馬や沖縄も・・・・・・」
中「おいおい、沖縄はワシのものだ。お前たちだけに独り占めはさせんぞ」
韓「これは、これは、恐れ入りました。まぁ、いずれは日本全土を我々の・・・・・・」
中「ふっふっふ、だが、洗脳教育で我々の精神的奴隷にして永久に奴らから搾取する方がよいとはおもわんかな?」
韓「そうでございますな。我々は旨い汁だけを吸うことに致しましょう」
中「はっはっは」
韓「はっはっはっは」
中・韓「あーはっはっはっは」


298 :マッカーサ:03/08/03 00:05 ID:gv9/hUvO
アメリカは極東の軍隊が統制のとれたものであることを認識していなかった。
ヨーロッパの騎士道を理想としていた米国は、
武士道が日本に存在することを知らなかったのである。
「菊と刀」はまだ出版されたばかりで、マッカーサは現地で日本の精神に
初めて触れた。そこで日本の統率の高さ・倫理観の高さをつくづく
思い知らされることになる。

なぜ天皇が責任を取らないのか?これにはマッカーサを中心とする米国
政府の強い働きがあった。日本人の倫理観の高さはの裏には、日本精神
を支える屋台骨があるからだと考えたのだ。だから日本の無条件降伏に
対する答えとして、「天皇には責任が無い」としたのだ。

299 :右や左の名無し様:03/08/03 01:04 ID:BfOQfQes
>293
 お前のような屑人間が生きていられるのも、先帝陛下の大御心の御蔭
 であるのだぞ。どうせお前の祖先なんぞ、戦争中逃げ回り、戦後のどさくさ
で体でも売って生きてきたゴミみたいなもんだろうよ。

 先帝陛下に戦争責任なぞあるわけがない。
 億兆心を一にして、最後まで大東亜戦争を完遂できなかったわれわれ臣民
の怠惰をこそ懺悔すべきなのだ。

300 :右や左の名無し様:03/08/03 01:42 ID:ezpXTfSP
天皇はプライドが高かったから☆

301 :右や左の名無し様:03/08/03 01:44 ID:QYAiLVHg
死にたくなかったから&自分の地位を守るため&愛する家族を守るため♪

302 :_:03/08/03 01:47 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

303 :右や左の名無し様:03/08/03 01:48 ID:QYAiLVHg
国民の圧倒的支持があったから♪
ヒトラーのようなカリスマテキ暴君の出現を防ぐため♪

304 :右や左の名無し様:03/08/03 06:28 ID:tmKz6x3X
>>299
馬鹿 お前は心の小さな人間だ お前はアホか あなたは人に嫌われるでしょう。かわいそうな人だ
君に意見なんて聞いていない 公式記録は何処でも権力者の都合のいいように書かれている
記録なんて都合のいいように書かれているんだ 俺は天皇反対の資料は信じるけど、擁護派の資料は信用しない
資料よりも自分の発想と意見で勝負しな 俺の意見はバランスが取れてるよ。君たちが偏った考え方をしているだけ
字を間違ったら彼に迷惑が掛かるとでも言うのか。ふざけるんじゃない 少なくとも君たちより俺の方が歴史に造詣が深い
人が書いた資料を引っ張り出してくるんじゃなく、長い文章を書け 俺はお前たちにバカにされる人間じゃない 
対面で話しているんだったら、俺に対して間違ってもそいう言葉を吐けない 掲示板だからそんな勇ましいことが言える 
インターネットという誰が発信したか特定しにくい媒体が、多くの人々に真実を伝え続けるだろう
資料の提示必要なし。戦前の資料自体信用できない。改ざんされた恐れがある 俺より君の方が天皇教信者じゃないのか
君の意見はこじつけで無理がある 俺はどちらかと言えばある意味じゃ無宗教だし、他人が作った宗教など信じない
何を蛸言ってるの 史料を自分の言葉に書き換えろ 尻の穴が小さいと思われるぞ なぜ史料に固執するのだろうね
右翼まるだしの低脳史料を持ち出しやがって 揚げ足ばっかり取りやがって。最低の奴らだ なに蛸いってるんだ
俺は政治トピで最近売り出し中 貴様らには負けるか 好きなことを書けばいい 政治トピじゃ結構受けてるんだがな
いちゃもんを付けているだけじゃないか 文章なんて読んでいない
お前のような、合理的なオツムを持っていない右翼じゃなく、バランスの取れた思考をするニタさん達は俺を認めている

305 :右や左の名無し様:03/08/03 06:29 ID:tmKz6x3X
>>299
権力者の都合のよいことばかりしか書かれていない そんなことを書いていると鬼に笑われるぞ
俺の文章を読んで妄想と言うんだから、目が三角か四角形なんだろうよ
君たちだって俺がなにを言おうと受け入れないじゃないか。これは根本にある考え方の違いなんだ
俺に精進しろという前に自分で精進しろ。このうすら馬鹿 私はこのタイプの人間たちが嫌い
こいつら学校時代、絶対にいじめっ子だったと思いますよ。それか、いじめられ子 右翼マフィアども お前たちの意見を書き込め
お前はキューバのハバナにあるマソウラ(精神病院)へ行け お前はアホか 貴様らが挑発するからそうなった
俺が書いていることに矛盾はない 恥ずかしい文章でもなんでもない 馬鹿なやつらだ 読んでみたけど、全然可笑しくない
ほとんど病気 こんだけ非難を浴びるということは、俺の意見が強烈で的を得ているということ
このトピに来てる連中は程度が低いし、陰湿で病的 こいつらみたいには絶対になりたくないよ。吐き気がする
ふざけるな。トイレットペーパーよ 何処にオツムをつけているんだ ここは俺のトピだ。お主にとやかく言われる筋合いはない
俺の中には、ちゃんと残っている 史料、史料と煩い連中ですよ。ちょっと病的だ 右翼団体で洗脳するような内容
ひできさんがあまり完璧な文章を書くもんだから 奴らは負けた 訂正するのはめんどくさい ひでさん。ありがとう
君の主張はこじつけだらけだ 結局、彼らは歪曲した考え方に固執して、バランスがない 個人的な攻撃をされたのは、私
私も汚いない言葉を慎もうと思います そんなに石頭じゃダメだ 君たちは狭量な人間だ このトピは、石頭がいる
もうひとり変なのが来た お主には、招待状を出していない お主は嘘つきだ お主は右翼じゃん 人間が狭量だよな

306 :右や左の名無し様:03/08/03 06:53 ID:fqorSLVh
>>1
責任を感じるほどの主体性を持っていらっしゃらなかったから。

307 :右や左の名無し様:03/08/03 07:11 ID:HAxPRbv9
今ヒトラ−の我が闘争を読んでいるけど、人種云々以外は、正しい箇所が多い。
特に、民主主義議会政治に関しての批判は的を得ている。






308 :_:03/08/03 07:28 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

309 :右や左の名無し様:03/08/03 07:29 ID:ZCcx+PjM
先生、>>304-305を縦読みできません。

310 :尊皇攘夷:03/08/03 08:01 ID:???
>>304 305

読んでも意味がない。
論理に一貫性がない。
天皇支持派の意見はすべて信用しませんと、議論を否定することを平気で言う馬鹿ですね。
議論の仕方もわからないようだ。
自分の意見と発想で勝負?資料は信用しない?

何処に客観性正当性を証明する根拠があるというのだろう。
狂気の妄想で勝負すれば、あんた(304 305)が無敵な事は言うまでもない。


311 :ハリー・キャラハン:03/08/03 09:17 ID:9r5A/X/B
305>>
「鬼が笑う」というのは、来年のことをいうから笑うので、バカなことをいっても鬼は笑わない。
鬼は点鬼簿を持っていて、これに来年死ぬ人の名前が書いてあるんだ、そこに名前が載っている奴
が、すなわち来年死ぬ奴が来年のことをさも生きているように思っているから、可笑しくて鬼は笑
うんだ。ということから、あまり先の予定を立てる人をからかって、鬼が笑う、というんだ。こと、
ばはその人の教養です。他人を罵るのもいいが、下品なことば遣いはやめましょう。品位がないと
いうことは、その人の言動に信頼がおけないからです。

312 :死刑執行官:03/08/03 09:27 ID:JdKQwNVV
アメリカ人の恰好の利用素材!
今からでも遅くない!
天皇の戦争責任
ブッシュと一緒に処理しましょう!

313 :ハリー・キャラハン:03/08/03 14:59 ID:9r5A/X/B
日本では高貴な人は名前で呼ばないんだ。たとえば昭和天皇のばあい裕仁というのは諱(いみな、生きているときの名)であって、諡(おくりな、生前の徳を称えて贈る名前)は死後につけられるものである。
現在の在位中の天皇は今上陛下という。だから、昭和天皇が生前中は文書表現上裕仁天皇と書くばあいもあるが、一般的ではない。また、このことは天皇に限らず日本文化として名前を呼ぶのは失礼だという風
潮があり、社長、部長、課長などと呼ぶ。軍隊もも階級で呼称し、名前だけで呼ぶことはない。
時代劇で、外様大名が徳川家康に面と向かって「家康どの」なんていう場面があるが、こんなバカなはなしはない。うえさま、将軍さま、権現さま、これならわかる。どんなばあいも決して名前はいわない、礼
を失するからである。
李朝ではどうだったのか知らないが、シナでも天子さまであろう。
だから、どのような議論をしてもいいが、相手国の文化に土足で上がりこむような不見識だけはさけるべきである。


314 :右や左の名無し様:03/08/03 16:33 ID:???
↑の彼女もしくは嫁の乳首は巨峰乳首

315 :右や左の名無し様:03/08/04 16:07 ID:vdpcM3dy
象徴天皇ももう終わりだ

316 :右や左の名無し様:03/08/04 20:08 ID:???
死にたくないのに
特攻隊員にされ
多くの人が死んでいった

317 :右や左の名無し様:03/08/05 03:24 ID:rKYBp2Ow
大日本帝国憲法を読めよ。内閣が機能している限り、
三軍の統帥権は天皇にはない。天皇が命令したらおおごとだ。
当時内閣は機能しており、天皇に決定権はない。
内閣が機能せず、天皇が自ら戒厳をしいたのは226事件の時と
敗戦の時の二回だけだ。あとは馬鹿国民が朝日新聞に踊らされただけだ。

>>316 死にたくないのに特攻隊にしたのは日本国民だった。まぎれもない
事実だろう。本質を見極めよ。


318 :右や左の名無し様:03/08/05 07:16 ID:i9JWkzRB
>317
極普通に天皇が命令してました。
だからおおごとになってしまった。

ここでの話題は、責任の有無でなく、責任があったと昭和天皇自ら認めてるにも関わらず、
なぜ責任をとらなかったのか/取れなかったのかです。
論点を間違えないように。

319 :右や左の名無し様:03/08/05 08:41 ID:87mmrOQO
>>1
先帝は「退位しないことで、戦後の経済復興を日本国国民共に実現する為に、
茨の道を歩む」という責任を取った。

天皇制の廃止は無理です。憲法96条の最後に「(憲法改正の国民の承認を得るためには)
その過半数の賛成を必要とする。」とありますが、概ねどの世論調査でも皇室への支持は
6割を超えています。しかも「国会が、これを発議し」とありますが、いままでも
そのような動きはありませんでしたし、これからもありません。

320 :_:03/08/05 08:43 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

321 :右や左の名無し様:03/08/05 08:44 ID:87mmrOQO
>>1
あ、それと、神道には「天国」や「地獄」という概念がそもそもありません。
先帝は、いまでも空の上から温かく日本を見守っておられます。

322 :右や左の名無し様:03/08/05 09:28 ID:vf+KtJz/
素人の疑問なのだが、何で内閣は統帥にタッチできなかったの?

憲法は天皇に統帥権があることを明記しており、
国務大臣はその天皇を補弼するとある。
参謀本部・軍令部に輔翼の責任があるなど一言も書かれていない。
(っていうか、参謀本部・軍令部自体が登場してない)
てことは、天皇の統帥にも国務大臣が輔弼するという余地があったんじゃ無かろうか、と。

323 :正義の見方:03/08/05 17:15 ID:GtxeFqzK
明治憲法では天皇に統帥権(陸海軍を支配下にき率いる権利)を持たせ、内閣が勝手に軍隊を
を動かせないようにした。だからといって天皇が独自に軍隊に命令することはできない、内閣
が天皇を輔弼(天皇の権能に助言をあたえること)することになっていた。はやくいえば、天
皇は内閣を通してしかおこなえず、そのかわり政治責任は負わなくていいことになっていた。
ところが、手話5年にロンドンで軍縮会議があり、軍艦の建造が縮小されることなったが、こ
れに調印した浜口内閣に対し軍部、右翼が統帥権干犯を持ち出し、政府を激しく攻撃した。内
閣が統帥権に介入するのは統帥権を犯すことになるというのである。
これに対して美濃部達吉は天皇機関説を唱え、統帥権干犯にはあたらないとし、天皇も機関説
を支持していた。


324 :_:03/08/05 17:18 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku06.html

325 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/08/05 17:19 ID:???
有色民族の希望の星の代表の先帝陛下がなんでそんな辱めをうけなならんねん?
笑わせるのもたいがいにさらせよ?

326 :右や左の名無し様:03/08/05 17:35 ID:Kdg0hgro
新品アダルトDVDがいつでも超激安! 


http://www.dvd-yuis.com/


327 :右や左の名無し様:03/08/05 17:58 ID:???
>>325

無職のお前の口から陛下を呼ぶとは汚らしい。

328 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/08/05 20:10 ID:???
おれが無職? 笑わせるのもたいがいにさらせや? 無職が一週間まるまま
出張になどいくもんか?

329 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/08/05 20:21 ID:???
××大学程度しかようはいらんで悪かったな。

330 :右や左の名無し様:03/08/05 21:16 ID:???
××=京都産業

やっぱり阪京は吉本だった。

331 :右や左の名無し様:03/08/05 21:27 ID:???
桃 山

332 :右や左の名無し様:03/08/05 22:58 ID:fHdDSozC
天皇機関説に政府は従わなかったけど。

333 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/08/05 23:20 ID:???
おれって桃大卒? 大爆笑。

334 :右や左の名無し様:03/08/06 00:48 ID:???
せ〜か〜い〜でいちばん〜
む〜せき〜に〜ん〜とい〜わ〜れた〜おとこっ

335 :右や左の名無し様:03/08/06 02:09 ID:???
最近の阪京のカキコはだんだん彼の人に似てきたが、
お前ひょっとして菊(以下略)

336 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/08/06 05:23 ID:???
誰が植木等で菊地やねん?

337 :右や左の名無し様:03/08/06 07:32 ID:UmCh6MG6
何故あの戦争についてのみ、あるいは日本のみ、昭和天皇のみに、「戦争責任」が問われるのか?
その前の日清・日露の「戦争責任」はどうなんだ。あれは勝ったからいいのか?

また、今も世界のあっちこっちで戦争やってるけど、それらの「戦争責任」は一体誰が問う?

馬鹿馬鹿しい。


338 :尊皇攘夷:03/08/06 09:37 ID:???
>>337
賛成、 良いことを言うなー。

日本だけを不当に悪く言う中国や韓国の主張は、劣等感や妬みからの言い掛かりが多い。
イギリスやアメリカの活動と対比して同じ基準で評価をすべきだよね。
中国や韓国は、平等の原則ぐらいは護るべきだ。

339 :右や左の名無し様:03/08/06 11:19 ID:laUwlcmk
阪京は無敵の南河内大学応援団OB

340 :右や左の名無し様:03/08/06 12:04 ID:tcG+DypB
●7・13昭和天皇記念館着工反対行動。デモ後に昭和記念公園事務所に申し入れ。50余名参加(7/13)。

★7・13「阻止団」声明★

▼一体全体何が「昭和天皇記念館」なんだ。ふざけるにもほどがある。「昭和回帰」で狙われるもの、それは現在の
国家的危機の為政者たちの責任を民衆へと転化することだ。それは二重の意味で犯罪的である。一つは、「昭和史」
をヒロヒトの立ち振る舞いで表象しようという意図そのもの、そしてもう一つはそれを独占し、自由に操作しようと
いうその魂胆。“黒幕”たちは確かに存在するのだ。「記念館」建設を目論む昭和聖徳記念財団の理事会名簿には政
・官・財・宗各界の中心のうちのさらに中心的な顔ぶれの名が並ぶ。彼らは自らの根本的/人間的な優性を確認する為
に、天皇制を決して手放さないだろう。彼らは日本社会の為政者たちの歴史と結合し、天皇制と結合し続けることで、
この社会の差別・分断支配の術を受け継いでいくのだろう。私たちの目的はそれを奪うことではなく、その支配の術を
破壊することにこそあるのだ。


341 :右や左の名無し様:03/08/06 12:04 ID:tcG+DypB
▼自衛隊基地の街・立川に、昭和天皇記念館が建設されることはなんら偶然ではない。国家的暴力の神話的形態を内面
的にも外見的にも再生産し続けなければならない国軍にとって、天皇との結合はその位置を維持するための最も手っ取り
早い方法の一つで依然あり続けているのだ。自衛隊の栄誉礼の中で、最も特別な地位にある着剣ささげ銃が天皇と隊員の
棺にのみ行使されることを思い起こそう。立川財界の権力者たちで構成されるライオンズクラブの特別会員として、立川
駐屯地司令が記念館建設募金のコマンドを発する側の立場に寄り添っていることを思い起こそう。イラク派兵による自衛
隊海外派兵の飛躍的強化によって、「なぜ死ぬのか/なぜ殺すのか?」という議論がいよいよ自衛隊兵士たちのものとな
るだろう。“大義の不在”に天皇がつけこんでくることは絶対に阻止しなければならない。
▼基地と共に歩んだ立川90年の歴史は、屈辱の歴史だった。“帝都防空の要”とされ、多くの朝鮮人を含む人々が徴発さ
れた陸軍飛行場時代。米軍に支配され、朝鮮・ベトナムへの派兵基地とされた米空軍基地時代。米軍撤収とともに行われ
た自衛隊強行進駐、広域防災基地建設、天皇公園開園。そして今、新たな派兵の時代に狙われる天皇記念館の開館は、不
断の再編が企図される軍都立川の新たな結節点となるだろう。要するにやられっぱなしじゃないか!見過ごすな。やり返
せ。昭和天皇記念館建設を阻止しよう!

 2003年7月13日 昭和天皇記念館建設阻止団

http://www4.ocn.ne.jp/~tentmura/tentoHP-top.htm

342 :右や左の名無し様:03/08/06 12:29 ID:???
そんなもん造ろうとしてたとはしらなかった
教育勅語に洗脳された奴が今じゃ
官僚のトップに君臨してるからな
若者にも広げようとしてるのら
でも、もうそんな時代じゃないんだな、これが
しょうもない低脳記念館は呪いの館
推進するやつは祟りに遭うぞ〜〜〜〜〜〜〜


343 :右や左の名無し様:03/08/06 14:09 ID:C28gzGKE
今日は「原爆の日」天皇は平和記念式典になぜ出席しないのでしょうか?
天皇は関係ないというのでしょうか?色々ある式典の内、多いに関係ある日だと思いますが?
静養している場合ではないと思いますが?

344 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/08/06 15:04 ID:???
わては有職民族の希望の☆です。

345 :阪京 ◆IIa1AtwkTU :03/08/06 15:07 ID:???
ちょんわ、ちょんわ、くえー、くえー。誰が近畿大学出身やねん?

346 :右や左の名無し様:03/08/06 17:50 ID:ofoXV7XZ
>>343
沖縄に行きづらいのと同じ理由です。

347 :右や左の名無し様:03/08/06 18:24 ID:???
>>343
どうでも良いけど「記念」じゃなくて「祈念」な

348 :右や左の名無し様:03/08/06 18:25 ID:3Vu91ODY
>>343
出歩かないでもらったほうが税金かからないからいいかと。。。

349 :右や左の名無し様:03/08/06 20:19 ID:jwvkZNNk
出席しないのは天皇が特定のスポーツ選手とかチーム応援できないのと同じこと。

むしろ戦争の原動力になったのはマスコミに踊らされてた国民。

350 :右や左の名無し様:03/08/06 21:45 ID:9k/giAUC
>349
い〜〜え、昭和天皇のお力です。

351 :右や左の名無し様:03/08/07 01:29 ID:PhJPPvr3
新刊案内 (玉音放送のCD付き)
『天皇の玉音放送』 小森陽一・東京大学教養学部教授(日本近代文学)

「週刊新潮」(8月6日発売)で紹介され問い合わせ殺到中!!
http://www.fureai.or.jp/~gogatsu/sinkan-gyokuon.html

週刊新潮の記事を読んだけど、過激な内容で、こんなやつが東大教授かよ?と思わせる
ほどの内容。そして、玉音放送の使用を許可した宮内庁が皮肉られている。
何らかの“行動”を起こす団体も現れるのではないかとも予感させる。

352 :正義の見方:03/08/07 16:45 ID:uceJKm90
広島の記念式典というのは、原水禁とか原水協とか政治的に利用されていて、国民統一
ということからいうと問題があるのです。ですから天皇が参列すると政治的に利用され
かねないから出席されないのです。靖国神社もそうです。東京大空襲の行事にも出席さ
れません。

353 :尊皇攘夷:03/08/09 11:15 ID:???
>>352
良くご存知ですね、社会党と共産党が主導権争いを繰り広げて、分裂と統合を繰り返ししていた、
政治闘争のための桧舞台があの広島の式典だったのです。
反米闘争のためのソ連や中共の政治宣伝にも利用されてきた、政治的に汚されて来た式典だった。

靖国神社などよりも政治的に利用され、汚されて来たオームのような新興宗教てきな式典になっていた。

靖国が軍国主義に利用されたと批判するなら、平和式典が政治的にいかに利用されてきたかも批判すべきだ。
ご都合主義の批判はうんざりだ。

354 :右や左の名無し様:03/08/09 11:16 ID:???
池田は           

(大白蓮華 昭和31年4月号)
「国立戒壇の建立こそ、悠遠六百七十有余年来の日蓮正宗の宿願であり、また

     創 価 学 会 の 唯 一 の 大 目 的 

なのであります」

(大白蓮華、昭和34年6月号)
「大聖人様の至上命令である

     国  立  戒  壇  建  立  の  た  め  

には、関所ともいうべき、どうしても通らなければならないのが、

     創 価 学 会 の 選 挙 

なのでございます」

といってますが、これは一体どういうことなんですか?

ttp://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1057065225/



355 :正義の見方:03/08/09 15:58 ID:vOjT2wXX
昭和天皇がなぜ戦争責任をとらなかったか?もちろん政治的責任は憲法上からもないことは周知のじじつだが、
天皇にしてみれば身を賭してでも戦争を阻止しなっかた、あるいは天皇の名において多くの兵隊が戦地に送られ
命を散らしていった、そのことの同義的責任も痛切に感じておられたと思う。責任をとることは退位することで
あり、皇太子は小さく、摂政として高松の宮があたることが予想され、これに天皇が危惧をもたれていた。四捨
五入していえば、高松の宮は天皇制を廃止するのではないか、自分の代でそんなことになったら先祖に申し訳が
立たない、というはなしが漏れ伝えられています。もちろん、退位を政府もマッカーサも認めませんでしたが、
ありうるはなしです。

356 :右や左の名無し様:03/08/09 16:01 ID:IWczK8Y1
http://www.gamblingfederation.com/~146717iUA/P/indexjp.html

357 :右や左の名無し様:03/08/09 16:07 ID:mJdaM8qW
政治あ

358 :右や左の名無し様:03/08/09 17:56 ID:mTkmtYGM
「天皇の戦争責任・再考」(洋泉社) 嫁。

359 :右や左の名無し様:03/08/09 18:05 ID:77xwnxZY
お盆だよー! アダルトDVDが激安販売中
         http://www.dvd-exp.com
 最短でご注文いただいた当日発送いたします!
         http://www.dvd-exp.com
          1枚 500円より


360 :右や左の名無し様:03/08/09 20:42 ID:w9mh4qrY
日本は総理大臣がスキャンダルを起こしても日本はゆるがない。
総理大臣は権力者ではあるが権威はない。権威は「天皇」にある。
日本は世界最大にして最古の君主国です。また、日本は天皇がおられるから革命が起こらない。歴史でもわかるように
天皇を味方にしなければ革命は成功しない。戦後、最初の段階ではマッカーサーは天皇制を認める気は毛頭なかったが
マッカーサーが本国に送った電報を紹介すると「もし戦後天皇を告発するならば、
日本国民の間に必ずや大騒乱が起こるしその影響きはかり知れない。
天皇を取り除くようなことになれば日本は瓦解するで有ろう。
その処置に対しては、日本全体が消極的ないし半ば積極的な手段によって
抵抗するものと思われる。すべての統治機関が停止し、地下活動による混乱、
無秩序状態が山岳地帯や辺地でゲリラ戦に発展していくことも考えられる。
占領軍の大幅増強が絶対不可決となるであろう。最小限に見ても、
百万の軍隊が必要となり、無期限にこれを維持しなければならないであろう。
それから行政官を前面的に補充し、呼び寄せなければならない。
その規模は数十万に達するであろう。また、事実上、戦時方式による
対外物質補給体制を確立しなければならないであろう」
これがマッカーサーの電文です。
しかし、国民的基盤の上に立ち制度を超えた存在であつたため格別の配慮を必要としたのです。
詳しくは省くが戦争終結にいたって御前会議が幾たびも開かれて結論が出ない状態であったし
交戦派と意見がわかれたんです。昭和20年8月14日に再度御前会議が開かれ、昭和天皇の終戦決意の
「聖断」が下された。その一説を紹介すると 「陸海軍の将兵にとっては武装の解除なり占領というようなことは
まことに耐え難いことで、その心持は私には分かる。しかし、自分はいかになろうとも、万民の生命を助けたい。
この上戦争を続けては結局我が国がまったく焦土となり万民にこれ以上苦悩を嘗めさせることは私としてじつに忍び難い。
粗相の霊にお応えできない」
このお言葉で正式に国家の意思として終戦が確定したことになるんです。
8月15日の玉音放送の威力は偉大だったといえるんです。
あれほど壮大苛烈だった戦争がゲリラ戦もなく一瞬に終結したし
天皇の高貴な威力が発揮した一瞬なんです。

361 :右や左の名無し様:03/08/09 21:19 ID:DwEouvw/
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。

362 :右や左の名無し様:03/08/09 21:26 ID:NB7EPGUu


□■完全在宅ビジネスで稼ぎましょう■□

とにかくお金が欲しい方はこちらへ!

ネズミ講のような悪質な内容ではありませんので、ご安心ください。

http://absolute-japan.com/ura/~members/2010015/index.html

363 :360:03/08/09 21:57 ID:w9mh4qrY
>>361
いろんな思想はあるけど、天皇制の問題は君主国の近代の敗戦国では
どのような経過をたどっているかというと、
ドイツ、オーストラリア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ユーゴスラビア
など、ことごとく君主制は廃止されている。イタリアは戦後の国民投票で
国民の支持を受けることができなかつた。
これに対し、日本は廃止どころか昭和天皇の「戦犯」告発すらはばかる状況であった。
現在も天皇は日本のために日々ご苦労をされている。
そんな状況下で戦争責任をとって天皇は退位するべきであつたとか
あわよくば「天皇制」を廃止してしまいたいと目論んでいる政党もあるが、
いくら理屈を並べても天皇の歴史は日本の歴史であり、
お祝い事で記帳に駆けつける国民が多いという現実もある。
先頃の内親王ご誕生のときも共産党さえ祝辞表明に賛成している。
いろんな思想があるのは結構なことだか、天皇を否定することは
日本の歴史そのものを否定することになる。
「日本とは何か」「日本人とは何者なのか」そのとき「天皇」を抜きにして
まともな回答はできないでしょう。
ついでにいうならアメリカは移民の国で国としての伝統がない。
主義、主張、文化の違う人々の集まりだから、そうなると集団として
いざこざが起きるために採用されたのが「議会制民主主義」
ですから現在の「議会制民主主義」は問題がある。


364 :右や左の名無し様:03/08/09 22:52 ID:mTkmtYGM
何十年たってもまだ「天皇=日本」を精神的な支えにしている人間、
すなわち根本的に歪んだ上下関係を正しいと思っている人間がいる
このことから、日本の未来は暗いかもしれない。


365 :右や左の名無し様:03/08/10 01:22 ID:yAqc0xXZ
>>364「天皇=日本」を精神的な支えにしている

一般庶民は自分自身のために仕事をしているが天皇は国のため
に仕事をしている。そこが根本的に違うでしょう。日本の天皇制
と世界の皇室では歩み方がまったく違う。戦争と天皇と一緒に
考えるのではなく切り離して考えるべきだ。

366 :右や左の名無し様:03/08/10 13:00 ID:78NTxXdd
「どこに行っても○○というだけで家を貸してもらえないぞ。」
「なに、それはひどい。民族差別だ。」

このような会話が日本国内で過去から現在まで数千万回もされただろうか。
やがて○○たちは一致団結して○○住宅公団なるものを作った。
(かってに公団を名乗るんじゃねえ)

…そして数年後。ここは○○住宅公団の会議室。

「アイヤー困った。あいつら全員家賃払わないぞ。」
「俺も『家賃を払わないぐらいで出てけとは同胞差別だ』と言われた。」
「まったくこれだから○○ってのは…。おっと俺たちも○○か。」
「どうする。このままでは××の二の舞。倒産するぞ。」

そして○○の幹部たちは無い知恵を振り絞って妙案を考え付いた。
それは素晴らしい名案だった。早速、募集要項に書き足した。
それは…

「○○、お断り」


367 :正義の見方:03/08/11 16:45 ID:csbYSiCA
世界の常識では敗戦国の元首は大抵のばあい国を捨て、海外に亡命するのです。
マッカーサも天皇が会見を望んでるを知りながら、なかなか応じなかった。命乞
いにくると思っていたからである。ところが会見すると、天皇は「責任はすべて
私にある。私の一身はどうなろうとかまわない。私はあなたにお任せする。この
上はどうか国民が生活に困らぬよう、連合国の援助をお願いしたい。」といわれ
たので、そのことばに感激したマッカーサは帰りには玄関まで見送りに出たので
ある。しかし、マッカーサは天皇の戦争責任を認めると、重臣たちの責任がうや
むやになることを恐れ、また、占領政策も考慮して訴追しなかったのである。

368 :右や左の名無し様:03/08/11 17:32 ID:???

 「突然解任されたマ元師を天皇はじめ閣僚、議員がこぞって称賛」

    http://www.gendai.net/contents.asp?c=024&id=167


昭和天皇は、もはや民間人になったマッカーサーを訪問すべきではないという宮内庁幹部の意見を退け、彼が日本を去る前日の15日に宿舎を訪れ両手で彼の手を握り締めて別れを惜しんだ。

そうした予定はまったくなかったというが、マッカーサーがタラップを上がったときに1人の閣僚がマッカーサー万歳を叫び、多くの政治家や役人が思わず声を合わせるシーンもあった。

369 :右や左の名無し様:03/08/12 00:57 ID:rl0g7QNd
>>367
?天皇には戦争責任は無いんじゃなかった?

370 :右や左の名無し様:03/08/12 10:02 ID:+cBdfFgD
天皇はクロだよ。

371 :右や左の名無し様:03/08/12 10:09 ID:RwhAu+5u
>>370
天皇はアナキストじゃないだろ。美智子皇后がアナキスト詩人の
竹内てるよの本を絶賛したことはあったけど。

372 :正義の見方:03/08/12 16:32 ID:MwvYRVeP
天皇には政治的責任はないが、道義的責任はあったと思う。形の上でも統帥権は
天皇にあったわけだし、天皇の名で戦地に送られた人々もいたのだから、責任が
なかったとはいえない。一番苦しんだのは天皇だったのではないか。退位すれば
すっきりするし、好きな生物の研究もできるわけだから。このあたりの心情、そ
の後の象徴天皇としての生き方、それが世界の人々から評価され、亡くなられた
とき、葬儀に際してあれほどの国家元首が参列したのである。ある意味では日本
人よりも他国の人々のほうが公平に評価していたのではないかと思う。


373 :右や左の名無し様:03/08/12 16:42 ID:809wWitv
>>372
日本が先進国になっていなかったらあれほどの国家元首は集まって
いなかっただろうな。天皇がすごいのではない。国力がすごいのだ。

374 :右や左の名無し様:03/08/13 04:03 ID:lI62+SUh
>>342
激しく同意。

375 :右や左の名無し様:03/08/13 06:24 ID:A3U9khgo
>>342
はははは。そういうこと言ってると、教育勅語読んでないことがばれるよ(プ


376 :山崎 渉:03/08/15 09:17 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

377 :山崎 渉:03/08/15 09:23 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

378 :右や左の名無し様:03/08/16 08:36 ID:gqM/F8jZ
age

379 :愛媛出身:03/08/16 12:37 ID:VoJAVMac
天皇の戦争責任より、俺が気になるのは、千島と南樺太。
日本が領有を放棄する、とサンフランシスコ条約には書いてあるが、
ロシアのものだとは書いてない。
したがって、これらの領土は、連合国のものである。

ロシアを追い出して、日本領土に復帰させる方法は無いか?

380 :正義の見方:03/08/17 16:33 ID:Al2KueTR
>>373
かりに、いま小泉総理大臣が亡くなられたとして、昭和天皇の葬儀と同じように
世界各国の元首が集まると思いますか?
このくらいの見通しがきかないようでは、政治を語れません。フォード大統領が
天皇に会われるときの緊張ぶりにアメリカ人も驚いたのではないですか。権威と
いうのは生まれつき身に備わっているもので、フォード大統領は歴史伝統の大き
さに身じろいだのでしょう。


381 :右や左の名無し様:03/08/17 17:43 ID:vjAuobm8
〉〉1
つーか戦争責任ってなに?負けた責任?ベトナム戦争の戦争責任者は、
ケネディとかニクソンか?今度のイラクは、フセイン?
日清日露の戦争責任は? 勝ったらチャラになんのか?
戦後、「戦犯」として処刑された約1200人の人々は、間違って殺されちゃったのか?
教えてくれや!


382 :右や左の名無し様:03/08/18 07:31 ID:23548Q+s
>381
おいおい、昭和天皇自ら自分に戦争責任があったと言ってるんだぜ。
天皇のお言葉にけちを着けるとはウヨとは思えんな。

383 :ふらここ:03/08/18 15:45 ID:6lF994Lq
>>382
昭和天皇がマッカーサに戦争責任を明言したのは、自分が一切の責任を負うから
国民が食料に飢えることがないように援助してくれと申し出たわけで、政治家、
軍部の責任も負うといったので、だからといって法律的な責任があるといってい
るわけではない。

384 :右や左の名無し様:03/08/18 15:46 ID:b6T7NxxP
またまた女子トイレ盗撮モノです。
皆さん誰も見てないところでは、こんなに簡単、かつ大胆にパンティーを脱ぐんですね。
なんか自分が透明人間になった気分で非常にドキドキしてしまいます。
女子トイレを覗きたい人、必見です。
無料ムービー観てね。
只今、半額キャンペーン中
http://www.excitehole.com/


385 :右や左の名無し様:03/08/18 17:02 ID:3/pduc5H
東條英機が、「天皇に責任無し」と東京裁判で闘い、未来の日本の為に散って行ったのだ。東條英機及び、東京裁判を見直すことで、答えが見えて来ると思う。

386 :尊皇攘夷:03/08/18 17:40 ID:???
>>385
東条たちが、戦争責任は天皇に有るから天皇を処刑しろと言ったら、処刑されたのだろうか?ソ連などは
それを望んでいたらしいが、A級戦犯たちはそんなことは言わなかった。

A級戦犯が合祀されるようになってからは、天皇は靖国参拝をしていない。
中止した理由は不明だが、参拝するべきだと思う。

387 :右や左の名無し様:03/08/18 22:15 ID:BN71gN2K

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408602329/qid=1061210297/sr=1-9/ref=sr_1_0_9/250-2035572-6161866

388 :右や左の名無し様:03/08/18 22:15 ID:LjF5Nz8w
>385
昭和天皇の意にそえず、天皇の夢をつぶしたのが東条だぜ。
そんなヤツを祀ったところに行く気にならんだろう。

389 :そりゃ:03/08/18 22:47 ID:zTNSchmr
 戦争責任という話の前に 戦争自体がとてつもなく国民にとって不利益な事であった
という認識が必要、
 国民のために死んだと思われている人は実は国民のために死んだのではなくて
本当は国民が多く死ぬ結果となった戦争を長引かせ より多くの人を殺す結果となったのよ
 それなら 英霊は 原 敬 であって 戦争で死んだ人ではなくなるよね

390 :右や左の名無し様:03/08/18 23:22 ID:unZGd3hp
>>380
仮にいま日本が発展途上国だとして昭和天皇の葬儀と同じように
世界各国の元首が集まると思いますか?

391 :右や左の名無し様:03/08/18 23:24 ID:???
       国籍ないヤツァ日本から出てけ!!
── =≡∧_∧ =
── =≡( ´∀`)≡  ズガッ     -=○-○∧_∧
─ =≡○_   ⊂)_=_  \ 从/-=≡ r.(  π )丶`A´>
── =≡ >   __ ノ ))<   >  -= 〉天皇 つチョソつ
─ =≡  ( / ≡  _/VV\-=≡⊂ 、 ノ_ ノ
── .=≡( ノ =≡   /|   ,,   -=  し'ノ し'
 ̄ ̄ ̄日 ● 本 ̄ ̄|/ ,,,   ─━━━─


392 :右や左の名無し様:03/08/18 23:48 ID:nY2AqsG0
対外的な戦争責任はどうでもいいから、靖国に参拝するなり、建て替え費用
だすなり天皇はすべき。自分の父の命令によって死んだ英霊に感謝でも謝罪
でも何でも良いから語りかけるべき。終戦の日の公式参拝は国家元首こそ出
向くべきではないのか?

393 :そりゃ:03/08/18 23:52 ID:zTNSchmr
 いやいや天皇にお金出させたら駄目.あれは税金だから
日本の象徴なら 英霊と同じように 首を差し出して 一人でも多くの国民を
助ければよかったのに、 

394 :ふらここ:03/08/20 16:06 ID:ZktOy3ph
>>390
今現在の日本のはなしをしているので、貧乏国だったらなんてはなしをしても
なんの意味もない。ひとの問いかけにはその条件で答えるのが礼儀というもの
だ。自分の立場が悪くなると論点をすりかえる、これはずるい人間、卑怯な人
間のすることである。

395 :右や左の名無し様:03/08/20 18:09 ID:pzfS79O/
どうやって責任取るの?何百万人って死んだんだよ。
かれ1人が処刑されても誰も生きて帰らない。
つまり責任も取れないようなことをしたということだ。


396 :右や左の名無し様:03/08/20 18:23 ID:Xxx3KbwL
>>395
ヒトラーが死んでもだれもいきかえらないからヒトラー
には処刑は適切ではないと?

397 :右や左の名無し様:03/08/20 19:39 ID:jBIvtNof
>>395
数百万人殺しても罪を問われない人間を英雄と言います。

398 :右や左の名無し様:03/08/20 20:30 ID:S6wuhgmL

http://search.shopping.yahoo.co.jp/search?p=%B5%CE%C2%E7%C2%A2&R=books&f=0

399 :右や左の名無し様:03/08/20 23:03 ID:VyxXiBGx
週刊新潮の「最新研究」を読んだ奴、報告しろ。

400 :右や左の名無し様:03/08/21 05:38 ID:8hcrAtC8
結局、昭和天皇は、天皇の地位の重みが理解できていなかったと思われる。

401 :右や左の名無し様:03/08/21 12:18 ID:???
言葉のアヤ 1975

402 :右や左の名無し様:03/08/21 23:52 ID:fhP/1yw8
「天皇の玉音放送」を読め!俺は読まないが。
だって2500円は高いよ。

403 :ジョン:03/08/22 15:18 ID:A3EozwLA
日本において、責任はとるものではなくて、とらされるもの。
責任者は権力を失わない限り、責任をとることはない。
そもそも、軍隊も天皇の軍隊であって、最後の一兵まで天皇のために戦う。
戦争に負けたら、国民が天皇に謝らなければならない。

404 :右や左の名無し様:03/08/22 19:18 ID:O3Z9UtmG
>>403
一億総懺悔したでしょ。

405 :右や左の名無し様:03/08/22 23:22 ID:20DSIls8
>404
その中に昭和天皇は入っていない。
彼はざんげしなかった。

406 :右や左の名無し様:03/08/22 23:30 ID:E+zx5mop
戦前の天皇の権限と、戦後の天皇の権限を比較してみれば、
天皇が責任を取らされたことは明らかなわけだが。


407 :右や左の名無し様:03/08/23 00:00 ID:???
ひーろひとらー ひろひとらー
おこしにつけたー かくばくだんー
ひとつー わたしにー くださいなー

あーげましょおー しょーにちさん
これでー あなたも てんのうじん




408 :右や左の名無し様:03/08/23 00:06 ID:???
昭和天皇に戦争責任なんてあるとは思わないな
確か戦争の発端は、陸軍の現地部隊が独断で行動を起こしたのが原因のはず。
普通、末端の不祥事で監督責任が問われるのは直属の上司ぐらいまで
ましてや、当時の朝日新聞なんて「神軍」なんて表現があふれてて国民は意気高揚
し、息子が出征する家ではお祝いしたぐらい。
世界的な大恐慌のしわ寄せを一身に受けてた後発資本主義国にとって、ファシズムか
ボルシェビズムか、当時は事実上 二者選択だったろう。
(現代ですら「対米追従」は左右両方に叩かれる)
それが敗戦後、都合が悪くなり天皇制に責任をなすりつけた「戦後民主主義」知識人は
かなり胡散臭い偽善者(しかも自らの回想では「軍国少年」だったとか)
「本土決戦」の叫び声の中、それを遮って「聖断」を下した昭和天皇に責任を問う
日本人がいるとしたら相当な偽善者だと思われる。2.26事件の時の対応もそうだったが
事実上「象徴」に近い存在にも関わらず、出来る限りの責任を果たしたといえると思う。

409 :そりゃ:03/08/23 00:07 ID:iKiStDYG
天皇の責任のとり方はアメリカが決定したんだよね.
天皇も謝罪しなくていいし、ある程度の身分も保証
渡りに船だった

責任をとらなかったのではなく、責任を求められなかったし、とる気もなかった

俺的には あれだけ人が死んだんだから、自主的に謝罪・自主的に何か行動をとって欲しかった

この行為が象徴として模範になるなら、

殺人して、警察が許してくれたら、謝罪しなくて罪を償うこともしなくていいのが 日本人の模範?

410 :右や左の名無し様:03/08/23 00:31 ID:QTfzuite
>>409
気づいてるか気づいてないかは知らないけど
要するに君が言ってることは、天皇には規範も何も無視してもらって、
あくまで個人的な行動をとって欲しかった、ってこと。
言い換えると、立憲君主に専制君主の振る舞いを要求するものなわけ。
そんなことは出来るわけないし、させるわけにもいかんだろうね。

ちなみに独立を回復した時点で、日本国民が憲法を改正し、天皇を国政から追放することも可能だった。
しかし日本国民は敢えてそれをしなかった。
その意味をよく考えると良いと思う。
まぁ>>406みたいな考え方も出来るがね。

411 :右や左の名無し様:03/08/23 00:35 ID:QTfzuite
あともうひとつ。
>殺人して、警察が許してくれたら、謝罪しなくて罪を償うこともしなくていいのが 日本人の模範?
という君に問いたいが、
処刑を行う刑務官は殺人を犯してるわけだが、それによって罪に問われることはないのは何故かわかる?

412 :右や左の名無し様:03/08/23 00:35 ID:???
大体「戦争責任」という概念自体かな〜り胡散臭いと思うね。
第二次世界大戦の引き金となったポーランド分割を、ヒトラーと共謀した
ソ連が判事席で「戦争責任」を追求したり、米のヒロシマ大量虐殺を指摘した
弁護人の翻訳が止められるとか、要は「敵」を糾弾するために自分の都合のいい
ように現実を解釈してるのに過ぎないのが「戦争責任」論だと思われる。
ボスニア内戦当たりから話題になった概念「人道に対する罪」は、今までの
「戦争責任」論がいかにナンセンスだったかを物語っている。

413 :訂正:03/08/23 00:37 ID:QTfzuite
×処刑を行う刑務官は殺人を犯してるわけだが、それによって罪に問われることはないのは何故かわかる?

○死刑判決を下す裁判官が殺人教唆を犯し、処刑を行う刑務官は殺人を犯してるわけだが、それによって罪に問われることはないのは何故かわかる?


414 :そりゃ:03/08/23 00:48 ID:iKiStDYG
そうなると戦争を否定する考え方自体がなくなってしまう.そのことが恐ろしい事
又、裁判官は(裁判官ではないとおもうんですが?自信ないけど)死刑執行の権利を
権利を国から与えられているが(言葉の使い方がまちがってるかもしれないが)
日本が罪のないアジアの人を殺す権利と正当性は裁判官よりもないのはあきらかでしょ

制度上統帥権があり、議会を無意味化していたのに、形骸化した立憲制なのに?
行動を起こせなかった?おこせなかったのはわかるけどね 命が惜しくて

戦争責任の概念には確かに疑問が残るね
西欧も、侵略をしていたのに日本だけを裁こうとするとこうなるよね
しかし西欧がしてたから日本もしていい という発想は間違っているけどね

415 :右や左の名無し様:03/08/23 02:22 ID:QTfzuite
>戦争を否定する考え方自体がなくなってしまう.そのことが恐ろしい事
昔から、世界の何処の国も戦争を否定しています。
しかし現在に至っても、戦争を選択肢からは排除している国は極めて少数です。
これは何故かというと、自国の存続を追及する権利を自ら放棄しない限り、
究極の選択肢として、他国国民を害するという選択肢が残ってしまうからです。
世界のどの国も、自国が存続する権利を認められており、
そのためにやむを得ず他国民を害してしまうこともあるのです。
残念ながら、これが現実です。

統帥権とは軍の戦略戦術を政府から分離させるための制度です。
一方、戦争をするか否かは外交上の問題、つまり政府の仕事です。
実際、開戦の詔勅には「統帥権」を輔翼する参謀総長・軍令部総長の副署ではなく
「外交大権」を輔弼する各国務大臣によって副署がされています。
というわけで、なぜあそこで統帥権の話を持ち出されたのかがよくわかりませんので、
説明をお願いします。また、
>議会を無意味化していた
>形骸化した立憲制
とのことですが、「議会を無意味化していた」のは誰のどういった行動に起因するのか、
「形骸化した立憲制」とは具体的にどういう事例を指すのかお答え下さい。

なお、マスメディアが命を惜しんで政府・軍・議会批判を行わなかったという点については全く同感です。
まぁ、国民が満洲事変に寄せた支持を見れば、購読料が生命線のマスメディアが萎縮してしまうのも無理はありませんがね。

>しかし西欧がしてたから日本もしていい という発想は間違っているけどね
全く同感です。
実際、そんなバカげた論法をとる人などいませんしね。

416 :右や左の名無し様:03/08/23 18:43 ID:???
自由民主党、元総務庁長官  :  太田誠一

  「集団レイプをする人はまだ元気があるからいい。
               まだ正常に近いのじゃないか」。











417 :なごみ:03/08/23 23:37 ID:???
土下座して命乞いしたの
知ってた?

418 : :03/08/24 00:25 ID:???
マッカカーサーが天皇の戦争責任を問わなかったのであって
天皇自身が責任回避をしたわけではないのは歴史の事実

サヨクは自身の政治宣伝に天皇を利用しているだけ。
天皇批判はサヨクのトレンド。尊重しよう!

419 :右や左の名無し様:03/08/24 02:40 ID:ffOi+cnv
天皇なんて大して能力なくても世襲で自動的になれる
わけなんだし、能力のない人間がその場で不適切な
行動をとったって当たり前だろ。


420 :右や左の名無し様:03/08/24 07:59 ID:???
また、アホな形式論者が長広舌を振るっているようだな。

421 :右や左の名無し様:03/08/24 11:30 ID:Kitz+7+R
天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。

要するに、裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識ってことでいいね?

422 :正義の見方:03/08/24 16:23 ID:uiHnvCru
>>421
あなたの国ではどうか知りませんが、日本国の憲法では天皇は日本国民の象徴なんです。
象徴を侮辱することは国民を侮辱することになりなす。言葉には気をつけなさい。「私達
は受け入れません」という私達とは誰のことですか。複数だから他国人か特定の思想を持
つ団体でしょう。
>彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
そんな証拠がどこにあるんだ?
ここに書いてあることすべてが、左翼の文章であり、あんたはそれを九官鳥のように同じ
ことを繰り返しているに過ぎない。もう少し自分のオツムで考え、幅広い資料を読みなさ
い。もっとも、韓国、中国はいまだにこの手のデマを教科書で教えているそうだが、いず
れ報いを受けるでしょう。天の道理とはそうしたものです。



423 :右や左の名無し様:03/08/24 17:12 ID:iOks4y0g
>>421
四方の海みなはらからと思う世に
  など波風のたちさわぐらん



424 :右や左の名無し様:03/08/24 17:39 ID:???
>>421は電波臭い文章から半島系と思われる。
20世紀になってからも同民族同士で殺しあってる国よりマシだっつーのw
日本とタイ王国を除くアジアのほとんどが、植民地か植民地同様の状態だった当時の
状況を知らないらしいw

425 :右や左の名無し様:03/08/24 17:42 ID:Kitz+7+R
>>422-424
馬鹿 お前は心の小さな人間だ お前はアホか あなたは人に嫌われるでしょう。かわいそうな人だ
君に意見なんて聞いていない 公式記録は何処でも権力者の都合のいいように書かれている
記録なんて都合のいいように書かれているんだ 俺は天皇反対の資料は信じるけど、擁護派の資料は信用しない
資料よりも自分の発想と意見で勝負しな 俺の意見はバランスが取れてるよ。君たちが偏った考え方をしているだけ
字を間違ったら彼に迷惑が掛かるとでも言うのか。ふざけるんじゃない 少なくとも君たちより俺の方が歴史に造詣が深い
人が書いた資料を引っ張り出してくるんじゃなく、長い文章を書け 俺はお前たちにバカにされる人間じゃない 
対面で話しているんだったら、俺に対して間違ってもそいう言葉を吐けない 掲示板だからそんな勇ましいことが言える 
インターネットという誰が発信したか特定しにくい媒体が、多くの人々に真実を伝え続けるだろう
資料の提示必要なし。戦前の資料自体信用できない。改ざんされた恐れがある 俺より君の方が天皇教信者じゃないのか
君の意見はこじつけで無理がある 俺はどちらかと言えばある意味じゃ無宗教だし、他人が作った宗教など信じない
何を蛸言ってるの 史料を自分の言葉に書き換えろ 尻の穴が小さいと思われるぞ なぜ史料に固執するのだろうね
右翼まるだしの低脳史料を持ち出しやがって 揚げ足ばっかり取りやがって。最低の奴らだ なに蛸いってるんだ
俺は政治トピで最近売り出し中 貴様らには負けるか 好きなことを書けばいい 政治トピじゃ結構受けてるんだがな
いちゃもんを付けているだけじゃないか 文章なんて読んでいない
お前のような、合理的なオツムを持っていない右翼じゃなく、バランスの取れた思考をするニタさん達は俺を認めている

426 :右や左の名無し様:03/08/24 17:42 ID:Kitz+7+R
>>422-424
権力者の都合のよいことばかりしか書かれていない そんなことを書いていると鬼に笑われるぞ
俺の文章を読んで妄想と言うんだから、目が三角か四角形なんだろうよ
君たちだって俺がなにを言おうと受け入れないじゃないか。これは根本にある考え方の違いなんだ
俺に精進しろという前に自分で精進しろ。このうすら馬鹿 私はこのタイプの人間たちが嫌い
こいつら学校時代、絶対にいじめっ子だったと思いますよ。それか、いじめられ子 右翼マフィアども お前たちの意見を書き込め
お前はキューバのハバナにあるマソウラ(精神病院)へ行け お前はアホか 貴様らが挑発するからそうなった
俺が書いていることに矛盾はない 恥ずかしい文章でもなんでもない 馬鹿なやつらだ 読んでみたけど、全然可笑しくない
ほとんど病気 こんだけ非難を浴びるということは、俺の意見が強烈で的を得ているということ
このトピに来てる連中は程度が低いし、陰湿で病的 こいつらみたいには絶対になりたくないよ。吐き気がする
ふざけるな。トイレットペーパーよ 何処にオツムをつけているんだ ここは俺のトピだ。お主にとやかく言われる筋合いはない
俺の中には、ちゃんと残っている 史料、史料と煩い連中ですよ。ちょっと病的だ 右翼団体で洗脳するような内容
ひできさんがあまり完璧な文章を書くもんだから 奴らは負けた 訂正するのはめんどくさい ひでさん。ありがとう
君の主張はこじつけだらけだ 結局、彼らは歪曲した考え方に固執して、バランスがない 個人的な攻撃をされたのは、私
私も汚いない言葉を慎もうと思います そんなに石頭じゃダメだ 君たちは狭量な人間だ このトピは、石頭がいる
もうひとり変なのが来た お主には、招待状を出していない お主は嘘つきだ お主は右翼じゃん 人間が狭量だよな

427 :右や左の名無し様:03/08/24 17:43 ID:???
>>424
満洲帝国を忘れてますよw

428 :右や左の名無し様:03/08/24 17:53 ID:???
>425-426は何かのコピペ?

429 :右や左の名無し様:03/08/24 18:03 ID:???
ID:Kitz+7+Rの出典に関しては、軍板の戦争論(コヴァの方)スレに情報があったけど、今dat落ちしてて読めない。
確か、Yahoo掲示板で実際に行われた「議論」の一部らしい。

430 :右や左の名無し様:03/08/24 21:18 ID:???
>>429
これですな
ttp://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835209&tid=bebcobe79da4nc0uga4&sid=1835209&mid=281
ttp://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835209&tid=bebcobe79da4nc0uga4&sid=1835209&mid=282

Yahooの世界史トピックに「昭和天皇の責任」というスレを立てたbenitojaresの発言を編集したもの。
だから
>ここは俺のトピだ
って言ってる。

>>425に出てくる「ニタさん」は、多分penguin_nitarinovってヤシ。
実際、benitojaresの「昭和天皇の責任」スレにも書き込みがあるし、
benitojaresと同質の電波を出している。
>>426にある「ひできさん(=ひでさん?)」も同スレのhideki0114って奴で間違いないと思う。
何度かbenitojaresに掩護射撃をしてる。
適切なレスを返す能力が低いものの、長い文章を書くのは得意。

ちなみに、>>421>>425-426はmsg282までのbenitojaresの発言。
benitojaresの発言はmsg1000ぐらいまで行われているし、パッと見ただけでも>>421>>425-426以上の電波の宝庫。
msg1000以降は別のIDで書き込みを行っているらしいが、もうオナカイッパイです。

431 :まかさー見聞録:03/08/24 21:45 ID:???
自分だけ助けてって
泣くし、喚くし、うんこにまでついてくんだ

432 :右や左の名無し様:03/08/24 21:53 ID:???
大日本帝國万歳!!
http://members.tripod.co.jp/almond_choco11/kaiten.swf
http://noigel.hp.infoseek.co.jp/swf/kakutatakaeri.swf


433 :尊皇攘夷:03/08/25 14:56 ID:???
>>415->>416
>しかし西欧がしていたから日本もしていい という発想は間違っているけどね

現実に西欧が侵略者であり、脅威であることは間違いないことだ。

自国が生き残る為には、他に選択肢はなかった。

生き残る為に、一人乗りのボートから他人を排除しても、極限状態での自己防衛として
認められていることだ。
侵略された側の人間が恨み言を言うのは自由だが、
自国民が誤った自虐史観を述べるのは、馬鹿野朗だ。

434 :尊皇攘夷:03/08/25 15:01 ID:???

>>414 >>415 への間違いでした。


435 :右や左の名無し様:03/08/25 15:06 ID:hWNQJBBk
アダルトDVD1枚500円〜!

http://www.net-de-dvd.com/


436 :正義の見方:03/08/25 17:02 ID:9PA5bqQk
>>425−426
>権力者の都合のよいことばかりしか書かれていない そんなことを書いていると鬼に笑われるぞ
どんなこと書いても鬼は笑わないんだ、鬼は点鬼簿という寿命がかいてあるノートを持っているん
だ、だから来年死んでしまうのに、来年のことを話している人間をみて、馬鹿な奴だと笑うんだ。
それから、「的を得る」と書いていたが、「的は射る」ものです。正しい日本語を勉強してくださ
い。それと気になるのは、あなたは歴史に詳しいと自負しながら、反対派の資料は信用しない、と
いうのは矛盾してますよ。歴史とは誰が正しく誰が不正ということは書いてないのです。事実を因
果関係をたどりながら、時間的な経過を追って記述したもので、どちらかに偏したものは歴史では
ありません。
最後にもう一つ、あまり興奮して書くと内容が支離滅裂でないをいいたいのかわかりません。相手
に伝わらないことばは無に等しいのです。おだいじに。


437 :悪魔を見た:03/08/27 14:55 ID:???
    §,; ________§; ,
  || §; /    § ヽ  ||
  |~~~§~     §'~~~~~~~|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ____§/"""ヽ,§_____  | < 国民はどうなっても構わないニダ。海外領土も放棄するニダ。
  |__|///(§  §)ノ////|__|///\____ ですが、どうか我が朝鮮の血統だけはお守りくださいニダ。
 ⊆___)///ゝ___§ノ/////(____⊇////
 ///////////////ジュ〜////////////
 /////////////////////////////
【 マ元帥に命乞いするヒロヒトラー 】


438 :右や左の名無し様:03/08/31 02:02 ID:EeBGyLrL

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408602329/ref=sr_aps_b_/250-3141044-2729808

439 :右や左の名無し様:03/09/06 17:54 ID:TotL3YSm
昭和天皇を忘れないためにage

440 :右や左の名無し様:03/09/08 00:31 ID:???
武士ではないから
徳川幕府が続いていて昭和天皇の立場にいたのが
将軍だったら切腹してたよ。

441 :右や左の名無し様:03/09/08 02:45 ID:q5F0sP/H
昭和天皇は責任って物を理解できないから


442 :なごみ:03/09/08 20:52 ID:???
ずるい皇帝

443 :右や左の名無し様:03/09/09 00:37 ID:ff2BaMjc
>>441
その通り。責任って概念を持ってない。

それにしても、、、戦争責任なんて言い出す奴を生み出させた戦後教育って最悪だな。
俺も、二十年以上は騙されてた。
とにかく、戦後教育を改めないとな。


夏休みに、東京下町の里へ帰ったときの光景。丁度、戦争特番をやってた。

俺   「天皇って戦争責任有るの?」
祖父母、父母、叔父の一同沈黙。
祖父 「どうかな〜」
父  「道義的に有ったと言えば有ったんじゃないかな」
祖父 「みんな悪いんだよ」
祖母 「でも戦時中は稼げたからね」(戦後すぐと比べてだと思う)
祖父 「戦後、食い物が無くなったんだよな」

父  「家が東京大空襲で燃えちゃったからな」
一同大爆笑
叔父 「あれは綺麗だったぞ」
俺  「みんな無事だったの?」
祖母 「兄ちゃんが死んだんだよ」
一同 「あ〜大変だったな〜(笑)」

俺  「戦争で負けて良かったのかな?」
父  「ま〜、良かったのかも知れないな〜」


子供ながらに、人間って強い生き物だと思った。

444 :右や左の名無し様:03/09/09 00:55 ID:???
こいつが消えてれば

戦争を早く終わった?

原爆で苦しむ人もでなかったかも

445 :右や左の名無し様:03/09/09 00:57 ID:???
歴史に if は禁物だな。

446 :右や左の名無し様:03/09/09 15:20 ID:rco15Ygb
自分が悪いなんて意識ないやろうね

447 :右や左の名無し様:03/09/09 18:43 ID:???
天皇が戦争責任を取らなかったのは、アメリカがアジアを見張るために、
日本を拠点としたかったからだ。天皇を殺したら日本人は怒って、
アメリカの基地を日本に置けなくなるからね。

448 :右や左の名無し様:03/09/09 18:51 ID:kXmP4aUy
【三国人】 戦後の日本で横暴の限りを尽くした朝鮮人
在日の奴等は日本国籍 を捨てたことも日本が国籍剥奪をしたとして
責任を押しつけようとしているが日本国籍の離脱を占領軍に要望したのは 在日朝鮮人。
三国人という名称は敗戦直後のドサクサで生まれた。日本国籍を離脱した朝鮮人たちは
自分達は『戦勝国』であると主張。日本でも米国でもない『第三の国』という意味で連中は
誇りを込めてこの言葉を使い始めた。
つまり、在日 朝鮮人は自分の意思で日本人とは平等じゃないと選択した『外国人』だよ。
そして、朝鮮人の愚連隊が結成され卑劣な犯罪が 始まった。強盗殺人、恐喝、強請
日本人への無差別な集団暴行が行われた。
各地の駅前一等地の不法占拠、居住者への暴力、商品の略奪、
更に白昼堂々日本人女性が強姦され続けた。
戦後の警察は戦勝国特権を振りかざす朝鮮人達の無法行為に全く手出しできなかった。
現在、駅前の一等地にパチンコ屋があり戦後の新興暴力団に朝鮮人が多い理由がこれだ。
つまり、彼らはうまく白を切っているが『三国人』は日本の暗黒社会の主役であり
大勢の日本人が殺され財産を奪われ多くの日本人女性が強姦され、人生をだいなしに
されたんだよ、朝鮮人のせいで。


449 :右や左の名無し様:03/09/09 19:52 ID:???
「この亡国の態は何たることか、この敗北はどうしたことか。
我々は生命を捨てて、四年間も戦線で戦ひ抜いたのに、その結論が
この敗北だつたのか。これは一体どうしたことか」

450 :右や左の名無し様:03/09/09 20:42 ID:kP1ni/Il
>408 と >447 
同感 それも一理あると思う。

戦後において米国GHQ(マッカーサー)は、かって日本が満州国を建設した時に清王朝で最後の皇帝を
利用したように、日本の皇室を残し天皇を国民の心の拠り所と生き甲斐に利用したこともあるが、
特攻隊のような思想から天皇を亡きものにすると国民が暴動を起こす事が充分に予想された。
だから戦後は天皇の権限を制限して象徴として国民へ巧みに国内の復興意欲に利用した。
それに天皇は民衆と比べて霊的な次元が極めて高く、その気品や人柄は人格や品性として
現れるから判る人には感動と尊敬を覚えるものです。
故マッカーサー元帥が良い例で、回想録の中で天皇のことを殺す事は忍びないと述べられています。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
この件に関する出典の説明があるHP↓に注目。参考にしよう。
ttp://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/

451 :右や左の名無し様:03/09/09 20:47 ID:Nfe0m/IG
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。
我々庶民も見習って霊的な次元を高めて気品、人柄、人格、品性を高めよう。

452 :右や左の名無し様:03/09/10 03:23 ID:sJNH/9Cv
昭和天皇に関しては、敗戦時に生殺与奪の権利が連合国側にあったので
責任は取らされたと見るのが妥当だと思う。それが『不起訴』であったとしても。
むしろ問題にするなら、昭和天皇は処刑せず東京裁判の被告は処刑した連合国側の
判断ではないだろうか。

453 :●のテストカキコ中:03/09/10 03:27 ID:???
http://ime.nu/ula2ch.muvc.net/

454 :テスト:03/09/14 15:49 ID:???
戦争で死んだ人は
コイツの身代わりにされたってことか

455 :正義の見方:03/09/14 16:18 ID:++OZ5xnR
李氏朝鮮がどんな悪逆非道な政治をおこなったのか知らないが、両班という科挙を
真似た制度をつくり、白丁、奴婢などの身分制度で国民を苦しめたのは事実である。
そういうものと日本の天皇と一緒にされては困るんだ、カンボジアの国王は中国に
逃げていたし、アフガンの王もフランスに逃げていた。世界の王はみな国外亡命し
て命だけは助かるが、日本の天皇は外国亡命など毛ほどもないのです。この日本以
外に天皇の住む場所はない、国家と運命共同体なのです。

456 ::03/09/14 16:40 ID:???
???

457 :右や左の名無し様:03/09/15 00:44 ID:JwwQtlZf
「原因」と「責任」というのはまったく違う概念なのだ。
「原因」は無数にある。しかし「責任」は当時のトップの天皇にあるに決まってる
じゃないか。


458 :うん:03/09/15 01:07 ID:???
戦争で死んだ人は
コイツの身代わりにされたってことか


459 :右や左の名無し様:03/09/15 16:20 ID:Ijhr1m61
>>448
多分、コピペだろうが、
問題は在日台湾人だ。


460 ::03/09/15 21:19 ID:???
天皇支持者は金正日支持と同じ

461 :右や左の名無し様:03/09/16 00:06 ID:LF55JwKV
>>460
金正日はスターリンと毛沢東と昭和天皇のミックス。だから、六者協議はある意味
正しい。

462 :タクマ祓い:03/09/16 07:43 ID:uBrfxn4y
記者会見で戦争責任について質問されて、昭和天皇曰く

  私はそういう文学方面の話はわかりません。

文学方面ねぇ。なんだかな〜。

463 :右や左の名無し様:03/09/16 10:02 ID:???
>>462
福沢諭吉が言ってるが、そもそも「文学」とは「実学」の対義語。
「実学」が現実社会に変化をもたらすようなものである一方、
「文学」とは空論空想の類で、現実社会に有形の変化をもたらさないもののわけだ。

権力も自由も剥奪された天皇に対して「戦争責任」を問うたところで何の意味もないし、
戦争責任を認めようが認めまいが、現実社会には何の変化も起きない。
そういう意味から考えると、「文学方面」という表現は実に上手い表現だし、
底の浅い質問を投げかけた記者に対する、昭和天皇の痛烈な皮肉だろうね。
無論、「文学」の意味を解さない人(っていうかこの記者)は、そんなこと全然気が付いてないんだろうがw

464 :右や左の名無し様:03/09/16 12:01 ID:???
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/

465 :右や左の名無し様:03/09/16 12:48 ID:???
時の首相以下、臣民が勝手にやったことの責任など取る必要などなかろう。
今だって数え切れないほど居るだろうそんなのは。
秘書が、事務所が、部下が・・・勝手になど言うのが。
有象無象の代わりに責任など取っていたら切りが無いだろう。
全ては、お前達の祖父母連中などご先祖様の責任なんだよ。
それを引き継がされているから、全てはお前達の責任なんだよ。
人のこと言う前に自分で始末しろよ。

466 :右や左の名無し様:03/09/16 14:29 ID:???
>>463
>権力も自由も剥奪された天皇に対して「戦争責任」を問うたところで何の意味もないし
天皇を馬鹿にしすぎ。
戦後でも佐藤首相なんて内奏の際の御下問に感謝感激の体だぞよ。

467 :右や左の名無し様:03/09/16 14:31 ID:???
>>466
あっそ。














それで?

468 :右や左の名無し様:03/09/16 14:33 ID:R6/lu1f7
アジア各地の新聞社・通信社・テレビ局・ラジオ局など300社以上へのリンク集
最新ニュースがかなりアヤシイ日本語で読めるよ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/link/link11.html



469 :>>466:03/09/17 21:46 ID:???
愛人30人いて自由ってないかい?

470 :右や左の名無し様:03/09/18 05:35 ID:GrJPz9ZR
>467
そういう態度がいかんのだよ。昭和天皇少しは反省汁。

471 :右や左の名無し様:03/09/18 06:18 ID:r53tr0Wm
「戦争責任を取る」とはぶっちゃけどうすること?
損害賠償みたいなもん?
それなら十分過ぎるほど賠償してると思うんだけど

472 :おおぉ!:03/09/18 09:05 ID:CShcvmnO
歪んだ歴史がまた1枚


473 :右や左の名無し様:03/09/18 11:18 ID:???
>>471
じゃあ、具体的に挙げてみよう。

474 :右や左の名無し様:03/09/18 11:25 ID:???
>>473
主権が天皇から国民に移った。

475 :右や左の名無し様:03/09/18 11:58 ID:???
>>474
それ損害賠償かよw

476 :右や左の名無し様:03/09/18 14:20 ID:???
>>475
主権在民をここまで蔑ろにしてるヤシをは初めて見た

477 :正義の見方:03/09/18 16:09 ID:k0ZHAbCV
>>461
>金正日はスターリンと毛沢東と昭和天皇のミックス。だから、六者協議はある意味
>正しい。
スターリンも毛沢東も共産主義者であり共通点を持つが、金正日は単なる独裁者でしかない。
しかもスターリンと毛沢東は政権争いも勝利者であり反対者を徹底的に粛清したが金は世襲
だけで権力闘争の経験はない。この三人と日本の天皇は全く別であり、権力闘争にも無縁であ
り共産主義者でもない、粛清をする必要もなく、政治の実権も持たない。
だいたいが、国民主権なんて観念的なもので実体的なものは存在しない。電車の中で痴漢する
のも国民であり、脱税、強盗、詐欺する奴も国民だ、こんな奴に主権があるわけがないんだ。
勝手に存在すると思って騒いでいるだけなんだ。バカでもずるい奴でも人間の顔をしていれば
一票、その程度の権利保有者に過ぎない、そういう虚構を信じている、信じている振りをして
いるのが民主主義というものなんだ。


478 :右や左の名無し様:03/09/19 02:31 ID:???
>>477
>スターリンも毛沢東も共産主義者であり共通点を持つが、金正日は単なる独裁者でしかない。
比べるものが違うだろう。
それにミックスというのだから、要素の全てが共通する必要がない
というか、全て共通ならミックスする意味がなかろう。

>電車の中で痴漢するのも国民であり、脱税、強盗、詐欺する奴も国民だ
>こんな奴に主権があるわけがないんだ。
国民とは言わず社会の人は全て玉石混交。石だけが全てでは無い。
社会にある人は平均に達しない者が半数にも達するのだ。
だから、石を投げれば半分はアホに当たってしまうのだ。

石にも主権を与えるのが民主主義。
ナゼに石にも主権?玉石の仕分けは人知では不可能だからさ。

479 :右や左の名無し様:03/09/26 16:06 ID:3mDsvCLi
退位することで形だけでもとりたかったのにアメリカがとらせなかった。
アメリカは天皇制を利用して日本占領したが、同時に天皇制の弱体も当然目指した。
「平和主義者の天皇」というアメリカのプロパガンダにのって責任を回避した天皇は、
アメリカによって弱体化される。
退位することも許されず、生き恥をさらすことになる。

480 :右や左の名無し様:03/09/26 16:33 ID:XaGSJ3Qs
>>478
>それにミックスというのだから、要素の全てが共通する必要がない
>というか、全て共通ならミックスする意味がなかろう。
その前のレスを読んでから反論すべきでしょう。天皇支持者は金正日支持者と同じだ
といっているのを受けて、
>金正日はスターリンと毛沢東と昭和天皇のミックス。だから、六者協議はある意味
>正しい。
といっているんです。こんな論理が通るならフセインはブレアとブッシュのミックス
になってしまうじゃないの。「要素の全てが共通する必要がない」すべてではないが
大半が共通しなければ、類似性はないのであり、それをこじつけるのであれば、論理
が成り立たないのです。

>石にも主権を与えるのが民主主義。
そんなこといわれなくてもわかってます。だから、国民主権なんて実体的なものでなく、
概念的なものに過ぎない、そういってるのです。

>社会にある人は平均に達しない者が半数にも達するのだ。
自分は平均以上だと思っているんでしょうが、本気でそんなこと考えているのか?おそらく
国民の7割以上は君より上だと思うよ。そんなあてずっぽうで国民を卑下しているのは、
頭が悪い証拠だからである。





481 :右や左の名無し様:03/09/26 23:28 ID:???
逆質問は嫌われるのだろうが、あえて。
「ならば、どのように責任をとるべきだったのか?」
自分自身、考えあぐねている所でもある。

退位も自死も「無責任な行為」ではないか?

482 :右や左の名無し様:03/09/27 03:57 ID:???
>>481
退位はするべきだったんじゃない?

近衛はのうのうと昭和天皇に退位を勧めようとしていたよ

何しろ、戦前、なぜ天皇が高貴なのかといったら、「天皇は史上一度も敗北
していないから」と言われていた。
敗北した天皇は天皇であるべきではない。

483 :右や左の名無し様:03/09/27 07:35 ID:Noloupaa
敗北した天皇は、敗北の時点で死んでるな。
中には死んでから天皇にしてもらったのもいる。

昭和天皇は敗北したにもかかわらず死ななかった珍しい例。
でも俺も死ぬことには反対だ。生きて責任を取るほうが良いと思うよ。
おれは死刑廃止論に賛成だから。

484 : :03/09/27 22:25 ID:???
>>482
その意味での退位という事は「天皇制を廃する」んじゃなくて、
誰か他のヒトを(まぁ順当に行けば息子を)天皇に据える。ってこと?

だとしたら、アリエネェ〜!!
それは「人として最低」だと思われる。(現代的な感覚だけどね)
アトハヨロシクなんて、そりゃないっしょ!てなカンジなんだけども。

「朕はたらふく食ってるぞ」→憎悪の対象として
また、「万世一系の〜」→崇拝の対象として、
その求心力を
発揮する事を期待されているワケですから、ケツまくるわけにはいかんでしょう。

485 :正義の見方:03/09/28 15:32 ID:3106AOt4
>>480は「正義の見方」であり、「右や左の名無し様」ではありません。
訂正しておきます。

486 :正義の見方:03/09/28 15:44 ID:3106AOt4
>>482
>退位はするべきだったんじゃない?
サンフランシスコ平和条約が締結されたとき退位もあり得たと思いましたが、昭和
天皇が退位すると皇太子は未成年ですから摂政をおくことになり、順位でいけば高
松宮が摂政になります。しかし、昭和天皇は高松の宮に不信感をもっており、万一
皇室廃止にでもなれば皇祖に申し訳が立たない、それで退位を諦めたという説もあ
ります。真偽は定かではありませんが、天皇の独白にあったそうです。
高松の宮の言動には皇室批判もありましたから、あながちつくりばなしでもなさそ
うです。

487 :右や左の名無し様:03/09/28 16:14 ID:cZr5RhCi
938 朝まで名無しさん 03/09/28 11:28 ID:rBWQ2rsf
ttp://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03.html

インド
欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、
自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、
私は平然と見過ごす訳にはゆかない。誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。
誤られた歴史は書き換えられなければならない。
ラダ・ビノード・パル極東国際軍事裁判判事

タイ
日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母胎をそこなったが、
生まれた子供はすくすくと育っている。こんにち東南アジア諸国民が、
米・英と対等に話ができるのはいったい誰のお陰であるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
12月8日は我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して、
重大決心をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。
ククリット・プラモード元首相



コピペです

488 :暗室:03/09/30 10:40 ID:01JXrXsa
昭和天皇に責任を取らせなかったのはGHQの戦略だよ。
もし、取らせたなら日本国民の大半がGHQ&連合国に反抗したからだよ。
特攻や万歳突撃などの戦略で潜在的に怖がっていたアメリカ。

天皇は悪者にされてるけど、武装放棄したけど無抵抗な国民を銃で黙らせたなら
アメリカ政府&軍がアメリカ市民&世界市民から批難されるから。



489 :右や左の名無し様:03/09/30 11:51 ID:???
>>488
でもGHQが撤収したあとの半世紀もの間、
日本国憲法を認めるという形で、
天皇制の存続・昭和天皇の在位を認めてきた=責任を問わないできたのは、
他ならぬ日本国民。

490 :右や左の名無し様:03/09/30 13:31 ID:???
>>1
>昭和天皇はなぜ戦争責任を取らなかったのか

大多数の国民が、そのようなことを望みもしなかったからだ。

暴力装置と国内の徹底抗戦勢力を抑えきって、敗戦を受け入れ
復興への大きな潮流を起こすことができたのは、昭和天皇以外
にあり得なかったことを、みんなが知ったからだ。

491 :右や左の名無し様:03/09/30 16:37 ID:D/K85kcE
>昭和天皇はなぜ戦争責任を取らなかったのか

そのような高級な感性は元々持ちあわせておりません。

492 :右や左の名無し様:03/09/30 18:35 ID:WBYvjpox
>>490
洗脳されてたからな、オウム真理教や将軍様と同じ

493 :右や左の名無し様:03/09/30 18:59 ID:QdgdjR70
>>492
戦前と戦後の区別も付かない香具師ハッケソ

494 :右や左の名無し様:03/09/30 19:49 ID:???
>>493
戦前と戦後の区別も付かない香具師ハッケソ


495 :右や左の名無し様:03/10/01 04:13 ID:???
全く同じレスで返すのって芸が無くて面白くないね

496 :右や左の名無し様:03/10/01 09:31 ID:g3FzUxmc
その点だけでも、>>492の負け!

497 :右や左の名無し様:03/10/01 10:56 ID:???
2つに分けて考えたほうがいいんじゃないの?
@当時天皇が何をやってどうなったかと事実の因果関係から
戦争責任の軽重を考える。厳密な法的問題。
A道義的な責任問題。
@について、大日本帝国の最高司令官として何を行って、
その行為に対する責任の評価および贖罪の適否を考えていく。
Aについては、難しいのですが
記紀に書かれている神勅を履行する国体護持のための神官の責任と考えます。

個人的には、開戦の責任は一般国民が一番重いと思います。
当時の戦争は勝てば領土や賠償金の入る
ハイリスクハイリターンのビジネスでした。
戦争を望んだのは、失う財産を持たない多くの庶民であったと考えます。
しかし当時の天皇は、
日本の最高責任者であり国民の責任も負うのは当然でしょう。
しかし無制限に負うものではないでしょう。
退位をしなかったのはAの責任を果たすためだと思います。
国民が飢えることのないように、五穀豊穣を願い
崩御される間際まで米価と米の出来具合を気にしていました。
また敗戦を受け入れ、敗戦の詔を出し、戦争を終わらせました。
(日本人が最後の一人になるまで敗戦を受け入れなくても、
クーデターが起きるまで戦争を続ける選択肢もありました。)
皇室の役割は、歴史的にもAが重要と考えますので、
戦争責任を取ってないとは思えません。
ご意見お願いします。


498 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/01 11:18 ID:Gl6iSZTx
>>497
>開戦の責任は一般国民が一番重いと思います。
是は間違いだろう。シビリアンコントロールが機能しなかった時期に
行政府を上回る権限を、明微運動と天皇統帥を盾に強行したのは軍部だ。
一般臣民には国家の主要な情報は正しく与えられていなかった。
この様な状況を世論操作も含めて推進した責は軍部と官僚にある。
勿論黙認し、戦況に対して指示を出していた昭和帝にもあったと見るべき。

499 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/01 11:31 ID:Gl6iSZTx
>>498
司馬遼太郎なども指摘しているが、日本の歴史上此程までに国家権力に関与した
天皇は昭和帝と後醍醐天皇しか見あたらない。一部に謝った認識として
昭和帝が全く何も知らずに、軍部に利用されていたかの様な発言があるが
実際は間違いであり、彼は御前会議以外にも逐次戦況報告を受けていて
必要と見れば指示を出していた。是は幾つかの軍幹部の残した資料で明らかだが
「昭和天皇=軍に利用された不遇のミカド」という図式の方が、角が立たない
との考えなのか軽視されてきたと思う。

500 :497:03/10/01 12:04 ID:???
亀哲人さん
なるほど。
しかしシビリアンコントロールが機能しなかった時期といっても
民意はあったし、民意に逆らう政策は難しいということは
近世以降の政治ではないでしょうか?
当時の軍部や天皇の力を過大評価してないでしょうか?
江戸時代から施政者たちは民意を無視できなくなっていたと思うのです。
私の言いたいことは「当時戦争は勝てば儲かるゲーム」であり、
「国民は戦争を行うことに抵抗を感じなかった」ということです。
それを「国民は情報を知らされなかったから間違った結論を出した」と考えるのは
当時の行動を今の倫理観で判断しているからではないでしょうか?
日露戦争開戦までの当時の新聞からは、「大国ロシアとの戦争を渋る政府」と
「戦争をしない政府にいらつく国民」の対立が読み取れると思うのですが。
情報を知らされず政府に洗脳され戦争の道に走る狂信者日本国民ではなかったと
思います。
そこまで愚かならば、欧米と戦争ができるほど国力を上げられるとは思えません。

501 :右や左の名無し様:03/10/01 12:27 ID:???
>>亀哲人さん
どういう辞書を使うと、
「めいちょううんどう」を「明微運動」に変換してくれるのですか?

502 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/01 12:32 ID:Gl6iSZTx
>>500
ドイツ人は質実剛健で聡明な国民と云われている。しかし、そんな人々でも
ナチのプロパガンダには抗しきれずユダヤ人迫害を後押しした。
君は情報統制とプロパガンダを過小評価しているようだが、特に日本人のような
付和雷同しやすく、同質性の強い意識の国民には有効だった事が戦前と云える。
更に昭和恐慌を無視して戦前は語れまい。当時の特に東北地方の飢餓は悲惨な状況だった。
「儲かる」と感じていたのは財閥や軍閥の一部資本家であり、農村部は餓死すら当たり前。
其のはけ口を侵略戦争に求めた。

503 :右や左の名無し様:03/10/01 12:35 ID:4ndZM29i
>其のはけ口

文脈上、これが何を指してるのかわからないのですが・・・

504 :右や左の名無し様:03/10/01 12:41 ID:???
>>503
・農村部の餓死は当たり前だった。
・だから、大穀倉地帯(と思われていた)満洲の獲得は、議会から支持されるだろう(実際に支持された)。
・ゆえに関東軍は独断で満洲事変という侵略戦争をおっぱじめた。
ってことでは?

505 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/01 12:43 ID:Gl6iSZTx
>>503
飢餓の影響で農村部では間引きが日常化していた。そういった不満のはけ口として
戦争ほど有効な手段はない。内政に失敗すると戦争を始めたがる米国が好例だろう。
また、侵略により得た新天地(満州など)の大陸を目指す開拓農民も少なくなかった。
ブラジル移民なども其の文脈で語れるだろうと思う。

506 :右や左の名無し様:03/10/01 13:22 ID:4ndZM29i
>>504-505
よくわかりますた。
ですが
>不満のはけ口として戦争ほど有効な手段はない。
ってどうなんでしょうかね?
国民の不満のはけ口として侵略戦争を起こすという説は、
頭の中だけでいうと何となくわかるような気がしますけど、
なーんか腑に落ちない気が。

たとえば、日本が好景気に沸き立った第一次世界大戦中にさえ、
国内では米騒動という一大争乱が起きてるわけで、
戦争が国民の不満のはけ口とならなかった例として挙げられると思います。

また、満州事変が起きたのは、別に国民の不満を逸らす理由からではないし、
日華事変が起きたのも、別に国民の不満を逸らす理由からではない。
当然、大東亜戦争が起きたのも、別に国民の不満を逸らす理由からではない。

仮に、一般的な理論として、国民の不満のはけ口として侵略戦争を起こすという説があるとしても、
現実の日本近代史は、それと別な道筋によって流れていったと考える方が普通だと思いますけど、
その点については如何お考えでしょうか?

507 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/01 13:32 ID:Gl6iSZTx
>>506
第一次大戦は、主戦場が欧州だから日本は側面から支援したという程度で
実害は少なかった。また、戦後バブルが起こり日本と米国は一時期潤った。
(是が1920年代のジャズエイジ/フィッツジェラルド等を産んだ)
また、満州事変・日華事変・太平洋戦争と国民の不満のはけ口との相関関係は
無いとする根拠を提示していないので反論のしようがない。

508 :右や左の名無し様:03/10/01 13:36 ID:4ndZM29i
>>507
前二段は、国内で米騒動が起こった事実に対する反論として成り立ってないと思われます。

また後二段についてですが、>>502における「侵略戦争」とは何を指すのか
(満州事変なのか日華事変なのか大東亜戦争なのか)ということが明示されていないので、
>>506でああいう形で探りを入れたわけです。

そこでお伺いしますが、>>502における「侵略戦争」とは何を指すのでしょうか?
また、その「侵略戦争」が、国民の不満のはけ口をして行われたという立証を、
まずは行うべきかと存じますが如何でしょうか?

509 :右や左の名無し様:03/10/01 13:41 ID:4ndZM29i
追加です。
満州事変でも日華事変でも大東亜戦争でも構いませんが、
「それは国民の不満のはけ口としておこなわれた」と主張している研究者・論文・文献がありましたら、
後学のためご教授下さい。

510 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/01 13:49 ID:Gl6iSZTx
>>508
戦前日本が行った一連の戦争が侵略戦争であった事は論を待たない。
1937年7月7日の「廬溝橋事件」に端を発した「支那事変」(日華事変・日中戦争)の
長期化が決定的となった1938年11月、第1次近衛文麿内閣(1937.6.4-1939.1.4)は、
「日満華(日本・満州・中華民国)による『東亜新秩序』建設」声明を出し、
第2次近衛内閣(1940.7.22-1941.7.16)発足に伴い、昭和15(1940)年7月に決定された
「基本国策要綱」(日本の国家プラン)で、日満華に加え、東南アジアをも含む
「大東亜共栄圏」構想が提唱されました。是を指して侵略戦争と定義できるわけだ。
また、太平洋戦争は直接の目的が侵略ではないが、補給路確保、東南アジア資源の獲得で
戦争遂行を計った事もあり、ビルマをはじめ多くの国を傘下におさめた。
また、米騒動は1890(明治23)年、1897(明治30)年に北越地方などで起きたが、
一般には1918(大正7)年7月〜9月の全国的暴動を指すシベリア出兵をあてこんだ
米の思惑買と政府の米価調節失敗のために米価が急騰が原因と云われている。
いわゆる「米の買い占め」であり、欧州中心の第一次大戦との相関関係は希薄であろう。

511 :右や左の名無し様:03/10/01 13:58 ID:4ndZM29i
申し訳ありません。
>>510のどこが
「それ(戦前日本が行った一連の戦争が侵略戦争)は国民の不満のはけ口としておこなわれた」
ことの立証になっているのでしょうか?

また後四段は、戦争が国民の不満のはけ口となることの立証にはなっておらず、
逆に、戦争が国内政治・治安を不安定化をさせることの立証になってしまっているのではないでしょうか?

512 :右や左の名無し様:03/10/01 14:11 ID:4ndZM29i
あ、>>511は私の勇み足でした。

>>510>>508
>そこでお伺いしますが、>>502における「侵略戦争」とは何を指すのでしょうか?
の回答であって、

>また、その「侵略戦争」が、国民の不満のはけ口をして行われたという立証を、
>まずは行うべきかと存じますが如何でしょうか?
の回答は、まだ行われてませんでしたね。

というわけで、>>511の前段部分は撤回させて頂きます。
引き続き、
>また、その「侵略戦争」が、国民の不満のはけ口をして行われたという立証を、
>まずは行うべきかと存じますが如何でしょうか?
ならびに>>509に対する回答をお待ちしておりますので、
お時間の都合がよろしければ、回答のほどよろしくお願いいたします。

513 :右や左の名無し様:03/10/01 14:46 ID:???
>>亀哲人さん
どういう辞書を使うと、
「めいちょううんどう」を「明微運動」に変換してくれるのですか?

514 :右や左の名無し様:03/10/01 21:55 ID:02Sbppeg
政治資金が足りないから、といって、献金を民間企業から掠め取り続ける自民党。

みんな、忘れてないか?
自民党は、「賄賂と同じ、汚職の元になる献金を廃止するため」といって政党助成金を導入したんだ。
毎年、何百億円もの税金が党に無条件で渡されているんだ。
そして、献金をなくすためと言って助成金を導入した自民党自身が、今、
献金廃止に反対している!
 こ れ は 国 民 に 対 す る 詐 欺 だ ろ !!

はあ?政治資金が足りない?
都内一等地に何百坪もの豪邸を持って、何億円分もの大企業の株券を持って、
高級外車やクルーザーを何台も持ってて、それで「 政 治 資 金 が 足 り な い 」??
そういうことは、一般市民なみに、70坪4LDKの一戸建てをローンで建てて、
軽自動車一台だけ持って、毎日の食費を2千円くらいに抑えて、それ以外の資産を全部
政治に使ってから言えよボケ!
てめーら、政治は金儲けとしかおもってないだろ!


515 :1128:03/10/01 22:40 ID:RUY7yq60
>>514
>都内一等地に何百坪もの豪邸を持って、
自民党でも持ってない人は居るし、民主党でも持ってる人間は居るだろう。
>何億円分もの大企業の株券を持って、
自民党でも持ってない人は居るし、民主党でも持ってる人間は居るだろう。
>70坪4LDKの一戸建てをローンで建てて、
自民党でもそういう人は居るし、民主党でもそういう人間は居るだろう。

>軽自動車一台だけ持って、毎日の食費を2千円くらいに抑えて、それ以外の資産を全部政治に使ってから言えよボケ!
そんな政治家は要りません。共産党でも普通車に乗るでしょう。w


516 : ◆RxKIpoSpb. :03/10/02 01:33 ID:XYsmV/Zv
開戦も和平も天皇大権の一種であった以上、昭和天皇に戦争責任はある。
そして、終戦の聖断によって、責任はすべて果たされた。

結論はこれで良いよね。このスレ読んでないけど。


517 :右や左の名無し様:03/10/02 08:48 ID:hz2Tszc2
はいはい
いいですよ

518 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/02 10:01 ID:xLweJMy6
>>512
一般の国民は度重なる重税による苦しみ、あるいは一部の独占資本による利益搾取の
はけ口を、大東亜共栄圏の構築という夢に托すようになった。人々はしだいに国家を考え、
解釈することをやめ、信仰し、服従するようになっていった。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1530/ess-sayo/say-11.html

満州を「日本の生命線」と主張し,その侵略をくわだてて,不況に苦しみ,
政争にあけくれる政党に不満をもつ国民の目を引きつけようとしました。
「あなたがたが,世界の強国と肩をならべたいというのはりっぱな野心である。
しかし,中国を侵略したり,ドイツやイタリアと同盟することは,その度をこしたもので
正当なものではない。もしも,イギリスがインドから退却したとき,次にあなたがたが
インドに入ろうとするなら,わがインドは,全力をあげて抵抗する。」 
(ガンジー「全ての日本人に」より)
http://www.osaka-shoseki.co.jp/kyoka/r_junior_txt/r10_02.html

激化している国内の対立を、対外戦争に転化することで、とりわけ深刻であった小作農民の
不満を満蒙の広大な土地への幻想をあたえることで緩和しようとしたのである。
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/hujiwara_nittyuusensou.htm

519 :右や左の名無し様:03/10/02 10:04 ID:+fWWrO9p
>>516
結論  あ ん た は あ ま い 。

520 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/02 10:50 ID:xLweJMy6
>>512
まとめ。
[1929年世界恐慌の影響]
1929年に始まった世界恐慌の影響は日本にも及び、休業、倒産する銀行、会社が相次ぎ、
まちには失業者があふれ社会不安が増大した。三井三菱住友の三大財閥は不景気に苦しむ
銀行や会社を次々傘下におさめ、巨大財閥として経済界に君臨した。
     ↓
[満州事変(まんしゅうじへん)]
国内が不景気になった日本は、満州を侵略して経済の行き詰まりの解決をはかった。
1931年、日本の中国遼東半島で警備に当たっていた関東軍は満州の軍閥・張作霖の乗った
列車もろとも南満州鉄道を爆破し、これを中国軍の仕業と言い立てて日本は軍隊を派遣し
満州全域を占領した(満州事変)。
     ↓
1932、満州に日本軍の傀儡国家「満州国」を作り、清朝中国最後の皇帝溥儀を皇帝とした。
またこの年、5.15事件が起きる。
     ↓
北京郊外で芦溝橋事件発生。中国との全面戦争に入る。

521 :503:03/10/02 14:56 ID:jFkaV3EI
>>518
お忙しい中、回答有り難うございました。
が、いくつかの点について確認を行う必要が出てきてしまったと思いますので、
まずはその点についてお伺いしたいと思います。

米騒動に関し、>>511
>戦争が国内政治・治安を不安定化をさせることの立証になってしまっているのではないでしょうか?
に対する反論がないということは、これをお認めになったと解釈してよろしいのでしょうか?

>>509において私は
>「それは国民の不満のはけ口としておこなわれた」と主張している研究者・論文・文献
の提示を求めましたが、
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1530/ess-sayo/say-11.html
の文責は誰にあるのでしょうか?
また、その方は歴史学の研究者としてどのような評価を受けておられる方でしょうか?

http://www.osaka-shoseki.co.jp/kyoka/r_junior_txt/r10_02.html
は大阪書籍の中学校向け歴史教科書(旧版)からの引用であり
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/hujiwara_nittyuusensou.htm
は藤原氏の署名がありますので、上記>>509の提示要求に対する回答として成立しているものと思われます。
ところがよくよく読んでみると、この両者とも、「国民の不満のはけ口としておこなわれた」のは「満州事変」である、ということしか述べていません。

>>508 >>502における「侵略戦争」とは何を指すのか
>>510 戦前日本が行った一連の戦争が侵略戦争であった
という流れからすると、亀哲人さんの主張は「戦前日本が行った一連の侵略戦争は、全て、国民の不満のはけ口としておこなわれた」であると理解しておりますが、
>>518に挙げられた引用では「戦前日本が行った戦争のなで、満州事変のみは、国民の不満のはけ口としておこなわれた」ことしか補強することができない、
逆に言うと、日華事変・大東亜戦争が「国民の不満のはけ口としておこなわれた」ことの証明が未だ行われていないと解するのが妥当かと思われますが如何でしょうか?

522 :503:03/10/02 14:58 ID:jFkaV3EI
>>520は、果たして何を意図されたものなのかよくわかりませんが、
一応、私に対してレスをされてる以上、何らかのレスをしておこうと思います。
というわけで、
>1931年、日本の中国遼東半島で警備に当たっていた関東軍は満州の軍閥・張作霖の乗った
>列車もろとも南満州鉄道を爆破し、これを中国軍の仕業と言い立てて日本は軍隊を派遣し
>満州全域を占領した(満州事変)。
とありますが、
当方の記憶と、当方が所有するあらゆる資料は、張作霖爆殺事件(満州某重大事件)は1928年、
満州全域の占領を目指した満州事変(その発端である柳条湖事件)は1931年であるとあり、両者が同一でないことを示しています。

また日中全面戦争の発端となったのは「盧溝橋(ないし蘆溝橋)事件」であり「芦溝橋事件」ではないと思われます。
このような誤字脱字をあげつらうのはどうかと思われますが、>>510でも「廬溝橋事件」という誤字をされていたので、
御不興を被るのを覚悟の上で、あえて指摘させて頂きます。

さて、過去を問題とする歴史学の性質上、「正しい事実」を認識することが歴史を学ぶ、もしくは議論する大前提であると思われます。
ですが、上記2点を考慮すると、亀哲人さんにおかれましては、若干、日本近代史の復習をされた方がよろしいかと思われますが如何でしょうか?

523 :1128:03/10/03 03:12 ID:xJxhtehT
>>522
>亀哲人さんにおかれましては、若干、日本近代史の復習をされた方がよろしいかと思われますが如何でしょうか?


そう思います。

524 :右や左の名無し様:03/10/03 10:19 ID:???
>どういう辞書を使うと、「めいちょううんどう」を「明微運動」に変換してくれるのですか?

ワロタ

525 :正義の見方:03/10/03 11:44 ID:loI3plGH
>>498
>行政府を上回る権限を、明微運動と天皇統帥を盾に強行したのは軍部だ。
>一般臣民には国家の主要な情報は正しく与えられていなかった。
明徴(微は誤字です)運動は正確には「国体明徴運動」のことで四捨五入して
いえば、日本国は天皇がが統治する国であることを明らかにするという運動で
あり、天皇機関説が唱えられたことに危機感をもった東大教授平泉が主張した
もので、政府が教育問題として声明を出したもので、この時点では軍部とは直
接関係ありません。のちに陸軍が平泉を講師に招き国体明徴研修を行い、軍部
に浸透していくのです。天皇機関説は天皇自身が認めていることで、その意味
では統帥権干犯、国体明徴運動も天皇の意を戴しての議論ではなかったのでし
ょう。


526 :右や左の名無し様:03/10/03 22:50 ID:JYaq9nIZ
人間ならあれだけのことをしでかしたら責任を感じるよな。
それが他人事のような顔をして。恥ずかしいい人だった。

527 :右や左の名無し様:03/10/03 23:41 ID:I02rWEaF
>526
国民が許さなかったからだよ。
天皇は日本そのものなんだよ!

他国の権力者と一緒にするなよ!
いい加減、洗脳から目を覚ませよ!
いい年をして。

528 :右や左の名無し様:03/10/03 23:45 ID:pjfpGyP4
何十年たってもまだ「天皇=日本」を、精神的な支えにしている人間、
すなわち根本的に歪んだ上下関係を正しいと思っている人間がいる。
このことから、日本の未来は暗いかもしれない。

529 :右や左の名無し様:03/10/03 23:51 ID:iIZzKeQx
>>527
洗脳された人間は洗脳されたという認識があるのだろうか?
仮に洗脳された人間が居たとしよう、彼は専横されたという認識が
無かったとする、洗脳されていない人間と価値が対立した時、洗脳
された人間はどう思うのだろうか?
相手が洗脳されたと思うのであろうか?
自分が洗脳されたと思うのであろうか?
さあ、洗脳に付いて考えよう

530 :1128:03/10/03 23:56 ID:xJxhtehT
>>529
>洗脳されていない人間と価値が対立した時、
>さあ、洗脳に付いて考えよう

洗脳されてない人間は、狼少年くらいの物だろう。
少しは哲学くらい勉強しようね。w

531 :右や左の名無し様:03/10/03 23:58 ID:iIZzKeQx
>>530
まにあってます(笑
ピーはちょっとおことわりです

532 :右や左の名無し様:03/10/04 00:06 ID:jYMIarHB
アジア各地の新聞社・テレビ局など300社以上のニュースサイトへのリンク集(機械翻訳つき)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/link/link11.html
現地メディアの最新ニュースが日本語で読めるよ

533 : ◆RxKIpoSpb. :03/10/04 01:57 ID:KoJz2dCt
あまい、の一言では、わからんなあ。
昭和天皇の戦争責任って何?


534 :右や左の名無し様:03/10/04 07:38 ID:DLoSI3jG
普通戦争に負けたらその地位から降りるものだよ。

535 :右や左の名無し様:03/10/04 08:23 ID:5n7aXMz8
それでは大儀の面においても敵国に非を認めることになるだろ


536 :MMMM:03/10/04 08:57 ID:U21SYl0A
>>535
いや、負けた相手に謝って降りるよーなことはないっしょ。
死んだ赤子に負けちゃって申し訳ないって退位するんじゃない。
それだったら左右文句ないわ。
あと、降りたあとにどなったかだけど、天皇的には損得あるなあ。
降りたら昭和天皇、もしかしたらもっと偉い人に思われてたかもしんないねえ。

537 :右や左の名無し様:03/10/04 09:09 ID:???
>>536
戦前の天皇の権限と、戦後の天皇の権限を比較してみれば、その違いは自ずから明らか。

日本は、「天皇退位」というハード・ランディングを行うより、
天皇から権限を剥奪し、象徴という地位に押し込めるソフト・ランディングを行った。
これは、実質的には退位させたのと同質の政治的結果を得られると同時に、
「天皇退位」という衝撃・混乱を引き起こさなくて済むという実に上手い(悪く言えば狡猾な)方法だったと思う。

538 :MMMM:03/10/04 09:18 ID:U21SYl0A
そりゃ敗戦直後のドサクサのタイミングではともかく、
占領下で引き摺り下ろせばもめたでしょうねえ。
ソフトランディングのしあげ、揉めない機会はあったはずだな。

539 :右や左の名無し様:03/10/04 19:23 ID:???
仕上げの時期を睨んでいると半島で戦争が起こって
それどころじゃねぇ〜!とか?
或いは赤化への恐れが拭い切れなかった、とか(「日本民主主義人民共和国」)
或いはプラグマティックに(?)「まぁ、おとなしくしてるからエエヤン」とか

そんな感じで、日本の相手ばかりもしてられんかったのかもなー。


540 :右や左の名無し様:03/10/05 06:57 ID:Xrchor6i
天皇制のすごいところは、権力闘争などに敗れて天皇が死んでも、かならず血筋と称する人は現れて天皇になることです。
今回の場合もそうすべきだった。

541 :右や左の名無し様:03/10/05 15:33 ID:l+sF5VM6
>>540
じゃあ今の天皇は何千年もつづいてるというのは捏造だっていう
だね。逆に確証もないだろうしな。

542 :正義の見方:03/10/05 16:57 ID:MmU2j2n2
>>537
>日本は、「天皇退位」というハード・ランディングを行うより、
>天皇から権限を剥奪し、象徴という地位に押し込めるソフト・ランディングを行った。
少しは明治から昭和までの歴史を学んだほうがいいですよ。明治憲法でも天皇は立憲君主
であり、政治は政府の権限で行われ、国務大臣が天皇を輔弼していたわけです。だから天
皇の権限を外すといっても最初からなかったんです。明治維新も薩長が天皇をかついだの
も天皇の権威を旗印にしただけで、尊皇攘夷といっても実質的な権力は幕府が持っていた
わけで、天皇はなんの権力も持っていなかったのです。
5.15事件にしても2.26事件にしても軍部の青年将校は天皇親政に改めようとした
わけで、政治的権力を天皇の名で自分たちのものにしようとしたわけで、天皇制を利用し
ただけです。
もちろん大東亜戦争では天皇が利用され、多くの将兵の命が失われたわけだから、その意
味では同義的責任はないとはいえないから、退位という選択もあったのであるが、占領政
策からマッカーサや吉田に止められたという事実はあったのです。しかし、法律的な責任
はないことは憲法からも当然のことであり、法的根拠もありません。

543 :右や左の名無し様:03/10/06 07:35 ID:ZK4bid5u
>541
天皇制は1500年続いたたが、万世一系の証明はない。
妾の連れ子に譲られたこともあるし。
家の存続と血筋の存続は別物だ。

544 :右や左の名無し様:03/10/06 09:15 ID:ZAnbUIiR
この野郎は戦争責任全部東条においつけテメェは軍部の傀儡だったようなことマッカーサーに命乞いして、てめぇがいないと占領政策がうまくいかないなんって命乞いしたがった最低野郎、命たすかったとしても退位してそれなりの体裁は繕うのが普通、

545 :もし退位をしてたらこういう風に言うんだろうねぇ:03/10/06 09:25 ID:jO+a8lGa
この野郎は退位を条件に戦争責任追及の放棄を泣きわめいて頼み込んだ最低野郎。少しでも良心があるなら、天皇の地位に止まり続けて非難の矢面に立つという体裁を繕うのが普通。

546 :右や左の名無し様:03/10/06 09:26 ID:???
>>544
日本語?

547 :右や左の名無し様:03/10/06 10:27 ID:FIgAhda6
>>544
お前が低学歴だという事はよくわかった。

548 :右や左の名無し様:03/10/06 10:33 ID:J0vleK6p
文もめちゃくちゃだが句点と読点の使い方もわかってないところを見るとどうやら日本人じゃないようですねw

549 :右や左の名無し様:03/10/06 12:54 ID:lTiHyF5H
>>543
>妾の連れ子に譲られたこともあるし。

これって何天皇?

550 :右や左の名無し様:03/10/06 12:58 ID:???
デマだよ

551 :右や左の名無し様:03/10/06 21:11 ID:???
こいつが消えてれば

戦争を早く終わった

原爆で苦しむ人たちはコイツの身代わりか


552 :右や左の名無し様:03/10/07 12:14 ID:???
 昭和6(1931)年11月19日午後6時半、軍艦榛名は鹿児島湾内をまっすぐに南下していた。
熊本での陸軍大演習の後、お帰りになる昭和天皇を鹿児島から横須賀までお送りする航海だった。
すでに日は暮れて、月もなく、左舷の大隅半島、右舷の薩摩半島の山々も10余キロの彼方、
夕闇の中にほの暗く見えるのみである。木下氏は行幸事務を主管する宮内大臣官房総務課長と
して乗船していた。ちょうど全員が夕食中で、見送りの船でも来たら気づかずに相済まぬ事になる
と思って、後甲板に出てみた。灯りのない後甲板は薄暗く、人の顔の見分けもつかないほどである。

 誰もいないと思っていたところが、右舷のてすりの所に西を向いて立っている一人の人の
後ろ姿があった。備え付けられた脚付きの望遠鏡のそばに直立し、挙手敬礼をしている。
今頃誰か、と近づいてみると、なんと陛下ではないか。はて、何か望遠鏡でご覧になったのかな、
と木下氏も近くの望遠鏡を覗いてみると、薩摩半島の山々がぼんやりと見える。目が慣れてくると、
その水陸の境目、海岸線一帯に延々と果てしなく続く赤い紐のようなものが見える。その少し上、
小高い所には数百メートルの間隔で点々と燃え盛るかがり火。

 木下氏は万事を了解した。陛下のお船が沖を通過する時刻と知った薩摩半島の村々の人々が、
ちょうちんやたいまつを持って海岸に立ち並び、また若者達は山々に登ってかがり火を焚いて、
こぞって陛下をお見送りしているのである。陛下はこれを望遠鏡で見つけられ、ただお一人、
挙手の礼で沿岸一帯の人々にご挨拶をされていたのだ。

 木下氏はなんとか、お見送りしている人々に陛下が艦上からご挨拶されていることを知らせる術
はないかと思い苦しんだが、ふと一案を思いついて艦長室に走った。艦長に事情を話し、すべての
探照灯をつけてもらうよう頼んだ。艦長も感激して、すぐに指示を下した。6機の探照灯がこうこうと
左は大隅半島、右は薩摩半島の山や空や海をくまなく撫で回した。はるかに、わっとあがる両岸の
歓声を想像しながら、木下氏は歓びに浸った。

553 :右や左の名無し様:03/10/07 12:14 ID:???
 それから30年以上もたった昭和39年のある日、木下氏は指宿にある九州大学の植物園の園長を訪ねた。
長年、この地に住んでいるという園長に、昭和6年のその夜のことを聞いてみると、園長はたしかに
提灯を持って、海岸に立っていたという。軍艦の姿こそ見えなかったが、はるかに見える灯火に心をこめて
お見送りしていた所、突如、われわれに向かってこうこうたる探照灯が照らされ、一同、思わず歓声を上げ、
その光の中に互いに手をとり合って歓んだことでした、と園長は語った。

 あちこちの村々から集まってきた数千、数万の群衆は、年齢も性別も職業もばらばらな、互いに見知らぬ
人々であったろう。それらの人々が共有しているのは、ただ陛下をお見送りしようという一片のまごころのみ
であった。その人々のまごころが、軍艦榛名に届き、探照灯のこうこうたる灯りとなって帰ってきた時、
老いも若きも、「その光の中に互いに手をとり合って歓んだ」のである。

554 :右や左の名無し様:03/10/07 14:27 ID:???
>>552-553
エェ話や(つД`)

555 :右や左の名無し様:03/10/07 20:29 ID:???
特攻隊で死んでった人
ようするに天皇に殺された
誰も死にたくて死んでいったわけではない

最後にか来た手紙は
誰一人として天皇にたいすることを書いては無かった
無言の意思であった
死にたくない、それも他人のために

最後の手紙のはほとんどの人が母親に対して書いた手紙だった
また、家族友人・・・
身近な人たちに対してのものだった

「こんな早く死んで申し訳ないお母さん」
このような文章が最も多かった


誰が何人死のうと責任なんてないのが朝鮮人天皇一族の歴史

556 :右や左の名無し様:03/10/08 11:00 ID:???
だよな。戦争は全て天皇の責任だ。
原爆が落ちたのも天皇の責任だし、特攻もそう。
全部天皇が居たからこそだ。

日本人は悪くない。天皇が悪い。

557 :右や左の名無し様:03/10/08 20:06 ID:???
国民を不幸にしても知らん顔の大室さんの孫

558 :右や左の名無し様:03/10/09 07:46 ID:???
N速+【国際】戦時中の日本企業での強制労働賠償は違憲 米国最高裁が訴え棄却
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1065461646/

米連邦最高裁は6日、第二次大戦中の強制労働に対する賠償請求を認めたカリフォルニア州法は違憲とした
サンフランシスコの連邦高裁決定を支持し、元米兵捕虜ら原告が新日本製鉄、三菱商事など日本企業を相手
に起こした訴えを棄却した。
カリフォルニア州法は第二次大戦中に、日本やドイツの企業に強制労働させられた被害者は2010年まで
に提訴すれば時効は適用されないと定めている。1999年7月の施行後、元捕虜や中国、韓国、フィリピン
の市民らが相次いで訴訟を起こしていた。
連邦高裁は決定で「憲法は外交権を連邦政府に与えており、戦後補償をめぐり訴訟を起こす権利を州法でつくり
出すことはできない」とし、違憲とする判断を下していた。
引用元はhttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MRO&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2003100601000539


559 :正義の見方:03/10/10 14:13 ID:EbKJ8kv7
>>555
>特攻隊で死んでった人
>ようするに天皇に殺された
>誰も死にたくて死んでいったわけではない
どういう脳みそからこのようなバカなことを考えつくのか不思議だ。特攻隊員
の遺書を読んでみろ、ほとんどが国家のため祖国のために殉じる気持ちが横溢
しており、天皇に殺されたなんて思っている人は一人としていなかったんだ。
それを、その崇高な気持ちを、お前さんはなんの権利があって否定するんだ。
自分の暮らしがよくないのは国の責任、すべては他人の責任にして自らの義務
には想いが至らない、そういう腐った心根と特攻隊員と同列にしないでくれ、
それを冒涜というのです。

560 :右や左の名無し様:03/10/10 15:51 ID:fclgzOu3
>>559
戦争を選択したのは国家だ、その選択した現実に国民が犠牲になれば
それは国家の責任と言う事になる。民主主義ならば国民に選らばれた
代表が、独裁政治ならば独裁者が。
国民に選択権があると思うのは妄想である、国家という枠の中人が自由
意見を言えるというものは、国家が許される「枠」の範囲でしかない。
枠を越える事があれば、それは国家によって敵となる。敵とされた国民
は国家の中での人権および、生存権すら危ぶまれる。
国家がいかにあるべきか?それが重要とされるのは国家というものが
使用方法によっては何時でも、国民自身を害す事が可能であるからでも
ある

561 :右や左の名無し様:03/10/10 16:02 ID:???
>>560
例えば北が崩壊したとしよう。
北の国民は、いっせいに元将軍様を非難して、自分たちは被害者だと訴えた。
今までの罪は全て将軍様にある、と。
これは正しいか?

562 :右や左の名無し様:03/10/10 16:21 ID:fclgzOu3
>>561
もし現政権が崩壊したするならば、その後の名前がどうであれ
別の国家が出来たと呼べるものであろう。(限定条件有り)
国民自身が前政権下において不当に自由意志を束縛されていたと
訴え、訴える権利が許され尚且つ、それが崩壊後に作られ
た国家にとっての「枠」にはみ出す事がないならば、事の真実に
関わらずそれは正当化されるであろう。
事の是非というのは、人間が作り出すルールにおいての範囲内であり
「人」である以上絶対的な是非と言うモノ事態の定義が不可能である。
時によって正しいされたモノが絶対不変の真理とされる事はありえないが、
それは、その時で正された事の賛否を行うべきではないと言う事ではない。
過去とは未来という大海に於ける航海図である。
過去を観、未来を選択する事が責めてもの人が出来る事でもある。

563 :右や左の名無し様:03/10/10 16:30 ID:???
>>562
すごいな。

「正しいか否か」の答えを善悪論にまで発展させないと
立場を誤魔化しきれないんだ・・・

564 :右や左の名無し様:03/10/10 16:32 ID:fclgzOu3
>>563
絶対正義なんてものはありえない

565 :右や左の名無し様:03/10/10 16:33 ID:???
>>564
>561は 「絶対正義の有り様」 なんて聞いてないし。

566 :右や左の名無し様:03/10/10 16:37 ID:fclgzOu3
>>565
失礼、「正しいか?」と問いかけをされたので、問いかけ自身を
否定しただけ

567 :右や左の名無し様:03/10/10 16:43 ID:Xe4lj79U
しかしまぁ、死ぬことが確実な特攻隊員の遺書に対して

>国家という枠の中人が自由意見を言えるというものは、
>国家が許される「枠」の範囲でしかない。
>枠を越える事があれば、それは国家によって敵となる。敵とされた国民
>は国家の中での人権および、生存権すら危ぶまれる。

てレスをするのが適当かどうか、意見を拝聴したい。

568 :右や左の名無し様:03/10/10 16:47 ID:???
>>566
問いかけ自身を否定していいなら、戦争責任無しで終わりじゃん。
本当に失礼な奴だな。
議論じゃなくて妄想を語りたいならメルヘン板でも行けば?

569 :右や左の名無し様:03/10/10 16:50 ID:fclgzOu3
>>567
特攻隊員であれ、誰であれ、国家に属すという現実は過去現在におい
変わる事がない。個人的な感情でそれが変化する事もない。
適当か適当でないかを認識するのは「人」であり、認識仕方によって
それが変わる事もない。
なにより、特攻隊員を哀れむのであれば特攻隊員とはそもそも「特攻隊」が
なければ、存在しえず、「特攻隊」を作ったのは個人の技だったのかどうかを
考えて頂きたい。

570 :あの〜:03/10/10 17:07 ID:J4TgTnHf
特攻隊員にも、拒否したり逃げ帰ったりした人間は結構居るんだけどね。
もちろん、取り立てて罰を受けた訳でもない。

もう、いい加減に特攻を論題に上げるのは止めませんか?

571 :右や左の名無し様:03/10/10 17:17 ID:Xe4lj79U
>>569
うーん。全然質問の意図をくみ取って貰えてないようなので、少し長めに書きます。

>>560を私なりに解釈すると、
「国家は、国民の生存権を握ることで、国民の発することの出来る意見に「枠」をはめている」
となる。

ところが、特攻隊員は、その「枠」を越えたから生存権が奪われたわけではないし、
既に「生存権」がない以上、国民は国家の定めた「枠」の中でしか意見が言えない、という制限を脱した存在である。
ゆえに、特攻隊員の遺書は、>>560の言う「生存権」を担保とした「枠」に捕らわれることはない。

しかるに、>>559の特攻隊員の遺書(=意見)に対し、>>560のような
「国家は、国民の生存権を握ることで、国民の発することの出来る意見に「枠」をはめている」
というレスをしている。
生存権の無い人間(特攻隊隊員)に対し、生存権を軸としたレスをしているわけで、
そこで私は>>567で「適当か」と聞いたわけ。

わかって頂けました?

572 :右や左の名無し様:03/10/10 17:23 ID:???
>>571
どのみち>>561への回答を>>562-566と破綻しつつ
スルーするような奴がマトモな感覚の持ち主のわけない。

ID:fclgzOu3 は特攻隊員を例に、日本と天皇を非難したいだけ。

573 :右や左の名無し様:03/10/10 17:41 ID:uqlPtp/Y
>>571
越えないが為にその生存権を放棄しなければならかなったと述べてます
特攻隊にとっての「枠」とはすなわち軍事的行における作戦の成功であ
り=(イコール)彼ら自身の自らの死というは理解されていますか?
テロリズムに見られるように人間は学習次第で「自らの死」と言うものを
正当化出来る生き物であり、それに代謝される価値を求めます。
今回の場合においては、価値とは国家の存亡であり、家族の生命であった
という事ではないでしょうか?生存権や人権とは広く彼らを維持する為の
権利をも含みます。家族が生きがいという人もいるでしょう。
コレは特攻隊員に限る事ではないでしょう、戦時中戦争に赴いた人全て
に言える事でしょう。特攻隊員のみ特別と私は考えていません。

574 :右や左の名無し様:03/10/10 18:53 ID:Xe4lj79U
>>573
スイマセン。結局、あなたが何を言いたいのかが全然わかりません(;´Д`)

>>559の特攻隊の遺書に関し、>>560のようなレスを返したとのは、
 特攻隊の遺書は、国家の定めた「枠」の中でしか書くことを許されなかった。
と言うためだった理解しています。

しかし>>573のテロリストの話を読むと、他者(⊃国家)の定めた「枠」が自分の意志と同じになれば、
それは既に他者(⊃国家)の定めた「枠」ではなく、自身の定めた「枠」→行動原理になる、といってるようにしか読めません。
またその後の文章をよんでも、特攻隊員に限らず、戦争に赴いた人全てのひとが自身の「枠」に則って行動した、
と仰っているような印象を受けます。
つまり、いつの間にか「国家の定めた「枠」」が、「個人の「枠」」にすり替わっている。

と書くとおそらく、
 自身で定めた「枠」だとしても、その「枠」が国家の定めたわ「枠」と同一ならば、所詮、国家の定めた「枠」でしかない
と言うレスが返ってくるものと思われます。
ですが、あなたが人を殺したことがない(と思いますが)のは、
国家が各人の生存権を尊重するようにという「枠」を定めているからですか?
それとも、あなた自身が人を殺してはいけないという「枠」を定めているからでしょうか?

少し脱線しましたが、要するに私が確認したいのは
 特攻隊員の遺書は、国家の「枠」の中で書かされたものだとお考えですか?
 それともそうではなく、たとえば、隊員自身の定めた「枠」の中で書いたものだとお考えですか?
これに集約できます。
>>560の段階では前者であると思ったので、それに反論する形でレスをしました(>>571)が、
>>573を読むと、後者の可能性も出てきました。
長いレスは必要ないと思われます。二者択一でお答え下さい。
無論、私は後者ですが。

575 :右や左の名無し様:03/10/10 20:41 ID:???
天皇信者は天皇を非難するものは完全否定

ただそれだけ
病に冒され死んでゆく
墓場に入って気づく事が出来るか?

己が他人にコントロールされていたことを

576 :右や左の名無し様:03/10/11 02:07 ID:???
ポエムだな。

577 :右や左の名無し様:03/10/11 12:52 ID:???
そりゃ「文学方面」のテーマですから

578 :右や左の名無し様:03/10/12 16:19 ID:aay1m4nk
>>560
>国民に選択権があると思うのは妄想である、国家という枠の中人が自由
>意見を言えるというものは、国家が許される「枠」の範囲でしかない。
本気でそんな埒もないことを考えているのか?国家というのは実体的な存在ではない。
現在の国家は封建制の身分制の国家ではなく、民族の意志の同一化をもとにした中央集
権的な国民国家、民族国家であり、民主主義国なら主権在民、国民一人一人が権利をも
っており、代表者を選挙で選んでいるんだ。だから為政者がだめなら選挙で政党を変え
ればいいのであって、国が決めた枠の中でしか発言できないというのは、言い掛かりに
過ぎない。だいいち、お前さんがいいたいことをいっても警察に逮捕されるわけじゃな
いんだろ。その言論の自由を保障されているのに、自由が許されないとはひょっとして
日本と北朝鮮と混同してるんじゃないのか。
もう少し常識的な判断でものをいってください。

579 :右や左の名無し様:03/10/12 19:06 ID:fNmm8qXY
あの天皇の阿保面を見れば
精神鑑定の必要性があることは誰にでも分かるであろう

580 :右や左の名無し様:03/10/13 13:44 ID:???
わかる

581 :お口もぐもぐ:03/10/14 10:18 ID:nzNBEBCB
精神鑑定するまでもなく・・・わかる

582 :右や左の名無し様:03/10/14 10:45 ID:???
単純に、「GHQが政治的に利用したかったから。」では駄目ですかそうですか。


583 :名無し:03/10/14 21:47 ID:XwvWjYza
大東亜戦争は結局ソ連のスターリンが、東部戦線を安全にするため、
中国に命じて支那事変を起こし、米国に入り込んだスパイを使って太平洋戦争を
起こしたという結論だろう。日本は被害者であり自衛戦争であった。
日本を非難するのは古すぎる。歴史は新しい史実を公開している。21世紀
からみれば、昭和天皇はじめ日本民族は被害者である。
戦争責任は、スターリン、蒋介石、毛沢東、ルーズベルトにあるのは
猿でも分かる。

584 :右や左の旦那様:03/10/14 22:57 ID:mM90aIvr
>583
あなたのように、高所から歴史を見られる方も居たのですね。正解でしょう。
但し、一般に理解されるまで、後50年かかるでしょう。

この糞スレに一筋の光でしょうな。
>>1 の小僧は、あと100年わかるまい。

A級戦犯 ルーズベル戸、スター鈴、茶ーちる。トルー万。
B級戦犯 蒋介咳、毛沢東。

585 :右や左の名無し様:03/10/14 23:03 ID:zVSrV1Jc
誰かが言ってたよ
戦時中も象徴に過ぎなかったって
漫画だけど

586 :右や左の名無し様:03/10/15 00:30 ID:???
今時、コヴァの煽動本を真に受けてるアフォがいるとはね(藁

587 :右や左の名無し様:03/10/15 00:32 ID:???
>>585
ジパングで当時の将官が言ってたような…

588 :右や左の名無し様:03/10/15 00:46 ID:???
>>585
木戸内府@ジバングですな

589 :右や左の名無し様:03/10/15 06:11 ID:LxR6xmlf
>>584
特級戦犯 笑話天皇
>>585
>戦時中も象徴に過ぎなかったって
漫画みたいな与太話だナ

590 :先祖はチョンだから、責任感か昭和天皇にはなかった:03/10/15 15:20 ID:xWU4heAC
命が惜しかっただけ、ただただ、それだけ
早急に天皇陵発掘調査して、真偽を学者にゆだねるべき(先祖チョン説)
天皇陵の傍には必ず被差別部落があるが、、これも不思議
大正天皇葬儀までは八瀬部落の八瀬童子が棺をかついだ、、これも不思議
昭和天皇のときは皇宮護衛官が棺をかついだ、、これも不思議

591 :590だが:03/10/15 15:56 ID:xWU4heAC
こういうスレ書くと、オマエはチョソか部落だろ、って(笑)反撃がくるが
俺のルーツはよその板にも書いてあるが某藩の徒士(足軽より少し上の下級武士)
でもな、先祖の中には代官を勤めた人物もいて、その代官装束もある
農民相手だから質素なものだよ、TVドラマの代官は高級武士の感じだが、あれは嘘だ
それと、現在の右翼は被差別部落民と在日朝鮮人が、8割以上
差別圧迫してきた体制を批判するなら左翼思想に走るべきだと思うが
あながち低学歴の「せいともいえないが(同対法)で(部落民)の大学進学率はたかまった
金になるならし主義も思想も理性も知性も関係ないと言うことか
俺の知ってる部落出の奴も在日のやっも真面目なやつがいるけどな
なぜ、部落民と在日はヤクザ、とか街宣右翼になるのか、差別か?金か?
ちなみに俺は渋谷のキヤンパス内に神社のある大学出の右よりの男
昭和天皇は軽蔑してるけど天皇制もいまの国の象徴(シンボル)なら
存続してもいいと思っている、大統領制になっても、その器の人物はいないだろうから

592 :右や左の名無し様:03/10/15 17:27 ID:???
>>590
君の文章からは、チョンだの部落だのを逆差別してる臭いがプンプンしてますね。

593 :右や左の名無し様:03/10/15 21:54 ID:XYZMC/KV
.>592
天皇を差別してるだけだろう。

594 :正義の見方:03/10/17 15:44 ID:feIxyd7k
>>560
>戦争を選択したのは国家だ、その選択した現実に国民が犠牲になれば
>それは国家の責任と言う事になる。民主主義ならば国民に選らばれた
>代表が、独裁政治ならば独裁者が。
国家という実体はどこにも存在しないんです。戦争を選択したのはときの政府
です。政府は国民の選挙により選ばれた国会議員が投票によって内閣総理大臣
を選び、その総理大臣が組閣して内閣を構成しているわけで、法律はすべて国
会議員である立法府が制定しているわけです。だから国家の責任なんてあいま
いなことをいってはだめです。要するにそういう政府を選んだのは国民であり、
一方的に政府に責任を押し付けるのは無責任です。
現在をみれば一目瞭然でしょう。小泉政権に不満があれば選挙で自民党を倒せ
ばいいのです。そのための選挙なのです。しかし、選挙で政権をとったらその
政党に任せるのが民主主義なのです。

595 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/17 15:47 ID:???
>>594
でも、戦前は民主主義では無かったね。

>国家という実体はどこにも存在しないんです。戦争を選択したのはときの政府です。
是は正しいけど。

596 :右や左の名無し様:03/10/17 16:24 ID:l66DVA11
>戦前は民主主義では無かった

( ゚д゚)ポカーン

597 :亀哲人さんへ:03/10/17 16:31 ID:y0GQvYRG
戦前は民主主義でした。
あなたの民主主義の定義って何ですか?
もう少し日本の歴史を勉強するべきです。
あと、民主主義の逆は何だと思いますか?

598 :>>591 さんへ:03/10/17 16:48 ID:y0GQvYRG
〉なぜ右翼組織に在日や同和が多いのか…

まず、人間って存在が共同体、歴史の縦線の中に帰属してないと生きられない存在と知るべきです。

彼らは、それが無いのですよ。特に在日さんはね。本国に拒絶され、日本には不信感しか持てない。
同和団体も然り。たぶん、いったん共産系の考え方で育つと思うのですよ。行き過ぎた平等教育ですね。
共産系の思考とは「日本人で有る前に、一個の人間」ですから。帰属は世界市民なのです。

「君の先祖は武士だから農民を苦しめてた。故に先祖がしてきた事を全否定しろ」と言われるようなものですよ。

599 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/17 17:13 ID:mBjXLVuE
>>597
86へ〜位だな。

戦前の主権者って国民だったのかな?
臣民という言葉の意味が分かる?

600 :右や左の名無し様:03/10/17 17:22 ID:l66DVA11
なんだかもの凄い天才(か紙一重の差でバカ)が登場したので、少しつついてみよう。
>>599
問1.明治維新〜帝国憲法施行の日本は何主義?・・・・・・・・(1)
問2.帝国憲法施行〜日本国憲法施行の日本は何主義?・・・・・(2)
問3.(1)と(2)の違いを400字以内で論述せよ。

601 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/17 17:29 ID:mBjXLVuE
>>600
嫌だね。
其の前に君が>>599に答えなさい。
答えたら教えてあげる。
何文字でも構わないぜ。

602 :右や左の名無し様:03/10/17 17:32 ID:l66DVA11
>>601
おっと、このスレを眺めてみると、
君は503氏から逃げているという前科があるんだねw
答えられないなら、前みたいに黙って逃げれば?バカ君w



603 :亀哲人さんへ:03/10/17 17:37 ID:y0GQvYRG
あなた、いくら何でも失礼極まりますよ。>>600さんに。
どんなに煽られようが答えるべきですよ。でないならコテを使わないか、スレに参加しない事です。
なんで逆ギレするのですか?

>>599 に回答するのは普通、私でしょ?自己崩壊しとるのですか?
俺の「民主主義」の定義は野党が存在するかって事ですかね。

604 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/17 17:42 ID:mBjXLVuE
>>603
じゃ、撤退します。
他のスレでも絡まれて忙しいので。

まさか戦前が民主主義だったなんて電波が飛び交うとは思わなかったんでな。
じゃ、そのうちまた。

605 :右や左の名無し様:03/10/17 17:43 ID:???
日本史板より引用
>榎原猛著「君主制の比較憲法学的研究」(有信堂)によれば、
>英国、蘭国、ノルウェー、スウェーデン、デンマークにおいては
>憲法上君主主権国と分類されている

さて、この前提を元に亀哲人さんにお伺いします。
英国、蘭国、ノルウェー、スウェーデン、デンマークは民主主義ですか?
それとも民主主義でないのですか?

606 :星野さんありがとう。さんまvsたけし。踊る大総選挙!:03/10/17 18:11 ID:O3kOfTfV
阪神タイガース優勝バンザーイ!
星野さん感動をありがとう。そして、おつかれさまでした。
落ちこぼれ阪神の優勝は多くの人たちに勇気を与えたと思います。
あらためて、阪神優勝バンザーイ! よーし、次はダイエー相手に日本一や!
でも喜んでる場合やないで〜
大阪の景気は超ドン底最悪状態真っ最中!
大阪の選挙の投票率はなんと全国で最下位!(55.69%)
なさけないわ、ほんま。。。
投票率が低いのは社会、経済に対して自発的な努力が無い証拠やで!
(....43京都 44沖縄 45埼玉 46千葉 47大阪)
こんなことで大阪の景気が良くなるわけないやろが!
大阪を変えたいんや!
11月9日の総選挙、投票率を上げようや。 全国一位をねらおうや!
それが無理でも、せめて、 阪神の勝率(62,7%)を超えるぐらいの投票率をめざそうやー!
大阪人よ立ち上がれー!!!
そして、政権交代で日本を変えたいんや!
イメージとパフォーマンスばっかりで
弱者の痛みを無視するような政策ばっかりの小泉政治はもうアカン!
自民党の利益を失うような構造改革を
自民党自身ができるわけないのは誰でもわかる。
もうだまされへんぞー!
大多数の無知な国民をあざむくのもいいかげんにしろー!
自民の自民による自民のための政治はもう終わりにしろー!
11月9日、踊る大総選挙。
政界の明石家さんまこと小泉純一郎と
政界のビートたけしこと菅直人。
さあ、勝つのはどっち!!!?
http://www2u.biglobe.ne.jp/~over80/shugiin_watching-2000.htm
若者の投票率はめっちゃ低いねん。
若もんの力で日本を変えようや!!
............................................................

607 :右や左の名無し様:03/10/17 18:12 ID:???
>>605
亀にとっては「主権在民=民主主義」なのさ。
それ以外の民主主義は認めない。
ゆえに今のイギリスなんかも民主主義とは認めないだろうさw

608 :右や左の名無し様:03/10/17 20:10 ID:???
>>466
>>戦後でも佐藤首相なんて内奏の際の御下問に感謝感激の体だぞよ。

どうゆうことか、興味あります。もっと詳しく書いてください。

609 :右や左の名無し様:03/10/18 16:24 ID:MyFiwZOA
>>597
>でも、戦前は民主主義では無かったね。
戦後の左翼の常套句だけど、立憲君主国でも民主主義は民主主義なんです。そういえば
大正デモクラシーということばもあります。選挙で議員を選び、国会があり、議会があ
り、三権が分立していれば、民主主義国家といえるでしょう。明治憲法では天皇の権力
は統帥権だけであり、これすらも天皇個人の自由にはならなかったのです。国務大臣が
天皇を輔弼(助ける)するわけで、これは天皇に政治責任が及ばないためにしたことで
もあり、事実としても天皇は政治に直接介入できなかったのです。

610 :右や左の名無し様:03/10/22 05:29 ID:???
>>609
実際には、
ヒロヒトは政治に介入しまくったけどねえ (冷笑)

611 :統帥権とは:03/10/22 11:43 ID:htRkvZPI
天皇が直接 陸軍参謀総長 海軍軍令部長 を指揮監督できる 大権
国務大臣たる 陸軍大臣 海軍大臣は 埒外
軍令と軍政のちがいくらい、わかってからログ書きなさいよ>609
ヒロヒトが戦犯でなくて首くくれれなかったのは、よばれもしないのにGHQ
に押しかけ 自分の身はどうなったもいいが、自分がいないと国民性から
占領統治が上手くいかない、なんて、形を変えた命ごいをした結果、マッカーサー
も巧緻にたけた人間だから占領政策で、ミスつけないようにヒロヒトを利用した
わけさ
ヒロヒトがほんとに神の末裔なら自決していただろう
奴の先祖は学説にもあるが朝鮮だよチョンなら自決もしないわな(苦笑)
なぜ天皇陵発掘調査しないで日本の歴史の核心を解明しないのか
その結果チョン説が証明されても、いまの天皇制(象徴)はあってもいいとはおもってるが。

612 :右や左の名無し様:03/10/22 12:26 ID:zGlkw5mD
>>611
朝鮮人も自決しますが…何か?
昭和天皇とマッカーサーの面談内容のソース希望。
共産党が好き好んで使ってた言説ですね。もう共産党的歴史観は終わったのですよ。(笑)
とにかくソース希望。

613 :右や左の名無し様:03/10/22 21:29 ID:7kgJkrOM
昭和天皇は卑怯者だったから責任をとらなかった。


614 :丁度阿呆:03/10/22 21:41 ID:u9bNyz5r
>>612
共産党敵歴史観とばかりは言えん。それも合理にかける。
(そもそも共産党的歴史観ってよく分からん語句だが)
1か0で決めつけてはすまない問題でしょ。


615 :歴史上、征夷大将軍のみ責任あり:03/10/22 23:18 ID:sAECCcBh
憲法第一条
天皇陛下は日本の象徴であらせられる

サヨクは、憲法改正派どころか、違憲犯罪思想のあつまりか?

戦前の日本は悪だとか、だから、それはあなたの国です。
Wカップで外国チーム応援、その顔で、ふくを着ても、黄色いサルです。
自分の文化を貶めて、それがあなたの祖国日本です。
天皇陛下、ですから、あなたの国の象徴です。

国旗?それはあなたの国の旗ですって。

616 :右や左の名無し様:03/10/23 12:07 ID:5boDsB9S
昭和天皇は統帥権で陸海軍を指揮できる最高指揮官(大元帥陛下)軍令に関して
は全責任がある。
東条の一存で軍隊を運用できたか、
責任を東条、閣僚、高級指揮官&幕僚に押し付けて自分はガラリ所謂人間宣言
こんな大馬鹿野郎、無責任野郎、最低の卑怯者だ。

617 :右や左の名無し様:03/10/23 14:12 ID:UOJBImBO
「いずれにもせよ、戦争は東条一人で始めたような具合になって
 しまった。誰も彼も反対したが戦争がはじまったというのだから、
 こんな馬鹿げた話はない。」(大川周明)

「天皇の御意志に反するような事は臣下としてできる筈はない」
「国務と統帥は上御一人の御発動により生じます。東条はこの本儀に
 立脚し、挙々服贋いたしております。」(東条英機)

私は立憲君主で、イエスマンです。戦争始めたのは軍部の独断、政府の決定。
終わらせたのは私の手柄。
責任なんて知らぬ、存ぜぬと押し通したのが、恥ず知らずな迷君、笑話天皇です。


618 :右や左の名無し様:03/10/23 16:37 ID:oGyjDYC+
>>611
>軍令と軍政のちがいくらい、わかってからログ書きなさいよ>609
軍令は統帥権に属することぐらいせんこく承知の助だ。軍令は軍隊内部のことだから
政府は口出すな、統帥権の干犯である、という理屈を軍部が持ち出したんだよ。作戦
や用兵は天皇に直属するというわけで、軍部は都合のいいときだけ統帥権を持ち出し
たんだ。確か世界軍縮会議で米英に対して戦艦の数を7割にしたとき、統帥権の干犯
として政府を軍部が攻撃したんですよね。
天皇は現在在位中のばあいは今上陛下といい、死後は諡号でいうのが常識ですぞ。ヒ
ロヒトとは日本人はいいません、昭和天皇です。お忘れなく。

619 :右や左の名無し様:03/10/23 19:09 ID:P6Jy73VM
あんな卑怯で無責任な大馬鹿野郎にヒロヒトでさえもったいないわ
アノ馬鹿野郎でいいんじゃないの  >618に聴く? 226事件のときアノ馬鹿が
《朕が直接指揮して反乱軍を成敗する》と言ったよな、所謂統帥権の行使だよな、結果的にはアノ馬鹿の出番
はなかったけど、国を憂う純真な青年将校の気持ちがアノ馬鹿には少しは解って
いたのか、、、そんな野郎なんだよ 糞ヒロヒトは

620 :右や左の名無し様:03/10/23 19:17 ID:mfsLn95A
そんなことより天皇って国賊だろ?
国家元首として日本を太平洋戦争に突入させて早期終戦もできない無能。
さらにその責任もとらずにのうのうと長生き。
ボンクラ息子があと継いで、毎年宮内庁予算として2千億弱のムダ使い。
東京都心の一等地千代田区の12%、およそ115万平方メートルを専有。
費用対効果、道義的責任の面から鑑みて存在価値ってあるの?生きてる必要ないや



621 :右や左の名無し様:03/10/24 21:21 ID:I9d5f+F/
>>616
>昭和天皇は統帥権で陸海軍を指揮できる最高指揮官(大元帥陛下)軍令に関しては全責任がある。
>東条の一存で軍隊を運用できたか、
アフォですな。
それを言うなら「天皇の一存で軍隊を運用できたか?」だろう。
まさか君は、満州事変が大陸命(統帥命令)で引き起こされたとでも言うのかね?w


622 :右や左の名無し様:03/10/24 21:47 ID:???
>>619>>421(有名な基地外コピペ)に通じるものがあるな

623 :無知:03/10/25 06:02 ID:eiZH1bcw
この馬鹿 大陸命は  大本営設置時の 陸軍のトップシークレットじゃ
>>621へ
大本営陸軍部作戦命令というんじゃ 覚えとき
満州事変は関東軍の独断先行なんて常識だろ(藁

624 :阪京 ◆gghX0J6sMI :03/10/25 06:17 ID:???
>>1 戦争に勝ったからじゃん? 国体は安寧=戦争に勝ったことのしるしじゃん?
わかりるー? アフォかおまえは? 




625 :阪京 ◆gghX0J6sMI :03/10/25 06:21 ID:???
ローマ皇帝もちぇーく!を入れた鬼畜アメリカの無法三昧。

626 :右や左の名無し様:03/10/25 07:14 ID:???
>>623
つまり 統帥権者である天皇ですら 軍を把握することができなかった ということやね

627 :右や左の名無し様:03/10/25 07:33 ID:AVXoNQpQ
>626
でも、そうなるとまずいから、後でみとめて、貫徹を促した昭和天皇。

628 :右や左の名無し様:03/10/25 09:14 ID:zf403dka
>627
要するに、ひとたび軍が動けば、天皇は追認するしか選択肢がないわけだ。

629 :右や左の名無し様:03/10/25 09:38 ID:cMg2cdvv

皇軍と天皇とどちらが上ですか?

630 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/10/25 09:39 ID:SoXYaCMj
>>628
要は天皇の統帥権によってシビリアンコントロールを保とうとする明治憲法の
試みは上手くいかず、失敗したということだ。軍部は手前勝手に大陸で自作自演の
開戦理由を演出し、次々と既成事実化し泥沼にはまり込んでいったと云うことだ。

631 :右や左の名無し様:03/10/25 09:50 ID:???
>>630
キミは>>521-522に回答してから書き込んだ方が良いよ。

632 :右や左の名無し様:03/10/25 10:13 ID:???
>>630
( ´,_ゝ`)プッ

631さんナイス

633 :右や左の名無し様:03/10/25 11:28 ID:???
このスレの500前後を見ればわかると思うけど、亀哲人の歴史的知識の不足は明らか。
「国体明徴運動」の読み方すら知らなかったようで、これを「明微(めいび?)運動」と書き(>>498
ソースはネット上の物しか提示しない(>>518)(おそらく、必死になってネット検索かけたんだろうねぇ)し、
年表を文章にしただけのような書き込み(>>510>>520)とか
張作霖爆殺事件を満州事変の区別が付いていない(>>520)点など、あまりにお粗末。

ていうか、キミは以前、ニュース議論板で名無しで書き込みしてたでしょ?
>141 :右や左の名無し様 :03/09/29 23:55 ID:???
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1063519837/483
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1063519837/488
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1063519837/502
>ニュース議論板にて存続派を「馬鹿」だ「あほ」だと煽っていた名無し(ID:4ffw6pEA)の正体は
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1063519837/700
>亀哲人さんでした。
>最低ですね。
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1064273840/141

もう亀哲人てコテハンは「あう使い」なみのネタハンなんだから、
もしキミが真面目な議論をしたいと思うなら、ニュース議論板での名無し書き込みを思い出して、
政治思想板でも名無しで書き込んだ方が良いよ。

634 :皇軍とは。629へ:03/10/25 12:00 ID:A49u/54e
皇軍(すめらぎ)と読む 天皇の軍隊(大日本帝国陸海軍)の俗称

635 :右や左の名無し様:03/10/25 12:15 ID:???
>>634
「すめらぎ」は”天皇”の意。
「すめらみいくさ」で”皇軍”の意味になる。

636 :右や左の名無し様:03/10/25 12:22 ID:F7FtqTZ/
先帝が認められたのは国民に対する敗戦責任であって戦争責任などではない
共同通信が先帝のご意思を曲解して報じたのは許しがたい


637 :阪京 ◆gghX0J6sMI :03/10/25 12:33 ID:???
戦争は万国公法で認められた独立国に自明の権利。それを行使したから
といって、罪に問われる覚えはありません。

アカ畜生はこの問いに一回も応えたことはない。

638 :右や左の名無し様:03/10/25 14:21 ID:???
とりあえず、戦争は全部天皇の責任。
国民の意思とか政治家とか、全然関係なし。天皇が悪い。

ちなみに戦争責任は全て天皇にあるが、
反省と謝罪と賠償は全日本人の義務だからな。
事有るごとに、良心的アジア諸国に頭下げんの忘れんなよ。
このノルマは今後永久な。 そこんとこ夜露死苦!

639 :阪京 ◆gghX0J6sMI :03/10/25 14:38 ID:???
北チョン以外とは全て解決済み、だから超大昔から言っているだろーが?
北チョンのエイジェントどもめ! 朝日新聞を含む。

ユダヤ教出自のバカげた宗教もどきに帰依した自分自身を反省せよ!


640 :阪京 ◆gghX0J6sMI :03/10/25 14:50 ID:???
言いたかないけど、ちょんって、独立の気概もなくシナや扶桑やロスケに
媚を売って、体を売っていた、おとこめかけの東亜の恥なんちゃうのん?

正直、まぢなはなし。それを日本の敗戦に乗じて、えらそうな態度。
笑わせるのもええかげんに。

641 :阪京 ◆gghX0J6sMI :03/10/25 15:52 ID:???
チョンチョンバカチョンバカチョンチョン。キチガイ国家だ。バカチョンチョン

642 :右や左の名無し様:03/10/25 16:20 ID:???
>はんきょう
ちょっと勉強不足。

日本が韓国に行った 「補償」 は、韓国の面子を立てるため
北の分を含めた補償となっている。つまり既に支払い済み。

643 :MMMM:03/10/25 20:31 ID:yhG3bHPh
そうねえ、口出し悪いけど、そんときゃ、そういう理屈だった。
まあ、現状は違う。

北朝鮮に独立した政府が存在することを認めない、
連中と国交を結ばないものとひらきなおれば、その理屈も通せるが、
もう国連加盟してるし、そもそも日本は国交正常化交渉をしてる。
北朝鮮に金を払わないことはありえない。

拉致問題保障は、日本と北朝鮮それぞれが、
一人殺したあたり、さらったあたりの金額を積算して、
相殺するってのは、どーですかねえ!

644 :MMMM:03/10/25 20:35 ID:yhG3bHPh
あとは、あれだ。
それぞれ国家元首が、迷惑かけた家族に土下座して回るってのはどうだ。
まあ本人じゃない点はあれだが、ナニ双方ともに世襲だ。

645 :阪京 ◆5KBaJz.b66 :03/10/25 22:48 ID:???
そもそもだいたい、大日本帝国はキタチョソはおろか、韓国ともカンカを
交えていない。なんで、補償などせなならんの? インチキ論理のアメリカ
が恥を知るべきでは・

646 :MMMM:03/10/26 09:23 ID:il79vyEJ
賠償の理屈はそうだねえ。>>はんきょうくん。
戦争に負けた相手の中国やソビエトアメリカには金払わなきゃなんない。
アメリカも欧米諸国も植民地に保障金払ってない。

さきの大戦でにほんはもう、ぼろ負けして払わなきゃ納得しねえんだからしょうがない。
というか併合植民地化して収奪して殺して犯して、おいら知らんもんっていうんだったら、
わが民族がみずからを誇りにおもうことなどできないのだよ。
欧米のように、なしたることを見ないふりをしてごまかすのならば、

日本の魂は輝かない、強固なアイデンティティは構築されない。

北朝鮮にさえ金払って土下座することで、さらに
われわれは強く正しくなるのだ。

647 :反中共親中国の日本人:03/10/26 10:19 ID:CvoHKurO
しかし、中国にいても韓国にしても歴史をねじ曲げて
必死で国民教育やっているが徐々にぼろが出始め、
事実が分かれば分かればほど国民の自尊心が傷つく
方へ向かうようになっている。対して日本は正反対で
自虐的歴史が実は中国・韓国・米国によっ造成され
、事実が分かれば分かるほど国民に自尊心が蘇って
くるようになっている。この違いは非常に大きく、
数千年の歴史という大きなうねりをたった数十年と
いう近視眼的な手法でねじ曲げようとしたバカども
の浅はかさ。今の風潮は日本人民にとって大きな
追い風でっせ。


648 :右や左の名無し様:03/10/26 10:35 ID:spTJZSCh
>北朝鮮に金を払わないことはありえない。
>拉致問題保障は、日本と北朝鮮それぞれが、
>一人殺したあたり、さらったあたりの金額を積算して、

この流れで似たような話があるよね。
日本が朝鮮に投下した資本を金額を換算すると数十兆円もの額になる。
だから日朝国交正常化において、本気で「植民地時代の清算」をやると、
困るのは北朝鮮、という話。

649 :正義の見方:03/10/26 11:29 ID:7h6o9OKd
>>619
>あんな卑怯で無責任な大馬鹿野郎にヒロヒトでさえもったいないわ
>アノ馬鹿野郎でいいんじゃないの 
いくら在日でもいっていいことと悪いことがあります。天皇の戦争責任は
日本人の問題であり、在日が口を挟むことではありません。その権利もあ
りません。北朝鮮の金は大馬鹿野郎どころか拉致はいうに及ばず、航空機
爆破、収容所など殺人鬼です。しかし、内心では思っていても口には出し
ません。金大中もそうです、馬鹿野郎ですが口ではいいません。毛沢東な
ども同様です。
他国のことを批判するときは礼儀を重んじる、それが日本人のメンタリテ
ィーなのです。

650 :649は北の工作員:03/10/26 12:17 ID:80J40erm
と言うオマエは日本人になりすます教育よ朝鮮大学校でたたきこまれた
工作員だろ、オマエのような工作員は、すぐバレバレだよ(大笑い)

他国のことを批判するときは礼儀を重んじる、それが日本人のメンタリテ
ィーなのです(朝大でおそわったんだろう、日本人のメンタリティ)

オマエのような北の工作員は今後出入り禁止。
わかったか、このチョン公、あんまりちょうたれるんじゃねぇぞ。



651 :右や左の名無し様:03/10/26 12:39 ID:4bJTNXws
>>648
妥当なお話ではないかと…
さっさと清算してしまって、誘拐という犯罪の始末もつけてもらいたいもんだね

652 :MMMM:03/10/26 13:06 ID:il79vyEJ
>>648
ばがいうんじゃない。それ北朝鮮が頼んでやった投資か?
頼まれもしねえもん作って、金返せってのは泥棒だ。
わが日本国のほこりにかけて、そんな要求はできるわけがない。

北朝鮮には土下座だ。人殺しは相殺だ。ホフマン方式でやってもいいなあ。
もめるだろうなあ。

653 :右や左の名無し様:03/10/26 13:12 ID:4bJTNXws
投下した資本と言うと語弊が有るだろうねぇ。
日本からくすねて違法に持ち出した資本というと良く判るんじゃないかな?

654 :MMMM:03/10/26 14:00 ID:3LbYlHrj
>>653
ぼげいうんじゃない。朝鮮が侵略されてるさなかに、
日本の資本を拉致・不正送金していったのかあ?
なあにが「じゃないかな?」だ。ごまかすな。とぼけるな。

日本にアイデンティティをもつものは、
てめえがやったことを、ごまかすな。

やったことを抑圧、隠蔽すればするほど、アイデンティティは虚構と化し、
魂は汚辱にまみれ、日本精神は堕落していくのだ。

655 :右や左の名無し様:03/10/26 14:27 ID:4bJTNXws
>>654
「朝鮮が侵略されてるさなかに」じゃないよ
血を上らせてると見えないものが余計見えなくなるよ。
拉致とくすねたのは戦後のお話だよ?
IDをよく見て行間を読んで何を言ってるのかぐらいはしっかり把握してから、
暴言を吐くようにしな。

656 :MMMM:03/10/26 14:39 ID:Kaaj4/AU
なるほど、わかった
>>655くんのいけんはつまり、

 日本は北朝鮮に土下座して金払え、
 拉致と人殺しを相殺して清算しろ

ってことでよろしいのであるな。
それはすまなかった。以上。

657 :右や左の名無し様:03/10/26 14:43 ID:4bJTNXws
>>656チャンよ
IDは見た?よな?
相殺するのは補償と不正送金等だよ。
頭を下げないんなら、国連で堂々とそう宣言すれば宜しい。


658 :右や左の名無し様:03/10/26 14:44 ID:spTJZSCh
>ばがいうんじゃない。それ北朝鮮が頼んでやった投資か?

日本の朝鮮統治時代に、「北朝鮮」なる国家は存在しませんでしたが?

ただ、日本の朝鮮統治は、日本と韓国(大韓帝国)の合意があって始められたことだし、
大韓帝国は朝鮮民族の国であるから、
日本は朝鮮民族に頼まれて朝鮮統治を行ってあげた、という見方は出来るだろうね。

659 :右や左の名無し様:03/10/26 14:48 ID:???
>>656
馬鹿馬鹿しい。 人殺しっつーが、何の人殺しだよ?
日本は半島政府と戦争した事ないぜ? (w

秀吉の朝鮮出兵は元寇に加担した高句麗で相殺するんでよろしく。

660 :右や左の名無し様:03/10/26 14:50 ID:4bJTNXws
IDは見た?よな?
おれは挑戦併合時代のお話はしてないよ。

あえて言うなら、侵略してから合意をでっち上げたのは有名な話しだし、そもそも神国日本がとってきた内政不干渉という自ら言い出したルールは無視しているよな?

661 :YOSHIKI:03/10/26 15:32 ID:???
HIDEがあのフーマンチュウ博士だったのか?
そして彼は人工脳でハルマゲドンをおこすのか?
人工脳をめぐる物語。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1296/sanf.html

★★YOSHIKI様のピアニストを撃て!!★★  

諸君!!
現代世界最高のピアニストで作曲家の
わたくしこと元 X JAPANのYOSHIKI様が
お勧めのピアニストについて熱く語る!
諸君もお勧めのピアニストについても色々書いて
音楽に関する情報を提供しろよ!
ほかにも文学、社会、科学などを熱く語り合おうではないか。
私のBBSに待っているぜ!

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=perform&vi=1046163268&rm=100

■▲▼■▲▼■▲▼■▲▼■▲▼■▲▼■▲▼■▲▼****..

662 :MMMM:03/10/26 22:35 ID:Qkm3hbe2
ふーん。えーとさあ、
おれ、なんかこれ以上きみらに答えなきゃなんないかなあ。

>日本の朝鮮統治時代に、「北朝鮮」なる国家は存在しませんでしたが?
とか、
>日本は半島政府と戦争した事ないぜ? (w

とか、したり顔で教えて下さろうとしてる連中にさあ。
「よな?」「よな?」とかくりかえしてるやつにさあ。
まあいいや。

663 :右や左の名無し様:03/10/26 22:59 ID:???
別に答える義務などないよ。
ただ、先に席を立った時点で負けを認めたのと同じだがね。

あと
>とか、したり顔で教えて下さろうとしてる連中にさあ。
>「よな?」「よな?」とかくりかえしてるやつにさあ。
>まあいいや。

とか、何も具体的な反論が返せない時も負け。
もっともこちらの場合は、負けに「みっともない」が加わるから、見ていて実に情けないw
そんなコトするぐらいだったら黙って逃げた方が良いよ。

664 :MMMM:03/10/27 08:53 ID:???
あー、希望しないのであればおわりにするー。

665 :右や左の名無し様:03/10/27 09:18 ID:???
ばがいうんじゃない。だれがおまえに頼んだ?
頼まれもしねえ書き込みして、希望しないのであればおわりにするってのは基地外だ。

666 :右や左の名無し様:03/10/27 16:21 ID:n7IEz5oE
真の右翼とは

667 :右や左の名無し様:03/10/27 22:15 ID:???
戦争は終わった


もう天皇はいらない

668 :右や左の名無し様:03/10/27 22:29 ID:rJ1ZklL+
またやるかもしれないぞ。
どうして今のことしか考えられないのか。

669 :右や左の名無し様:03/10/28 09:23 ID:Sgw61wFk

マッカーサーの最大の過ちは天皇制を残したこと。


670 :右や左の名無し様:03/10/28 09:33 ID:SFYrlS9B
まず、韓国やアメリカのように共産党を撲滅させ、在日外国人を追放させ、原爆を作り、北朝鮮を崩壊させ、韓国に経済的壊滅を与える。
その後なら良いんじゃない?

天皇が居たら戦争を始めるなんて半島人がいうけど反日的なのは韓国であり、戦争仕掛けるのは北朝鮮。

ついでに反日的在日も北朝鮮に送還だ。

671 :右や左の名無し様:03/10/28 21:49 ID:???
天皇工作員も朝鮮に送還や

672 :右や左の名無し様:03/10/31 20:50 ID:ZTMN5nIl
昭和天皇はマッカーサーに命乞いをしたからね。

673 :ahono:03/10/31 21:32 ID:5TS7nzpM
みんなでもまもったんだよ。当時は。

お前らみたいな、文化破壊主義者は、当時いなかったの。

674 :右や左の名無し様 :03/10/31 21:39 ID:wvlOws/p
>>673
>みんなでもまもったんだよ。当時は。

GHQ様の御命令でねw

675 :右や左の名無し様:03/11/01 08:59 ID:29HbZsvA
>>674
今は誰様の御命令ですか?

676 :日本武尊:03/11/01 11:51 ID:mRUUe+tA
672は歴史を全く知らない馬鹿者か恨み骨髄の朝鮮人であり
相手にする必要なし。正統な日本人は無視しよう。

677 :右や左の名無し様:03/11/02 02:23 ID:???
676がな

678 :右や左の名無し様:03/11/02 06:17 ID:???
677がな

679 :右や左の名無し様:03/11/02 09:26 ID:eEbhGLdM
戦争責任をとりたかったけど、とらせてもらえなかったのだろう。
戦争責任を自ら認める書簡が、最近発見されたと云う話しだし。
広島・長崎の人々を殺すより、昭和天皇が死刑になってもらっていた方が
よかったのとちゃいまっか?

680 :右や左の名無し様:03/11/02 09:32 ID:Cam5HdqN
戦争責任というのは負けた責任だね。それ以外には無い。
強いて言えば、負けるような戦争をした責任。そのような状況に追い込まれた責任だね。
でなんで責任を採らなかったのか。
1)天皇は所詮は腰抜けの平安貴族。
2)責任を採ると、周りの人間が困る。天皇でさえ責任を採ったんだぞ。お前は、
  それを避けるために採らせなかった。
3)社会主義の対する防波堤の役割を果たさせる為には天皇を存置させた
  ほうが良いとの判断がアメリカにあった。


681 :右や左の名無し様:03/11/02 09:47 ID:???
>>680
天皇が政治的な実行力を持っておらず、国民の精神的支柱であることを
アメリカが知っていたから、後の統治を円滑に行うために残した。

682 :右や左の名無し様:03/11/02 09:50 ID:???
要するに、アメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。

しかるに、某月刊紙で、天皇は「国民に謝罪したかったが。
故吉田総理が止めた」という詔書の草稿を掲載されても、
ナンセンスというしかありません。あれだけの死者をだした
戦争を始める允裁を押しておいて、謝罪する気持ちがなければ
犬畜生と変わりないでしょう。謝罪する気持ちがあって当たり前なのです。
自分の重臣が何を注進しようとも、自分の判断基準で国民や
アジアの国々に謝罪するべきではなかったのではないでしょうか。

結局、明治以来、天皇制によって恩恵を受けてきた人々の子孫が、
現在においても政権の中枢にいて、常に皇室の擁護をし、
学校教育で使う教科書に先の大戦の真実を記載させないようにし、
マスメデイアに皇室のいいイメージを流すことを強要しているのではないでしょうか。
某雑誌の「朕ノ不徳ナルモ・・・」もその一環のキャンペーンのように思えてなりません。

683 :右や左の名無し様:03/11/02 09:57 ID:???
真ん中の文章以外は検索したらひっかかったな

684 :右や左の名無し様:03/11/02 10:30 ID:???
>>682
司法取引というようなものではないと思う。
アメリカが天皇を残した方がやり易いと思ったからそうしただけ。
だって言うこと聞かすだけなら別に天皇がいなくてもできるはず。
ただそれだと日本という国を一から作らなくてはならず、面倒だから
前の習俗慣習を利用したのだと思う。

685 :右や左の名無し様:03/11/02 19:32 ID:XGAQbtf3
要するに昭和天皇は呼ばれもしないのに自らノコノコGHQにでかけ
自分はどうなってもいい、国民を救ってほしい、国民性から自分が
いないと占領統治は失敗するだろう・・形を変えた命ごいをしたわけさ
GHQ民生局もその点は心得ていた、占領軍総司令官マッカーサー元帥
は巧緻にたけており占領施策でミスを恐れたので戦勝他国の反対を押し切って
天皇の戦犯指定をしなかっただけの話さ 要するに昭和天皇は卑怯者
命が惜しかったのさ。
統帥権と言う国会も口出しできない軍隊直接指揮できる大権を占有する大元帥陛下
としてあるまじき卑怯千万な行為である。
トップが部下に責任を押し付ける官僚や民間企業の悪弊はここが原点ではないのかと
思われる。
         文責:一介の定年退職自衛官

686 :右や左の名無し様:03/11/02 20:50 ID:+Om8TuU7
マッカーサーが天皇光線にやられ、洗脳された為に残した。
天皇のしたたか、ずる賢さを見抜けなかった。
回りの終戦勧告も聞かず負け戦引き伸ばしたくせに、
「わが身はどうなっても・・・国民の為に、何とかしてくれ」
だと?もっと、早く言う機会はなんぼでもあっただろ〜が。

687 :686:03/11/03 09:27 ID:RIPF1c7A
マッカーサーは、第1回会談で天皇のしたたかさ、天性の要領良さを見抜けず、
会談前ふんぞり返っていたのに、会談後玄関先まで見送るまで洗脳された。
その後の会談では、除々に天皇は強気に出た。「天皇制を廃止すると国民は革命
を起こし共産化する。」と。
当時、アメリカは日本が共産化することは、是非共避けたいと思っていた。
アメリカと天皇の利益が一致し天皇は生き延びることができた。
そして、日本の癌は手術されることなく残ることになった。

688 :右や左の名無し様:03/11/03 12:18 ID:???
 日本には、家臣団が領主を死んで護るという習慣があるが、その反対である領主が
家臣団を死んで護るという習慣もあるのです。羽柴秀吉に水攻めにされた備中高松城
の領主清水宗治は、家臣団の命乞いをして切腹しているのです。どちらのタイプの
指導者を望みますかと聞かれると、私は後者のタイプを選ぶでしょう。終戦直後、
彼が切腹したらよかったとまではいわないが、やはり天皇を退位するとか、天
皇制度を廃しするとか、何らかの形でケジメをつけるべきであった。それが歴代の天
皇、国民、アジア諸国にたいする最良の謝罪になったのではないでしょうか。

689 :右や左の名無し様:03/11/03 13:15 ID:???
>>687
会談前から残そうって決めてたみたいよ

690 :687:03/11/03 15:13 ID:RIPF1c7A
1945年11月20日に、アメリカ統合参謀本部はマッカーサーに
「裕仁は戦争犯罪人として逮捕、裁判、処刑をまぬがれぬというのが
米政府の態度である。従って、秘密裏に、証拠を収集しなければならない」
と書簡を送った。

それに対し、本国よりの指令の調査は何一つ行わなかった。
オーストラリアは最後まで天皇を処刑すべきであると主張したが、
マッカーサーの工作により、アメリカは天皇を追訴しないことにした。
天皇は戦後訪米の際マッカーサー夫人に「ご主人の力添えがなかったら裕仁は
今日天皇ではなかったでしょう」と語った。

マッカーサーは日本にある程度の民主主義を導入する為に天皇を残し利用
した為に真の民主主義の発展を抑圧した。

691 :考えない葦:03/11/03 17:13 ID:81XdR4EX
>>682
>要するに、アメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
>アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
こういうのを典型的な戦後左翼思想というのでしょう。アメリカの占領軍GHQ
は絶対的な権力をもっていたのです。なんで司法取引をする必要があるんです?
占領政策で天皇制を残したとうのはあり得ますが、司法取引は噴飯ものです。
まあ、マッカーサーと天皇との会談はさまざまにいわれていますが、世界中の国
の国王というのは外国に負けても、国内の革命に負けてもほとんどが国外亡命を
しているのです。おそらく、亡命しない天皇にマッカーサーは興味を持ち、次第
に尊敬の念をもつようになったのではないか、そう思います。

692 :右や左の名無し様:03/11/03 17:58 ID:2wXmqpP6
真の民主主義ってのは全体主義のことだからね。
ま、その意味では国論を二分する天皇制を残したのは良いことだね。

693 :右や左の名無し様:03/11/03 18:18 ID:RIPF1c7A
真の民主主義とは、国民の為の国民による政治ということで、
特権を作って、変な一族に税金をつぎ込むことではない。
中毒患者は自分で天皇中毒を治すことが中々できない。
天皇制を残したマッカーサーは甘かった。朝鮮戦争で失敗するのも無理はない。

694 :右や左の名無し様:03/11/03 19:01 ID:???
真の民主主義とは、国民の為の国民による政治ということで、
特権を作って、変な連中に税金をつぎ込むことではない。
人権思想では、行き過ぎた左翼を抑える事は難しい。
特殊永住外国人への非課税は、逆差別の温床として差別を助長している。

695 :右や左の名無し様:03/11/03 19:12 ID:LhknLjJn
統帥大権をもつ大本営(戦時に陸軍参謀本部と海軍軍令部が合体)の統領、
所謂陸海軍大元帥として、国体保持にこだわり停戦を引き伸ばし、広島
長崎に原爆投下され、やっと無条件降伏する低落。
当然責任を自覚し自決すべきであった。
多数の国民を犠牲にした罪の概念は無かったのか、戦犯をのがれ
所謂人間宣言後がらり一変GHQの指示でニコニコ顔で全国行脚
厚顔無恥とはこの人が典型だろう。


696 :右や左の名無し様:03/11/03 21:35 ID:RIPF1c7A
>>695
広島、長崎に原爆投下されたから無条件降伏したんじゃ〜ないんだナ。
原爆が落とされた後もまだ戦争やるつもりだった。
最終的に降伏するのを決めたのは、ソ連が参戦したからで、あの御仁曰く、
「ソ連が参戦したからには三種の神器を確保できない」と言う理由で停戦
を決めた。
国民の為など、二の次、三の次で何とも思ってないです。
それが、「わが身はどうなっても・・・国民の為に」だもんね。


697 :右や左の名無し様:03/11/03 22:27 ID:???
>>696
いや、それは少し違う。
天皇をはじめとした日本上層部は、本土決戦になれば
「三種の神器」を守り通すことは出来ないと考えていたわけで、
ソ連が参戦すれば「三種の神器」が守れない、ということじゃない。
ソ連が終戦決断の決定打となったのはもっと別な理由。

ポツダム宣言発表後は、米英中の三カ国宣言という形で出された。
日本はその中にソ連が含まれていないことを希望的に解釈し、
ソ連に連合国との講和仲介を打診していたわけ。
そのような中でソ連が対日参戦をし、日本の講和工作は万策尽き、
終戦が決定された、というわけさ。

ちなみに「三種の神器」についてだけど、
何故それに固執したのかは、明治日本の歴史(特に法制史)
を勉強してない人にはわからないだろうねぇ。

698 :右や左の名無し様:03/11/03 22:41 ID:???
 1921年、当時、皇太子であった昭和天皇がヨーロッパを巡遊されたおり、
まだ第一次世界大戦の残影が色濃く残っている大地を目の当たりにされ、
戦争の悲惨さを実感されたという記事を読んだことがある。この記事を読んで、
私は首を傾けさせられた。なぜならば、日本がこの時から、3年後の満州事変、
8年後の日華事変をへて1941年に大東亜戦争に突入していったからである。

699 :右や左の名無し様:03/11/03 22:42 ID:???
 どうして、このように戦争の悲惨さを実感したのに、かれは、大東亜戦争
に突入することを承認したのだろう。もっともポピラーな意見なのが、天皇は
戦前から象徴であり国の重要事項の決定権を持っておらず、軍部がかってに
暴走しただけであるというものである。しかし、実際には、満州事変を除いた
日華事変や大東亜戦争についての御前会議で開戦の最終承認したのは、昭和天
皇であった。天皇擁護論者のなかで、もし天皇が軍部に逆らい開戦を承認し
なければ殺されていたかもしれないという意見があるが、疑わしいものである。

700 :右や左の名無し様:03/11/03 22:42 ID:???
 1936年の二.二六事件のときに、皇道派の首領荒木貞夫大将、真崎甚三郎大将は、
事件当事者である青年将校達の助命を嘆願するが「朕の重臣である元老を殺した」
という昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑され
たのである。事件に関わったとされる当時陸軍少将であった山下奉文がなかなか昇
進しなかったのも天皇の意向が働いていたといわれる。このことからいって、天
皇は、軍部に対しても相当の影響力があったと考えざるをえない。
やはり、天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかったので、
大東亜戦争にいたる過程を黙認してしまったのではないか。

701 :右や左の名無し様:03/11/03 22:43 ID:???
 この黙認は、列強が群雄割拠していた当時の状況のなかで、比較論的(欧米の列強と比べて)
に考えるとそんなに悪いことではではなかったかもしれない。しかし、多くのアジアの
国々に迷惑をかけ(アジアの独立が早まったのは確かだが)400万以上の日本人が
この世から消えた結果責任から逃れることはできないのではないか。それに、彼の立場
を最悪なものにしているのは原爆である。天皇及び皇室の処遇の問題を討議(小田原評定)
していたためポツダム宣言の受諾が遅れ、広島、長崎に原爆が投下され、両市で34万と
いわれる一般人が一瞬で死に、後遺症による白血病や癌などで死んだ人間を入れると100万人
を下らないといわれている。仮に、百歩譲って軍部の操り人形であったよしても、
日本国の長として命を賭けて軍部を抑えるのは、国父である昭和天皇の責任であったのでないか。

702 :右や左の名無し様:03/11/03 22:46 ID:???
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれないということだ。
裕仁は何度か暗殺未遂にあっているが、もしそれが成功していれば、近代日本はもっと明るい世の中になっていただろう。

703 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :03/11/03 22:48 ID:bsPmKZYh
>>702
途中までは良かったのに、最後にテロを容認するかの如き書き込みで全てをぶち壊している。
残念だ。いかなる理由が有ろうとも、私はテロを認められない。

704 :右や左の名無し様:03/11/03 23:09 ID:???
>山下奉文がなかなか昇進しなかった

陸士18期の中将昇進を調べてみますた。すると

氏名     陸士  中将昇進     大将昇進    中将在任期間
山下奉文  18期 昭和12年11月 昭和18年 2月 5年3ヶ月
岡部直三郎 18期 昭和12年11月 昭和18年 2月 5年3ヶ月
藤江恵輔  18期 昭和12年11月 昭和18年 2月 5年3ヶ月
阿南惟幾  18期 昭和13年 3月 昭和18年 5月 5年2ヶ月
山脇正隆  18期 昭和12年11月 昭和19年 9月 6年10ヶ月

やはり、特別に山下が遅れていたとは言えない気が。
で、比較のため、他の著名な将校とも比較。

寺内寿一  11期 昭和 4年 8月 昭和10年10月 6年2ヶ月
畑俊六    12期 昭和 6年 8月 昭和12年11月 6年3ヶ月
梅津美治郎 15期 昭和 9年 8月 昭和15年 8月 6年
板垣征四郎 16期 昭和11年 4月 昭和16年 7月 5年3ヶ月
岡村寧次  16期 昭和11年 3月 昭和16年 4月 5年1ヶ月
東条英機  17期 昭和11年12月 昭和16年10月 4年10ヶ月
今村均    19期 昭和13年 3月 昭和18年 5月 5年2ヶ月
木村兵太郎 20期 昭和14年 3月 昭和20年 5月 6年2ヶ月

つまり、中将から大将までの「5年3ヶ月」は別段長くないし、むしろ短い部類に入るわけだが?

705 :右や左の名無し様:03/11/03 23:12 ID:???
あと、日華事変は「開戦」の決断がされていないから「事変」と言うわけであって、
>日華事変や大東亜戦争についての御前会議で開戦の最終承認したのは、昭和天皇
っていうのは間違い。(大東亜戦争の方は正解)

706 :右や左の名無し様:03/11/04 01:41 ID:GXRMOqnG
マン臭事変

707 :右や左の名無し様:03/11/04 10:34 ID:???
細かいことを言うと、
>3年後の満州事変、8年後の日華事変
もおかしいなぁ。
1928年を機転とすると、確かに、満洲事変は3年後(1931年)になるが
日華事変(盧溝橋事件もしくは第二次上海事変どちらをとっても)は9年後(1937年)になる。

708 :右や左の名無し様:03/11/10 21:55 ID:???
自分の命>>>>>>>∞>>>>>>国民の命 としか考えてなかっただけ

709 :右や左の名無し様:03/11/11 16:22 ID:???
>>702
天皇の有無でアメリカの経済封鎖やら干渉に変化が出るとは思えんね。
天皇が居たからABCD包囲網? 天皇が居たからハルノート?

もう一度歴史を学びなおす事をお勧めする次第。

710 :右や左の名無し様:03/11/12 09:23 ID:zYgOhJHS
難しい問題だ

711 :右や左の名無し様:03/11/15 21:28 ID:???
糞以下だからさ

712 :右や左の名無し様:03/11/16 06:59 ID:9DbY7xfe
ややこしひかり

713 :右や左の名無し様:03/11/16 21:55 ID:???
武士は責任を取る

外国の皇帝も責任取るんだけどね

714 :右や左の名無し様:03/11/17 02:42 ID:ivbvsCWV
みんな盛り上がってるようだけど
まじめな議論とコピペがループしていて、永久に結論は
でなさそうだな(汗
まぁこういう話は常にしておくべきだけど

715 :考えない葦:03/11/20 14:35 ID:fr3r4YKt
>>702
>要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかった
>こもしれないということだ
ということは昭和天皇が大東亜戦争を起こした、命令したということになりま
すが、そんな証拠はどこにもありません。満州事変を起こした陸軍に危惧の念
を抱いたのは昭和天皇であったことは周知の事実です。第一、天皇は閣議に異
論を唱えることは憲法上もできず、内閣が決定したものを追認することしかで
きなかった、これが事実であり、日本は法治国家だったのです。日中戦争の拡
大にも反対し(総理大臣の上奏のおり)陸軍の処分もいい加減にした田中総理
を批判したため田中内閣は総辞職したので、以後、一切政治の批判です、立憲
君主の立場を守ったというのが歴史的事実です。
いくら在日でも日本の歴史はよく調べてから発言してください。

716 :右や左の名無し様:03/11/20 18:51 ID:???
綸言如汗

717 :右や左の名無し様:03/11/21 20:52 ID:YQPH3+nt
>>715
オマエは今までのスレ読んでないな。ループさせるな。アフォ。
満州事変を起こした陸軍に、お褒めの詔書をだしたのはどこのどいつだ。


718 ::03/11/21 22:25 ID:NKz1x/AA
>>717

そりゃ、>>715氏が正しいよ。
名だたる天皇制廃止論者達も、そんな事は言って無い。

719 :大日本報靖會:03/11/21 22:28 ID:???
>>715
まるで、「大東亜戦争を起こした」ことがよくないことで
あるかのやうな書き方ではないか。

720 :歴史家:03/11/22 01:42 ID:???
阿南陸軍大臣が終戦直前高松宮に
陸軍はつねに陛下の御心を踏みにじったと 難詰されている。

阿南は、”あんなにまでいわなくても。。。、 しかし陸軍の責任者として
割腹しなければならない”といったそうだ。

おぬしは東条ににているな


721 :右や左の名無し様:03/11/22 10:03 ID:m5V5nwuQ
>>715.718
「昭和天皇独白録」の弁明そのままだナ。
「徹底検証、昭和天皇独白録」も読むべし。

722 :考えない葦:03/11/23 16:37 ID:qy86JYv0
>>719
>まるで、「大東亜戦争を起こした」ことがよくないことで
>あるかのやうな書き方ではないか。
事実をいっているんですよ。2.26事件がいい例です。右顧左眄する軍部に
反乱軍と決め付けたのは昭和天皇でしょう?真崎率いる皇道派に嫌悪感をもっ
たのも昭和天皇です。天皇機関説にも賛同している一事をみても、昭和天皇の
態度は一貫してます。天皇をかついで国家転覆をはかる、天皇の名において軍
事政権を立てる、そんな無謀な非民主的な暴挙に天皇が乗るはずがないのです。
昭和天皇は聡明であった、だから本土決戦などは拒否したのです。



723 :右や左の名無し様:03/11/24 11:11 ID:2zQIBae+
精神鑑定をした結果、異常が発見され、「責任能力ナシ」と判定されたのです。

724 :大日本報靖會:03/11/24 18:31 ID:???
>>722
 俺は「民主主義者」でないが、大東亞戰爭の開戰は「民主」的に
決めたやうな書き方が氣になる。そんなことが可能であらうか?
議會で、「ここを攻撃しませう」、「はい、さうしませう」なんて
云って戰爭を遂行できるとは思へないのだが。

725 :右や左の名無し様 :03/11/24 18:56 ID:???
>天皇をかついで国家転覆をはかる、天皇の名において軍事政権を立てる、

其の天皇から賊軍といわれ処刑される青年将校らの本心はいかばかりか?

真崎がごとき出世闘争の道具の派閥と違い、彼らは部隊にあって農村兵の
貧窮を身近に見ていたのである。 当時の日本人のなかでも純粋な
こころの持ち主であろう。
たよらざるべきに頼ったかれらの死に際の思いはどうだろう!



726 :大日本報靖會:03/11/24 19:01 ID:???
>>725
> 青年将校らの本心はいかばかりか?

將來再び有爲の青年達が決起して、維新政權を樹立することを確信したに違ひない。

727 :右や左の名無し様:03/11/24 19:02 ID:???
>>725
ハートが純粋なら何やっても許されるのは小学生まで

728 :右や左の名無し様 ::03/11/24 19:13 ID:???
>>727

やむにやまれる大和魂と
何でも制御できるとおもっているばかものの差かな

青年将校は庶民のために命をすてた。 
最近のテロ連中はわけがわからんね。



729 :右や左の名無し様:03/11/24 21:50 ID:???

 吾人は吾人の死をして真に美しからざらしめるべからず。 

 余想う、死を美しからしむるは人生生存の真意義なりと。 

                           西田税 「無眼私論」

730 :右や左の名無し様:03/11/25 12:45 ID:???
71 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:03/11/23 21:39 ID:UprUApOr
226事件の将校について、「忠心から出たものなのでせめて名誉の自決のための勅旨の派遣を」と促す武官長に対し、
昭和天皇はこう言われた。
「自殺するなら勝手になすべく、かくのごときものに勅使などもってのほかなり」
武官長がさらに彼らを弁護すると、
「それはただ、私利私欲のためにせんとするものに非ず、と言い得るのみ」
とお答えになった。
あの時代、私利私欲でないことが、必ずしも善ではないことを喝破された昭和天皇は、名君という以上に超日本人というべきだ。

281 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)