2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

早稲田にまたもや西尾幹二!

1 :右や左の名無し様:03/11/12 01:30 ID:uPy4jUvm
12月5日に大隈講堂で講演会が開かれるらしい。
自由の府、早稲田も右傾化したもんだ。
ここの住人はどう思うよ?

2 :右や左の名無し様:03/11/12 01:33 ID:HdONJFLN
2

3 :西村眞吾祖国防衛軍第102朝日新聞攻撃隊:03/11/12 01:34 ID:HdONJFLN


4 :右や左の名無し様:03/11/12 01:36 ID:???
西尾幹二や石原慎太郎を右としか見れない1は極左かAFO

5 :こてっちゃん:03/11/12 01:57 ID:+iUjY0j8
早稲田は別に自由の学府でもないんだけど・・・(汗

もち、カモン!ですよ^^v西尾幹二!

6 :右や左の名無し様:03/11/12 02:25 ID:???
また鵬志会か
兵庫県で悪戯してないか?

7 :右や左の名無し様:03/11/12 02:28 ID:M7d8dZ4h
>6
学内で聞いたけど国策研究会らしい。
ウェルカム幹二だよね!
聞きに行きたい〜!!

8 :右や左の名無し様:03/11/12 08:40 ID:SBZK69sg
何を話すんだろう?
いまさら教科書じゃないよなぁ?

9 :愛らしい:03/11/12 11:37 ID:axCtZjsS
>8
「愛について」です♪(W

10 :右や左の名無し様:03/11/12 13:40 ID:z6FxLq1e
西尾幹二の講演会が可能なのは「自由の府」の証拠じゃねえの?
某大学じゃあ、極左団体が露骨に妨害行為やってくるし(ワラ

11 :右や左の名無し様:03/11/12 14:02 ID:???
>>1
またもやって、そんなに何度も来てんの?西尾サン

12 :右や左の名無し様:03/11/12 19:02 ID:uSCvM6tB
サヨはあからさまに妨害してくるだろうなあ・・・
当日は見ものだな。

13 :右や左の名無し様:03/11/12 23:10 ID:yCctlNEO
つーか早稲田って革○の巣でしょ?

ダイジョブなん?

14 :右や左の名無し様:03/11/13 01:05 ID:tGKJe4ZG
祭り?

15 :右や左の名無し様:03/11/13 02:01 ID:sMM/TaoG
Google検索:西尾幹二 の結果
ttp://www.google.com/search?q=%90%BC%94%F6%8A%B2%93%F1&hl=ja&lr=

16 :右や左の名無し様:03/11/13 18:13 ID:4VUao8Ab
>14
禿シク祭の予感
サヨウヨ対決だな。注目12月5日!

17 :通りすがり:03/11/13 19:51 ID:hxFdFTJb
>>4
ていうかそれは違うだろ。
石原なんてDNA発言とかしてるし、明らかに極右。
ヨーロッパのルペンやハイダーのこと「極右」っていうだろ。

石原や西尾を極右でないと言い張る奴は、極右かただのAFOだけのような。。。

18 :右や左の名無し様:03/11/13 20:01 ID:IY4XZWMz
>17
西尾はDNA発言なんかしてませんがなにか。
西尾と石原をいっしょくたに見ているアナタこそ
偏ってますYO!

19 :右や左の名無し様:03/11/14 02:52 ID:aJl2NF5M
右翼が講演しようと、左翼が講演しようと(左翼は教授も含め講演しまくってるんだが)
勝手だろそんなの。自分と違う考えのやつが講演するからって騒いでるやつこそDQN。
ファシズムだよ。反論できるもんならしてみそ。

20 :19:03/11/14 02:54 ID:aJl2NF5M
右も左も講演できてこそ自由なんだろが。
ちなみに、早稲田でも保守系の人が講演に来ると、ビラとか会場前や
で会場内でも「粉砕」とか騒いでる人たちいるみたい。

21 :右や左の名無し様:03/11/14 03:46 ID:+ZmN+iHi
実際、去年の西尾幹二講演会は
「粉砕」とか言ってる人たちが多くて騒然とした雰囲気だったよ。
今年も・・・かな?

22 :右や左の名無し様:03/11/14 06:03 ID:???
「粉砕」萌え〜

23 :右や左の名無し様:03/11/14 08:33 ID:???
言論弾圧ってのは、サヨクの得意芸だしな。

24 :名無しさん:03/11/14 09:05 ID:MQNJbjqk
この時代にまだ左翼なんて居たのか?

天然記念物ものだ。保護してやれ!

まだヘルメットはかぶっているの?



25 :右や左の名無し様:03/11/14 11:17 ID:SMIl1M38
社民党の後継党首は、あの福島瑞穂女史を軸に調整が進んでいるらしい、と
言う事はいよいよ本性を顕わにして、「[革命的共産主義者同盟]国会政治部」
と名乗るらしい(爆)。


26 :右や左の名無し様:03/11/14 20:47 ID:???
ルペンは合法外国人ないしフランス国籍を取得している移民の排斥を主張している
一方、石原は不法滞在外国人を一層しようとしているが、移民政策論者である
その点からも、ルペンと石原は全く違う。
不法であれば、外国人、日本人を問わずに厳しくしようとする。
相手が官僚であれ、アメリカであれ、である。
そんな石原に熱き期待をもっている西尾。
右翼でも何でもない。

27 :右や左の名無し様:03/11/15 01:12 ID:AckZeyEd
>26
禿胴!
しかし西尾はいつ聞いても面白い話をしてくれる。
1のようなヴァカなサヨに聞かせてやりたい。

28 :右や左の名無し様:03/11/15 13:27 ID:???
>>1
そりゃあ早稲田は自由ですね
スーパーがつくほどフリーですよ
和田さん大学はw

29 :右や左の名無し様:03/11/15 15:44 ID:???
早稲田大
***シャガクジチカイ***
http://jbbs.shitaraba.com/auto/bbs/read.cgi?BBS=157&KEY=1018300522
【当局派】法学部自治会【反革マル】
http://jbbs.shitaraba.com/auto/bbs/read.cgi?BBS=154&KEY=1020938726
自治会にはいりたいんだけど
http://jbbs.shitaraba.com/auto/bbs/read.cgi?BBS=157&KEY=1024550036&LAST=100
一文・二文学生自治会(その他)
http://www.littera.waseda.ac.jp:8001/log/01/94/73.shtml
【キモい】 早稲田の左翼団体 【ヤバい】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1060747660/

30 :右や左の名無し様:03/11/15 15:46 ID:WuLZ9R4v
12月5日の何時から? 教えて!

31 :右や左の名無し様:03/11/15 16:42 ID:WTYNc2uL
http://nishio88.hp.infoseek.co.jp/
 ↑このトップページの下の方に案内が出ている
午後六時でどこかの講堂だそうだ

32 :右や左の名無し様:03/11/17 01:14 ID:ilTvLiuu
上のサイトで調べたら
12月5日16時開場16時半開演
場所は早稲田大学大隈講堂だそうだ。
「米中のはざまに立つこれからの日本―外交・防衛・教育―」
について話すらしい。

33 :Love幹二:03/11/18 01:25 ID:TQkC510c
一応age進行で。

34 :右や左の名無し様:03/11/18 04:00 ID:H+Cju7rh
しっかし幹二のこの板での
評判って実際どうなんでしょ?

35 :右や左の名無し様:03/11/20 18:32 ID:u3M7cbdd
悪くはないだろうが、良くもないだろう。あれだからなあ....

36 :右や左の名無し様:03/11/21 02:53 ID:TXVlvdk+
彼の言う親米は戦略的見地に立ったもので
長期的なものではないでしょ?
国益にかなわなくなったら手を切ってもいいって解釈で
いいのかな?


37 :右や左の名無し様:03/11/21 13:23 ID:TfzOXPjh
まったくそのとおりですね。
よしりんとの違いは「その時期」の判定が違っていたことです。

38 :右や左の名無し様:03/11/22 08:12 ID:0eH+iK6L
西尾には常にまとわりついている桜子という既知■がいるから胡散臭い
カラオケに行って随分楽しんだらしい 粘着質の桜子にいつも何か言わ
せている 卑怯な奴だと思うゾ

39 :右や左の名無し様:03/11/24 00:56 ID:IdQ1jWHA
>36
>37
今回の講演会ではその話をして、小林との違いを明らかにするのだろうか?

40 :右や左の名無し様:03/11/24 01:23 ID:pTUYiia6
http://kokusaku.at.infoseek.co.jp/
国策研究会とやらのサイトをみつけますた。

41 :右や左の名無し様:03/11/25 01:17 ID:HJZ4bgAq
>40
ウヨだな。あきらかに。

42 :右や左の名無し様:03/11/25 01:47 ID:a8PKwHzw
右翼のどこがいけないのかね。左翼の国際主義は完全に破綻し、もはや
居場所すらないのに、気づかないのかね。

43 :右や左の名無し様:03/11/26 18:41 ID:iK3cfjfK
気がついていたらサヨクなんか辞めている
気がつきもしない程度の思考能力だからサヨクしかできないの

44 :右や左の名無し様:03/11/27 00:52 ID:cHhzftTD
思考能力の停止しているサヨは
未だに早稲田の一部に住み着いて幹二とかが
来た時に旗もって出てくることぐらいしか
できないからね。

45 :右や左の名無し様:03/11/30 01:53 ID:smGSMS2f
とうとう今週だYO!
サヨもざわついてきましたな。

46 :右や左の名無し様:03/11/30 03:02 ID:AdD2h4Vw
ちゃんと議論して論破すればいいのに。。。

47 :右や左の名無し様:03/11/30 16:52 ID:qwDMBB5R
●●不正入学顛末記●●
http://www.medianetjapan.com/2/18/entertainment/uraguti/

435 :実名攻撃大好きKITTY :03/09/20 10:56 ID:l86YajOM
この前集団女子高生スリで話題になったS足の校長は学校説明会で品女の広末は
裏口だけど、うちの山田麻衣子はKOに正面から入ったと自慢してたそうな。

4 名前: 学歴を記入して下さい 投稿日: 2003/10/08(水) 16:09
元総長(前・文学部長)の小山宙○先生が学会の後の懇親会で漏らしてくれた情報。
広末サイドは当初あつかましくも、第一文学部にネジ込ませてくれないか、
と持ちかけてきた→文学部教授会で一同激怒
→「一文では一芸入試もやってないので」と穏便に拒否
→学内の「さる方」の手引きで教育学部の国文で手を打つことにした
…そうです。もう「時効」だと思われますので…。


48 :右や左の名無し様:03/12/01 12:12 ID:enBPm29D
西尾せんせい、なかなかいいことも言うんだが… キャラがアレだからなあ。

49 :右や左の名無し様:03/12/03 04:18 ID:LqFuD6Mq
いよいよ明後日だYO!
何人くらい見に行くのだろうか?

50 :右や左の名無し様:03/12/03 13:40 ID:9jhFbF4X
さてと、今日の日課。
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
おわり。
50

51 :右や左の名無し様:03/12/04 05:12 ID:LfoJDBIG
講演会は明日に迫った沸けだが。
16時に大隈講堂に集合しようじゃないかよなぁ、政治板諸君!

52 :右や左の名無し様:03/12/04 06:53 ID:KMA5AFAO
http://homepage3.nifty.com//hot-hot/7254.html

53 :右や左の名無し様:03/12/04 11:43 ID:2LEwPaeD
>52
サヨの嫌がらせかにゃ?

54 :右や左の名無し様:03/12/04 12:40 ID:vZ2+NRnQ
【速報】早大スーパーフリー「レイプ」事件 第四回公判の模様【和田サン】
http://www.h5.dion.ne.jp/~cube/0_spike/spike_news/sf/sf_dai4kouhan.htm
(SPIKE:  http://www.h5.dion.ne.jp/~cube/0_spike/spike.htm  )

55 :右や左の名無し様:03/12/05 21:06 ID:pd0o6wjY
今日の西尾幹二先生の講演会、すごく面白かった。勉強になったよ。
外交・教育・防衛など多岐にわたる熱演だった。

56 :右や左の名無し様:03/12/05 21:13 ID:???
逝ってきたけど、床屋政談みたいな内容だったよ。
三部立てで、第一部は外交で中国朝鮮問題。朝鮮半島は自治能力なしって力説してた。
第二部は教育、家族問題で、ゆとり教育、夫婦別姓、ジェンダーフリーは薄められたマルクス
主義だとか、月並みな話だった。
第三部は人間の羞恥心というやっと哲学研究家らしいテーマだったけど、
新潮選書から出てる「人生の価値について」の話とほとんど同じ内容だったのでがっくり。

話の内容からか、作る会シンパと思われる中年、老年の人がたくさんいて、西尾タンが
朝日新聞や中国などを批判する度に「そうだ!」って掛け声と拍手をしてたのがうざかった。
彼らは第三部では興味なさそうで寝てたけど。




57 :右や左の名無し様:03/12/05 21:25 ID:???
サクラー
サクラー
今咲き誇るー

58 :右や左の名無し様:03/12/05 21:30 ID:???
西尾が言ってた「北から亡命してきた黄書記が金正日の後釜を狙ってアメリカや日本に働きかけてる」
って本当なの?

59 :右や左の名無し様:03/12/05 21:36 ID:???
あんなじじいが後釜になれるわけない

60 :右や左の名無し様:03/12/06 00:06 ID:IrIP2UtN
ここの住人なら基本的にわかってるレベルの話だったな
特に過激だったわけでもないし

ホームページのまんまの話が多かった

61 :右や左の名無し様:03/12/06 06:42 ID:???
客の入りは何人くらいだったの?

62 :右や左の名無し様:03/12/06 20:12 ID:U+D4g4p7
>>61
500人くらい。そのうち、3人に1人は小父さんたち。

63 :右や左の名無し様:03/12/13 15:45 ID:???
「新しい教科書をつくる会」会長・電気通信大学教授。
日本の文明は孤立する運命であり、
孤立に耐え独自の文化圏を築くことを主張する異色の学者。
専門はニーチェ研究だが日本文化論に力が入る。
著書「日本の不安」「全体主義の呪い」など。東大大学院修了。

64 :右や左の名無し様:03/12/13 22:38 ID:NS79es1i
幹爺は不遇の時代が長かった。

幹爺は思春期に大きなコンプレックスを抱えていた。
幹爺は運動神経がほとんどなかった。
幹爺は軽く・明るくなれなかった。
幹爺は女の子にもてなかった。
幹爺は夢であった小説家になれなかった。
幹爺は自分が慕う教官に受け入れられなかった。
幹爺は東大に残れなかった。
幹爺はエスタブリッシュメントに入れなかった。
幹爺はドイツ語を話せなかった、いや上達しようとしなかった。
幹爺はドイツ留学中楽しい思い出がなかった。
幹爺はドイツ文学会でも相手にされなかった。
幹爺は・・・・・・

これだけ苦い人生経験を重ねた人物も珍しい。
幹爺は圧倒的に「弱者」側の人間だ。
幹爺の書いたものを読むと人間の「悪」についてはよく書いてあり感心させられる。
でも人間の「弱」については?を感じる点が多い。
自分は圧倒的に「弱者」なのに、「差別された者」「虐げられた者」に対するまなざしに冷たさを感じるのだ。
おそらく自分の「弱」についてまだ客観視できないのか・・

朝生で時折かんしゃくを起こして醜態をさらす。

ああ、哀れな幹爺・・

65 :右や左の名無し様:03/12/14 10:02 ID:cK13/CrR
西部と西尾ってどっちが背低いの?そういやこの二人仲悪いよな。

66 :右や左の名無し様:03/12/14 11:24 ID:???
>>64
まあ、東大に残れなかったとか、教官に受け入れられなかったとかはそうだと思うけど、
ドイツ語はできるだろ?
ドイツで講演して、質疑応答とか普通にやってるじゃん。
本を読んだら、たしかにドイツ留学中にあまりいい思い出はなさそうだけど、議論(喧嘩?)はきちんとドイツ語でやってるみたいだよ。

67 :右や左の名無し様:03/12/14 17:07 ID:KtNkU8N7
>>65
西部かな?
でもどんぐりの背比べ。
この2人は強烈な劣等感の持ち主。

>>66
ドイツで講演をした時、通訳を雇ったとか。
まあ、この世代の外国語文学者にはありがちなタイプですな。

68 :右や左の名無し様:03/12/14 19:03 ID:???
日蓮宗学の大家・波木井坊竜尊大先生と西尾幹二電波大学名誉教授の対談キボンヌ。


69 :右や左の名無し様:03/12/14 20:47 ID:/fIvkh8A
妖怪タンコロリン

70 :右や左の名無し様:03/12/15 00:16 ID:???
>>66
でも本業のニーチェ研究をほっぽり出してる負い目があるんじゃないかな?
テスト勉強の時に、マンガを読みふけっている高校生みたいな。

「あーもうやりたくねー、ドイツ研究なんて!!!」

71 :右や左の名無し様:03/12/15 19:41 ID:yvPiK0cM
西部はかつての盟友、現中核派議長の清水丈夫に劣等感を抱いている

72 :右や左の名無し様:03/12/15 23:51 ID:jTSHq3H7
>>70
そもそもドイツ文学研究の実績があるのだろうか?
なんでドイツ文学なんて専攻したんだろう?

このていたらく!
あの手塚富雄先生がご存命なら、今の西尾を見て何と言うだろうか?

73 :右や左の名無し様:03/12/16 20:34 ID:noqNJZRV
碩学というのは
中国文学・・吉川幸次郎
イギリス文学・・中野好夫
アメリカ文学・・阿部知二
フランス文学・・河盛好蔵、渡辺一夫
ドイツ文学・・高橋義孝、手塚富雄
ロシア文学・・江川卓、木村浩

文芸評論は

小林秀雄・・

みんな風格がありますな。
それに比べて幹爺は・・浅薄な政治思想だけが目立ちすぎ。専門のドイツ文学研究の実績があまりにおそまつ。  

74 :右や左の名無し様:03/12/16 23:14 ID:vz8m5MN3
なお、本書の9頁に掲載した図版については、これとほぼ同一のものが、
西尾幹二氏の著書『国民の歴史』の64頁に掲載されている。この図版は、
佐原真氏の作成にかかり、私は佐原氏のご承諾を得て、前期の教材に収録
したのであるが、西尾氏の本には、佐原氏の名も、またどこから転載したか
についても、、まったく記されていない。なお、同書の「時代区分について」
と題した章の結論私の論文「日本史の時代区分」で述べたことの要約であるが、
その点にも何の言及もない。このようなことを書くのは私の好むものではないが、
…それにしても小説などに歴史学者の研究が無断で利用されて、問題となった
ことは従来もあったが、一応は歴史書の形をとりながら、他人の創意や著作権を
無視するというのは、常識では考えらないことである。
〜近世史の泰斗・尾藤正英『日本文化の歴史』(岩波新書)より 

75 :右や左の名無し様:03/12/17 10:32 ID:???
>>67
へ? 通訳がいたの? ドイツでの講演は外務省の依頼でしょ。
チェコの酒場での会談にも通訳がいたのか?

>>65
西部の方が圧倒的に低いんじゃないのか?

>>72
ニーチェ全集のあとがきとか書いてる。


ほんとにドイツ語できないのかなぁ? できないとしたら、最悪だなぁ。
俺はずっとドイツ語できると思ってたよ。
俺の尊敬する関口存男先生ほどはできないと思ってたけど・・・。

76 :右や左の名無し様:03/12/17 16:25 ID:QQ6jPJRD
ゾンダン先生とくらべるなよ。あんまりだ。

77 :右や左の名無し様:03/12/17 20:11 ID:???
>>76
ごめん。ゾンダン先生を心から尊敬しています。「冠詞」読むのには苦労したけど。

78 :右や左の名無し様:03/12/17 20:12 ID:???
Ich mag nicht Nichio , sondern Sondern.
てか?

79 :右や左の名無し様:03/12/17 20:27 ID:???
スレ違いだが、お名前が出てきたので。

関口存男(せきぐち・つぎお)故人(昭和33年没)
軍人あがりで、俳優、ドイツ語学者、言語学者、哲学者
日本ドイツ語界の神。ドイツ文法の研究で名を知られ、ドイツ語研究する際に絶対に避けて通ることのできない天才。
ドイツ語以外にも、フランス語をマスターし、ラテン語教師もしていた。さらに数ヶ国語を操る。
色男。

本当に天才でした。


西尾幹二と比較するなといいたい。


80 :右や左の名無し様:03/12/17 21:07 ID:???
関口存男
陸軍幼年学校時代、寄宿舎でドストエフスキーの『罪と罰』のドイツ語訳を読み、丸暗記。陸軍幼年学校は、ゾンダン先生とドイツ語の出会いの場。
大正時代は外務省でフランス語の外交文書の翻訳にたずさわる(そもそもフランス語を始めたのは、役者として必要だと思ったから)。
戦後しばらくして、NHKラジオドイツ語講座講師。発音がネイティヴと区別がつかないほど上手いと評判(ただし、本人はドイツに行ったことがない)。


柴田翔東京大学教授によれば、「あんなドイツ語のできる人はあとにもさきにも見たことない」


81 :右や左の名無し様:03/12/17 21:08 ID:???
語学をやる覚悟
          関口存男

△本当に語学を物にしようと思ったら、或種の悲壮な決心を固め
なくっちゃあ到底駄目ですね。まず友達と絶交する、その次にはかかアの横っ面を張り飛ばす、その次には書斎の扉に鍵
を掛ける。書斎の無い人は、心の扉に鍵を掛ける。その方が徹底します。
△意地が汚くなくっては駄目です。欲張っていなければ駄目です。うんと功利的出なければ。ユダヤ人が金をためるように。
なるべく執念深く、しつこく、うるさく、汚く、諦め悪く、非常識に、きちがいじみて、滅茶苦茶に、がつがつと、居候が飯を
食うようにーー兎に角しつこく、しつこく、しつこく。
△あっさりした気持ちを持った亡国的日本人なら其の辺にいくらだって転がっています。併しそんなのは何人いたって仕様が
ない。ちっと『しつこい』のがいなければ。梃子でも動かないのが。諦めの悪いのが。往生際の悪いのが。がつがつした下
品なのが。
△こういう事をいうと、頭っから反感を持つ人があるかも知れません。よろしい、反感をお持ちなさい、但し学問はおやめ
なさい。殊に語学は。(語学だけではないでしょう?)
△たとえば、こどもが御飯をたべるのを見ていて御覧なさい。傾向が二つあります。或種の子供は、好いおかずだけ先に食べ
てしまって、あとをお茶漬けにして好い加減にすましてしまいます。ところが、十人に一人位は、好いお菜だけそっと横へ取
っておいて、まず不味い方のおかずから食べ始めるのがある。
ーーこういう風なのは、それを側で見ていると、心事が陋劣で、乞食のようで、とても正視できない。ところが、こうい
う風なのが尊いのです。学者になるメンタルテストだったら、私は此の方を採用したいと思いますね。学者ばかりとは限りません。



82 :右や左の名無し様:03/12/17 21:09 ID:???
△意地は汚いほど宜しい、諦めは悪いほど結構、凝り性で,業欲で、因業で、頑瞑で、意地っ張りで、人に負けるのが大嫌
いで、野心家で、下品で、つきあい憎くて、可愛げが無くて、『こんな奴と同居したらさぞ面白くなかろう』といったような
性格……私はそんなのを尊びます。こういう一面を持とうと欲しない人は、本当に勉強はよしたが好い。殊に語学は。殊にドイツ語は。
△勿論人に好かれない事は覚悟の前でなければなりませんよ。
人に好かれてどうなるものですか。人にだけは好かれない方がよろしい。そんな了見だけは決して起こす可らずです。
余計なことですからね。『人に好かれる』なんて、人に好かれるような暇があったら、その暇にしなければならない事はいくらでもあります。
△今日の社会は(今日の社会に限りませんが)決して価値ある個人を欲してはいません。だから、社会の欲する無価値な人
間になるか、社会の欲せざる価値ある人間になるか、問題は此処です。
世間はどんな人間を好むか?『つきあい好い』人間を好みます。
つまり、一緒にお茶でも飲めるような人間をですね。一緒にお茶が飲めなくちゃ仕様がありませんからねえ!
ところでさて、世間様とご一緒にお茶を飲むためには、やはり、世間様とご一緒にお茶を飲むような人間である事が必要で
す。そうでない人間は何処かこう煙たくて、しんみりしませんからねえ。頭の中にお茶話以上の考えを持っている人間な
んてのは、どう見ても人に好かれる方の型ではありません。
努力しつつある人間なんてのは、まったく興ざめですからね。座が白けますからね。


83 :右や左の名無し様:03/12/17 21:10 ID:???
△世間はそんなものです。そういう世間の真っ只中にあって、殊に独逸語でも一つ叩き上げようという時には、実際一つの悲
壮なる決心が必要です。
独逸語も、今日では、もはや数年前の或種の過渡期を通過して、今はもう殆ど英語と同じほど一般的になってきました。
ちょっと囓ったからといって、それでもう一かど独逸語を心得たような顔のできる時代は、もう一寸過ぎ去ったといって
も好いのではありますまいか。
『俺は勿論語学者なんぞに成ろうとは夢にも思わない、俺にはもっと高尚な対象がある、その単なる手段として語学をやる
のだ』ーーそんなやり方では到底駄目です。
△既に先進国を前に控えた新興国の新興時代は、すべての人が語学者でなければならない。ーー過去を見ればわかります、漢
文が出来なくて支那印度の精神文化を受け入れ得た学者があったでしょうか。
△要するに、そんな言い草は通用しません。『ちょっとやって見る』とか、『手段としてやる』なんてやり方はありません。
『やる』以上は『やる』。やるに二つはありません。
△凡そ時間の上から考えても、エネルギーの損失の上から考えても、また自己教養の立場から考えても、そう大して深入り
するつもりでも無い物を一寸した興味でやって見るほど馬鹿馬鹿しい努力はありません。一寸やって見るための対象とし
ては、独逸語なぞは恐らく最も不適当なものでしょう。



84 :右や左の名無し様:03/12/17 21:17 ID:???
△乃木将軍の失敗談をご存知ですか?彼は旅順を強襲によって一息に乗っ取ろうとして失敗しました。沢山の人命を犠牲にし
たのち、やっと『打算と忍耐と根本的な態度』とによって、じりじりと迫らなければ駄目だという所に気がついたのでした。
独逸語は持久戦です。まず腰をおろして考えましょう。中腰の考えと、胡座を組んだ上の考えとでは、考えがおのずから違
って来ます。坑道を掘って敵塞の『下』に迫りましょう。大岩層に逢着したら、コツコツと、一片また一片と岩を崩して行き
ましょう。相手は岩ですよ。敵ではありません。敵だの勝利だのといったような事はもはや当分の間問題ではありません。
それはもはや戦争ですらもありません。仕事です。涯しなき労作です。無限の穿掘です。試練です。凝視です。根くらべです。
目標は無限の彼方にあります。そして鼻の先は岩です。そして岩の背後は岩です。そのまた背後も岩です。岩、岩、岩、岩、当分は岩です。
掘りましょう!

独逸語大講座月報(第一)
(昭和六年六月「独逸語大講座」(全六巻)の第二巻附録)


85 :右や左の名無し様:03/12/17 23:18 ID:???
息子もドイツ語学者で慶大教授だったが最近亡くなった。

86 :右や左の名無し様:03/12/17 23:23 ID:mzy9fG/T
ここは関口存男スレとなりました。


*******関口による西尾占領********


占領反対?

87 :右や左の名無し様:03/12/17 23:46 ID:ZRV0/Wad
右傾化って、よいことでしょ?

88 :右や左の名無し様:03/12/18 09:25 ID:???
>74
本業もダメ。副業(いやこっちが本業)のウヨ著作業は
彼らが大好きな言葉を使えば「捏造」かぁ。

89 :右や左の名無し様:03/12/18 10:00 ID:w5eZw9UH
>>87
偏りは不幸の素。

90 :右や左の名無し様:03/12/18 10:08 ID:???
86以降、ゾンダン先生以外の話はスレ違いとなっています。

ってんなこたぁない?

91 :右や左の名無し様:03/12/18 16:37 ID:KaYNx5Xi
ドイツなどという野蛮な森からは身を引いた方がよろしい
英仏>>>>>>>>>>>>毒
もっとも米英>>>>>>>>>>欧州だが。

92 :右や左の名無し様:03/12/18 18:38 ID:1+reWW8i
>>91
何で比べてるのかがさっぱりわからん。
国民総生産なら 米>>>>>>日>>>>>独>>>>>英仏伊
一人当たりの車の数なら 伊>独>>>その他
人口なら 米>>>>日独>>>>その他
母国語人口なら 英米>>>>日独仏>>>伊
ジャガイモの生産なら 米>>>独>>>>>>>>>>>>>>英仏日
西尾幹二発生率なら 日>>>独>>>>>>>>>>>>>>>>その他

だろ。

93 :右や左の名無し様:03/12/18 18:46 ID:???
僕の通う大学の生協の本屋の一角にはテキスト・コーナーがあって、
授業の教科書が集められているのですが、
その中に西部邁『国民の道徳』産経新聞社がありました。
僕はこの本と西尾幹二『国民の歴史』産経新聞社は発売と同時に買って読んだのですが、
それにしても何の授業でこの本が教科書として使われているのでしょうか?
うーん?

94 :右や左の名無し様:03/12/18 19:27 ID:???
>>93
そりゃ教官の趣味だろ。仕方ない。
ノートの殴り書きみたいなもっと腐った教材買わせる奴もたくさんいる。
『国民の道徳』くらいなら許してやれよ。

95 :右や左の名無し様:03/12/18 23:39 ID:???
何大学かは聞かんけど、そりゃー酷すぎる。
大学って学問やるところだろ、一応。

96 :右や左の名無し様:03/12/19 03:49 ID:???
ドイツなんかを学問対象として選んだことが一番に痛い
それを悟っている数少ないドイツ学者ということが出来る
昔のドイツには見るべきものもあったのだろうが、スルーしてよし

97 :右や左の名無し様:03/12/19 04:18 ID:DCJCPeUB
>>96
なんでドイツがだめなの?

98 :右や左の名無し様:03/12/24 16:23 ID:c60zFn5A
日本の近代を打ち立てたのは西洋学問と日本の伝統の止揚であり
その際、特に用いられた西洋学問はドイツ、イギリス、フランスであった。
なぜならそのころは先進国といえばその三国であったからだ。
実際、科学においても哲学においてもドイツは18世紀以降、進歩的であった。
そのあたりのドイツを学問対象として何故悪いのか?


99 :右や左の名無し様:03/12/24 17:19 ID:???
しかも現在でもドイツは欧州一の経済力を誇っている。

100 :右や左の名無し様:03/12/24 20:49 ID:???
西尾幹百ゲト

101 :右や左の名無し様:03/12/24 21:20 ID:???
101台の欧州レット


102 :右や左の名無し様:03/12/25 15:47 ID:???
西尾幹百二ゲット

103 :右や左の名無し様:03/12/25 16:25 ID:???
西尾幹三+100

104 :右や左の名無し様:03/12/26 11:48 ID:???
西尾幹一が存在するかどうかを知りたかったりもする。

105 :右や左の名無し様:03/12/26 15:55 ID:???
西部学頭


106 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

107 :右や左の名無し様:04/01/01 23:28 ID:???
国民の歴史は、読んでみれば分かると思うが、
人文系全般の入門書的新書
の色合いが強いです。
党派的争いの度合いは薄めです、というか国民シリーズは全般的に独創的入門書的新書だよ。
国民の芸術もそう。
党派的争いの度合いの強いのは、自虐史観批判本だろう。
ただ、それゆえにプロから見たら初歩的なミスがあると思われる。
第五段の「国民の文明史」は通読していないから分からんが、

道徳=西部の独り言
歴史=西尾の人文科学系知識口座
(現代における学問の危機を読め。己の学問の社会的有用性を真剣に考えたことのある
真面目な人文社会科学者なら論理の無理は感じつつも共感は出来るだろう(笑))
教育=これが一番党派的争いが強いかもしれない
芸術=芸術無知はとりあえず読め

108 :右や左の名無し様:04/01/02 01:57 ID:???
>>1
左傾化プロジェクト推進本部議長発見!

109 :右や左の名無し様:04/01/02 10:36 ID:???
つうか、例の早稲田のノンセクトだろw
Iさんとかw

110 :右や左の名無し様:04/01/10 04:09 ID:Dz4uZRdk
まぁ、こんだけサヨ占拠下にある早稲田でよくやるよ国策研。

111 :右や左の名無し様:04/01/11 07:26 ID:???
ドイツが先進国だった?
基本的なデータをおさえてからいってください
ドイツは後進国だった。
だからこそ、日本はドイツをまねようとしたのだし、またまねることが出来た。
それは基本的に、今でも同じ。
ワイマールの一時期に進んでいた。
しかし、それはドイツというより、ユダヤ人文化だったことを忘れてはいけない。

112 :右や左の名無し様:04/01/11 13:04 ID:???
>>111
後発だが後進ではない。

113 :右や左の名無し様:04/01/11 21:51 ID:???
現在、
日本では官僚や企業トップの不祥事、学級崩壊等教育現場の荒廃、
命の尊さを無視するかの如き凶悪な殺傷事件等、様々な問題が噴出しております。
これら諸問題は、
戦後押し進められてきた自国の歴史と伝統文化を貶め(おとしめ)かつ否定するかのような歴史教育を受けた人々が、
生まれ育った日本の国に誇りをもてず、
よりどころを見失って暴走しているように思われます。
こうした社会情勢の中、
『日本会議』『新しい歴史教科書を作る会』の心ある方々のご努力により正しい歴史観が啓蒙され、
誇りある日本の再生に向け徐々にその運動の輪が広がりつつあるのはご存じの通りでございます。

114 :右や左の名無し様:04/01/11 22:03 ID:???
他者に認められぬ自分達だけの誇り、これを称して「空元気」と言う(w

115 :右や左の名無し様:04/01/15 19:36 ID:???
犯罪を犯してしまう青少年の心理は、やはり同世代の人間として理解できるところがありますね。
まず自分自身を考えてみて、一番欠落してきたことは何かと言うと、自分は何を目標として生きればよいのか、また、やって良いことと悪いこと、それを判断する価値観、基準だと思うのです。
例えば、「勉強して良い会社に入る」というのは、以前はそれが一つの価値だったと思いますが、それはたいした価値ではない、ということは今の青少年は分かっているわけです。
また、教育の中で特に強調されて教えられてきた価値というのは、平和、自由、平等ということですが、では、自分が好き勝手に自由にしていれば素晴らしいかといえば、そうではないことも分かるわけです。
ですから、そういう中で、「立派な人になりなさい」と言われても、では「立派な人は何か」ということが分からない。非常にやるせない気持ちなのです。
昔は、そういうところは、道徳観がしっかりしていて善悪が明確であったと思うし、立派な人というときにも、学ぶべき人物が具体的だったと思います。
しかし、今はそういう規範が崩壊しています。
道徳を身につけようにも、良いことをしようにも、悪いことをしないようにしようにも社会の中に、若者が悪いことをしたら叱ってくれる大人がいません。
教えてくれる人がいない、それが一番問題だと思います。

116 :右や左の名無し様:04/01/15 22:28 ID:Ifk5hBu1
>>114
明らかに違うぞ。
小学生からやり直せ。

117 :右や左の名無し様:04/01/15 23:24 ID:???
107は74を嫁よ。

118 :右や左の名無し様:04/01/16 19:17 ID:???
私も、やはり中学時代、何のために生きるのか非常に悩みました。
淡々とした毎日の中で、何のために生きているのか分からなくなって、
今自分が死んでも誰も悲しむ人はいない、という虚無感におそわれました。ですから、
高貴な生き方をされた人に学ぶというのはとても大事だと思うのですが、
今はそういう教育はありませんから、青少年は生きている意味を考えようにも、
その術が分からないし、そういう心の空白に犯罪を起こしてしまう心理が芽生えてしまうのだと思います。

119 :右や左の名無し様:04/01/18 20:25 ID:+RsHO7v7
不自由論-なんでも自己決定の限界-に西尾幹二、国民の歴史の書評が載ってます。
西尾こそ...

120 :右や左の名無し様:04/01/23 19:54 ID:???
僕も自分自身を見失って、自暴自棄になったのですが、僕の場合、歴史教育と反戦教育の影響が大きかったのです。
特に、高校の時の反戦平和教育に大きな影響を受けました。
戦争は悪だと徹底的に教えられ、日本人は国家のためと言いながら、結局、領土やお金のために、
中国、韓国、東南アジアに侵略し子どもや老人まで殺戮していったのだと。
だから、社会とか国のためではなく個人が大切だと、そのように教えられてきました。
そういう教育を受けているとですね、英雄とか偉人と言われる人たちを、素直に見れなくなるのです。
偉人と言われる人たちは、やはり自分のことではなくて、社会や国のために尽くした人たちですが、
では、そういう人を立派だと思うことは、結局、戦争に繋がってしまうのかと。
それで、一方、個人が大切と言われても、僕は希望していた高校に行けずに落胆していましたから、
どんなに自分が頑張ってもどうせ駄目ではないかと、
本当に何が何だか分からなくなって、自暴自棄の毎日を送っていました。

121 :右や左の名無し様:04/01/24 00:35 ID:???
>>120
あのねえ、日本はこの50年間、戦争しなかった。
でもその間にも立派な人物は沢山出てるでしょ。

国や社会にあれこれ命令されたのではなく、殺人も犯さず、
自分がやりたいと思ったこと、正しいと思ったことを、自分の責任で、
うまくやり遂げて、結果として人々に感謝された人物。

そういう人物を調べて、参考にしたまえ。

122 :右や左の名無し様:04/01/24 00:42 ID:???
追加だけど、なるべく自己資本を費やしてリスクを負った
民間人を参考になさい。すっきりと理解できるから。

官僚(軍人含む)はね、事業の成功失敗が明かになる以前に
自己資本ではなく税金を事業に投入しているわけだからね。
また、成功失敗にかかわらず、国に給料と身分を保証されているわけだし。

123 :右や左の名無し様:04/01/24 15:31 ID:???
>120
日本人はrevisionistにならないですむから
一度、暗黒と思われている「あの時代」を再評価してみたまえ
いや、再評価しなくていいから、冷静に見つめたまえ
自暴自棄になる必要がある歴史をわれわれは背負っているのだろうか?
もしそうなら、自暴自棄になるか反日運動団体と一緒に活動すればよい
だが、冷静に「あの時代」を見つめれば逃げも隠れもする必要のなく、
自暴自棄とは正反対に誇りにさえ感じるべきものを発見できるかもしれない

われわれはドイツではない。申し開きの出来ないようなことは何一つやっていない。

124 :右や左の名無し様:04/01/25 13:49 ID:???
僕は、皆さんと少し違うと思うのは、保守的な家で育ったことではないかと思います。
やはり家庭の影響というのは大きいですね。
小さいころから祖父と父の話しを聞き、僕自身も小学生のころから政治に関心を持ち出し、自然と保守的な考えを持つようになりました。
また、自分を生んでくださった両親が住んでいるところは日本で、やはり日本に感謝しなければいけないとも思ってきました。
ところが、小学校では先生の言うことはまるで違うわけです。
自民党の悪口は平気で言うし、「君たちのおじいさんは中国でひどいことをしたのだ」と教える。
僕は祖父を尊敬していましたから、非常にショックでした。それから、本当に先生はおかしいと思ったことがあります。
それは、今上陛下が岐阜県に行幸されたときのことですが、天皇皇后両陛下が学校の前を通られるということで、全校生徒が学校の前に並び、みんなで日の丸の小旗を振ろうとしたのです。
その時、先生がものすごい剣幕で怒ったのです。
「君たち、この旗が嫌な人がいるのだから振るのをやめなさい!」と。
これは僕は理解できませんでした。
なぜ、自分の国の旗を振ってはいけないのか全く分からなかった。
それで、小学校の授業にあまりにも疑問を感じるようになったので、小学校高学年の時に、先生に「お祖父さんの言うことと先生の言うことは違います。
先生の言うことは本当ですか」と直接疑問をぶつけたのです。
そうすると、先生はあからさまに「君のお祖父さんの考えはおかしい、君の考えはおかしい」と言われ、私はその場に立たされました。
それからクラスの皆に、「(僕の)考えは間違っていることを全員で指摘しなさい」と言って、査問会のようなことをやらされたのです。
それは本当にショックでした。

125 :右や左の名無し様:04/01/25 13:55 ID:gpCRnSyh
今年の入試センターの世界史は酷い、こんな問題に
満点とって大学に入ってもろくなものにはならない
http://nitiroku.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/i-nikki.cgi
マルクス講座派に乗っ取られた大学入試センター


126 :MMMM:04/01/25 17:54 ID:???
国のために命を惜しまずたたかった人といえば、
オウム真理教の人たちとか、宮本日共とかもあげられるぜ。

ってーコピペなんだろな。

127 :右や左の名無し様:04/01/26 19:38 ID:???
学校以外でたまたま歴史を勉強する機会があって、そのとき僕の心に響いたのが、明治時代を生きた正岡子規の生き様だったのです。
正岡子規は、体中から膿が出るような病気で床に臥していましたが、それでも志を立てて努力を積み重ね、家族へのやさしさも忘れなかった。
そして、本当に瑞々しい心で自然を和歌に詠まれた。
「松の葉の細き葉毎におく露の千露もゆらに玉もこぼれず」「松の葉の葉毎にむすぶ白露のおきてはこぼれこぼれてはおく」
僕は、この和歌に触れたとき、自分は今まで松の葉をこんなに豊かな気持ちで見たことはあっただろうかと思いました。
そして、人間はどんな境遇でも頑張ることはできるのではないか、僕も頑張って生きていくことができるのではないか、と思ったのです。
その時はじめて、生きていく励みを教えられたと思いました。
それから、もう少しそういう人物に触れて行きたいと思っていくうちに、
自分は何か大切なことを教えられていないのではないか、今まで教えらてきた授業は何だったのか、
と学校の授業に大きな疑問を持つようになったのです。

128 :右や左の名無し様:04/01/27 17:53 ID:???
>>124 >>127
辛気くさい燃料。

なかなか文才あるよ。

129 :右や左の名無し様:04/01/27 20:42 ID:???
私が戦後教育はおかしいと思うようになったのは、江田島の教育参考館館長をされていた岡村清三さんという方から、回天特攻隊員の話を聞いたときでした。
特攻隊員たちの純粋さに本当に感動しましたし、また、自害するとき自国のみならず敵の武運までも祈り、アメリカ人もずっと尊敬している隊員もいた、という話も聞きました。
その話を聞いたとき、自分が見習うべき人がここにいるのに、今まで自分は何も教えられてこなかったのではないかと思いました。
何か裏切られた気持ちがして、自分が受けてきた教育にはじめて大きな疑問を持ったのです。
>>124さんは、日本にも感謝していたと言いましたが、それまで自分にはそういう気持ちは全くありませんでした。
そんなところには到底行き着かないわけです。
逆に「日本は自分に謝ってほしい」、そういう気持ちでした。
日本人は指導者に操られていたのだ、日本人は集団になると制御不能に陥るのだと、そういうことを強調して教えられたように思いますが、そうすると自分が信じられなくなるわけです。
「どうせ日本人は集まると悪いことをするんだ、その遺伝子が自分にもあるのだ」と。
そうなると救いようがないわけです。
ですから、自分が受けてきた戦後教育は一体何なんだろうと考えますと、自己肯定しようとする自分の心を絶対的に否定してくる、そういうものだと思います。
自由だ平和だと言いますが、それは、日本人の過ちを糾弾し自己否定しなければ始まらない「平和」なのです。

130 :右や左の名無し様:04/01/27 23:18 ID:???
>>124
>>127
>>129
板違い
スレ違い
基地外

131 :右や左の名無し様:04/01/28 17:18 ID:AcaReojB
【旧仮名】ノズラー日に吠ゆ【怪電波】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1068981681/
259 :吾輩は名無しである :04/01/05 19:51
★野面(ノヅラ)とは?★

ノズラーに粘着する「竹下義朗・田中幸一(アレクセイ・ホランド)・波江究一・「義」
(八街その他の變名)一味とその取り巻き」の事。西尾幹二、西部邁、けつねうろん
(加地伸行)の読者も含まれている模様。日刊ゲンダイ匿名書評家〈狐〉 も野面臭い。

★野面の特徴★

福田恆存を嘲笑する者は皆無。野面には三種類あり。野嵜だけを嘲笑する者、その「取り
巻き」も嘲笑する者、松原正も嘲笑するもの。正字正仮名派も含まれているかは確認でき
ていない。

★固定ハンドル野面★
○ノズラー観察同好会広報部・・・悪ぶる生真面目男。
○創作ノオト ◆tXJlWVkLzY(総合学としての文学)・・・冗長で無内容な
文章を書きまくる早稲田大学出身者。


132 :右や左の名無し様:04/01/28 21:44 ID:???
私も、国なんて真剣に考えたことはありませんでした。
強いて言うと、「国とは私達の生活をよくするためにサービスするところだろう」、などと思ったりしていました。
私も、日本は悪いんだということを言われ続けましたが、特に鮮明に覚えているのは、
中学校の社会科授業のときに三光作戦を教えられて、これは絶対テストに出るということで赤字で書かされたことです。
どれだけ日本はひどいことをしてきたかを言われて、私は一時期、日本人である自分が嫌で仕方なく、
有能な欧米諸国の国民に生まれたかったと、すごい憧れのようなものがありました。
ですから、日本の過去を否定されると、どうしても日本人である自分自身を否定しなければならなくなります。
そうして自分と国とが切り離されて、自分だけの世界に陥ってしまう悲しみ、苦しみというのは本当に深刻なのです。
そして、私は国歌を教えられていませんでしたから、十九年間も国歌が歌えませんでした。
それが当然だと思っていたのです。
ところが、大学で国際交流フォーラムというのがあって、私はパネリストとして出たのですが、その壇上で、
中国人の方に、国歌を歌えないのは国際的に常識はずれだと言われてしまい、
その時初めて、自分がどれほど常識はずれの人間であったかを知って、
本当に恥ずかしい思いをしました。
それは、今までの自分を省みる貴重な体験でした。

133 :右や左の名無し様:04/01/29 20:59 ID:???
皆さんのお話をお聞きし、自国の歴史を否定することは、自分自身を否定することと同じことではないか、
今おこなわれている歴史教育の本当の恐さはそこにあるのではないかと痛感させられます。
ところで、今、教育改革は重要な課題となっていますが、皆さんの体験から考えて、何を改革すべきだと思いますか。

134 :右や左の名無し様:04/01/29 21:16 ID:???
私が願うのは、歴史教育の見直しはもちろんですが、特に国語教育を見直してもらいたいということです。
先人の言葉を味わいながら、人の心の美しさを感じる、そういう心を培うのは、やはり国語教育だと思います。
今の小学校の国語教科書を見ると、どちらかと言えば、文章の書き方など技巧にばかり重点が置かれていると思います。
私は大学生になってはじめて、志貴皇子の御歌を知りました。
「岩走る垂水の上のさわらびの萌えいづる春になりにけるかも」 このお歌を何度も声に出して読むうちに、
ありありとその情景が心に浮かんできて、こんなに美しい言葉があるのだろうかと心が躍動しました。
私は、こういう瑞々しい感動を子供たちに味合わせてあげたいと思っています。

135 :右や左の名無し様:04/02/01 17:31 ID:???
今、授業自体が成り立たないという現状があるわけですが、
善悪の基準とか人間のあり方が教えられず、
ずいぶん社会に適合しにくい青年が生み出されていると思います。
ですから、どういう人が立派なのか、どういうことが美しいのか、その人間のあり方を教え、
公のことにけじめを付けることができる、そういう教育を考えてほしいと思います。
これは、はっきりと目に見える形のものではないでしょうが、これも文化の継承だと思います。
時には叱られたり注意されたり、日常生活の中で身を正されていく中で、
日本人の礼儀とか道徳が身についていくのではないかと思います。

136 :右や左の名無し様:04/02/01 17:42 ID:O5H992F8
日本文化を愛し、先人の偉業を讃えることと、国家の誤った政策や悪行を肯定・賛美することは全く別次元のことですよ。
ゆめゆめ混同されませぬように。



137 :右や左の名無し様:04/02/03 21:33 ID:???
>>135
文化の継承と言われましたが、非常に大切な問題だと思います。
ただ、戦前の日本の価値観などなかなか青少年に伝わらないという現実もあると思います。
やはり、若者は、戦争は悪でダメと教えられていますから、戦前の日本のよかったことなどを聞いても、
なかなか心を動かされないのではないかと思います。
ただ、これだけは分かってほしいという思い、話す人が本当に生き方をかけて言われていると分かったとき、
若者は心が揺さぶられると思います。
国旗国歌法も通り、今、教育勅語の見直しということも言われてますが、
そういう見直しの声が出てくるのは、そこには大切なことが秘められているからだろうとは思いますが、
ただ、「国歌を歌うのは正しい、教育勅語は素晴らしい」と言葉だけでどんと言われても、
僕らの世代はとても理解できないと思います。どこがどう素晴らしいのか、何で正しいのか、疑問を抱いたまま通り過ぎてしまうと思います。
ですから、その素晴らしさを、そういう教育を受けた方の体験とか、何か具体的な事柄によって教えてもらうことによって、
初めて理解できるのではないかと思います。
つまり、国旗国歌や教育勅語にこめられた先人の願いというものを、心情を通してしみじみと実感していくことが大切だと思うのです。
それが豊かに実感できれば、もう少し国ということについても、自分とのつながりを持てるようになるのではないかと思います。

138 :右や左の名無し様:04/02/03 22:33 ID:???
教育勅語は明治末期には時代遅れになっていた。
政府が天皇の名を借りて国民を躾(しつけ)るという文章の構造が、
立憲君主制国家の国民教育としてふさわしくないからだ。

むしろ明治憲法発布にともなう「五箇条ノ御誓文」のほうが、
自ら考え公の場で議論を尽くす本来の国民像を示している。

139 :右や左の名無し様:04/02/04 03:30 ID:???
間違えた、「五箇条ノ御誓文」は明治元年だった。
明治憲法発布よりずいぶん前だ。


140 :右や左の名無し様:04/02/04 21:54 ID:nuDkYadR
http://nishio88.hp.infoseek.co.jp/index1.html

早稲田に入っている人間には関係ないか。
大学入試の問題って、もう問題じゃない?

誰が問題作ってんだよぉ

141 :国防ヲタ:04/02/05 21:53 ID:QI+BjF4k
石破長官との対談本を買おうか悩んでるんですが、買い?

142 :右や左の名無し様:04/02/07 21:29 ID:???
参議院憲法調査会が学生に憲法への参考意見を募集したところ、応募された八割が改憲を支持していました。
何で憲法を論じることがいけないの?、という人がほとんどです。
それはやはり、テポドンとか、そういう厳しい現実を目の当たりに見ているからだと思います。
憲法問題に対する学生の意見で、一番多いのが、やはり九条を改正し自衛権を明記すべきだということです。
何で自分の国を守ってはいけないのか、実際は自衛隊があるではないか、
そうであれば、それを明確に規定した方がよいという意見です。
ただ、ほとんどの学生が、今の憲法の制定史は教えられていませんから、憲法成立の正当性から問題である、
という意識は希薄だと思います。
しかし、先日、大学の授業で憲法制定史の授業があり、今の憲法は一週間でできたという事実を教えていたのですが、
そういう事実を知ると、やはりおかしいのではないかということを皆な素朴に感じるわけです。
ですから、憲法に矛盾を感じはじめている今、そういう憲法の事実も知らせていくと、今の憲法はおかしいと、
みんな納得できるのではないかと思います。

143 :右や左の名無し様:04/02/13 19:42 ID:???
>政府が天皇の名を借りて国民を躾(しつけ)るという文章の構造
結局、国務大臣の副署はなかったじゃんよ?

144 :右や左の名無し様:04/02/16 15:00 ID:???
>>141
絶対買い。
素晴らしいです。

145 :右や左の名無し様:04/02/22 13:57 ID:???
公教育で、
日本国憲法は素晴らしい憲法です、
というような教育をずっと受けてきたのですが、
やはり政治思想はあまり真剣に考えないという風潮もありますし、
なんと言っても、現実問題として、テポドンが飛んできたり、
北朝鮮の不審船が侵入するという生々しい現実があるわけです。
特に島根は朝鮮半島に近く、隠岐島に警備が配置されたりしています。
ですから、教えられてきたことを凌駕する現実を肌で感じているわけです。
やはり若者の心は敏感だと思います。
軍備を持たないという言葉と、
現実とのギャップを非常に感じているのではないかと思います。
ただ、まだまだ憲法問題に対する関心はほとんどないのが現実です。
何と言っても、自己と公を切り離された教育を受けてきていますから、
そこをまず結び付けていくことが一番大切ではないか、と痛感させられてきました。
国旗国歌の大切さをきちんと教え、国歌を歌えるようにする、
そういう基本的な教育を徹底させることが非常に求められていると思います。

146 :右や左の名無し様:04/02/22 14:03 ID:fPbKP9Oi
って言うか、講演会ごときで右傾化左傾化の証拠なのか?
そんなこと言ってたら、左傾化の証拠になりうる講演会等々
が全国津々浦々圧倒的多数で開催されてると思うが・・・。

147 :右や左の名無し様:04/02/22 16:32 ID:???
今、ITでも経済戦略でも慶応が東大を圧倒する勢いだよな。
一方、早稲田の社会への知的貢献度の低迷は無残だ。
こんな早稲田にしたのは、学内運営にたかってきた極左の残党だよ。
大きな足かせのせで、時代の変化に即応して学内環境を新しく整備する
ことができなかった。教授陣だってうんざりしてるわけだ。
うちのおやじも早大なんだけど、経験談まじえて怒ってた。
現代早稲田の隆盛と退潮は左翼思想のそれとパラレルなグラフ線を描いてしまった。

148 :右や左の名無し様:04/02/22 20:58 ID:???
>>147
そうか?
最近の早稲田の凋落は革○の力が弱まってから起こってるようにも見えるぞ。
奥島改革で革○追い出してみたら、まともなサークルの元気もなくなっちゃった、みたいな感じで。
俺は左翼大っきらいだけど、奴らが当局に迫害されはじめてから、大学全体が元気を失なっていった。
今は復活したみたいだけど、早稲田祭も俺が卒業してしばらくしてから無くなってたしね。
東大の民青はどうなんだ?

149 :右や左の名無し様:04/02/23 15:02 ID:DeTGh9fK
早稻田大學國策研究會綱領

昭和十九年三月十日制定 

  國策研究會は、國體至上の顯現である、天皇陛下を護持し奉り、以て四海に
 皇威を光被し、八紘を一宇に安泰ならしむるが、會是である。我が會の淵源
 は、肇國以來二千六百年、漸く王政復古の御世に至り、明治十五年大隈老侯興
 國の大志、此處に早稻田大學創設せらる。而して、小野梓の主する所の、「義
 務あらざるところ、權利あるべからず」に始まる、臣民與祖國との紐帶に鑑
 み、昭和不朽の聖戰たる今大東亞戰爭を完遂し、以て東亞千年の安寧を樹立す
 るに、學徒たる我等、本朝の永の御盾となりて、國運興隆に寄與せんとす。
  然るに我等、學實時に遠く及ばず、機略楠公に遠し。拠りて、東亞の干城~
 州日本の最高學府たる早稻田大學に集ひ、帝國智嚢の竿頭たるべく、螢燈に卷
 を開き、雪光に筆を廻らす。意を遠く馳せれば、本朝には英雄豪傑、雲霞の如
 く、尊王輔弼の臣數多なり。その傳統に則り、此處に學の綱領を樹て、學の指
 針とす。諸學以て良知に銘じ、勵むべし。


 ↑
ワラタwwwww

150 :右や左の名無し様:04/02/24 01:23 ID:C3v2GCEc
>>148
革○の力が弱まったから、て・・・・・・。

だからそういうあんたみたいな宇宙人がね・・・・・これはもう論理をつくしてわかるって
もんじゃない。バカの壁ってやつ?
そのげんなりぐあいってのは良識ある教授陣にはもうトラウマ。
このトラウマから早大が回復するのに、あと半世紀かかるかも。
ちなにみ「バカの壁」の着想っていうのが、養老孟司が東大でのバカ左翼相手に
苦労したところにあるというのは象徴的だな。

151 :右や左の名無し様:04/02/24 11:12 ID:???
>>150
改革の実情をお前は何も知らない。
>>148の言うとおり。

昔は左翼運動といえばあからさまな革○だけだった。だから学生たちは距離をとって革○たちと付き合っていた。
サークル活動など、革○とイヤでも交流しなければならない部分もあったが、距離を保っていた。しかし、大学は当然革○を追い出そうとした。
そこで、大学が利用したのは、法学部自治会と民主青年同盟。つまり、革○を追い出すために共産党の力を強めていった。
その上、アジア太平洋センターをつくる前後から総長は中国共産党と急接近。
反革○だから良識派というわけではない。良識の隠れ蓑をかぶった民青。
>>150は実情を何もしらない上に、善意すぎる。
早稲田改革は少数極左vs多数左翼だったのであり、少数極左が滅びた後、多数左翼による支配が強まった。
少数の極左から距離をとっていればよかった革○時代の方が、ノンポリでいられただけマシ。


つまり
昔:極左の革○がいたた、見た目でわかるので、ほとんどの学生は影響を受けなかった。
現在:革○を追い出すために大学が共産党と手を組んだ。しらないうちに多くの学生が共産党の影響下に。

152 :右や左の名無し様:04/02/24 15:10 ID:17rn5tbS
>>151
そのへんのちまちました残党界隈の情勢論に凝ってる精神構造がダメ。
早大退廃の因果関係の規模が小さすぎるのは、やっぱりバカ左翼的発想を
留保しうるレベルに議論を矮小化したい願望があるからだ。
これでは到底、時代の変化に目を向ける余裕などでてきやしない。
当分はかつての左翼情勢の総括(死語)に時間が費やされるのかもな。
バカの壁ってのは改めて睥睨すべからざれる視点だなと思ったね。
そもそも西尾幹二ぐらいの保守派文化人が講演に来るぐらいで、騒ぐ奴がおり、
しかも、なんとなくそれがレトロ風味じゃなく、現在進行形の問題として聞こえてしま
うところまで早大って、マジ悲惨。藤沢キャンパス、サイコー!!

153 :右や左の名無し様:04/02/24 17:51 ID:???
>バカの壁ってのは改めて睥睨すべからざれる視点だなと思ったね。
馬鹿の壁発見


154 :右や左の名無し様:04/02/24 18:20 ID:oh5F/ZB0
共産党と新左翼という世界からすれば微差異にすぎない小さな内輪モメに
、未だに、つきあわされる早稲田の教授と学生に哀れみをください(泣)

155 :右や左の名無し様:04/02/24 21:03 ID:???
森前首相の「神の国」発言について、大学では、保守的な考えを持つ人でも意見は真っ二つに割れました。
発言の内容自体については、別に問題はないということなのですが、ただ否定的な意見は、
一国の首相なのだから、問題になることが予想されるような発言はしない方がいいということです。
しかし、僕は、積極的に発言してもいいと思います。
『産経新聞』紙上でも、加地伸行先生が書かれていましたが、
一国の首相が、自分の哲学的、道徳的考えを表明しながら政治を行うのは、
アジア的指導者として立派なことだと思います。
ただ、やはり大切なことは実践の部分だと思います。
例えば教育勅語の見直しであれば、それを法として制定すればすべて良くなるというものでもなく、
その精神をどう教育に生かすかが一番大切なところで、その実践は今すぐにでもやってほしいと思います。

156 :右や左の名無し様:04/02/25 20:32 ID:???
僕の出身は、中部地方の田舎の方で、どこの家でも田んぼを作っているような所でした。
僕も、小さなころから稲づくりを手伝ってきたのですが、本当に気を使いながらの作業でした。
そして両親からは、水にも米にも田んぼにも、それぞれ神様がおられるということを教えられ、稲作りに心を込めてきました。
ですから、「神の国」というのは何もおかしくないと思います。
今は東京に住んでいますが、明治神宮には初詣に何百万という人が参拝していて、全国で一番多いはずです。
ですから、「神の国」というのは、別に東京にいてもおかしくないと思います。
マスコミが騒ぐことと日本人の現実は微妙に違うと思います。
むしろ、その矛盾を考えることの方が大切だと思います。

157 :右や左の名無し様:04/03/01 03:43 ID:YV62mmh4
******************************************************************
本日発売の週刊ポストは、竹岡容疑者・湯浅容疑者を「現役」幹部と報道

「選挙目的」にデータを入手した可能性を指摘

竹岡の娘の結婚相手も、創価幹部の子供

竹岡の娘の結婚式には公明党議員も出席

http://ahiru.zive.net/joyful/img/914.jpg
(記事の一部のスキャン)

週刊ポストを激励せよ
http://www.weeklypost.com/jp/
週刊ポスト:ご意見フォーム
http://210.238.184.179/~kizu/post/formj.html
*********************************************************************

158 :名無し:04/03/05 01:42 ID:???
   北海道にもレイパーはいた

ムラカミケンジとコンドウシンイチの漢字での名前キボンヌ
こいつらは犯行を自供している
北海道大学らしいね

http://app.memorize.ne.jp/d/22/72471/2003/12/0069#trial26

159 :右や左の名無し様:04/03/09 19:22 ID:???
「学生とともに語る憲法調査会」には、全国から百七十七名の学生が論文を応募。
そのうち二十名が選ばれ、国会で意見を述べるとともに、憲法調査会の国会議員と質疑応答を行った。
まず、驚いたのは、応募総数の八割が、何らかの形で今の憲法を変える必要があるという立場に立っているとのことだった(質疑応答の中で世耕弘成議員が指摘)。
では、当日、具体的にどのような意見が述べられたのか。
まず、憲法調査会のあるべき姿について、慶応大学の三年生の一人は、
「今日求められる憲法論議とは単に憲法にまつわる議論をするということではなく、
憲法が実現しようとしている正義や理想それ自体を再検討する「立憲的な論議」であります。
そして、憲法の理念が何故政治に生かされていないのかという類の議論、
これは通常の国会審議や裁判所に担当して頂くべきではないかと存じます」と述べ、
現憲法の「基本的人権」が政治に生かされていないなどの議論は、
憲法調査会で行うような議論ではないとばっさりと切り捨て、
「憲法タブーにとらわれることなく、新時代に相応しい憲法を模索すべきだ」と提言した。
さらに、早稲田大学の四年生の一人も「希望と勇気と責任をもって新しい時代を切り開いてゆくべきです。
恐れに彩られた停滞は、まさに退行を意味するに等しいと考えます。
もし論憲に終わってしまっては、取り返すことのできない歴史的過ちになる、と私は確信します」と述べ、
憲法調査会の審議が論議だけで終始するのは許されないと厳しく指摘した。
この二名の提言は、憲法調査会が設置された背景と、国民の期待がどこにあるかを雄弁に物語るものであり、
憲法調査会が銘記すべき提言であった。

160 :集団レイプ被害者の談話:04/03/10 03:20 ID:???
 2003年4月27日の被害者について
 ・母親が娘が過食症になったと気付いたときの状況が説明される。
 ・2003年5月に家の中に蝿が飛び、腐臭が立ち込めていた。
 ・母親が不審に思い家中を探してみると、風呂場の排水溝におでんが入っていた。
 ・家族に過食症を気付かれまいと娘がそこに吐いたようだった。
 ・過食症は事件から1週間後にあらわれた。
 ・大量のうどんにミートソースをかけるなどして食べては吐いた。

 ・吐くと体温が下がり、室温を30℃にしても寒さを訴えた。
 ・何も助けてやることができず、身が張り裂ける思いだ。
 ・こちらから寛大な処分とは口が避けても言えない。
 ・示談金の支払に応じたのは宥恕するためではなく、懲罰的な意味でのこと。 
 ・被害者女性は2003年5月18日の被害者同様、被告人を厳罰に処してほしいと言っている。

こういう風に精神がおかしくなった女性も1人や2人じゃないはず。
本人だけでなく、家族全員の生活も変えてしまった。
http://www.memorize.ne.jp/diary/22/72471/


161 :早稲田にまたもや:04/03/10 11:17 ID:???
死刑にすべきなのに!
せめて アレをきるべきだ!


162 :右や左の名無し様:04/03/10 15:28 ID:M/bPk7M/
●●不正入学顛末記●●
http://www.geocities.jp/ keisukeinoue2001jp/

435 :実名攻撃大好きKITTY :03/09/20 10:56 ID:l86YajOM
この前集団女子高生スリで話題になったS足の校長は学校説明会で品女の広末は
裏口だけど、うちの山田麻衣子はKOに正面から入ったと自慢してたそうな。

4 名前: 学歴を記入して下さい 投稿日: 2003/10/08(水) 16:09
元総長(前・文学部長)の小山宙○先生が学会の後の懇親会で漏らしてくれた情報。
広末サイドは当初あつかましくも、第一文学部にネジ込ませてくれないか、
と持ちかけてきた→文学部教授会で一同激怒
→「一文では一芸入試もやってないので」と穏便に拒否
→学内の「さる方」の手引きで教育学部の国文で手を打つことにした
…そうです。もう「時効」だと思われますので…。

神・酒井政利
出席者40人ほどのジミ婚をした広末に対し酒井政利さんは
「こういうスタイルが好きなんでしょう。それか、裏口が好きだとか・・・早稲田とか」
とコメント・・・(~_~;)・・・やばすぎるってそれ・・・(~_~;)。(2時ドキッ!)

163 :右や左の名無し様:04/03/10 16:33 ID:???
俺は早稲田の入試に落ちだ。だから早稲田羨ましい。しかし裏口入試は許さん

164 :右や左の名無し様:04/03/14 09:11 ID:lbO9VQRx
早大ラグビー部強姦主将、バカラ賭博で逮捕−こっそりテレ朝入社 週刊文春(1/22)
バカラで逮捕のテレ朝社員は元早大ラグビー部主将 テレビ朝日・山崎勇気 週刊新潮(1/22)
http://www.wasedarugby.com/member/profile.php?member_id=750

週刊ポスト
http://www.weeklypost.com/jp/980925jp/brief/opin_1.html
http://www.weeklypost.com/jp/981002jp/brief/opin_2.html
早稲田大学・ラグビー協会のもみ消し工作
本誌スクープの早大ラグビー部集団 強 姦 事件

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1471/98/rugby.html
ラグビー部不祥事事件3名の処分で幕引き
「大声を出さなかった」等の理由で 強 姦 とは認めずに

◎「東京スポーツ」(04年1月15日付) テレ朝社員 賭博現行犯逮捕
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/1423/tospo040114.jpg

◎これが目線なしの元写真
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP400533DA382E1

【諸岡組】ラグビー早稲田大学統一スレPART59【始動】
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/sports/1079008637/l50

165 :右や左の名無し様:04/03/16 18:37 ID:sL1/39kJ
氏名:西尾 幹二 日:2004/03/15(Mon) 13:58 No.78 

九段下会議「国家解体阻止宣言」の掲示はいつもの日録の掲示とは目的と意味を異とする。

いつもの日録は感想や意見を期待しているが、「宣言」の掲示は感想や意見を期待しない。
参加と行動を期待している。否、それだけを期待している。

 「宣言」の内容はもとより不完全なので、あれこれ反論や意見を述べることは可能だし、
容易である。しかしそんなことを今さらしていただいても仕方がない。

この「宣言」は行動を起こしていただくための単なる切っ掛けにすぎない。





166 :右や左の名無し様:04/03/16 18:40 ID:sL1/39kJ
同宣言のプリント冊子が間もなく出来あがるので、有効な人にしぼって送付する。

その中に、学者、知識人、言論人は入っていない。

もの書き連中は入れていない。彼らの無力に絶望したからこそ外の世界へ訴えたいと考え、
財官界の人に比較的なじみのあるVoiceに寄託したのである。




とあるけど、この人論壇の関係者が嫌いなのかな?
若い官僚や新聞記者のほうが仲が良いみたい…

167 :右や左の名無し様:04/03/18 17:51 ID:???
>>123
検証作業もろくにしないでか?
しかしこの連中ってどうして戦後日本に対して激しく自虐的なのかね?
左翼も右翼もだけれども。

168 :右や左の名無し様:04/03/18 23:06 ID:???
昨日西尾から電話あったよ。
「ホント、スマン」って言ってた。















別の西尾だけど。

169 :右や左の名無し様:04/03/30 23:06 ID:UTKX+PXB
>>120
>僕も自分自身を見失って、自暴自棄になったのですが、僕の場合、
 歴史教育と反戦教育の影響が大きかったのです。

 あなたが自暴自棄になったのはあなた自身のせいであって、
日教組の歴史教育が原因ではないのでないか。日教組の歴史教育は問題だと
思うが、それが学生の自暴自棄と関係があるとは思えない。なぜなら、
もし歴史教育にそのような関係があるなら、中国の治安はもっと
良くなっていいはずだからだ。
 西尾も諸々の教育問題の元凶を歴史教育に求めているが、賛同できない。


170 :右や左の名無し様:04/04/05 01:13 ID:QZmNcQJu
ご参考
投稿日 4月4日(日)20時49分 投稿者 峨山韶碩 [actkyo049018.adsl.ppp.infoweb.ne.jp] 削除


128 :ノズラー観察同好会広報部 :03/12/20 20:06
ノザキさんって、悲壮ぶった所信表明は何十回と書くけど、その
くせ理想を現実と一致させる為の具体的な目標というものは一度
として読んだ事がない。
本当に理想を現実と一致させたいならば、同好の士だけじゃなくて
外部の人間に、いかに自分の思いを理解して貰うかが重要になる。
「理想」なんて下らないだなんて言うつもりは全くない。
でも、「現実」の辛さを知るもののみが「理想」の輝きを知ることが
できるんだよ。

171 :右や左の名無し様:04/04/05 03:28 ID:???
>>169
なんで中国が出てくんの?しかもある特定数が自暴自棄にならなければ、
外国人犯罪は増えないのか?それとも治安というのはその国の人間の犯罪のみ
をさすのかよ?w

172 :どちらかと言えば169に賛成:04/04/05 15:50 ID:iquUQ6gg
自国に誇りを持ち、国の名を汚すようにはならないはずなのだが と書けばいいんでないの?

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)